[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ご報告
前ページへ戻る場合はブラウザの「戻る」をお勧めします

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



5.パンティ  
名前:harumi    日付:2003/9/10(水) 23:53
ご主人様、さっそくパンティの股に当たる所を細くし、お尻から前の方迄、ハルミの恥ずかしい溝にあてがいました。心地よい圧迫がハルミの恥ずかしい所を刺激いたします。少し動いてみます。細くなったパンティは動くとハルミのお尻の穴を擦って、何とも言えない味わった事のない感じか、ハルミの下半身に広がります。それと同時に、ハルミの前のいやらしいところにも、パンティの擦れ、圧迫を強く感じますぅ。動くたび、なんといってもハルミが一番感じるオマメの所の皮がパンティで捲れ、擦れてたまらなく感じてしまいます。おもわず自分でパンティを前後に動かしてしまいました。ご主人様のお許しが無いのにしてしまいました。申し訳ありませんでした。その時は自分でもわからなくなる程気持ち良く、ハルミのスケベな穴からはオツユがいっぱい流れ出て、パンティは濡れてしまいましたし、クチュクチュと音を立て始めました。指を入れたい!と思ってしまいましたか、我慢いたしました。そのうちに鳥肌が立ちただ快感だけを求めてパンティを動かしイキソウになってしまいました。もちろんイク事はお許しが無かったのでイッテておりません。我慢いたしました。体が、ご主人様を思うだけで熱くなってしまいます。

4.家電屋で  
名前:harumi    日付:2003/9/5(金) 12:7
ご主人様、ご報告申し上げます。本屋さんはやはり人が少なかったです。そこで電撃倉庫の家電の方に行きました。本屋さんよりは男がおりました。車の中でマン汁香水を塗り直し中に入りくるっと中を回りました。みんなハルミを見て、匂いを嗅いでいます。後をついてこられるかもしれません。ハルミはドキドキしなが歩き、そんな妄想しています。テレビの所でおじさんが眺めていました。一度ハルミの方を見ましたがまた、テレビを眺めます。匂うかしら…と心配しながら少し近付きました。恥ずかしくドキドキしていましたが、マンコは疼いて、きました。近付きながら、離れながらしていると、店員が来て声をかけてきました。ハルミとおじさんの間にはいりました。店員はおじさんにあれこれ説明していましたが、たまにハルミの方も見るのです。乳首が立っているのが分かってしまったかしら…それとも匂うのかしら‥だんだん恥ずかしさが込み上げて来て、顔も赤くなってカァーとなってしまいました。何気ないふりでそこから離れましたがドキドキとずっとしていました。乳首の事を考えたら恥ずかしくてたまらなかったです。見られました。立った乳首を。あぁー知らない男に見られて、男に見られるのは感じるかもしれません…恥ずかしいですが。やはり一人の時はいまひとつ怖さが有ります。ご主人様がいらっしゃればとしみじみ思いながら帰って来ました。今回はご主人様にご満足頂けないご報告となったかもしれません。すみませんでした。

3.綿棒  
名前:harumi    日付:2003/9/2(火) 10:46
ご命令を実行いたしましたのでご報告いたします。穴開きパンティはおマンコとお尻の穴がちゃんと出るように作りました。それを穿いてトイレに行き、まずクリトリスにメンソレを塗りました。次に綿棒にメンソレをたっぷりつけてお尻の穴に入れました。入りずらく大変でした。入ってしまうと、スーと楽に中まで入りました。とっても変な感じで直ぐに便意をもようしました。でも、我慢して耐えました。そうしているとクリトリスがジーンとなり、何とも言えない感覚がハルミのおマンコに広がりました。体がゾクゾクして火照り、おマンコも疼きおマンコをいじりたくなりました。でも、お約束ですのでじっと我慢いたしました。お尻の穴の方もジーンとして今までに感じた事の無い変な感じと、お尻の穴に入っている綿棒の感じがたまらなく刺激となって、凄い感覚でした。こんなにオナニーがしたいと強く思った事はありません。本当に辛かったです。体が切なくなりました。我慢いたしました。気持ちを落ち着けトイレから出ました。しばらくメンソレの為におマンコを疼かせたまま家事をいたしました。メンソレの効果が無くなるのがとっても淋しかったです。でも、お尻の綿棒が有りますから、そちらは入って居る感じがずっと続いています。気持ちいいという感じはありませんが、不思議な感覚です。感じるようになるのでしょうか?でも歩くと何とも言えない感じが有るのは確かでございます。おシッコの為トイレに行きおマンコを見てみると濡れていました。パンティが無いため陰毛がハルミの愛液で濡れて光っていました。おマンコに触れていないのにこんなに濡れてしまって恥ずかしくて顔が赤くなってしまいました。ハルミは始めのご命令の時、ノーパンを体験してから、恥ずかしいのに気持ちイイ感じを知ってしまいました。何が気持ちいいの?と聞かれるとはっきり答えられませんが、ドキドキして、おマンコを見られてしまうのでは…など想像するとおマンコが疼いてしまうことに気付きました。はしたないですが本当です。ハルミは他の人よりスケベなんでしょうか…そんな考えもあり、午後はそのままの格好で買い物に出ました。誰かハルミの穴開ききパンティに気付くでしょうか?おマンコを見られるのでは?と考えるとますますおマンコは疼きました。買い物にいってまいりました。車の乗り降りも見えてしまうのでは?‥と内心ドキドキでした。休日のためかお店は混んでおりました。そんな中でおマンコ丸見えでお尻の穴に綿棒を刺して歩いているハルミは、変態だ!と思ったら顔がカッと赤くなりました。綿棒のせいで歩き方も変です。買い物もそんな事を思っていたらうわの空になってしまいます。でも感じてしまいます。おマンコを見られると思うと疼いてしまいますし、わざと見せたいと思ってしまいます(実際は恐くて出来ませんが)人前だと家に居るよりずっと感じるような気がいたします。直ぐにでもオナニーしたくてたまらなくなりました。一時もじっとしていられなくなります。おマンコに触りたい、指を入れたい、と思いました。苦しくなります、こんなに我慢する事は有りませんでしたから。苦痛でありながら気持ちよく感じておマンコを濡らしてしまうなんて今までありませんでした。とっても新鮮な一日でした。また、ハルミは本当にスケベで変態ではないのかしら…と思う一日でございました。この火照った体と疼いたおマンコをどうしたらよいのでしょうか‥ご主人様素敵なご命令有難うございました。またお願いいたします。

2.コンビニへ  
名前:harumi    日付:2003/9/1(月) 18:23
コンビニに行ってまいりましたのでご報告いたします。ハルミは淡いベージュのミニスカートで家から離れたコンビニにまいりました。ご命令は考えただけでとても恥ずかしい事でしたので‥お店に着くとドキドキしましたが、頑張っていってまいりました。少し買い物をして、トイレに入りました。パンティを置いていくということは、帰りはノーパンになるということだと気付き、ハルミは顔が、耳迄赤くなりました。恥ずかしくて、恥ずかしくてたまりませんでした。でも、せっかくご主人様の奴隷にご命令して頂いたのに出来ませんでした、では申し訳ないと思い、思い切ってパンティを下ろしました。パンティは汚れていました。濡れていまいました。ドキドキして恥ずかしいと思ったのに濡れていたのです。ビックリしました。急いで脱いだパンティを汚物入れの上に置いてトイレをでました。ノーパン状態でとっても恥ずかしく、ミニスカートなのでよけいに気になり変な歩き方だったと思います。顔は赤くなっていたはずです。そのまま急いで店を出て来ました。ノーパンは本当に変な気分でした。またご命令をお願いいたします。

1.映画館にて・・・  
名前:harumi    日付:2003/9/1(月) 9:43
ご報告申し上げます。まだまだ余韻がマンコに残って居ます。疼いています。二人で映画を見るのは夢のような出来事でした。映画の内容で大分ドキドキして席に着きました。明かりが消えご主人様は優しく手のひらを撫でてくれました。感じていました。洗濯バサミで敏感になっている乳首も子宮もです。ただ手を撫でられているだけなのに感じていました。そのうちにご主人様の手は止み、静かに上に上がってきます。そして今、体で一番敏感になっている私の乳首を捕らえて、擦り始めました。乳首はこんなに感じるものだったなんて…しばらくご主人様は私の堅くなった乳首を引っ張ったり撫でたりしておりましたが、急に止まったかと思ったら今度は下半身のスカートの上から撫で始めます。一度だけ、つねって下さいました。ジンジンしているそこを今度は撫でて頂き何とも心地よい感じです。そしてその心地よさが、ついにマンコの側までやってきました。こんなに人が沢山居る中でまさか?と思い体を堅くし足も閉じました。でも間もなくご主人様の言葉無きご命令で、足は開かれマンコが丸見えとなりました。前の席の人は振り向いたりしないでしょうか。隣のカップルには見えないかしら…画面が明るくなる度ドキドキしました。でも、気持ちとは裏腹にマンコはご主人様がビックリなさるほど濡れてグチョグチョだったようです。私はご主人様のお言葉にとっても恥ずかしくなりました。でもご主人様のクリトリスへの攻めは終わりません、強くなるばかりです。何度イキソウになったことでしょう。そのたびギュッとご主人様の腕を強く掴みました。また濡れます。音がします。マンコ汁の匂いもします。アァー気持ち良くイキソウです。そんな時考えもしませんでした。指が。ご主人様の指が私のヌルヌルでぐちゅぐちゅになった、マンコに入りました!またビックリしました。こんな所でなんて恥ずかしい。でも、やっぱり足は開いてしまいます。愛するご主人様がお望みなのですから。ご主人様の手が私のマンコに出入りします。そのたびクチュクチュと音をたてます、私に聞こえるのだから、周りにも聞こえるはず。マンコ汁の匂い、私が臭うのだから周りもきずくはず。恥ずかしさと、次々と襲う快感でおかしくなりそうでした。じっとご主人様に必死に掴まっていました。映画は細かい所は覚えていません。だって全身がクリトリスにマンコになってしまいましたから。映画が終わりみんな出ていきます。私は半分ボーとなったままご主人様の後を追います。足元がふらつきます。トイレに行くようご命令がありましたが、私はまったく耳にはいりませんでした。すみませんでした。今回も素晴らしい体験をありがとうございました。私はご報告しながらまたマンコを濡らしています。愛するご主人様。

ページ: 1 2 3 4 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb