[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
パパとみんなの掲示板
みんなの掲示板と言いつつ「パパママのウオーキング日記」も兼用と致しますデス!気軽に素早くお伝えするにはコレが具合良いんだよネー!  写真はクリックすると大きな絵で見られますので、どデカクして楽しんで下さいませませ。 ではでは ココの主の竹樋パパからでアリマシタ。 尚トップページへの移動は左上の[ホームページ]をクリックしてどうぞ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





13110.第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのF 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月26日(金) 7時39分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 599, 160KB Original Size: 800 x 600, 132KB

皆さま オッハーさまでございます。
朝鮮通信使友情ウオーク天竜川−掛川間以来、2週間振りの雨となった昨日からの東海地方ですが、乾いた土に恵みの雨となっている愛知小牧の今朝です。

さてさて 残った5/21レポートの続きデス。
初日は何を勘違いしたのかと思うように先頭を競って走る集団が居て、途中の接待や昼食会場の準備も間に合わぬままに通過して行った彼らだったそうで、今朝の出発式では参加者に注意要望が有りましたが、やはり昨日同様に走る先頭集団だったけど、コレは頂けたでしょうか?
歩き始めて小一時間ほどですが、冷たい豆腐をお接待の川合神社境内です。
並ぶ参加者に割り箸を配り、渡された豆腐パックのフタを取って豆腐の中央に穴を開けると、そこに手際良く醤油と大量の安曇野ワサビを乗せるのですが、そのワサビの量にビックリ( ゚Д゚)
でも「大丈夫だから」って言われて混ぜて食べると、本当に鼻にツンと来るけど豆腐の甘さ冷たさと醤油の香りが相まってすごく美味しい!!
「美味しい!」の声がアチコチからですが、「うれしいわ〜」ってスタッフの女性たちなのデス。



13111.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月26日(金) 8時47分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 599, 151KB Original Size: 800 x 599, 154KB

まだ山も海も川も定まらぬ時代、久米路の岩山をも打ち破って千曲川筋を越後日本海へと開いたいう龍神・泉小太郎ですが、それが所以となって犀川と名付けられた落合までなのです・・・犀(サイ)は、鼻の先に角を持ち鎧の体のアフリカの猛獣サイのことです。
以来、海だった安曇平が肥沃な大地に変わり栄えたこの地だそうで、龍神・泉小太郎を称えてお宮を建立して祭神として祀った川合神社なのです。
両部式の鳥居をくぐり出て歩く安曇野の等々力君(左)や、上田のありす親子(真ん中)とスタートからずーっとご一緒ウオークですが、素敵な景色の中で歩が弾みます。



13112.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月26日(金) 8時58分
Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 601, 140KB Original Size: 800 x 599, 156KB

田植えに忙しい池田町の朝からですが、途中では年に三回しか開けないという十一面観音堂が特別にウオーカーの為に御開帳の本日でして、天井絵などの説明も頂いて、アチコチで足が止まります。


13105.池田町  北アルプス展望ウォーキング 返信  引用 
名前:岐阜の河童    日付:2017年5月25日(木) 10時43分
Original Size: 640 x 480, 80KB Original Size: 640 x 480, 83KB

 参加有難う御座いました。私も三方五胡ツーデー、和歌山海南ツーデーにも参加したいですが池田町の宣伝マンで皆様に紹介しているので連続賛歌んを更新中です。天候に恵まれ楽しく歩けました。今回初日で物見湯産手形無料入浴12回達成、受付の方に29年度4月購入で達成手形は初めて見たとの事でした。2日目は、大会無料券で、やまなみ荘で入浴しました。来年も元気だったら池田町に行きましょう。秋にも広津紅葉散策ウォーク、信濃池田鉄道跡ウォークなども開催ですので又連絡します。アリババさんも参加お待ちしています。28日は、笠置山ナンジャモンジャウォーキングで再会楽しみにしています。



13106.Re: 池田町  北アルプス展望ウォーキング
名前:貯金おじさん    日付:2017年5月25日(木) 18時52分
岐阜の河童さん 、管理人パパ
お晩でーす(今は使う方は稀ですが、この辺の夕方の挨拶)
「池田鉄道廃線路ウォーク」について伺うため、16時過ぎ池田町観光協会に顔を出しました。まだ具体的では無いが必ずやるとのこと。幾らか聞かれた事にアドバイス。内山さん、河童さんに教えてもらったのでこの掲示板見たとのこと。


13107.Re: 池田町  北アルプス展望ウォーキング
名前:貯金おじさん    日付:2017年5月25日(木) 18時58分
Original Size: 958 x 1280, 410KB

市民タイムス〔2017.5.21版〕



13109.Re: 池田町  北アルプス展望ウォーキング
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月26日(金) 6時53分
岐阜の河童さん 貯金おじさん オッハーさまでございます。

岐阜の河童さん 写真ハリコを頂き有難うございました。
堀さんのお陰で信州方面のウオーキングに足を運ぶ機会が増え、物見湯産手形も堀さんには負けますが、4月から既に6ヵ所を巡っているパパママです。
我々も2冊目に挑戦したく、これからも東濃や信州のイベント情報を宜しくネ〜

貯金おじさん 道産子のワタクシですが、北海道でも夜の挨拶は「おばんです」デス。
市民タイムスの詳しい全文のご紹介を有難うございました。
年々増える参加者のようですが、主催のスタッフや地域の皆さまの変わらぬ、イヤイヤ、より一段と濃厚さを感じる真心と優しさ温かさに接して、身も心も解けるような2日間でした。

秋の「池田鉄道廃線路ウォーク」などの情報もお待ちしますネ〜

13098.第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月24日(水) 6時19分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 601, 142KB Original Size: 800 x 600, 153KB

皆さま オッハーさまでございます。
日韓を含めて月曜日に完歩達成の朝鮮通信使友情ウオーク本隊の皆さまは、ゴール達成から2日目となる今朝、それぞれどのように過ごして居られますでしょうか。
韓国隊も日本隊も自宅に戻ってホッと疲れた体を癒しておられるのか、はたまたゴールの余韻に浸って現在も東京に居られるのか、応援ウオークで出会った皆さまのお顔を思い出している今朝ですが、本当にお疲れ様でした。

さてさて 5/21(日曜)レポートの開始です。
大町温泉郷で車中泊のパパママでしたが、前日ウオークの疲労も有って熟睡、目覚めたときは涼しいながらも既に真っ青な青空の朝でした。
起床後は早速にコンビニに移動をして朝食を手に入れて、高瀬川沿いの公園でイスとテーブルを出して、朝日を浴びて光り輝く北アルプスを眺めながらのモーニングタイム、ナンと贅沢な事でしょうか。
定刻となって会場入りですが、今朝の新聞に本ウオークの記事が大きく載っていたけど、取材を受けたカッパの堀さんのコメントも記事の一文となっていました。
まったりとした出発式前だけど、オーイ・ミンナ起きてるか〜い?!



13099.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月24日(水) 6時48分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 800 x 600, 141KB

栃木のだっぺおじさんこと須賀さんと茨木の戸塚さん(左ハリコ)とや、この春の須坂ツーデーで初めて出会った上田市の親子(真ん中)とも再会、カッパの堀さんに教えてもらったけど飯田ツーデーで降旗さんと一緒に本部席に並んで居たお顔が記憶の(右)お名前は何て仰いましたかネ〜?



13100.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月24日(水) 7時21分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 600, 143KB Original Size: 800 x 600, 144KB

出発式が始まりましたが、前日に続いて池田町長・甕(もたい)さんのご挨拶もですが、この赤い服は池田町観光ボランティアグループ「ガイドマスター」の制服でもあり町長もその一員です。
「簡単な質問は私に、難しいことは他の人に」って笑わせていましたが、小牧から団体参加だという住友理工(株)さんの事も紹介なのでした。
そのグループのお二人に声を掛けたら、ナナ・ナント、我が家と同じ町内だと言い、以前は「東海ゴム」と言っていたのが親会社となる「住友理工」に社名を変更した3年前だったそうです。
東海ゴム時代から深い交流だそうで、「東海ゴムの森」というところの管理のために信州池田町を年に数回訪問、昨日も植林や間伐作業だったそうで池田町にお泊り、その30余名が本ウオークに参加の本日だそうです。



13101.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月24日(水) 7時38分
Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 139KB

大きなスピーカーのスタッフの方(左ハリコの黒い服)から、道に迷ったり歩行困難となった場合の緊急連絡の際に「山が見えるとか、田んぼの横って場所の説明はダメです」って注意ですが、池田町は何処に居ても山が見えるし田んぼばかりなのデス。
本日も真っ青な快晴の中、ふーみん・てるみんや長野朝日放送ユルキャラのりんご丸に見送られ、有川さん(左ハリコの赤帽子)の檄でイザ・スタートとなった、9時10分です。



13102.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月24日(水) 7時47分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 141KB Original Size: 800 x 600, 154KB

スタート後は北アルプスを正面に見て素晴らしいロケーションですが、飯田のスタッフと元ウオーキングマガジンの山木さん(左)は以前から親しいそうで、昨年も一緒をした安曇野の等々力君(真ん中ハリコの左側)も参加の本日、残雪の山並みに向かって歩が弾みます。



13103.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月24日(水) 8時7分
Original Size: 800 x 600, 148KB Original Size: 800 x 599, 147KB Original Size: 800 x 599, 153KB

好天に恵まれてより一段と映える白銀の山並みですが、ミンナのご機嫌な様子がピカピカの鏡となった田んぼに映ります。
通る横の延命地蔵尊に足を止めて手を合わせてお参りもますが、互いを見つめて抱き合うような道祖神は、賑やかに目の前を通る我々を何を思って見て居られるのでしょうか。



13104.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」2日目に参加の一歩たち その@
名前:諏訪のアリババ    日付:2017年5月24日(水) 19時13分
なかなか会えないニアミスの最近ですが、何か縁・・は感じますね〜みんな揃って近くにいるような・・・です。
池田Wも参加はしてみたいのですが・・これまた都合がうまくいかずに・・です。お元気のようなのでまたどこかで!


13108.朝鮮通信使友情ウオーク、お疲れ様でございました!
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月26日(金) 6時34分
諏訪のアリババさん オッハーさまでございます。
事前に通信使ウオークのご参加日程をお聞きしながら当方の都合と会わず、銀座数寄屋橋の真知子と春樹の如く、すれ違いを繰り返した5月でしたが、コレもご縁の成せる技でしょうか?
偶然の出会いを楽しみにしているパパママですので、また何時かのバッタリを互いに期待しましょうネ〜♪

13088.20日のお姿 返信  引用 
名前:貯金おじさん    日付:2017年5月23日(火) 7時4分
Original Size: 1024 x 768, 265KB

信州池田町観光協会のFacebookにお写真がありました



13097.Re: 20日のお姿
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月23日(火) 10時7分
貯金おじさん オッハーさまでございます。

早速に写真ハリコを頂き有難うございます。
2日続きの青空に恵まれた池田町でしたが、ウグイスやヒバリの声を聴きながら2日目も楽しんで来ました。
次回の出会いを楽しみにしております!!

13087.第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのE 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月23日(火) 6時53分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 599, 158KB

皆さま オッハーさまでございます。
昨日日比谷公園にゴールをした第六次朝鮮通信使友情ウオークの皆さまのようですが、52日間の健闘に唯々、畏敬の念を以てご祝福と完歩のお祝いを申しあげます。
ご縁が有って、今年も応援ウオークに参加させて頂いたパパママですが、初めて歩いた浜松以東の旧東海道は実に新鮮でしたし、短期ながらも本隊の皆さまとご一緒して日韓交流友情ウオークの素晴らしい体験をさせて頂き、有難うございました。

では表記レポートの続きです。
田植え作業真っ盛りの田園風景と咲く花たちを楽しみながら2時間ほど、南北に細長い池田町の東部丘陵を北上して一旦は大町となる国宝・仁科神明宮にお参りもして戻った堀之内かかし村へとです。
年々、この案山子たちの制作精度が上がっているようで、我がママが「危ないよ〜」って駆け寄り梯子を登ろうとしている子を支えていたけど、ブランコや木登りもその遊ぶ様子は本物と見間違うようデス。



13089.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのF
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月23日(火) 7時15分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 599, 151KB Original Size: 800 x 600, 160KB

本物の村人たちを連れて来てそのままココに座らせたようなアレコレですが、思わず一緒に座ってこの北アルプスと田園風景の中に自分も溶け込んでしまいたいほどのどかな気持ちのお昼前です。
ところで我がママが手にしているのは2週間ほど前に手に入れたスマホですが、撮った写真をそのまま「ママの何でも落書き帳」にアップしたり、ラインで子供たちに送ったり、正に習うより慣れろのスマホ人生でアリマす。



13090.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのG
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月23日(火) 7時40分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 154KB

本大会ではお弁当の心配が不要で、昼食会場では箸とお椀を持って列に並ぶと、「食べたいだけどうぞ」っておにぎりに豚汁と漬物やお総菜も、「お替りも遠慮しないでヨ〜」って、こんなウオーキング大会を他所では経験出来ません。
我々も列に並びますが、真ん中ハリコの通り本日のご一緒ウオークは右から上伊那のHALさんや、カッパの堀さんと同名の竹馬の友の堀たっちゃん、我がママの後ろには早朝からバッタリと出会った貯金おじさんと、「私は真面目な男です」がキャッチフレーズの埼玉の山木さんもデス。
ほくほくの美味しいお米で握られたコレに手製だという何種類もの違う味の味噌を塗ってパクリ、具沢山の豚汁も相まって自然を眺めながらのランチタイムとなりました。



13091.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのH
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月23日(火) 7時55分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 151KB

北海道でも30度を超すなど全国的に暑い一日でしたが、ここ北信の池田町も北アルプスを抱えながらも標高は800mほど、太陽に近い分だけ紫外線も強烈で、農作業に使うのであろう日除けの中でどっかりと昼食休憩を過ごした我々です。
カッパの堀さんは初回から連続10回参加で地元の方々とも既に旧知の友、お昼のお接待を頂いた親しい仲の女性たちと記念のパチリもしてお礼を言って、さあぁ〜ゴールを目指すヨ〜ン♪



13092.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのI
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月23日(火) 8時8分
Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 599, 157KB

「食べて飲めば出したくなる」コレは自然の摂理ですが、早速に池田町ガイドマスターと一緒に連れションのカッパの堀さんデス・・・ってのはウソで、立小便の案山子さんの横で同様のポーズをする堀さんなのでした。
そんな姿を笑いながら池田町の中心市街へとですが、降旗さんのお母様の実家だという大きな作り酒造所の前を通って歩を進めます。



13094.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月23日(火) 9時33分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 155KB

昔から豊かな田園と広大な桑畑に盛んな養蚕業だった池田町だそうで、大正初期の機関車が走るという情報にうるさいし空気が汚れると反対運動が起きた結果、高瀬川を挟んで西隣の松川村側を通った大糸線だそうですが、今としては「おらが町に走っていれば」って思う方も多いというこの町です。
その勢いの有った時代を思い起こさせる、今も8台の絢爛豪華な山車が並ぶ池田八幡神社へとです。



13095.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのK
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月23日(火) 9時51分
Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 600 x 800, 151KB Original Size: 800 x 600, 163KB

8台の屋台の提灯に火を入れて夜まで練り歩く、360年余も続くという秋の八幡神社例大祭だそうですが、本ウオーク大会のために全ての山車蔵の扉を開けてお囃子も披露の本日、絢爛な出し飾りを暫し眺めて目指すゴールへとです。



13096.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月23日(火) 10時2分
Original Size: 800 x 599, 158KB Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 157KB

かなりゆっくりとアチコチで足も止め、各所でのお接待にも甘えて過ごした5時間ほど、午後2時前に16キロを歩いて会場に戻った我々です。
この時期にしたら異常な高温となった列島各地だそうで、30度を超えたというここ池田町でしたが、やはり緑陰の乾いた空気は涼感を感じ、気持ちよく過ごした一日となりました。

ゴール後は物見湯産手形で入浴が出来る大町温泉郷の「薬師の湯」へとでしたが
ではでは 明日もまた歩くネ〜


13085.池田町のかかし夫妻 返信  引用 
名前:貯金おじさん    日付:2017年5月22日(月) 7時56分
Original Size: 1024 x 1024, 413KB

写真を縮小してみました。



13086.Re: 池田町のかかし夫妻
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月22日(月) 9時47分
貯金おじさん ハリコを頂き有難うございます。
ブルーシートに座って、村人に交じって聴いた太鼓演奏でしたが、リアル感の有る案山子たちとのコラボレーション画像を有難うございました。

次の出会いを楽しみに、また信州にお邪魔させて頂きますネ〜♪

13083.今日も暑かったでしょう 返信  引用 
名前:貯金おじさん    日付:2017年5月21日(日) 12時54分
昨日は朝食からご一緒出来て楽しい一日でした。
露天風呂で2堀氏とパパのヌードを待ったのですが、見れなくて夜は熟睡できました。太鼓演奏のかかしに紛れ込んだ竹樋夫妻の写真をここで送ろうとしたのですが、容量制限で拒否されてしまいます。今度海外の大会でお目にかかれる時にお渡し出来ればと思います。ダメ元で我がアリババさんとの交流手段、Facebook開設に挑戦頂ければと願っております。



13084.Re: 今日も暑かったでしょう
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月22日(月) 6時50分
貯金おじさん オッハーさまでございます。

こちらこそ偶然の出会いとなった北アルプス展望美術館駐車場での早朝でしたが、モーニングタイムをご一緒して久々に同歩も出来て、より楽しい一日となりました。
完歩後の大町温泉郷行きでしたが、夕食レストランが午後4時でクローズの情報に躊躇して周辺施設の検索に手間取り、池田町を出るのが遅れてしまいました。
電話で「薬師の湯」に問い合わせたところ飲食物持ち込みOKの返事を頂き、途中でコンビニに寄ったりもしていて更に到着が遅くなり、裸のお付き合いが出来ず失礼さまでした。

本掲示板は画像ハリコの容量制限があって一回送信に500KBが上限となっています。
ですのでワタクシのレポートでは、1枚を165KB程度に圧縮をして3枚アップしております。
ではでは Facebookとやらへのチャレンジまで 今暫くネ〜

13080.第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのB 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月21日(日) 5時47分
Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 599, 158KB Original Size: 800 x 600, 150KB

皆さま オッハーさまでございます。
ただ今、信州大町温泉郷・薬師の湯駐車場から発信ですが、既に太陽も登って快晴の朝、外気は今朝も10度ほどかと思われる凛と気持ちの良い北信の朝です。

さてさて 「この景色の中を歩きたくって!」ってやって来た本大会ですが、何処を歩いていても北アルプスの山々が目に飛び込んでくるし、目線を下にしても鏡のように水田に張られた水に写って、絶景のロケーションの中でのウオーキングなのデス。



13081.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月21日(日) 6時1分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 800 x 600, 162KB

北信地域では爺ヶ岳に「種まき爺さん」が現れたら田植えの開始じゃ、って事だそうですが、地元の降旗さんに教えてもらって眺めた爺ヶ岳に、立つ爺さんと撒く種の様子が標高2500mの斜面に黒いシルエットになって現れていました。
実際に農作業に忙しい田んぼの中でしたが、コース案内のスタッフの笑顔に迎えられて田園の中を進みます。
今回初めて出会った新潟のお二人からは「是非とも新潟へも」って誘われましたが、協会設立10年の新潟ウ協の役員をされているそうです。



13082.Re: 第10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月21日(日) 6時10分
Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 149KB

昨年に続いて2度目の参加ですが記憶に深いこの道たち、前年と逆コースの初日でしたが、初めて寄った社殿自体が国宝に指定されているという仁科神明宮へとです。
境内の杉の巨木からも悠久の歴史を感じさせますが、本殿にお参りをして戻った大鳥居横では、冷たい豆腐プリンのお接待を頂けました。


13078.10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち その@ 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月20日(土) 18時30分
Original Size: 800 x 600, 123KB Original Size: 800 x 599, 134KB Original Size: 800 x 600, 156KB

皆さま おコンバンわ〜
ただ今、信州大町温泉郷にある「薬師の湯」から発信ですが、ご一緒ウオークをした岩村カッパの堀さんと同級生の同名堀さんや、長野の貯金おじさんこと降旗さんは既に帰られた現在デス。
パパママは本日も定刻まで温泉施設内で過ごして車中泊となりますが、何度も繰り返して温泉につかったりビール片手に湯冷ましをしたり、歩行の疲労もあり車内のお布団に入った途端に爆睡スイッチが即オンの連日です。

さてさて5/20(土曜)朝、岡谷温泉ロマネットの駐車場にて目覚めたのが既に朝日に明るい朝四時半、諏訪湖畔から移動をして小一時間、コンビニで朝食を手に入れ、昨年も来た北アルプス展望美術館駐車場でモーニングタイムとなった6時前です。
イスとテーブルを出して朝食用意ですが、直ぐに我が家のマイカーからやや離れて停まった車だったけど、よくよく見るとナナ・ナント降旗さんなのでした。
北アルプスに太陽が当たって刻々の変化の様子を一緒に楽しんで過ごした1時間半ほど、この贅沢をカッパの堀さんに連絡をして同駐車場で合流となった我々でしが、一緒にウオーク会場となる「道の駅・池田」へと到着なのデス。



13079.Re: 10回「いけだまち北アルプス展望ウオーク」初日に参加の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月20日(土) 19時26分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 599, 132KB

ゼッケンを見ると知名度が少ないながらも遠隔地からの参加が少しづつ増える本大会のようですが、何をするでも無く目の前に有る自然と手作り感満載のご好意を肌に実感の本大会、茨城のだっぺおじさん(左)も居られ始まった開会式で、大会を賑やかす「てるみん」と「ふーみん」です。
当地出身の浅原六郎が作詞した超怖い歌詞で知られる「てるてる坊主」の歌ですが、そんな事を感じさせない明るいキャラの二体、そして真ん中はミンナから「ブタ・ブタ」って間違えられていたけど信州朝日放送のゆるキャラ、リンゴの妖精なのデス。

童謡『てるてる坊主』  作詞・浅原鏡村  作曲・中山晋平

          (1番)てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
                        いつかの夢の空のよに 晴れたら金の鈴あげよ
          (2番)てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
                        わたしの願いを聞いたなら あまいお酒をたんと飲ましょ
          (3番)てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
                        それでも曇って泣いてたら そなたの首をチョンと切るぞ


          (削除された幻の1番)てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
                        もしも曇って泣いてたら 空をながめてみんな泣こう


今のように情報社会ではなかった子供の頃に何気なく歌っていた歌詞ですが、なぜに幻の一番が消され、現在の三番が残っているのか・・・子供たちが侵す重大事件も多い昨今、多感で繊細な中に残酷を感じることの多い子らを表した浅原氏が作詞の言霊なのです。


13071.ただ今、諏訪湖畔 岡谷ロマネット温泉から発信です。 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月19日(金) 18時35分
Original Size: 800 x 571, 153KB Original Size: 800 x 570, 155KB Original Size: 800 x 571, 148KB

皆さま おコンバンわ〜
明日から開催の信州池田町ツーデーウオークに参加すべく、5/19(金曜)自宅をマイカーで出て3時間半ほど、国道19号線をドライブして、朝鮮通信使ウオークに参加で不在の諏訪のアリババさんの縄張りである諏訪湖畔を散策、ロココ風ヨーロッパ調のロマネット温泉を楽しみ、ビール片手にパソコン君の前からデス。
岩村カッパの堀さんに教えて頂いて手に入れた「物見湯産手形」というものですが、一冊1300円で購入すると信州の12ヶ所の温泉施設を無料で利用できる優れもの、今回も本日から3ヵ所の利用を予定している池田町2Dなのです。

標高800m近くと最高気温25度ほどの諏訪湖畔ですが、温泉を楽しんだり歩いたり、日々をエンジョイなのです。



13072.第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  そのN
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月19日(金) 18時54分
Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 157KB

残った5/14(日曜)レポートを片付けます。

大げさじゃなくて、登り道は数メートル先を歩く人の靴の位置がワタクシの目の前の高さと同じほどの傾斜を登ったけど、当然にして下り道だって多少は緩やかって言うけれど、なにが、ナニが!
最初は手を上げてはしゃぐ我がママだけど、背中のリュックを捕まえておかないとどんどんと足が勝手に動いて、終いには転倒するほどの勢いになる下り道、みんなのソックリ反って歩く姿に笑っちゃうけど、下り切ったと思ったら菊川の石田畳がまた登り道なのデス。
折角下ったのに、また登りかよ〜・・・プンプン



13073.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  そのO
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月19日(金) 19時19分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 155KB

平成12年に江戸時代の石畳が発掘されて過っての東海道が判明し、再整備がなされたという菊川の石畳ですが、その再整備の石の裏には自力で持って登ったボランティア各々の名前が刻まれていると掛川ウ協の方が教えてくれました。
そして平成3年に再整備されたという金谷の石畳へとですがそれから二十余年、東海道を歩くウオーカーたちによって丸く磨かれ苔生して、足元に十分に注意していないとツルリとコケてビテイ骨がイテエこつになりそうデス。(オヤジギャグで失礼)
金谷の石畳を降りたところで「竹樋さ〜ん」って声でしたが、金井カメラマンが地を這うようなスタイルで下って来る我々にカメラを向けていました。



13074.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  そのP
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月19日(金) 19時26分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 157KB

金谷の石畳を下り切ったところでは、ソウルから歩いていたものの一旦は所用により本隊を離れて、本日から再合流という埼玉の阿部さん(左ハリコ)と出会えましたが、金谷町の大きなショッピングセンターで昼食休憩となった午後0時半です。
李さんご夫婦(右ハリコ)とパパママのフォーショットを撮って、昼食休憩となりました。



13075.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  そのQ
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月19日(金) 19時37分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 600, 159KB

昼食休憩後のパパママは近くの金谷駅からマイカーを置いているスタート地の掛川駅へと戻る予定の本日でしたが、ここ四日間を親しく接して頂いた皆さまに名残惜しいながらもお別れのご挨拶をしてバイバイとなりました。



13076.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  その完
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月19日(金) 19時42分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 599, 156KB

第一次の時に京都から豊橋まで7日間をご一緒をして、「ファイティー・ファイティ〜」とミンナの姿が見えなくなるまで大声で見送った豊橋駅でしたが、同様に万感の思いで見送った金谷から藤枝に向かう第44日目の皆さまをなのでした。

ではでは 第6時に関わったパパママの4日間を コレにてネ〜


13065.第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  そのI 返信  引用 
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月18日(木) 6時28分
Original Size: 800 x 601, 141KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 164KB

皆さま オッハーさまでございます。
梅雨の走りのように雲が多くスカッとしない天気が続く愛知小牧ですが、似た空模様の朝鮮通信使友情ウオーク最終章、照り付ける太陽が避けられてイイかもね。

さてさて 5/14(日曜)のレポートを続けます。
パパママは浜松以東の旧東海道を歩くのは初経験ですが、歩く道中の各所に飾られる浮世絵たちから往時を思いながらだけど、日坂宿に飾られていたのが左ハリコ、デフォルメかと思ったら本当にこんな急坂が目の前に現れてビックリの旧東海道なのデス。
登れど登れど続く急坂を30分近くも格闘でしたが、ハァーハァー・ゼィハーと呼吸は定まらず、体中の汗腺が全開となって吹き出る汗と熱気デス。



13066.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月18日(木) 7時8分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 800 x 599, 150KB Original Size: 800 x 600, 155KB

登った急坂の標高は250mほど、日坂宿と金谷宿の間にある「小夜の中山」というところで、初めて来たながらもこの地名は我々も知っていました。
西行上人が詠んだという名歌ですが、69歳にして2度目となる奥州行きのために歩いた時の一句だが、通信使ウオークも第一次から数えて10年、全く感じられないけど遠藤日本隊長も75歳となられた第6次の今年です。


           「年たけて また越ゆべしと 思ひきや いのちなりけり 小夜の中山」 西行



13067.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  そのK
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月18日(木) 7時24分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 599, 158KB Original Size: 800 x 600, 159KB

小夜の中山に残る「夜泣き石」伝説のその石が置かれている久延寺前で、第5次に参加された現袋井市議の竹野さんと、第一次からご縁があって支援をされているという元掛川市議の高橋さんが、本日もお餅やお茶のお接待をして頂けました。
我がママもお手伝いでしたが、一気に登って喉もからから若干の空腹も手伝って、お餅や氷水で冷やした飲み物の実に美味しいこと、本当にご馳走様でした。



13068.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  そのL
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月18日(木) 7時38分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 157KB

温かいお茶もご用意して頂けましたが、皆さまはこんな言葉をご存知でしょうか?

            「喉が乾いたら水を呑め 心が渇いたらお茶を飲め」

最初はぬる茶、2杯目は温かいお茶、3杯目に熱茶を秀吉に差し出したという石田光成の話も有名ですが、お茶は疲れた人の心さえも癒す日本独特の文化なのです。
パパがそんな会話をミンナに披露していたら、誰ぞが「財布が、かわいたら?」って、それは「働け!」でしょう。



13070.Re: 第6次「21世紀の朝鮮通信使ウオーク」第44日目「掛川駅〜藤枝」に参加の一歩たち  そのM
名前:竹樋パパ    日付:2017年5月18日(木) 8時49分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 599, 158KB

連なる山々の向こうまで広がる茶畑ですが、13世紀に聖一国師が宋より持ち帰った種が起源となって、生産に適した温暖なこの静岡が巨大産地となったという。
田園に向かぬ傾斜地を農民が、そして下級武士もが生活の糧として開拓して広がったという遠州の丘陵に連なる広大な茶畑たち、眺める風景のあちこちで新茶の摘み取りに忙しい生産者たちです。



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb