[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
本音掲示板

投稿数が保存される件数を大きく超えてしまったため、
今後の書き込みは「新・本音掲示板」の方にお願いいたします。
今後、こちらへは投稿しないで下さい!
HOMEへ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1686.一つの情報としてお伝えさせて頂きます  
名前:miroko    日付:2006/8/3(木) 9:14
今週土曜日(8月5日)、テレビ朝日で19時〜21時、「ドスぺ!魔界潜入、怪奇心霊ファイル」という
番組が放送されます。(土曜スペシャルということですね) すでに宣伝は始まってるようですので、
すでに目にした方もいらっしゃるかと思いますが、ここでは何件かの事例が扱われ、その中に、
(自死ではありませんが)お子さんをなくされ、そのお子さんに再会できたご夫婦のお話があるそうです。
私たちにとってもきっと救いになる内容だと思いましたので、ここで皆さんにお伝えさせて頂きました。

1689.お盆の準備  
名前:うさぎ    日付:2006/8/3(木) 0:59
昨日は、お盆の提灯を仏間に出しました。
こちらは、8月にお盆をしますので、少しづつ準備をしています。
義母の初盆もありますが、場所は長男の我が家ではなく、弟の家で、
初盆の祭壇を作り、お坊様も、2件に来ていただくことに
なります。
本来は、長男の我が家で、するべきことなのですが、息子の仏壇が
あり、お位牌や写真を、初盆参りのご近所や、知人のかたには見られ
たくないとの理由もあり、なんだか、息子のことを、隠していること
が、息子にも悪いように思えるし、複雑な気持ちです。

でも、私も、近所の方や、小さいころからの知り合いに、息子のことを
聞かれたらどうしようと思うと、外出できなくなりました。
近くの、銀行なども、平日は避けています。
今はネットで、ある程度の作業ができ、助かっています。
いつまでも、隠しておくこともできないとは思うのですが、きちんと
理解していただくのでは無理ですし、私も、もし、その場面になれば
言葉を濁すでしょう。

こちらは初盆は、大きな仏事ですので、3日間はたいへんです。
去年の息子のときは、限られた親戚だけでしたので、今年の義母の
お参りの方が、まずこちらにこられて、次男宅ですと、案内することに
なるのだろうと思うと、気が重いです。
色々、うわさは出ていることでしょう。

最近の暑さで、体調も悪く、落ち込んでいます。
関東のほうは涼しいようですね。
大雨のあとの、酷暑で、老犬もばてています。

ママンさん

哲学者の中島義道の本は主人が何冊も買ってきています。
確か、息子にも読ませていたと思います。

(幸福であろうとするから、後悔するんだ)

の言葉、なるほどそうですね。
考え方で、気楽に生きていけるのでしょうね。
そんなことも息子にも、わかってほしかった。

同じ本を読んでも、心に残る箇所が違うのでしょうね。

1688.Re: (untitled)  
名前:miroko    日付:2006/8/2(水) 23:4
クッキーさんとほとんど同時に書き込みしていたようですね!
うちの場合、学校関係や身近な方たちには、幸か不幸か自然に知れ渡ることとなりましたので、
そういうことで悩む必要はほとんどありませんでした。 でも私にも一度ありましたよ!
まだ日が浅かった頃、近所のちょっと大きいスーパーに行ったら、娘が幼稚園時代にお友達だった
お母さんにバッタリ出会ってしまったのです。 私はもうどうしていいか分からず、
笑顔で一生懸命話し掛けて来るその方に対し、不自然に話を打ち切るようにしてすぐ別れました。

あと、少し経った頃、私自身に中学の同窓会の知らせがあったり、高校の同級生から電話があったり
した時にも困りました。 ある人に対してはそのことには全く触れず、ただ、現在そんな心境で
ないことをさり気なく伝えたり・・(たぶん親の不幸か何かだと思われたと思います)
でもある人に対しては思い切って告白してしまい、一転してそのことについて延々と話すことになり、
娘がそんなに不幸のどん底のような状態でこうなったのではないこと、もしかしたら一番良い時に、
それが失われる前にあちらに行ってしまったのかもしれないなどの話ができ、思い切って話して
しまって良かったと思えたこともありました。(こういうことは何より相手に寄りますよね)

でも私は今は、今度そういう人に会ってしまったり話をしなければならなくなった時には、
「娘は元気で頑張っています。 ただ、ちょっと遠いところなので、普段はあまり会えなくなって
しまったんですけれどね・・」と、堂々と言ってしまってもいいかな〜と思っているのです。
その後続けて身近でお付き合いして行く必要のない方についてですけれどね。
これ、私としては本当にそう思っているからであり、嘘とかごまかしではないつもりです。

1687.(untitled)  
名前:クッキー    日付:2006/8/2(水) 22:40
  まらかいとさんの書き込みを読んで
 もう8月ですね。お盆月とあって私は、気が重いです。

 まらかいとさんが、同級生のお母さんにお会いし、
 とても気まずい思いをされたようですが、
 自分の口から、子どもの死を伝えることはできないもの
 ですよね。
 私は、息子の死から、引きこもりがちの日々を過ごしています。
 先月末、気分転換にと思い、従兄弟が電車で一時間ほどの
 「某デパート」に勤めているので、夫と出かけました。
 これといって欲しい物はないのですが・・・
 でもここなら知っている人には会わないだろうと、
 安心して買い物をしていたら、突然、20数年前の元同僚に
 声をかけられ、頭の中が真っ白。
 彼女ににも息子より1つ年下のお子さんがいて、昔はよく
 子育てのことを話したものでした。もう懐かしくて
 息子のことが何もなかったら、どんなに話が弾んだか
 分かりませんが、息子のことに触れられたらどうしょうと、
 「ハラハラドキドキ」でも、やはり聞かれました。
 「もう、立派に成人されたでしょう。」
 この2年近く、こういう場から逃げられてきたのが不思議な
 くらいなのかもしれませんが、どう答えたらよいのか・・・
 ただおろおろするばかり。上手く言葉を濁して、
 逃げるようにしてその場を去りました。
 いずれ彼女の耳に、息子のことが入る日が来ると思うけど、
 私の口からは事実を伝えることはできませんでした。
 
 みなさんはこんな時、どのように対処されているのでしょうか?
 息子の死を知っている人に対して、そして知らない人に対してと 
 みなさんそれぞれ置かれている立場がちがうのでいろいろでしょうが。
 私も、いつまでも逃げてばかりはいられないし、
 免疫力をつけなければとも思っています。

1685.ママンさん、こんにちは。  
名前:miroko    日付:2006/8/2(水) 12:6
ママンさんの方こそ、一種の悟りの境地(?)に達していらっしゃる点では仙人的ですね!(笑)
「イヤだな、と直感で思うことはなるべく避けるようにする」、「どうすべきだ、とか、
こうすれば幸せになる、とかそういう考えを持たない」、「人間みないつかは死ぬんだし、
もう不幸のどん底でどうしようもない」・・全て、私たちのような立場の者が、この悲しみを忘れたり
乗り越えたりすることなしに、この世で何とか生き続けていくための極意のように思えます。

そして、そういう気持ちと共存しながらも毎日を生きて行くということは、私たちに出来る最善のこと
とも思えます。 だって、そんなふうに仰るママンさんは(私もどちらかというと同じ傾向ですが)、
それなりに人生を上手く楽しみながら(?)、結局はた目には明るく前向きに(?)見えるような
生き方が出来ているように思うからです。 子供たちもきっとそう言ってくれますよね。

1684.Re: うさぎさんよろしく  
名前:ママン    日付:2006/8/2(水) 11:33
クッキーさん、はじめまして
ママンといいます。
だいたい、ここにいらっしゃるのは母親が多いので
ママンなんて、ありきたりなのですが、
長男が私のことをよくふざけてこう呼んでいたので、
ハンドルネームにしました。

先日、亡母の13回忌があり夜、会食しました。
庭に蛍がいるので見に行きましたら
妹に蛍が止まったのです。
ぼ〜っと胸のところで光っていました。
父が、ああ、おかあさんがお前のとこに来た〜
って言いました。
妹は駆け落ちして、母にはとうとう認めてもらえなかったのですが、
ああ、13年たってようやく許してくれたみたいね、って
みんなで泣いてしまいました。

おたがいに、うれしい事をみつけていきましょうね。

1683.Re: 今日から8月です。  
名前:ママン    日付:2006/8/2(水) 11:19
>みちこさん
日々過ぎていく、というのはなんでもないようだけど、いいことですね。
朝のまぶしい太陽がつらいこともありましたが、
あの光が息子なんだ、と思っています。

>mirokoさん、
本当に、こどもの事で、人生が変わりましたよね。
mirokoさんは仙人になりつつあるのかしら?!(^^)

>まらかいとさん、
はじめまして、ママンです。
17歳の長男を失って2年たちました。

私も長男の同級生に知らせるのがつらかったです。
結局母校には知らせず、
私の友人でもあるお母様たちだけに知らせたので、
その方たちから、伝わる人には伝わったようです。
事を知ってお参りに来てくれる方もあって
とてもうれしかった。
それに今ではかなりの人が知ってるみたいで、
私と会っても能天気に話しかける人はいません。
これもうれしいことです。
2年もたてば、知らない方が失礼でしょう!?

イヤだな、と直感で思うことはなるべく避けるようにすると
ラクになりました。
どうすべきだ、とか、こうすれば幸せになる、とか
そういう考えを持たないようになりました。
だって人間みないつかは死ぬんだし、
もう不幸のどん底でどうしようもないですから。

哲学者の中島義道の本で読みましたが、
幸福であろうとするから、後悔するんだそうです。
なるほどな〜〜と思います。

みなさんが少しでもおだやかに過ごされますように。

1682.Re: 今日から8月です。  
名前:miroko    日付:2006/8/2(水) 3:12
まらかいとさん、みちこさん、こんばんは。 8月になりましたね。
でも正直言いますと、今の私には月日の感覚があまりありません。 特にここ何日かは
変に涼しい日が続いていますので、今が何の季節なのか分からなくなってしまうこともしばしばです。

こんな時間にパソコンに向かっているのも普通ではないですよね。 でも、昼寝もしていないのに
眠くもないのです。 夏休み中と言っても、明日は次女の部活もあるのでちゃんと起きなくては
いけないのに、そういう当たり前のことがメチャクチャになっている生活です。
食欲も変です。 朝起きてもお昼過ぎまで全然食べなくても平気だったり、
そうかと思えば一気にたくさん食べたり・・(結局ちゃんと栄養は摂れているのでしょうね)

メチャクチャとか変だとか言いながら、こんな自分は、普通の人間とは違う状態になれているようで、
そのことがかえって嬉しいような気もしているのです。(ますます変でしょうか!?)
でも、人間離れ(?)すればするほど、娘の世界には近付けているようで嬉しいのです。

1681.Re: 今日から8月です。  
名前:みちこ    日付:2006/8/1(火) 22:47
8月ですね。
泣いていても日は過ぎていきます。

一日過ぎれは、一日息子に会える日が近づく・・
それだけが救いです。

1680.今日から8月です。  
名前:まらかいと    日付:2006/8/1(火) 17:32
もう8月早い、お盆もすぐそこ、家はいっこ宗と言うので、お膳は有りません、もちろん命日もです。話は変えますが昼仕事に行く途中で娘の同級生を見かけました。今も1番イヤなのが同級生のお母さんと出会うこと。娘が死んだ事は友達の1人だけ知っていますが、他は知らないと思っています。会話の内容は皆さん想像が付くと思います。たたやはり娘が死んだとは言えません。言う必要も無いと思ってます。

1679.Re: うさぎさんよろしく  
名前:miroko    日付:2006/8/1(火) 1:23
クッキーさん、うさぎさん、こんばんは。
夏っていろいろな思い出がたくさんあるからでしょうか・・なぜか本当に物悲しくなってしまう
季節ですよね。 もともとお盆があるので、霊がこの世に近付く時期でもありますしね。
(そういう意味では喜ばなくてはいけないのかもしれませんが・・)

うちはマンションの11階なので、この時期はあちらこちらで花火大会がある度に音がよく響き、
見ようと思えば見ることも出来ますが、なんだか花火さえちょっと悲しいものに思えます。
娘は小さい頃から子供らしいところが少なく、花火を見てもそれほど喜ぶこともありませんでした。
もしかしたらこうなることを分かっていたのかも・・と思ったりもします。

そういえば娘は、数年前のことですが、よく冗談交じりに、「自分は○○星から来たので地球人
ではない、あと何年かしたら○○星に帰る」なんてことを言っていた時期があるのです。
私はそんなことを言われるだけでもなんだか嫌で(私の方にも何か予感があったのでしょうか・・)
「そんなの寂しいから嫌だ! もしそうならママも一緒に行く!」と言っていたのです。
一緒に行くことはできませんでしたが、今となっては、もし娘の言ったことが本当なら、
○○星ではないにしても、別の世界に帰っただけ・・と思えて少し救われるような気がします。

1678.Re: うさぎさんよろしく  
名前:うさぎ    日付:2006/7/30(日) 21:38
クッキーさん、早速書き込みしてくださってありがとうございます。

わたしも、蝶には思いがあります。今日も飛んでいました。毎年、
この季節、庭のカボスの実が少しづつ大きくなり、そして、黒い
大きなアゲハ蝶が、ひらひら、いつのまにか、成虫になり、飛んでいま
す。
息子が子供の頃は、喜んで、またこの季節が来たねと話していました。
つい、この前のことのように、光景が浮かんできます。
一緒に、スコップで、穴を掘り、苗木から育てた梅や栗の木が育ち
花や実をつけるようになり、この一年は、本当に悲しかったです。
ひとつの実も、無駄にしたくないと、今年の梅は何本ものビンに
梅酒や梅シロップなどにしました。
梅ジュースが小さい頃は大好きでした。自宅で採れた梅のジュースを
飲ませたかった。今年は、特にたくさん、実をつけました。
花もきれいでした。
以前、定期購読していた本も、買っていたコミックの続刊なども
そのままにしているアドレスに、息子宛にメールが届くので、
代わりに、息子の名前で、注文しています。
ただ、クレジットが使えないことが悲しいことです。
アマゾンで、CDや、本をたくさん買っていました。
購入の履歴で、こんな本を読んでいたのかと、息子の生きた証が
残っているようで、プリントしたり、そんなことで、
一日が過ぎてしまうこともあります。

本屋さん、CDショップ、レンタルショップのポイントカードが
たくさんあり、期限切れのダイレクトメールが来るのも、辛いことで
す。時の流れを感じます。まだ、一年と3ヶ月足らずなのに。

息子中心の生活であることは、間違いありません。
私達夫婦は、いつも、息子のことを以前も今でも、一番に思って
毎日を送っています。

今年の夏も本当に暑いですね。
クッキーさんも、どうぞ、ご自愛くださいね。
息子さんのためにも。
供養したり、いつまでも息子のことを思い考えてあげられるのは
親だけですものね。
私も、弱い体ですが、なんとか、この辛い思い出の多い8月を
乗り切っていかなければと思っています。

息子が毎年楽しみにしていた、花火大会がもうすぐです。

1677.うさぎさんよろしく  
名前:クッキー    日付:2006/7/30(日) 14:50
 うさぎさん こちらこそよろしくしくお願いします。書き込みに不慣れなこともあり、回数は少ないと思いますが、この掲示板を通して、心の内を語れたらと思っています。
 うさぎさんの返信を読み、全て共感できることばかりでした。私たち夫婦も、うさぎさん夫婦同様、先の楽しみがなくなってしまいました。遠くても、連絡がとれなくても、どこかに生きてさえいてくれたら、本当にそれだけで十分です。どんなに生きる希望があったことでしょう。老後を息子に頼ろうとは思ってはいませんでしたが、それでも息子がいたら何かと頼りになっただろうと・・・それももう期待すべもなく。
 
 今朝、庭の草花に水をあげていたら、一匹の蝶がひらひらと舞い降りてきて、私の周りにしばらくいました。息子が来てくれたのかなと思いました。もっときれいに花を咲かせて、息子がいつでも遊びに来られるようにしておこうと思いました。こんな小さな喜びをこれからも大切にしていきたいと思っています。

 それではうさぎさん、お互いに無理のない程度に書き込みしていきましょう。また、うさぎさん以外の方どなたでも書き込みしてください。mirokoさん、前回は書き込みありがとうございました。

1676.Re: 私がいま思うこと  
名前:風花    日付:2006/7/29(土) 23:8
はじめまして。昨年の5月に20歳の長男が還っていった母です。
最初のカキコミから拝見していましたが、ほんの数日間に内容が落ち着かれていっているのを拝見して「良かった」と心から思っています。
自分の命に代えても守りたかった愛する人を唐突な形で失った私達は皆、揺れて、泣いて、慟哭の中でいるのが自然だと思います。
しかし同じ立場の私が確信を持っていえる事が一つあります。
それは「後を追っても、愛する人は決して止めに来てもくれないし、会いにきてもくれない」事です(mirokoさん、あえて書かせて頂きました)。
それに加えて悲しい事は、ある方から言われましたが「魂だけになっても永遠に会う事ができない」ことです。
いやでも会う日は必ず来るのですから、「永遠に会えない」のは絶対に嫌です!
会える時まで、揺れても、泣いても、叫んでも「今を生かされている私達」なのですから、悲しみも受け入れながら一緒にゆっくりいきましょうか・・・。

1674.Re: うさぎさん 始めまして  
名前:miroko    日付:2006/7/29(土) 21:44
クッキーさん、慣れていらっしゃらないにも関わらず、ついにここに書き込みして頂きまして
本当にありがとうございます。 迷惑をかけたなんて全然考えて頂かなくて大丈夫です!
うさぎさんも素早くお返事下さったので大変ありがたく思いました。
お二人のやり取りに私が割り込むべきではないと思いましたが、一言だけ言わせて頂きたくて
書かせて頂きました。 お二人がお気持ちを分かち合えますことを心からお祈りしています。

1673.Re: 私がいま思うこと  
名前:miroko    日付:2006/7/29(土) 21:39
こんなことを言ったら大変不謹慎ですが、このお話を読ませて頂いた瞬間、
1ヶ月後に後追いを出来てしまったお母さんがうらやましいと思ってしまいました。
(ごめんなさい! でもどうかこのことについてはどなたもお説教的なことは仰らないで下さいね)

歳月の流れと共に、このごろではそんな衝動に駆られることも少なくなっていました。
うちの母は、幸か不幸か、驚くほどの短期間中に認知症の症状が出始めてしまったので余計です。 
でもさらに、まらかいとさんの「孫も娘も死んで終ったら、母が可哀想過ぎると思うようになりました」
というお言葉を読ませて頂き、本当にそうだ!と心から思いました。 とても大切なことを
改めて教えて頂いたような気がします。 まらかいとさん、ありがとうございました!

1672.Re: 場違いな話題かもしれませんが・・  
名前:miroko    日付:2006/7/29(土) 21:29
うさぎさん、ここに書くのは不適切かな・・と思った話題にご返信頂きましてありがとうございます。
最後にあった「テルーの歌」、ちゃんと聞いたのは初めてでしたが、確かに哀しげではあるものの、
心に強く訴えるもののある歌だと、引き込まれるように聴き入ってしまいました。
谷山浩子さんには私も思い出に残る曲などがあり、すごく懐かしい感じがしました。

トトロは姉妹の話なので、家族構成はちょうどうちと同じです。 でも、次女は本当にめいのような
タイプなのですが、長女はさつきのように活発ではないので、その点は違うかな・・と思っていました。
でも、この映画ではお母さんが入院中という状況で、姉妹がお母さんを心配しますが、
最後は家族みんなが揃って幸せになりますよね。 それで、ちょっと変かもしれないのですが、
我が家に当てはめてみようとすると、もしかしたら私がさつきになって次女といっしょに長女を求め、
長女が存在し続けていることを確信できた時、今までと同じように家族4人であることを理解し、
ハッピーエンドとも言える状態に到達できるのでは・・と思ったのです。 トトロを見てここまで
考えてしまう自分がちょっとおかしくも思えましたが、本当にそうだったら嬉しいと思います。

1671.私がいま思うこと  
名前:まらかいと    日付:2006/7/29(土) 17:57
数年前、知人の一人娘さんが亡くなり、1ヶ月過ぎた頃お母さんが後追いをしました。同じ経験者として理解は出来ます。思ってましたが、自分の母親(旦那の両親も、私の父も他界してる)には、同じ思いはさせたくないと、思っています。それから自分だけ傷ついているんじゃなく、同じ位に母親も傷付いていると思います。それ以上だと思います。それでも母親は子供の私を心配してくれて居ます。親って有り難いものですね。以前は病気事故で死んで終いたいと思って居ましたが、それも最近殆ど思わなくなって来ています。孫も娘も死んで終ったら、母が可哀想過ぎると思うようになりました。               今日は終りです。時間が有れば明日にでもと思います。

1670.Re: うさぎさん 始めまして  
名前:うさぎ    日付:2006/7/29(土) 15:40
クッキーさん

はじめまして。
私のこと、今までこの掲示板で、読んで下さっていたのですね。
私も、外出や、人とお会いすることが難しく、なかなか、一人っ子を
亡くされた方との出会いがありませんでした。クッキーさんや、miroko
さんがわかち合いの会などへ、出かけられたことから、こうして、
メールや、掲示板での、お話ができることをありがたく感謝します。
本当に、それぞれ立場は違いますが、私達夫婦は、先の楽しみが
何もなくなりました。遠くでも、連絡をくれなくなっても、どこかに
生きてさえいてくれたら、それだけで、日々の楽しみが見つけることが
できるし、子供が巣立った後、今度は自分の人生を生きていこうと
思えただろうに。同じ巣立ったと思えばいいと、言ってくれる人が
多いけれど、ぜんぜん違いますよね。
この悲しみ、絶望感は、月日も、解決できない、益々深くなる息子への
恋しさともいえるこの気持ちは、誰にもわかってもらえないと
思います。そうですよね。クッキーさんも、同じですよね。
ただ、今日の日を過ごしていくことだけ、そんななかで、この場所で
泣き言を聞いてもらい、書くことで、少し気持ちをおさめることが
できる、そんな場所をmirokoさんのおかげで、もつことができて、
感謝しています。
いろいろ、同じようなホームページも見ていますが、投稿する場所は
此処だけと決めています。
同じハンドルネームがあっても、私ではありませんので。

クッキーさん、少しづつ、色々お話できればと思います。
私もパソコンは自己流です。
わからないことは、息子に聞いていました。今は本や、NHKの趣味講座
などで、その都度、勉強しながらです。
これから、どうぞ宜しくお願いします。

1669.うさぎさん 始めまして  
名前:クッキー    日付:2006/7/29(土) 14:21
 うさぎさんも、一人息子さんを亡くされたとのこと、境遇が似ていらっしゃるので、以前から一度この掲示板を通して、お話ができたらなあ思っていました。パソコンに慣れていないので、mirokoさんにはとても迷惑をお掛けしてしまいました。
 22歳の息子を失ってから、間もなく2年になります。夫と夫の母(姑)の3人暮らしです。犬か猫でも飼ったらとよく勧められるのですが、今のところ自分のことだけで精一杯なので飼うことができません。うさぎさんのところではたしか犬を飼っていらっしゃいましたよね。でも、いたらどんなに癒されるだろうなあとよく思います。
 息子のことは、片時も頭から離れることがありません。何を見ても聴いても、息子と結び付けてしまっては涙してしまうことがよくあります。月日が経つと、悲しみや辛さは薄らいでくるとよく言われますが、その時々で、また違った悲しみが打ち寄せてきては悲しみを新たにしています。息子を失ったことで、全てを失ってしまったような心境です。息子をこんな形で失い、どうして救ってあげられなかったのだろうかと、自責の念でいっぱいです。
 こんな辛いことばかり書き込んでしまい、悲しみを引き戻してしまったようでごめんなさい。何を信じ、何を心の拠り所にして、生きていったらよいのかなかなか見つけることができません。ただ、このまま哀しみに押しつぶされてしまっての私の日々の様子を見て、息子は悲しんでいると思います。私にはもっと明るく生きていって欲しいと・・・そう望んでいると思います。
 いつか私がこの世を去った時に、必ず息子と再会できることを信じ、少しでも前向きになれたらと思っています。体調が悪かったり、家庭の都合で分かち合いの会には、毎回参加できないのですが、参加すると皆さんのパワーをもらって帰ってくることができます。
 始めての書き込みなので、どう書いたらよいのか分からず、思いのまま、だらだらと書き込んでしまいました。ごめんなさい。それではお元気で。


ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb