[ 携帯用URL ]
短歌掲示板BBS [ 風 ]
 「管理人」 風太郎   「家庭教師」 多香子

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付



23789.おはようございます。 返信  引用 
名前:多香子    日付:2019年5月21日(火) 9時13分
関東は激しい雨です。これもお昼すぎまでと言うのでほっとしていますが。
今日は「短歌講座」に出かけますから、こちらは三時までです。

「毎日文化センター」と言うのは地下鉄「竹橋駅」の真上にある「毎日新聞社」のパレスサイドビル一階にあります。地下鉄駅とは中で繋がっているので雨でも濡れないのですが、家から行くには千代田線一駅、大手町で200mぐらい歩いての乗り換え、また一駅で竹橋という面倒くささなので、行きはタクシーで行く予定です。
以前は行きは主人に車で送って貰って、北の丸に寄ったりしていましたが車が無くなったのでタクシーになります。不便だけど、もう怖い思いをしなくて精神衛生上いいかもしれません。

23786.待つ家族の面会もなく生きたへるただ旅立を待つ特養の人 返信  引用 
名前:登志雄    日付:2019年5月21日(火) 8時27分
おはようございます多香子さん、胃カメラ検査は安泰でした

ところで、今構想中の歌のモチーフについて参考意見を頂きたいのですが
教室に持って行く予定なのですが(もう1首は旗日の改作)
昨日病院で見た光景を若干シチュエーションを変えた母子愛をテーマにした歌なのですが
歌の重要な部分に「障害を持つ子の親」というキーワードにどう思われますか?
わたしも障害を持ってますし是非心から応援したいけど、
第三者が歌を詠むのもと考えてしまいます、出来が良ければ
朝日新聞岡山歌壇投稿も考えてます
(岡山県)

https://blogs.yahoo.co.jp/shonan_nikkou



23788.Re: 待つ家族の面会も知らず花は散る旅立を待つ特養の人
名前:多香子    日付:2019年5月21日(火) 9時0分
登志雄さん、おはようございます。
昨日ブログですこし感じた違和感を、聞いて下さって「ああ」と思いました。
「短歌」は一人称の文芸と言われ、視点は普通作者からの見方なのですが、その他に風景詠などで俯瞰図のような詠い方もあります。大抵は作者が見ているのが前提なので、その歌い方によっては「応援」を「批判」と読まれてしまう事もあります。
秘守義務のある「医療関係者」などが仕事現場をリアルに詠って、その患者が(自分のことかも)と思って傷つくと言う事は避けるべきと思います。(医師などは上から目線になりやすいので)ですから、見たことを歌にするというのは意外と難しく、自分が障害を持つ前提を知っている仲間内にしか出せません。新聞などの一首詠の時にはその相手に心入れをして、優しい気持ちで(狡い方法なのですが)詠むようにした方がいいです。

↑は元のままではいかにも家族のほうを責めている様ですが、(登志雄さんは介護職だったらしいので)こういわれると色々な事情を抱える家族からの反発がでて来る事でしょう。今の特養は介護度4,5でないと入れないぐらいですから、入所者はほぼわからない状態です。「花は散る」のような表現はどうでしょう。
「走る椅子」の関政明さんは、冷静な目の持ち主で、画家でしたから、風景詠などもいい歌が多かったです。参考になると思います。また、巨人「斉藤茂吉」でさえ時代が差別のじだいだったから、精神科の医師として患者をひどい描写していても、非難されなかったということも踏まえておいてください。そう言う点では、自分のことを詠むのがいいのかもしれません。

23785.あいさつは人間性が聞ける声そんな事もできない大人 返信  引用 
名前:正太郎    日付:2019年5月20日(月) 23時4分
こんばんは。毎日、子ども達の元気なあいさつを聞いていて、そのあいさつを聞くのが好きですが、元気なあいさつが無いと何かあったと察する事も出来ます。
子ども達は自らあいさつする子や、自分からあいさつはしなくてもあいさつを返してくれる子がほとんどです。そこから新たなコミュニケーションや信頼が生まれることもあります。声を伝えるという重要性は非常に大切であると思います。



23787.Re: あいさつは人間性が聞ける声そんな事もできない大人
名前:多香子    日付:2019年5月21日(火) 8時32分
正太郎さん、おはようございます。
仰ることはもっともで、当然のことと思いますが、それを「短歌」にする時そのままでは「歌」にならない事があるのは、風太郎さんのお歌を見ればお分かりになるかと思います。
私は「比喩」を使ったり草花に託したりして歌を詠む方ですが、「松木秀」さんという方はストレートに詠んで強く訴えるものがプロにも愛されているので、様々と思います。(松木さんは歌歴も長く、川柳作者ですからストレートのようで言葉の使い方には長けているのですが)
このお歌では、標語のようになってしまっています。上の句は残して下の句になにかの比喩を入れたらいいと思います。

私の女学校は「ごきげんよう」の世界でしたから、おしとやかに「ごきげんよう」と言う事への反発で、みんな飛び跳ねた「ごきげんよう」を発していたし、卒業して共学の大学には行った時、さっさと捨てて、当時流行った体を斜めに倒してにっこりする「あいさつ」にしました。
だから息子のころから「元気にあいさつ」には何か違和感を覚えたものです。
正太郎さんのおっしゃるように、子供の反応によって発しているシグナルは聞けるのですから、それを上手に受け止める(幅の広い)大人になって下さい。

23779.熱気ある祭りの後の寂しさに男の意地がにじみでている 返信  引用 
名前:キヨ    日付:2019年5月20日(月) 17時35分
こんばんは、多香子さん。明日はある病気の、定期健診に行ってきます。演歌みたいですが、キヨが詠みはじめた時は、というか郷土歌人の方に見せたものです。郷土歌人の方は、良いです。中央の切磋琢磨する方よりだるい所があります。その方の、甥なのでしょう、大学でたんなら、詠めと5首見せて貰いました。えびすがどうのこうとか風の短歌が多かったです。



23780.Re: 熱気ある祭りの後の寂しさに男の意地がにじみでている
名前:多香子    日付:2019年5月20日(月) 18時40分
キヨさん、明日は私も午後から夜は出かけますから、書き込まないでね。
このお歌は、以前見せてもらいましたね。
上の句はいいのですが、下の句はちょっと力みすぎでしょう。祭は終わったのだから、もう意地もひっこめていいのでは。
神田祭は、終わった次の日からみんな仕事だから、淋しいも何もないです。


23784.Re: 熱気ある祭りの後の寂しさに男の意地がにじみでている
名前:キヨ    日付:2019年5月20日(月) 20時21分
こんばんは、多香子さん。こんな短歌ありかと、2~3首あります。夏祭りの歌は、花火があがります。盆踊りの練習しなければなりません。郷土歌人と中央歌人。どちらも食べて行けません。
htt

23783.常連のブック・オフが閉店すわたしの暮らしがまた辛くなる 返信  引用 
名前:雅夢士    日付:2019年5月20日(月) 19時29分
19日[うたの日]題「また」ハート1♪5評1

評をくれた森下裕隆さん適切なご指摘でした。常連とすに硬さを感たのでしょうそこで改作
*常連だったブック・オフが閉店へわたしの暮らしがまた辛くなる*で良いのではないか
「うたの日」もこうして真面目に短歌に取り組んで欲しいと思いました。訳の分らない〔自分に}
歌ばかり多くて評をとっているのが分らない。これは世代差ではなく短歌の理解度の問題ではと思う
(鹿児島県)

23775.えらい父えらくない父死んだ父もう戻らないわたくしの父    河野多香子 返信  引用 
名前:多香子    日付:2019年5月20日(月) 10時31分
今日発売の「N短テキスト」六月号で、佐々木頼綱さんに「父」で佳作に取って貰いました。今月号から新選者ですので、去年も六月一回佳作から、ずっと採られなかったことを思って、どうかななんて不遜にも思っています。(本心は嬉しいのに)

今号は夕鶴さん、と風太郎さんが佐伯さんの「先生」で佳作です。お歌はご本人が貼ると思います。
夕鶴さんは急な電話でお休みというので、よくないことなのかと心配ですね。
(東京都)



23782.Re: えらい父えらくない父死んだ父もう戻らないわたくしの父    河野多香子
名前:雅夢士    日付:2019年5月20日(月) 19時14分
多香子さん佐々木頼綱選佳作採用おめでとうございます
三月は迷いがあり投稿していませんので様子見というところです。苦手とする若手の選者に
何を詠んでいいのか分りませんでした。次ぎの「傘」「名」[幸」は出詠しています

23777.紀の川の近くに眠る先生は茂吉を読めと教えくれたり 返信  引用 
名前:風太郎    日付:2019年5月20日(月) 16時23分
Original Size: 259 x 195, 10KB

多香子さん。「佐々木頼綱選」おめでとう御ざいます。6月号に風のメンバーが3人も顏を揃えられてことは限りなく嬉しく思います▼私は佐伯裕子歌人は始めてのお目合わせですが、これで女性選者は8人目となりました▼「紀の川」と言う固有名詞を世に出したかったのですがこんな素直な詠みが引っかかる何て少し意外な感じがしています。五月も後残すところ少し、今回を弾みにもう2〜3首、陽の目を見たら好いなあと「捕らぬ狸の皮算用」▼「至誠は天に通じる」言霊を信じまして。
http://6815.teacup.com/uvwxyz2300/bbs



23778.Re: 紀の川の近くに眠る先生は茂吉を読めと教えくれたり
名前:多香子    日付:2019年5月20日(月) 16時45分
風太郎さん、おめでとうございます。
私はN短では(放送はありませんでしたが)佐伯さんに一番数多く取られています。その彼女も、息子さんの引きこもりからの脱出をカミングアウト(?)してから感じが変ったかもしれません。
私の思う所、紀ノ川よりも「先生」の捉え方に良い点があったのだと思います。


23781.Re: 紀の川の近くに眠る先生は茂吉を読めと教えくれたり
名前:雅夢士    日付:2019年5月20日(月) 19時5分
風太郎さん、令和最初の佐伯裕子選佳作採用おめでとうございます
一号に三人の佳作採用に今後も良い風が吹いてくれることを願います。一人だけ外れる事は寂しい事です
三月は投稿していませんので悔しさはありません。久し振りの方の幸運をよろこんでおります

23776.1700首は通過点だと歌の海に春泥を吐くあさりがつぶやく 返信  引用 
名前:多香子    日付:2019年5月20日(月) 15時58分
昨日の「うたの日」のお題「泥」の歌。♡一つと♪四つで21/34でした。
一昨日「うたの日出詠1700日」だったので、記念詠として出しました。分らないだろうと、ドンマイに近いかなと思っていたけど、票をくれたひともいましたね。うたの日は過去作もOKなので、大体使いまわしているので、だんだん全体では何首なのか分らなくなっています。別にいいのだけれど。
「春泥」という言葉は好きです。でもあさりは(貝は)食べません。

明日は短歌講座(つごうで五月だけ一週繰り上がったのです)に行きますので、この板は三時までにさせてもらいます。

23773.神宿る大社の杜に三匹の兎が祈るなに見て祈る 返信  引用 
名前:登志雄    日付:2019年5月20日(月) 8時34分
Original Size: 1152 x 648, 294KB

おはようございます多香子さん

短歌モードが入っていると、色々な物が見えますね

コメントありがとうございますわたしも最近は「三山ひろし」が十八番です(笑)
loveよりコメントを貰えた方が嬉しいです

今日は大学病院に胃カメラを飲みに行く為断食中です
(岡山県)

lhttps://blogs.yahoo.co.jp/shonan_nikkou



23774.Re: 神宿る大社の杜に三匹の兎が祈るなに見て祈る
名前:多香子    日付:2019年5月20日(月) 9時5分
登志雄さん、おはようございます。
このお歌は良いと思います。童謡の「うさぎ」も下敷きになっているようです。ただ写真がつくことでよりよい歌になっているのが、うーんと思う所です。(写真とのコラボと言うジャンルもあるのですが)
下敷きはうまく行くと良い結果なのですが、演歌などの一節は取らないようにしないと猥雑になります。

「うたの日」のもしかして「湘南・・・」さんですか。私は「うたの日」にコメントを入れる時、だれだろうとかは考えないようにしています。ただ、あそこではきつい評を書くと「ひどい」とかいわれて炎上するので、♪以上の物にしかコメントしないようにしています。

他の人は知っているのですが、私はすごい音痴でカラオケはやりません。歌はもっぱら詠む方ですが、このごろ少しユーチューブで歌謡曲を聴くようになっています。演歌の場合思い切って聞いたり一緒に歌ったりして、ベタッとした所を流してしまい、短歌に向かうようにしています。
中島みゆき、阿木曜子、阿久悠などはもう「詩」の域ですから、すごく好きだけど知らないうちにぱくっています。

23771.錆びてゆく廃車の上の白い雲空蝉見つけ捨てずに置いた 返信  引用 
名前:キヨ    日付:2019年5月19日(日) 23時23分
こんばんは、多香子さん。中原中也の詩を思い歌ってみました。畑のはじっこにありました。北陸は油蝉が多いです。
鳴かなかったので、メスなのでしょう。びっくりしました。波打ち際のボタンのように、捨てられませんでした。
htt



23772.Re: 錆びてゆく廃車の上の白い雲空蝉見つけ捨てずに置いた
名前:多香子    日付:2019年5月20日(月) 7時48分
キヨさん、おはよう。
私はそんなに中也を読んでいないので、どこを思ったのかはわかりませんが、自分で考えたなら、これはいいのではないですか。
ボタンの詩は読みましたが、命のこもらないボタンとちがって、空蝉(セミの抜け殻)は命の飛び立ったものですから、捨てる捨てないではないのでそこは少し変えた方がいいのでは。

23767.些細なる事など忘れサボテンの大輪の花五年目にて咲く 返信  引用 
名前:夕鶴    日付:2019年5月19日(日) 18時8分
最初サボテンの小さな葉を頂き、「大きな花が咲きますよ」と言われ、一枚の葉を鉢に入れて大事にしていましたが、いつの間にか葉も増えて花芽を付けたと思ったら大きなピンクの花が咲きました。10個ぐらい咲いたでしょうか。
とても綺麗で驚いています。五年目に咲いたのです。
(神奈川県)



23768.Re: 些細なる事など忘れサボテンは大輪の花五年目に咲かす
名前:多香子    日付:2019年5月19日(日) 18時49分
夕鶴さんこんばんわ。
このお歌は、読み手からすると「 些細なる事など忘れ」るのは誰なのかと思ってしまいます。そこを逆手にとって「不思議ちゃん」の歌にするなら「サボテン」を主語にして↑のようにしてもいいです。

主体が作者の場合は
「手入れせず放っておいたサボテンが大輪の花五年目に咲く」とすると分りますけど、面白くない。上の不思議系の方が面白いです。


23770.Re: 些細なる事など忘れサボテンの大輪の花五年目にて咲く
名前:夕鶴    日付:2019年5月19日(日) 21時31分
多香子さんこんばんわ
有難うございます。仰るように面白い方がいいですね。

些細なる事など忘れサボテンは大輪の花五年目に咲かす

添削有難うございます。
これに決めさせて頂きます。

今急用の電話入り、明日お休みさせて頂きます。
(神奈川県)

23766.さくらんぼ実るふるさとあの頃の優しい風に吹かれてみたい 返信  引用 
名前:多香子    日付:2019年5月19日(日) 17時21分
昨日の「うたの日」のお題「さくらんぼ」の歌。♪三つで18/34でした。
困ったときのふるさと詠、勝手にあちこちに故郷を置いています。
これが「うたの日」1700首目だそうで、ここですこし休もうかしらと思いつつ、今日もドンマイ覚悟の「記念詠」を出しました。

今朝は6時15分に起きたので、N短の放送の終わりの方を見ました。(このごろ起きないのでずっと見てなかったのです)大辻さんが、何首も並べて添削をする所で、ばっさばっさと切って行ったのが面白かったです。(この頃はああまではやらないけれど、リアル歌会ではよくあったと聞きますね。)やられた方はショックでしょうけど。

23763.夕暮れ時テレビ中継見るわたしひいきの鶴竜今日も安泰 返信  引用 
名前:登志雄    日付:2019年5月19日(日) 7時6分
おはようございます多香子さん

ちょっと出雲国に行ってきます、大社でなく鉄道目的ですが(笑)
(岡山県)

https://blogs.yahoo.co.jp/shonan_nikkou



23765.Re: 夕暮れにテレビ中継見るわたしひいきの鶴竜今日も安泰
名前:多香子    日付:2019年5月19日(日) 8時26分
登志雄さん、いってらしゃい。
この間の私の能登旅行も、乗り物の旅の様でした。でも年を取ると地方の駅はバリアフリーでなく、身体が効く内だなと思いました。

「うたの日」は個人が五年前に立ち上げたネット「歌会」で私も古株になりましたが、昔は知り合いが手作りでやっている感じがありました。(大いなる草野球場)というコンセプトだったのが、だんだん変ってきているみたいです。
「うたよみん」は初めの内著作権問題でもめたみたいなので、私は「うたのわ」とか手を出さないようにしています。
若い人はスマホだけでやって行く人が多みたいですが、年寄りは見にくいので、パソコン画面が必要になりますね。

23761.ルブランが描く児童書読みふける殺しをしない怪盗ルパン 返信  引用 
名前:キヨ    日付:2019年5月19日(日) 6時26分
おはようございます、多香子さん。小学生の時、夢中に読んでました怪盗ルパン、義賊のつうかいな推理小説モンキーパンチのルパン3世の元となるおもしろさがありました。ダイジェスト版でしたがシリ―ズ読み切りました。ホームズ対ルパンがあり、やっぱりルパンが勝つというありきたりな物語です。



23762.Re: ルブランが描く児童書読みふける殺しをしない怪盗ルパン
名前:キヨ    日付:2019年5月19日(日) 6時31分
多香子さんは、チャームのお守り信じますか。家の掃除をしていたら、捨てずに思えず家におくことにしました。


23764.Re: ルブランが描く児童書読みふける殺しをしない怪盗ルパン
名前:多香子    日付:2019年5月19日(日) 8時14分
キヨさん、おはよう。
「ルパンシリーズ」は決して児童書ではないんです。でも日本では少年文庫などに入っているので、子供の時に読みます。私達兄弟も殆ど読んだけれど、陰惨な怖い物でした。ルパンは殺さないですが、話にでて来る事件では多くの殺人があります。子供物には原作の恋愛場面は省いて翻訳したようです。
チャームのお守りって分りません。

23758.潮風を浴びつつ豆を摘むひとに昔のひとの面影みたり 返信  引用 
名前:風太郎    日付:2019年5月18日(土) 22時46分
今日の大阪市内の高速道路は何時もと違いスムーズに走れました。連休の疲れかお出かけにセーブが掛ったのかも知れません▼明日の日曜日も大阪市内で仕事ですが、10連休のしわ寄せがリズムを狂わします▼米国と中国の激しい経済戦争が、私達みたいな零細の現場にもこの所、影を落としつつ有ります▼機材の不足と得体の知れない不安感の風が流れ出しました。アメリカの政治の思惑が現実味を帯びる中、翻弄されつつも、其のストレスを短歌を詠むことによって少しでも和らぐことに感謝しています▼私どもの生活は農耕を主とする生業と違い人間の思惑の匙加減によるストレスをもろに受けますので気の休まる日が有りません。
(大阪府)

http://6815.teacup.com/uvwxyz2300/bbs



23760.Re: 潮風を浴びつつ豆を摘むひとに昔のひとの面影みたり
名前:夕鶴    日付:2019年5月18日(土) 23時30分
風太郎さんこんばんわ
明日もお仕事大変ですね。経営者としてのお気持ちよく分かります。
私もそのようなストレスを感じつつしてきましたから。
米国と中国の経済的な争いもこまったものですね。ひいては日本にも響いて来ます。
お体に気を付けて乗り切ってくださいませ。
(神奈川県)

23752.新しきスニーカー買へば弾みたる先ずはみどりの遊歩道を行く 返信  引用 
名前:夕鶴    日付:2019年5月18日(土) 18時16分
幾つになっても、新しく買うと言う事は何となく嬉しいものですね。
軽くて履きやすいので遊歩道まで行って見ました。
(神奈川県)



23754.Re: 新しきスニーカー買い弾みたる心にみどりの遊歩道を行く
名前:多香子    日付:2019年5月18日(土) 18時42分
夕鶴さん、こんばんわ。
そのスニーカーが足に合ったのですね。私は前に買って失敗した物を靴箱にしまいこんだまま、古い物を履いています。さすがに古くなったので、買いたいけれど、良い物に当りません。夏になるとサンダル靴が楽で、出かける時は殆どサンダル靴です。
お歌の「弾みたる」が何にかかっているか分らないので「心に」と補ったらいいかと思います。


23756.Re: 新しきスニーカー買へば弾みたる先ずはみどりの遊歩道を行く
名前:夕鶴    日付:2019年5月18日(土) 20時19分
多香子さんこんばんわ
「弾みたる」は新しいスニーカーが安くて軽くて足にピッタリで嬉しくて、
その気持ちを言いたかったのですが、やはり心を入れた方が分かり易い
でしょうか。

新しきスニーカー買い弾みたる心にみどりの遊歩道を行く

添削有難うございます。
これに決めさせて頂きます。

革のスニーカーも2足持っていましたが、とても履き心地よかったのですが、
もう古くなり今回は合成皮革にしましたらとても軽くて履きやすいです。

今ふと思いましたが逆に「心弾み」先ずは・・・・・・
としたら可笑しいでしょうか?
(神奈川県)


23757.Re: 新しきスニーカー買へば弾む足まずは緑の遊歩道を行く
名前:多香子    日付:2019年5月18日(土) 21時2分
夕鶴さん、「心弾みむでもいいですよ。「まずは」を入れたかったのですね。歌会などでは、最初にいらないと言われそうな語ですが、それでも作者が使いたい時は残しておくのです。


23759.Re: 新しきスニーカー買へば弾みたる先ずはみどりの遊歩道を行く
名前:夕鶴    日付:2019年5月18日(土) 23時19分
多香子さんこんばんわ
遅くに有難うございます。

新しきスニーカー買へば弾む足まずは緑の遊歩道を行く

添削有難うございます。
私の言いたかった通りで有難うございます。
やはりこちらに決めさせて頂きます。
(神奈川県)

23745.一粒の種子が芽をだし桜なり花(歌)を咲かせて皆を和ます 返信  引用 
名前:登志雄    日付:2019年5月18日(土) 0時47分
連投みたいな形ですみません、正午過ぎてるのでちょっと

大樹なんて思い上がりですね、平凡な花の木で良いです(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/shonan_nikkou



23748.Re: 一粒の種子が芽をだし桜なり花(歌)を咲かせて皆を和ます
名前:多香子    日付:2019年5月18日(土) 7時42分
登志雄さん、出かけますので取りあえず書いておきますね。
この前の大樹の歌は良いのです。ただ木の名前を出すことで実感が出て、読み手が場面を思い浮かべることが出来るのです。
桜はその時期に多くの人が詠むので,詠みにくい木です。また比喩としては幼稚になります。大樹を自分の外に置いて、自分を見守ってくれるものと捉えたら歌になります。
「うたの日」の若い人たちは、自分が自分がと言いすぎるような気がします。先人は「歌に込める」という姿勢であったこと、思いましょう。


23751.Re: 一粒の種子が芽をだし桜なり花(歌)を咲かせて皆を和ます
名前:登志雄    日付:2019年5月18日(土) 17時0分
その「歌に込める」確かに昨日実感しました、良い体験しました
一番最初に作った歌と共に大事にしたいです
やっぱり歌には心がありますね

https://blogs.yahoo.co.jp/shonan_nikkou


23753.Re: 一粒の種子が芽をだし桜なり花(歌)を咲かせて皆を和ます
名前:多香子    日付:2019年5月18日(土) 18時35分
ブログを読んで、そう言う事をおっしゃっているのかと思いました。
こちらとブログは直結していないので、これからも私はこの場で歌の批評をすると思います。
でも、登志雄さんのその経験が、重なって行くうちに歌に深みを出して行くのだと思います。ファイト!

23750.「病葉」(わくらば)と言葉一つを覚えたる街に今なお「川は流れる」 返信  引用 
名前:多香子    日付:2019年5月18日(土) 16時25分
昨日の「うたの日」のお題「川」の歌。♪二つで33/40でした。
これは短歌講座の「川」のお題の時に出して、やはりこの歌を知っている人は少なかったので、捨て歌に出しました。

「病葉を今日も浮かべて街の谷川は流れる」と中曽根美樹がうたったのは1961年、東京オリンピックが1964年だから、そこまでの建設ラッシュ、新幹線など、都会が変って行こうとする時期の挫折や悲しみを「病葉」に託して大ヒットした歌だった。
こういう歌は自己満足で詠めばいいのだと思っています。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb