[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
与三郎倶楽部写真館

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





3916.のんびりと・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月21日(日) 23時19分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 600 x 800, 99KB

昨夜と今朝方(徹夜ではないです)に、房総往還の資料(コース地図とレジメ)を作り終えた。これで館山までの下見・コース確認も終わり、後はみなさんを
案内するだけになった。ひとつ・・肩の荷も下りることになる。明日はかほりが免許更新のために夫と帰国する。25日までの短い時間だが楽しみである。
16日に夏の準備でポットに植え替えたアサガオを(No3908)日の当たる場所に移し、肥料を与えた。順調に育っている。
リースもビオラが疲れてきたので夏用に作り替えた。生憎・・いい材料(苗)がなかったので涼しげにはならなかった。

画像 : アサガオ‥元気な双葉  リースを作りました(10日もすれば見栄えも良くなります)
http://promenade2.web5.jp/index.html


3915.BUS STOP・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月20日(土) 15時22分
Original Size: 600 x 800, 100KB

5月20日から最寄りバス停が移設となった。県道木更津・金田線の中里から江川間が、アクアラインの開通に伴いバイパスができた。アウトレットが開店し、
人口の流入もあり、バイパス周辺に集合住宅(大・小アパート)が建つようになり、バス停も移設せざるをえない様になったのであろう(推測)・・
現在、バスを利用する人は高齢者が多い。移設する2ヶ所のバス停利用者も高齢者がほとんどである・・移設先のバス停はバイパスの4車線の道路まで
歩き、信号で道路を渡ることになる。我家からでも今まで2、3分で行けたが、移設先まで5、6分はたっぷりかかる。
http://promenade2.web5.jp/index.html


3912.房総往還 館山から宮城(ゴール)・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月19日(金) 8時49分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 98KB

館山に着いたのが8時46分・・7月のバスハイクのスタート時間に合わせた。前回の下見で歩いた「マキのつらなり」「長尾藩陣屋跡」「長尾藩共同墓地」
を歩く。観光案内にある道と別のひとつ先を歩く。「マキのつらなり」の素晴らしさを観る。役所前に出ると岡往還と合流する。官庁の建物が続くあたりは、
北条の陣屋跡であるが・・それを想わせる物はない。向かいの神明神社には関東大震災の慰霊碑、大正天皇の追悼の碑がある。
街道を進むと右側に金台寺がある。寺は建替えられ近代的だが、震災犠牲者追悼碑、義民行貝弥五郎・わらべ地蔵、観音堂などがある。

画像 : マキのつらなり  震災犠牲者の供養塔  べにや(金物店)
http://promenade2.web5.jp/index.html



3913.Re: 房総往還 館山から宮城(ゴール)・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月19日(金) 8時50分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 97KB

館山街道踏切を渡り、潮留橋までは、紅屋を始めとして旧家や面格子の家が見られる。左手の丘の上に城が見える。城山の館山城(郷土資料館分館)
である。城下の細い道を歩き、館山藩陣屋跡へ向かう。路地に入り古びた石段を登ると、朽ちた小さな神社がある。館山陣屋跡である。
細い山道を登ると里見八遣臣の墓がある。南総里見八犬伝の八犬士のモデルになっている。急坂を登り詰めると万葉花園、その先の広場には館山城
(館山市立博物館分館:八犬伝博物館)城山公園にある三層四階天守閣形式の城である。

画像 : 館山城遠望  八遣臣の墓  城山公園(館山城)
http://promenade2.web5.jp/index.html



3914.Re: 房総往還 館山から宮城(ゴール)・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月19日(金) 8時52分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB

博物館分館(館山城)では、里見氏を題材にした「南総里見八犬伝」に関する各種資料の展示と、現在にまで続く 八犬伝の人気を紹介し、本館では、10代
170年にわたって南房総を支配した里見氏をメインに、房総半島の先端で小さいながらも一国を形成して、海とのかかわりのなかで展開してきた安房の歴史
を紹介している。本館を出て軌道に戻るとゴールの宮城三叉路まではすぐである。盛岡藩の宿舎であった鈴木邸、赤門で知られる病院、国司神社をへて赤山
地下壕跡を見学、館山に一ヶ所残る掩体壕・・1950年9月3日に米軍が上陸した地を歩き、鷹の島神社に無事ゴールのお礼をしてきた。

画像 : 旧鈴木家住宅  国司神社  宮城交差点(房総往還終点)
http://promenade2.web5.jp/index.html


3911.SHIGEさんへ・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月19日(金) 6時31分
Original Size: 800 x 600, 90KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

野性で栽培禁止品種もあるんですね・・判らずに持ち帰り、育てたら大変なことになりますネ。「知らなかった」では済まないですね。
昨日は房総往還のゴール、館山の最終下見に行ってきました。ゴールの宮城から先に残っている、赤山地下壕・掩体壕、米軍上陸地点などの戦争遺跡も
見てきました。
7月は親父の命日ですね・・ちょうど日曜日なのでみんなで墓参りをして、ほどほどに飲みましょう・・

画像 : 赤山地下壕(一部が公開されています)  掩体壕(館山で残っているのはここだけ)  1945年9月3日米軍上陸の地
http://promenade2.web5.jp/index.html


3909.その後・・7年目・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月16日(火) 17時59分
Original Size: 800 x 529, 96KB Original Size: 800 x 529, 93KB Original Size: 800 x 529, 96KB

2017年4月10日(月)旅行先の出雲(宿は倉敷で)で69歳の誕生日を迎えた。日本人の男性の平均寿命は約81歳・・さぁてと・・弟とは墓参りの時に
時々、親父の年まで(78歳)は頑張ろう、次は母親の年まで(82歳)頑張ろうと時々話している。事件・事故に遭わなければ、まあ、頑張れるだろう・・
2010年3月29日に前立腺がん・前立腺の摘出手術を受けた。62歳目前の時であった。病院の窓から桜を見ての手術室へ入った。
手術は無事終わった。術後、3年目の11月の検査でPSAの数値が上がった。有無を言う前に腹部への注射と調剤薬局への処方箋が待っていた。
2015年11月丸2年の投薬(主治医は2年以上は処方出来ないと言っていた)が終わり、経過観察となり1年半・・PSA数値は0.008以下で安定、検査は
6か月に一度の通常検査になった。これからはPSA数値を気にしながら、検査結果を待つストレスから解放されるだろう・・・・

画像 : 花のズーム撮影は眼デジで・・(庭の花)
http://promenade2.web5.jp/index.html



3910.Re: その後・・7年目・・
名前:SHIGE    日付:2017年5月16日(火) 18時36分
Original Size: 800 x 533, 142KB Original Size: 800 x 562, 147KB

ご無沙汰しております。
最近語り合っていませんね・・。

庭には雑草ばかりで、見せられる花がありません。
そんな訳で

アツミゲシ アヘン法で栽培禁止です。
自転車に乗らない日は朝歩くようにしてますが
コースの道端に自生してたので保健所に通報。

岡堰(小貝川にある堰)の桜、満開の映り込みです。


3908.夏への準備・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月16日(火) 6時6分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 529, 97KB

我家では毎年、居間の前にはアサガオとフウセンカズラでグリーンカーテンを作っている。居間は南向きで陽射しは直接入ってくるので、遮光は夏まで
(梅雨明け)の準備である。5月の連休でアサガオの種蒔き(直蒔きではなく水耕で芽を出させる)をして、根・芽が出るとポットに植えるようにしている。
成績は良いです。今年は種まき後の数日間が暖かったので、根・芽が出るのが早かった。(画像)昨日、ビニールポットに植え替えた。(画像)
毎年この時期になるとハクサンフウロが咲き始める。数年前に入笠山に行った時に麓のお店でお土産を買った時にお店のおばさんからサービスで
もらったものだ。夏の暑さに負けず毎年夏越しをして、春には可憐な花を咲かせ(画像)てくれる。

画像 : モヤシではありません  一晩でピィーンと・・  可憐な花です
http://promenade2.web5.jp/index.html


3904.いろいろと・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月11日(木) 22時39分
Original Size: 600 x 800, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB

31期の月一回のパソコン勉強会の日だった。31期のメンバーのOさんが所属している絵画の会「彩の会」の絵画展への誘いがあった。
会場も勉強会から近いので寄らせてもらった。油絵・水彩画、パステル画と会員さんの作品が並んでいた。年配の方たちが多いと聞いたが、力強い
色彩豊かな作品が展示されていた。一つの作品を仕上げるのにはかなりの時間がかかると聞いた。
写真は切抜きの芸術、絵画は目で見たものと自分の感性を白いキャンバスにプラスする芸術と聞いたことがある。
歩くことがきつくなったら静かに絵の勉強も考えてみようかと・・
会場の隣の葛西神社には頼朝の足跡が残っていた。パソコン勉強会はWordに図形を使って地図を作った。少しづづ上級編に進めている。

画像 : 絵画展ポスター  葛西神社  頼朝の足跡
http://promenade2.web5.jp/


3901.浜金谷から鋸山経由、保田へ・房総往還下見・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月9日(火) 22時28分
Original Size: 800 x 599, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB


森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」は2012年にラジオドラマ化され、2014年に吉永小百合主演で「ふしぎな岬の物語』タイトルで映画化された。
千葉県鋸南町の明鐘岬に実在する喫茶店をモチーフに執筆された作品で、映画のロケも同地、明鐘岬を中心に千葉県各所で行われました。
今日は房総往還第13回・浜金谷から保田まで(鋸山経由)で下見をしてきました。何度も歩いているので「省略」もありかと考えたのですが・・
電車の時刻(上り下り共に・・1時間に1往復)に合わせるための時間確認をしてきました。

画像 : 金谷駅ホームから鋸山  金谷神社  金谷神社・備前焼の狛犬
http://promenade2.web5.jp/



3902.Re: 浜金谷から鋸山経由、保田へ・房総往還下見・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月9日(火) 22時28分
Original Size: 800 x 599, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 599, 97KB

昼食は弁当を予定しているので、若干の時間があるので、明鐘岬まで歩き映画のロケ地(喫茶店は営業しています)まで歩いてきました。
歩いて行けるのはここまで・・一泊二日コースも日帰りコースも当日、天気が良ければ「岬の喫茶店でお茶など・・」を考えています。金谷神社から旧道
と国道を歩いて20分です。旧道には房州石を使った基礎・塀があり、歴史を感じられます。金谷神社にはヤマトタケル伝説の人鉄鏡(鉄鏡)があります。
鋸山ロープウェーからの眺望は素晴らしいです・・上総と安房を分けている地です。ここで気候風土が変わります。

画像 : 岬の喫茶店  羅漢像  弘法大師作と言われる大黒様
http://promenade2.web5.jp/



3903.Re: 浜金谷から鋸山経由、保田へ・房総往還下見・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月9日(火) 22時29分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

鋸山は全山、日本寺の敷地(境内) となっています。ここは見所たくさん・・ゆっくり歩いてもらいます。頼朝公お手植えのソテツ、弘法の井戸を見ると
保田の海岸へ出ます。羅漢道の道標のある所は、明鐘岬と富士山、三浦半島が描かれた、広重の「富岳百景保田」「房州保田」の書かれた場所です。
元名海岸には鶴崎神社がある。ここには鋸山の羅漢像を造った大野甚五郎作の「源義経源平合戦の図」の額がある。
元名にはもう一つ・・「どんどん橋(汐留橋)」明治の建築遺産がある。地元のごく普通の生活橋だったが、建築遺産になって自慢の橋となったようだ。
駅までは5分ほど・・駅前の喫茶店で(?)缶ビールを買って帰宅の途へ・・

画像 : 頼朝公お手植えのソテツ  弘法手穿の井戸  明治の土木建築遺産 汐止橋
http://promenade2.web5.jp/


3898.水戸街道を歩く・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月7日(日) 5時10分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 599, 100KB

5月6日(土) ひたち野うしくから土浦まで歩いて来た。街道の風景・歴史、そして遺構など・・街道で一、二付けられるコースで「街道歩き」を満喫
した一日であった。ひたち野うしくを出るとすぐに一里塚がある。左右それぞれに「荒川沖」「中根」一里塚と名付けられている。牛久と土浦の境目、
そして、個人から市に寄贈されたと言うそれぞれの思惑、経緯もあるようで・・その名残であろう。
6号線を北上すると、旧道に入る道がある、荒川沖宿である。街道の面影を残す風景がある。佐野旅館は当時のままを遺す茅葺き屋根の建物で
ある。隣の建物も茅葺きである。火事の多かった時代に防火を考え茅葺きから瓦屋根になって言ったと言う。次の旧道に入ると中村宿である。

画像 : 荒川沖一里塚  荒川沖宿・佐野旅館  山門萱の葺き替え(大聖寺)



3899.Re: 水戸街道を歩く・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月7日(日) 5時11分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 97KB

中村宿は65軒ほどの小さな宿場で、かなり貧しかったと言う。宿場の面影を残すものは無い。宿場の出口には双体道祖神が二体並んでいる。
宿場ので入口にあり、悪いものが入ってこないようにと祀ったと言う。また、夫婦和合を願ったものもである。
中村宿から20分程歩くと大聖寺がある。真言宗のお寺で山門は茅葺き屋根である。たまたま葺替え工事中で、その様子を見ることができた。
大きくて立派な本堂にお詣りした。美しく手入れをされた庭園を見ながら山門を出る。
昼食後も街道を北上する。下高津には、愛宕神社がある。ここも茅葺きの屋根である。拝殿と本殿が一体となった珍しい造りである。神社の裏手
には浄福寺がある。垣間見た本堂の壁画はゆっくりと観たいものであった。街道に戻り5分程歩くと桜川に架かる銭亀橋を渡り、土浦宿に入る。

画像 : 愛宕神社  東光寺・瑠璃光殿  瑠璃光殿・厨子



3900.Re: 水戸街道を歩く・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月7日(日) 5時13分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 599, 96KB

土浦宿の入口は鍵形に曲がった道で、土浦城はここに「うま出し」があったと言う。次の角には東光寺がある。山門を入ると瑠璃光殿がある。
ご住職のご厚意で本堂・瑠璃光殿、稲荷神社も開けていただいた。瑠璃光殿の逗子も見ることができた。感謝感謝である。
旧家の並ぶ土浦城下には、珍しい「庵看板(いおりかんばん)」を見ることができる。今は公園になっている城跡には櫓(矢倉)門が威風堂々と残
っている。かつては水城と言われた土浦城には、壕を巡らした「亀城」と言う名前もある。攻撃からの防御のため湿地に壕を巡らし亀の甲のように
見えたと言う。山城から生活に便利な平地へ降りてきた、先人の知恵を生かした城の形である。
二の丸・本丸、東西の櫓、市立博物館を見学して城址を出た。城下の漆喰の蔵となまこ壁を見ながら土浦駅に向かった。

詳細はシリーズで、別途MyHomePageに掲載します。

画像 : 庵看板(いおりかんばん)  土浦城・関東で唯一残る櫓(矢倉)門  なまこ壁と漆喰の蔵


3895.房総往還下見 那古船形〜館山・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月5日(金) 6時54分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

5月4日(木) 房総往還の下見に出かけた。昨年4月にスタート、今年の7月に館山にゴールとなる。残っているのが「金谷〜保田」「船形〜館山」
「館山〜ゴール城山(館山城)」である。
ゴールについては別途、考える事として、ゴールデンウィークの混雑を見て金谷〜にするか船形〜にするかに決めることとした。
木更津から乗車・・やっと座れる程の混雑だった。君津で快速電車待ち、君津からはほとんどが座れない混雑となった。
金谷で多くの人達が降りた・・ロープウェイの混雑が嫌なので、下見は船形からとした。今日も保田からの富士山を車窓から見ることができた。

画像 : 那古船形大福寺 崖観音  房総往還 木の根道隧道(明治時代に開通)  船形陣屋跡(石垣)



3896.Re: 房総往還下見 那古船形〜館山・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月5日(金) 6時57分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 599, 99KB

富浦では冨山(とみさん)に登るのであろうか、登山スタイルの人たちが下りた。那古船形では数人が下車・・ローカル線のひなびた風景である。
国道に出てバスの駐車場所を確認しながら、駅から10分ほどで大福寺(崖観音)に着く。団体客で混雑していて、崖上の本殿もたくさんのお参り
をする人でゆっくりとお参りは出来なかった。
明治に開通した木の根街道隧道を歩き、忍足佐内の記念碑にお参りをする。元の道を戻り頼朝縁の長勝寺にお参り、船形陣屋跡から道標を見な
がら国道に出てしばらく歩き、那古寺にお参りする。古い歴史のある立派なお寺である。御朱印をいただきながら、ご住職と話をする。
坂東33番札所の「結願寺」・・ご朱印帳にはその人の想いが残っていると言う。「気を付けて・安全でいい旅を・・」の言葉に送られてお寺を出る。

画像 : 道標(川名地区)  那古寺本堂  鶴ケ谷八幡宮 一の鳥居



3897.Re: 房総往還下見 那古船形〜館山・・
名前:いっちゃん    日付:2017年5月5日(金) 7時0分
Original Size: 800 x 599, 98KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

那古寺から鶴谷八幡宮までは約3Km・・歩道のない国道を歩く。海岸側にバイパスがあるので、交通量は少ない。途中「デカンショ節発祥の地」
の記念碑があるぐらいで、特に見るものは無い。館山の町の入口にあたるところに大きな一の鳥居と長い参道の鶴谷神社がある。
前回来た時はお祭りの時で賑わっていたが、参拝する人も少なく静かであった。拝殿の軒天井の龍の彫刻(100態)はいつ見ても見応えがある。
午後1時を過ぎて「昼食を・・」と思ったのだが、近くの飲食店はどこも長い列が続いていたので昼食はパスした。
ここからは「ちば文化的景観」「マキのつらなり」の道を歩く。素晴らしい街並みである。館山を治めていた長尾藩の共同墓地もこの通りにある。
館山駅に着き、生ビールと鯨の刺身でひとり反省会・・下見は素晴らしいウオーキングイベントを再認識をする。

画像 : 鶴谷神社拝殿 格天井  鶴谷八幡宮(狛犬と槇の木)  「マキのつらなり」地区


3894.富嶽百景・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年5月3日(水) 20時49分
Original Size: 767 x 512, 97KB Original Size: 544 x 800, 99KB

保田の墓参りに行き、墓参りや用事を済ませ、海沿いの旧道127号線で帰る。鋸山の登山口には「羅漢道」の道標がある。反対側の海の先には
富士の白い峰(五合目から上あたり)が見えた。道路わきの看板には「富嶽百景・保田海岸の富士」との標識が立っていた。
いつも保田の帰りに通る道なのだが、今まで気が付かなかった。車を止めて写真を撮りたかったが下りは渋滞で車は動かず・・道路わきに止める
スペースもなく窓越しに拡がる明鐘岬と富士を眺めてきた。5月と6月の房総往還でこの風景が見られると最高です・・

画像 : 数年前(4月)の撮り置き写真   広重の「富士三十六景 房州保田海岸」:保田海岸と明鐘岬の画



ページ: |< << 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb