[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
おもちゃの ちゃちゃちゃ 

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





9814.戦前  下関 福徳稲荷神社授与  鳥居鈴 返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2018年12月4日(火) 0時3分
Original Size: 640 x 480, 106KB Original Size: 640 x 480, 95KB Original Size: 640 x 480, 102KB

地方の授与鈴は元々の数が少ないため、見慣れないものが多くて面白いです。



9815.Re: 戦前  下関 福徳稲荷神社授与  鳥居鈴
名前:猫饅頭    日付:2018年12月4日(火) 8時27分
良いデザインですね。
鈴玉は宝珠(?)の中だけですか、それとも鳥居の中にもあるのでしょうか?


9816.戦前  湯島  妻恋神社授与  鳥居鈴
名前:茶々丸    日付:2018年12月4日(火) 12時38分
Original Size: 640 x 480, 95KB Original Size: 640 x 480, 100KB Original Size: 640 x 480, 105KB

鈴玉は普通に宝珠の中だけです。(画像3)
類似作に、湯島の「妻恋神社」があり、こちらの宝珠もお稲荷さん系統を暗示しています。
画像Aに見える独特のご神紋「檜扇に御の字」が印象的です。

■妻恋神社(つまこいじんじゃ)は、東京都文京区にある神社である。神紋は「檜扇に御の字」。
江戸時代には関東総司稲荷神社とされており、「關東總司 妻戀神社」と称する。また、日本七社(日本七稲荷)の一つに数えられる。
創建年代等については不詳であるが、日本武尊が東征のおり、三浦半島から房総へ渡るとき大暴風雨に会い、
妃の弟橘媛(弟橘姫命)が身を海に投げて海神を鎮め、尊の一行を救った。
その後、東征を続ける尊が湯島の地に滞在したので、郷民は尊の妃を慕われる心をあわれんで尊と妃を祭ったのが
この神社の起こりと伝えられる。その後、稲荷明神(倉稲魂命)が合祀された。
江戸時代には「妻恋稲荷」と呼ばれ、「関東総司稲荷神社」「稲荷関東惣社」と名のり王子稲荷神社と並んで参詣人が多かった。



9819.戦前  野宮神社  土鈴
名前:茶々丸    日付:2018年12月4日(火) 13時11分
Original Size: 640 x 480, 107KB Original Size: 640 x 480, 111KB

これは授与鈴ではなく、趣味家作品です。

■野宮神社(ののみやじんじゃ)は、京都市右京区嵯峨野にある神社。旧社格は村社、現在は神社本教の被包括法人となっている。
天皇の代理として伊勢神宮に仕える斎王が伊勢に赴く前に身を清める場所であり、
黒木鳥居と小柴垣に囲まれた清浄の地を選んで建てられた。その様子は源氏物語「賢木の巻」にも描かれている。



9820.戦前  鳥居鈴 社殿鈴
名前:茶々丸    日付:2018年12月4日(火) 13時18分
Original Size: 480 x 640, 101KB Original Size: 640 x 480, 101KB Original Size: 640 x 480, 91KB

この二つはセットではないのですが、並べるとつり合います。



9821.戦前  鳥居鈴 社殿鈴
名前:茶々丸    日付:2018年12月4日(火) 22時9分
Original Size: 640 x 480, 112KB Original Size: 640 x 480, 110KB Original Size: 640 x 480, 74KB

趣味家作品ですが、特定の神社ではないようです。


303.初代・藤井陶楽 「兜鈴」 返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2007年5月30日(水) 2時36分
Original Size: 600 x 450, 29KB Original Size: 600 x 450, 46KB

気にかかっていた「兜鈴」、無事に入手できました。
サイズは、高さ11p、幅16.5p、奥行き17.5cmと大振りで
陶楽作の中でも特に稀少な優品と見受けます。

置物然としたこういう土鈴は、「おもちゃ」の感覚からあまりにもかけ離れていて
一般の玩具愛好家は手を出しませんので救われます。



304.Re: 初代・藤井陶楽 「兜鈴」
名前:茶々丸    日付:2007年5月30日(水) 2時31分
Original Size: 257 x 450, 21KB Original Size: 300 x 450, 25KB

箱に四光會の「浜島静波」「伊藤蝠堂」「松岡香一路」各氏のお名前が見えます。
居並ぶ趣味家の期待を受けて、若き陶楽氏が渾身の力で創作したことが見て取れます。

陶楽さんのお蔵にある遺作群は、志摩の鈴ミュージアムに展示される運びとの由、
そちらも是非見に行きたいものです。。



308.Re: 初代・藤井陶楽 「兜鈴」
名前:ビクトル    日付:2007年5月30日(水) 22時59分
茶々丸さん こんばんは
この「兜鈴」は、凄くリアルにできていますね。
凄いものを入手されましたね。
>陶楽さんのお蔵にある遺作群は、志摩の鈴ミュージアムに展示される運びとの由

よかったですね。ビクトルも機会を作って是非見せていただきたいと思います。


9823.Re: 初代・藤井陶楽 「兜鈴」
名前:茶々丸    日付:2018年12月4日(火) 18時0分
過去ログは自動的に消去されるので、残っている中で一番古い記事を上げてみました。
この土鈴は他所では一度も見たことがなく、話題にも上りません。

9817.戦前  お染久松土鈴 返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2018年12月4日(火) 12時55分
Original Size: 640 x 480, 76KB Original Size: 640 x 480, 76KB Original Size: 640 x 480, 83KB

猫饅頭さんのところは、鈴口に拘った作品が多く見られますね。
この土鈴も、鈴口に注意が払われた作品です。



9818.戦前  お染久松
名前:茶々丸    日付:2018年12月4日(火) 16時18分
Original Size: 640 x 480, 172KB Original Size: 480 x 640, 161KB

これは小さな土人形ですが、面相が細やかです。


9093.壽々夢志庵   返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 14時44分
Original Size: 640 x 480, 122KB Original Size: 640 x 480, 128KB Original Size: 640 x 480, 164KB

訪問者は年に一人位です。



9094.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 14時46分
Original Size: 640 x 480, 173KB Original Size: 640 x 480, 165KB Original Size: 640 x 480, 154KB

コレクションは戦前の土鈴が主体です。



9095.Re: 壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 14時49分
Original Size: 640 x 480, 139KB Original Size: 640 x 480, 150KB Original Size: 640 x 480, 165KB

展示ケース本体も、ほとんどは戦前のものです。



9096. 壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 14時54分
Original Size: 640 x 480, 158KB Original Size: 640 x 480, 156KB Original Size: 640 x 480, 159KB

土人形は減量中です。



9097.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 14時59分
Original Size: 480 x 640, 163KB Original Size: 480 x 640, 137KB Original Size: 480 x 640, 157KB

戦前の名古屋はまだ力を入れたいところです。



9098.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 15時3分
Original Size: 480 x 640, 170KB Original Size: 480 x 640, 124KB Original Size: 480 x 640, 144KB

オルガンの上は、全くちぐはぐながら琉球古典焼人形です。



9099.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 15時7分
Original Size: 640 x 480, 160KB Original Size: 480 x 640, 114KB Original Size: 640 x 480, 161KB

ロート製薬の前身「山田安民商店」の「胃活」の看板です。
戦前の人気薬品は「胃活」「中将湯」「仁丹」が御三家でした。



9100.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 15時12分
Original Size: 640 x 480, 144KB Original Size: 640 x 480, 141KB Original Size: 640 x 480, 132KB

玩具の知識を得るため、専門外のものも自然に増えてしまいました。



9101.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 15時17分
Original Size: 640 x 480, 137KB Original Size: 640 x 480, 131KB Original Size: 640 x 480, 109KB

大陸系の玩具は、日頃話題になりませんが、面白いものが多いです。



9102. 壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 15時19分
Original Size: 640 x 480, 108KB Original Size: 640 x 480, 110KB Original Size: 640 x 480, 112KB

画像Bは狐と狸の小玩具で、楽しいものです。



9103.Re: 壽々夢志庵  
名前:小福    日付:2017年11月16日(木) 15時24分
 茶々丸さん
 素晴らしいの一言です。
 いつになるのかわかりませんが、訪問させていただきたいです。
後世に伝えていただきたいと願います。
 
 小さい小鳥鈴、それまでに見つかるといいのですが…。


9104.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 15時28分
Original Size: 640 x 480, 132KB Original Size: 640 x 480, 113KB Original Size: 640 x 480, 103KB

画像Bは、ご老公にお譲り頂いた「伏見人形図」です。
伸びやかな線で、玩具本来の楽しさが写されています。



9105.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2017年11月16日(木) 23時17分
Original Size: 640 x 480, 135KB Original Size: 640 x 480, 129KB

河村目呂二 百猫



9808.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2018年12月2日(日) 1時24分
壽々夢志庵は雑多な物が主体で、愛鈴家はドン引きです。 


9810.Re: 壽々夢志庵  
名前:猫饅頭    日付:2018年12月2日(日) 22時49分
いやぁ〜、ドン引きではないでしょう。いつかは拝見したいと思っています。


9813.壽々夢志庵  
名前:茶々丸    日付:2018年12月3日(月) 21時47分
当地は福岡空港からも車で3時間近く離れており、中々不便なところですが、
機会がありましたら、お立寄りください。
12月の大和土鈴、楽しみにしています。

9792.第二回 郷土玩具土鈴交換会 返信  引用 
名前:猫饅頭    日付:2018年11月30日(金) 10時52分
茶々丸さま

第2回では第1回で参加されていた三遊亭園馬さんや草野祇園神社の鷽を出された和久さんは参加されていないのでしょうか?



9797.第二回 郷土玩具土鈴交換会
名前:茶々丸    日付:2018年11月30日(金) 11時45分
Original Size: 640 x 480, 112KB Original Size: 640 x 480, 95KB Original Size: 640 x 480, 71KB

猫饅頭さん

第二回目録には「円馬」「和久」両氏のお名前は見られません。
林家染丸氏は兎を出されています。
画像は共箱の巨泉画と目録です。



9798.Re: 第二回 郷土玩具土鈴交換会
名前:茶々丸    日付:2018年11月30日(金) 11時36分
Original Size: 640 x 480, 104KB Original Size: 640 x 480, 103KB Original Size: 640 x 480, 104KB

目録1〜23



9799.第二回 郷土玩具土鈴交換会
名前:茶々丸    日付:2018年11月30日(金) 11時37分
Original Size: 640 x 480, 106KB Original Size: 640 x 480, 108KB Original Size: 640 x 480, 112KB

目録24〜47



9800.第二回 郷土玩具交換會土鈴
名前:茶々丸    日付:2018年11月30日(金) 17時48分
Original Size: 640 x 480, 105KB Original Size: 640 x 480, 108KB Original Size: 640 x 480, 104KB

目録48〜68



9802.第二回郷土玩具交換會土鈴と浅草助六土鈴
名前:茶々丸    日付:2018年11月30日(金) 16時39分
Original Size: 640 x 480, 96KB

林家染丸氏の兎を写した土鈴が、
どういうご縁やら、江戸趣味玩具で知られる浅草の助六にあります。



9803.第二回郷土玩具交換會土鈴と浅草助六土鈴
名前:茶々丸    日付:2018年11月30日(金) 17時47分
Original Size: 640 x 480, 106KB Original Size: 640 x 480, 117KB Original Size: 640 x 480, 117KB

その他にも、助六・揚巻・白天神
いずれも左が古作で、右が助六の復元作です。
揚巻は頭がペッタンコで花魁らしくありません。
レギュラー品は15年程前の当時で3000円〜3500円なのに対し、
白天神は5000円だったので、かなり入念に再現されています。



9804.第二回郷土玩具交換會土鈴と浅草助六土鈴
名前:茶々丸    日付:2018年11月30日(金) 17時9分
Original Size: 640 x 480, 122KB Original Size: 640 x 480, 111KB Original Size: 640 x 480, 104KB

敦盛・牛乗天神・猿
助六の土鈴は、埼玉の「鈴幸」製ではないかと思われます。(未確認)
このほか有卦船など、綿密に当たれば他の写しもあるはずです。



9805.第二回郷土玩具交換會土鈴と浅草助六土鈴
名前:猫饅頭    日付:2018年11月30日(金) 20時28分
二つ並べると違いが判って面白いですね。
古作の方の表情が好きです。
古作作者の力量が感じられます。


9806.戦前 湯屋土鈴
名前:茶々丸    日付:2018年12月1日(土) 18時29分
Original Size: 640 x 480, 100KB Original Size: 640 x 480, 92KB Original Size: 640 x 480, 78KB

戦前の「湯屋土鈴」は小ぶりです。



9807.湯屋土鈴
名前:茶々丸    日付:2018年12月2日(日) 1時25分
Original Size: 640 x 480, 104KB Original Size: 640 x 480, 104KB Original Size: 640 x 480, 86KB

上記を写した中西庸介作品は、非常によく出来ていますが、
手に取ると、戦前作とは趣きが全く違います。


9809.平戸切支丹紀行土鈴   15代中里茂右ヱ門 返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2018年12月2日(日) 1時24分
Original Size: 600 x 450, 106KB Original Size: 640 x 480, 158KB

この土鈴は、平成6年に、世界文化遺産の登録への願いを込めて、
平戸焼の宗家、第十五代・中里茂右ヱ門氏に特注したものです。
当時、土鈴会員にも3組お送りしました。
現状では再現不可能となっています。


9671.昭和初期  郷土玩具土鈴交換会 返信  引用 
名前:茶々丸    日付:2018年11月6日(火) 16時47分
Original Size: 640 x 480, 97KB Original Size: 640 x 480, 85KB Original Size: 640 x 480, 99KB

猫饅頭さん

土鈴会栞(昨年7月号36P)を拝見しました。
鈴木先生がご紹介の、吉井勇の句の題材が特定できましたのでお知らせします。
いずれも「郷土玩具土鈴交換會」の作品です。

@許呂許呂(ころころ)と松虫に似る音立つる祇園の鷽の土鈴いとしも
 ※これは八坂神社ではなく「草野祇園神社(福岡県)」です。
A出で羽なるお鷹ぽっぽの土鈴はいまか鳴くかに見つつ飽かなく
Bわが知れる臨済居士に似し顔の三春達磨もうち振れば鳴る
 ※いずれも趣味家土鈴で、現地の産ではありません。



9674.昭和初期  郷土玩具土鈴交換会
名前:茶々丸    日付:2018年11月7日(水) 22時43分
Original Size: 640 x 480, 140KB Original Size: 640 x 480, 97KB Original Size: 640 x 480, 99KB

C月山の玉の兎の土鈴は咽喉こそ鳴らせあはれ許呂許呂(ころころ)
D八戸の八幡駒鈴鳴るときやみちのくの旅を思ほゆるかも
E鶴岡(つるがおか)の板獅子鈴にいのちあらば京消息をことづてむもの



9675.昭和初期  郷土玩具土鈴交換会
名前:茶々丸    日付:2018年11月13日(火) 23時47分
Original Size: 500 x 422, 82KB Size: 240 x 199, 23KB

土鈴に寄す(天彦) 吉井勇
浪華なる三遊亭圓馬子齎すところの土鈴を見つつ、
諸々の国のいろをおもふ

・・・・と冒頭にありますので、
三遊亭圓馬が吉井勇にこのセットを贈ったものと思われます。



9683.Re: 昭和初期  郷土玩具土鈴交換会
名前:猫饅頭    日付:2018年11月8日(木) 11時51分
茶々丸様

貴重な情報、ありがとうございます。

「※いずれも趣味家土鈴で、現地の産ではありません。」というのは、元々土鈴ではない土産物や授与品等が現地にあって、それを土鈴に作り変えたということでしょうね。

ひょっとしたら「祇園の鷽の土鈴」というのは鷽ではない草野祇園神社の授与品を土鈴にしたものを吉井勇が鷽と勘違いして句に詠んだと考えると「天神様=鷽=祇園でない」という謎が解けるのでは?
ただ、ネットで調べる限りでは草野祇園神社に鷽と紛らわしい授与品や土産物は見つかりませんでした。


9684.昭和初期  郷土玩具土鈴交換会
名前:茶々丸    日付:2018年11月8日(木) 17時22分
Original Size: 640 x 480, 111KB Original Size: 640 x 480, 86KB Original Size: 640 x 480, 93KB

このセットは郷土玩具を主題にした土鈴で、
全国の郷土玩具がほぼ実物通りに写されています。
因みに、この時の三遊亭園馬の出品作は、古賀の馬乗り猿です。
3番目の画像で「円馬」の陽刻があります。

手元の目録が行方不明なのですが、
ウィキペディアの「鷽替え」の項に拠れば、
「北部九州では天満宮以外でも多くの神社で斎行される。 (一例)住吉神社(福岡県福岡市)」
とあるので、
太宰府天満宮の盛況に感化されて、天神系以外の神社でも催行されたと思われます。
地方の零細な創生玩具は、80年も経つと相当詳しい方でも全く把握できないような作例も多く
埋もれて行くようです。
草野祇園神社の土鈴は鷽替えの鷽と思われます。



9685.草野祇園神社=須佐能袁神社の木鷽
名前:猫饅頭    日付:2018年11月8日(木) 18時19分
Original Size: 800 x 1066, 267KB

草野祇園神社ではやはり鷽替えが行われていたようですね。
ネット上で下記の記事を見付けましたので引用します。

久留米市草野町にある須佐能袁(すさのお)神社では、4月初めの権現様の祭りの夜に鷽替え神事が行われてきました。鷽替えの由来として、主祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)ですが、菅原道真公もお祀りしていることからと思われます。暗闇の境内で「金の鷽と替えましょ」と言いながら鷽を交換し合い、幸運にも底に金鷽と書かれた鷽を最後に持っていた人は豪華な賞品が贈られました。その他、竹箒や塵取りといった日用品などが当たったとのこと。現在は廃絶しており、画像の鷽は大宰府の鷽を参考に氏子の方が2000年に製作したもの(当時の鷽ではありません)。
 「木うそGALLERY」より



9686.九州北部地方  天神系以外の鷽替え
名前:茶々丸    日付:2018年11月9日(金) 1時42分
Original Size: 450 x 450, 77KB Original Size: 900 x 600, 190KB Original Size: 400 x 266, 83KB

現在は木鷽も一つのブームで、古作が出れば争奪戦です。
復興作の情報、有難うございます。
鷽を集めている人は意外に多く、マトリョーシカの鷽まで出ています。
カラコロやさんでも張子か土でこの分野に進出されるのもアリかと思います

天神系以外の鷽替えというカテゴリーも気になり、探してみました。
角埋神社は源為朝が祭神で、角埋不動尊も祀られている神仏混合系のようです。
草野祇園神社の古作はペンギンスタイルで、角埋の鷽に少し似ています。

@住吉神社(福岡県福岡市)
A角埋神社(大分県玖珠郡)
B高木神社(福岡県朝倉郡)



9687.九州北部地方  天神系以外の鷽替え
名前:茶々丸    日付:2018年11月9日(金) 1時53分
Original Size: 571 x 507, 66KB Original Size: 474 x 253, 45KB

C戸山神社(福岡県朝倉郡)これは鷹だということです。
D老松神社(福岡県糸島郡)



9699.Re: 昭和初期  郷土玩具土鈴交換会
名前:猫饅頭    日付:2018年11月13日(火) 8時2分
茶々丸様
草野祇園神社の鷽土鈴のお話を土鈴友の会の「栞」に引用させていただいても宜しいでしょうか?鈴木先生の疑問に答えるという意味合いで。
来年1月発行のものになるかと思います。
茶々丸様のお名前は出しませんので。


9702.戦前   回り灯籠の鈴  中島晟景
名前:茶々丸    日付:2018年11月30日(金) 12時29分
Original Size: 440 x 450, 83KB

草野祇園神社の鷽は、鷽の頭部が官公の烏帽子になっているようで目を引きます。

記事・画像は何なりとご利用ください。
以前、この「回り灯籠の鈴」の画像もどなたかが自主的にご掲載下さったようでした。



ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb