[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
CLUB DOMINGO
野獣は死なず ここは横須賀 クラブ・ドミンゴへようこそ! Shot Bar アンジェラは→ http://www2.ezbbs.net/08/angela/

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



42.(untitled) 返信  引用 
名前:こざしき    日付:2003年10月28日(火) 6時50分
書店にて。中条省平の「名刀中条スパパパパン!!!」p334あたりに、ハードボイルドについて書かれた文章に大藪氏の名前を発見。一枚きりなので、当然立ち読み。
その足でキル・ビルをみました。本気で「輪殺の掟」あたりを映像化したらこうなってしまうのでしょう。ガーバーっぽいナイフの使い方を見てると、タランティーので女豹シリーズはいけるなとおもいました。みたいような、見たくないような。



43.Re: (untitled)
名前:Seven    日付:2003年10月29日(水) 21時57分
情報ありがとうございました。
春風社の新刊本のようですね。近日、探して読んでみます。


70.立ち読みしました
名前:Seven    日付:2003年11月21日(金) 0時34分
ようやく今日、「名刀中条スパパパパン!!!」(中条省平著)を書店で読みしました。情報ありがとうございました。(私も買いませんでした)

66.やっとみつけました 返信  引用 
名前:群馬の野獣    日付:2003年11月17日(月) 23時23分
今日は11月17日狩猟解禁より2日目。手にいれたセッターに望みは薄いですが今年は究極とまでいかなくても。体力の続く限り山と自然の妨害にまけず。猟にのめりこみたいとおもいます。それに本棚一パイに仕入れた大藪先生の中古本 ¥12500買いました。ダブッテルのは数しれず。毎回一冊を装弾ポケットに入れて、出発したいとおもいます。それでは、今日はこのへんで。



67.Re: やっとみつけました
名前:Seven    日付:2003年11月18日(火) 0時36分
ご来店ありがとうございます。また宜しくお願いします。
私もダブり本は数知れずです。
2月15日までの猟期、大猟報告あれば当店ホステス達も大喜びかと思います。
  

63.蘇えった「野性時代」 返信  引用 
名前:Seven    日付:2003年11月13日(木) 1時15分
片山、エミー、高見沢、世見月らの活躍の場であった雑誌の復刊は嬉しい。目次に「アスファルトの虎」第250回とか載ってる気がしてしまうのは俺だけ?
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200310-02/index.html



64.Re: 蘇えった「野性時代」
名前:Tsuneo    日付:2003年11月13日(木) 17時43分
 本好きにとって「復刊」って言葉は何か良い響きがありますね。一度敗れたメディアが復活戦を許される。なかなかスバラシーことです。その一方実際には雑誌復刊って件数としてはすごく少ないと思う。(ガロが変則復刊するらしいですがあとわしの知ってるケースだとSFのスターログ。これ楽しい雑誌だった。)
 それにしても尾羽打ち枯らし復活のめどなんか金輪際無いくせに「廃刊」に非ず、飽くまでも「休刊」じゃっていうのは寒い。寒すぎる。そんな出版界だからこそ新野生時代にはエールを送りたい。


65.Re: 蘇えった「野性時代」
名前:Seven    日付:2003年11月14日(金) 2時34分
書店で見たときは一瞬、女性誌かと思った。。。

60.大藪版「トリビアの泉」 返信  引用 
名前:デュマ    日付:2003年11月10日(月) 12時52分
「巨人の星」、「あしたのジョー」などで知られる
劇画作家、梶原一騎は
実は大藪ファンであった。



「梶原一騎、そして梶原一騎」(風塵社)の著者による推測ですが・・・

私も、なんとなく二人が「似てるな」と感じた事がありました。
年齢的にも近いし、梶原氏の著者略歴に「早大中退」と
書かれてた時期もありました。
徹底して銃器にこだわる大藪氏と
徹底して素手(カラテ)にこだわる梶原氏。

ムカつくホステスがつくとスカートをまくりあげ
顔にかぶせてラッキョみたいにしてしまう大藪氏に対し
気に入らないホステスの両足首を持ち、そのまま
逆さ吊りにしてしまう梶原氏。

なんとなく似ていると思いませんか?



61.Re: 大藪版「トリビアの泉」
名前:壬生狼    日付:2003年11月11日(火) 0時26分
へぇ〜へぇ〜へぇ〜
http://www.dfnt.net/t/photo/extra_img/he-dfnt2.swf


62.Re: 大藪版「トリビアの泉」
名前:Seven    日付:2003年11月11日(火) 0時49分
「10へぇ〜」(笑)
それは初耳です。タイガーマスクの伊達直人の名は伊達邦彦から取ってたりして(?)。
(『反逆世代への遺言』(梶原一騎著)冒頭の「安っぽく悟るな」が印象的です。ずいぶん前に『惨殺者』を探し回りました。)
参考:http://member.nifty.ne.jp/BONKURA/
   http://www.mas-oyama.com/
そういえば梶原氏と交流のあった大山倍達氏も早稲田でしたね。。。

54.やっと見つけた! 返信  引用 
名前:Tsuneo    日付:2003年11月7日(金) 17時52分
Sevenさん、皆さん、お会いできてうれしーよ!

申し訳ないことにずいぶん顔出してなかったら、突然 Not Find だったんで。しかも移転通知も見当たらなかったし。虫のいい話ながら実際途方にくれてたんですよ。いやいや良かった。しかもHPなんか一層Coolに生まれ変わってるじゃーないですか。

 祝!



57.Re: やっと見つけた!
名前:Seven    日付:2003年11月9日(日) 1時49分
またヨロシク!

(リンスキンLさんも発見してくれるだろうか??)


59.Re: やっと見つけた!
名前:Tsuneo    日付:2003年11月10日(月) 10時41分
嗚呼、TREEスレになったのですね。愈々嬉しい。しかもFILE添付もできるてぇ寸法かい?嬉しいけどSevenさんの負担も愈々大変そうだ。何か協力できることがあれば仰ってください。本当に。
 リンさんの連絡先ってわしもなくしてしまいまいした。どうしましょう。

55.ニキ・ラウダ 返信  引用 
名前:壬生狼    日付:2003年11月8日(土) 14時3分
Original Size: 786 x 540, 59KB

元F1王者のニキ・ラウダが先週末、シリーズ最終戦バレンシアGPが開催されたリカルド・トレモ・サーキットに観戦に訪れた。王者バレンティーノ・ロッシの輝かしいパフォーマンスを目の当たりにし、チャンピオンシップがハイレベルのレースであることを示した。

「現状、MotoGPはF1よりもスペクタクロです。」

ラウダは常にグランプリを追いかけているが、自宅でのテレビ観戦よりもサーキットに訪れることが最高の観戦であることを肯定した。

「本当にテレビ中継は素晴らしい技術ですが、ブレーキングやスライドを近くで見るのが好きなんです。彼らのバトルは醍醐味があり、これが最も関心を引き起こす要素です。しかし、最も圧倒されるのは、MotoGPサウンドです。サウンドは、まるでヘル・マシン(地獄のようなバイク)のようです。加速の際にポテンシャルを観ることが出来ます。それもフロントタイヤを路面に密着した状態です。同様に125ccクラスも250ccクラスも観戦するのが好きです。全ての視点から見て、MotoGPはグレートなスペクタクロです。」

以上、ネットよりの拾いモノなので、詳細不明ですが(笑)
ニキは相変わらずモーター・スポーツを愛してる様です



58.Re: ニキ・ラウダ
名前:Seven    日付:2003年11月9日(日) 1時57分
ラウダJrがF3000のテストをしたようです。
http://www.crash.ne.jp/int_etc/2003_news/10/int_etc_2003_1029a.html
来週末のマカオGPではネルソン・ピケJrやケケ・ロズベルグJrも
出場するとのこと。2世の時代の予感がします。
(高見沢亜蘭は今何歳なんだろう?)

52.リニューアルおめでとうございます 返信  引用 
名前:TAIZAN    日付:2003年11月6日(木) 19時10分
今後ともヨロシク。

いよいよ「黄金篇」突入ですか。
FlashMX等の新兵器導入も楽しみにしています。

「勇気は技術だ」



56.Re: リニューアルおめでとうございます
名前:Seven    日付:2003年11月9日(日) 1時47分
>「勇気は技術だ」
「自己のテクニックに対する自信だ」

まだ雌伏篇であります。。。

53.日本でも… 返信  引用 
名前:ビアフラ    日付:2003年11月6日(木) 20時25分
 オーストリア皇帝やケネディー大統領のように,一国の王や宰相といった国家政府の要人の暗殺には,得てして国家レヴェルの陰謀が絡み,そして,それ自体が隠蔽してしまうことが往々にしてある。謎と言うピースを残して…。ケネディー暗殺に関しては,大藪氏も,それに関する作品を発表しているが,実は日本の要人にも,そういった謎の残る死に方をした人がいる。もちろん犯人はわかってはいるのだが…。
 伊藤博文がハルビン駅で,安重根によって暗殺されたのは知る人ぞ知る事件だが,検死結果によると,体内から騎兵銃より発射された弾丸が発見された。(安重根が使用したのは,ブローニング拳銃)しかも,受けた傷も右肩から左下に抜けているから,儀仗兵の股を潜って発射した彼のではない。
 この事件をモチーフにした小説は以前読んだが,今回そのノンフィクションを書店で見かけて購入。伊藤の死因には先にあげた事柄から興味を持っていたが,どんな発見が見つかるか,期待と不安でいっぱいである。

51.引越しそば 藪そば 返信  引用 
名前:Seven    日付:2003年11月6日(木) 1時34分
皆様、お言葉&ご来店ありがとうございます。
さて、当店の移転はもう少し先になりそうです。
しばらくこの仮店舗でお楽しみください。

それにしても『雇われ探偵』の「俺」は異色の主人公だ。
家には家政婦を雇うし、「鉄の掟」では事務所でフレミングの「ゴールドフィンガー」を読みふけり、訪問者にもしばらく気づかない。
それでいてタフで非情で自らの掟を守る男だ。
津島という名前も本当かどうか。。。


ページ: |< << 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb