[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
Go!Go!タイガース

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



181.足で初戦獲り!!! 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:8月3日(水) 10時19分
 3回までは好調時のゴンザレスの投球に押され気味だったが、4回、先頭の平野がヒットで出塁、三番鳥谷には送りバントのサイン。消極的な攻めだと思ったが、阪神ベンチはそれほどゴンザレスが調子が良いと見ての攻めだ。しかし、バント失敗で走者が入れ替わり嫌な空気が流れたが、鳥谷が1球目から走る姿勢を見せ、3度牽制球を投げさせた。さらにリードをとったところでゴンザレスが一塁に悪送球して楽々二塁へ。鳥谷の足に神経を使ったゴンザレスは新井にヒットを許し、一・三塁に。次はブラゼルに代わって先発出場していた関本。空振りの少ない関本にヒットエンドランのサイン。ショートゴロになったが鳥谷がホームインし新井は二塁に残った。続く金本の打球は鋭いセンターライナー、長野が前進し一瞬取ったかに見えたがポロリと落としてしまった。新井が還って貴重な2点目をとった。真正面の低いライナーは打球の伸びが読みにくく捕るのが難しい。選手任せにし、ヒットエンドランの策が無ければ無得点に終わっていたかも知れない作戦は、これからも当たるであろう好投手との対戦に有効な策だ。
 今まであまり見られなかった作戦でとった貴重な2点、このところ不振だった能見が奮起して7回を無失点に抑えた。8回に小林が1点を取られたが、球児が最後を締めて1点差で逃げ切った。
 低反発球の影響で昨年のようにどんどんヒットが出ない状況では少ないヒットでいかに得点するかが課題で、ベンチワークの重要さはさらに重くなる。逆転首位を目指す阪神に一つ攻め手が増え、幸先の良いロード初戦となった。

180.死のロードへ? 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:8月2日(火) 14時21分
 高校野球期間中甲子園を空けるので昔は死のロードといわれたが、今は間に京セラドームを使うので普段の日程と大差は無い。しかし巨人戦のあと、8月にはヤクルトとの直接対決が9試合あります。ヤクルトは投打にバランスが取れ、投手陣は先発、中継ぎ、抑えと駒が豊富で攻撃陣も大技、小技、そして足技と息を抜けない打線です。
 小川監督は昨年19もの借金を作り最下位だった責任を負って辞めた高田監督の後を受け、代理監督としてチームを立て直し、終わってみれば貯金4の4位にまで浮上させた。つまり、23も勝ち越したのは優勝してもおかしくない数字です。借金19と勝ち越し23、1年間は同じ戦力なのに監督が代わるだけでこれだけの差が出るということは采配がいかに勝敗を左右するかということである。二軍を含めた全戦力の把握、そして適宜入れ替え選手全体のモチベーションをあげさせ、試合では様々な策を講じ選手を動かし、チーム全体を活性化させ成功した。その流れが今季に引き継がれ首位を独走している。
 一方、開幕前の予想では今まで阪神を推さなかった評論家まで首位予想するほどの戦力が整っているといわれた阪神。蓋を開ければ借金11の最下位にまで落ち込んだのは何故か。大物スター選手を抱え監督も使いづらかっただろうが、監督としての指揮権を十分発揮できなかったからか。序盤は投手陣が踏ん張るが打撃の援護が少なく、また守備の穴を突かれて失点したり、そのうち投手陣も持ちこたえられなくなり、抑えれば打たれ、打てば抑えられずのちぐはぐで、ずるずると泥沼に入っていった。選手個々の能力に頼りすぎた結果だと思う。
 チームが好転したのは打線の復調にあわせ、藤井の好リードが投手陣を引っ張ってきたからだ。皮肉にもスター選手の怪我がきっかけだ。監督の采配もやっと思い切りが出てきたがまだまだ足りない。ベテラン、中堅、若手が納得する采配を願いたい。特に、若い鶴や小嶋は勝ち星が最良の特効薬になる。先日の小嶋も3イニングの好投よりも逆転本塁打を打たれた1イニングだけが深い傷として残る。1つでも2つでも勝ちを重ねてから徐々にイニング数を増やしていけばよいのだが、それまでの好投に目を奪われ判断を誤った。先発候補でもある小嶋なら4イングぐらい投げられるだろうという見方もあるだろうが、先発で投げるのと中継ぎで投げるのでは役目が違うので力の配分も違う。ましてや久し振りの登板、小嶋は1イニングずつ目一杯の力投で、4イニング目はスピードもやや落ちていた。それまで空振りを取れていた球もファールにされ、際どい吊り球も見逃されて苦しんでいた。そして・・・
 打者でも衝撃デビューをした森田、中日に負けた試合、横浜と引き分けた試合で使える場面があったが使わなかった。その次の試合ではヒットを打っているだけに調子の良い時にどんどん使って欲しい。但し、過大な期待は禁物で当面は代打の一番手や右投手に対しての左の代打として気楽な場面での起用が望ましい。彼が打てば他の若手も負けていられないし、ベテランもうかうかしていられない。それがチームの活性化につながり勢いがつくのである。
 死のロードにならないよう、今日からの巨人戦、心してかかって欲しい。

178.一息ついた!!! 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:8月1日(月) 10時16分
 一度火がつけば怖い横浜打線。中でも前夜4安打、3ホームラン、8打点のスレッジをいかに抑えるかが勝利の鍵を握っている。前夜、長打を避けるためにと外角を中心に攻めたが、外よりのストレートを完璧に捉えられ満塁本塁打されたことの反省から、インコース攻めに徹した藤井のリードが功を奏して、4打席0安打3三振に抑えた。腕の長い外国人にとっては外よりの球は腕が伸びて芯に捉えれば一番ボールが飛ぶ。
 藤井は4回、無死で四球で出た石川の盗塁を刺してメッセンジャーを助けたが、長打のあるスレッジの打席で動いた横浜の采配に助けられたといってよいだろう。走者を気にしながらのスレッジへの投球はメッセンジャーにとって負担が大きかったが、盗塁死によってスレッジに集中でき結果三振を奪った。次の回の先頭、ハーパーが二塁打を打っていただけにこの盗塁死はこの試合の行方を左右したと言っても良い。
 藤井のリードに応えたメッセンジャーも鋭い変化球と力強い速球で7回を2安打無失点の好投で、能見と岩田の勝ち星が伸びない中、スタンリッジに次いでチームの勝ちを引っ張り、頼もしい存在だ。
 長期ロードの最初の対戦相手は巨人だ。そのあと、首位ヤクルト、中日そしてヤクルトと重要な戦いが続く。この勝利で一息ついたが、もう一つ調子の上がらない巨人を叩いてヤクルト戦につなげて欲しいが、阪神もそうだが、巨人はチーム状態が悪くても伝統の一戦では燃えてくる。采配、バッテリー、守備、攻撃のミスをなくし是非競り勝って欲しい。



179.Re: 一息ついた!!!
名前:toraやん    日付:8月1日(月) 21時3分
前夜の敗戦は明らかに小島の代え時を間違った采配ミス。確かに榎田の戦線離脱を考えての事だったかもしれないが、七回の場面は一軍慣れしていない小島には素人目にも荷が重たかった。相手の打者を一人でも塁に出した時点で渡辺に代えていれば傷口はこれほどまでに広がっていなかったと思う。今までも投手交代ミスで結構星を落としているが、これから厳しい試合が続く中、投手交代ミスは許されない。監督にはこの点を肝に銘じて長期ロードを戦ってほしいと思います。

177.二の舞・・・ 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月31日(日) 10時50分
 思えば5月の初め、それまでの戦いで5割だった阪神は最下位の横浜で3連勝して貯金をする「ハズ」だったが、あえなく3連敗して泥沼の借金地獄に陥った。
 先発ジェンがもう一つで3回に2失点した。4回から1軍に上がったばかりの小嶋が好投し6回までを無失点に抑え、その間に味方が4−2と逆転していた。打順が2周り目になる7回も小嶋を続投させたが、先頭の代打一輝にヒットを打たれたあと打順は一番の下園に。左の下園に粘られながらヒットを打たれ限界を感じたが、二番石川、三番スレッジと左が続くので小嶋を続投させた。6回までの投球を見ているだけに抑えてくれる「ハズ」だと読んだのかどうか。しかし、6回は下位打者で抑えて当然の相手だ。2順目で上位打線、もっとシビアな目線が必要だったのではなかったか。それまで振っていた際どい球は見極められストライクをとるのに汲々としていた。久しぶりの登板、勝ち試合、様々なプレッシャーの中で四球で満塁のあと絶好調のスレッジにいとも簡単に逆転の満塁本塁打を浴びた。なるべくしてなった、そんな思いだった。
 8回には三度スレッジにホームランを浴び完膚なきまでに打ち砕かれた。前夜の負け試合をドローに持ち込んだ横浜は益々勢いを増す。今夜も負けるようなら5月の二の舞になる。貯金生活は夢に終わり借金生活に舞い戻り借金返済に追われる日々を送るのか。
 期待を込めて、抑えてくれる「ハズ」や打ってくれる「ハズ」の采配を振るう時期ではない。試合前の練習から、試合中の動きなどシビアな目で見てシビアな采配をしなければヤクルトは遠のくばかりだ。

175.もったいない・・・ 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月30日(土) 11時1分
 前回抑えられた清水を3回までに4得点しKOした。久しぶりに復帰した久保は3回までを0点に抑え今日は楽勝ムードと安心していたが、野球は何が起こるかわからない。4回1死後、村田の左中間に飛んだ打球を平野、浅井がお見合いし二塁打にした。確かに難しい当たりではあったがお互いに譲り合ったのはまずかった。その後四球とヒットで満塁とし打者細山田のところで代打ハーパーを送り2点を奪った。尾花監督の早い仕掛けが功を奏し、追い上げムードを作り出し、守っては5人のリリーフ陣を繰り出し9回まで1本のヒットも許さなかった。守勢一方の阪神は5回に1点、6回に1点を奪われその後も攻め続けられ、引き分けに持ち込むのが精一杯だった。
 楽勝ムードが一変し、相手の押せ押せムードを食い止めるのが精一杯の試合展開になったのは一つのプレーが流れを変えたのか。久保の復帰初登板で万全でない中でのプレーだったからなのか。確かに二死から2割5分そこそこの内藤に四球を出してつながれたのは万全な久保ならありえなかっただろう。もし5回の表先頭打者を出した所で久保を下ろしていれば1点を取られていなかったかも知れない。
 横浜相手ならまた点を取れるだろうという楽観ムードがあったかもしれない。実際私も渡辺が犠牲フライを打たれたが1点でしのいでほっとし、1点ぐらいすぐ取り返せると思っていた。しかし一度流れが出来てしまうとその勢いを止めるのが難しい。
 6回には榎田がその勢いに飲まれ1失点し同点に追いつかれ、打つほうは焦りからかヒットが出ない。何とか引き分けたが、怖いのはこのムードが次の試合に引きずることだ。横浜は順位こそ最下位だが得点力は1位である。のせると怖い相手であることを肝に銘じて、油断することなくしっかり戦って欲しい。あとで「もったいない試合」といわないように。



176.Re: もったいない・・・
名前:toraやん    日付:7月30日(土) 13時14分
今年は横浜には痛い星を落とすことがしばしばありファンを嘆かせている。一昨日に借金返済に安心したのか喜んだのかころこんだのか、このままいけばリバウンドで借金街道まっしぐらってことになりかねない。5割復帰以後は波に乗るかそれるかの大事な時です。一昨日の岩田の時もそうだが、先発に花を持たせようと優しい親心がアダになりかねません。長いペナントレースではここ一番という勝負どころは何度もあります。そこは心を鬼にして、持てる戦力を有効に使いきって試合に挑んでほしいと思います。大事な試合で持ちゴマを残して負けると「もったいない試合」と後悔します。

173.逆戻り・・・ 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月29日(金) 10時39分
 初対戦、先発外国人、先発左腕と阪神の苦手3条件が揃ったソトと岩田の投手戦、阪神はヒットが出るがあと一本が出ない、岩田は6回2死まで無安打だ。押し気味ながら決定打が無く、投手が必死に耐えている試合展開、こういう時は得てして一本のヒットで流れが変わることがある。2死後平田に二塁打を打たれ、荒木にタイムリーを打たれあっさり先制された。
 7回裏、落合監督は逃げ切り体勢に入り小刻みな継投で1死一・二塁のピンチを脱した。1点差で今の岩瀬は絶対的な力を持っていない。真弓監督に攻める姿勢があれば同点、あるいは延長に入れば勝てるかもしれない試合内容だが、何故か負けを覚悟した采配だった。8回2死二塁で右の浅尾に対して浅井をそのまま打たせて凡退、9回表は榎田ではなく加藤を出して1点追加され、9回裏、左の岩瀬にたいし先頭の代打関本がヒットで出たが、いまだヒットの無い小宮山をそのまま打たせて併殺に。8回は左の林や売出し中の森田、9回は左に強い新井良を出していれば結果が違ったかも知れない。仮に打てなくても、監督の攻めの姿勢はナインに伝わるはずだ。
 2勝1敗をよしとするのか、短期決戦の相手となる中日を徹底的に叩くのか、昨年ここ一番の戦いにことごとく敗れたことを思えば、この3戦目は「ここ一番」と捉え、攻めの姿勢を見せて欲しかった。



174.Re: 逆戻り・・・
名前:toraやん    日付:7月29日(金) 15時28分
 初対戦、先発外国人、先発左腕の阪神の苦手3条件は以前から分かっていることなので、鳥谷以外は右バッターばかり並べてもよかったのでは?同じ失敗を繰り返していては活路は見いだせません。一度や二度、それぐらいの思い切った采配をしてもバチは当たりません。監督の心意気が通じ今まで控えだった右打ちバッターが潜在能力を発揮するかも知れません。監督のやる気が伝われば、それでダメでもファンも納得すると思うし、また何か新しい戦略が浮かぶかも知れません。
せっかく借金0になってファンは大喜びしたのに借金の逆戻りでは意気消沈してしまいます。もっと大胆かつ緻密な作戦で相手を翻弄して欲しかったと思います。

171.若虎、初満塁弾!!! 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月28日(木) 11時1分
 前夜の森田に続いて若虎が大活躍した。後半戦に入って、真弓監督の積極采配が目立つ。この日はチェンに対して分の悪いブラゼルを外して右の上本と浅井を入れた。チェンを何としても打ち崩すという強いメッセージが感じられた。
 浅井は勝ち越した4回、犠牲フライで貴重な3点目を追加し、上本は5回、中日の戦意を喪失させるプロ入り初の満塁ホームランを放った。浅井が四球でつないだ次の打席、初球から積極的に打って出た。小柄で決してホームランバッターではないが、内角球をコンパクトに鋭く振りぬいた打球がレフトポール際に飛び込んだ。本人は浮かれることなく、満塁弾よりもその後の打席で粘った末四球で出塁した打席を自分らしいとコメントしている。
 上本は5月に鳥谷故障の代役で初先発出場を果たし、当初は活躍したが次第に力不足が露呈し、二軍で鍛えなおした。若手は一軍では出番が少ないので好調を維持するのが難しい。一軍で自分の足りない所を確認し、二軍でそこを鍛えなおし、また一軍で活躍することになるのだが、調子の良い時はなるべく続けて使い、壁にぶつかれば二軍で鍛えなおし、一軍での自信が二軍ではワンランク上の活躍につながり、レベルアップする。
 上本も森田もそして俊介、柴田も一・二軍を行き来しながら一歩ずつ階段を駆け上って欲しい。彼らのレギュラーとして活躍するときはすぐそこまで来ている。



172.Re: 若虎、初満塁弾!!!
名前:toraやん    日付:7月28日(木) 12時19分
ペナントレースの後半ともなれば、ある程度、打者と相手投手との相性なども見極められるので、ブラゼルを外したのは正解ですね。
その期待に応えたのが上本選手の満塁弾。背番号4番の重圧に負けない活躍です。確実に成長してます。
Chao!さんのおっしゃる通り、若い選手は機会があれば一軍に出して経験を積ませて力をつけさせると良いでしょう。
それにしてもこれで借金完済で単独2位、良かったですね。次は首位狙いですね
一句:阪神タイガースとかけて、二軍選手の目標は背番号4と解く。その心は(上もっと・上本)目指せ〜!

169.プロ初打席・初本塁打・初お立ち台!!! 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月27日(水) 12時13分
 すごい若虎の衝撃デビューだ。後半戦最初の相手は同率2位の中日だ。ヤクルトへの挑戦権をかけての熱い戦いだ。
 能見とネルソンの投手戦、初回に相手のミスに乗じて1点を取ったがその後はネルソンが本来の調子を取り戻し、ヒットさえ打てない状況で、能見が徐々に得点され、5回の表で1−3とリードされ敗色ムードが漂ってきた。5回裏、それを感じてかこれまでの真弓監督の采配ではありえなかったが打席の回るエースの早めの交替を決断し、藤井ヒットのあと、4年目で初一軍に呼ばれた森田が代打に送られた。
 ファンもベンチも大きな期待はしていなかったが、その空気を一変させた。初球空振りのあと外角直球を鋭く振りぬいた打球がライナーでレフトスタンドに飛び込んだ。大観衆の中での初打席、必死でバットを振るのが精一杯のはずだが、外角球に素早く反応し、それを流し打つセンスも大したものだが、それをスタンドに運ぶパワーも大したものだ。
 ただ、試合は同点にはなったがネルソンはホームランのあとは立ち直り、好投を続け、勝ち越せない。阪神も必死の継投で8回表まで0に抑えた。この試合は絶対勝たなければ森田の同点本塁打の価値が半減すると思っていたが、8回裏、選手会長鳥谷の三塁打で勝ち越し、9回球児が完璧に抑えて理想的な試合展開で勝利した。
 初舞台でお立ち台にまで立った森田は何かを持っている。ファンは一振りでムードを一変させる、こんな活きのいい若虎を待っていた。



170.Re: プロ初打席・初本塁打・初お立ち台!!!
名前:toraやん    日付:7月27日(水) 15時26分
暫く白星が遠ざかっている能見に白星をプレゼントしてあげたかったけど、今日もまたダメでしたね。
それにしても森田がすごいですね。1軍に昇格したばかりの代打で初打席初本塁打が同点2ランで球団史上初の離れ業をやってのけた。
彼がホームランを打った瞬間、2001年近鉄-オリックス戦で代打逆転サヨナラ満塁ホームランを打った阪神出身の北川博敏選手を思い出しました。風貌が彼に似ているだけに第二の北川としてこれからの飛躍と活躍を期待しました。

168.がっくり・・・ 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月20日(水) 21時45分
 3位の阪神まで3ゲーム差、あえてバリントンをはずし、前半戦をチームのエース前田健で勝って後半戦への勢いをつけたい野村監督と、5割にして後半戦へ臨みたい真弓監督の熱い思いの前半戦の最終戦だ。
 1回、3回、5回と奇数回の先頭打者を出していた岩田だが、相手のミスにも助けられ6回を0に抑えてきた。
 7回からはリリーフ陣を総動員して1点を守り、逃げ切る体制をとるのかなと思ったが、7回の表岩田をそのまま打たせ簡単に三者凡退、その裏そのまま続投させ、奇数回の先頭打者を出してしまった。そしてとうとう同点に追いつかれ試合は振り出しに。こうなれば後攻の方が有利になってくる。8回も限界を超えている岩田を投げさせとうとう逆転され、2点のビハインドを負った。9回表は広島の絶好調の守護神サファテに簡単に抑えられジ・エンド。
 監督の「絶対勝つ」という思いの差が出たような試合だった。岩田は絶好調ではなく相手のミスに助けられて何とか抑えてきたが、若い前田は尻上がりに良くなっていた。「絶対勝つ」という強い思いがあれば虎の子を守る戦い方もあったと思う。明日からはオールスター休みに入る。7・8・9回を必死の継投をすれば勝てたかもしれないゲームを漫然と岩田に投げさせたことには納得がいかない。
 5割が遠のいたが、後半戦に入るに当たってオールスター休暇中、首脳陣はここまでの戦い方を検証して「絶対逆転優勝」を目指して欲しい。

167.借金1!!! 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月19日(火) 9時54分
 ブラゼルとスタンリッジ、両助っ人の活躍で広島に快勝、借金を1とした。前日はかつての虎キラー、三浦を粉砕し、この日は広島の有力新人福井を打って3連勝だ。三浦にしても福井にしてもそれぞれのチームではエース格ではないので打って当然だし、また打てなくては各チームのエース級投手を攻略できない。
 ブラゼルは追い込まれてからコンパクトなスイングを心がけ、二度効果的なタイムリーを放ち、スタンリッジの好投を後押しした。不振を極めた時は大振りとボール球打ちが目立ったが、カウントにより打ち方を変える昨年の打撃に戻り、打率は上昇してきた。
 スタンリッジは効果的な打線の援護、守備陣の好プレー、藤井の好リードなどで今季2度目の完封勝利を果たした。昨年は7回ぐらいにコントロールを乱し、打ち込まれることが多々あったが、粘り強くなり、大崩れしなくなった。防御率も1.96になり安定感抜群だ。
 いよいよ5割目前だが、最大の敵は天候だろう。しかし、集中力を維持すれば5割越えは時間の問題だ。ただ、5割復帰が最終目標へのスタートラインであることを肝に銘じ戦って欲しい。

166.猛打爆発!!! 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月17日(日) 12時38分
 打順を元に戻し久しぶりに猛打爆発。打線復活かと思わせるが喜ぶのはまだ早い。前回横浜戦で10点を取った次の試合は中日戦で0封負け、結局1勝2敗の負け越し。そしてヤクルト戦で6点を取った次の試合0封負け、その後の巨人、横浜戦では2点、2点、0点、0点と続いている。
 相手のミスや弱い投手力に付け込んでの大量得点で、数字を額面どおりに受け取ることは出来ない。金本選手も今季初猛打賞に加え1本塁打、4打点の大活躍をしたが、前回の横浜戦で10点取った試合では2安打したがその後は7試合ヒットがなく、巨人戦で1安打したあとは2試合ヒットが無い。今日も打ってこそ復活といえる。
 5割復帰に向けてあとがない阪神にとって幸運なのは、初登板のジェンのときに前回KOした山本が先発だったことである。1・2回で4点をとりジェンを気楽に投げさせることが出来たからである。残り4試合、5割には1敗も出来ないが、これを目標どおりに達成できれば逆転優勝への望みも大きくなるし、逆にこれくらいのことが出来なければ逆転優勝とは口にも出せなくなる。

165.2試合連続0封負け・・・ 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月16日(土) 11時17分
 タイガースの選手は優しい人が多いのか、何故か未勝利の投手に弱い。先の中日戦では中日の岩田に抑えられ、完封リレーを喰らった。前夜の巨人戦ではゴンザレスに抑えられ、これも完封リレーで負け、そしてこの日も横浜清水に抑えられ、完封リレーであえなく敗戦、オールスターまでの借金返済に赤信号が灯った。
 全くチャンスがないわけではなく、いつでも打てるという感覚からか安易に打って出てチャンスをつぶしている。一球にかける集中力が乏しく感じられ、相手の術中にはまっている。
 先発メンバーの選択に問題はないか。この2試合、関本に代わって上本がスタメン出場している。首脳陣はここのところ連続出場して疲れが溜まっているからとの理由だそうだが、2試合とも代打に出てヒットを打った関本はインタビューに「元気です」と答えている。若手の起用には異論はないが、他に休ませる選手はいないのか、見渡してみた。
 七月に入っての金本選手と関本選手の打撃成績を比較してみた。金本選手は11試合出場で28打数3安打4四死球、打率.174で出塁は5試合。関本選手は12試合で35打数11安打8四死球、打率.314で出塁は11試合。完封負けの中日戦では3打数2安打1四球で巨人、横浜では代打でヒットを打っている。確かに巨人の内海から先制打を放った金本選手の存在は捨てがたいが、野球は確率のスポーツでもある。打撃を十分上回る守備力があって、打てない分は守備で貢献するという選手ならそれも良いでしょう。相手投手との相性などを考慮し、適当に休みを与えながら起用したほうがもう少し力を発揮できるかもしれないし、一番歯がゆく辛い思いをしているのは金本選手自身ではないかと思う。

164.思い通りには・・・ 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月15日(金) 10時5分
 4連勝中で防御率2.05の岩田と0勝1敗で防御率4.02のゴンザレスの投げ合い。前夜のサヨナラ勝ちの勢いと、四番のラミレスをはずす苦肉の巨人オーダーを見て誰もが3連勝を確信して臨んだ3戦目、両者、持ち味を発揮して1・2回を終えた。岩田は丁寧に低目をつく投球で内野ゴロに打ち取り、ゴンザレスは力のある速球でフライアウトか三振でアウトカウントを重ねた。
 これは前の2戦同様投手戦になり最少得点を競う戦いになり、そうなれば防御率の良い岩田が有利だな、と思った矢先、一死後ゴンザレスにヒットを打たれ、あれよあれよという間に5連打、4得点をとられた。誰も予想しなかった岩田の突然の乱調に打線も沈黙、10度目の0敗を喫した。
 低目への投球が真骨頂の岩田だが、ゴンザレスに打たれてから球が高めに行きそれを狙い打たれ、自己最短の3回KOとなった。好調さ故の投げ急ぎがあったのだろう。
 前夜は未勝利の鶴と9勝をあげている内海の投げあいで結果は阪神が勝った。野球とは概ね過去の数字がものをいうが、そうもいかないのも野球である。2勝1敗を良しとして、気を取り直してオーススター前の残り6連戦を全勝するつもりで戦って欲しい。

162.巨人に連勝!!でも・・・ 返信  引用 
名前:ToLuckey    日付:7月14日(木) 12時51分
 1−1の9回裏、Gのエース内海が先発、新守護神・東野を叩いてサヨナラ勝ち、ベテラン桧山のサヨナラ犠牲フライに沸くベンチ、スタンド。万々歳の連勝・・・と単純には喜べない。
 今季3試合目の登板の鶴が6回につかまり降板した。最初の登板は広島戦で、代打の関係で5回を6安打2失点で降板した。2試合目は中日戦。5回を2安打無失点でチームは1−0で勝っていた。6回表、味方が2点を追加し、点差は3点。その裏、突如くずれ2安打2四球を出し降板した。交替した福原が満塁弾を浴び勝ち試合を落とした。監督自身もこの回の交替時機を間違ったことを認めていた。
 そして巨人戦、5回を1安打無失点に抑えていたが、6回に3連打を浴び同点で降板した。試合は勝ち試合、5回を目一杯投げてきて精神的疲労はピ−クに。6回は打者3順目で上位打線に回り、もうボチボチ打たれるのではないかという不安ももたげてくる。今季未勝利の若手投手にはとてつもなく大きい壁に見える。もちろんこの壁を乗り越えなければ一人前の投手にはなれないが、一人前になる道筋をつけてやるのが首脳陣の仕事だと思う。
 先頭は投手の内海、二ゴロには抑えたがいい当たりのファールもあり、四苦八苦していた。坂本にもボール先行でセーター前ヒットを許した。次の左の高橋に二塁打を打たれ同点に追いつかれた。長野にもヒットを打たれここで榎田に交替。榎田はラミレスに死球を与え1死満塁にするが、阿部を併殺に打ち取り何とかしのいだ。ただし、芯で捉えた強い当たりで、一つ間違えば大逆転をゆるすところだった。
 ここで榎田を出すのなら高橋の所だと思う。苦し紛れに出すのと先手を打って出すのとでは大きな違いがある。鶴は5回までの好投を無にしてこの回のショックだけを引きずることになる。傷の浅い所での交替なら次回への励みになるが、深手を負っての交替ならトラウマになる。
 あとを受けた榎田も1死一塁と1死一・二塁で右の四番との対決では精神的負担は大きな違いだ。そのせいか、次の回は2死満塁まで追い込まれた。
中日戦でも無死満塁になってなお、押し出しの四球を出すまで投げさせたが後を引き継ぐ者も大変だし、鶴も5回までの好投を台無しにした。もし、早い継投で鶴が1勝でも2勝でもすれば6回の壁を乗り越えることが出来るようになるかも知れない。段階を踏んで大きく育てて欲しい。



163.Re: 巨人に連勝!!でも・・・
名前:toraやん    日付:7月14日(木) 15時8分
鶴を育てるにはとりあえず白星という特効薬を投与することである。
前回の中日戦や今回の巨人戦ではその特効薬を投与できるチャンスがあった。少しでも長く投げさせたい気持ちはわかるが、まずは白星です。
最少得点差で6回にマウンドに立たせるなら一人でも相手を塁に出した時点で代えるべきである。少なくとも2、3勝してある程度自信を持つようになったら中継ぎ投手の助けを借りることなく、自ずと独り立ちするのではないかと思います。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb