[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
与三郎倶楽部写真館

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





3808.真冬日と雪の中・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年2月22日(水) 19時14分
Original Size: 800 x 529, 98KB Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 99KB

2月21日(火) 「間山すそ野一周ウオーク」5回目はは真冬日&雪の中の追分宿と浅間サンラインを歩いてきた。追分宿を歩いたのは2013年の
5月である。新緑が美しい風景だったが・・駐車場は雪で真っ白、横殴りに降る雪、真冬の景色が出迎えてくれた。
気温計には−3℃の標示も出ていた。追分宿に着いたのは、10時30分の少し前だった。駐車場には雪が舞い、それも横なぐりであった。
懐かしい中山道・追分宿はゆき景色だった・・

画像 : 追分宿雪景色  追分一里塚(日本橋から39番目)  浅間(あさま)神社
http://promenade2.web5.jp/index.html



3809.Re: 真冬日と雪の中・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月22日(水) 19時15分
Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 99KB Original Size: 800 x 529, 99KB

駐車場で防寒・滑り止めを着装し、少し戻り一里塚へ向かう。懐かしい風景には雪が積もっていた。一里塚から旧中山道の追分宿に入る。乾いた雪
は意外と滑らない、郷土館を横目に(中山道の時は見学)、浅間(あさま)神社にお参り、堀辰雄文学記念館 、油屋旅館、高札場跡、泉洞寺、などを
懐かしく眺めながら歩く、中山道の時は歴史的な解説があったが、今回は軽い説明だけであった。「旧茶屋つるがや」は今も昔の面影を感じられる。

画像 : 堀辰雄記念館(追分宿本陣裏門)  高札場跡  泉洞寺山門
http://promenade2.web5.jp/index.html



3810.Re: 真冬日と雪の中・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月22日(水) 19時17分
Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 98KB Original Size: 800 x 530, 97KB

街道は「つるがや」の前で国道18号に合流するが、すぐ先が「分去れ(わかされ)」と呼ばれた追分である。分去れの碑からは、浅間サンラインを歩く。
サンラインは国道18号線を信濃追分から分岐して菅平方面に抜ける国道18号線よりも一段高い所を走る快適な直線基調の高原道路である。
北に雪雲に見え隠れする様連峰の峰々、南には蓼科 山・八ヶ岳連峰を望む景色は寒さ、風邪の冷たさを忘れるまさに絶景である。歩道は人ひとり
歩いたように溶けた部分があり、そこを歩く。日陰に入るとその跡もなくなる。大型のトラックの通行量が多い。

画像 : 分去れ(わかされ)碑  サンルートからの浅間山  八ヶ岳連峰・蓼科山 
http://promenade2.web5.jp/index.html



3811.Re: 真冬日と雪の中・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月22日(水) 19時17分
Original Size: 800 x 529, 99KB Original Size: 800 x 529, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB

ゆるい上り下りを歩き、普賢山落の黄檗宗・浅間山普賢寺に立ち寄る。延宝5年(1677年)の開創という。境内に昭和56年(1981年)の火災で
焼失した本堂の再建を記した石碑がある。山門前の二本杉(樹齢280年という)は、御代田町天然記念物に指定されている。 塩野地区にある「浅間山真楽寺」は浅間山の噴火が鎮まるよう祈願のため、用明元年586年に開山したという。境内には仁王門、三重塔、樹齢千
余年の神代杉、厄除観音、芭蕉句碑などがある。今回はここがゴール・・4月はここの桜を見てスタートとの予告があった。

画像 : 普賢寺山門  真楽寺本堂  ついに晴れたぞ浅間連峰

詳細はMyHomePage「浅間山すそ野ぐるり一周ウオーク」に後日、掲載します。
      ↓
http://promenade2.web5.jp/index.html


3805.十日町雪まつり・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年2月20日(月) 16時59分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 95KB

十日町の「雪まつり」は、今から約67年前の昭和25年2月4日に開催されました。「雪を友とし、雪を楽しむ」という住民の自発的な思いから
生まれたこの雪まつりは、冬の厳しさも美しさも知り尽くし、雪に打ち克つ気概が生んだ発想です。 こうした発想の背景には、終戦以降、製造
が禁止されていた絹織物製品の生産が再開され、地元産地を元気にさせるような社会的、経済状況があった言われています。
18日は十日町の散策と雪上カーニバル、19日(二日目)は蕎麦打ち体験と雪像見物・・雪と戯れた二日間だった。

画像 : 雪と木立・・  雪の女王  早朝の道路(19日・宿の前)
http://promenade2.web5.jp/index.html



3806.Re: 十日町雪まつり・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月20日(月) 17時1分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 600 x 800, 99KB Original Size: 800 x 600, 96KB

十日町雪まつりの魅力は、市民手づくりの「雪の芸術作品」、温かいおもてなしが人気の「おまつりひろば」、音と光のスペクタクル「雪上カー
ニバル」です。伝統と魅力いっぱいの「十日町雪まつり」を雪と戯れながら楽しんできました。
12時過ぎに十日町に着く・・通勤電車の倍以上の混雑で身動きもできず「ゆめぞら」は満足に見ることもできなかった。電車を降りて「ほっ」と
一息・・十日町の老舗蕎麦店でへぎ蕎麦と舞茸天の昼食。昼食後は十日町博物館を見学。コンパクトの整理された、十日町の歴史を学ぶ。

画像 : そば打ち体験教室  いつになく真剣です・・  雪に埋もれた雪像
http://promenade2.web5.jp/index.html



3807.Re: 十日町雪まつり・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月20日(月) 20時43分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 91KB

初日の目玉の「雪上カーニバル」に向かう。市内循環バスに乗り、会場入り口のバス停で下車、坂道を15分ほど登ると、巨大な雪の竜宮城
のステージが現れる。16時開場、17時開演・・1時間の待ち時間は寒かったが、開演後は言葉通りの音と光のスペクタクルに時間と寒さを
忘れて、ステージに目を奪われた。「あっ!」と言う間の1時間30分であった。途中から降り出した雪も本格的な降りとなって来た。
一晩で30cm以上も積もったであろうか・翌朝の風景は一転、道路も埋もれた雪の中となっていた。
二日目は蕎麦打ち体験と雪像巡り・・蕎麦打ち体験は1時間の行程を、みんなで汗を流し「へぎ蕎麦」が完成・・土産に持ち帰る。

画像 : 雪国の風景

詳細を、My Home Page 「いっちゃん31期の仲間と歩く」に後日、掲載します。
      ↓
http://promenade2.web5.jp/index.html


3804.雪国へ・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年2月17日(金) 21時58分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB

SHIGEさん・・お疲れさまでした。荏原神社の早咲きの紅梅(鎌倉で一番早い)の写真を撮りましょう。カメラを持って日がな一日、シャッターを
押して歩き、好きな酒を飲み写真談義をする・・楽しいですね。これからもまた、機会を作りましょう。
明日から雪国へ行ってきます。河津桜満開の木更津から十日町です。予報は「曇り時々雪」なので眼デジはお留守番です。
撮り置きの画像です。
http://promenade2.web5.jp/index.html


3799.カメラを持って鎌倉散歩・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年2月16日(木) 8時57分
Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 96KB Original Size: 529 x 800, 100KB

以前、「荏原神社の梅を撮りたい」とSHIGEさんから連絡があったので昨日(2月15日)二人で出かけた。事前に荏原神社に電話で開花状況を
聞いたところ、境内の早咲きの紅梅(鎌倉で一番最初に咲く)は散ってしまい、奥の山側の梅が見頃との話だった。
電話での話の通り境内の紅梅の木に花はなかった。2月上旬に咲いて散ってしまったとの事であった・・また、来年の楽しみにと言うことで・・
http://promenade2.web5.jp/index.html



3800.Re: カメラを持って鎌倉散歩・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月16日(木) 8時58分
Original Size: 800 x 529, 99KB Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 100KB

鎌倉駅から荏原神社までの往復はウオーキング・・復路は小町通を散策、いつものように混雑していた。修学旅行の学生さんが多かった。
江ノ電で長谷に移動、光則寺に立ち寄り撮影タイム・・山門に置かれた手書きの花木の案内図の細かさに圧倒される。梅の花はぼちぼちだった。
駅の観光案内書では「見頃」と言っていたが・・写真を撮る者と、観光で見る者の眼の違いかもしれない。花の開花(満開)時期に丁度良く出かける
のは難しい・・
http://promenade2.web5.jp/index.html



3801.Re: カメラを持って鎌倉散歩・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月16日(木) 8時58分
Original Size: 800 x 529, 99KB Original Size: 800 x 529, 100KB Original Size: 800 x 529, 100KB

長谷寺では梅の木も多く、それなりに梅のお花見を楽しめた。写真を撮るには参拝客(観光客)が多いのでシャッターを押すまでに時間かかる。
梅(白・紅、桃)がほぼ満開、ボケも綺麗に咲いていた。梅の花自体が地味なので、マクロ・ズームで花の個々を撮るにはいいが、風景全体に梅の
木を入れて撮るのは難しい。まだまだこれから・・勉強である。お出かけ3日目・・少々疲れたのだ早めの反省会をいつもの3階で・・
http://promenade2.web5.jp/index.html



3802.Re: カメラを持って鎌倉散歩・・
名前:SHIGE    日付:2017年2月16日(木) 11時48分
Original Size: 1024 x 683, 98KB Original Size: 1024 x 682, 86KB Original Size: 1024 x 682, 98KB

お疲れ様でした。
なかなか、花の一番の時期に巡り合えませんね。
いい天気で、暖かったのはいいのですが、明暗差があると難しいです。
朱塗りの社殿を背景に白梅です。



3803.Re: カメラを持って鎌倉散歩・・
名前:SHIGE    日付:2017年2月16日(木) 11時51分
Original Size: 1024 x 682, 98KB Original Size: 683 x 1024, 98KB Original Size: 1024 x 682, 99KB

帰りは、横浜で乗り換えてからすぐ寝てしまい「品川」のアナウンスで目がさめました。
一瞬乗り越したのかと思いました。
昼間のビールは効きますね。


3796.関東の北に、南に、下見に行ってきました その2・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年2月14日(火) 7時57分
Original Size: 600 x 800, 98KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 600 x 800, 98KB

3月13日(月) NHK BSの朝ドラを見て家を出る。木更津発8時51分の館山行きに「ASAHI」さんと一緒に乗車・・君津からは中高年の団体さん
が乗込む・・鋸山にでも登るのであろうか、賑やかに山の話をしていた。二駅目、青堀で下車・・古墳ふれあい館に立ち寄り、資料をゲット・・
旧国道16号線を富津に向かって歩く。三度目になるが思いはそれぞれである。ちば歩こう会の例会でリーダーをした富津へ続く公園が見える。

画像 : 飯野陣屋・保科正直の墓(浄信寺)  会津藩士の墓(正珊寺)  俳人織本華嬌の墓(大乗寺)
http://promenade2.web5.jp/index.html



3797.Re: 関東の北に、南に、下見に行ってきました その2・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月14日(火) 7時58分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 99KB

青堀から富津にかけては、江戸時代の内房の様子が良く分かる。江戸湾の防備で徳川旗本、会津、忍、前橋藩などが家で族ともども江戸湾防備に
あたった歴史が数多く残っている。江戸から明治へ・・小笠原・保科が守った江戸湾の防備は明治、昭和へと海上防備の要衝として受継がれ現在
も岬に戦争史跡が数多く残っている。さかのぼれば桃山の時代から激動の明治・大正そして昭和・・今ここに平和のある事を実感した。

画像 : 一茶の足跡(大乗寺)  春・・  富津陣屋跡
http://promenade2.web5.jp/index.html



3798.Re: 関東の北に、南に、下見に行ってきました その2・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月14日(火) 7時58分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

富津は旧日本軍の首都の守りのかなめであった。岬の奥には掘割を作り、小高い丘には富津元洲堡塁砲台(要塞)を作った。また、軍の演習用、
研究用として造られた「射入窖」(しゃにゅうこう)という、銃の発砲試験が行われた施設も見てきた。ドームの中の下が砂なのは、弾を受け止める
ためという。草に覆われた現地は「いにしえ」であった。まだ・・岬の先端までは距離はある。今日は疲れた・・岬までは次の機会に・・

画像 : 富津戦争遺跡(富津岬第一海保堡)  富津元洲堡塁砲台跡  射撃場跡:射入窖(しゃにゅうこう):銃弾着弾場所
http://promenade2.web5.jp/index.html


3793.関東の北に、南に、下見に行ってきました・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年2月14日(火) 6時51分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

3月12日(日) 埼玉県蕨市の蕨宿の下見(コース設定)に行ってきました。予報では北風が強く吹くと言っていましたが、気になるほどの風もなく
陽だまりの歩きではうっすらと汗をかくほどの快適さでした。前回歩いたのが2011年10月だったので5年半前になるのかな・・懐かしい・・
JR蕨駅から中山道までは1.3Kmほどある。ちょっと遠回りをして歩いたが、路傍の小さな庚申塔に出会うこともできた。

画像 : 蕨宿入口  和良比神社  蕨城址公園
http://promenade2.web5.jp/index.html



3794.Re: 関東の北に、南に、下見に行ってきました・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月14日(火) 6時53分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

3月19日に、31期の同窓会が浦和で開催される。同窓会のみで浦和まで出てくるのは大変と思い「せっかくウオーク」を企画した。せっかく浦和
まで出てくるのだから、蕨宿から浦和宿までの中山道を歩こう・・と言うものだ。
マップルでコースを検証すると、蕨駅から蕨宿入口を経由して浦和宿入口(JR浦和駅)まで8.5Kmあった。12時30分集合、浦和へ16時・・

画像 : 蕨宿景観建物(一部)
http://promenade2.web5.jp/index.html



3795.Re: 関東の北に、南に、下見に行ってきました・・
名前:いっちゃん    日付:2017年2月14日(火) 6時56分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 600 x 800, 98KB

宿場の景観建物を見ながら歩き、資料館を見学、和良比神社・蕨城址、三学院に参拝して、一六橋・一里塚跡・焼米坂から調(つき)神社に参拝の
設定は3時間30分では少々無理がありそうである。
宿場と宿場をつなぐ街道を歩いてもらいたいのだが・・無理かな・・同窓会幹事さんと相談し、直前の下見でコース決定がよさそうである。

画像 : 三学院(本堂)  鐘楼・三重塔  目病み地蔵

画像については、設定確認をせずに撮ってしまいました。見辛い画像もあります。
http://promenade2.web5.jp/index.html


3792.人生一生・・ 返信  引用 
名前:いっちゃん    日付:2017年2月11日(土) 21時11分
Original Size: 800 x 533, 99KB Original Size: 800 x 529, 96KB Original Size: 529 x 800, 100KB

中山道赤坂宿のあるお寺さんの門前に「人生一生 酒一生 あると思えば もう空か」なる、名文が張ってあるそうだ。愛知在住の歩友のブログに
書かれていた。歩きのおしどり夫婦である。酒好きの、それなりの感想も書かれていた。
さて、酒好きが過ぎて裕美さんからは「呑むのは夜だけにして」とグサリと注意を受けますが、どちらもとても大切なものであり、大事な一杯である・・
なんだかんだ言っても (言われても)酒の買い置きだけは切らさずにあるのだから・・人生の買い置き(買い足し)はいかがなものかな・・
まだまだ、歩きながら、いい写真をたくさん撮りたいので、呑み過ぎて早めに空にならぬよう(?)調整ができればなぁ・・

シリーズ・ファインダーの先に風景を見る・・カメラには新しい発見があるから素敵です・・カメラを持って歩くと見えるものの見方、感じ方が違うように
思います。寒い日が続きますね・・今回のテーマは・・
http://promenade2.web5.jp/index.html



ページ: |< << 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb