[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
パパとみんなの掲示板
みんなの掲示板と言いつつ「パパママのウオーキング日記」も兼用と致しますデス!気軽に素早くお伝えするにはコレが具合良いんだよネー!  写真はクリックすると大きな絵で見られますので、どデカクして楽しんで下さいませませ。 ではでは ココの主の竹樋パパからでアリマシタ。 尚トップページへの移動は左上の[ホームページ]をクリックしてどうぞ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





12797.パパママの長期ウオーク旅行12日目、本日の鹿児島は雪かも! (◎_◎;)  返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月23日(月) 7時25分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

皆さま オッハーさまでごわす。
スッポリと大寒気団に覆われた北海道から九州のようで、天気予報を見る全国各地に雪ダルマの絵が並ぶ本日でココ鹿児島にもす!
昨日は沖縄の暖気と本州から降りた寒気がぶつかり合った鹿児島地方でして強風の1日でしたが、雨も風も全て受け入れて歩く事を楽しむ仲間が全国各地からです。
本格レポートは帰宅後として昨日の数枚をハリコですが、いつもクスコマたちワンコ親子を連れて参加する福岡の森ご夫妻(左ハリコ)や、鶴おじさんたち(真ん中)とも記念のパチリだけど、横浜の中村よっちゃんの隣の毛皮の方が誰かと思ったら、よっちゃんの奥さまだそうです。
そして顔だけで分かり難いかもだけど、砂蒸し温泉初体験のパパママですが、真ん中がパパ、右端の顔がママだヨ〜ン♪

本日は初めての鹿児島県をフリーで過ごすパパママですが、レンタカーで知覧から枕崎方面に行こうと思うけど、どのようなお天気となるのでしょうか?

でわでわネ〜


12795.パパママの長期ウオーク旅行11日目の朝ですが、本日も晴天なり!!  返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月22日(日) 6時59分
Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 1024 x 768, 166KB Original Size: 1024 x 799, 162KB

皆さま オッハーさまでごわんす。

家を出てから11日目、久米島・沖縄本島とウオーク旅行をして鹿児島入りしたパパママ、20度超の沖縄地方の暖かさに改めて驚いている現在ですが、最高気温が11度だという本日の指宿デス。
連日のイベントに嬉々としてはしゃぎ過ぎてお疲れモードもピークに達し、昨日は菜の花マーチの初日25キロを歩きゴール後はレセプション、昨夜は旅館に入って「温泉→黒豚しゃぶしゃぶの夕食→温泉」で即バタンキュー
今朝も既に温泉に入って来ましたが、レポートに向かう時間が作れぬ昨日来なのです。

大勢の方々との出会い再会が有った昨日の、サワリのみをハリコなのデス。

ではでは 本日も指宿の第2日目を歩き、砂蒸し温泉も入っちゃうからネ〜♪


止まったせっかくウオークのレポートは明日以降にネ〜


12793.第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月21日(土) 5時25分
Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 165KB

皆さま オッハーさまでごわす。
今回の旅の不思議ですが、地元の天気予報を見ては「ああぁ、明日は雨だネ〜」って覚悟しても、朝起きると不思議と雲りだったり、終いには青空が広がり太陽が顔を出したりと、本日はどんな天気となるかな??

さてさて昨日、1/20(金曜)午後1時に、鹿児島中央駅から歩いて10分ほどのライオンズ広場というところが集合場所でしたが、定刻まで鹿児島の街を本日が誕生日のママと二人して散策です。
すると駅前広場で物産展でして、鹿児島のアレコレを試食させてもらったりもしてたら、先週久米島で出会った東京の浜田ご夫妻や、ナナ・ナント超久々の出会いだけれど、赤い上着の広島の麻生さんとも出会えた鹿児島の街です。



12794.Re: 第25回いぶすき菜の花マーチ・せっかくウオークに参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月21日(土) 5時35分
Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 599, 156KB

街を走る可愛いバスには西郷どんと篤姫が描かれ、ママの趣味の一つの郵便局巡りだけど、〇〇回目の誕生日は鹿児島中央郵便局へとデス。
そしてまたまたウオーカーとの再会だけど、コレまた広島の山岡さんと出会えたけど、指宿にも来られていたあさひさんが引き合わせてくれたかもの広島のお二人とデス。


12785.パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのD 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 21時32分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 156KB

皆さま こんばんわでごわす。
本日は午前中はフリータイムという事で鹿児島市内を散策し、午後はせっかくウオークに参加の一日ですが、先ずは残った昨日ウオークのレポートとします。

1/19(木曜)朝から出掛けた沖縄本島南部地域へとですが、圧倒的勢力で海上を埋め尽くす米軍艦や上陸軍兵によって本島中央部から北部が制圧され、最後に残った南部地域でアメリカ軍による掃討戦が繰り広げられたという敗戦末期、ひめゆり記念館に記録された生存者たちの生々しい証言に胸を重くしたまま、次に向かったのは県営平和公園へとです。
平和公園内に建つ「県平和記念資料館」ですが、課外授業の一環か県内中学校の子らがいっぱいでして「何処から?」「エッ、夫婦?」「いいね!」って、お揃い服のジジババに興味津々のようで色々と質問攻めだったけど、「沖縄を楽しんでネ〜」って、ひめゆり女学生と似た年齢の子らにエールをもらったパパママなのでした。



12786.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 22時49分
Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 163KB

館内は撮影禁止ですのでその内容は自身の目と耳そして脳裏に刻みますが、展示室を出たところにあった壁の一文を皆さまにも紹介です。
そして入館時に頂いたパンフレットに記載の一文、沖縄県民の思いを我がHPに引用して転記させて頂き、皆さまにもお伝えさせて頂きます。

     1945年3月末、史上まれにみる激烈な戦火がこの島々に襲ってきました。
     90日におよぶ鉄の暴風は島々の山容を変え、文化遺産のほとんどを破壊し、20数万の尊い人命を奪い去りました。
     沖縄戦は日本に於ける唯一の県民を総動員した地上戦であり、アジア・太平洋戦争で最大規模の戦闘でありました。

     沖縄戦の何よりの特徴は、軍人よりも一般住民の戦死者がはるかに上まわっていることにあり
     その数は10数万におよびました。
     ある者は砲弾で吹き飛ばされ、ある者は追い詰められて自ら命を絶たされ、ある者は飢えとマラリアで倒れ
     また、敗走する自国軍隊の犠牲にされる者もありました。
     私たち沖縄県民は、想像を絶する極限状態の中で戦争の不条理と残酷さを身をもって体験しました。

     この戦争の体験こそ、とりもなおさず戦後沖縄の人々が、米国の軍事支配の重圧に抗しつつ
     つちかってきた沖縄のこころの原点であります。

     ”沖縄のこころ”とは、人間の尊厳を何よりも重く見て、戦争につながる一切の行為を否定し
     平和を求め、人間性の発露である文化をこよなく愛する心であります。

     私たちは、戦争の犠牲になった多くの霊を弔い、沖縄戦の歴史的教訓を正しく次代に伝え
     全世界の人びとに私たちのこころを訴え、もって恒久平和の樹立に寄与するため
     ここに県民個々の戦争体験を結集して、沖縄県平和祈念資料館を設立いたします。

                  
戦後の米軍指導で作られた安保法制を現在の世界情勢に合うようにと、自民主導の国会で既に改正の一部ですが、ハリコや転記の一文に対してどのように感じる議員達なのでしょうか。
日本軍人同様に「生きて虜囚の辱めを受けるなかれ」と教えられた住民が崖から飛び込んだり、ガマに立て籠って降参の選択をせずに命を失ったこの場所、今は緑の木々と青い海と空、失われた命の清浄が成す現在の風景でしょうか。



12787.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 22時49分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 600, 161KB

一日程度では足りぬ膨大な事実記録を展示する「ひめゆり記念館」や「沖縄県平和記念資料館」ですが、膨大で重厚な事実記録に胸が押し潰されそうになる思いの4時間ほど、既に昼食時間もとっくに過ぎて気付いた空腹、逃げるようしてやって来た「おきなわワールド」という観光施設へとです。

先に有った鍾乳洞を軸にして沖縄観光の施設を新たに作ったようですが、先ずは玉泉洞に入る事としました。



12790.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのG
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 23時15分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 161KB

1キロ近く有ったかもですが、歩く途中には大空間が現れたり地下水が川のように流れる場所が有ったり、もしかしたら先の沖縄戦でも「避難壕になったのでは?」って、曲折や段差の有る薄暗闇を30分ほどです。
鍾乳洞を出た先は、南洋の植物や果実の生る植物園が有ったり、沖縄の農村を模したというエリアが有ったり、まだまだ先が続きます。



12791.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 23時28分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

沖縄の田舎に迷い込んだような集落を散策したり、沖縄の祭りで踊られるというエイサーという舞踊を見たり一緒に踊ったりもして、コチラもじっくりと巡るには一日掛りとなりそうな所で鹿児島行き航空便の時間までで過ごしました。



12792.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 23時43分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 159KB

沖縄ワールドを出て向かうはレンタカーの返却ですが、ママが要望の郵便局に途中で寄って普通預金もして、出発便まで那覇空港で過ごした沖縄最終日。
日も暮れて夜のフライトでしたが、1時間20分ほどで着いた鹿児島空港を出た時の寒いのナンノ!沖縄に馴染んだパパママの体は震え上がっちゃうほどの久々の体感なのでした。

ではでは 明日も早いのでもう寝るけど
本日のレポートは1日遅れとなっちゃうかも・・・トホホ


12778.パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 9時53分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 163KB

皆さま オッハーさまでごわす。って鹿児島市からデス。
真夏日(25度以上)になるかもという昨日(1/19・木曜)の沖縄諸島でしたが、距離にして約700キロを北上移動して飛行機を降りた夜の気温が10度だそうで、肌に寒さを感じた鹿児島の夜でした。

さてさて 爆睡から目覚めて、昨日レポートを発信です。
夜の飛行機まで「もう1日、沖縄を楽しもう!」って、雨予報だったけど意外やイガイ。
目覚めた時は窓ガラスを叩くような雨だったのに、朝食を終えて昨日同様にレンタカーを借りに行った朝8時頃には、青空が見えてきた那覇市内でした。
本日は「沖縄本島の南部を巡ろう」って、先ずは琉球ガラス村へとです。



12780.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 9時54分
Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 599, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

販売するその製品を作る工場を自由に見学が出来て、買い物はもちろん、写真撮影禁止ながらもガラスアートの前に置かれた値札表を見てビックリしたけど、ゼロを数え間違うような価格だという作品がズラリと並んだガラス美術館も見学です。
展示された大作たちに「へえぇ〜コレが100万円だって!」とか「ママ〜、こっちは300万だってよ」って言ってたら、ママ曰く「値段に驚かないで、作品に驚きなさい」って、「美しいものを 美しいと思える あなたの心が美しい」と相田光男さんも言ってたけど、ごもともなのデス。。。



12782.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 9時54分
Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 158KB

沖縄に来たら「絶対に行かなくっちゃ!」って、今から70余年前の日本の現実を決して忘れたり目を背けてはいけない、その現場となる「ひめゆりの塔」へとです。
献花の花を手に向かう記念碑前へとですが、思い出すのはパパママが結婚をした1975年の夏、皇太子夫妻だった現天皇と皇后様が慰霊のために立ったこの場所、中の壕に隠れていた男が火炎瓶や石をお二人に投げつけ献花台に当たって炎上、いわゆる「ひめゆりの塔事件」です。
敗戦を目前にして多くの命が失われた沖縄ですが、その事実を語るという隣接のひめゆり記念館へとです。



12784.Re: パパママの長期ウオーク旅行8日目 沖縄本島ドライブと鹿児島移動日 そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月20日(金) 20時28分
Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 165KB

気が付けば2時間以上も館内でしたが、当時は十代の乙女たち、ひめゆり挺身隊の生き残りとしてこの場に立ち語り部となって、忌まわしく辛く苦しかったその事実を後世の方々に知らせるべく努めた彼女たちも今は歳を重ねて・・・
何も知らぬまま戦場に動員された彼女たちが何を思って生き、何を思って死んでいったのか、沖縄線最終の戦場になったこの場所での事実を未来永劫、後世に伝えるべくリニューアルされたというひめゆり記念館です。
自然が作ったガマという地下穴を野戦病院として使い、その中で働かされた彼女たちが、兵士の汚物や治療で切断した手足などの部位を穴に捨てたという場所も、我々が歩くこの周囲なのです。

動画や写真や読み切れぬ文章が語る様々を、まだまだ見聞きしたかった思いも強かったけど、息苦しさに体も心も潰されそうで辛くなり館外に出てしまいました。
この地を離れる前に再度碑に向かって黙祷ですが、献花台の花がずいぶんと増えており、今も大勢の人が訪れるこの地です。


12771.パパママの長期ウオーク旅行7日目 沖縄本島ドライブと美ら海水族館 その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月19日(木) 5時22分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 166KB

皆さま ハイサ〜イ! そして、我が掲示板にめんそーれ!!

まだまだ寒さが厳しいという我が愛知小牧を離れて早一週間、最低気温が19度の沖縄本島に居る現在ですが、表記タイトルの通り1/18(水曜)はレンタカーを借りて沖縄本島をドライブなのデス。
2人だけなので「軽自動車でOK」と安さを基準に手配をしましたが、用意してくれた排気量1800ccの車がコレだけど、各種保険も込みで朝8時から12時間でナナ・ナント3160円(◎_◎;) しかも500円分のガソリンサービス券もオマケに付いており、実質はもっと安価でして本当にビックリ価格なののデス。
那覇中心街の東横インから歩いて5分のレンタカー店で車を借り受けて早速にドライブですが、時間がタップリの本日ですので「西海岸沿いを走ろうか〜♪」って、一般道で北上し、キャンプギンザーや普天間や嘉手納基地など、後部から火を噴く戦闘機が腹に響く爆音を轟かせて次々と飛び立つ広大な米軍基地も車窓から眺め、北谷(ちゃたん)や読谷村(よみたんそん)や万座ビーチなどを巡って走って3時間弱、11時前に到着の本日の目玉「沖縄海洋博公園」へとです。



12772.Re: パパママの長期ウオーク旅行7日目 沖縄本島ドライブと美ら海水族館 そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月19日(木) 5時53分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 150KB

初めての沖縄ながらもニュースに話題の各地名に勝手知ったるかのようにスイスイのドライブ、施設名通りに今から40年以上前の1975年に開催された沖縄海洋博が開かれた場所を再整備した施設でして、愛知県の愛地球博公園同様の海岸版のようです。
早速に園内へとですが、入場料が要るのかと思ったら無料で、園内に点在の一部有料施設に入る際に入館料が要るとのことで、施設規模は夏場は泳げるという北端のエメラルドビーチから南端の熱帯植物園まで3キロ近く、園内だけでウオーキングが出来るほど広大です。
大多数の方々は海岸沿いに建つ園内施設「美ら海水族館」へと歩を進めるようで、パパママも後に続きます。



12773.Re: パパママの長期ウオーク旅行7日目 沖縄本島ドライブと美ら海水族館 そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月19日(木) 6時5分
Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 156KB

パパママのペアルックに「デージ・イーサー」って「とってもイイね」って意味だそうだけど、陽気なスタッフに迎えられて入館ですが、珊瑚の海や熱帯魚の海など、前日那覇国際通りの市場に並んでいた魚貝類が、そのまま生きて水槽を泳いでいますし、中には見たことも無かった1m近い体長のエビや、不思議な色形の魚たちがいっぱい。
海の生物の不思議に、どれもじっくりと見ていると時間を忘れさせるほどの楽しさです。



12774.Re: パパママの長期ウオーク旅行7日目 沖縄本島ドライブと美ら海水族館 そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月19日(木) 6時23分
Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 600, 157KB

そして見たかったココにたどり着くまで既に2時間、テレビで何度も見てはいるけれど、自分の目で直接に見て改めて驚きと感心の巨大なジンベイザメの居る黒潮の海へとです。
寿命も最大長も出産の様子も未だに不明だというジンベイザメの研究だそうですが、ココで飼育して21年、4mほどだったものが現在は8.7mにまで成長しているジン太君だそうで、同じ水槽に居る大きなマンタやマグロたちがとても小さく感じます。



12775.Re: パパママの長期ウオーク旅行7日目 沖縄本島ドライブと美ら海水族館 そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月19日(木) 6時55分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 165KB

圧巻の巨大なジンベイザメたちの泳ぎを眺めて動かぬ我がママでしたが、ワタクシはと言いますと、プッと吹き出す笑いをこらえているのか恥ずかしいのか?こういう「愛嬌の有るヤツが好きなんだよネ〜」って何時間でも見ていられる海の不思議たちなのです。
施設の様々を見せてもらえ、マナティ館や海ガメ館など、一日居ても飽きぬ公園内施設です。



12776.Re: パパママの長期ウオーク旅行7日目 沖縄本島ドライブと美ら海水族館 そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月19日(木) 6時55分
Original Size: 800 x 599, 151KB Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 166KB

野外施設ではイルカのショーもですが、ジャンプやボールを口先に乗せて運ぶのは当たり前で、今は手で箱を持って立ち泳ぎで運んだり、スタッフとコント紛いの演技をしたりとイルカたちの頭の良さを実感する数々です。



12777.Re: パパママの長期ウオーク旅行7日目 沖縄本島ドライブと美ら海水族館 そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月19日(木) 7時7分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

海洋博公園を出て、レンタカー会社からもらった地図に有る推薦のレストランで食事をしたり黒糖工場を見学したりと過ごした一日ですが、午後4時頃から本格的な雨となった沖縄地方でして帰路となった1日です。

さあぁ 夜通し降っていた雨も上がって、本日は夜便で那覇から鹿児島に移動ですので
もう1日レンタカーで沖縄観光を楽しもうと思っています。

朝食時間ですので、でわでわ 昨日レポートはコレにてネ〜♪


12761.ウオーク全日程を終えて久米島を離れ、2人して初となる沖縄・那覇への移動となる旅の6日目 その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月18日(水) 4時47分
Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 157KB

皆さま オッハーさまでございます。 そして、我が掲示板にめんそーれ!!

前夜祭から四日間続いたウオーク行事を終えて帰島日を迎えた1/17(火曜)ですが、慣れない自転車に下手なハンドルさばきで朝から向かうは久米島博物館へとです。
館内は撮影禁止の為、受付横に掲示のパネルにより皆さまにも久米島の場所の説明ですが、鹿児島と台湾とのほぼ中間に位置するココでして正に南国、春風が暖かく気持ちの良い今朝なのです。



12762.Re: ウオーク全日程を終えて久米島を離れ、2人して初となる沖縄・那覇への移動となる旅の6日目 そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月18日(水) 5時8分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 600, 166KB

島の南部を歩いたウオーク初日、北部を歩いた2日目日曜日、そしてせっかくウオークの月曜は東部、本日は西部地区を自転車で巡るパパママですが、たっぷりと日にちを掛けて惜しむかのように過ごす日本列島南端の久米島です。
展示室では島の成り立ちや歴史・文化もですが、心に残ったのはやはり敗戦に至る昭和20年、アメリカからでは無く、敗戦の混乱期に日本軍によってスパイの汚名を着せられて命を奪われた島民が20名以上も居たという事実、戦争というものがもたらす無慈悲な現実を歴史として記録もしね展示をしていた久米島博物館です。



12763.Re: ウオーク全日程を終えて久米島を離れ、2人して初となる沖縄・那覇への移動となる旅の6日目 そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月18日(水) 5時37分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 162KB

無茶苦茶ってほどでも無いけれど「機会が有れば記録としても残したいの」って言う貯金をして記帳される各地局印を集める我がママ、平日の本日は島内2ヵ所を自転車で巡りゲット出来て、満足の我がママなのです。



12765.Re: ウオーク全日程を終えて久米島を離れ、2人して初となる沖縄・那覇への移動となる旅の6日目 そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月18日(水) 5時35分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 154KB

本土を覆う大寒気団の影響を受けたか風も強く冷たい空気を感じた昨日から一転して、本日朝10時頃の外気温は20度に近いか、東シナの海を渡る風が緩く暖かな本日ですが、海沿いの素敵なロケーションを楽しみます。



12766.Re: ウオーク全日程を終えて久米島を離れ、2人して初となる沖縄・那覇への移動となる旅の6日目 そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月18日(水) 5時48分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 159KB

午後2時過ぎに離島だったために惜しむように過ごす半日ほど、町で沖縄そばやチャンプルーの昼食を食べたりもして、バスに乗って久米島空港へと午後1時です。



12767.Re: ウオーク全日程を終えて久米島を離れ、2人して初となる沖縄・那覇への移動となる旅の6日目 そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月18日(水) 6時3分
Original Size: 800 x 599, 162KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 156KB

久米島に来た時は雲も多く日暮れだったので風景も分かりませんでしたが、海沿いの滑走路に我々が今から乗る飛行機が現れたけど、大きなジンベイザメが機体に描かれたジェット機なのでした。
出発便搭乗アナウンスでは「久米島のんびりウオークにご参加の皆さま、桜の咲く久米島を楽しまれましたでしょうか?」「またのご来島をお待ちします。」って、我々の事を知っているかのようなアナウンスが流れたけど、可愛い絵の大きな飛行機で30分程の空の旅を過ごし、那覇空港へとです。



12768.Re: ウオーク全日程を終えて久米島を離れ、2人して初となる沖縄・那覇への移動となる旅の6日目 そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月18日(水) 6時14分
Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 167KB

空港からモノレールに乗って10分ほどの市内に有る東横インに移動ですが、荷物を置いて早速に出掛けた那覇の中心部だという国際通りへと、旅の場面は島の田舎から都会へと一転です。
大勢の観光客で賑わう土産物店が並ぶ通りを楽しみ、隣接の牧志公設市場では熱帯魚のような青や赤の魚が並べられ、豚の頭や足が並ぶのを見て、「沖縄に来たサ〜」を実感なのです。



12770.Re: ウオーク全日程を終えて久米島を離れ、2人して初となる沖縄・那覇への移動となる旅の6日目 その夜
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月18日(水) 6時25分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 155KB

アチコチを眺め歩いていたら日が暮れて夕食時間となり、大勢の呼び込みがメニューや割引券を持ってお店へと引き込もうとするけど、パパママは沖縄では有名な民謡歌手だという上原正吉さんのライブを見ながら食事が出来るというお店へとです。

簡単文の羅列ですが、朝食時間となりますので 昨日レポートはコレにて。
本日はレンタカーを借りて沖縄本島を観光とドライブです。
でわでわ ネ〜


12749.第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 3時17分
Original Size: 800 x 599, 152KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 164KB

皆さま 琉球久米島からハイサ〜イ!
2日目レポートを終えて、早速に昨日のウオークをアップです。

まだまだ最低気温が零下という日が続き残雪も残るという愛知小牧とは無縁の冬も常春の久米島を楽しむパパママですが、1/16(月曜)も島を挙げての対応でホテルの朝食も6時過ぎからだし、無料の送迎バスも7時過ぎとまだ夜が明けたばかりの車中から日の出を迎える久米島です。
本日の集合場所は島内東部の奥武島キャンプ場という所ですが、「島人ガイドと巡る福木の島」というタイトルで、集合場所には連日ウオークで親しくなった方々や、旧知の歩友の東京の康兵衛さんもご参加です。



12750.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 3時41分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 151KB

当初は「のんびりウオーク」のテーマに従い朝をゆっくりのスタートで計画していたそうですが、帰島の方々が午後2時過ぎに久米島を発つ飛行機に間に合うようにと早い時間に再設定をした今回だそうで、8時に集合して出発式とストレッチをして早速に本島と奥武島を繋ぐ橋を渡って仲里地区へとです。



12751.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 4時0分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 165KB

歩きながら康兵衛さんが「なんか道路も広いし立派だね」って言い「もしかしたら皇族が来たんじゃない」って言っていたけど、仲里庁舎の入り口に平成24年に天皇皇后両陛下来島の碑が有り大正解。
人口8,000余の小さな島ながらもアップダウンの多い登武那覇(とんなは)の丘を越えて真謝地区(まじゃ)へとです。



12752.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 4時47分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 600, 160KB

大昔に大海を渡る船が目の前の沖で座礁してそれを助けたという真謝地区の村人たちだそうで、感謝のお礼にと伝授された紬の技法が起源となって、生活を潤わせた真謝の女たちだそうです。
一般的には「糸紬」や「染色」「織り」と分業が多いそうだけど、全てを一人でこなす真謝の女性たちで「ワシが息子たちを大学までやったサ」とか「この家を建てたサ」って、女ながらも生計の軸を成して胸を張って生きるこの地区だそうです。
参加者を7名ほどのグループに分けてボランティアガイドの方が案内してくれましたが、染色に使うという大量の水の為の井戸や、絹糸を茹でるための竈の煙突がどの家にも有り、染めた糸を干すための物干し台もです。
冬場のこの時期、染色作業に勤しむ村の女性たちですが、庭に入って見せてもらったけど、植物の根や茎や葉っぱ、又は地元の赤土や鉱物を使うなど、様々を試してどのような色に染め上がるかが楽しみだそうで、一輪の糸を何十回も染めては干してを繰り返し自分独自の色を生み出すのだそうで、おばぁが語るに「心を染めて心を織るサ」って、夫婦喧嘩をしたりしたら満足な染色に成らぬそうです。



12753.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 5時4分
Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 163KB

おじぃおばぁと神様を大切にして魔物を信じる沖縄地方には、「マジムー」という村の中を駆け回る魔物が居るそうで、T字路の突当りや家の角などに「石敢當」(せきがんとう)が置かれ、「敢えて石に当たる」と書かれたコレにぶつかって魔物が砕けるって言う家のお守りだけど、ちょっと笑っちゃうようなオッチョコチョイのようで可愛い、我々には見えぬマジムーなのです。
そして玄関の前も同様に邪気が入らぬようにと樹が植えてあったり、屋根には家を守るというシーサーも鎮座です。



12754.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 5時20分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 165KB

過って島を統治する琉球王朝の出先役所が有ったという「仲里間切蔵元跡」へとで、珊瑚石を加工して暴風の壁として作ったと言いますが、370年以上前にジグソーパズルのように凹凸を作って積み上げたその技だけでも感心ですし、風の強い本日でしたが中に入ると暖かささえ感じるココで、今は地区の子供たちの遊び場や夏祭りの会場になっているとの事です。



12756.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 5時49分
Original Size: 600 x 800, 157KB Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 600, 167KB

東南アジアや中国との交易も盛んだったという琉球王朝ですが、中国の属国に位置したという琉球国王が変わるとその即位を認める文書が発布され、それを届ける「冊封船」が久米島を通過したことを琉球王朝に知らせるのが重要な仕事の一つだったという「仲里間切蔵元」。
ガイドが指さす場所に狼煙台が有り、四つの島を繋いで沖縄本島の王朝に知らせるのに要した時間がわずか30分ほどという早業だったとの説明です。
見張り台の上から見る風景は、当時はすぐ目の前が海岸だったと言いますが、今は埋め立てられて沖が遠くになっています。


阪神神戸大震災に黙祷



12757.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 6時0分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

台風などの害を防ぐ福木(ふくぎ)と呼ばれる太く高くなる大きな木で家を囲いますが、ネックは落ちる実が臭いそうで、常緑ながらも本州のイチョウの木のギンナンような感じでしょうか?
ツツジが咲きハイビスカスが咲き、愛知では鉢植えの観葉植物が地面から育っています。



12758.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 6時21分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 165KB

真謝地区を離れてスタート地に戻りますが、スタッフのお一人が途中のサトウキビ畑で収穫作業の様子を見せてくれました。
写真を上手に撮れなかったけど、鎌の先端部が二股になっていて茎の枝葉が上手に払えるようになっていて、穂の先の葉っぱは鎌本体部でバッサリとして、切られたその葉は牛の餌になるし、茎の部分は製糖工場に売るのだそうです。
さあぁ 丘を越えて橋を渡って奥武島に戻りましょうかネ〜



12759.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 6時36分
Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 165KB

真謝地区を丁寧に散策もして11キロのせっかくウオークでしたが、陽が射すと暑いほどの太陽を浴びながらの無事にゴールとなりました。
全国にも出歩かれ親しい方も大勢のようですが、久米島に縁を持って40年近くだという本大会運営の主役としてご活躍の藤井さん(右ハリコのパパ等と似た△帽子の方)や、黒いスエットの方は久米島ウ協の会長さんでして、共に本大会の無事の完了を祝って記念のパチリです。
昨年度は極寒の気候で雪も舞う天気だったそうで、「地元の方の参加も少なく、寂しかった大会でした」って言っていましたが、今年は大勢の参加が有り「嬉しかったわ〜」って、今から疲れの出るお二人でしょうか?
お陰で目一杯に楽しめたウオーカーたちなのでした。



12760.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」 せっかくウオークに参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 6時52分
Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 153KB

用意して頂いたお弁当を芝生の上で食べて解散となりましたが、スタッフの方にお礼も言い、本日午後の飛行機で帰路に就くという東京の康兵衛とも指宿での再会を約束して、パパママは海洋深層水のプールが有るバーデハウスでくつろぎ夕方にホテルに戻りました。
バスを降りてホテルへの道を歩いていたら「たけひさ〜ん」って、誰かと思ったらトムご夫妻でして、我々が泊まったホテルのすぐ近くで英語スクール「トムズABC」を開く彼なのデス。

島に来て三回も出会い、一緒に歩くことも出来ましたが、また会えますでしょうか?!
本レポートはコレにてデス。

パパママは本日午後便で沖縄に移動ですので、半日は自転車でまだ行けていない島内を巡ったり、ママが寄りたいという久米島郵便局で貯金もしたいと思います。
ではでわ ネ〜


12744.第10回記念「久米島のんびりウオーク」二日目に参加の一歩たち そのI 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 1時21分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

皆さま 琉球久米島からめんそーれ
来島して以来早五日目を過ごすパパママですが、連日の様々のスケジュールを目一杯に過ごしていて、ホテルに戻ってベットでちょっと横になったら即爆睡となってしまい目覚めた先ほどデス。

さてさて 先ずは1/15(日曜)2日目レポートの続きからです。
スタートから緩やかながらも延々と続く登り道を標高309.9mの宇江城岳(うえぐすくだけ)頂上部へと向かい、自衛隊レーダー基地を通り抜けましたが厳重な管理がなされていて入門時に一人一人に許可証となる連番のタグを首に付け、途中では本人確認のチェック、そして反対側の出口でタグを返して出門確認です。
基地内はほとんどが撮影禁止エリアで、東シナ海を含む全島一望のロケーションや、隊員の方々からのお茶やお菓子のお接待もお腹と記憶に留めて退出でしたが、山頂にある宇江城城址を眺めながらの下山となりました。
火山噴火により西ノ島が海上に島の面積を増やしている現在ですが、大昔に同様の歴史を成して形成のこの島、一つ一つの火山岩にも様々の由緒がありコレは「太陽石」といいます。



12745.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」二日目に参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 1時42分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 165KB

島に六つの小学校だというその一つ北部地区の比屋定小学校ですが、南国の暖かさを表すように咲いていた花には黒い蝶々が舞い、ガジュマルの樹は通う小学校の子供たちのいたずらか?気根からヒゲのような根が伸びていたのを三つ編みにしていて、我がママは「コレって自然〜?」って聞いていたけどそんな訳はアリマセヌ。



12746.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」二日目に参加の一歩たち そのK
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 2時2分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 159KB

久米島を歩きながら延々と続くサトウキビ畑を眺めてこの島の基幹産業であることを実感ですが、泡盛の工場にも寄って試飲をさせて頂いたり、パイン園で生ジュースを頂いたりとアチコチに寄り道もして、ローマ字表記が無かったら読めぬ仲村渠(なかんだかり)地区を進む午後1時半です。



12747.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」二日目に参加の一歩たち そのL
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 2時17分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 167KB Original Size: 800 x 600, 165KB

余談だけだけど、北海道の片田舎で缶詰めじゃない本当のパイナップルを目の前にどう切るのか悩む母親と、生まれて初めて生を食べた子供の頃、勝手にバナナのように木の上から実が下がって生っているのかと思っていたのが、実が上で下に葉っぱだなんて誰が想像出来ますでしょうか?!
そのパイナップル畑は実が刈り取られた後のコレ(左ハリコ)だけど、台風対策のため漆喰いで瓦を固めた家の庭木がヤシの木だったり、遠目の海には島を結ぶ白い連絡船が見えたりと、ウオークを知らなかったら来ることも無かったかもの日本列島南端の様々を目にして、来て良かったと万感迫る思いの道産子パパなのデス。



12748.Re: 第10回記念「久米島のんびりウオーク」二日目に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年1月17日(火) 2時48分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 157KB

NO12743右ハリコの場所が比屋定パンダ(ひやじょう)という所でしたが、昼食休憩は運が良ければクジラの泳ぐのが見られるという標高200mの場所にあるお土産屋さん、ソーキそばが100円だし、カレーライスは空の器をもらって自分で勝手にご飯もルーも盛り放題で250円というびっくりランチタイム、9時にスタートしてアチコチで足を止め寄り道もしてゴールが午後2時、地域の皆さまの温かい拍手を受けて無事に20キロコースのゴールが出来ました。
コース途中の道案内や安全スタッフの皆さま、会場を盛り上げたスタッフの皆さま、本日のお天気同様に雲間が取れて晴れるが如く、どなたもが素敵な笑顔で温かい心がそのままコチラの胸にシッカリと届く対応をして頂けて、素晴らしい春を実感のウオークとなりました。

ではでは 2日目レポートはコレにてネ〜



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb