[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
与三郎倶楽部写真館

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





4231.水戸海道を歩く(5月12日 下見)・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年5月13日(日) 5時12分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB

ひたち野うしく駅から土浦宿までを4人で歩いて来た。街道の風景・歴史、そして遺構などが多く、街道で1、2を付けられる見所のコースで「街道歩き」を満喫
する事のできた一日であった。土浦宿では現地ボランティアガイドさんに蔵・文化財の矢口酒店を案内していただいた。本番でも案内をお願いした。
ひたち野うしくを出るとすぐに一里塚がある。左右それぞれに「荒川沖」「中根」一里塚と名付けられ(理由は現地で・・)ている。
6号線を北上すると、旧道に入る道がある、荒川沖宿である。街道の面影を残す風景がある。佐野旅館は当時のままを遺す茅葺き屋根の建物である。

画像 : ひたち野うしく駅(泉の広場)モニュメント  荒川沖の一里塚  佐野屋旅館(現住家屋)
http://promenade2.web5.jp/



4232.Re: 水戸海道を歩く(5月12日 下見)・・
名前:いっちゃん    日付:2018年5月13日(日) 5時13分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 98KB

中村宿は65軒ほどの小さな宿場で、かなり貧しかったと言う。宿場の面影を残すものは無い。唯一残る本陣跡を確認できた。宿場の入口には双体道祖神が
二体並んでいる。中村宿から10分程歩くと大聖寺がある。真言宗のお寺で山門は茅葺き屋根である。
下高津には、愛宕神社がある。ここも茅葺きの屋根である。拝殿と本殿が一体となった珍しい造りである。神社の裏手には浄福寺がある。巨木のイチョウは
歴史を物語っている。街道に戻り15分程歩くと桜川に架かる銭亀橋を渡り、南門跡から土浦宿に入る。

画像 : 旧街道(原の一里塚付近)  中原宿本陣跡  街道の旧家
http://promenade2.web5.jp/



4233.Re: 水戸海道を歩く(5月12日 下見)・・
名前:いっちゃん    日付:2018年5月13日(日) 5時14分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

土浦宿の入口は鍵形に曲がった道で、土浦城はここに「うま出し」があったと言う。次の角には東光寺がある。境内には土浦城の石垣跡をみることができる。 旧家の並ぶ土浦城下には、珍しい「庵看板(いおりかんばん)」を見ることができる。今は公園になっている城跡には櫓(矢倉)門が威風堂々と残っている。
かつては水城と言われた土浦城には、壕を巡らした「亀城」と言う名前もある。攻撃からの防御のため湿地に壕を巡らしその形は亀の甲のように見えたと言う。 二の丸・本丸、東西の櫓を見学して城址を出た。城下の旧家・漆喰の蔵となまこ壁を見ながら土浦駅に向かった。

画像 : 土浦宿・吾妻庵「庵(いおり)看板」  街角蔵  亀城(土浦城)櫓門
http://promenade2.web5.jp/


4230.季節の中で・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年5月9日(水) 7時3分
Original Size: 600 x 800, 100KB Original Size: 600 x 800, 100KB Original Size: 800 x 600, 98KB

登る朝日のまぶしさの中 はるかな空をめざし はばたけ高く はばたけ強く・・ ある歌手のヒット曲ですネ・・
ここのところ朝日の眩しさとは程遠い朝が続いています。季節は1ヶ月半も逆戻り・・寒い朝が続いています。庭の花たちも戸惑っているのではないかと雨空を見ながら
北風に揺れる花たちを見ています。春、初夏の花は終わり、夏から秋咲きの花の準備です。種を播いたのですが・・発芽適温は25℃・・ちょっと早かったかな。
朝顔の芽はも寒さに震えているよう・・菊の挿し芽は何時にしようか?そのような中「ハクサンフウロ:高山の花」が咲き始めました。

画像 : 蘭・・花は終わりです  さくらさくら・ももいろろいき:選定した枝をグラスに・・  ハクサンフウロ
http://promenade2.web5.jp/


4229.しもつみち・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年5月5日(土) 22時36分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 100KB

歴史たんぽの仲間たちと鎌倉街道を歩いてきました。今回の担当は1班16名のガイドです。2班20名・・参加者は合計36名でした。ガイド(案内役)は月ごとに
版交代をしています。今回のメンバーとは3回目です。5月の新緑の爽やかな風が、暑さと疲れを癒してくれた。今回のコースは・・
大森駅前の天祖神社・八景坂から義民六人衆が眠る善慶寺を参拝、いにしえの東海道(平間街道)旧新井宿を歩き、日蓮上人所縁の池上本門寺へ参拝。
本門寺では本堂天井画「未完の龍」を見上げ、加藤清正の供養塔・紀州徳川家の室(正室)の墓、狩野探幽などの墓に参拝した。
元禄の道標から少し歩くと小泉次太夫が尽力した「六郷用水跡」鵜の木の難所であった「ぬめり坂」、市民の憩いの場となっている六郷用水公園のせせらぎをから
仏旗のはためく密蔵院に参拝、ゴールの沼部駅へ・・来月は丸子橋を渡り、神奈川川崎へ入る。見所たくさんの小杉宿が待っている。

画像 : 池上呑川の鯉のぼり  多摩川緑地より  浅間神社からの丸子橋

詳細は、My Home Page 「いっちゃん鎌倉街道(下道)を歩く」に後日、掲載します。
      ↓
http://promenade2.web5.jp/


4226.水戸街道を歩く・・取手から藤代宿・佐貫へ・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年5月1日(火) 19時41分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB

当初は4月15日(日)に予定していたが、天気予報のあまりの悪さに翌週(4月22日)に順延、22日都合の悪い人たちのために4月30日にも設定した。
22日には17名、30日には8名が参加した。両日ともに暑かったものの爽やかな風に助けられた街道歩きとなった。
吉田地区の利根川の堤防に上がり「水害に苦しんだこの地区の地形を知る」数軒の集落の先は真っ直ぐな道路・・時折、新旧の道標が街道であることを教えて
くれる。22日は乾いていた田んぼには水が張られ、稲も植えられていた。広い田んぼの主役はトラクターだった。

画像 : 利根川河川敷  サイカチの木  サイカチの実
http://promenade2.web5.jp/



4227.Re: 水戸街道を歩く・・取手から藤代宿・佐貫へ・・
名前:いっちゃん    日付:2018年5月1日(火) 19時46分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

午後一番は藤代宿に入る。定番のかぎ型に曲がった道路(街道)と入口にある神社とお寺・・道の角には旧家の呉服屋さんが建ち、相馬神社には立派な彫刻が、
高蔵寺には1.6mの薬師如来座像を見ることができた。前回は見られなかった藤代本陣跡には本陣前に植えられていた「松」と「さるすべり」を見ることができる。
本陣裏は小貝川が流れている。しばし洪水で名前の出る川の蛇行する姿も確認できた。
千葉氏が創建したと伝わる熊野神社に参拝、住井すゑの小説「向かい風」のラストシーンに出てくる文巻橋を渡ると龍ヶ崎市に入る。
堤防下には900年代に平貞盛が創建した十一面観音堂がある。次回、若柴宿で訪れる金龍寺と所縁のある所である。

画像 : 吉田八幡時神社  水屋(吉田地区)  街道風景(吉田地区から)
http://promenade2.web5.jp/



4228.Re: 水戸街道を歩く・・取手から藤代宿・佐貫へ・・
名前:いっちゃん    日付:2018年5月1日(火) 19時46分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 97KB

郊外の大型ショッピングセンターで街道は途切れてしまっているようだが、現在の道路沿いの歩き、常磐線の路線橋を渡る。これができる前には踏切脇に可愛い
交通安全の地蔵様があったと云う。馴柴小学校の脇のT字路に水戸街道の歴史を刻んだ立派な「馴柴の道標」がある。このようなものに出会えるのが街道歩き
の醍醐味とも言える。駅前の道路に出ると、若柴宿に通ずる街道が続いている。次回の予告を話し駅に向かう。
何回も歩いてきた水戸街道ではあった。22日は天気が良すぎて見えなかった筑波山は、30日はやっと2回目のその姿を見ることができた。

画像 : 土壁の旧家(宮和田宿)  小貝川(22日・文巻橋から)  30日・文巻橋からの筑波山
http://promenade2.web5.jp/


4223.鎌倉街道(下道) 東京大田区〜川崎市〜横浜港南区へ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年4月29日(日) 9時56分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 599, 100KB

丸子橋の東京側には旧橋の親柱が残されている。橋を渡ると神奈川県に入る、堤防下には、丸子橋渡船場跡があり、丸子の渡しの碑は堤防の上に建てられている。
堤防を降りると中原街道に出る、街道・宿場の遺構・施設は案内板などで説明されている。整備された復元門の旧原家跡・・明治に建てられた家は川崎市重要歴史物
として移築されている。安藤家長屋門(内側に慶応4年の高札が飾られている:最後の高札・・見られなかった)明治から操業の石橋醤油店跡、碑橋「八百八橋の碑」、
小杉次太夫と家康の御蔵稲荷と陣屋跡、小杉御殿と御主殿跡などの史跡も残っている。

画像 : 丸子渡場跡碑  中原街道標柱  旧原家跡(屋敷門)
http://promenade2.web5.jp/



4224.Re: 鎌倉街道(下道) 東京大田区〜川崎市〜横浜港南区へ
名前:いっちゃん    日付:2018年4月29日(日) 9時57分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

中原街道カギ道の所には新緑に包まれた西明寺がある。カギ道を進むと歩道のない道路となる。団体歩行は要注意である。供養塔・油屋の庚申様と街道の道標が
道路の左右に残されている。泉澤寺には袴腰(はかまごし)形鐘楼があった。宿場の外れには道標を兼ねた庚申塔が小さな祠に守られて建っている。この青面金剛は
それぞれの手に道具を持った珍しい物であった。この辺りまでが小杉宿である。武蔵中原駅を過ぎりと大戸神社がある。砲弾を抱えた珍しい狛犬が出迎えてくれる。
神社の彫刻も火炎の龍・飛竜と素晴らしいものがあり、見ごたえ充分である。神社の前で街道は直角に曲がっている。

画像 : 安藤家長屋門  御蔵稲荷  西明寺本堂
http://promenade2.web5.jp/



4225.Re: 鎌倉街道(下道) 東京大田区〜川崎市〜横浜港南区へ
名前:いっちゃん    日付:2018年4月29日(日) 9時57分
Original Size: 600 x 800, 97KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 599, 99KB

宿場を出ると見所は少なくなる。住宅と畑が続くのんびりとした風景の中を歩く。下子田中小学校の脇で直角に曲がる。小関橋跡から蟹ヶ谷地区に入る、庚申塔と地蔵
様の小祠に挟まれた中原養護院辺りの坂道が旧鎌倉街道になる。高台は桜ヶ丘の高級住宅地となっている。この先が下田町で横浜(港北区)との境界である。
坂を下り、通りに出るとまた上り坂になる。と横浜特有の地形である。団地に登る坂道の途中に「鎌倉街道の碑・駒橋の碑」が立っている。街道歩き実感の一場面である。
団地の中を上り詰め、再び細い道を下りきったところに西量寺がある。「境内には「おがたま」の花が咲いていた。
 
画像 : 油屋の庚申塔  大戸神社  鎌倉街道の碑
http://promenade2.web5.jp/


4221.ちば歩平日楽々ウオーク・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年4月26日(木) 17時43分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

ちば歩の平日楽々ウオークは180回を数えた。荒天の恵まれた今回は158名の参加だった。一時に比べると参加者数が少なくなっているのが気になる。
今日のコースは京葉線検見川浜駅から7分ほどの真砂中央公園から国道357号線沿いの緑道を歩き、若葉立体交差点から神田外語大学キャンパスへ・・
キャンパスの花壇を見学しメッセの中心街へ・・NTTビル周辺のつつじはその美しさで有名だが、今年はすでに花は終わっていた。
タイトルは「海浜幕張の花を愛でる」であったが、コース周辺は名残のつつじがぽつりぽつりと咲いていた。花をテーマにした野外イベントは難しいですネ・・
ゴールは海浜幕張公園・・花時計の脇でこいのぼりが気持ち良さそうに泳いでいた。

画像 : NTT幕張ビルのつつじ・・新緑でした  新緑の美しい美浜園  花時計と鯉のぼり(初夏の封k、英)
http://promenade2.web5.jp/



4222.Re: ちば歩平日楽々ウオーク・・
名前:ヒロコ    日付:2018年4月27日(金) 14時44分
Original Size: 640 x 480, 50KB Original Size: 640 x 480, 50KB Original Size: 640 x 480, 50KB

お天気が良くて、信号が少なくて
のんびり歩けました(^^♪

花時計もピッタリ時間を指してますね♪
htt://satukifujiya.amssyudio.jp


4220.水戸街道を歩く・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年4月23日(月) 9時45分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 96KB

4月22日(日) 取手から佐貫(藤代宿)を歩いてきた。4月15日の予定だったが、15日は悪天候(春の嵐)のために22日に順延、17名が参加した。
夏日の予報に朝から暑い一日だった。利根川の堤防につきあたり左に入る道が街道である。吉田神社をすぎると長い長い真っ直ぐな旧街道が続く・・
道標・水屋、サイカチの木などを見て、土橋の道標から徳川7代将軍の母となった月光院の所縁の来応寺に立寄る。
こまめに水分補給と休憩を取りながらの歩きだった。藤代宿・高蔵寺ではご住職に「薬師如来坐像」の説明・解説をユーモアたっぷりにしてくれた。
陣屋跡の小貝川の堤防は筑波山の展望が良い所だが、天気が良すぎてその姿を見ることはできなかった。文巻橋では住井すゑ著の「向かい風」の
話をした。午後も更に熱くなり、休憩ではガリガリ君で鋭気を養う・・馴柴の道標で水戸街道の成り立ちを話して、佐貫駅へゴール。お疲れ様でした。

画像 : 吉田八幡神社  相馬神社  小貝川
http://promenade2.web5.jp/


4219.日本フラワー&ガーデンショウ・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年4月21日(土) 17時23分
Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 100KB

日本フフラワー&ガーデンショウ・・
今日から3日間、横浜パシフィコで家庭園芸の普及を目的とした各種体験型イベントと展示を行う「日本フラワー&ガーデンショウ」が開催されています。
10時開場でも時間前には長蛇の列ができていました。入場すれば各種体験コーナーはほぼ満席・・園芸の人気に圧倒される。
ガーデニングコンテスト会場では目の保養を、種苗会社では新品種の育て方、園芸用品コーナーでは土地と肥料の話を聞いてきた。園芸相談・セミナー
のコーナーでの講演・実技指導も判りやすて良かった。これから蒔く種と新製品の土を購入した。どれも通販で購入できるので結果が良ければこれからも
使ってみたい。開催期間は2018年4月20日(金)から22日(日)まで

画像 : 会場の花たち・・
http://promenade2.web5.jp/


4218.春の森を歩こう「清和県民の森ハイキング」・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年4月19日(木) 22時1分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

野山ハイキング&ウオーキング・・巌根西公民館主催のイベントに参加してきました。3月にも計画があったのですが、雨天中止でした。新緑・風の爽やかな
君津市清和県民の森セラピーコースを歩きてきました。参加者はボランティアガイドさんを含め元気な元気な29名でした。
例年ならば5月の連休が見頃の「イワツツジ:清澄三つ葉つつじ」も満開・・山は新緑に包まれ、アップダウンと痩せ尾根を歩くハイキングを楽しんできました。
雨上がりで豊英(とよふさ)大滝の渓谷を歩けなかったのは残念でしたが、春に一日を森林浴で癒されてきました。

画像 : 房総の山並み  イワツツジ  峠の地蔵さん
http://promenade2.web5.jp/


4215.江戸三十六見附(小石川門から赤坂門)を歩く・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2018年4月18日(水) 10時20分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 599, 100KB Original Size: 800 x 599, 100KB

4月17日(火) 歩いてきました・・
今回は2回目、小石川門(前回ゴール地点)から赤坂門(赤坂見附)までを歩きてきた。かつての江戸城の御門の石垣をじっくりと眺めながら歩くコースである。
小石川を出発・・暖かい気候になれた体には少々寒さを感じるスタートであった。水戸藩上屋敷跡の石川後楽園ではかつての江戸城の石垣石を見ることができた。
入園はできなかったので次回は庭園の中も見てみたい。神田川にある「牛込揚場」は各藩御用達の荷揚げした場所である。小さな石碑が置かれている。

画像 : 牛込御門石垣  市ヶ谷御門跡  防衛庁(尾張徳川家上屋敷跡)
http://promenade2.web5.jp/



4216.Re: 江戸三十六見附(小石川門から赤坂門)を歩く・・
名前:いっちゃん    日付:2018年4月18日(水) 10時20分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 100KB

軽子坂から善国寺・神楽坂を下り。飯田橋から牛込門へ・・両側の井H書きは往時を偲ばせ瀬残っているが通行人が多く、牛込門全体を撮るのは無理であった。
牛込門からは桜並木の外濠公園を歩く。飯田橋駅付近から四ツ谷駅付近まで続く、かつての江戸城外濠(牛込濠、新見附濠、市ヶ谷濠)の千代田区側に位置して
いる。曇り空であったが、新緑が美しく高台から見渡す景色は素晴らしいものだった。季節を通して歩くには良い所と思う。

画像 : 四谷御御門石垣  東宮御所御門  喰違御門
http://promenade2.web5.jp/



4217.Re: 江戸三十六見附(小石川門から赤坂門)を歩く・・
名前:いっちゃん    日付:2018年4月18日(水) 10時21分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

市ヶ谷門は一部石垣が残っており、往時を偲ぶことができる。四谷門は四谷駅の前に残っている。現在の道路の脇に残りその大きさがよくわかる。外濠公園を出る
と現在は埋め立てられている真田掘その先は紀国坂、真田堀と弁慶堀に挟まれたところに喰違門がある。その名の通り門の左右の位置が食い違っている。
赤坂ガーデンテラスの前庭には紀伊和歌山藩邸跡碑が建っている。赤生坂見附交差点を左折して200mほど行くと赤坂見附の跡の石垣がある。
詳細は後日「いっちゃん・江戸36見附を歩く」に掲載します。

画像 : 彦根井伊藩屋敷跡  紀伊和歌山藩屋敷跡  赤坂御門石垣
http://promenade2.web5.jp/



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb