[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
しおんややりべらるっぽい掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



3196.(untitled)  
名前:キリスト教徒    日付:2017/12/1(金) 21:29
すっかりさびれてしまいましたね。















…予想通りですがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

3195.最近、閑散としてますね!  
名前:元モルモン    日付:2016/8/30(火) 2:49
最近、閑散としてますね!

ノンクリの妻とお参りカトリック教会に出向いたりしてますが、誰も居ないとつまらないです。

掲示板も賑やかな方がいいです。求道するとかしないとか関係なく、人は社交を求めますから!

3194.お久しぶりです  
名前:Kazuya    日付:2016/3/18(金) 14:53
お久しぶりです。
ちょっと気になったのですが、リンク切れではありますが、悪徳業者の迷惑書き込みをそのままにしておくと、googleなどから、不適切なサイトとして認識されてしまうらしいです。
ですから、その様な書き込みは、早く削除した方がいいかと思います。
余計なお世話でしたら、すいません。
それではまた。
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/

3191.試験投稿兼ねてます  
名前:元モルモン    日付:2015/8/18(火) 4:43
OSをwindows10に変更したので試験投稿を兼ねて投稿します。

書類上の所属は某プロテスタントですが、政治的説教や指向が強すぎる所属教会から離れて久しく経ちます。

正式信徒ではない妻は文化的な意味でも教養的な意味でも思想的な意味でもキリスト教には興味があり、時々ですがキリスト教会に興味を示します。

私の所属教会には私も妻も心的アレルギー反応が現れるほどで二人ともキリスト教に幻滅しながらも淡い期待を抱く状況が続いてます。

そんな日々を送ってますが、仕事の仕入れの際に通る市道沿いに「グレースチャーチ」と言うのを見つけました。

仕事を抱えていたこともあり初めて行った時はパンフレットのみ頂いて帰りました。翌翌週に漸く途中参加出来ましたが、その日も仕事の依頼があり説教少しと軽い雑談程度で仕事に向かいました。

他の地域から移転してきて間もないらしく小規模な教会でした。雰囲気は悪くなかったのですが、どんな教会なのか殆ど分かりません。

私の地元は政治色の濃い教会ばかりであり、赤い十字架の教会も沢山あります。何件も教会を廻り事前に礼拝やミサに参加する前にパンフレットや週報を頂いてから、行くか否かを検討するようにしてますが、必ず「集団的自衛権反対」や「憲法9条護憲」や「慰安婦への謝罪や賠償」「靖国参拝反対」等々が記述されており愛国心や郷土愛の強い私や妻は「たまには教会に行って祈ったり深い想いで感謝の祈りを捧げたい」と思っても気が引けてしまいました。

グレースチャーチで上記のような事を尋ねたところ「政治色の濃い教会や政治的活動をしてる教会が多いので悲しいです」と話してくれました。

私や妻と相性の好い教会であっても仕事の都合上滅多に行けないのは変わりませんが、どんな教会(教派)なのかが全く未知数です。

3190.御無沙汰してます。  
名前:Ichi    日付:2015/5/22(金) 23:48
元モルモンさん、丁寧な表現ですね。私は外国人にボランティアで日本語指導をしていて生徒さんにモルモン教の宣教師の方もいて、この間モルモンの英会話に行ってきました。数年前にも何度か行きましたが全く勧誘はありませんでした。
教会も何らかの形で社会と距離をとらないと存続できないから、カルト的な教会が時の流れの中で穏やかな路線に変わることも多々あるみたいですが。
逆に、歴史や伝統のある穏やかな教会が、カルト化することもあるみたいですね。
私自身はモルモン教に入信する気はありませんが、キリスト教年鑑とかに名前の出てる教会でモルモン教よりやばそうなところありますよ。

3189.昔のモルモンに似てきた 人が離れてしまいます  
名前:元モルモン    日付:2015/4/5(日) 17:13
昨年夏頃から殆ど教会に行ってません。

極端な教義解釈もありますが、地域との繋がりの希薄化や希薄化の原因の一つとして「拒絶はしてないが、入りづらく交わりづらい雰囲気」が感じられます。

以前より原理主義的な傾向も感じられました。攻撃性のないイスラム国のようです。

遠巻きに見ると教会の閉鎖性や排他性にも様々な種類があり、ある教会は他宗教否定や忌避、ある教会は政治色濃すぎて排他的。

昔のモルモンでは他宗教忌避やキリスト教式以外の葬儀拒否が信徒間で賞賛され、実践した信徒による部外者や信徒の家族と摩擦や衝突がよくありました。ただし政治にまつわるトラブルは聞いいたことがありません。

「○○のためにもイエス様は死なれたのです」と言い教会行事参加や思想受け入れ要求も押し付けがましく感じられます。

イエスの死を思えば周りとの衝突や摩擦なんて気にする事ではないと言うことに結び付けたいのがうかがえます。

何かに付けて「〇〇のためにもイエス様は死なれたのです」と言われると「頼んでない」と心のうちで呟くようになります。

徐々にですが、かつてのモルモンに似てきたので、今後が心配されます。

乱文で失礼しました。

3188.お久しぶりです  
名前:Kazuya    日付:2015/1/25(日) 14:58
お久しぶりです。
昨年PCのOSをウインドウズXPから7に代えて、そのことから今まで使っていた視覚障害者用のソフトも別なものに代えざるをえなくなりました。
そんなことから、これまでの操作方法も変わり、PC初心者になってしまった感覚で、なかなかこれまでみたくいきませんでしたが、ようやく新しいPC環境にも慣れてきました。
またほぼ同時期にこれまで使っていたブログがサービス停止になり、新たなブログに移行しましたがこれまたPC環境が代わったことに輪を描け、ブログの管理画面のシステムが分からなく、ブログの更新もままなりませんでした。
それでもこのように、以前のように扱えるようになんとかなったというところです。
久しぶりにここにお邪魔しましたが、最近はこちらも静かなようですね。
それだけに挨拶残しておこうと思い、書き込みさせていただきました。
また来ます。
今後ともよろしくお願いします。


さらに
http://blog.livedoor.jp/shinqroom/

3187.これって一種の呪いで?偶像?  
名前:医療関係者    日付:2014/10/3(金) 17:24
Ichiさまとシャロン様

シャロン様の言われるとおりでしょうね。私は、神様との取引でと言うより、
むしろ神の意志を尋ねない態度と思います。
あるいは、神はこうあるべきである、と神様を自分の都合の良い姿にしていて、一種の偶像信仰と思います。
職業柄、身近の病人、それも治癒不可能な方をたくさん見てきましたし、
信仰者も多くいました。「自分の祈りが足りないからこんな病気になった」などと言う人はいませんでした。
祈りや信仰心が足りないから病気がなおらないとは、もしその人が重い病気にかかったり、
亡くなったらやはり信仰が足りない、で片付けてしまうのでしょうかね?
愛のなさや神様の意思を無視している態度を見てしまい、不愉快ですね。
こうした言葉は病人を苦しめるだけで、主の救いと相容れないを思うのは私だけではないでしょう。

3186.(untitled)  
名前:シャロン    日付:2014/9/15(月) 10:29
Ichi さま

はじめまして。
私もご意見に同感です。
私も、もうずっと治らなお病気を抱えています。
ある種の「熱心な」クリスチャンからしたら、私の信仰心、祈りが足りないから治らないんだと言われそうですが、私はそのように思っていません。
もちろん治ることを祈ったりはしますが、信仰とは、これだけ祈ったからという、神様と取引することではないと思っています。

3185.素朴な疑問  
名前:Ichi    日付:2014/9/11(木) 10:9
どの宗教にも言えることですが、熱心に信仰していたら困難な問題が解決したという、「成功例」は大々的に宣伝されるが「失敗例」は語られることがない。誠実な宗教者ならば失敗例も認めてそこからも学ぶ姿勢が必要だと思います。いかがでしょうか?
敬虔な信徒でも遠藤周作さんみたいに癌でなくなってかたいますよね。

3184.(untitled)  
名前:シャロン    日付:2014/6/28(土) 22:14
こんばんは。
お久しぶりです。

>私たちはどんな素晴らしい説教でも、特定の牧師の聖書解釈というフィルターを通っていることを
  心にとめておく必要があります。
という管理人様の言葉に共感します。

私が毎年受けている聖書講座(講師はミッション大学の聖書学の先生です)では、礼拝ではなく神学的なアプローチだからかもしれませんが、「私はこういう立場ですが、このような解釈をする先生もいます」とよくおっしゃいます。
また、「私たちは聖書のロボットになってはいけない。自分で考えてください」とも。
おかげで、その先生を尊敬しながらも先生と違う感覚も持っています。
信徒自身が、自分で考え、疑問を抱く事に罪悪感を抱かないことが大切だと思います。
もし、「疑うことは罪」と、盲信的に信じさせる教会があれば、速やかに離れることが得策です。

3183.錦織さん  
名前:管理人    日付:2014/6/28(土) 15:27
>牧師先生の説教は聖書に忠実なお話

言われていることが少し気になったので

@ 牧師先生 ×
  牧師   ○
牧師だけで敬称になりますので牧師+先生では二重敬称となります。
牧師は牧師でOKです。

A 聖書は多くのわからない部分や矛盾を含んだ書物であり、多様な解釈が可能な書物
  ですから、聖書に忠実な説教なんてものはそもそも存在しません。
  私たちはどんな素晴らしい説教でも、特定の牧師の聖書解釈というフィルターを通っていることを
  心にとめておく必要があります。
  また、まともな教会なら、自分たちの教会のことを
  聖書に忠実な教会と言って自己満足することもないと思います。
  自分たちの教団・教会だけが聖書に忠実という考え方がカルトへの
  入り口であるように思います。

3182.(untitled)  
名前:錦織明    日付:2014/6/28(土) 10:31
>3180管理人様。
たしかにおっしゃる通りだと思います。
ただ私が2年程通った教会の牧師の説教は最初から最後まで冗談ばかり、聴衆はゲラゲラ終始笑っているばかり。
礼拝終わって帰宅すると、「今日は何聞いたんだろう」と言う気しかしませんでした。
今は教会変わって福音派の教会に属しているのですが、牧師先生の説教は聖書に忠実なお話。
聖書が何を教えているのかが理解出来るようになりました。
それで冗談ジョークばかりの話は不謹慎な感じがしたのです。

3181.銭は良い物です。富める事は善であり、貧困は罪への誘いを招く  
名前:元モルモン    日付:2014/6/28(土) 2:37
富める者を蔑視してる人はクリであろうとなかろうと、日本では多く見られます。

言葉巧みに献金を祝福の源泉だと説き、信徒が疑問を抱くと「疑問は不信仰だ、心に悪魔が入って来てる」と自分で自分を責め裁くように仕向けるのは珍しい事ではありません。

感謝の気持ちで収めると言いますが、教会や教団や従事者の生活維持の経費が大半を占めてます。

牧師は教職と同等ですので報酬があって当然ですが、感謝の気持ちは確かにあるが、献金と言うよりは寄付です。

牧師が経営肯定であり、事業所が営利追求する事にも肯定派である事を吐露してくれるようになってきました。

入信当初は熱心になり、原理主義的な信仰になる傾向が少なからず見られます。それが、献金すると祝福されるとか、献金したがために奇跡的な事が起きたとか客観視すれば、どうにも整合性のない事を証のように話し、他者に勧める熱心な信徒も問題です。

縁を切ったある牧師は「プロテスタントの殆どは十一献金は義務化されており、基本の十一だけでない献金もあるので十分の二や三は当たり前です」と口説いてきたのを覚えてます。

話の巧みな牧師と妙に親切でお節介な信徒が、求道者や新会員を囲い込み、その優しく親切な信徒が献金のもたらす祝福を嬉しげに語るのです。払い忘れたり、ケチって収めないと祝福を逃して悔しい思いをするとか言います。マインドコントロールの一種です。

社会とかけ離れた価値観や常識や行動様式をも仕込まれると、信徒は行き場を失い、ますます教会に依存し、熱心に献金もするようになります。

献金の基準が十一だとしても、信徒が自由に働き、業績次第で収入を増やせるのなら良いのですが、偏屈なカルト的な思想や原理主義的な思想を刷り込まれると、左遷やリストラに遭いやすくなり、ますます貧窮しやすくなります。

結局は消費税と同じで政府が負担増を強いるように、牧師や教会が信徒に負担増を強いることになります。

牧師が説教や相談ごとに応じるための準備時間を削って、会社勤めやアルバイトでは内容が薄くなってしまうので、これも困りものです。

教会や教団が経済的生産能力を持つのは善い事だと思うのです。

http://blogs.yahoo.co.jp/nec2sc2334

3180.話術  
名前:管理人    日付:2014/6/27(金) 22:18
まあ、あまり四角四面なメッセージもどうかと思いますので
メッセージにジョークを入れるのは、良いと思いますよ。
ただ、メッセージの内容が聖書的に深いかどうかが、良いメッセージかどうかの
分かれ目になるでしょう。
しかしながら、カルト教会では信徒が自分で考える力を失っていると
思われますので、そもそもメッセージの『吟味』ができるのでしょうか?
カルト教会では、献金のお勧めメッセージが多いと聞きますが、
『吟味』できるなら、牧師は献金から収入を得ている立場であることを考えれば
誰でも、献金お勧めメッセージ=下衆なポジショントークであることはすぐに見抜ける
のではないでしょうか?

3179.(untitled)  
名前:錦織明    日付:2014/6/27(金) 15:18
不祥事が起きているカルト教会の説教者に感じる事なのですが、説教の話術とでも言いましょうか、聴衆をひきつけるためのジョークが多く、聴いている側をとにかく笑わせる傾向にあるように思います。
確かに聞く側からすれば、面白可笑しく楽しいように思えますが、いつの間にか説教者の思う壺に引き込まれて気がつくと脱出不可能な状態に陥ってしまっているようです。
面白ければそれで良いのではなく、しっかり聖書の内容が語られているか吟味する必要があると思うのですが、みなさんはどう思われますでしょうか。

3178.原理主義  
名前:管理人(個人)    日付:2014/5/18(日) 14:19
たぶん、元モルモンさんは、キリスト教の原理主義に苦しんで
こられたのでしょう。
原理主義の多くは、貧乏や病気や障害は神さまに従わない結果というような非常に単純な見方をするので、そのような人は居づらい教会であることは確かです。
管理人は昔、原理主義的なクリスチャンをたくさん知っていたので、元モルモンさんが、言いたいこともよく理解できます。
彼らは、非常に真面目なクリスチャンであることは確かですが、まるでパリサイ人を思わせるような鼻持ちならないエリート主義もみえかくれします。
ですから、元モルモンさんが批判しているのはクリスチャン全体ではなく、もちろん月と餅さんの教会でもないと解釈したほうが良いでしょう。

3177.「まったくクリスチャンって奴は!」と言われても、ねェ…。  
名前:月と餅    日付:2014/5/17(土) 22:20
 モルモンさんには悪いけど、八つ当たりされているように感じます。じゅうぶん攻撃的だし、刺々しく感じられ怖いですよ…。

キリスト教徒がすべて、元モルモンさんのまわりにいるような人間ではありません。



私の教会は、東日本大震災の時の自然発生的避難所になりました。

一時期は老若男女22人が寝泊まりし、食料や仕事(水確保など生きるための事)をわけあいました。うち、キリスト教徒は牧師を含めてたったの4人です。

3年たつうち、その中から2人がなくなりました。皆で祈りを捧げ、牧師はお葬式(仏式)にも伺いました。

「キリスト教のバプテスマ(=浸礼。他教派では洗礼)を受けてないから、救われないなんて、誰もいいません。


牧師は、お坊さんや神官の方々と協力して「心の相談室」業務を続けています。被災地支援などやることが山積みで、倒れるんじゃないかと心配になりますよ。

ここ宮城県は、以前から心あるキリスト教徒、宗教者が相互理解や協力をめざしてコツコツ活動してきたそうです。

「仙台キリスト教連合」は50年以上の歴史がありますし、
「宮城県宗教者会議(?だったっけ)」も震災前からずっと活動を続けてきました。


南関東から引っ越してきた私にとっては、東北は厳しく無愛想でキリスト教アレルギーが激しい場所です。10年住んでも、全くのよそ者扱い。

この環境の中で、信仰と賛美の営みを続けてきた先人たちにはホントに頭が下がります。


隣人(もちろんノンクリスチャンも入れて)を愛し、共に生きる。
他の宗教者と協力しあって、泣いている人や苦しんでいる人に寄り添う。

そんなクリスチャンが、東北には大勢いますよ!クリスチャンだからと言って、そういう人々までじゅっぱひとからげにして、攻撃するなんてあんまりです。


もちろん、すべての教会やクリスチャンがそうではありません。今の霊的環境や行っている教会に不満があるなら、歩いて自分の志を共にできる教会を探したらいいじゃないですが。

八つ当たりはおやめいただけませんか。

3176.今なお心の中で成長する福島で獲た礎と母の癌宣告  
名前:元モルモン    日付:2014/5/15(木) 2:13
福島から帰って来て、地元の友人から言われたのですが「物言いの明確さは変わらないが、攻撃性も棘もなくなって丸くなった」と。

片道11時間、3泊4日でしたが帰ってきた数日後に、母が急に苦しみだし、救急搬送され緊急検査受けて、ステージ4の癌宣告受けました。

心が萎えそうになっても、萎えるところまでは落ちません。

地元の友人(B氏)と福島に招き案内してくれた人(F氏)に支えれているからです。二人とも女性です。

B氏が仏教系に所属しており、F氏は教会に通い始めたばかりの人です。

牧師や神父はあまり言いませんが、信徒からは「私の家族や親せきは、受洗してないので救われてない」と時々聞きます。

B氏もF氏も、どちらも救われてない人です。母も救われてません。

入院前にB氏が見舞いに来てくれましたが、母とB氏は手を取り合って泣いて感激してました。

福島での体験も凄い変化をもたらしましたが、F氏との遣り取りでの変化を地元の友人たちは、驚きを伴って喜んでます。

救われてない仏教系のB氏、B氏を指してなくても、基本的に同じ神を信仰してないから偶像崇拝と言います。F氏は受洗してないから信仰面ではどうのこうのと言う言葉もチラホラ聞こえました。

心温まる交流も情景も「偶像崇拝」「救いに至ってない人」の虚しい交流なんでしょうか?

そんなにキリスト教と言う宗教が大事なのですか?

クリスチャンは神やイエスの愛とか言いますが、それって「キリスト教と言う組織化された宗教を愛してる」と言わざるをえません。

震災や原発事故は大きな災害と悲劇となり、いまでも風評との闘いが続いてます。母の癌は個人レベルの体内災害ですが、どちらにせよ、復興や快復を願うのが人の常です。

神社仏閣で復興祈願(祈祷)する人、病気回復を祈願(祈祷)する人を「偶像崇拝してるが、我々クリスチャンは、本物の神様に祈ってる」とかイエスの御名で祈るからとか言います(何回も聞いた)が、その言葉が宗教を愛してる証です。

こんなに愛のない事を、よく言えるものです。

クリスチャンの最も愛し重きを置くのは、隣人でもなく、神やイエスでもなく、組織化されたキリスト教と言う宗教です。

悲しいほどに福音とキリスト教と言うかクリスチャンは、大きく乖離してると感じました。割合的にも珍しくないのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/nec2sc2334

3175.元モルモンさんへ  
名前:月と餅    日付:2014/5/14(水) 1:18
 久しぶりに掲示板を覗いてみたら、東日本震災関係の書き込みがありびっくりしました。


福島の放射能レベルが高いところに行かれたとのこと、さぞかしショックを受けられたと思います。


宮城県沿岸の津波被害現場を初めて訪ねた時、私も言葉を失いました。

自身も被災し教会でしばらく避難生活を送っていましたが、自分の見ている光景が信じられませんでした。

その現場から車で20分走ると、すっかり平常営業に戻ったファミレスがありました。更に街中に入ると、震災が嘘のような活気に溢れていました。
まるで悪夢のようでした…。


日本国民の中(そしてクリスチャンの中)の温度差を、元モルモンさんが嘆かれているくだりを読んで上記のことを思い出しました。


元モルモンさんの問いかけに、さまざま書き込みたいことはあります。
が、ここまで書くのが今の私には精一杯です。悪しからず。

申し遅れましたが、私は日本バプテスト連盟の教会員です。また精神障害者手帳2級で、ただいまは内科病院に入院中です。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb