[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
今さら聞けない

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2517.木葉手法 返信  引用 
名前:明竜    日付:2010/12/8(水) 23:12
から手形さんの書き込みで思い出しました。

木葉手法、親指とくっつけるのは人差し指?それとも小指?

小指と教えてくれた先生の方が多いのですが、原理的に考えたり次の技への移行を考えると人差し指の方が理にかなっているように感じます。



2519.Re: 木葉手法
名前:マッチー。    日付:2010/12/9(木) 0:29
私は何人かの先生に人差し指と習いました。
指捕りにつなげる技では?


2520.Re: 木葉手法
名前:明竜    日付:2010/12/10(金) 22:38
マッチー。さんありがとうございます。

人差し指・・・安心しました。

2515.丁字守法について 返信  引用 
名前:から手形    日付:2010/12/6(月) 10:12
教えて下さい。
丁字守法って、俗に「手鏡守法」と同じなんでしょうか?
押小手など、丁字で攻められた時に、手鏡の状態で守法することでしょうか?

丁字守法になって守るって指導されたことがないんです。



2516.Re: 丁字守法について
名前:明竜    日付:2010/12/8(水) 23:10
すいません。よくわかりまんが、手首をぐっと固めるアレではないでしょうか?

逆に手鏡守法って、初めて聞きましたが、どんな守法なのでしょうか?


2518.Re: 丁字守法について
名前:から手形    日付:2010/12/8(水) 23:53
ありがとうございます。

>手首をぐっと固めるアレではないでしょうか?

おそらく アレでしょう(^^)

手鏡も同じ状態だと思うんです。

守法に列挙されている丁字守法を耳にしないのが不思議でした。

『教範を読め』って言われるけど、読むと不思議が増すばかり・・・です。


2521.Re: 丁字守法について
名前:明竜    日付:2010/12/14(火) 13:47
>『教範を読め』って言われるけど、読むと不思議が増すばかり・・・です。

そうですね。不思議なこと、多いですよね。
少林寺拳法ができた頃は今ほど技は多くなかったと聞きます。その後の研究や御弟子さんの提案で増えていったと。

で、どうやら、単純に増えたわけではなく、消えていったものもあるようです。
例えば、抜き身。抜き身も昔は独立した技術として名称がつけられていたようです。で、どこかの段階で1プロセスになっていったようです。

その辺の分化統合の影響で分かりづらい部分が出てきたのかもしれません。

ただ、写真は嘘をつかないともいいます。
現在一般的に行われている技と違う写真を見ると、なぜかなと考えるきっかけになります。
そういう意味ではたくさんのヒントが教範にあるような気がします。

2512.道衣の長さ 返信  引用 
名前:明竜    日付:2010/11/20(土) 10:10
現在は法衣の裾から、道衣が出ないのが、着方として正しいとなっていますが、3〜5センチぐらい出ていたほうが、格好良く見えるのは私だけでしょうか?

道衣がでていないとスコットランドの正装(?)を思い出してしまうのです。。。



2513.Re: 道衣の長さ
名前:春一    日付:2010/11/22(月) 12:24
>現在は法衣の裾から、道衣が出ないのが、着方として正しいとなっていますが

えっ?そうなんですか?

>3〜5センチぐらい出ていたほうが、格好良く見えるのは私だけでしょうか?

私も、その方がかっこいいと思います。

>道衣がでていないとスコットランドの正装(?)を思い出してしまうのです。。。

そうですね。スコットランドの正装の方がミニでセクシーですけど・・・。(笑)


2514.Re: 道衣の長さ
名前:明竜    日付:2010/11/23(火) 6:38
男のミニは見たくないっす。。。

2510.統合予定 返信  引用 
名前:明竜    日付:2010/11/11(木) 21:52
今まで、e-研トップページの掲示板と「今更聞けない」と二つの掲示板を使っていましたが、近日中に、一本に統合しようと思います。



2511.Re: 統合予定
名前:明竜    日付:2010/11/18(木) 22:17
統合はしばらく見送りといたします。

2507.体捌について 返信  引用 
名前:明竜    日付:2010/11/3(水) 9:12
よく「体捌きが主」ということで、まず体捌きだけで攻撃をかわす・・・というような指導をされている光景を見かけますが、体捌きだけでかわせるものなら、そもそも手の受けなどいらないと思います。

また、乱捕で体捌きを主にしている人をあまり見たことがありません。

体捌き、手捌きの比重というか、関係というか・・・皆さんどんな指導をされていますか?



2508.Re: 体捌について
名前:hshin    日付:2010/11/3(水) 22:47
私の師匠は、「内受突ではなく、突内受だ」と、
「かわして突くのが先決。受けて突いていたのでは遅い」
と言われてました。

それを聞いて、なんとなくボクシングをイメージしました。


2509.Re: 体捌について
名前:明竜    日付:2010/11/5(金) 21:25
ふむふむ、hshinさん、突内受ですか・・・奥が深そうですね。

この言葉からも色々と思考研究が進みそうです。
ありがとうございました。

2503.(untitled) 返信  引用 
名前:錬体    日付:2010/10/24(日) 14:20
新刊、少林寺拳法「愛の価値、力の理想。」のP205二段抜の寄足の解説に、支点の固定・支点と守者の肩を一本の軸に同調させる作用があるとの記述があります。

押小手の手首を殺すタイミングについてですが、斜め下に切り込むまでは捌手が主導ですが、そこからは掛手主導に変わり、捻じ引きながら我の肘が天を向くように使い、このタイミングで攻者の手首を完全に殺します。いわゆる基準線を作ります。この時、攻者の手甲は完全に天を向いているので、我の捌手は必然的に手甲に掛かり、流れを切ることなく捻じり引き落とします。



2504.Re: (untitled)
名前:明竜    日付:2010/10/24(日) 21:54
ありがとうございます。
でも、う・・・ん・・・

引き倒す押小手ではなく、ふわりと投げる押小手のコツを見つけたいと思っています。


2505.Re: (untitled)
名前:錬体    日付:2010/10/25(月) 0:25
現在の少林寺拳法はふわりと崩す技が主流となっていますが、私は
基本に関してはいわゆる初期の技を指導するよう心がけています。
何故なら、現在指導者が所謂、守、破、離の離の技を基本技として指導しているところに、技の混乱、衰退の原因の一端があると考えているからです。
文章の限界を感じますが、押小手は引き倒してはいけません。
それでは古流柔術の理と同じになってしまいます。
少林寺では円形に操作することにより、攻者の肘を出させ投げ飛ばす
ところに独自性があります。勿論、腕が力んでしまうと力のある者
には絶対に掛かりません。


2506.Re: (untitled)
名前:明竜    日付:2010/10/27(水) 23:23
レスが遅くなってすいません。

>少林寺では円形に操作することにより、攻者の肘を出させ投げ飛ばす

なるほど。ここら辺の言葉の中に、ヒントが眠ってそうですね。
ありがとうございました。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb