[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



246.船の中に緑のセントラルパーク 返信  引用 
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/18(金) 11:52
船の中に緑のセントラルパーク

ロイヤルカリビアンの巨大船、22万トンジェネシス(総トン数22万トン、乗客5,400人、長さ360メートル、幅47メートル)の全貌がこのほど明らかになりました。RCIが船の中にアーケードやスケートリンクを設置して世の中を驚かせたのも「今は昔」になりました。そこで今度は何と「船の中に緑のセントラルパーク」の出現です。まずは写真を見てください。
http://inox-m2.com/pic/image.jpg

さてその公園ですが、幅19メートル、長さ100メートルのセントラル・パークには、緑の木立とトロピカルフラワーに彩られた庭が造園されます。木々の中には2デッキ以上の高さになるものもあって、水遣りと排水、気候をコントロールできるシステムまで備えています。この公園は「街の中心広場」としての役割を果たすように設計されています。公園内には、野菜作りについて展示する「ペルゴラ・ガーデン」や、アートギャラリーの「スカルプチャー・ガーデン」などのほか、静かな読書コーナーも設けられるそうです。日中はランチに向かう乗客が待ち合わせをする場所として、夜はコンサートやストリートパフォーマンスで盛り上がるスポットとして幅広く活用するのだとRCIは言っています。

ボイジャークラス以上のRCIの船ではプロムナードに面したキャビンがありましたが、今回はパルコニーまでそなえたキャビン「パークビュー・バルコニー」が254室もあります。もう今までのインサイドキャビンの概念はありませんね。また空間そのものが上下に動くバー「ライジング・タイド・バー」もあります。3デッキ分のスペースをゆっくりと昇降し、角度を変えてセントラル・パークを眺望することが可能だというのです。

ロイヤル・カリビアン・クルーズ(RCCL)の会長兼CEOのリチャード・D・フェイン氏は「22万トンまで大きくなると、お客様に喜んでいただけるものは何でも追加できるサイズだ。ジェネシスにセントラル・パークを造るという構想は、じつにドラマチックだ」と語っています。

たしかにこのような広い空間があれば、自由にまた大胆に色々なものを配置できます。でもこれがクルーズなのでしょうか。「洋上で自由に動くことの出来る海上都市」へ遊びに行くというイメージでしょうか。賛否両論があると思いますが、日本人は大きいものに興味を持ちますから、就航すれば多くの日本からのお客さんが押しかけることでしょう。そのようになることを祈っています。

http://inox-m2.com/pic/image.jpg



247.Re: 船の中に緑のセントラルパーク
名前:桑原    日付:2008/4/18(金) 19:16
 これは #231 のコメントも兼ねていますが,書き込みの機会を逃していましたのでこちらにコメントいたします。

 ご指摘のようにそこまで船の規模が大きくなると,乗船体験がクルーズの本質から懸け離れたものになってしまうことが懸念されますね。公園が船の中にあることは確かに凄いことですが,その程度のものは近所の陸上にいくらでもあるわけで,わざわざ船上でやることに意味があるのかという素朴な疑問も湧いてきます。実際に巨大船に乗船したことがないので良く分かりませんが,大型船になるほど船で航海しているという実感が乏しくなるのは確かで,これら巨大船クルーズが陸上のリゾートホテルに滞在するのと比べてどんなメリットがあるのかと問われると,返答に窮するかも知れません。
 そういう意味では,純粋に航海を楽しむというクルーズの本質を追求するのなら,スタークリッパーのような小型船に指向すべきかと思います。確かに船が大型化すれば設備も充実し船内の楽しみも多様化しますが,果たしてクルーズ船の巨大化路線が成功するのかどうかは注意深く見守っていく必要があると思います。

 そうは言っても,日本人の大多数がクルーズを知らない現状では,話題性のある船でクルーズの認知度が高まるのならばそれはそれで良いことですし,案外こういう船旅を感じさせないクルーズの方が逆説的に日本人向きなのかも知れません。少なくとも,揺れるからとか退屈するからとかいった,多くの日本人が船を敬遠する要素が解消されるわけですので,食わず嫌いのクルーズ未経験者を船の世界に引き込むには有効でしょう。


248.Re: 船の中に緑のセントラルパーク
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/19(土) 7:22
桑原さんのコメントはまさに核心をついていると思います。日本人旅行社にはRCI路線が正しいのでしょうね。

でも私はこのような超大型船にはなじめません。このようなものをクルーズと呼ぶことさえ抵抗を感じます。経済性の追求の極致がこのような形になってあらわれたのでしょうが、クルーズとは別のカテゴリにして欲しいと思います。

これほどの大型船になれば寄港地も限定されるでしょうし・・・
パナマ運河の拡張でオーバーパナマックスという言葉もなくなるでしょうが、クルーズ船としてはパナマ運河を通過できるくらいの大きさが丁度良いのではないかと思います。


249.Re: 船の中に緑のセントラルパーク
名前:ハンディバルク    日付:2008/4/20(日) 22:42
フネの大きさはもちろん好みが分かれますし、大きい程船内での過ごし方の選択肢が増える、という意味では歓迎すべきなのかもしれませんが、公園はやり過ぎでは…。桑原さんが仰るとおり船である必要はないですよね。でも西洋人は一般的に緑の公園に囲まれて育ちますから、公園が船にある、というのは何か特別な意味を持つのかもしれません。

それにしてもこれは海辺の陸上がそのまま海上に移動した感じですよね。ハワイとかのショッピングモールみたい。インサイドで窓がないよりはパークビューバルコニーの方がいいかもしれませんが、航海楽しむ派の我々は残念ながらあまり興味が沸きません。

今まで乗船した一番大きな船が81,000トンのプライド・オブ・アメリカ号で、レストランが沢山あったのは良かったですが、ちょっと大き過ぎた感じもします。最近ホームページにクルーズ乗船記目次を作成し、そこにフネのサイズが比較出来るようアイコンを置きました(実際の1mが1ドットです)。ヴァーゴも良かったですが、海との距離感で行けば改めて飛鳥Uはいいフネだと思いました。

http://www.ports-of-call.info/cruise/


250.Re: 船の中に緑のセントラルパーク
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/21(月) 6:41
ハンディバルクさん

HPはもとのスタイルもあるのですね。でも今回の方が抜群に見やすいです。

さて船の中の公園はあまりいただけませんね。陸と競争するのはいかがなものかと。船とホテルで比較すると、部屋の狭さは圧倒的に船が不利です。これと同じ競争を公園はしていると思います。しょせん本物にはかなわないのです。それより広さを生かすならもっと工夫があるでしょうに。

それから外国船ではクリスタルが抜群だと私は思っています。飛鳥はクリスタルの良きサービスを除いた船に成り下がっています。NCLやバーゴは他の外国船とはうんと違うカジュアル船です。せっかく外国船は多様性があるのですから、是非他の船もためしてください。


251.Re: 船の中に緑のセントラルパーク
名前:ハンディバルク    日付:2008/4/22(火) 0:9
他の外国船を楽しみたいとは常々思っているのですが、仕事の都合で一週間の休み(土曜日から次の日曜までの9日間)を取るのが精一杯です。カリブやヨーロッパでは実質丸2日+αを往復に取られてしまい、これにクルーズの日程を加えると10日間以上休む必要が出てしまいます。

また、クルーズの開始日が土曜日の夕方以降(米国の場合)か日曜日(欧州方面)でないと、週の真ん中からの休暇では7日間しか休めずますますクルーズに当てられる日数が短くなってしまいます。かと言ってわざわざ海を越えて3泊程度(メキシカンリビエラ等)のショートクルーズでは、往復の運賃と手間ひまを考えるとちょっと面倒です。

夏のクルーズのパンフレットを見ていると、週末から週末の1週間の休み+祝日の10日間で日本からうまく往復できるのは、プリンセスクルーズのアラスカクルーズのごく一部だけの様でした。

香港ベースのRCIやコスタのクルーズの評判が定まれば乗ってみたい気持ちはありますが、床につばを吐いたり、大家族や親族で大声で騒いだり、カジノに熱狂する人が多数の雰囲気だとするとやはり引いてしまいます。

よってやむなく不当に高額ではあるものの上下船の港に便利な日本船か、日程的に無理がなくフライト数も多く、一年中定点クルーズをやっているハワイかマラッカが候補となってしまいます。私達のような勤労所帯には、今の環境では極めて選択肢が限られているのが実情です。

本格的クルーズは、定年を迎えた人だけで楽しみなさい、と言われている様な感じもしてしまいますが、あと数年で退職するつもりではありますので、それまで外国船の楽しみは取っておくことにします。

http://www.ports-of-call.info/cruise/


252.Re: 船の中に緑のセントラルパーク
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/22(火) 6:57
ハンディバルクさん

良く理解できます。その事情!!でも真冬のメキシカンリビエラならハワイと余り変わらないのではありませんか。競争の激しいメキシカンリビエラは安い上に多くのクルーズラインの中から選べますし・・・

今度またバーゴに乗船して、コスタアレグラ、ラプソディと比較してみたいと思います。

ラプソディもアレグラもバーゴよりは良かったと思うのですが、何せ3年も前でしたので、再乗船して確かめてみたいのです。


253.Re: 船の中に緑のセントラルパーク
名前:みえこ    日付:2008/4/22(火) 17:23
初めてクルーズに出会ったのは「にっぽん丸のクリスマスクルーズ」で 次に「ぱしふぃっくびいなすの屋久島クルーズ」に乗船しました。

クルーズってなかなか優雅でこの落ち着いた船旅はリラックスできていいな〜と思いつつ 三番目にヴァーゴに乗船したのですが これが乗船前からとんでもない大騒ぎに巻き込まれてしまいました。

インドの祝日になっていたとかでインド人ファミリーが相当数を占めていました。
元気一杯の男の子達が満員で座るところもない待合室で騒ぐし 乗船してもとても優雅な船旅とはとても言えませんでした。

乗船して直ぐに中華レストランに行ったのですが 隣の中国人女性が片肘を突き あぐらをかくようなスタイルで座って ペッぺと吐くのを見て仰天!
「え〜! これが豪華客船の船旅の乗客!?」

続いて日本人100名ほどのさる県の農業関係の団体様で 酔っ払って喧嘩をするし騒ぐし 本当に恥ずかしかったです。
添乗員はこの人たちを二度とクルーズに連れてこないと憤慨していました。

それ以後かなりのカジュアル船に乗りましたので 今ならそれほどには驚いたりしないでしょう。
シンガポールまで行ってまで乗るつもりはありませんが 香港からなら乗ってみたいです。
どんな雰囲気かそのうち調べに行ってきます。

243.2009年 コスタ・アジアクルーズ拡充 返信  引用 
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/15(火) 6:2
2009年 コスタ・アジアクルーズ拡充

スタークルーズ一社独占であったアジア市場にまっさきに進出したのがコスタでした。コスタアレグラです。イタリアの風をアジアに持ち込んだ楽しいクルーズではありましたが、中国人相手のなれない展開で随分苦労した模様です。
http://www.inox-tabi.com/cruise/costaa/index.html

その努力が実を結び、現在コスタアレグラは好調のようです。この夏日本にもやってきますがもう受け付け終了です。このような好調さを受けてコスタでは2009年にはアレグラより大きなコスタ・クラシカを投入することに決定し、このほど発表されました。また同時にコスタアレグラもアジアでクルーズを行うという意欲的なプランです。

さてその受け持ちはコスタアレグラが主としてシンガポール基点の14泊クルーズでシンガポールからホーチミン、ダナンをまわり香港へ、そしてマニラ、コタキナバル、ブルネイを経てシンガポールに戻ります。シインガポール-香港の区間クルーズもあります。

それ以外にもシンガポール基点でインドネシア、マレーシア、タイの各都市をめぐる14泊クルーズもありますが、このように14泊のロングクルーズです。お値段も早割りならば一泊あたり100ドルを少しこす程度からと、手軽です。

一方5万トンのコスタクラシカは今年末から来年早々にかけて人気のドバイ発着クルーズを行っていますが、このクルーズを終えて来年の3月にはアジアに配船されます。そして主として4泊から6泊のクルーズを実施します。もちろん寄港地に日本も含むロングもあり、神戸や東京にも来年4月にやってきます。

韓国・日本6泊クルーズは天津発着でチェジュ島、福岡、長崎コース、5泊では上海基点でチェジュ島、福岡、鹿児島コース、4泊では上海基点の福岡、チェジュ島コースなど実にバラエティ豊富ですが、寄港地として韓国、日本が主体となっています。日本から乗船、下船できる変則コースも是非欲しいですね。このようにしてアジアクルーズが定着してくれることを切に願っています。



244.Re: 2009年 コスタ・アジアクルーズ拡充
名前:ぽんぽこりん    日付:2008/4/15(火) 21:17
藤原 さま

>日本から乗船、下船できる変則コースも是非欲しいですね

同感です。とにかく日本人がクルーズに慣れる環境を整える事が先決。
国内の旅行会社や船会社にその気がなければ、外からの刺激で活性化してもらう事も必要でしょう。
日程や価格、コースによっては参加者の裾野が広がるでしょうから、日本人のクルーズに対する意識が変化するきっかけになります。
その頃になって設備を改装したのでは遅いでしょうし、接客姿勢の改革には尚時間がかかりますからそれからでは間に合わない。
にっぽん丸の改装結果とあわせて他の2船がどう対応するのか、手腕が問われるところだと思います。
「気軽編」にもアジサイさんが飛鳥Uのサービス低下を危惧するコメントが寄せられていますように、今のような「上から目線」の形式だけのサービスではごまかしが効かない日がやって来ると思います。
http://diary.jp.aol.com/ecz67s6hty/


245.Re: 2009年 コスタ・アジアクルーズ拡充
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/16(水) 6:24
ぽんぽこりんさん

日本からの乗船・下船の特別コースについてはいやというほど主張するのですが、なかなか実現しません。彼らの目が完全に日本市場をパスしています。中国人の日本観光しか考えていないようです。
それでもお客が埋まるのですから、日本としては情けない!日本市場は頼るに値せず!!なのでしょう。

237.にっぽん丸改装 続報 返信  引用 
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/12(土) 5:49
にっぽん丸改装 続報

改装計画についてにっぽん丸のHPに正式に発表されました。船体もかなり凛々しく、素晴らしいです。
http://www.cruise-mag.com/news/img/871-1.jpg
さらに従来40平方米であった2室のスイートが何と79平方米になりました。内装はこのようにゆったりしたものです。
http://www.cruise-mag.com/news/img/871-2.jpg

そしてビスタスイート4室が37〜46平米、3室のジュニアスイートは31平米、デラックスV16室が24平米で以上合計25室にバルコニーがつきます。従来はスイートですらバルコニーがなかったですから、大きな改善といえます。多分お値段も結構するのでしょうね。

前回述べましたように
●飲食施設の充実(プレミアムダイニング新設、寿司コーナー新設、バー増設)
●スパの新設(既存の理美容室、ネイルケア、ボディケア、アロママッサージを統合)
●ビスタラウンジの新設、スポーツジムの拡充、ウッドデッキの新設 等

の改善もあり、良質なクルーズを楽しめそうです。

さてこの背景についての雑誌「クルーズ」の見解を紹介します。私も懇意にさせていただいている、雑誌クルーズの新社長もことのほかお喜びです。

<解説>
 商船三井が、クルーズ事業で遂に積極攻勢に転じた。商船三井客船(MOPAS)が、数十億円をかけて、にっぽん丸の大改装に踏み切るもので、伸び悩む日本クルーズの起爆剤となりそうだ。
 海運界では、各分野で日本郵船を凌ぐ実力と業績を上げている商船三井だが、唯一大きく遅れを取っているのが、「老舗の事業」ともいわれるクルーズ客船分野。クリスタル・クルーズと郵船クルーズを運営する日本郵船は前3月期、売上高500億円、50億円ほどの利益をクルーズ事業で挙げた見通しだが、MOPASは、前々期こそ数億円の利益を計上したものの、前3月期は燃料油価格の高騰もあって業績は厳しく、飛鳥U就航以来その差は拡大する傾向にあった。

 その一方で、今年ぱしふぃっくびいなす(日本クルーズ客船所属)を含めた日本船3隻が同時就航した世界一周クルーズでは3隻とも空室が目立ったものの、団塊の世代リタイアブームもあって、にっぽん丸はロングクルーズ以外の2泊から1週間ほどのショートクルーズがどれも満席、オーバーブック状態になっている。このキャンセル待ち客のために、急きょ新しいクルーズを追加するという状況も生まれていた。
 しかし、積極策、つまり新造船や中古買船を検討しようにも、折からの「造船好況」によって船価が高騰、船台自体確保できない環境が続いている。そんな中で選択したのが、にっぽん丸の大改装だったわけだ。元々、「食」を筆頭に船内サービスには定評があるMOPASだが、ハード部分では、「国際級」とは言いがたい仕様がハンディとなっていた。

 今回の改装では、ベランダ付きスイートの設置などで上級カテゴリーの定員を増加させ、さらにプレミアムダイニング、寿司コーナーの新設によって食に一層の磨きをかけるほか、外国船で人気が高いスパ、あるいはビスタラウンジの新設など国際的にも人気のある施設を導入、これらパブリックスペースの改善で船上での消費増も目指す意向。

 これまでどちらかといえば、消極的との印象も持たれていた商船三井のクルーズ事業だが、根強いMOPASファンの中には、商船三井の株主となっている人も多く、クルーズ事業の充実は、企業イメージのアップによる安定的な個人株主の育成にもつながるかもしれない。

 クルーズ界は、2006年ベッド・ナイト・ベースの乗客が100万人を突破するなど、一時期の低迷を脱して、市場は上向いており「団塊の世代リタイア」効果が徐々に出てきている。しかしこうした新しい需要層向けの仕様の船を造ろうにも、「手がない」中での大改装であり、こうした世代にもアピールすることができることになる。

 業界をリードしてきた郵船クルーズに続いてMOPASが積極策を打ち出す「にっぽん丸効果」、さらには今年から本格化している外国クルーズ客船の東アジア登場の加速によって、市場がさらに膨らみを見せるのは確実。
 MOPASは、こうした市場の盛り上がりを作り出しながら、年々確保が難しくなっている上質の乗組員を確保しつつ、新造船市況の沈静化を待つことで、近い将来の新造船につなげていくという未来戦略を描いているものと見られ、今回こうした目論見を実現するきっかけをつかむことになった。



238.Re: にっぽん丸改装 続報
名前:ぽんぽこりん    日付:2008/4/13(日) 21:44
藤原さま

にっぽん丸の仕上がりが楽しみですね。
改装の内容と増える客室数を考えると、料金に転嫁されることは間違いないでしょうがどの程度になるのでしょうね。
幅広い客層をターゲットにするのか、限られた客層へのサービスの向上に徹するのか、この大きさの船ではスペース確保にも限度があるでしょうから新造船を造るまでの繋ぎでしょうか。
納得できる内容に華麗な変身をして欲しいですねー。
http://diary.jp.aol.com/ecz67s6hty/


239.Re: にっぽん丸改装 続報
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/14(月) 7:11
ぽんぽこりんさん

客室数の増加はかぎられており、今回の改造費用は減価償却の範囲を大きく超えていると思います。ですから必然的に客室単価をあげないとやってゆけませんね。
ですから高級志向で値上げにふさわしい内容にする必要があるのだと思います。現在採算があまり芳しくないので、思い切って冒険に出たのでしょう。
にっぽん丸は上質のお客をかかえていますから、十分にやってゆけると思いますよ。客室数が少ないだけに飛鳥のように客層をさげる団体投げ売りの必要もないと思いますし。
にっぽん丸は完全に富裕層にターゲットを定めたのでしょう。それも一つの選択だと思います。


240.Re: にっぽん丸改装 続報
名前:みえこ    日付:2008/4/14(月) 13:29
>客室数が少ないだけに飛鳥のように客層をさげる団体投げ売りの必要もないと思いますし。
にっぽん丸は完全に富裕層にターゲットを定めたのでしょう。それも一つの選択だと思います

クルーズ会社にとっては採算をあげるために仕方がないことなんでしょうが そうとはしらず豪華客船とおもって乗った乗客は 飛鳥の乗客とはとても思えない人に多く出あって 面食らってしまいます。

飛鳥2のクリスマスクルーズは神戸港 ⇔ 清水港でしたが 往復とも「片道」だけの多くの団体客が乗っていました。
夕食をご一緒した人たちから「え!? あなたたちはこの船に往復乗るのですか?」と聞かれて私の方が仰天!
団体の方はフェリーと思って乗っていらっしゃったのです。

私など豪華な飛鳥Uに乗るのは本当に贅沢なことのように思えて それなりの期待をして乗っているのです。
完全に期待を裏切られてしまうような雰囲気で いささかがっかりいたしました。

やっぱりクルーズはクルーズらしくあって欲しいのです。


241.Re: にっぽん丸改装 続報
名前:ぽんぽこりん    日付:2008/4/14(月) 15:27
みえこ さま

>クルーズはクルーズらしく・・・

そのとおりですね。
ご一緒された方々が参加した旅行会社の商品には、豪華な客船での旅を手軽に・・・などが謳い文句となってツアーコースの一部に組み込んでいたのでしょうね。
「手軽に」を「自分たち流に」置き換えてしまうと大変な勘違いをしてしまいますよね。
郷に入っては郷に従えというように、その場での流儀をある程度わきまえた言動をすることができないといけません。
団体行動をする時にこのあたりに無頓着な方が多いのも事実。
区間クルーズが悪いとは思いませんが、今回の航海では区間販売をしているという事が事前にわかっている場合には、乗船時に覚悟をして乗る必要があるのでしょうか。
それでしたら、普段よりも価格の設定を変えるなどをして、クルーズに慣れたお客とそうでないお客とをセパレーションすることもいいのではないでしょうか。
http://www.imagegateway.net/a?i=p7pmXLzDqr


242.Re: にっぽん丸改装 続報
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/14(月) 18:21
ぽんぽこりんさん

明らかに客筋が異なることを承知で「満室にしさえすれば良い」との思想でもしあるとするならば、このようなことが重なれば、乗客も馬鹿ではありませんから、かならず手ひどい仕返しを受けると思います。
口コミというものは恐ろしいものですから・・・・
多分私たちが遭遇したのは例外中の例外と信じたいと思います。

http://www.inox-m2.com/mygd/


ページ: |< << 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb