[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
今さら聞けない

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2503.(untitled) 返信  引用 
名前:錬体    日付:2010/10/24(日) 14:20
新刊、少林寺拳法「愛の価値、力の理想。」のP205二段抜の寄足の解説に、支点の固定・支点と守者の肩を一本の軸に同調させる作用があるとの記述があります。

押小手の手首を殺すタイミングについてですが、斜め下に切り込むまでは捌手が主導ですが、そこからは掛手主導に変わり、捻じ引きながら我の肘が天を向くように使い、このタイミングで攻者の手首を完全に殺します。いわゆる基準線を作ります。この時、攻者の手甲は完全に天を向いているので、我の捌手は必然的に手甲に掛かり、流れを切ることなく捻じり引き落とします。



2504.Re: (untitled)
名前:明竜    日付:2010/10/24(日) 21:54
ありがとうございます。
でも、う・・・ん・・・

引き倒す押小手ではなく、ふわりと投げる押小手のコツを見つけたいと思っています。


2505.Re: (untitled)
名前:錬体    日付:2010/10/25(月) 0:25
現在の少林寺拳法はふわりと崩す技が主流となっていますが、私は
基本に関してはいわゆる初期の技を指導するよう心がけています。
何故なら、現在指導者が所謂、守、破、離の離の技を基本技として指導しているところに、技の混乱、衰退の原因の一端があると考えているからです。
文章の限界を感じますが、押小手は引き倒してはいけません。
それでは古流柔術の理と同じになってしまいます。
少林寺では円形に操作することにより、攻者の肘を出させ投げ飛ばす
ところに独自性があります。勿論、腕が力んでしまうと力のある者
には絶対に掛かりません。


2506.Re: (untitled)
名前:明竜    日付:2010/10/27(水) 23:23
レスが遅くなってすいません。

>少林寺では円形に操作することにより、攻者の肘を出させ投げ飛ばす

なるほど。ここら辺の言葉の中に、ヒントが眠ってそうですね。
ありがとうございました。

2500.押小手と二段抜の関係 返信  引用 
名前:明竜    日付:2010/9/28(火) 21:43
私は二段抜の延長線上に押小手があると教わりました。
最近、ある先生から、その掛け方に疑問符を投げかけられました。

改めて教範の押小手のところを読んでみたら、どうも手首の殺し方が押小手と二段抜では、違うような書き方に思えて仕方ありません。

何か情報お持ちの方いらっしゃいますか?



2501.Re: 押小手と二段抜の関係
名前:錬体    日付:2010/10/13(水) 15:42
私が指導して頂いた古参の先生の掛け方はこうです。

1 二段抜は手のひらを上に向けた状態で鉤手でまず守り、後足を寄せ  足するとともに手掌を内側に巻き込みながら巧者の拇指を切る要領  で、巻抜の如く肘を斜め上方に出す。内巻抜の要領です。

2 押小手は上記の鉤手の状態から、我の胸前に手掌を内側に巻き込み  ながら拇指丘・小指に掛手をして、ねじ引く。この時、捌手は手掌  が上を向いた状態から手刀に変化しながら巧者の手首の大陵を掛手  の肘方向(斜め下)に切り込む。後は掛手で基準線を作り捌手で捻  じり引き落とします。

ちなみに抜打押小手が、高い位置での二段抜からの延長線上と教わりました。     


2502.Re: 押小手と二段抜の関係
名前:明竜    日付:2010/10/23(土) 20:29
錬体さん

情報ありがとうございます。
二段抜で後足を寄せ足というのは、新しい情報です。
これは肘を動かしやすくする布石でしょうか?

また、押小手で相手の手首を殺すタイミングについて、何か指導はありましたでしょうか?
実はそこが、一番引っかかっています。

2494.両手押小手 返信  引用 
名前:明竜    日付:2010/9/13(月) 20:6
なんで、両手押小手は片手を抜かないのでしたっけ?



2495.Re: 両手押小手
名前:ヤスハラ    日付:2010/9/13(月) 22:30
近いからなのでは?


2496.Re: 両手押小手
名前:TAKATAKA    日付:2010/9/20(月) 20:13
十字抜(両手)と同じように抜くのと同じ体捌きで技をかけるからでは?


2497.Re: 両手押小手
名前:hshin    日付:2010/9/20(月) 22:7
両手押小手は二段抜で片手を抜いてると思うんですけど…

抜いた手は、相手と自分の小指側を放さないように回して
大拳頭を押さえるようにかえすと習いました。


2498.Re: 両手押小手
名前:マッチー。    日付:2010/9/21(火) 22:34
片手も両手も掛ける手は二段抜きするけど、両手の掛けない方の手は抜かない方が崩しやすいからと、片手掴まれてたら、他に攻撃出来ないから良いのではないかなと。


2499.Re: 両手押小手
名前:明竜    日付:2010/9/28(火) 21:38
皆さんありがとうございました。

両手送小手は片手を抜き、教範を読む限りでは両手十字小手は明確に書かれていなくて、両手片手投も明確に書かれてはいない。

必要ないからか、抜いてはいけないのか、やっぱり判断に苦しむところです。

2489.再発見は不可能か? 返信  引用 
名前:明竜    日付:2010/8/4(水) 0:8
失伝という言葉があります。
簡単に言えば、伝わらずに途中で消えてしまったことと言えるでしょうか。

で、失伝したら、もう諦めるしかないのでしょうか?
掘り起こすことは不可能なのでしょうか?



2490.Re: 再発見は不可能か?
名前:明竜    日付:2010/8/7(土) 12:52
少林寺拳法エキスパートシステムを開発した國井先生が以前本部での講演で、「新しい技を作るべきなのです」と発言していました。

その時は、(そんなこと許したら、どこぞの武道の物まねみたいな技や、実践性を検証していない技が増えてとんでもないことになる)と思いました。

ただ、國井先生の発言の裏には、現在の少林寺拳法に対する何らかの印象があったと思われます。


2491.Re: 再発見は不可能か?
名前:明竜    日付:2010/8/12(木) 8:19
自分が習った技だけが、唯一の正解だと決めつけてる人も困りものですが、
反対に、他武道のテクニックを部分的に切り取ってとりこむことが研究だと思いこむのもいかがかと思います。


2493.Re: 再発見は不可能か?
名前:明竜    日付:2010/8/28(土) 10:10
教えられた枠から出られないことと、無節操に他武道の技を取り入れてしまうことは、一見正反対ですが、少林寺拳法の技術として「守るべき原則が何か分かってない」という意味では、ほぼ同じ状態と言えるかもしれません。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb