[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
パパとみんなの掲示板
みんなの掲示板と言いつつ「パパママのウオーキング日記」も兼用と致しますデス!気軽に素早くお伝えするにはコレが具合良いんだよネー!  写真はクリックすると大きな絵で見られますので、どデカクして楽しんで下さいませませ。 ではでは ココの主の竹樋パパからでアリマシタ。 尚トップページへの移動は左上の[ホームページ]をクリックしてどうぞ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





13270.草津に行ってきました。 返信  引用 
名前:ナッカー    日付:2017年7月18日(火) 22時12分
Original Size: 1024 x 683, 124KB Original Size: 1024 x 683, 111KB Original Size: 1024 x 683, 129KB

ご無沙汰しております。毎年楽しみにしていた草津ツーデーが今年から無くなってしまいました。仕方が無いのでウォークとは関係なく草津に行ってきました。例年だと1週目か2週目なので8日に行きましたが今年は高山植物の開花が1週間〜10日遅く8日では毎年楽しみにしていた白いコマクサは一株も咲いていませんでした。
そこでリベンジで15日にも行ってきました。まだそれほど開花は進んでいませんでしたが完璧な白いコマクサは5株見つけることが出来ました。
パパ、ママに会えなくて残念でした。
http://shinshu.fm/MHz/62.03/



13271.Re: 草津に行ってきました。
名前:竹樋パパ    日付:2017年7月19日(水) 7時57分
ナッカーさん オッハーさまでございます。

ワーオ! 素敵な写真を有難うございました。
我々も懐かしく思い出して会話をしていましたが、本当に素晴らしい大会が消えてしまい残念に思っています。

1ヵ月ほど前の気象庁情報によると、「草津白根山の噴火警戒レベルをレベル2(火口周辺規制)からレベル1(活火山であることに留意)へ引き下げました。」との事ですが、残念ながらも安全を考慮すると中止判断も止む無しと思われます。
ナッカーさんに案内をしてもらって我々もウオッチ出来た珍しい「白いコマクサ」ですが、今年は2度もチャレンジして撮ったという可憐な白い花をご紹介頂きありがとうございました。

大会が再開となったら絶対に参加をしますので、また会いましょうネ〜♪

懐かしいナッカーさんとご一緒ウオークの記録はコチラです。 ↓

http://takehipapamama.hippy.jp/13walk/20130720/20130720.htm


13273.Re: 草津に行ってきました。
名前:ナッカー    日付:2017年7月20日(木) 22時24分
Original Size: 1024 x 683, 111KB

こんばんは
白根山の噴火警戒レベルは下がりましたが火口から500m以内は立ち入り禁止です。レベル的には2013年の時と同じです。
草津のウオークが無くなったのはコースの途中が熊の生息地を通るため安全を配慮してと言うことになっています。しかし本音は警備や案内等のスタッフ不足だと思います。昨年は熊の出没がかなりありましたが今年はまだ1件も目撃情報はありません。

白いコマクサはだいたい毎年同じ所に咲きますが一つ位は新しいモノを発見しています。その代わり無くなってしまうモノもありますね。

湯釜は久しぶりに見ることが出来ました。今年は水量が多いです。2013年の時は半島のようになっていたところが今年は島になっています。

私事ですが今年の4月からもう少し働けと言うことで仕事に復帰しました。土日以外遊びに行けなくなりました。
http://shinshu.fm/MHz/62.03/



13274.Re: 草津に行ってきました。
名前:竹樋パパ    日付:2017年7月21日(金) 8時22分
ナッカーさん オッハーさまでございます。

写真ハリコを有難うございます。
懐かしい湯釜風景はあの長〜い階段を登ったところの展望台からの眺望でしょうか。
本白根や湯釜を含めて、標高が涼風を呼びどこを歩いても気持ち良く素晴らしい風景を満喫の「草津よいとこツーデー」でしたが、様々の事情が運営を困難にしているのでしょうか。
是非とも再度のウオークと、貴重な白いコマクサ探索を経験してみたい草津なのですが・・・

お仕事復帰とのこと、ナッカーさんの貴重な休日がより充実の日々となりますように


13275.Re: 草津に行ってきました。
名前:ナッカー    日付:2017年7月22日(土) 23時17分
こんばんは
湯釜はご指摘の通り長〜い坂を登ったところです。もっと近くの展望台はまだ立ち入り禁止区域のため行けません。湯釜見るところの少し手前で万座温泉が見えるところの斜面にもコマクサがあるんですよ。万座プリンスの露天風呂も見えます。

さて今回の白根山徘徊の記録をブログに載せたのでよろしかったらご覧ください。
http://shinshu.fm/MHz/62.03/


13276.Re: 草津に行ってきました。
名前:竹樋パパ    日付:2017年7月23日(日) 6時30分
ナッカーさん オッハーさまでございます。

「どんぐり山くらぶ」を拝見させて頂いていますが、久々に過去に遡って見てていたらナッカーさんが撮ったツキノワグマの写真もバッチリ、鮮明な記憶となっているナッカーさんとのあの日のことを、二人して懐かしく思い返していました。
我々もスマホデビューのこの5月からですが、今度高山で山野草を見つけたらその場で「ナッカー植物図鑑」を開いて、高山植物の名前をウオッチさせて頂きますネ〜

今週末は草津近くも通りますが、まだコマクサは残っていますでしょうか??

13269.自然災害の脅威 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年7月17日(月) 8時19分
皆さま オッハーさまでございます。
ほぼ2週間を掛けた「でっかいどうウオーク」から帰宅して以降ウオーキングも不参加、二人して腕が鈍ったテニスに夢中になっている毎日でして、当掲示板からのご無沙汰、大変失礼を致しております。

先週金曜(7/14)は我が愛知小牧も全国ニュースの冒頭を飾りましたが、当市や隣接の犬山市に「記録的短時間大雨情報」が発令されて、1時間雨量が120mmという大豪雨を経験致しました。
当日は梅雨真っ只中で朝から曇天ながらも、洗濯を終えて軒下干しを済ませた(もちろんワタクシがデス)のが朝8時半、暫くして二人のスマホに雨雲情報が入電・・・入電という言葉は古いかもだけど、息子が入れてくれたスマホアプリのお陰で、雨が降る30分ほど前に警報が画面に届くのです。
庭に出て空を見ると西の空全体が真っ黒な雲で覆われていて、慌てて洗濯物を室内に取り込んだのが9時半、直後に冷たい強風が吹き出して冷気と共に雷鳴が轟き大粒の雨が降り出したのですが、大げさじゃなくて直径が1センチは有ろうかという大粒が緩慢なく降り続き、見る隣家の雨樋も排水が間に合わぬのか屋根から溢れ返り、日中ながらも50m先の家が雨に白く霞んで見えなくなってしまうほどなのです。

閃光と雷鳴が重なり合う中で延々と続く豪雨でしたが、5分毎に更新される雨雲ズームレーダーを見ると、伊吹山付近で発生の雨雲が「線状降水帯」を作って流れ込む尾張北部から東濃方面へとでして、災害の危機を感じながらの1時間以上、息を呑むほどの雨が落ち着いたのは11時を過ぎてからでした。
ニュースによると日本の桜百選にも選ばれている五条川が氾濫、映像に映らぬながらも市内各所で水路が溢れ浸水の有った田畑や住宅だそうです。
サイワイに1時間半ほどで収まった雨でしたが、この豪雨がもう少し長い時間となっていたら、17年前の「東海豪雨」に匹敵する大災害となった可能性が有ったかも。

以降も全国各地で発生の同様気象ですが、過去に経験したことの無い異常災害が日常となっている現在、自身の命を守る準備と対策が肝要な時代を生きる我々となったようで・・・どなた様も、努々(ゆめゆめ)怠るなかれ。

13265.山梨県長坂ブルーベリー 返信  引用 
名前:岐阜の河童    日付:2017年7月10日(月) 10時58分
Original Size: 640 x 480, 71KB Original Size: 640 x 480, 78KB Original Size: 640 x 480, 82KB

  八ヶ岳山麓で開催されていた、八ヶ岳里山歩きが10回大会で終了して早くも5年が経過、大会終了後もコース途中のブルーベリー農園に毎年訪れています。友達夫婦と4にんで摘み取りながら食べ貸切園内で味わいました。昼食は、甲州街道・台ヶ原宿の蕎麦屋・久保田。近くのシャルマンワイナリーにも寄り試飲。今月中旬までブルーベリーは味わえます。ウォーキング大会の御縁で15年、農園オーナーと来年又元気で再会を約束して帰宅。



13267.Re: 山梨県長坂ブルーベリー
名前:竹樋パパ    日付:2017年7月12日(水) 8時41分
岩村ガッパの堀さん オッハーさまでございます。
懐かしい八ヶ岳山麓で開催の「八ヶ岳高原ブルーベリーとオオムラサキの里ウオーク」でしたが、パパママの初参加が第5回目、もう12年前となりました。
あやっちがまだ小4だった「たまっち・あやっち・パパらっち」のニックネームで歩くたまっちファミリーとの出会いもこの時が最初、それから何年たったやら。。。
奥の細道ウオーク最終回(2013年)でバッタリと出会ったのですが、あやっちは可愛い女子高生になっていて、誰とでも親しく会話をするこのワタクシも、ついつい美しい女子高生に口数が少なくなった4年前なのでアリマした。

来年は我が家もお誘いを! ではではネ〜

2006年の「八ヶ岳山麓里山歩き」の記録です。↓

http://takehipapamama.hippy.jp/06walk/060709/060709.htm


13268.Re: 山梨県長坂ブルーベリー
名前:竹樋パパ    日付:2017年7月12日(水) 8時48分
第6回大会では小澤ファミリーとの出会いもでしたが、ゆりちゃんも美しい女子大生になっている現在でしょうか。。。
懐かしいいっぱいの歩きが生まれたブルーベリーの里なのでした。

2007年の「八ヶ岳山麓里山歩き」の記録です。↓

http://takehipapamama.hippy.jp/07walk/070708/070708.htm

13263.霧ヶ城 返信  引用 
名前:岐阜の河童    日付:2017年7月5日(水) 21時56分
Original Size: 640 x 480, 68KB Original Size: 640 x 480, 79KB Original Size: 640 x 480, 79KB

  平成18年、日本100名城に選定されて以降、岩村城址には多数の観光客の方々が訪れ観光ガイドの仕事も忙しく、ウォーキング参加が少なくなりました。今回の北海道ウォーキングレポートを楽しく拝見しました。先週より岩村夏祭り準備が始まり8月5日の本番に向って頑張っています。畑仕事も毎日やっています。春大根、ジャガイモ、ねぎ、サツマイモ、カボチャ、ニンジン、ゴボウなど栽培しています。春大根は本日で終了。お暇なら遊びに来て下さい。



13264.Re: 霧ヶ城
名前:竹樋パパ    日付:2017年7月7日(金) 11時1分
岩村ガッパの堀さん コンニチわ〜

山城である岩村城に敵が攻め入ってきた時、山頂近くにある「霧ヶ井」という井戸に秘薬を投げ込むと、たちまちに霧が湧いて本丸全体を白く覆い隠し、混乱した敵兵を逆襲して守ったという古事が、別名・霧ヶ城と呼ばれる由来。
今は石垣のみが残る二の丸に、その事実を語る霧ヶ井の井戸が現在も枯れることなく存在し、宝蔵庫に甕に入れて保管されていた秘薬・蛇骨粉を虫干したという記録が、古書に残されてれている岩村城なのである。ベベン・ベン・ベン。
素敵な写真をハリコ頂き有難うございました。

台風3号通過後も梅雨前線の影響も有って発生だと言う「線状降水帯」により、降り止まぬ九州北部の記録的大豪雨ですが、繰り返される自然の猛威に言葉も有りません。
こちらの晴天と代わってあげたいほどですが、只々天候の回復を祈るばかりです。

ハイ!こつらこそ「久々に行きたいナ〜!」と思っている岩村ですので、ウオークの計画などして是非ともお誘いを!!
よろしくお願い申します。<(_ _)>


13266.Re: 霧ヶ城
名前:岐阜の河童    日付:2017年7月10日(月) 11時8分
Original Size: 640 x 480, 78KB

  夏限定の岩村城が昨日完成、8月下旬の岩村城址能まで夜はライトアップされます。今週から町内会で出し飾り作りが始まり、今年は岩村城三重櫓と畳橋を豆類などを使用し完成を目指します。


13258.ゴールド免許を汚すことなく、無事に愛知小牧に戻りました! 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月20日(火) 8時45分
Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 800 x 600, 127KB Original Size: 800 x 598, 161KB

皆さま オッハーさまでございます。
北海道の旅を終えて帰宅した6/18(日曜)でしたが、13日間という長旅の疲れから発信が遅れてしまいました。
北の大地は好天続きの今週のようで、この週末に迎える札幌ツーデーも清々しい天気の中で開催されるようですが、愛知県の明日からは梅雨真っ盛りのようです。

当初は「札幌も参加を!」ってマイカーでの道内入りも計画しましたが、航空運賃が一人往復12000円、レンタカーが一日2750円(保険付き)だった為、総費用を考えて当日程スケジュールとなった今回です。
お陰で帰りの機窓からは、道南や本州が一望の1時間半ほど、右ハリコは手前のクッキリが北アルプス、その先の淡い稜線が中央アルプスで奥には富士山も見えましたが、先日歩いた池田町や飯田市の伊那谷は雲がかぶっていて、着いた中部国際空港も曇り空でした。



13259.Re: ゴールド免許を汚すことなく、無事に愛知小牧に戻りました!
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月21日(水) 4時36分
Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 599, 143KB Original Size: 800 x 602, 160KB

国道を離れると何処までも続く直線道路で、30分近くも後続はもちろん対向車両も無い時がザラ、「もしかしたらオレたちの知らない所で、地球滅亡の危機が起きてるんじゃ」って、不安になるほどです。

そんな北海道の道路事情を、旅行中のレポートでも何度か発信をしていましたが、長野の貯金おじさんもお友達になったというヒグマより恐い白黒パンダさん。
道内各所に「牛横断注意」や釧路湿原には「丹頂鶴横断注意」の道路標識もあり、道路にはデカデカと書かれた「シカ注意」など、「まともに当たったら人も車も大破だぞ!」って驚かされましたが、コチラ(右ハリコ)も道内各所にです。
北海道のみかもですが茂みに隠れる白黒パンダ、車の上の赤色灯の間に有る白い箱がスピードレーダーになっていて、前後から来る車両のスピード測定が出来る優れもの。
違反車両があれば即サイレンと回転灯を回して追跡確保に走るのですが、この一枚は対向車両がパッシングで教えてくれたのでセーフだった時のものです・・・助かったヨ〜



13260.Re: ゴールド免許を汚すことなく、無事に愛知小牧に戻りました!
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月21日(水) 10時6分
Original Size: 800 x 598, 155KB Original Size: 600 x 800, 158KB Original Size: 800 x 600, 145KB

でっかいどうオホーツクマーチを終えてプライベートタイムの三日間、アップしようかどうか迷ったけど、自身記録としてやはり外せぬ墓参のこと。
8人が一つ屋根の下に一緒に暮らしていた50年以上前の我が生まれ故郷、今は祖母両親も他界してその住んでいた家さえも消えたものの、この地に残された墓標、建立当時は立派に思えたが今は・・・

誰もが人生を過ごす中で止む得ぬながらも、大好きだった多くの方々が先立ってしまうのが諸行無常のこの世、荼毘納骨をするも「千の風になって」の歌詞にあるように「その人はここには居らず、千の風となって大空を吹き渡っている」という言葉をワタクシは信じる。
仏壇や墓石に手を合わせるよりも、自身が日常生活の中でその人を心に思い起こし、懐かしく振り返ることが供養であると信じているが、やはり墓石を前にして、ここに建立の今は亡き母親に感謝である。



13262.Re: ゴールド免許を汚すことなく、無事に愛知小牧に戻りました!
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月20日(火) 11時38分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 600, 142KB

墓参の機会を得て数十年振りの再会も叶った故郷での3日間でしたが、昨年に続いて姉の住む帯広の北海道ホテルで、ちょっとリッチに帰路前日を過ごしました。
日高山脈を挟む日勝峠が昨年8月末の台風10号による壊滅的破壊で道路が寸断、多くの川が氾濫をして十勝平野が水浸し、現在も橋の復旧などで不通のため無料で通れる十勝清水から、コレも読めないでしょうが占冠(しむかっぷ)への道東自動車道なのでした。
10年前の函館ツーデーに来た時に、泊まって雲海を楽しんだルスツリゾートを横目に帰路でしたが、コレにて足掛け13日間のレポートをフィニッシュと致します。

ではでは ネ〜


コチラが10年前、2007年の函館ツーデーレポートです ↓

http://takehipapamama.hippy.jp/07walk/070824/070824.htm


13247.今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」8日目の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 5時6分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 599, 142KB Original Size: 800 x 600, 162KB

皆さま オッハーさまでございます。
読み返すと誤字脱字に加えて書き足らずながらも、変則に次ぐ不規則生活の日々を繰り返して無事に五日間のウオーキングレポートを発信し終えた昨朝でしたが、カモメの声を聴いた釧路だったけど、今朝はカラスの声が賑やかな曇り空の帯広からです。

さてさて6/14(水曜)レポートです。
我が故郷は摩周湖や阿寒湖が近く、俗称は砂糖大根といわれる「甜菜(てんさい)」ロシア語では「ビート」という農産物やじゃが芋の一大耕作地で広大な牧草地帯も、そして人口数の4倍という乳牛が飼育されている酪農の町でもあり、その乳製品関連工場もです。
地域の音頭では「エッサ・エッサの掛け声で〜 砂糖やミルクがドンと獲れる〜♪」と唄われる町、ウオーキングの楽しみを知った現在、パパママの本日は外周150キロと言われる釧路湿原を2人して歩く計画です・・・って言っても、もちろん大半は車で移動だけどネ。
先ずは釧路を出て、反時計回りに達古武沼(たっこぶ)のある細岡遊歩道から釧路湿原展望台へとです。

ところで以前にも紹介したことが有るけど、今や漫才だけでなく映画監督や芸術家としても知られる北野武、「ビートたけし」の芸名の由来、上記の文にもある通り、「甜菜」のロシア語「ビート」を、自身を「天才」と文字って名付けた芸名でして、勘違いされる重低音のビートではナイのです。



13248.Re: 今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」8日目の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 5時37分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 599, 154KB

高層湿原の尾瀬に対して低層湿原と呼ばれる日本で一番大きな湿地帯の釧路湿原ですが、阿寒摩周方面から流れて来る川が釧路平野で行き場を失い、蛇行して流れたり大きな沼地を作ったり。
大正時代にこの湿地帯全面が水浸しになる大氾濫が有って、ここ細岡からほぼ真っ直ぐに近い排水用の新釧路川が作られて、現在は太平洋に流れる釧路川と新釧路川の二本の川なのです。
皆さまも釧路の地図を開いて拡大して見ると、この話が理解出来ますヨ。
続いて行った高台に有る、サルボ展望台とサルルン展望台へとですが、ウオーキングを経験していなかったら絶対に行かない場所です。
サルボはアイヌ語でサル(葦原・湿原)ボ(子)で、小さな葦原湿地の意味、見下ろす風景の中に塘路湖やシラルトロ湖もですが、ほとんどが先住アイヌ民族が生活の場としていた場所で、この一帯の湖では「ベカンベ」という菱の実が採れ、栃の実にも似た食感です。



13249.Re: 今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」8日目の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 5時58分
Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 600, 134KB

次は標茶町といってこれまた難読だけど「しべちゃ」って呼ぶ町で、釧路と先週歩いた網走を結ぶJR釧網線(せんもうせん)の途中停車駅があります。
知名度が上がって知っている方も多いかもですが、夏は釧路から「ノロッコ号」というジーゼルの名前通り釧路湿原をスローで走る特別列車が走ったり、冬にはここから「SL冬の湿原号」という観光列車が釧路湿原を走る釧網線なのです。
まだ蒸気機関車だったワタクシが子供だった頃、先頭の機関車から降る石炭煤の煙を浴びながら、窓から顔を出して湿原の丹頂鶴を眺めながら、時々は出掛けた釧路へとでした。
今度は標茶から反時計回りの角度を90度変えて鶴居村方面へとです。



13251.Re: 今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」8日目の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 7時2分
Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 149KB

釧路を出てからも走る道沿いの四ヶ所の郵便局に寄りましたが、通帳の印鑑欄を見て「旅行中ですか?」って聞かれ、「取締りが多いからスピードに注意をね」って、温かい言葉もです。
ハイ!ワタクシは免許証を取ってから、北海道に帰省する度に白黒パンダに捕まって免許証を汚し、長年青色から脱出出来なかった苦い経験の持ち主でアリンす。
今回は絶対に、ゴールド死守じゃ!!・・・って、北側を反時計に廻って湿原の東の細岡展望台に対して、真逆に位置する西側の北斗展望台へとです。



13252.Re: 今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」8日目の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 6時26分
Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 156KB

北斗展望台園地は、昨日歩いた知床五湖に似た全長2.5キロほどの木道が整備されていて、グルッと巡ると1時間ほどながらも、木漏れ日の自然林の中をアップダウンが有ったり吊り橋が有ったりと、結構楽しい散策路なのです。



13253.Re: 今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」8日目の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 6時40分
Original Size: 800 x 599, 147KB Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 158KB

下ったり登ったりのアップダウンを繰り返す途中に開けた場所が何ヵ所か用意されていて、東京の山手線が四つは入るという釧路湿原が一望です。
アフリカの大草原も「かく有ろう!」って、ゾウやキリンが駆けていても不思議ではない「これぞ大自然!!」って、暫し無言で見つめる何十キロも先の風景です。



13254.Re: 今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」8日目の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 7時0分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 134KB Original Size: 800 x 600, 122KB

釧路湿原を300度近い角度から歩いたり車で走ったりもして眺めて約6時間、国道38号線を通って帯広に到着が午後4時半、国道と言っても本州の比では無い交通量で、もし先頭になった際には減速をして60キロ以内のスピードを守り、後ろの車が追い越したらその車に離れぬよう付いて合わせて走ります。
1車線の多い道路の途中には「思いやり線」といって二車線で遅い車を楽に抜けるところが有りますが、互いに先頭にならぬ様にと相手を思いやらぬバトルを繰り返して、無事に8日目を終えました。

ではでは 本日から3日間は完全な我が家のプライベートタイム
お届け出来る写真が有ればアップしますネ〜♪


13246.でっかいどうレポの返信 返信  引用 
名前:金沢:浅井    日付:2017年6月14日(水) 21時34分
竹樋 ご夫妻 さま

今晩は・・・

でっかいどうルポ、楽しく拝読しています。

この大会はまだ参加体験はありませんが、写真に写る歩友の皆さん、何ともいえない幸せの笑顔にこちらも明るくなります。
また、広大な写真を見てやはりライブで見たいと思うところで、近い内に参加したいと思うところです。

こちらは、先週は新潟・歴史ウォークを楽しみました。
次回は、来週の札幌に行きます。

ご主人は地元。奥さんには、故郷の思い出話も尽きないと思います。旭川の三浦綾子の「氷点」は、1年前の旭川W参加後、私も読みました。
北海道は内地と違う環境、そこで幼少を過ごした方々は、北の自然をふるさとに抱きながらの人生。
何とも、ロマンチックな知的文化思考を抱かせてくれます。

来週、その地に行けることを楽しみにしています。まだまだ続く、でっかいルポ楽しみにしています。
それではまた・・・再会を楽しみしていますよ・・・・



13255.閲覧と足跡を有難うございます。
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 7時14分
金沢の浅井さん オッハーさまでございます。
ハイ!拙い文章とヘタクソ写真で発信の通り、本当に楽しく素晴らしいファイブディウオークで有りました。
先週の土日は日ウ協関連で、全国各地16大会が開催だったそうですが、ウオーキングに絶好のこの時期です。
我々は軍資金が持たず、今回は札幌ツーデーまで道内に留まれず帰りますが、まだ旭川ツーデーも北海道ツーデーも行けていませんので、次回の楽しみにしたいと思います。

カキコ有難うございました。

13242.ご無沙汰しておりました 返信  引用 
名前:夢男    日付:2017年6月14日(水) 12時19分
お久しぶりです。
かつて千葉のオレンジ隊というファミリーがいまして…
思い出していただけましたでしょうか?
その節はお世話になりました。
息子もこの春から社会人になりました。
先日10年ぶりにウォーキングイベントに参加してきました。
ウォーキング復活です(笑)
京成電鉄主催のさわやかウオークです。
実はここがオレンジ隊の最初のウォーキングイベント参加でした。
当時を思い出しつつ懐かしい人にもお会いでき
歩いてきました。
またいつかお会いできる日を楽しみにしております。



13245.Re: ご無沙汰しておりました
名前:竹樋さんチのママ    日付:2017年6月14日(水) 19時20分
夢男さん、コンバンは。
オレンジ隊ファミリーを忘れるわけありません。
私たちも地元のさわやかウオーキングにはたまに参加しています。
歩きを再開されたとのことですので何処かの会場で夢姫様もご一緒に再会できることを楽しみにしています。


13256.ワーオ!オレンジ隊〜♪
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 7時22分
夢男さん オッハーさまでございます。
携帯電話に写メで夢姫さんから届いた望夢くんの成長の様子に驚いていましたが、もう社会人との事、無事の成長本当にオメデトウございます。
我が家もそうですが、子育てよりも二人だけの人生が遥かに長い。

>ウォーキング復活です(笑)
こちらこそ何時かどこかで、バッタリと再会出来る事を楽しみにしています。
足跡を有難うございました。 ではでは ネ〜

13241.でっかいどうオホーツクマーチ参加お疲れ様でした。 返信  引用 
名前:のりちゃん    日付:2017年6月14日(水) 8時46分
でっかいどうオホーツクマーチ4日間、せっかくウォークお疲れ様でした。
「ひょっとしたら参加されているのでは?」と思っていましたが、今回は札幌でのイベントの手伝い等で北見、網走には行けなかった状況でした。
全国から大勢の仲間が集まって、パパさんママさんにとっては充実したウォーキングだったと思います。
今日は釧路ですか?残りの道内滞在、楽しんでください。

現在6月24,25日開催の札幌ツーデーウォークの準備に追われています。
昨年は室蘭からでしたが、今年は札幌市民に戻って色々な準備を進めています。
またどこかの大会で、お会いできる日を楽しみにしています。
札幌は今日から「札幌まつり」で、札幌ツーデーウォークの会場である中島公園では多くの露店や屋台で賑やかになります。
http://medalwalking.cocolog-nifty.com/



13244.Re: 今夜は帯広です。
名前:竹樋さんチのママ    日付:2017年6月14日(水) 18時52分
のりちゃん、おばんです。
せっかくウオークの後は知床を訪れ現在、釧路から帯広に移動して来ています。
折角の北の大地、レンタカーで満喫しています。
帰りはこのの日曜ですので札幌ツーデーは又の機会となります。
丁度、夕方のニュースで札幌祭りの中継を見たところでした。
再会ウオークが何時になるか楽しみにしています。


13257.今年も行きたかった、札幌ツーデーでしたが・・・
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月15日(木) 7時31分
のりちゃん オッハーさまでございます。
「よさこいソーラン祭り」に始まって「札幌まつり」と賑やかな札幌のようですが、我々は残念ながらあと4日間を楽しんで次の日曜日に離れる北海道です。
札幌ツーデーを次週に控えスタッフとして多忙でしょうが、大勢の喜びに期待して頑張って下さい。
また札幌に歩きに参りますので、その時はヨロシクね〜

13224.第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 4時6分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 146KB Original Size: 800 x 599, 161KB

皆さま オッハーさまでございます。
晴れが有って雨が有り、高温有って低温もの北の大地の日々ですが、今朝も外気は何度か?ひとケタは絶対に間違いの無い凛の空気の釧路からです。

来道7日目を迎えた6/13(火曜)、網走東横インで朝6時半からの朝食をゆったりと過ごし(ツーデー期間中はウオーカーで大混雑)、7時前にレンタカーを走らせてサロマ湖へとですが、日本で一番日の出が早い道東の夜が明けるのは3時前、太陽が顔を見せる朝4時前でして、この晴天が放射冷却を生んでクグッと冷え込んだ気温4度の今朝です。
懐かしい空気に浸って車を走らせること40分ほど、本日の集合場所となるワッカ原生花園・ワッカネイチャーセンターへとですが、朝一番に声を掛けてくれたのは我々同様にでっかいどうオホーツクマーチの5日間を満喫する広島の高原ご夫妻(右ハリコ)でして、車中泊で過ごす北海道の日々だそうです。



13225.Re: 第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 4時28分
Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 600, 158KB

ゴール後にそのまま空港や電車を使って帰路の方々への配慮も有って7時50分から始まった出発式ですが、北見市観光協会・常呂支部長のご挨拶の一声は「素晴らしい快晴のサロマ湖にようこそ」って、過っては独立した町だった常呂町が合併をして北見市の一部となっている現在だそうです。
頂いたパンフレットには原生花園に咲く花の名前が写真付きで載っていましたが、どのような花が見られるのか、ウオーク5日目「今日も元気に歩くゾ〜」って、青空に向かって突き上げる拳なのデス。



13226.Re: 第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 5時6分
Original Size: 800 x 599, 151KB Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 154KB

サロマ湖とオホーツク海を仕切るように細く伸びる20キロ近くですが、幅は狭いところで200m、広くても1キロに満たぬ砂洲と呼ばれる砂地の中に有るワッカ原生花園です。
早速にネイチャーセンターを出て遊歩道を進みますが、暫くは福島の草野さん(真ん中ハリコ)と同歩、ウオーキングキャリアの長い彼女だそうで札幌の酒井さんとも親しいとのこと、この5日間を一緒に歩き気軽に話し合える仲になりました。
そして同様に5日間を過ごした札幌の長谷川さんご夫妻(右ハリコ)ですが、熊本大地震で自宅が崩れて、20年以上も暮らした家を離れることになった昨年だそうです。
熊本宇城は2つの断層が重なり合ったところで被災に極端な差が有り、「わずか200m離れたとこはどうも無かった」って、再建を諦めて子供が住む札幌に転居した昨年だそうで、新天地に人との交流を求めて参加の本ウオークだそうです。
様々の思いを持って歩く参加者たちですが、真っ青な空が心も晴れさせますでしょうか。



13227.Re: 第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 5時12分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 156KB

見上げる青空はどこまでも真っ青、真っ直ぐ前は左に青い湖と右にオホーツク海、そして足元は様々の花たちですが、頂いたパンフレットに助けられたけど青いのが「ムシャリンドウ」、赤いのは「エゾスカシユリ」って言うんだってヨ〜



13229.Re: 第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 5時25分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 160KB

小紫陽花に似て非なるのが「ノゴマ」、真っ赤なのは森繁久彌の歌で有名なハマナスですが、漢字で書くと「浜茄子」って、バラ科でトゲが有るのにナゼに浜の茄子なのでしょうか??



13230.Re: 第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 5時36分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 599, 160KB

厳しい冬を終えて様々の花が一気に咲く北海道の6月、ミンナがカメラを向ける先にはキタキツネが顔を出して来たけど、極寒の冬をどのように過ごしたのか、痩せて冬毛が残る北の大地に生きる動物です。



13231.Re: 第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 5時47分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 599, 140KB Original Size: 800 x 600, 158KB

ネイチャーセンターから5キロ弱、「ワッカの森」というところから来た道を引き返すコースでしたが、この先は立入禁止となっていて人間社会との大自然の境界となっていました。



13232.Re: 第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 6時0分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 163KB

上のスレッド(NO13231)の真ん中ハリコに小さく全景が写っているけど、サロマ湖とオホーツク海をつなぐ2ヶ所の一つ、第二湖口をコンクリートの橋で渡りますが、僅か20mほどの開口部が潮の満ち引きで海水と淡水が行き来、写真では分かり難いでしょうが、荒波が立ち海難事故の多いこの場所だそうです。
一緒に橋を渡るのは、千葉の細矢さん(右ハリコ)ですが、今大会でマーチングリーク表彰を受けた彼です。



13233.Re: 第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 6時10分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 599, 158KB Original Size: 800 x 599, 157KB

往復2時間ほどの散策でしたが10キロを歩いて午前10時にゴール、参加者のお世話に裏方となって盛り上げて頂いた北見歩こう会の皆さまですが、会員数140名ほど、5月から10月の半年間に20回ほどの例会を開き、全国各地の大きな大会に遠征参加も年に一度、「残りの半年は冬眠よ」って、でも互いの顔を忘れぬよう集まって飲む「新年会」だそうです。
会に3組ほどしか居ないという夫婦会員の一組、飯田さんご夫妻(右ハリコ)と一緒にお礼の記念のパチリもデス。



13234.Re: 第30回記念「でっかいどうオホーツクマーチ・せっかくウオーク」に参加の一歩たち その完
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 6時25分
Original Size: 800 x 600, 147KB Original Size: 800 x 599, 138KB Original Size: 800 x 599, 147KB

北見歩こう会の方々や本大会に参加の全国からの方々、五日間も一緒に過ごしたら顔も名前も覚えたけど、広島の高原ご夫妻(左ハリコ)にも何処かでの再会を誓い合い、女満別空港から帰宅するという栃木の平井さんもお別れをして、北海道観光に向かうパパママの更なるせっかく観光なのであります。

網走も北見も、各市関係者・両観光協会や民間ボランティアに加えて、北見歩こう会が現場を支えて無事に終えた5日間、天候の良し悪しに関係なく、美食を含めて何処も楽しく過ごさせて頂き本当に有難うございました。
ではでは また絶対に来るからネ〜



13235.今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」7日目の一歩たち その@
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 6時39分
Original Size: 800 x 600, 122KB Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 599, 150KB

せっかくウオークを終えて向かうは知床半島へとですが、途中の「斜里に行くなら寄って来なさい」って教えてくれたのが真ん中と右ハリコの二枚、何度聞いても「天国への道」って間違えちゃうけど、正しくは「天に続く道」と名付けられたこの景色、本当に道が空に消えていくようです。
皆さまも画像をダブルクリックして画面を大きくしてご覧ください・・・本当に空に道が消えて行きそうで、西を向いて撮っているけど夕日の時がまた素晴らしいそうです。



13236.今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」7日目の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 6時46分
Original Size: 800 x 599, 162KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 146KB

ほとんどの一般道が時速50キロ走行の道、でも信号が何十キロも無いのも当たり前でついつい高速道路と勘違いしそうな道路風景、周囲のロケーションにうっとりしながらも心にも実際にもブレーキを掛けて続く快適ドライブの本日もデス。
知床半島に入り寄る観光名所ですが、山の上から水が噴き出すオシンコシンの滝や、知床五湖へとです。



13237.Re: 今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」7日目の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 6時58分
Original Size: 800 x 599, 156KB Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 600, 157KB

標高はどのくらいか、羅臼岳を最高鋒に連なる知床連山が目の前、湖(みずうみ)と言うにはちょっと可愛いけど、知床五湖の一つに映る連山の姿です。
見上げていた標高1660mの羅臼岳の横を突き抜ける知床峠ですが、宇登呂側から峠を超えると羅臼へとです。



13238.Re: 今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」7日目の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 7時16分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 599, 155KB Original Size: 800 x 599, 151KB

北海道から愛知に来て感じた北方四島の事、子供のころから刷り込まれ「国後・択捉・歯舞・色丹」と春の七草の如くに覚えている島々、過って日本人が暮らしていたのに敗戦によってソ連に追われた島民が居た事実を皆さまは知っているでしょうか。
ワタクシが子供のころの冷戦時代、領海線を巡ってソ連海軍による漁民拿捕など銃撃戦も有りましたが、様々の攻防も有った目と鼻の先に見える日本の領土、先のプーチン来日でも話題にすら取上げられず、今は墓参や民間交流を含めて行き来するとの話題がニュースになっている当地のテレビです。



13240.Re: 今年も来たよ「我が故郷、北の大地へ!」7日目の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年6月14日(水) 7時27分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 599, 141KB

網走から250キロ余、斜里岳を後ろに釧路へと午後5時でしたが、この時期特有の冷たい海霧が市内を覆っていた釧路の街へとです。

何とか日々のウオークのレポートアップが遅延なく発信出来ましたが
今から朝食をして、本日は釧路近郊の散策となります。
ではでは ネ〜



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb