[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
コクーンへのメッセージ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1213.3年目の命日 返信  引用 
名前:てんとう虫えっちゃんの夫    日付:2012/1/7(土) 1:19
コクーンさん、新年あけましておめでとうございます。

てんとう虫えっちゃんこと、故藤井悦子の夫です。悦子を心から愛してくださったコクーンさん、またこの掲示板を読んでくださっている、悦子と親交のありました皆々様、生前は本当にありがとうございました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

ちょうど3年前の今日、2009年1月7日AM1:19に悦子は旅立っていきました。皆さんとのかけがえのないたくさんの思い出を胸に抱き天に召されました。

今年も亡くなった時刻ピッタリにメッセージを送らせていただきます。

昨年も道を歩いていたとき、てんとう虫が飛んできて私の顔にとまったことがありました。

私に何かを訴えたかったんでしょうね。

私の次男の光(ひかる)は今年4月から中学3年生で高校受験の勉強が本格的に始まります。

悦子は、息子のことを心配して私に訴えているんでしょうね・・・・。


皆さん、今日一日は悦子のことを思い出していただき、心の中で声をかけてやってくだされば喜ぶと思います。お願い致します。

コクーンさんも今後益々ご活躍されることをお祈り致します。

今年もまた歌を通じ、震災の被災者の方々を勇気づけてあげてください。

くれぐれもお体ご自愛くださいませ。関西にお立ち寄りの際にはまたお墓にお参りくだされば幸いです。では、失礼いたします。



1215.Re: 3年目の命日
名前:水月悠里加    日付:2012/1/9(月) 8:53
てんとう虫えっちゃんの夫さん

コメントありがとうございます。

えっちゃんが旅立たれてから、もう三年になりますね。

7日は、藤沢でコンサートでした。もしかして、会場のどこかで、えっちゃんが聴いてくださっていたのかもしれませんね。

てんとう虫が、ほっぺに止まった…という話を教えてくださり、ありがとうございます。

「お父さん、いつも子どもたちのこと、ありがとう!

だいじょうぶ〜!私はいつも、みんなを見守っていますからね〜!」

もしかしたら、そのようなことを言いたかったのでしょうか…。

今年は、息子さんの高校受講の年だから、なおさら「いつも応援しているよ!」とも伝えたかったのかしら。

えっちゃんの笑顔が目に浮かぶようです。

息子さんが、目指す高校に行けますように、みなさんにとって、今年が素晴らしい年となりますように祈っていますね。
どうぞ、風邪などひかないようご自愛ください。


1216.びっくりしました。
名前:てんとう虫えっちゃんの夫    日付:2012/1/9(月) 12:3
水月さん、お返事ありがとうございます。


>7日は、藤沢でコンサートでした。もしかして、会場のどこかで、えっちゃんが聴いてくださっていたのかもしれませんね。

びっくりしました。水月さんは昔、私が東京の会社に勤務していたとき、悦子と二人で藤沢の社宅に住んでいたことをご存知だったんですか?


1219.Re: 3年目の命日
名前:コクーンゆうこ    日付:2012/1/10(火) 10:37
ありがとうございます。

えっちゃんの命日に藤沢でコンサートだったのは、またえっちゃんが天からプロデュースしてくれたのかもしれませんね。

私は先日、メールボックスがいっぱいになって、要らないメールを削除しようと思っていたら、えっちゃんからのメールを見つけました。

3年半前の6月18日にいただいたメールでした。
えっちゃんが作詞したら、それに曲をつけると約束していました。

「温かいお言葉ありがとうございます
ずっと具合が悪かったので詞はまだ書いておりません
回復までにはまだ時間がかかりそうです
また元気になったらあらためてご連絡致します
藤井より」

これを見つけて、一人で涙してました。

えっちゃんの歌は作れなかったけど、えっちゃんの思いはきっとコクーンの歌とともに、届いていると思ってます。

ひかるくん、頑張ってね。私も応援してます。
えっちゃんも天から、ずっとずっと見守っていますね。

またきっと困った時には、てんとう虫になって来てくれますね。

また、藤井さんファミリーにお会いすることに楽しみに♪


1223.悦子のメールのご紹介
名前:てんとう虫えっちゃんの夫    日付:2012/1/14(土) 21:11
本田さん、お返事ありがとうございます。


>私は先日、メールボックスがいっぱいになって、要らないメールを削>除しようと思っていたら、えっちゃんからのメールを見つけました。

>3年半前の6月18日にいただいたメールでした。
>えっちゃんが作詞したら、それに曲をつけると約束していました。

>「温かいお言葉ありがとうございます
>ずっと具合が悪かったので詞はまだ書いておりません
>回復までにはまだ時間がかかりそうです
>また元気になったらあらためてご連絡致します
>藤井より」

>これを見つけて、一人で涙してました。


まだ生きているような息遣いのするメールのご紹介に感謝いたします。
遺族として御礼申し上げます。またお会いしましょう!

1221.ちっちゃなcocoon 返信  引用 
名前:ひらりん    日付:2012/1/11(水) 14:36
先日は新春コンサート「ありがとうをあなたに」で、素敵な歌を聴かせてくださりありがとうございました。新しい年を感激と感謝でスタートし、今年は優しい気持ちで過ごせそうです。
 一緒に聴いていた小2の娘が、とても楽しいことをしてくれたので、ぜひお知らせしたくてメールしました。コンサートから帰った日、自宅にあるホワイトボードをプロジェクタの代わりにして、歌詞を書き始め、「それでは」と言って、永遠の絆を歌い出しました。何度も何度も歌ってくれたので、なんだか娘に、生まれてくれてありがとう♪と言われているような気がして心が温かくなりました。我が家のちっちゃなcocoonは「カレーライス」の歌も好きだそうです。「カレーライスのおねえさん素敵だったね」と言っていました。娘が20代になったら心音さん達のように親子で会話できるのかしら、なんて思いながら、こんな楽しい思いができるのも、cocoonさんのおかげです。ありがとうございます。羽田先生より、他にも沢山素敵な歌があるのよ〜と教えて頂きました。ぜひまた機会があれば聴いてみたいと思います。また藤沢にいらしてくださる日もあるでしょうか?楽しみにしています。cocoonさんCO906.さんのご活躍をお祈りしています。親子で応援しています!本当にありがとうございました。 



1222.Re: ちっちゃなcocoon
名前:水月悠里加・コクーン    日付:2012/1/13(金) 16:41
ひらりんさん


可愛いお嬢さんですね〜♪ (*^。^*)

「ちっちゃなcocoon」のネーミングも素敵!

>なんだか娘に、生まれてくれてありがとう♪と言われているような気がして心が温かくなりました。

まるでシーンが浮かぶようです。
お母さんへの「大好き」という気持ちや、感謝の思いを歌で伝えてくださったのかしら?


>親子で応援しています!本当にありがとうございました。

ありがとうございます。何よりの励みになります。
また、ここに遊びに来てくださいね。\(^0^)/

1217.藤沢のコンサートに伺いました 返信  引用 
名前:utsumi    日付:2012/1/10(火) 1:30
cocoonさん、CO906.さん
素晴らしいコンサートをありがとうございました。
自然食の料理教室でお世話になっている羽田先生から「私が料理を通して伝えたいことを、歌で伝えている人たちがいる」と聞き、コンサートに伺いました。私は羽田先生の教室を通じて「ありがとう」のことばの大切さを知ったり、子どもに食事の大切さを伝えることを学ばせてもらったりしています。先生が感動したコクーンさんの歌ってどんなだろうと、伺いました。
1曲目から、cocoonさんの歌の世界に入り込んでしまいました。
母親の視点や母親の気持ちが込められた歌ではありますが「主婦デュオ」や「主婦バンド」といった名称で言われるのはちょっと違うように感じました。cocoonさんが歌い上げる世界は、もっと深くもっと広いものがあるように思いました。
水月悠里加さんの歌声、透明で力強く、のびやかで、聞く人の心に染み入ります。
本田裕子さんの歌詞・・・言葉に魂があるというか、素直に心にひびいてくるポエジーがあると思いました。
CO906.さんは、親子ならではの味わいがいいです。心音さんがとってもキュートで、これからが楽しみですね!
CO906.さんの歌は、心の栄養になる歌・・・。「お味噌汁が笑う ご飯が微笑む」の歌詞のように。手作りの食事が人の心をも満たすように。私も高校2年と1年の年子の男の子たちに、思いを込めて食事をつくっています。余りの食欲に、冷凍もレトルトも使わないとやっていけませんが(笑)

我が家の長男は17歳ですが、ダウン症です。
長男を通して私もいろいろなことを感じ、教えられてきました。
長男は歌うことが大好きです。歌はまだまだ音程がしっかりとれない状況ですが、心を込めて歌う姿を見ると、ダウン症だから、知的障がいがあるから・・・と可能性を封じ込められてしまうことは何か違うと感じてしまいます。発表会で歌っている写真です。雰囲気だけでも見ていただけたら嬉しいです。
歌の力を信じて、今練習を続けています。

実は用があって途中で抜けなくてはならず、最後まで聞けませんでした。
機会があったら、ぜひコンサートに行きたいと思います。これからも素敵な歌を歌っていってください。
cocoonさん、CO906.さんの活躍を心から応援しています。



1220.Re: 藤沢のコンサートに伺いました
名前:コクーンゆうこ    日付:2012/1/10(火) 10:54
utsumiさん

藤沢で聴いていただいてありがとうございます。
羽田先生はたくさんの皆さんから慕われているのですね。こんな短期間に、たくさんの方がスタッフとしてお手伝いされていて、たくさんの方が聴きに来て下さっていて……本当に驚きました。
こういう人間関係は一朝一夕では作れないものですよね。羽田先生が日頃、どんなに皆さんを大切にされているのかがわかったような気がしました。

そして、羽田先生が作って下さったお弁当が美味しいのなんのって。
年末から風邪でダウンしていたので、やっとお正月らしいお食事をいただいて、感動でした。

ダウン症の息子さんがいらっしゃるのですね。細川佳代子さんがおっしゃっていたように、優しい気持ちを教えるために生まれて来て下さったのかもしれませんね。「ちぃちゃんの歌」のちぃちゃんが書いているように「障がい者が一人でも生きていける社会」を作って行きたいですね。
弱い立場の人に優しい社会は、強い立場の人にだって優しい社会のはずだと、私は思います。

そんなことを歌を通して伝えていけたら……と思っています。息子さんと一緒に歌えたら、楽しいですね。いつかどこかで……♪
そんな日を夢見ていますね。

1214.活動12年に乾杯 返信  引用 
名前:しん    日付:2012/1/8(日) 0:20
コクーン結成して12年。ちょうど干支が一通り過ぎたのですね。
おめでとうございます。引き続きこれからもいい歌をお願いします。
ところで、年末に掃除をしていたら懐かしい写真が出てきたのでブログにアップしてみました。
http://blog.livedoor.jp/oshin3189/archives/6560219.html
水月さんと本田さんに見ていただきたくて写真をスキャナーで取り込み、ブログにしました。
今年もよろしくお願いいたします。



1218.Re: 活動12年に乾杯
名前:コクーンゆうこ    日付:2012/1/10(火) 10:24
しんさん

いつもありがとうございます。

長渕剛さんが紅白で歌っていた、あの小学校だったのですね。
しんさんもあの校庭で、遊んだりしていたのですね。
写真を見ていて、胸がじ〜〜んとなりました。

私のおばあちゃんはどこの小学校だったんだろう……って。そんなことを思ったりして。

石巻の親戚が、今年も笹かまぼこが送って来てくれました。粟野の……あの美味しい笹かまぼこは再開出来ているんだなぁと、しみじみ、味わっていただきました。

一日も早く、復興して欲しいですね。

また、しんさんにもお会いしたいです。

1211.あけましておめでとうございます 返信  引用 
名前:ひーたん    日付:2012/1/4(水) 13:36
あけましておめでとうございます。
この一年がコクーンさんにとって良き一年となりますように。
また徳島でコンサートする際は立ち寄らせていただきます^^



1212.Re: あけましておめでとうございます
名前:水月悠里加・コクーン    日付:2012/1/4(水) 16:7
ひーたんさん

明けまして、おめでとうございます。

コメント、ありがとうございます。昨年は、松山にはコンサートで行けたのですが(12/3)、徳島へは行けなくて残念でした。

ぜひ今年は徳島でコンサートができたらと思います。そのときに、再会できるといいですね♪

ところで、大学はもう3年生ですか? 薬学の勉強は厳しいとは思いますが、未来の夢の為にがんばってくださいね!

1209.ありがとうございました。 返信  引用 
名前:プンヴァ    日付:2011/12/25(日) 11:49
 悠里加ちゃん、ゆうこちゃん、マネージャーのあめちゃん、二本松市まで来てくださって本当にありがとうございました。『「ハートフル X'mas コンサート」福島・二本松』、素晴らしかったです。

 「傷だらけのエンジェル」、「大丈夫だよ」、「祝福の歌」、「永遠の絆」ではグッときて涙が出ました。悠里加ちゃんの歌声は力強くて繊細で温かくて、天に届くようでした。ゆうこちゃんの生ピアノはもう心地よくて、あのタッチと、柔らかい語り口調と共に、心が安らぎ感とわくわく感で満たされて行きました。

 会場全体が癒しのエネルギーに包まれ、一体感を感じました。今を感謝する気持ちと前に進む力を頂いた気がします。
 コンサート終了後、みなさんのお顔がとても輝いていたのも印象的でした。避難されている方も今日を生きる元気をもらってのではないかと思います。
 初めて来場した私の友達も「来ることができて良かった」「とっても癒された」「素敵なプレゼントをもらった!」と喜んでいました。
 心に残るクリスマスイブになりました。



1210.Re: ありがとうございました。
名前:水月悠里加・コクーン    日付:2011/12/25(日) 15:57
プンヴァさん

コメント、ありがとうございます。

「心に残るクリスマスイブになった」と思っていただけて、いま本当に二本松に行って良かった。。。と思っています。

「悠里加ちゃんの歌声は力強くて繊細で温かくて、天に届くようでした。」こんなに褒めていただいて、光栄です。

プンヴァさんからのメッセージは、私にとって、とても幸せなクリスマスプレゼントになりました。ありがとうございます。



・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・'゜☆。.・' ☆。.・'゜☆。.・'☆。.
 ☆ + 。* ★                      *。: * 。  
  \★ .☆/     ★☆Merry X'mas☆★   。 *: 。 :* 
 。   ☆        〜素敵な一日に〜♪      :* 。 *:
  ☆。/\。 。                     。* 。* 。*
 ‥▲‥‥
*‥▲▲‥ 
‥▲▲▲‥‥
‥‥■‥‥*‥‥      Д。。        。: 。* : 。*
 。。 。    ..(^^)      。 。* :。* :。:。
 ~~‖ 。  。。 C(.:.)Ψ。 。。 。: 。。 。: 。 : 。。
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

1207.COCOONの歌を聴いて(胆道閉鎖症の件) 返信  引用 
名前:平井 喜信    日付:2011/12/13(火) 13:1
12月11日 金沢の音楽堂でギターとCOCOONを聞きました。
知人がギター弾いている関係からです。
 そこでキーボーの木田様のご子息の「胆道閉鎖症」の件を聞き それから私たち夫婦は涙でした横の家内も涙で私は何も言えませんでした。
 私事ですが私達の第1子も胆道閉鎖症で1年1ヶ月の命を終えました。(今おれば40歳前です)
 コンサートが終わり CDを買おうかとしましたが家内が思い出すと思い止めました。
 今も幼い子に2度の大手術をしたのが良かったのが迷っております。
天国(?)でもし会えたら聞きたいと思います。
 長くなるので止めますがもし続きが入用でしたらご連絡ください。
多くの人にお世話になりました。
続編打ちます。



1208.Re: COCOONの歌を聴いて(胆道閉鎖症の件)
名前:コクーンゆうこ    日付:2011/12/13(火) 17:45
平井さま

金沢では歌を聴いていただき、ありがとうございました。

同じ胆道閉鎖症で、お子さんを亡くされているのですね。
辛い経験を書いていただき、ありがとうございます。
「傷だらけのエンジェル」って「何で傷だらけなんですか?」と時々質問されるんですが……文字通り傷だらけだったんです。平井さんのお子さんも2度手術されたのですね。親としては……いたたまれないですよね。

息子は胆道閉鎖症から脳幹出血を引き起こし、それで初めて先天性の病気だったと気付いたのです。危篤だと言われてから気付くなんて、ダメな親だと随分自分を責めました。
まずは、脳の手術をして、少し落ち着いたらすぐに、今度は胆道の代わりに腸で胆汁を流れるようにする手術でした。全て上手く言っていると言われた矢先に、容態が急変して亡くなりました。
その後に、解剖させて欲しいと言われて……。私はこれ以上切り刻まないで欲しかっのですが、「この先に同じ病気で生まれる人のために」と言われて、息子の死を無駄にしないためにも、泣く泣く承諾したのです。

小さな小さな体が、本当に傷だらけで…。平井さんご夫婦のお気持ちが痛いほどわかります。

今はもしかしたら、平井さんのお子さんと私の息子はエンジェル仲間になっているかもしれませんね。
息子のが新入りですが…。天国から、やっと出会えたねなんて私たちを見ていたりして…。

一緒にいっぱい泣きましょう。いつまでも泣いてちゃいけないと言って下さる方もいます。息子が浮かばれないからと…。
そうなのかもしれません。でも、私はいっぱい泣いていいと思うんです。
だって、それは愛だから。天国へ逝った子どもへの紛れもない愛だから。

涙でしか、語れない愛だって、あっていいと私は思うんです。

いつか、またお会い出来たらいいですね。

本当にありがとうございました。

1203.ありがとうございました。 返信  引用 
名前:のっぽパパ    日付:2011/12/4(日) 0:19
3日松山のコンサートで初めて、聴かせて頂きました。
息子を失い3月、正直、ちょっときつかったです。涙、涙で。
でも、聴けてよかった。

「生きる」ことの意味、幸福。
本当は、生きてる間に息子に聴かせたかった。

これからも、どんどん、若い人達にお二人の心のソングを
聴かせてあげてください。

今日、購入させて頂いたCD。息子に聴かせてやろうとお供えしました。明日は、実際に音を聴かせてやろうと思います。

サインを頂いた時に、息子の話をしたら、せっかく頂いた、お花を
くださり、ありがとうございました。早速、飾らせて頂きました。

次回、聴かせて頂く時には、少しでも、一緒に手拍子、唄えるように
なっていたいと思います。今日は、涙で・・・

とりとめのない文でごめんなさい。
でも、また、聴かせて頂ける日を楽しみにしております。



1206.Re: ありがとうございました。
名前:水月悠里加・コクーン    日付:2011/12/4(日) 20:0
のっぽパパ さん

昨日は、松山「銀河鉄道の夜」コンサートに来ていただき、ありがとうございました。

うちもひとり息子です。来年の3月で21歳なので、おそらく息子さんより一学年下かと思われます。

息子さんが9月にお亡くなりになったとお聴きし、大変驚きました。お父さんの心中を思うととても言葉になりません。

>今日、購入させて頂いたCD。息子に聴かせてやろうとお供えしました。明日は、実際に音を聴かせてやろうと思います。

息子さんと一緒にお聴きくださるなんて、大変光栄に思います。お父様の想い、きっと息子さんに通じていると思いますよ。


>サインを頂いた時に、息子の話をしたら、せっかく頂いた、お花をくださり、ありがとうございました。早速、飾らせて頂きました。


せめてもの気持ちです。お花も、その方が喜んでくれると思いました。

>次回、聴かせて頂く時には、少しでも、一緒に手拍子、唄えるように
なっていたいと思います。今日は、涙で・・・


きっとまた、コンサートでお会い出来るような気がします。そのときは、一緒に歌いましょうね。(^^)


ところで、のっぽパパ さんにぜひご紹介したい本があります。私が、これまでに、大切な方を亡くされた方に、プレゼントしている本です。

『前世療法』(ブライアン・L・ワイス)
『死者と生者の仲良し時間』(鈴木秀子)

『前世療法』は、著名な精神科医であるワイズ博士が、キャサリンという患者の治療を通して真実と出会っていくというドキュメントです。

鈴木秀子先生は、シスターで、遠藤周作さんを看取られています。何回か講演やお話会に行き、以前、講演とコラボさせていただいたこともあります。

私も、大切な人を亡くしていますが、これを読んでいて救われたと思った事が何度もあります。これから寒くなりますが、どうぞご自愛くださいますよう。

ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb