[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
保険掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



202.ハートフォード生命 返信  引用 
名前:徳川    日付:2008年11月18日(火) 9時27分
変額年金 目立つ元本割れ 「運用停止」に契約者困惑 
配信 フジサンケイ


 老後の生活資金を増やせる投資商品として販売されてきた変額年金保険が、金融危機のあおりで運用成績を急速に悪化させ、契約者に混乱が広がっている。国内で販売されている変額年金の多くは、元本保証か最低支払額の保証があり、契約者の資産は一定限度で保護される。しかし、契約内容によっては、運用資産の急減を機に、元本割れで解約するか、将来の元本保証を受けるため契約を据え置くかの選択を迫られるケースも。商品を作った生命保険会社をはじめ、販売窓口となった銀行も説明や対応に追われている。

 変額年金で国内シェア首位のハートフォード生命保険が主力商品としてきた「アダージオ3WIN」は、最初に元本を一括(一時払い)で納めた後、運用成績が悪化して元本の8割以下になれば、株や投資信託、金融派生商品による積極運用を停止する仕組みだ。最近の株価下落で、同商品は契約の9割以上で元本の8割以下となった。

 このため契約者は、約款に基づき、解約して元本の8割を一括で受け取るか、元本を15年分割で受け取るかの選択を迫られている。

 しかし、この仕組みの周知が十分でなかったため、通知の手紙を読んで困惑した契約者からの問い合わせが後を絶たない。約90人というハートフォード生命の販売係だけでは足りず、窓口販売を請け負った銀行員も契約者宅を訪問して説明にあたっている状況だ。

 ほかにも、カーディフ生命保険の「年金たまてばこ」は、日経平均株価が加入時から3割下落すると元本保証機能が外れる仕組みが契約者の大部分に適用された。

 東京海上日動フィナンシャル生命保険「異次元発」の一部は、株式と債券の組み合わせによる積極運用が債券のみの安定運用に切り替わり、今後の高利回りを望めなくなった。

 団塊世代の大量退職を機に「老後の備え」として契約高を伸ばした変額年金は、2008年3月で総運用資産が14兆円超あり、株安による運用見直しは、高齢者の生活を直撃する。

 大阪府池田市の主婦(62)は05年8月にハートフォード生命の変額年金を約1000万円の一括払いで契約した。なじみの銀行員に「株価が上がれば資産は増える。増えた時点で解約して売ればいい」と勧められた。

 契約後1年で100万円の運用益が発生したが、「早期解約は手数料がかさむ」と説得され、解約を思いとどまった。しかし株価は反落し、今では元本の8割程度まで目減りした。

 主婦は「解約すべきかどうか今が一番悩んでいる。契約時に解約手数料などを詳しく説明してほしかった」と憤っている。

 変額年金は、国内の販売網が弱い外資系保険会社や、一部の損保系生保が、銀行や証券会社で積極的に販売してきた。ある国内大手生保関係者は、今回の混乱について「想定外の事態に、国内の拠点が少ない弱みが露呈した」と指摘している。



245.ハートフォードその他全ての保険会社社、変額年金全面的に悪化で、解約急増
名前:徳川    日付:2009年2月8日(日) 19時57分
株安を受けて、運用成績に応じて年金の受取額が変わる変額年金保険の販売が低迷したことが主因。単月の保険料収入が2割近く大幅に減るのは比較可能な02年以来、初めてになる。

 変額年金を含めた個人年金保険の新規契約高は26%減の5114億円。金融危機による運用成績の低迷を受け、変額年金最大手のハートフォード生命保険が昨年10月から主力商品の運用を停止。銀行などで変額年金の販売が落ち込んだ。

 個人年金の保有契約高も0.1%減り、87兆9166億円となった。定額年金が償還を迎えたほか、変額年金で解約の動きが出たためとみられる。日経


308.ハートフォード第1四半期の純損失12億ドル、日英で新規契約停止
名前:徳川    日付:2009年5月1日(金) 10時32分

 [ニューヨーク 30日 ロイター] 米生命・損害保険大手ハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループ<HIG.N>が30日発表した第1・四半期決算によると、純損失が12億ドル(1株あたり損失3.77ドル)となった。
 純利益1億4500万ドル(1株あたり利益0.46ドル)を計上した前年同期から大幅な赤字転落となる。
 投資損失、および変額年金保険契約の保証金支払いコストの増大が響いた。
 同社はまた、日本と英国で新たな契約の受付を一時的に停止すると発表した。


310.ハートフォード生命、日本撤退 変額年金市場、成長に暗雲
名前:徳川    日付:2009年5月2日(土) 19時6分
配信 フジサンケイ ビジネスアイ


 銀行窓口販売専業で変額年金保険で国内首位のハートフォード生命保険は1日、日本での新規の保険販売を6月1日から休止すると発表した。事実上の日本事業からの撤退となる。既存契約者の保険契約は守られ、保険金支払いなどの業務は継続するが、最大手の撤退は、2002年の銀行窓口販売の解禁以降、成長市場とされてきた変額年金保険の曲がり角を印象づけた。

 ◆親会社の財務悪化

 親会社の米金融大手ハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループが、金融危機による財務体質の悪化から、世界的な事業の再構築を発表したことを受けた。

 販売を休止するのは変額年金のほか、定額年金保険、変額終身保険の全商品。このうち、国内での変額年金の保有契約数は55万5000件。

 同社は変額年金保険の銀行窓販が解禁された02年から、提携金融機関に保険商品を提供する形で、国内市場に参入。退職者や富裕層を対象に国内の変額年金市場を開拓してきた。銀行や証券会社など、取扱金融機関は80社にのぼる。

 昨年10月、金融危機による市場の混乱で変額年金の主力である元本保証付き商品は、実に9割以上が元本割れとなり、これが経営を圧迫した。提携銀行でも同社商品の窓口での販売を控える動きが続き、今年1〜3月の売上高にあたる保険料収入は、前年同期比の8割減の189億円に転落していた。

 ハートフォードの撤退は、変額年金を扱う損保系生保や大手生保、販売窓口の銀行にも波紋を広げている。

 業界関係者は「トップの撤退で変額年金市場全体のイメージダウンにつながらないか」と困惑する。「米国本社の経営悪化という特殊要因もあり、変額年金自体が悪いわけではない」(業界関係者)と、同一視されることを懸念する。

 ◆他の生保に波及も

 しかし、同社に限らず、日本で販売されている変額年金の大半が元本保証付き。「投資信託に元本保証が付いているようなものでおかしい」(大手生保幹部)とも指摘される変額年金の大量販売のつけは大きく、他社でも変額年金の販売休止や商品の見直しが相次ぐ可能性がある。

 住友生命保険や三井生命保険などは、商品が元本割れした場合、準備金を積み立てて支払いに備えている。三井生命は元本保証費用の拡大などにより、08年4〜12月期で約1000億円の最終損失を計上。これを受け、同社は変額年金の販売を停止している。

 ただ、銀行窓販の保険商品は、売り手側の銀行にとって魅力的な手数料ビジネス。変額年金自体は「退職後の生活資金として魅力ある商品であることにも変わりはない」と関係者はみている。変額年金からの撤退が相次ぐ中、淘汰(とうた)された保険会社に追い風が吹く可能性も十分にある


327.ハートフォード生命<
名前:徳川    日付:2009年6月4日(木) 18時12分
ハートフォード生命社長交代 撤退準備?国内巻き込み淘汰
6月4日8時17分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 変額年金保険で最大手だったハートフォード生命保険は3日、デービッド・エヌ・レベンソン社長(42)が退任し、7月1日付で営業本部長のビクター・チャング氏(47)が後任社長に就任する人事を発表した。親会社の米金融大手ハートフォード・ファイナンシャル・サービスは金融危機による財務体質の悪化を受け、世界的な組織改編を進めており、今回の人事はその一環とみられる。同生命は1日から保険販売を休止し日本から撤退が秒読みとなった。外資系生保では、AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)も日本事業の解体に進んでおり、金融危機を背景に、外資系生保は日本戦略の大幅な見直しを迫られている。

 レベンソン氏は退任後、ハートフォード生命会長に就任すると共に米ハートフォード・ライフに帰任。日本と英国事業の統括部門を担当するという。

 ハートフォード生命は、2002年に解禁された銀行窓口販売の変額年金保険で、国内首位にまで登り詰めた。しかし、金融危機による株価下落で主力商品である元本保証型の9割が運用段階で元本割れしたため、経営を圧迫した。従業員のリストラも含めた組織改編を検討中で、業界では「事実上の撤退」とみられている。

 同じく変額年金保険で上位シェアを占めてきた蘭系アイエヌジー生命保険も、8月からは変額年金保険と変額終身保険の販売休止を決定。従業員の30〜50%を削減するほか、ディック・オクハウゼンCEO(最高経営責任者)が8月末で退任することになり、日本での事業縮小が急速に進んでいる。

 保険料等収入で08年3月期には国内生保5位に食い込み外資系生保でトップだったアリコのほか、AIGスター生命保険、AIGエジソン生命保険を抱えたAIGも、金融危機以降の劣勢ぶりが目立つ。

 09年3月期決算では、3社の最終損益の合算は4500億円超の赤字となった。

 AIG本体が損害保険を軸とした再編に動いているため、アリコジャパンら3社は売却や政府管理下に入ることが決定的で、日本では事実上、「AIGブランド」は解体することになる。

 外資勢は、破綻(はたん)した国内生保の再生で定評のある米系プルデンシャルや、がん保険で不動の地位を確立しているアメリカンファミリーなど“勝ち組”との明暗を際立たせた。「一部の外資離れで日本勢に追い風が吹く」(業界関係者)との見方もある。

 だが、金融危機は国内生保の間の体力差も明確にした。少子高齢化という構造要因と金融危機という突発要因のWパンチに見舞われた国内保険市場では、外資だけでなく、国内生保も含めた、淘汰(とうた)の時代を迎えている。


328.Re: ハートフォード生命
名前:徳川    日付:2009年6月4日(木) 18時15分
ハートフォードの個人年金に入った人は少なくないが、この社の個人年金保険やその他保険に入ることこそ、保険会社を見る目なし。馬鹿な消費者とはっきり言いきれる。

冷静で保険の勉強している一部の賢い消費者は、この保険会社は日本では通用しないと初めから判断していたのです。

自業自得。自己責任。損して当り前。

10.大同生命について 返信  引用 
名前:事務局    日付:2007年5月5日(土) 4時27分
大同生命に関連することを語らってください。



157.保険金不払い 業務改善命令を発動
名前:徳川    日付:2008年7月31日(木) 20時13分
生命保険会社の保険金不払い問題で、金融庁は2008年7月3日、日本生命保険や第一生命保険など生保10社(うち外資系2社)に対し、保険業法に基づく業務改善命令を発動した。各社が提出した調査内容や再発防止策を精査したが、「契約者保護に不十分」と判断した。各社は営業体制の抜本的改革を迫られている。

■「保険金を請求されなければ支払わない」という体質

 保険金の不払いは10社合計で約99万件、約791億円に上り、契約者の「生保不信」は根深い。業界団体である生命保険協会に2007年度に寄せられた「苦情」は前年度比14%増の1万148件と初めて1万件を超え、保険に関する一般的な問い合わせの「相談」(9989件)を上回ったほどだ。

 不払い問題の発覚後、生保各社は新規契約の獲得を実質的に停止して営業見直しに乗り出した。この結果、国内主要9社の08年3月期決算は2期連続の減収に陥ったが、そうした「犠牲」を払ってでも見直しを進めたのは、「保険金を請求されなければ支払わない」という体質が問題視されたためだ。

 不払いの可能性が高いが、連絡が取れない契約者は営業職員がローラー作戦で回った。契約の一部でも請求すれば、他の特約も自動的に調べられる新システムも導入した。こうした対策を打ち出したことで、生保側は「再発防止策は進んだ」(大手役員)と判断。2008年7月上旬の各社総代会の終了後が「処分の時期」とみられていたが、「各社一斉の処分は見送られるのではないか」と「決着ムード」すら漂っていた。

 一方、生保各社が営業活動より優先して見直しに取り組んだことを踏まえ、金融庁内にも「処分は過剰な懲罰になりかねない」との意見もあった。

 だが、金融庁は「業務改善の取り組みは承知しているが、契約者の利便向上と保護の一層の徹底が重要」と大手は一斉の処分に踏み切り、生保側の甘い期待は打ち砕かれた。明確な法令違反がないにもかかわらず、処分を下したのは異例で、契約者保護の観点から生保側の抜本的な意識改革を迫った形だ。

■約款の簡素化などを促す

 金融庁が生保側に促したのは、保険金が複数でも請求しやすい商品開発や契約内容を説明する約款の簡素化。複雑な商品が契約者の理解を妨げ、請求しにくくして、不払いの温床となったためだ。一部の生保は約款の簡素化に着手したが、契約者の立場からは依然分かりにくい。

 さらに、金融庁は「契約期間全般にわたる契約者への適切な情報提供や顧客対応」なども要請。営業職員が頻繁に入れ替わり、「契約獲得までは熱心だが、契約後はほったらかし」との批判が強かった営業手法の転換も求められた。

 金融庁は業務改善計画の提出期限である2008年8月1日をメドに役員の処分など経営責任を明確化するよう求めたほか、業務改善の成果を定期的に公表することも促した。生保各社はもはや中途半端な対応は許されない。


http://www.fsa.go.jp/news/20/hoken/20080703-6/01.pdf


254.大同生命、最終赤字800億円以上で、赤字経営に陥る
名前:徳川    日付:2009年2月13日(金) 20時58分
<T&D>業績下方修正、840億円の最終赤字に 3月期

 生命保険大手のT&Dホールディングスは12日、09年3月期決算の業績予想を大幅に下方修正し、最終(当期)損益が840億円の赤字(前年同期は367億円の黒字)になる見通しだと発表した。金融危機による保有株の損失拡大が響いた。最終赤字は04年4月のT&D発足以来初めて。

 T&Dは従来20億円の最終黒字を見込んでいた。傘下の太陽生命保険と大同生命保険もそれぞれ300億円、350億円の最終赤字の見通し。

 同時に発表したT&Dの08年4〜12月決算は475億円の最終赤字となった。保有する有価証券の損失635億円を計上した。株価低迷で変額年金保険の運用成績が悪化し、顧客への保険金支払いを保証するため、401億円の穴埋めを迫られた。毎日


319.T&Dホールディングス 損益が890億円の赤字
名前:徳川    日付:2009年5月20日(水) 0時7分
毎日新聞

 大同、太陽生命保険を傘下に持つT&Dホールディングスが19日発表した09年3月期決算は、最終(当期)損益が890億円の赤字(前期は367億円の黒字)となった。最終赤字は04年のT&D発足以来初めて。株価下落で保有株の評価損が拡大した。業績悪化を受け、大同生命は個人向け保険・年金と団体向け保険の契約者配当を減らす。太陽生命は配当を維持する。

9.太陽生命について 返信  引用 
名前:事務局    日付:2007年5月5日(土) 4時27分
太陽生命に関連することを語らってください。



252.T&Dホールディングス、最終赤字475億円に
名前:徳川    日付:2009年2月13日(金) 14時47分

 太陽生命保険などを傘下に持つT&Dホールディングスが12日発表した平成20年4〜12月期連結決算は、最終損益が475億円の赤字(前年同期は375億円の黒字)に転落した。昨年秋以降の株式市況の悪化で、保有する株式の評価損が635億円に膨らんだほか、有価証券の売却損も1813億円にのぼるなど損失処理に追われた。21年3月期の連結最終利益予想も20億円の黒字から、840億円の赤字に下方修正した。産経


253.最終赤字800億円以上
名前:徳川    日付:2009年2月13日(金) 20時56分
<T&D>業績下方修正、840億円の最終赤字に 3月期

 生命保険大手のT&Dホールディングスは12日、09年3月期決算の業績予想を大幅に下方修正し、最終(当期)損益が840億円の赤字(前年同期は367億円の黒字)になる見通しだと発表した。金融危機による保有株の損失拡大が響いた。最終赤字は04年4月のT&D発足以来初めて。

 T&Dは従来20億円の最終黒字を見込んでいた。傘下の太陽生命保険と大同生命保険もそれぞれ300億円、350億円の最終赤字の見通し。

 同時に発表したT&Dの08年4〜12月決算は475億円の最終赤字となった。保有する有価証券の損失635億円を計上した。株価低迷で変額年金保険の運用成績が悪化し、顧客への保険金支払いを保証するため、401億円の穴埋めを迫られた。毎日


318.T&Dホールディングス 890億円の赤字に
名前:徳川    日付:2009年5月20日(水) 0時5分
毎日新聞

 大同、太陽生命保険を傘下に持つT&Dホールディングスが19日発表した09年3月期決算は、最終(当期)損益が890億円の赤字(前期は367億円の黒字)となった。最終赤字は04年のT&D発足以来初めて。株価下落で保有株の評価損が拡大した。業績悪化を受け、大同生命は個人向け保険・年金と団体向け保険の契約者配当を減らす。太陽生命は配当を維持する。

ページ: |< << 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb