[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



503.高級外国船チャーターの是非 返信  引用 
名前:ねぎ星人    日付:2009/4/27(月) 21:51
藤原さんのアザマラとクリスタルの高級船レポートを拝見しつつクルーズの雰囲気は乗客により作り出されるのがよくわかります、来年はクリスタルとプリンセスが目標です。
前置きですが、目的を持って乗船すればカジュアル船も素晴らしいですし大好きです、スタークルーズは本当に楽しい船でした。
乗船前から不安だった高級外国船を日本人のみでチャーター、全ての乗客がクルーズ経験者でしたら素晴らしいクルーズになったのでしょう、採算割れにならないための無理な?集客、元々高額な客室に乗船できる富裕層を初クルーズへ誘い、ごく初級程度の英語は必要なのにチャータラーが「日本語の心配はありません」と乗船させたのが問題で、失望させてしまった方々を多々目撃してしまいました、チャーターに際し、集められたた旅行者側のスタッフも多数がクルーズ経験不足甚だしく、実際数人の有能なスタッフで処理していたようで、当てにならずお粗末でした。
シルバーシーのサービスは最高峰そのもので問題はおろか責任もないと思います、かえって今回私達はシルバーシーのサービスに比して日本船がいかに高額なのかを思い知らされました。
邦船はMOPASの2隻しか乗船していないのですが、藤原さんのアザマラレポートに書かれていたように、このハードとスタッフに、にっぽん丸プラチナのサービスだったら初クルーズの方も皆様大満足だったのと残念に感じました、新生にっぽん丸には期待しています。

藤原さんの
>帝国ホテルが一夜にしてマクドナルドに変身
飛鳥Uに不安を感じてきました。



504.Re: 高級外国船チャーターの是非
名前:ねぎ星人    日付:2009/4/27(月) 22:56
チャータラーへのフォローも(一応)入れます、皆様承知でも会社名を書きません、クルーズに関しては今まで多々お世話になっていますし、また使いたいです、とても良い会社です、MOPASから離れた、ふじ丸のチャーターが良かっただけに残念でした、頑張れ。


505.Re: 高級外国船チャーターの是非
名前:藤原雄一郎    日付:2009/4/28(火) 7:48
私はかねがねクルーズの三大要素として「設備の豪華さ(ハード)」「食事やショウなどを含めたサービス(ソフト)」に加えて「乗客の織りなす雰囲気」が大切と提唱しています。

ハード、ソフトがどれだけ良くても「乗客の織りなす雰囲気」がダメならクルーズも台無しです。

>帝国ホテルが一夜にしてマクドナルドに変身

これは少し言い過ぎですが、飛鳥のショートは荒れることがあります。(必ず荒れるわけではありません)2006年クリスマスなどは「今まで出会ったことのないような乗客」と食事が相席になり、黒い服装の添乗員がクルーズのことがわからず、一番人通りの多いところでウロウロして邪魔になったり、雰囲気が乱れることおびただしい状態でした。

これは陸上団体旅行の一泊に飛鳥を組み込んだためで、乗客はクルーズには何の興味もありませんし、その楽しみ方を添乗員も知らなかったからです。

また2007年クリスマスでは乗船してブッフェで名物ハンバーガを食べていたら、乗客の一群が「XXちゃ〜ん。ここはみんなタダやで〜〜早う早う〜〜〜」と叫んでドヤドヤと騒がしく乱入もありました。

また飛鳥のダイニングで開場と同時に恐ろしい勢いで窓際の座席めがけたダッシュについて随分議論になりました。

このような状態はとても帝国ホテルとは言えませんよね。ミドルやロングになるとこのようなことは無いと思うのですが乗船したことがありません。

でも最近の飛鳥は「お客様相談室」などが出来て、改善の兆しがあるので楽しみです。


507.Re: 高級外国船チャーターの是非
名前:遠山の金チャン    日付:2009/5/1(金) 21:14
某社のこの計画が発表された時には正直言って「素晴らしいクルーズが出来た。何という先見性のある会社だろう。」と絶賛の思いでした。
今回、下名が3月にウィスパーに乗船した際には300名程度の乗客のうち日本人は団体が20名程度に個人が4〜5名程度でした。これ位だと日本人とは時々顔をあわせる程度で「おはようございます」が心地よく感じる関係でした。
旅行業界の幹部の方が「ホテルでも同一の国籍者の占有率が30%を超えるホテルはインターナショナルホテルとは言わない」とおっしゃっていましたが、昨日まで欧米人が主要な顧客であったシルバーがいきなり100%日本人の顧客になれば対応する船側にも初体験による戸惑いがあったでしょうし、ねぎ星人が経験された様に顧客である日本人サイドにも言葉や船側スタッフの対応等で不満が出ても止むを得ないと思います。まして添乗員もクルーズ経験不足となればその不満も倍増された事でしょう。陸上ツアーでも15名程度が眼の届く範囲と言われているのに経験不足の添乗員が多いのでは言わずもがなでしょう。
クルーズ経験のある添乗員となればクルーズ専門の旅行社でも10名程度でしょうから、まして採算確保も考えれば自社以外からクルーズ経験のある派遣添乗員を借りるのもできなかった事でしょう。アイデアは良かったが売り方や顧客サイドにも安易さがあったのでは?と残念に思います。
海外のクルーズ会社はアジア・中国までは既に上陸してきています。日本が彼らにとってラストフロンティアになるか否かは受ける我々顧客サイドの覚悟(言葉・食事・サービス・・・)も重要な要因の一つではないかと思います。
それにしてもシルバー・クリスタル・ラディソンと邦船のコストパーフォーマンスにはこんなにも差があるのでしょうか?それだけに今回のシルバーでクルーズその物を否定(失望)された方がおられたのは外国船ファンの下名には残念でたまりません。


508.Re: 高級外国船チャーターの是非
名前:藤原雄一郎    日付:2009/5/2(土) 6:22
金ちゃん

高級船になるほど、クルーズ経験のある乗客に、添乗員を揃えることが必須だと思います。

今回のことは素晴らしい実験ではありましたが、私の仮説どうりであったことを立証したように思います。

どこかの旅行社が航空機も含めてアラスカクルーズをチャーターしてようなニュースを耳にしたことがありますが、どうであったのでしょうか。


509.Re: 高級外国船チャーターの是非
名前:遠山の金チャン    日付:2009/5/2(土) 7:56
たまたまそのチャーターした旅行会社と同じ日に乗船された方の話だと添乗員は30名に一人位の割合だったそうで、しかも今回と同様クルーズ経験が少なく(初めてという添乗員もいたそうです)その方が参加された旅行会社の添乗員に色々と質問されて来たお客さんもあったそうで中にはクルーズはもういい、という人もいたそうです。
藤原さんがおっしゃるようにクルーズは添乗員の良し悪しで評価が随分と変わるものだ、というのがねぎ星人さんやこの方の話からも見てとれると思います。特に今まで添乗員付きのツアーに参加されていた方で、初めてクルーズに参加しようという方はクルーズ専門の旅行会社が主催されるツアーに参加されるのが一番安心だと思います。二度三度クルーズを経験されれば船内の過ごし方等迷う事もなくなると思います。


510.Re: 高級外国船チャーターの是非
名前:藤原雄一郎    日付:2009/5/2(土) 8:55
新聞広告で人を集める、陸上専門旅行社、例の「夢の豪華客船」でバーゴに味をしめて「クルーズは陸上旅行より手がかからない」と思ったのかどうかは知りませんが、今年私の乗船したリージェントにも多くの客を送り込んでいました。

当然クルーズ初めての乗客に、クルーズを知らない添乗員、しかもベテラン添乗員が「添乗員は旅程管理をすれば良い」との考えでしたので、多くの乗客が「英語が話せないとクルーズは楽しめない」との首をひねるような理由で「二度とクルーズには参加しない」と言っていました。

このような考えの旅行社ではかえってアンチ・クルーズを生み出していると思います。クルーズ人口拡大のネックですね。

506.MSCメロディ 海賊と銃撃戦 返信  引用 
名前:藤原雄一郎    日付:2009/4/30(木) 10:14
MSCメロディ 海賊と銃撃戦

世界一周中の「びいなす」は無事危険地帯を通過したようでよかったです。一方MSCメロディ(3万5千トン、乗客定員1,062人)が4月26日に海賊の襲撃を受けました。乗客1000人と乗組員500人は無事でした。

6人の海賊がスピードボートで近づき、自動小銃を発砲し、梯子をかけて船に上船しようとしましたが、失敗しました。船にはイスラエルの警備員が乗船しており、ピストルを発砲することにより、海賊の乗船を阻止した模様です。

その間、乗客はデッキや甲板に出ることが禁止され、キャビンの中に閉じこもるように指令を受けました。

一般の商船、ましてクルーズシップに武器を携行した警備員が乗船していることは異例のことです。そして軍艦や沿岸警備隊(日本の海上保安庁)以外の民間の船と海賊との銃撃戦は始めてのことでした。船の側では「イスラエルの警備会社が最も訓練を積んでいて安心である。」と言っています。

銃撃戦は5分間続き、乗組員は海賊が梯子を登るのに対して放水で対応したそうです。

船の海賊対策は「秘中の秘」とされていましたが、武器を携行した警備員が乗船していたことは今後論議を呼びそうです。同時にこの地域がとても恐ろしい海域であることを改めて認識しました。

502.飛鳥とクリスタル 返信  引用 
名前:藤原雄一郎    日付:2009/4/22(水) 20:39
このたびクリスタル・シンフォニーの大阪・香港5泊のクルーズから帰ってきたばかりです。さすが世界最高峰の船だけあって、素晴らしさは言葉にあらわしようがありません。超一流の設備に、まことに洗練された超一流のサービスが見事にとけあった素晴らしいものでした。船上から興奮のさめやらぬまま、膨大な写真と共に実況中継いたしました。見てください。

http://www.inox-m2.com/report/syh/200904.html

写真集や詳細のレポートもこれから逐次流して行きたいと思います。

さて飛鳥は皆さんご承知のようにクリスタル・ハーモニーとして活躍していました。ですから飛鳥をクリスタルにすることは可能です。でも現実は飛鳥にハーモニーのサービスは乗りませんでした。

そしてお値段を比較してみますと;
シンフォニー 香港・シンガポール 11泊 Eステート 4,805ドルの他にポートチャージなど230ドル、チップ143ドル 合計5,178ドル 一泊あたり 470ドル

飛鳥 秋の日本一周 13泊は Kステート 642,000円 一泊あたり 49,400円と大差ありません。

ハードのグレードに関して言いますと、飛鳥もクリスタルも、「もともとクリスタル」ですから大差ありません。でもサービスなどのソフトの面では例えば「クルーの対応」では結構大きな差があります。良く話題に上るダイニングでの対応などは特に大きいと思います。詳細に上のURLを見ていただくと、飛鳥の経験者なら「その差」を理解できると思います。

また飛鳥だけでなく、日本の船の朝食、特に洋食については随分とお粗末です。食材からして違います。実際に写真を見ていただければ一目瞭然です。その反面、外国船には決定的に欠ける日本食(日本船が圧倒的に有利)についても、わずか7ドルの追加で超一流の日本料理を楽しむことができます。

クリスタルでは定番となっている各種イベント(ガラ・ブッフェやテーマデッキランチに優雅なティータイムなどなど)は当然のことながら飛鳥とは異なりますし、異なって当然だと思います。クリスタルではなくて飛鳥なんですから!

現状の飛鳥の熱烈なファンは我がサイトには随分多く存在し、「全体としてとらえれば極めて満足」していると思います。でも一部に「昔の飛鳥が良かった」とか「飛鳥にクルスタルのサービスを期待したのに」という意見や、「飛鳥ファンでもないくせに、クリスタル・クリスタルと騒いで不愉快」との声も聞こえてきます。

飛鳥2誕生で圧倒的人気を誇った飛鳥も最近では息切れがしています。そこへ景気後退です。ここは絶好のチャンスとして、飛鳥のサービスを含むソフト面で「さらに一歩前進する絶好のチャンス」ではないでしょうか。にっぽん丸やびいなすでは「激しい国際舞台での競争に耐えて、極めて高い評価を得ているクリスタルのノウハウ」がありません。ここは「飛鳥が他の日本船を寄せ付けないほど進化する絶好のチャンス」ではないのでしょうか?

その兆しはすでに現れていると思います。我がサイトでも話題になった「お謝り係」の誠心誠意の対応です。気になるので、知人にお願いして、その一端を見せてもらいましたが「ただものではない」との印象を受けました。プロ中のプロを新規にスカウトしてきたのではないかとの思いまでしたくらいです。純血主義の郵船に社外からのスカウトなどは無いと思いますが、郵船の経営陣が「お謝り係」で乗客の心をガッチリとつかみ、そしてその声を今後の飛鳥の方向性に生かそうとしているのではないかと大いに期待しています。

でも経営陣が目先の利益に目がくらみ、何もしないでも600人は集まる短期クルーズに遮二無二に800人詰め込もうとして、「帝国ホテルが一夜にしてマクドナルドに変身」するような集客で、私は過去二回にわたり、ひどい目にあいました。(昔の飛鳥が良かったのため息を私自身も出しました)このようなことを続けるかぎり、にっぽん丸もびいなすも安泰でしょう。飛鳥には是非頑張ってもらいたいと思います。

http://www.inox-m2.com/report/syh/200904.html

501.外国船の海賊対策 返信  引用 
名前:藤原雄一郎    日付:2009/4/15(水) 6:39
外国船の海賊対策

びいなすと飛鳥は自衛艦に守られて世界一周をすることが出来るようになりました。しかし外国の船はどのようにしているのでしょうか?

今年三月MSCラプソディはルートを変更しました。またハパクロイドでは乗客を全て下船させて、船だけを危険地域を通過させました。しかし大部分のクルーズラインはコースを変えていません。

シーボーンのスポークスマンは「ソマリア沖は各国の警備が厳しくなっているので海賊も他の地域での活動に移っている」としてシーボーンスピリットは他の船とグループを組んで、通過しましたが、その調整のために抜港しています。

MSCのスポークスマンは「通常運行予定を変えるつもりは今のところない。船には対応できる装置を備えており、治安当局とも密接に連絡を取っている。4月末にはコスタビクトリアがこの地域を通過するが、イタリアの治安当局と密接な連絡のもと不審船とは距離を置いて運行する」と語っています。

RCIでは「RCI、セレブリティ、アザマラとも米国海軍の護衛のもとに通過するので何ら問題はない」と語っています。

オーシャニア・ノーチカも危険地帯を通過しますが、「海賊対策に特別な準備をしているが、その内容については保安上公開できない」と言っています。

以上述べたように、スエズ運河を通過するのはどうしてもこの危険地域を通過しなければなりません。でも各社それぞれに知恵を絞り、通常運行予定を変更しない模様です。でもびいなすや飛鳥が抜港せざるを得ませんでしたが、このような事態はこれからも続出することでしょう。

早くソマリア政府がまともになって公海での安全を確保して貰いたい物です。

490.S&P 格付下がる RCIおよびカーニバル 返信  引用 
名前:藤原雄一郎    日付:2009/4/2(木) 7:30
S&P 格付下がる RCIおよびカーニバル

S&Pはカーニバルを AからBBBに RCIをAからBBに格付けを下げました。
ご承知のように AAA、AA、A、BBB、BB、B とランクがあり、Cになると投資不的確となります。

そして A - 投資適格程度 BBB - 中程度のリスク BB - 投機的要素あり ですからカーニバルはともかくRCIはオアシスクラスの超大型船建造の資金手当に不安を感じられているのでしょう。

でも格付会社は日本の国債をボツワナと同じにランク付けしたり、リスク満載のサブプライム関係にAAAのランクをつけたりとその威信は地に墜ちているでしょうが、両社にとってあまり良いニュースではありません。

このようなランク低下の理由は言うまでもなく景気後退による需要の減少に他なりません。ただ特徴的なのは「値段が下がれば根強い需要がある」ことです。ただカーニバルとRCIが採算割れにならない価格で船を埋めきることが出来るかという懸念からランクを下げられました。

RCIはそれに加えてオアシスクラスの新造船建造の資金手当ができるかどうかの懸念が加わっています。その点カーニバルには資金手当の心配がないことがBBとBBBとの差となってあらわれたのでしょう。

S&Pはクルーズ業界が新規参入が難しいことから、クルーズ業界全体には明るい見通しを持っているようです。特にRCIについてはその強い「ブランド力」を評価しています。

ともあれ私たちクルーズファンにとっては、今年は大きなチャンスだと思います。原油の値段は底を打ち、上昇傾向にあります。来年になれば「あの時、存分にクルーズを楽しんでおけば良かった」と後悔することのないように積極的にクルーズに参加しようではありませんか。



496.Re: S&P 格付下がる RCIおよびカーニバル
名前:dolphin    日付:2009/4/13(月) 1:42
藤原さま
みえこさま
みなさま

こんにちは(こんばんは)。

久々に時間が取れました。

藤原さま流石ですね。

S&Pのアナリストコメントが後付けで発表されていますが、
新造船の2隻の代金1000億円の調達に苦労するとの観測から
RCL(RCI)をCCLより下に下げたとのことです。

最近になって、両社は不採算の見込みのクルーズを追加で
キャンセルすることを検討している等の情報も出始めており、
旅行業界全体を見ても、驚く程価格が下がりだしていますので
非常に心配でたまりません。

是非、低価格のうちに多くの人に安く乗船してもらい、
クルーズ人口の拡大を図る努力をすることで、
経営の建て直しのみならず経営基盤の強化をして欲しいものです。


497.Re: S&P 格付下がる RCIおよびカーニバル
名前:藤原雄一郎    日付:2009/4/13(月) 7:30
dolphinさん

両社ともアラスカクルーズからの一部船隊の引き上げを始めました。RCIは今年から、カーニバルは来年からのようです。

「安くすれば乗客は集まる」とのアナリストの観測ですが、全体的に今年の暮れ頃には景気は回復基調になると皆さん考えているようですが、日本の過去の経験からみれば甘いような気もします。

「安くしても集まらない」ようになればいよいよ深刻ですがそのようなことになるのでしょうかね??


499.Re: S&P 格付下がる RCIおよびカーニバル
名前:dolphin    日付:2009/4/14(火) 1:4
藤原さま
みえこさま
みなさま

こんにちは(こんばんは)。

>「安くしても集まらない」ようになればいよいよ深刻ですが

これば一番怖いですね。
先日私が登録している旅行会社のメールマガジンに驚きの価格が載っていました。
「ソウル2泊3日で9800円(サーチャージ込み)」
残念ながら、このツアーはまだ若干の空きがあるようです。。
クルーズ以外の旅行も相当苦戦しており、こんな思い切った価格でも
顧客を集められていない状況のようですので、クルーズ業界も
かなり苦しくなるのではないでしょうか?

やはり今こそ価格だけでなく、初心者向けのマナーやドレスコードの講習付きクルーズなど
クルーズ後進国向けツアーなどを組んで底辺を拡大することが重要なのではないでしょうか?


500.Re: S&P 格付下がる RCIおよびカーニバル
名前:藤原雄一郎    日付:2009/4/14(火) 6:54
dolphinさん

海外のクルーズ業界は資本主義の原理で自然淘汰が待っていますから、そのうち「経営がしっかりしたところが生き残る」ことでしょう。

それより無風状態の日本のクルーズ業界が心配です。親会社からの天下り経営陣がどれほど真剣にこの難局を生き抜いてゆけるか?特にびいなすが今後どのような路線を採用するのか心配でなりません。

あの気さくな明るい雰囲気の灯は消して欲しくありませんね。飛鳥とにっぽん丸は何とか生き残ると思いますが・・・

498.日本カラッポ 寂しい季節です 返信  引用 
名前:藤原雄一郎    日付:2009/4/13(月) 9:57
日本カラッポ 寂しい季節です

晴天に恵まれて飛鳥が世界一周に出かけました。すでにびいなすは世界一周、にっぽん丸は南洋・南米クルーズに出発していますので、これで日本の船には当分カラッポになり、例年のこととは言え寂しいかぎりです。

すでにびいなすの世界一周は航海日誌がHPに出ていますから、毎日楽しみにしています。今後飛鳥もフィトエッセイが出るそうですから楽しみです。

今年の世界一周の話題は何と言っても海賊問題でしょう。びいなすも飛鳥も自衛艦に守られての航海で、とても安心です。でもそのかわりに一部抜港になりました。日誌に護衛する自衛艦の写真など掲載されたなら興奮するでしょうね。その体験なども是非掲載して欲しいですね。

昨年までは人気絶頂の世界一周ですが、今年は景気後退の影響をモロに受けたのでしょうか、不振が目立ちます。海事プレスの記事からの乗船人員情報を採用し、びいなすとにっぽん丸は定員ではなくてキャビン数の二倍を定員として乗船率を計算しますと・・・

びいなすは62%しかありません。区間クルーズは全部が埋まるわけでもありませんが、それを加えても70%まで行きません。
人気のコースで是非行ってみたい「にっぽん丸の南洋・南米コース」は前評判は上々で売り切れのニュースも流れていましたが、蓋をあければ75%です。まあまあと言うところでしょうか。

さすが飛鳥は80%ととすこぶる好調です。

びいなすは世界一周250万円という破格の値段が大当たりだったのですが、今年は290万円から、来年は320万円からとなっています。飛鳥は早期割引でも380万円から、来年は早期割引で390万円からです。飛鳥は堂々たる横綱で、びいなすは価格敏感型なんでしょうか。

一方のにっぽん丸は今年の南洋・南米クルーズが200万円を切り、来年の太平洋一周は何と178万円からです。もちろん日数は少ないのですが、景気後退で、皆さんがお値段に敏感になっているとしたならば、誠にタイムリーな企画だと思います。しかも改装にっぽん丸という「目玉」もあることですし。

びいなすの世界一周が来年どうなるかとても心配です。その上改装にっぽん丸まで出現するわけですから、これからどのような戦略をとるのでしょうか。気さくで気軽で明るいびいなすが、日本のカジュアル船を目指して「懐に優しいお値段」で挑戦してくれると嬉しいですね。

マーケットを見据えて適切な企画を提案することの重要性が、いよいよ大切になってきました。その意味で今年後半の価格設定には大きな関心を持っています。にっぽん丸は改装の関係で、今年のスケジュールは全て発表済みですから、各社の価格動向を見て決めることの出来る「改装にっぽん丸の値決め」にはとても有利ですね。

当然今年後半は値下げだと思いますが、とにかく日本のクルーズ業界も「経営力」が大きな要素を占める時代に突入したようです。


ページ: |< << 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb