[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
おもちゃの ちゃちゃちゃ 

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





1206.ふくら雀土鈴  稲荷割松屋 返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2008年1月11日(金) 23時41分
Original Size: 640 x 480, 158KB

伏見の「福良雀土鈴」です。



1207.Re: ふくら雀土鈴  稲荷割松屋
名前:茶々丸    日付:2008年1月11日(金) 23時42分
Original Size: 455 x 480, 82KB Original Size: 430 x 480, 88KB Original Size: 500 x 436, 81KB

3晩目の画像で「稲荷割松屋」の刻印があります。



1209.Re: ふくら雀土鈴  稲荷割松屋
名前:ビクトル    日付:2008年1月12日(土) 20時45分
茶々丸さん
ふくら雀土鈴かわいらしいものですね。

帯の結び方にふくら雀というのがありますが、形が似ている気がしますとカンカンさんとビクトルママが話していました。(^O^)


6112.ふくら雀土鈴  稲荷割松屋
名前:茶々丸    日付:2012年8月8日(水) 22時43分
Original Size: 349 x 370, 91KB

最近、気が付いたのですが、
玩具帖にも見えるように、この土鈴は阿吽一対のものなので、
何とか「吽」を探したいところです。

玩具帖 37号21
画題 福良雀鈴 [二種 阿吽]
備考 伏見割松家作、大如図(大きさ図の如し) 
(上)吽、シロギラヌリ、ニクト同ジ部分ギラ 
(下)阿、ニクキラヌリ、「ヒモ」金赤、「印」ヘコミ



6113.昭和11年  福良雀土鈴  平安紫雲
名前:茶々丸    日付:2012年8月10日(金) 23時26分
Original Size: 600 x 450, 36KB Original Size: 400 x 600, 34KB Original Size: 400 x 600, 29KB

この土鈴は手持ちしていますが、珍しく共箱付きが出ていたので入手しました。



6114.Re: ふくら雀土鈴  稲荷割松屋
名前:ビクトル    日付:2012年8月10日(金) 20時35分
茶々丸さん
こんばんは
やっと一段落しました。今回は2日間缶詰状態でした。うぅ!
今年から1単位ずつ10年間かかって10単位習得予定です。。。。フー。

ふくら雀さんいいですね。華やかで可愛らしいです。


6115.金沢練物など  福良雀
名前:茶々丸    日付:2012年8月10日(金) 23時50分
Original Size: 640 x 480, 157KB

ビクトルさん

お疲れさまです。
10年間がかりでの10単位ご習得とは壮大です!
大きな目標があると、歩みもブレないですね。

猛暑の折柄、体調にご注意の上、佳き夏休みをお過ごしください。



6435.船小屋温泉雀鈴
名前:茶々丸    日付:2013年4月15日(月) 22時31分
Original Size: 640 x 480, 96KB Original Size: 363 x 571, 23KB

ビクトルさん 小福さん みなさん こんばんは✩
船小屋温泉の雀鈴を、雀の過去ログに繋げました。

■玩具帖 27号32
画題 船小屋温泉雀鈴
備考 高二寸、ヨコ二寸、土焼着色 梅林氏より

■船小屋温泉・雀地獄
その昔、矢部川付近で何かブツブツと湧出する一カ所の地点ができました。
その上を蝶や蜂などの昆虫が飛んでくるとバタバタと墜死しました。人々はこれを見て不思議に思っていると、
その虫に群がる雀が低くこの上を飛ぶと、これまた見る間に死んでしまったのです。
当時の人々はこれを神や霊現だとこわがり、近づこうとしませんでした。
やがてこの湧き水は「雀地獄」と呼ばれ、神秘的な現象であると考えられていました。


6415.背景画像 返信  引用 
名前:ビクトル    日付:2013年3月29日(金) 20時55分
Original Size: 640 x 480, 110KB

背景の画像が行方不明になってしまったので、探しました。やっと見つかりました。



6416.Re: 背景画像
名前:ビクトル    日付:2013年3月29日(金) 21時0分
久しぶりに 懐かしい画像に・・・。よかったです。


6424.背景画像
名前:茶々丸    日付:2013年4月4日(木) 23時42分
Original Size: 600 x 450, 26KB Original Size: 600 x 450, 30KB

ビクトルさん

僕は画像名を行き当たりばったりで、アルファベット以外に、漢字や平仮名も使っていたので、
今頃になって、ファイルから引っ張り出すのが一苦労です。
この掲示板に掲載させて頂いた記憶のある画像は、検索でほぼ確実に振り返ることができて助かっています。

ビクトルさんのお好きな犬玩具は、
専門ではないため、画像をあまり貼ることができずに済みません。
昨日入手したガラクタセットに、一つ戦前の竹細工の闘犬がありました。
この中では、オロンコ(ウィルタ)族の福神「ポロロ」が好みでした。

○検索:ウィルタ族
樺太北部に住んでいた民族といわれ、領土がソ連になった際に網走へ移住して来た少数民族。アイヌからはオロッコと呼ばれていた。

○セワポロロ 
北方民族(樺太や網走)ウィルタ族によって造られていたものを原型としています。
セワとは神をさし、神像として身近において願い事をし感謝をかかさないようにと、家のお守りの為や、狩猟を願う祭り(オロチョンの火祭り)の時等に作り出されていたようです。
首に巻かれている、木を細くそそいだイナウとよばれる形状は鳥の羽を意味していたらしく、古来より神聖な物として扱われていました。

「ウィキペディアより引用」
ウィルタ語はツングース諸語に属するウィルタ族の言語。
ウィルタは樺太の住民であり、黒竜江中流に分布するオルチャ語と類似することからウィルタ族は大陸から渡ってきた民族であると推定される。
現在話者数は減少し、消滅の危機にある。



6425.セワポロロ
名前:茶々丸    日付:2013年4月4日(木) 23時44分
Original Size: 400 x 600, 47KB Original Size: 400 x 600, 39KB

これは検索で見つけた現行品で、網走の「大廣朔峰」作です。



6426.Re: 背景画像
名前:小福    日付:2013年4月5日(金) 11時45分
 ビクトルさん 
 お忙しい処、お世話をおかけいたします。申し訳ございません。
 茶々丸さん
 ご教示ありがとうございます。睡眠不足にしてしまったのでは・・・。小福は気づきませんでしたが、赤べこも面白いですね。オークション、10日22時17分終了に盛岡 チャグチャグ馬っ子が出ています。『全国郷土人形図鑑』に載っている、花巻の人参馬に目が似ています。人参馬は昭和初年の練り物だそうですが、これは擬宝珠との組み合わせがおもしろいです。先日の奈良手向山八幡宮の板絵馬に車輪が付いているのがありました。まだまだ、見逃しが多いようで…パソコンとにらめっこして肩コリになるのかもしれません。
「あまちゃん」の画面も目を凝らして見ましょう。「じぇじぇ?」は流行るような・・・。「あまちゃん」のおかげで少し元気になりました。
 今度お時間のある時に、長谷川適所コレクションに付いてご教示願います。


6427.Re: 背景画像
名前:ビクトル    日付:2013年4月6日(土) 20時56分
茶々丸さん
小福さん

こんばんは
今日は、低気圧が通過し凄い風雨でしたが、少しおさまってきました。書いている間にまた何だか怪しくなってきたりして・・・。
背景画像は、どのファイルにあるのかわからなくなってしまい探すのに苦労しました。

茶々丸さん
主に犬玩具を集めていますが、むしろ掲示板では、他の玩具を紹介してくださるのが楽しいです。茶々丸さんのは、ガラクタセットではないですね。いつも光るものがありますね。


6428.Re: 背景画像
名前:ビクトル    日付:2013年4月6日(土) 20時58分
小福さん
お世話だなんてとんでもないです。
最近オークションものぞいていませんが、またのぞいてみます。


6429.背景画像
名前:茶々丸    日付:2013年4月13日(土) 23時11分
Original Size: 600 x 450, 28KB Original Size: 600 x 450, 16KB Original Size: 600 x 450, 17KB

ビクトルさん 小福さん こんばんは✩
家庭の事情で少しご無沙汰いたしました(^_^;)

小福さん
○ちゃぐちゃぐ馬は面白いものでしたが、静かに終わってましたね。
○「あまちゃん」は、同じドタバタでも前作よりも煩くないですね。
○長谷川適所氏は関西の趣味家で「白菊会」で活躍、
検索すると「燐票」界でも著名人だったということしかわかりません。
去年から放出されているコレクションは、どれもが稀に見る美品揃いです。
先日の田中繙賞氏誂えによる優美な「伏見稲荷鈴」も、
微細な窯疵が敬遠されたのか競りがなく、手持ちよりも綺麗だったので入手しました。


6407.春がきた 返信  引用 
名前:小福    日付:2013年3月15日(金) 15時41分
 ビクトルさん 茶々丸さん みなさん こんにちは
 ビクトルさん 季節の変わり目です。お体ご自愛くださいませ。
 茶々丸さん 小福は美術館も博物館もとんとご無沙汰です。心に余裕のないのを感じます。思い切って、森井信也氏の『季刊 土鈴』1〜7(5なし)を手に入れました。昭和59年創刊となっています。読んだところ、戦前の土鈴は出てきませんが各地の土鈴案内、おもしろいです。いつまで続いたのか?ご存じでしたら情報をお願いいたします。見るだけですがオークションに古土鈴が出るのが待ち遠しくなってきました。



6408.昭和8年  鶏鈴  久保田佐四郎
名前:茶々丸    日付:2013年3月17日(日) 0時31分
Original Size: 640 x 480, 92KB Original Size: 640 x 480, 137KB Original Size: 289 x 212, 58KB

ビクトルさん 小福さん 皆さん  こんにちは✩

日に日に春めいて参ります。
近所を歩くだけでも色とりどりの花に出会えるのは、嬉しいものですね。

小福さん、鶏鈴はご遠慮されたのでしょう、誠に相すみません。
土鈴には万遍なく目印的に入札をかけているのですが、
これは練り物である上、疵があったためか無風で終わりました。
材質が同じ傾向の箱に入れてみました。

『季刊土鈴』は仕舞い込んでおり、はっきりとお答えできませんが、
短期間に出ただけだった(それで全部では?)と思います。
おそらく森井様方では、旧在庫をまだお手持ちかと思います。

■玩具帖 17号22
画題 鶏鈴
備考 佐四郎氏作 高一寸三分位ねりもの
ツヤツキ、シロ、キンスナゴ、ツリ 昭和八年一月金林氏寄



6421.Re: 春がきた
名前:茶々丸    日付:2013年4月4日(木) 22時50分
Original Size: 600 x 450, 20KB Original Size: 600 x 450, 22KB Original Size: 600 x 450, 18KB

小福さん 

花冷えの折しも、何かとご多忙の由、お厭いくださいませ。
「京名所土鈴」は2つ、あるいは「知恩院の鐘」までは、京名所に含まれるかと思います。
その他はまた別のシリーズの離れのようです。
どれも持ってはいますが、元箱がないため、詳細は不明です。



6422.春がきた
名前:茶々丸    日付:2013年4月4日(木) 22時57分
Original Size: 600 x 450, 16KB Original Size: 640 x 480, 63KB Original Size: 640 x 480, 65KB

七福神の持ち道具などが満載の「寳車鈴」は、組物としては大きなもので、滅多に出てくるものではないのですが、
未彩色の車輪がポツンと現れたのは、完品が後から登場するサインと思われます。
長谷川適所コレクションは、どれもが稀に見る極美品で感動します。


6419.たのしみ 返信  引用 
名前:小福    日付:2013年4月4日(木) 22時12分
 ビクトルさん 茶々丸さん みなさん こんばんは
 NHKの朝ドラ「あまちゃん」テンポがよくておもしろいですね。部屋の中に郷土玩具が出てこないか気になるところです。宮古市には南部系の坂下隆男さんというこけしの工人さんがおられましたが、廃業されたようです。(オークションでは人気があるようです。)
 先日のTV「よーいドン」では大仏プリン本舗の「まほろば大仏プリンロール」が取り上げられていました。こちらのプリン、ガラス瓶に入っていて食べ応えがあります。小福は昔ながらのシンプルなプリンが好みです。蓋の大仏さんのお顔もかわいいです。

6285.球磨川石人形 返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2013年1月12日(土) 15時13分
Original Size: 600 x 450, 24KB Original Size: 600 x 450, 19KB Original Size: 600 x 450, 26KB

昔のみやげ人形ですが、九州産なので拾っておきました。
高さは3pと3.5pで、小さなものです。



6286.球磨川石人形
名前:茶々丸    日付:2013年1月11日(金) 23時45分
Original Size: 640 x 480, 81KB Original Size: 640 x 480, 79KB Original Size: 640 x 480, 75KB

栞に人吉の住所があり、平家の落人が主題なのかも知れません。
平家と言えば、大河ドラマの「平清盛」は、これまでの最低視聴率だったようですが、
僕にとっては紛れもない最高傑作で、初めて全編を視聴しました。
ネット上にも悪評判が並んでいますが、坂東玉三郎だけは絶賛しており、少し安堵しました。

■歌舞伎俳優で人間国宝の坂東玉三郎さん(62)は自身の作品の会見で「平清盛」に言及し、
「本当によく時代考証をしている」と絶賛した。「衣装の質感が素晴らしい。
あの平安の衣装を着物を着たこともないような現代の若者に着せて違和感がないのは、すごいことです。
かつらもちゃんとしている(小さく、実際に近い)し、『そなた』という発音(アクセントが『な』にある)も清盛だけ」。
そして「私はほとんど大河ドラマを見なかったが、清盛は見ている。
でも視聴率が上がらないというから、世の中、皮肉ですね」とも。
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/special/tamasaburo/01.html



6287.Re: 球磨川石人形
名前:ビクトル    日付:2013年1月13日(日) 18時0分
茶々丸さん
こんばんは
石人形ですか。
自然の形を利用して作られているのですね。
上手に作られています。最初は、おひな様かと思ったのですが、平家の落人かもしれないというのは、そんな感じがします。


6290.球磨川石人形
名前:茶々丸    日付:2013年1月13日(日) 22時50分
Original Size: 319 x 169, 10KB Original Size: 280 x 430, 71KB Original Size: 539 x 298, 53KB

ビクトルさん

人吉民芸のキジ馬や花手箱は、信憑性はわからないのですが、
平家の落人にゆかりがあると聞いたような気がします。

■検索
寿永4年(1185年)壇ノ浦の戦いで平家は滅亡。
貴族文化も終わりをつげますが、物語はここからが始まりです。
平家の一部は、難を逃れて九州に渡り、球磨の領主矢瀬氏を頼り、さらに人吉地方の奥地に落ちのびます。
言い伝えによれば、人吉地方に落ちのびた平家の人々が、
栄華の夢のなぐさめに木地桐木(きじざつ)作りを始めたのが、花手箱の由来。
人吉地方は、また木地師の里です(木地師は、日本国中の良材を得る特権を持った誇り高い職業集団)。
木地師の歴史は古く、職祖(しょくそ)とされる「惟高親王(これたかしんのう」(849〜897)の伝説も日本各地に残っています。
京の都に縁があり、職業集団として強い団結力と日本国中の山間部を移動し集落を築く木地師。
平家の落人と木地師のつながりが、南国の人吉地方に文化を生み出したのかもしれません。人吉地方の人々は民間工芸として”花手箱”を長く守ってきました。

■『きじ馬』の頭には、必ず『大』という字が書かれています。
これは、大塚地区の製作者の家の養子になった若者が秘伝を盗んで逃げ去り、後世その罪滅ぼしと、養家への感謝をこめて、書くようになったものだとか、
また一説には、京の都の大文字焼き(五山送り火)を偲び、幸運を祈って『大』の文字を刻んだといわれています。



6409.球磨川石人形
名前:茶々丸    日付:2013年3月15日(金) 20時57分
Original Size: 600 x 450, 48KB Original Size: 298 x 220, 65KB

この鯛恵比寿も、絵の雰囲気からすると、球磨川かも知れないです。

球磨川石人形は、昭和4年に、当時75歳だった「隈部元彰」画伯が創始され、
人吉市大工町45「球磨川石人形製作所」(隈部寛文氏)で制作されていたとのことです。
農民美術の系統と思われ、東京帝国工芸会や富民協会の展覧会でも受賞、皇室や各宮家にも献納されたと上記の栞に記されています。
現在、人吉市内には隈部姓は3軒あるものの、人吉市大工町45番地には隈部姓はなく、
3年前まで、人吉市東間下町で石人形が作られていたようです。


3623.西宮神社  吉兆鈴 返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2009年9月19日(土) 15時37分
Original Size: 335 x 500, 89KB Original Size: 500 x 400, 84KB Original Size: 500 x 375, 86KB

絵葉書とは微妙に違うのですが、西宮神社「吉兆鈴」です。



3624.戦前 趣味家 福俵土鈴
名前:茶々丸    日付:2009年9月19日(土) 15時55分
Original Size: 620 x 480, 148KB Original Size: 590 x 480, 144KB

これは趣味家作品です。
西宮の吉兆鈴と比べ、かなり大きなものです。



3625.西宮神社  吉兆鈴
名前:茶々丸    日付:2009年9月19日(土) 16時57分
Original Size: 570 x 480, 147KB Original Size: 600 x 450, 122KB

側面の意匠や、小宝の造りも細やかです。



3626.戦前 今宮戎神社 小宝
名前:茶々丸    日付:2009年9月19日(土) 15時54分
Original Size: 560 x 480, 158KB Original Size: 465 x 511, 31KB

関連のものとして、
玩具帖にも描かれている、今宮戎神社の小宝です。



3627.五十鈴會 小宝土鈴
名前:茶々丸    日付:2009年9月19日(土) 16時55分
Original Size: 640 x 480, 188KB

五十鈴會の記念土鈴で、
大福帳には、錚々たるお名前が見えます。
まだ一部には薄紙が掛かったままですが、外す気がしません。

大阪  太田小宝
京都  中山香橘
名古屋 松岡香一路
名古屋 浜島静波
東京  八木原村児
東京  金林真多呂
東京  鈴木祥湖
東京  武藤喜邦



3635.Re: 西宮神社  吉兆鈴
名前:ビクトル    日付:2009年9月19日(土) 23時32分
>まだ一部には薄紙が掛かったままですが、外す気がしません。
このお気持ちビクトルにも分かるような気がします。

この方々の熱心さって凄いですね。そうそうたる面々ですね。


6400.戦前  五十鈴會  小宝土鈴
名前:茶々丸    日付:2013年3月3日(日) 23時22分
今日、五十鈴會の小宝土鈴が、凄くヒートアップしていて驚きました。
ただ、五十鈴會のバラ売りも、小さな文化財の破壊のようで切ないです。

6370.織部饅頭 返信  引用 
名前:小福    日付:2013年2月24日(日) 18時26分
Original Size: 320 x 240, 29KB

 茶々丸さん
 「嫁脅し面」は土鈴を含めて茶々丸さんちの居心地がいいのでしょう。貴重な品となると思います。福井県は小福の祖父のお墓がありますが郷土玩具は少ないですね。その中では玩具の従兄弟の「雪人形」が好みです。
 「ねぶり人形」を初めて画像で見た時、織部焼を思い浮かべました。釉薬のかげんがいいのですが、織部饅頭の美意識も大好きです。先日、再放送?『美の壺』でイギリスのアフタヌ―ンティーをやっていました。ティーカップの模様を話題にしてお茶をいただくなんて優雅ですね。物語の柄のカップなど知りませんでした。茶々丸さんの動物の絵のお皿も牧歌的でいいですね。



6371.昭和初期  博多  ねぶり人形
名前:茶々丸    日付:2013年2月24日(日) 18時40分
Original Size: 480 x 640, 157KB Original Size: 238 x 299, 10KB Original Size: 610 x 480, 116KB

織部饅頭の成立を検索中、興味深いサイトを見つけました。
どの項目も面白く、「川崎巨泉と饅頭食い人形」もあります。

http://www.toraya-group.co.jp/gallery/dat02/dat02_043.html
とらやHP 歴史上の人物と和菓子

■大名茶人 古田織部
古田織部(ふるたおりべ 1544〜1615)は、山城国のうち35,000石を治めた大名であるとともに、千利休から茶道を学び、織部流の祖とされる茶人でもありました。晩年には豊臣秀頼に献茶をしたり、2代将軍秀忠に茶の湯を指南するなど、その名声は高いものがありました。実際織部の指導を求める者は、大名から公家衆、僧侶にまで及んだといわれています。また彼の影響もあり、美濃国(岐阜県)で織部焼という陶器が作られました。

■織部焼の衣装に因む織部饅頭
織部焼の特色は、釉(うわぐすり)、文様、形態に技巧をこらした斬新な意匠にあります。特に青織部と呼ばれる、緑の釉をほどこしたものは有名です。そのほか異国風、幾何学的文様などデザインも色々あり、モチーフとしては梅が多く見られます。 織部焼の特徴が菓子に生かされたものに織部饅頭があります。緑色のぼかし(におい)で釉を見たて、井桁(いげた…井戸の上部の縁を木で井の字形に四角に組んだもの)や梅などの焼印を配したものです。虎屋の織部饅頭は「織部饅」と呼ばれ、天保8年(1837)の記録に見られます。現在では腰高の薯蕷饅頭に井桁、梅鉢、木賊(とくさ)の焼印を押したもの(写真)で、裏千家の初釜には紅餡入で納められます。 織部の活躍した時代の茶菓子はまだ餡餅、熟柿など素朴なものばかりで織部饅自体、彼の考案によるものではありません。しかし、織部の美意識が茶席の菓子としても受け継がれていることは、その偉大さを物語る一例といえましょう。



6372.雪人形
名前:茶々丸    日付:2013年2月24日(日) 19時1分
Original Size: 600 x 450, 22KB Original Size: 750 x 422, 114KB Original Size: 750 x 422, 112KB

小福さん
お話の、福井の「雪人形」というのがわかりません。
ヤフオクに丁度「雪人形」のタイトルのものが出ていますが。。

「美の壺」は全録画で見ています。
ティーカップひとつも、ギリシャ神話や様々な故実に彩られていて、奥深いものがありますね。



6374.Re: 織部饅頭
名前:小福    日付:2013年2月25日(月) 11時33分
 茶々丸さん
 「雪人形」まさしくこれです。毎日新聞社の『日本の郷土玩具』東日本編に載っていますが、昭和30年頃より製作とあります。この本によると製作者がお二人おられます。手持ちはござぼうしにピンクの横線一本というシンプルな作りです。歳を重ねた為か、織部饅頭もちょっと緑を重ねただけが好みです。普段使いの食器も雑誌『クロワッサン』にあった九谷の青磁が好きです。窯元を訪ねたいと思っておりましたが、玩具やこけしに使いはたし、あわてんぼうゆえ、「コレ―ル」登場となっております。青森土人形も下総土人形も関心はありますがちょっとしんどいこの頃です。


6375.織部饅頭  鶴屋八幡
名前:茶々丸    日付:2013年2月25日(月) 22時35分
Original Size: 486 x 448, 105KB Original Size: 537 x 457, 84KB Original Size: 609 x 360, 109KB

雪人形は、農民美術とも近代こけしとも違い、どちらかと言えば、高山の一位一刀彫の系統ですね。
門外漢でよくわかりませんが、
このように迷いなくスッパっと美しい断面を見せるのは、並大抵の技ではないでしょう。
一般的にも、創始者と後続作者では、作品が持つ「勢い」に大きな差があるようです。



6398.戦前  緑釉土鈴
名前:茶々丸    日付:2013年3月3日(日) 23時9分
Original Size: 600 x 480, 82KB Original Size: 600 x 450, 85KB Original Size: 599 x 480, 108KB

緑釉の話題の続きです。

この土鈴の詳細はわからないのですが、確か三五屋扱いで、趣味家のコレクションには必ず含まれます。
一見変哲もなく、作風もおもちゃ的ではなくて敬遠されがちですが、
特に紐の取り付け部の意匠を見れば一目瞭然、達者な作行きで雅趣に満ちています。
一つ持っているのですが、雑踏に放置されていたので保護しました。


6373.大正元年九月十四日  武者人形 返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2013年2月24日(日) 21時45分
Original Size: 450 x 600, 34KB Original Size: 600 x 450, 54KB Original Size: 640 x 480, 152KB

最初と2番目の画像は、ヤフオクに出ている「大正元年九月十四日」と台座に刻まれた人形です
この日は、明治天皇が伏見桃山陵に埋葬された日で、その事に関係がある作品ではないかということですが・・・

右は、以前から手持ちの武者人形(中山香橘氏・旧蔵)で、日付はありませんが類似した作風なので気になっています。

■大正元年9月13日、東京・青山の帝國陸軍練兵場(現在の神宮外苑)において大喪の礼が執り行われた。
大葬終了後、明治天皇の柩は霊柩列車に乗せられ、東海道本線等を経由して
京都南郊の伏見桃山陵に運ばれ、9月14日に埋葬された。


6366.フラガールの起き上がりこぶし 返信  引用 
名前:小川力栄    日付:2013年2月22日(金) 9時23分
フラガールの起き上がりこぶし販売はあるでしょうか何かチラシあれば送ってもらいたいのでいわき市常磐湯本町三函197〒972ー8321



6367.起き上がりフラ
名前:茶々丸    日付:2013年2月22日(金) 12時27分
Original Size: 450 x 348, 166KB Original Size: 411 x 347, 32KB Original Size: 250 x 189, 92KB

スパリゾートハワイアンズ
(運営会社:常磐興産株式会社)

〒972-8326 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
TEL 0246-43-3191(代表)
FAX 0246-44-6220

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フラガールの起き上りは、上記の「スパリゾートハワイアンズ」の中の、
「ハワイアンズマーケット」http://www.hawaiians.co.jp/shop/store/dtl01.html
にて、3月から販売されるようです。

上記にお問い合わせになりますと、詳細がお分かりになるかと思われます。

■当掲示板は、趣味の話題を語り合う場であり、商業とは無関係です。
 こ住所などの個人情報はご削除くださいませ。


6349.春日大社  木彫  俵乗り巳 返信  引用 
名前:小福    日付:2013年2月18日(月) 15時10分
Size: 99 x 94, 24KB

 ビクトルさん 茶々丸さん みなさん こんばんは
 
 ビクトルさん 
 カンカンさんの一日も早いご回復をお祈り申し上げます。
 カステラというと、こちらでは「銀装」カステラを思い浮かべます。ピンクとグリーンの箱があって、ピンクの方がお高いような・・・。幼稚園の頃、お見舞いにもらった木箱に入ったカステラ、木のにおいがカステラに移っていたのを思い出しました。
 茶々丸さん
 神社仏閣の授与土鈴、参拝に行ったら要注意ですね。ここ何年か、春日大社は年末になると干支の木彫りや御守りのちらしが新聞と一緒に入ります。



6350.戦前  春日神社  木彫  龍
名前:茶々丸    日付:2013年2月18日(月) 20時1分
Original Size: 252 x 164, 30KB Original Size: 640 x 480, 108KB Original Size: 352 x 337, 99KB

「銀装」カステラ、耳にはしますが食べたことはないです(^_^;)
でも、、、

■伝統と独自のカステラ製法で「長崎カステラにない」キメ細やかでしっとりした風味。
・・・という標榜は、お転婆が過ぎるようです(^_^;)


玩具帖 37号23
画題 木彫龍
備考 ヨコ二寸五分、高九分 
昭和三年辰年奈良春日神社元旦頒布分、昭和十三年一月芝家氏より寄贈



6351.戦前  春日神社  木彫 
名前:茶々丸    日付:2013年2月18日(月) 19時47分
Original Size: 306 x 200, 60KB Original Size: 611 x 448, 97KB Original Size: 294 x 447, 90KB

■玩具帖 34号6
画題 奈良春日木彫牛
備考 高八分、ヨコ二寸 昭和十二年丁丑年一月三日

■玩具帖 29号24
画題 奈良春日神社木彫鼠 [四種]
備考 昭和十一年甲子年一月出 (右上)ヤキ印ナシ、高一寸位、ヨコ二寸一分 
(右下)高一寸位、ヨコ二寸四分、ハラニ焼印「春日」アリ 
(左上大)高一寸、ヨコ二寸二分、(小)高六分位、ヨコ一寸二分 ウラヤキ印アリ 
(左下)高一寸六分、ヤキインナシ

■玩具帖 23号32
画題 奈良春日神社新春頒つ木彫犬 大小一対
備考 木箱入 (小)高一寸一分 (大)高一寸六分 着色、胡粉、ニク、茶 昭和九年分



6352.戦前  春日神社  木彫  
名前:茶々丸    日付:2013年2月18日(月) 19時47分
Original Size: 332 x 225, 61KB Original Size: 328 x 412, 97KB

■玩具帖 4号31
画題 奈良春日神社羊
備考 辛未昭和六、一、佐四郎作寄、人形百画会別送 高一寸横一寸五分 
平水舎大黒ニテ頒チシト云う、昭和六、四、梅谷氏寄 高一寸八分、ヨコ二寸二分、木彫着色

■巨泉玩具帖 5巻2号3
画題 木彫虎
備考 大正十五年奈良製 高一寸一分、横一寸七分



ページ: |< << 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb