[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
■自由な投句箱/旧デイリー句会■


「自由な投句箱」の掲示板を閉鎖しました。
新しいブログにご投句ください。

「自由な投句箱」のブログ
http://blog.goo.ne.jp/npo_suien117/

NPO法人 水煙ネット


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



雪あかり 返信  引用 
名前:志賀たいじ    日付:2006/11/19(日) 7:49
白きものは白きに闇の雪あかり
落葉踏む山かいの道の深きこと
掌を合わす地蔵のあたり霜柱



好きな句
名前:かつらたろう    日付:2006/11/19(日) 21:48
掌を合わす地蔵のあたり霜柱

早朝の朝歩きの途中の情景でしょうか?お地蔵さんの穏やかな表情に、
返って北国の厳しい寒さがよく伺え素敵な句です。


白きものは白きに闇の雪あかり
名前:多田有花    日付:2006/11/19(日) 22:25
もう里でも積雪があったのでしょうか。
闇の中に降り積もる雪の姿を見事にあらわして
いらっしゃいます。


お礼
名前:志賀たいじ    日付:2006/11/20(月) 7:59
かつらたろう様へ
"霜柱"の句にコメントを添えての選有難うございます。昨日の朝は、前日からの晴天もあってか放射冷却で氷点下の気温、身に付いて仕舞った朝の散歩がまだ続いて居り、途中交通事故あとに建てられた地蔵さんに合掌してふと見回すと草がみな霜柱になっていました。

多田有花様へ
"雪あかり"の句にコメントを添えての選有難うございます。数日前に一夜でしたが本格的な積雪がありました。数センチ程の淡雪は午後までには冬の陽に消えました。前夜と比べ今年の本格的な夜雪になった景を詠もうとしましたが、直ぐには句にならず、やっと纏めた句です。

読ませていただいています。 返信  引用 
名前:高橋正子    日付:2006/11/19(日) 7:2
デイリー句会の入賞発表を数日お休みしていますが、皆さんの句は読ませていただいています。しばらくお待ちください。

小春空 返信  引用 
名前:飯島治蝶    日付:2006/11/19(日) 3:34
小春日や幼片言のわらべ歌 
小春空吹奏楽の軽快に
学び舎の廊下を抜ける風寒し

息白し 返信  引用 
名前:辻 保宏    日付:2006/11/18(土) 23:54
1.息白しマラソン人を追い越して
2.単語つぶやく受験生の白き息
3.白き息目立つ季節の外遊よ

冬紅葉 返信  引用 
名前:高橋秀之    日付:2006/11/18(土) 23:40
通学の小道彩る冬紅葉
一枚の落葉踏みしめ学校へ
手のひらと大きさ比べ冬紅葉

焚火 返信  引用 
名前:丸山草子    日付:2006/11/18(土) 21:52
パチパチと焚火高く山を背に
干し大根風にさらされよく干さる
冬の雲明るき青の来ておりぬ



訂正
名前:丸山草子    日付:2006/11/18(土) 21:54
パチパチと焚火の高く山を背に
に訂正願います。


好きな句
名前:池田多津子    日付:2006/11/18(土) 23:48
冬の雲明るき青の来ておりぬ
 雲も姿を変えて冬の様相を見せています。雲を浮かべる空はあくまでも青い、気持ちのいい一日を思います。


好きな句
名前:かつらたろう    日付:2006/11/19(日) 20:19
冬の雲明るき青の来ておりぬ

時雨れて一雨ありそうな冬の雲が頭上にあるものの、そのまた上には、透き通るほどの青い空がのぞいている・・・。初冬の変わりやすい気候
を詠んでいて、何か希望が感じられる清々しい素敵な句です。


冬の雲明るき青の来ておりぬ
名前:多田有花    日付:2006/11/19(日) 22:27
透明水彩で描かれたような、そんな明るい色彩
を感じる句です。冬ですが、空の明るさが印象に
残ります。

冬の雨 返信  引用 
名前:池田多津子    日付:2006/11/18(土) 21:44
灯を消せば闇に染み入る冬の雨
ぎんなんの爆ぜてさみどり広がりぬ
枯れゆきて野は一面の静けさに

返信  引用 
名前:國武 光雄    日付:2006/11/18(土) 20:39
角番の怪力見たり九州場所
右上手取ればどよめき九州場所
幹一つ菊千輪の咲きにけり

山茶花 返信  引用 
名前:澤井  渥    日付:2006/11/18(土) 20:20
枝折戸の朽ちて傾き花八ッ手
庭もみじ色付かぬまま散りにけり
山茶花の花びら掬う庭の池

朝の紅葉 返信  引用 
名前:かつらたろう    日付:2006/11/18(土) 18:44
朱の深む朝の紅葉や音もなし
青空に銀杏黄葉を見上げたり
陸橋を渡りもみじ葉目の高さ

和紙 返信  引用 
名前:鈴木誠子    日付:2006/11/18(土) 17:26
1:大釜の錆びし紙漉一軒家
1:掛け軸の椿満開冬座敷
1:紅葉山風吹くまでの五彩かな

(untitled) 返信  引用 
名前:阿部  昭    日付:2006/11/18(土) 17:7
露天湯に首のみ浮かす寒さかな
裂帛の面を打つ声息白し


ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb