[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
美容レスQ


お肌のトラブル・お悩み質問箱
商品の評価・鑑定依頼は書き込みできません


宣伝カキコ・URLの貼付は削除対象となります

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2060.本年もよろしくお願い申し上げます。 返信  引用 
名前:美里康人    日付:2012/1/6(金) 18:17
皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨年は@cosmeも含め、まだまだ本稼働とは言えないまでも、少し活動を再開致しました。
このサイトも少し方向性を変えつつも、本来の「ユーザーの視点」を意識した活動の場として、しっかりと根を下ろしていく所存です。

今後とも、変わらぬご愛顧をお願いし、新年のご挨拶とさせて頂きます。
よろしくお願い申し上げます。

美里康人

2059.【スキンケア】オイルカットと、そうでないもの 返信  引用 
名前:美里康人    日付:2012/1/6(金) 18:11
※@cosme『chieco』でのQ&Aです。
==================

【Q】
先日、雑誌の懸賞で高級美容液が当たりました☆

とっても嬉しくて、すぐに試してみたいのですが
ひとつ気になることが。。

ここ半年ほど、オイルカットで有名なオルビスのスキンケアを愛用してます。
オイルカットの化粧水と、そうでない美容液を一緒に使うのって、、、
お互いの効果を殺し合って意味ないんですかね

オルビスはとても肌に合うようで、お気に入りなんですが、
みなさんがこんな状況だったらどーしますか?・・・<略>


【A】
ご質問、拝見致しました。
ご質問者様の概念の中に、「ORBISはオイルカット」、反して「他のメーカーはオイル配合」と頑なに決めつけているフシを見受けます。
ここは、商品ごとにオイルが配合されているかいないかを基準に考えるべきだと思うのですが、いかがでしょうか。

見極めなければならない重要なポイントは、2点ですね。

■その美容液がオイルカットなのかどうか?

まず基本的な事として、オイルが配合された「美容液」はかなり少数です。
オイルが必ず配合されている商品としては乳液・クリームがありますが、ほとんどの美容液にはオイルは配合されていませんので、成分から確認されて下さい。

もし成分を見ても分かりにくいようなら、手に出してみて白く濁っているか透明なのかで、判断が可能です。
水ベースの処方にオイルを配合すると、必ずといってよいほど白く乳化するからです。

■「ORBIS」が全てオイルカットか?

実は安易にこれを信じ切ってしまうと、大きな勘違いになってしまいます。
ORBISで油分が配合されている製品は、以下です。

・アンチサインズエッセンス
・エクセレントクリーム
・エクセレント・ホワイトクリーム
・リフトブライトエッセンス


ユーザーの方々はこれらの商品を見ても「○○油」と書かれた成分がないので思い込みがちですが、ワセリンやトリエチルヘキサノインなどが合成のオイルです。
確かに化粧水や美容液は全てオイルフリーなのですが、これはどこのメーカーさんでもほとんどそうですし、むしろこれらにオイルが配合されている商品の方がはるかに少ないはずですね。

見極めの参考にされて下さい。

美里

2041.マッサージオイルと精油 返信  引用 
名前:sumire    日付:2011/12/6(火) 18:1
前回質問した「美容オイル」とかぶる点もあるかもしれませんが、今回もよろしくお願い致します。

最近お風呂あがりのマッサージにハマり、BODY乳液を使っているのですが…
香りのいいものの多くは「BODYオイル・マッサージオイル」なんですよね。
いわゆる「アロマ系」の香りです。
私はこの香りがすごく好きで、どうにか日々のマッサージに取り入れたいのです。
で…
・てっとり早いのは、手持ちの乳液に市販の精油をたらすこと。
但し、市販の精油は「雑貨扱い」「芳香用」のものなので、肌に塗布するのはNGとのこと。
→私が美里様のおっしゃる「化粧品レベルの精油」を手に入れることはできるのでしょうか?
→マッサージサロンで施術を受ける場合のアロマオイル・精油が、雑貨用ではなく、精製された&肌に使ってもOKなものを使っているかはどう判断すればいいのでしょうか?

色々なサイトを見ても「当店の精油はフランスの医療機関で〜」「タイでは医療現場でも〜」みたいな表記で、精油の精製度について触れないorごまかしていますよね?
フランスやドイツ・タイの○○認可な精油、と書かれているものでも「日本で販売されている」場合は、色々な危険性を避けるためにも自分の肌に使うのは避けた方がいいのかな、とは思ってます。
ハイ、ついつい精油をネットshoppingしそうになっては美里様のメルマガの内容を思い出しながら、指をくわえて必死に!!!頑張ってスルーしています……。

精油がダメなら、市販されている「アロマ系の香りのするマッサージオイルを!」と思うのですが、
市販のマッサージオイルは、基本的にどこのものでもちゃんと化粧品レベルの精油を香料として使っている=肌に使ってもOK、と考えて大丈夫ですか?
メジャーなものですと、「AVE○A」「生○の木」で販売されているマッサージオイルとかを考えています。

あと、chiecoの「美容液として塗布したオリーブオイルによる接触性皮膚炎症候群」の書き込みを読んで怖くなりました。
「市販された美容液としてのオリーブオイル」でこのような皮膚炎を発症されたのかは不明とのことですが【ttp://jja.jsaweb.jp/am/view.php?pubdate=20101025&dir=2010a&number=10a_p230P23-6】
を読むと、どうやら「美容用」のもので発症したのかな?と理解しています。
本当に怖いです…普通「美容用」として販売されたものだったら安心して使えると思いますよね。
これって上記AVE○Aや生○の木のようなメーカーの商品でも起こりうるのでしょうか。やっぱり日本の大手メーカーのような製剤技術・安全性への配慮は期待できないです…よね?
でも、日本の大手はアロマ系の香りの商品を出していないのですよね…なんでだーーーー。と悲しい日々です(笑)

P.S. 前回おすすめしていただいた方法で爪にオイルを塗っていたら、以前より乾燥がましになりました。嬉しいです、ありがとうございます。



2047.Re: マッサージオイルと精油
名前:美里康人    日付:2011/12/12(月) 17:6
sumireさん、こんにちは。
いつもご愛顧頂き、ありがとうございます。

今回のご質問、「天然油の問題」については、難しいところですね。

まず、「精油」について。
精油は、ご指摘のとおり雑貨品扱いで販売されているものはお肌に使う商品の香料規格『IFRA規格』に合致しておりませんので、お肌に使用するモノに配合するのはリスクがあります。
もっとも分かり易い例では、かんきつ系の精油は光感作のリスクを十分に含んでいます。ですので、これは避けなければなりません。

ところが、今や手作りコスメ材料が普通に販売されている事から、ビミョーな商品も世に存在します。
店頭販売で最たるものは、ご指摘のあった「生活の木」です。
精油でもきちんと化粧品として表示がなされていれば間違いないですが、おそらく手作り材料という事で、そんな事はなされていないでしょう。

また一方で、海外の「アロマセラピー」や「オーガニック」系を謳った商品群の中にも、「IFRA」の規制外のものが存在します。
『AVEDA』辺りは、その一例ですね。

これらは、むしろその不純物成分の医療治癒的効果を期待しての事なので、あくまでも業界自主規制である『IFRA』を無視していると言って良いでしょう。

結局、消費者の立場で「自分の身を守る」という事を主に考えるなら、『化粧品としてきちんと表示がなされているか』という点を見極めとするのが良いと思います。
となると、おそらく精油のみの入手は難しいかと思います。
まず100%間違いなく、アロマサロンでの入手、そしてエステサロンで使われている精油もこの規格に沿ったものを使ってはいません。

ちなみに、私が直接IFRA規格の『お肌用の精油』をお収めしているエステサロンさんは以下の2店舗です。

■ファーレ
http://www.esthe-farei.com/

■アイビューティーセンター
http://www.ai-beautycenter.com/

こちらは、IFRA規格の精油を調合して、マッサージをされておられます。

次いで、美容オイルですが、これも同じと考えて良いと思います。
ようは、『化粧品としてきちんと表示がなされているか?』という事ですね。

ただ
「なら、DHCのオリーブ油、エクストラバージンオイルはどうなの?」
と言われると、難しいところです。

実際問題、化粧品の原料規格としてはバージンオイルも規格外というわけではありませんので、違法という事ではありません。
ここでも、つまりは自主規制を守るか守らないかという、企業ポリシーという事になるでしょうね。

アレルギー問題が無視できなくなった今、難しい問題ですね。
参考までに。

http://www.cosmetic-web.jp/index.html


2053.Re: マッサージオイルと精油
名前:sumire    日付:2011/12/17(土) 19:29
いつもいつも、お忙しいなか丁寧にお返事いただき有難うございます。
IFRA規格の精油を一般の私たち消費者が入手するのは、難しそうですね。

>ようは、『化粧品としてきちんと表示がなされているか?』という事ですね。
よくよく考えてみると、「医薬品」や「医薬部外品」は商品の裏の記述を見れば書いてあるけれど、「化粧品」は勝手に「化粧品だと思って」これまで購入していたので、チェックの仕方がわかりません。
手元にある生活の木のマッサージオイルを見ても、化粧品とも雑貨とも書かれていません。ただ、「マッサージオイル」とだけです。
チェックのコツ・判定方法などがあれば教えてくださいませんか?

P.S.メルマガで楽しく読んでいたVCについての新しい情報をEURIKAさんの投稿で知ることが出来、とても勉強になりました。
質問されたEURIKAさん、回答されている美里様、お二人ともありがとうございます。


2056.Re: マッサージオイルと精油
名前:美里康人    日付:2011/12/23(金) 17:0
sumireさん

「化粧品」としての商品なのかどうかを見極める方法ですね。
これはカンタンです。

つまりは『皮膚に使用する目的の商品』が化粧品ですから、薬事法・公取で定められた表示に特徴があります。

1.販売名称の下あたりに用途別が記載されている。
例えば<化粧水><洗顔料>といった感じです。
ただし、販売名が「○○○ローション」といった明らかに用途が分かる場合は、省略されている事があります。

<マッサージオイル>と書かれていたら、間違いなくそれは化粧品ですね。

2.成分表示
これはもちろんですが、必ず全成分表示がなされています。
雑貨の場合は、素材名だとかとで完全に成分の名称ではありません。

3.注意書き
以下の2点の注意書きが義務づけられています。

・乳幼児の手の届かないところ・・・・
・お肌に合わない時は、すぐに使用をやめ・・・・

言葉の表現は様々ですが、同意の文面のはずです。

以上の3点で分かると思います。

ps.
EUREKAさんの@chiecoでの回答もすごくためになりますよ^^
参考にされるのをオススメ!

ちなみに、EUR「E」KAさんですよ(笑)
ギリシャ語で「エウレカ」英語では「ユリーカ」と読み、「なるほど!」とか「分かった!」といった意味合いじゃないかな?^^;

私は、マンガの「エウレカセブン」からとったのかな?と最初は思ったおバカさんでした(笑)


2057.Re: マッサージオイルと精油
名前:sumire    日付:2011/12/26(月) 20:1
「化粧品の見分け方」
今まで化粧品はたくさん使ってきたのに、初めて知りました。
こうやって教えていただくことで、今まで何気なく見ていた化粧品の裏の注意書きの1つ1つの意味が分かるようになって、本当に嬉しいです。
EUREKAさんのように深い知識を身に付けた上での質問が出来るように、私なりにこれからも学んでいきたいと思います。
いつもいつも基本的な質問しか出来ないのに、本当に丁寧に丁寧に回答をいただいてありがとうございます。
来年もたくさん質問させて下さい(^^)v

それと…EUREKAさん、お名前間違えてすみません。
実は、美里さんのchiecoを追っているうちに、EUREKAさんを知ることができて以来watchingさせてもらっているんです。
なのに名前を間違えるだなんて…。
美容レスQでのレチノイン酸とVCの質問も、大変興味深かったです。

みなさま良いお年をお過ごしください。
また来年もよろしくお願い致します。


ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb