[ 携帯用URL ]
新 竹樋パパママのウオーキング日記
 
パパママが1998年にウオーキングというものを始めてから幾星霜、丸21年を経過
以降2004年にホームページを開設して記録発信をするも力量不足で途中頓挫。
残した本掲示板を新たな情報源として、2019年以降のウオーキング記録を発信して参ります。
拙い内容になろうと思いますがよろしくお付き合いをお願い申します。
尚、過去にホームページ上に発信の旧データは保管していますので、閲覧ご要望には応えられます。
懐かしい思い出記録をお届け出来ますよ。 2018年12月19日 竹樋パパ 記

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


ご覧のどなたも投稿が可能です。
添付写真の容量制限(合計500KBまで)が有りますのでご注意お願いします。



13980.全豪オープン大坂なおみ戦、くぎ付けで見ている今です。 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月23日(水) 10時4分
皆さま オッハーさまでございます。
先週火曜日の第一回戦以降、隔日となる木・土・月を経て本日まで互いの戦容は様々ですが、共に4戦を勝ち抜いてベストエイト進出の大坂なおみと錦織圭。
リアルタイムのそのプレイに釘付けとなり、自分たちの練習かテレビ観戦かと悩む毎回。
もちろん自分たちとは比べるべくも有りませんが、ママと2人して技術のことやメンタル面のこと、一喜一憂をしながら勉強をさせてもらっているここ一週間です。

今日も午後と夜ダブルヘッダーの練習日、夕方開始の錦織戦に悩ましい本日です。

13979.全豪オープン錦織戦、くぎ付けで見ている今です。 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月15日(火) 11時2分
Original Size: 640 x 457, 26KB Original Size: 640 x 457, 40KB Original Size: 640 x 457, 30KB

皆さま オッハーさまでございます。
ヘボテニスのパパママの日々ですが、夢中になり過ぎてウオーキングもソッチノケで各地転戦、新春初戦となった先週日曜(13日)も7戦をして負けは1試合のみ。
インドアコートのため天気に関係なく練習が出来て、多いときは午前午後や昼夜など一日に6時間以上もコート上を駆け回っています。
そんな事で、今年の初遠征は千葉千倉でのウオーキングからとなります。


13974.2019年・続初歩き「我が町 愛知小牧の名所巡り」の一歩たち そのE 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月7日(月) 8時4分
Original Size: 800 x 599, 74KB Original Size: 800 x 600, 65KB Original Size: 800 x 600, 60KB

皆さま オッハーさまでございます。
お屠蘇気分も薄れた元旦から一週間ですが、愛知県では子供たちの学校も始業式を迎える本日、孫たちもそれぞれに登校の今でしょうか。

さてさて レポートの続きです。
小牧城天守閣へと登って見渡す東西南北ですが、南は名古屋空港や名駅はもちろん伊勢湾からその先の津や松坂や鈴鹿山脈も、西は関ケ原方面の養老山脈や伊吹山、その奥には真っ白な能郷白山も見えます。
北に目をやると今は工場群に隠れるように見える犬山城や乗鞍岳や御嶽山や南アルプスも一望、東を向くと真っ平らな遠景で小牧長久手の戦いで知られる古戦場の全てが手に取るように見えます。
小牧山からこの全景を見て信長は「全てを俺のものに!」と、斎藤道三の美濃を取り、更に京を目指して安土へと、その思いを馳せるに相応しいこの風景です。



13975.Re: 2019年・続初歩き「我が町 愛知小牧の名所巡り」の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月7日(月) 8時20分
Original Size: 800 x 600, 68KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 82KB

三英傑も実際に足を踏み入れた戦国時代の「小牧」の昔は「駒来」と書いたそうで、その名の通り交通の要所として栄えたようで、今も東名・名神・中央道のかなめ、本州のど真ん中で物流の一大拠点都市となっています。
国境の島・対馬の娘と、道産子・釧路のこのオレが縁が合ってめぐり逢い、この地に住むこと30年、人生の不思議も感じる初歩き第二弾も、ゆっくりと山から下山です。



13976.Re: 2019年・続初歩き「我が町 愛知小牧の名所巡り」の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月7日(月) 8時36分
Original Size: 800 x 600, 53KB Original Size: 800 x 600, 87KB Original Size: 800 x 600, 77KB

途中で昼食休憩の1時間も有りましたが朝9時に家を出て帰宅が午後3時近く、あちこちと寄り道もして往復18キロのウオーキング、横浜ツーデー以来の2日間でしたが、歩く筋肉をほど良く動かして、外の空気を吸って心地よい連日となりました。

本日は今からテニスの初打ちとなります。
来週は三河地域に出掛けて新年初の試合にも臨みますが、気負わず勢い込まずラケットが振られるように練習再開、テニスとウオーキング、バランス良く過ごしたいものです。
ではでは これにてネ〜



13977.Re: 2019年・続初歩き「我が町 愛知小牧の名所巡り」の一歩たち そのE
名前:諏訪のアリババ    日付:2019年1月8日(火) 17時2分
いよいよ2019の始動ですね!全国のファンもヤキモキしていたことでしょう・・歩きとテニスの掛け持ちになると思いますが、
期待しているファンのためにも、時々はアップをお願いしますよ!


13978.足跡を残して頂き有難うございました。
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月9日(水) 7時36分
諏訪のアリババさん オッハーさまでございます。
諸事情により完全放置の前HP再興を断念して、つつましく再開のコチラですが、遠征ウオークの第一弾として昨年出掛けて素晴らしかった下田ツーデーを目指しましたが、テニスの試合と重なって断念。
1月の他は沖縄久米島と指宿でして、これまた遠過ぎて断念、ウオーキングの頻度を上げたい今年ですが、遠征ウオークは2月以降の予定となりそうです。
本年もよろしくお付き合いをお願い申します。

13969.2019年・続初歩き「我が町 愛知小牧の名所巡り」の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月6日(日) 21時0分
Original Size: 800 x 600, 51KB Original Size: 800 x 600, 89KB Original Size: 800 x 599, 89KB

皆さま おコンバンわ。
レポート発信が遅れましたが、初歩きが超久々のウオーキングだったので帰宅後は足がつるやら筋肉痛やら、如何に脚力が衰えたか実感でして、この疲労を解消すべく続けて出掛けた翌1/5(土曜日)です。
朝方は雨模様の我が愛知小牧でしたが路面が濡れているものの上がった午前9時、小牧ジャンクション近くの自宅から本日は小牧インター方面へとです。
そして通り道に有って最初に寄ったのが、お父さんが趣味で集めたという大小の狸を道路向きに並べた井戸田邸へとで、皆さまもご存知かもですが、元妻が安達祐実というスピードワゴンの井戸田潤君の実家なのです。
(テレビでもこのご自宅が紹介されていますので、ハリコしますネ〜)



13970.Re: 2019年・続初歩き「我が町 愛知小牧の名所巡り」の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月6日(日) 21時8分
Original Size: 800 x 600, 57KB Original Size: 800 x 600, 61KB Original Size: 800 x 600, 61KB

続いて通ったのが元ボクシングチャンピョン薬師寺保栄君のこれまた実家、コチラも何度もテレビなどで紹介されていますがお母さんがスナックを経営のご自宅で、彼がプロになった頃は屋上の鉄骨にサンドバックを吊るしてトレーニングの姿も見えたのです。
(テレビでもこのご自宅やお母様も紹介されていますので、ハリコしますネ〜)



13971.Re: 2019年・続初歩き「我が町 愛知小牧の名所巡り」の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月6日(日) 21時22分
Original Size: 800 x 600, 51KB Original Size: 800 x 600, 69KB Original Size: 800 x 600, 78KB

我がママが知らなかったので立ち寄った両有名人実家前でしたが、本来の目的地の最初である「龍音寺」へとです。
通称は「間々観音」とか「おっぱい寺」と呼ばれていて、山門をくぐると早速に豊満な形の先端から水が噴き出す手水場が参拝者を出迎えてくれます。



13972.Re: 2019年・続初歩き「我が町 愛知小牧の名所巡り」の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月6日(日) 22時3分
Original Size: 800 x 600, 67KB Original Size: 800 x 600, 83KB Original Size: 800 x 600, 65KB

祀られている御本尊は弘法大師自ら作造したと云われる「十一面千手観世音菩薩」像で、観音様なのです。
大昔、訳有って亭主に先立たれ、乳飲み子を抱え生活に苦しんでいた母親が居たが、困窮から乳も出ず親子して死を覚悟、死後の安楽を願ってここにお参りに来たという。
すると不思議、空腹感も消え乳が張ってきて幼児も体力が回復、村の乳が足りぬ子らにも分け与えるほどになったとのこと、以来これが周囲の村々に伝わり、お乳の御利益を求める人が後を絶たくなったという「間々観音」で、本堂内の飾りや絵馬や香立てなど、お寺全体がまさにおっぱいづくしの現在なのデス。



13973.Re: 2019年・続初歩き「我が町 愛知小牧の名所巡り」の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月6日(日) 22時37分
Original Size: 800 x 600, 79KB Original Size: 800 x 600, 94KB Original Size: 800 x 600, 103KB

1563年、清州城に居た織田信長が、広大な濃尾平野のど真ん中に標高86mほどながらもポツンと独立してそびえていた小牧山の上に、天下取りの足場として初めて築城をしたのが「小牧城」なのデス。
その城山の頂上へと20分ほどですが、現在の小牧城は鉄筋製で再興をした歴史資料館となっています。


13963.2019年・初歩き「我が町 愛知小牧の三社巡り」の一歩たち その@  返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月4日(金) 20時22分
Original Size: 800 x 600, 90KB Original Size: 800 x 600, 89KB Original Size: 800 x 600, 59KB

皆さま おコンバンわ。
室内に居ると暑いほどの三が日、子や孫たちに囲まれてお節やお酒を呑んでいたら、お尻が痛くなるほどの座り過ぎ。
なまった体を解すべく、出掛けた今年初のウオーキングへとです。
本日の愛知小牧の最低気温はー0度だったそうですが、田んぼの水溜まりには薄氷が張るものの、既に彼岸桜にはいっぱいの花の本日です。



13964.Re: 2019年・初歩き「我が町 愛知小牧の三社巡り」の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月4日(金) 20時45分
Original Size: 800 x 600, 63KB Original Size: 800 x 600, 50KB Original Size: 800 x 599, 50KB

目的地を「田県神社」として、向かう途中にある町名にも使用されている立派なお寺「小松寺」へとですが、仁王様が立つ山門横の掲示板に新年の挨拶短歌が掲示なのでした。

           「謹賀新年  一年の 家族の無事を 祈る初参り  平成三十一年元旦」

「おおぅ、何と素晴らしい!」って思って近付くと「ありゃりゃ」数字の部分だけ上張り訂正をした使い回しの年賀文。
賽銭を最低限にしてササッとお参りの「小松寺」なのでした。



13965.Re: 2019年・初歩き「我が町 愛知小牧の三社巡り」の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月4日(金) 21時6分
Original Size: 800 x 600, 72KB Original Size: 800 x 600, 73KB Original Size: 800 x 600, 64KB

豊田や安城市辺りの三河地域では「明治用水」という人工の農業用水路が知られていますが、当地域も犬山市の入鹿池を水源とした「愛知用水」が知多半島へと流れていて、人工池の入鹿池が作られた際に水没の村の方々が小牧にも多数移住、その集落が「入鹿新田」という地名となって残っていますし、田畑への用水路もです。
現在は水路にフタをして暗渠となり、その上が遊歩道となっていますが、向かう田県神社への道は「おしゃべり小路」って、ママと昨年を振り返ったり、今年の抱負も、そして付いた田県神社へと一時間半でアリマした。



13966.Re: 2019年・初歩き「我が町 愛知小牧の三社巡り」の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月4日(金) 21時31分
Original Size: 800 x 600, 87KB Original Size: 800 x 600, 53KB Original Size: 800 x 600, 55KB

写真ハリコにやや引け目も感じますが、天下の奇祭としてこの「珍宝」を地域の村人たちが神輿に乗せて当神社に奉納の3月15日、以降一年間社殿に祀られるコレなのです。
由来説明によると、千年以上の昔から「願い叶えし」と「逸物」を供える風習があったそうで、コレを見て男はその雄大な形相にますます発奮して仕事に励み、女人は密かに伺いみて願を掛ければ、良縁・子宝に恵まれ、「生む」は「産む」に通じて商売繁盛にも霊験あらたかな神様の神社なのです。



13967.Re: 2019年・初歩き「我が町 愛知小牧の三社巡り」の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月4日(金) 21時49分
Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 107KB Original Size: 800 x 600, 58KB

三が日を終えて官公庁は仕事始めの本日ながらも、様々の願いを持って参拝の方々がまだまだ長蛇の列の社殿でしたが、帰りは犬山城近くの木曽川を水源として名古屋市への送水路となっている「名古屋水道みち」を通って、これまた道中にある「おちょぼ稲荷」へもお参りもです。
青空に汗ばむほどの小牧市内、小松寺・田県神社・おちょぼ稲荷と三社巡りウオーキングとなりました。



13968.Re: 2019年・初歩き「我が町 愛知小牧の三社巡り」の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月4日(金) 22時3分
Original Size: 800 x 600, 76KB Original Size: 800 x 600, 53KB Original Size: 800 x 600, 56KB

朝10時半に家を出て3時間ほど、14キロのウオーキングでしたが、久し振りの歩きと年末年始のグウタラが響いて足もクタクタ、ほど良いストレッチウオークとなりました。
カレンダーによっては今度の日曜日まで10連休も有るという今回の年末年始、自宅近くの小牧ジャンクションもまだ混雑も少なく、この時期特有の澄み切った視界に名古屋駅辺りの高層ビル群もクッキリ、やっぱり歩くってイイよナ〜♪

ではでは 次のウオーキングは何処へ行こうか!!


13962.ご訪問の皆さま 本年もご交情のほどよろしくお願い申し上げます。 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2019年1月4日(金) 10時29分
Original Size: 800 x 452, 24KB Original Size: 800 x 452, 22KB

皆さま オッハーさまでございます。
元旦から三が日を経て本日も眩い太陽に恵まれている連日好天の愛知小牧ですが、皆さまの地域は如何でしたでしょうか。
平成時代が過ぎ去ろうとしていますが、今元号の由来の一つとして、孔子が編集をしたという五経の一つ「書経」の中に記されている「地平天成」(地平かに天成る)という文言も引用したと言います。
しかし1995年の阪神淡路大震災、2004・2007年と続いた新潟中越地震、2011年の東日本大震災、2016年の熊本大地震や昨年の大阪や北海道などと、巨大地震が続発して平成は地震の活動期とさえ言われ、更には地球温暖化の影響による風水害も多発、決して「地平らか」とは成らなかったこの30年です。
そうした意味で新たな年号は、そのような自然災害が収まり静かになることや、人々の安心を願う意味の漢字が使われるかも。

さて どんな新元号の五月以降となりますでしょうか。

本年もよろしくお願い申します。


13961.2018年も、残すところあと一日。 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年12月30日(日) 9時15分
Original Size: 800 x 452, 69KB Original Size: 800 x 452, 27KB Original Size: 800 x 452, 30KB

全国津々浦々山々谷々の皆さま オッハーさまでございます。

真夏の異常酷暑を引き継ぐような晩秋から師走の愛知小牧でして、打ち納めとなった27日(木曜)もインドアコート内でのプレー中は短パンで過ごせた今年でしたが、一転して大寒波襲来で超極寒となった金曜以降でアリマした。
そして昨日朝は目覚めてビックリ、真っ白な外風景に降り止まぬ大粒の雪たち、冬休みで遊びに来ていた孫たちも大喜び、早速にゴーグルをはめ手に雪玉作り器を持ち外へ、雪合戦や雪だるま、段ボールを使ったソリ遊びの半日ほどでした。

暮れ行く今年ですが、伊豆下田ツーデーに始まり、九州各地も巡った宮崎ツーデーや、二週間を掛けて廻った東北一周と津軽ツーデー、間を置かずに出掛けた加賀百万石ツーデーなどと観光や温泉にウオーク三昧の半年、そして丸三ヶ月間も我がママの実家暮らしで自宅を空けたり、深い悲しみに沈んだ10月後半以降など。
様々の楽しさもあり、心に深い傷を負った一年でもありましたが、2018年が暮れていくように心の痛手も流し去り、新たな年を迎えたいと思います。

欠損だらけの我がホームページでしたが、これも消し去って心機一転。
皆さまには、愚作HPへのご訪問、誠に有難うございました。

ではでは ネ〜


13960.ご無沙汰を重ねた今年後半でしたが・・・ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年12月19日(水) 12時14分
Original Size: 800 x 452, 49KB Original Size: 800 x 452, 50KB Original Size: 800 x 452, 42KB

皆さま こんにちわ。

垣根の山茶花が咲き、対馬の義兄からもらった庭の蠟梅が柔らかな香りを奏で、出窓には兄夫妻から届いた赤いシクラメン。
気が付けばもう12月も残すところ2週間弱、ママの実家で田舎生活をした6月半ばからの三か月間や、その後の私自身も心に深い傷を負った大切な人の逝去。
横浜で再開のウオーキングの足も止まってしまった、神戸ツーデー以降なのでした。

年が明けたら新たな一歩を進めるべく、何処へ歩きに行こうかな!?


13955.第20回港よこはまツーデーマーチ・2日目に参加の一歩たち そのB 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2018年10月21日(日) 7時6分
Original Size: 800 x 599, 150KB Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 800 x 599, 163KB

皆さま オッハーさまでございます。
久々に歩いた横浜ウオークのせいか、はた又火曜日のテニス試合で気合いを入れ過ぎのせいか、激しい腰痛のここ暫く、65歳の誕生日を経てそろそろ歳を考えなくっちゃと、来月は人間ドックの申し込みを済ませました。

さてさて 残ってしまっていたレポートを済ませます。
雨上がりの横浜でしたが、本日は「横浜開港・公園巡りコース」の30・20・10kmの各組、どこの大会もそうだけど二日目の遠方参加者は、歩行距離に対して一つ長いグループと一緒にコース上に出て早い時間のゴールを目指します。
そのせいか昨日見た20キロ組がほとんど居らず、たぶん30キロ組と一緒にスタートを済ませたようで、パパママや青森の小川さんたち(左ハリコ)も20キロ組でスタートも目指す10キロコースなのデス。
先ずはコース先導の旗手と記念のパチリを済ませ中華街へとです。



13956.Re: 第20回港よこはまツーデーマーチ・2日目に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2018年10月21日(日) 7時33分
Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 599, 156KB

昨日ゴール後に三年半振りの出会いが嬉しくてしこたまに祝杯を重ねたウオーク友達でもあり飲み友達の東京の上山さんと同歩の本日、パパママに似た△帽子の彼です。
仕事の都合で転勤の多い上山さんが四国勤務だった一昨年、仕事の合い間をぬってお遍路をされたのですが、金曜日の仕事を終えて土日を歩き帰宅や、長期連休なども東京に残した妻の元へも帰らずに四国巡拝、お陰で一年間で結願を果たした四国88ヶ所と別格二十霊場と呼ばれる番外札所、煩悩の数と言われる108のお寺全てを巡られた上山さん(右ハリコ)です。
そしてパパママ同様にペアルックで仲良しの横浜の鷹木さん夫妻(真ん中ハリコ)ですが、「浜っ子」と言われて育ったご主人の説明では、ここみなと横浜の話ですが、港湾業の荒くれ者たちが遊興で過ごす伊勢佐木町界隈の夜の話など、戦後間もない頃の事かと聞いていたら、平成を迎える頃まで続いてた横浜風景だそうで、今も多くの路地に残る猥雑な空気です。



13957.Re: 第20回港よこはまツーデーマーチ・2日目に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2018年10月21日(日) 8時3分
Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 480 x 359, 128KB Original Size: 800 x 599, 160KB

コース序盤は青江三奈に歌われた「あなた知ってる〜 港ヨコハマ〜♪ 街の並木に潮風吹けば〜 花散る夜を惜しむよに〜♪ 伊勢崎辺りに 灯(あかり)がともる〜」歌詞引用
今もハッキリとその様子が残る歓楽の街でしたが、野毛山公園で20キロ組と別れて「みなと未来地区」に進むと、電信柱も消えて高級マンションや大企業の高層ビルが整然と建ち並ぶ、別転の大都会風景となりました。
10キロを2時間ほど、11時過ぎに赤レンガパークへと上山さんとご一緒ゴールでしたが、来る時にも使った「秋の乗り放題パス」でJR桜木町からトコトコと東海道線を乗り継ぎ帰路となった久々ウオーキングの旅でした。

ではでは コレにて ネ〜



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb