[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
GONsan's “気まぐれ掲示板”

ご訪問有難うございますm(_ _)m
せっかく訪れて頂きましたのですから、何か足跡を記して頂けましたら幸いです(^-^)/


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



8921.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(17) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/21(水) 23:6
 翌・8/3(土)の挙式日は、式場が宿泊ホテルの対面ですから、ノンビリと歩いて出掛ける事となりました。
 着付けがありますから、嫁さんの方はとっくに式場行きですけど、GONsanの方は1時間前の12:40頃に式場入り。それでもタップリと時間が有りますので、カメラ片手にブラブラと過ごします事に…
 挙式・披露宴の画像は結構な枚数で撮らせて頂きましたが、この日の様子は説明文無しで、画像のみでご案内する事に致します(^-^)//"









人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8920.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(16) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/20(火) 21:39
 外国人観光客の皆様がノンビリと過ごしておられますので、GONsanもユッタリと園内を散策しておりましたが、閉園のアナウンスが…
 時間を確認しますと、P.M.6:05でありました。そぅでしたネ、閉園はP.M.6:00ですけど、とっくに時間は過ぎ去っておりました。
 まだ凡てを見終えてはおりませんけど、遅い時間帯からの入園ですから、少し時間が足りませんでした。
 この兼六園の入園出入り口は、何ヶ所かありますのでしょうけど、閉園の準備をしておられます担当の方が、GONsan達を「こちらにお進み下さい」と誘導です。
 支持されました方向に進みますと、うん、うん、金沢城公園側の出入り口でした。
 閉園時間到来ですから仕方ありませんけど、もぅ1時間ばかりユックリと散策が出来たら…と、チョッピリ残念な気持ちも生じてしまいましたネ(^-^)

 兼六園を後にしましての帰路には、「石浦神社」に参拝です(^.-)☆

 ◆石浦神社

 石浦神社(いしうらじんじゃ)は、石川県金沢市本多町に鎮座する神社である。旧社格は県社。『延喜式神名帳』加賀国加賀郡の小社「三輪神社」に比定される式内社論社で、金沢市最古の神社であるともされる。

 ・祭神 -- 大物主大神、大山咋大神、菊理媛大神(別名、白山比淘蜷_)、天照皇大御神、天児屋根大神(別名、春日大神)、市杵島姫大神、誉田別大神(別名、八幡大神)

 ・由緒

 越前国加賀郡に住む三輪の氏子が奈良時代に居住地に社祠を建て、大和国大神神社の神霊である大物主大神を勧請し「三輪神社」と号したのが起源であるとか、聖武天皇の天平11年(739年)5月に勅を以て創建したとか、花山天皇の勅を以て創建した、或いは養老年中(717–723年)に松浦氏の女性が大和国の長谷観音を勧請して創建した加賀石浦の長谷観音堂が前身であるなどと伝承されている。
 このように諸説があるが、古来より加賀郡石浦郷七ヶ村の総社として崇敬を集め、延喜の制で加賀郡13座中の「三輪神社」に列した式内社であるとされる。

 やがて本地垂迹説による神仏習合の思想が起こるに及んで、当社に勧請した大物主大神が近江国日吉神社の神と同体であるので、当社を「石浦山王」、或いは「地主権現」と称した。また、大神神社の神宮寺である大御輪寺の本尊が十一面観音である関係から、本社の本地仏も十一面観音とし、「大和国長谷観音」と号し、寛永年間(1625–1643)末には、「長谷山慈光院」と改め、別当社僧が奉仕していた。創建当初(奈良時代)の社地は、下石浦村(今の長町3番丁辺り)の地で、江戸時代の藩士(浅香氏・由比氏)の邸地の一区域とも、西外惣構堀藪ノ内の藩士高畠石見守の旧邸があったとも伝えられ、室町時代にはここに大きな社殿があった。
 天正8年(1580年)、佐久間盛政が加賀一向一揆の拠点である金沢御坊を攻略した時、兵火に遭いことごとく焼失した。その時、神体と仏像を合祀していたが、本地仏十一面観音は小立野の山崎村の愛宕社に安置し、その後、卯辰山の観音院に移した。
 慶長6年(1601年)、加賀藩2代藩主前田利長から本多町に社地600余歩を賜り、翌年3月29日、一向一揆の首領であった山本若狭守家芸が拠点としていたといわれる上石浦村(現在の下本多町3番丁)の旧石浦砦跡地に社殿を再興し、ようやく石浦村に帰座した。
 元和元年(1615年)、この地が藩老本多安房守政重の下屋敷となった際に邸地内に編入された。
 寛保3年(1743年)12月には、社地170歩が加増され、770余歩となった。

 『国事雑抄』所収の寛延2年(1709年)2月、慈光院より宝幢寺[要曖昧さ回避]宛の文書には、「当社者山王権現惣本地薬師如来・客人大明神(菊理媛神)本地十一面観音・市姫宮(市杵島姫神)本地如意輪観音、右之三尊者往古天平年中より安置仕候」とある[要出典]。氏子地域は、石浦郷七ヶ村(石浦村、笠舞村、保島村、朱免野村、木新保村、今市村、山崎村)で、現在の武蔵ヶ辻付近から犀川の左岸に至る広大な地域であった。
 このように、当社は金沢城地の産土の神として、また城の鎮守神として歴代の加賀藩主の崇敬も厚く、2代藩主利長は社殿を再建、5代藩主綱紀の時は妻女の出産に際し安産を祈願し、以来安産の神としても人々から厚く信仰されている。
 藩老五万石の本多氏も、当社が元は下屋敷地内にあったために祈祷所となし、初代政重が寛永18年(1641年)3月に200両を当社に寄進したのをはじめ、2代政長・6代政行・8代政礼らが社殿の再建・造営を行うなど、同家から格別の崇敬・報賽を受けている。
 元来、当社は三輪神社として大神神社の主祭神、大物主大神を奉斎してきたが、本地仏である十一面観音に圧倒され慈光院(俗称ジクイン)の俗称により世人からは寺院として知られ、三輪神社の社号を潜称して、式内社にしようとする神社も出現した。しかし、当社が延喜式内社三輪神社であることは、承応2年(1653年)6月26日書写の『加賀国式内等旧社記』に「三輪神社、式内一座石浦郷石浦村鎮座称石浦山王石浦郷七箇村惣社今属石川郡也」と記されていることからも明らかであるとされる。

 旧藩時代、石浦山王・地主権現・慈光院などと呼称され、親しまれて来た当社も、明治維新の神仏分離令により、明治元年(1868年)12月、氏子地の石浦の郷名をとって「石浦神社」と改称し、同13年9月、下本多町から広坂通り112番地の現住所に移転した。
 石浦の名は、犀川・浅野川を支配していた、石浦豪族(他の豪族にだましうちに遭い、全国に移り住んだ。地名・苗字に名を残した。高山の石浦町のように[要出典])金沢は旧石浦郷である。

 …と、こんな石浦神社のようであります。
 ここでも外国人観光客の皆様が眼に付きましたネ(^-^)//"












人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8919.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(15) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/19(月) 19:54
 ・霞ヶ池(かすみがいけ)
 兼六園の中心部にある、約5,800平方メートルの池。眺める位置によって異なった様相を見ることができ、園内では一番大きい池で、池の中には蓬莱島という亀の形をした島が浮かんでいます。
 カモやサギが羽を休め、鯉などの魚が泳ぐ姿は優雅で、見る人の心を和ませます。見どころがこの池の周辺に配されているので、散策の際はこの池を中心に回るとよいでしょう。

 ・鶺鴒島(せきれいじま)
 別名「夫婦島」とも言われる。陰陽石(誕生)・相生の松(結婚)・石塔(死)が島の中にあり、人生の三儀式を表しています。背後の石碑には「和合長寿」を詠った和歌が彫られており、是非カップルで訪れていただきたい場所です。

 ・根上りの松(ねあがりのまつ)
 40本以上の根が土から盛り上がったように見える松で、13代藩主斉泰が植えたと言われています。
 松の根は地表近くに成長するという性質を用いて、盛り土をしてその上に松を植え、 後で土を取り除いて根上にしたと言われています。約2メートルも地上部分にせり出した松の根の壮観な立ち姿が有名です。

 鶺鴒島の近くでは、どなたか帽子の忘れ物が…汗を拭いながら、そのままお忘れになられましたのかも…











人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8918.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(14) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/18(日) 15:34
 ・山崎山(やまざきやま)
 小立野口付近にある築山。この山崎山はカエデ、トチノキなど落葉広葉樹林が多く植えられており、秋になると赤や黄に美しく色づくので「紅葉山」とも呼ばれます。山腹には白川御影石でつくられた五重の塔(御室の塔)があり、また、山麓の岩間から流れ出る水は、約570mの曲水となって霞ヶ池に注いでいます。「あかあかと 日はつれなくも 秋の風」という松尾芭蕉の句がふもとの句碑に刻まれています。

 ・龍石(りゅうせき)
 形が龍に似た石で、兼六園三名石の1つ(他に虎石・獅子巌)。後ろには「龍石の椿」と呼ばれる椿があり、愛好家の間では有名です。

 ・山崎山にある石造りの五重塔
 石造りの五重塔ですが、塔というよりは灯篭といったほうがしっくりくるような気がしました。山を登って裏側から見ると穴が三日月のような形をしています。反対側は丸なので、満月?でしょうか?御室、すなわち仁和寺のあの五重塔を模しているそうで、都への憧憬を読み取れます。










人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8916.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(13) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/18(日) 14:58
 兼六園内を見下ろす一際目立ちますこの像は何なのでしょう…

 ◆明治紀念之標(めいじきねんのひょう)

 兼六園を見下ろすようにそびえ立つ日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の像。富山県高岡で造られた日本最古の銅像で、身長は5.5メートル。西南戦争で戦死した郷土軍人を祀るために、明治13(1880)年に建てられました。
 台石のうちの大きな石を、大蛇・ナメクジ・ガマに見立てて、それらが互いににらみ合い「三すくみ」の状態にあるので崩れないと言われています。また、銅像の成分を嫌い、カラスなどがとまらないらしいとの一説もあります。

 …と、こんな日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の像ですけど、ふ〜ん、日本最古の銅像なんですねぇ〜お顔と眼に特徴が(^-^)//"











人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8917.10/13(日)に笠岡湾干拓地でウォーキング大会の開催ですか… 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/18(日) 11:30
 これは、昨日の中国新聞朝刊記事なんですけど、笠岡湾干拓地でのファミリーウォーキング大会開催の案内が掲載されておりました。
 10/13をカレンダーで確認してみますと、日曜日で、翌日は祭日のようですネ。
 いつでしたか…職場の同僚が「毎回、母と一緒に参加している…」と言っていましたような(^.-)☆

 沿道の満開のコスモスを眺めながらのウォーキング…楽しそうですねぇ〜
 早速、嫁さんに「10/13(日)に笠岡の干拓地でウォーキング大会があるけど、どぅする?」と尋ねますと、「行ってもイィけど…」との事でした。ですが、10月はまた親戚の結婚式がありますねぇ〜日取りはいつでしたか…
 重なりませんようでしたら、ウォーキング大会への参加を検討してみたいと思います(^-^)//"



人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8915.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(12) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/16(金) 14:32










人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8914.台風10号…どぅにか過ぎ去ってくれましたけど… 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/16(金) 13:44
 動向が危惧されました台風10号…どうにか無事に日本海に抜けてはくれましたけど、我が家も少々後片付けが(^-^;
 畑の一角に植えています皇帝ダリア…台風がヤッて来ます度に何本か倒れますけど、哀しいかな、今回もまたそぅでありました(^-^;

 昨日は、降雨は大した事はありませんでしたけど、風は一時的に強い時がありまして数本倒れてしまいました。で、台風の去りました今日・午前中は、その後片付け。
 時間的には1時間も要しませんでしたけど、倒れた皇帝ダリアを引き抜いてゴミ出し可能な大きさに切りましたけど、この作業のみで汗でドボドボ。
 数年前まででしたら、何でもない作業ですけど、70代に突入しますと、結構しんどいのなんの(^-^;

 ◆台風10号、呉付近に上陸

 --- 2019/8/15 中国新聞 ---

 大型の台風10号は15日午後3時ごろ、呉市付近に上陸した。広島地方気象台によると、広島県への上陸は1990年の台風14号以来29年ぶり。時速約30キロで北へ進んでおり、中国地方を縦断し、夜にかけて松江市付近を通過し日本海へ進む見通しとなっている。
 県災害対策本部によると、同日、船の係留作業をしていた尾道市の80代の男性が海に転落し、死亡した。このほか、安芸高田市の40代男性が自宅兼店舗の看板を修理中、風にあおられて足場から転落し、右手首を骨折した。
 同気象台は広島県南部に大雨や暴風、波浪、高潮の警報を、北部には大雨と暴風警報を発表。土砂災害や河川の氾濫などにも警戒を呼び掛けている。福山市南部などの海岸沿いでは一時、堤防を越える高波が押し寄せるなどした。

 同気象台によると、中国地方では台風本体の雨雲が通過する16日明け方にかけて雨が強くなり、1時間当たり最大60ミリの非常に激しい雨が降る見込み。16日午前6時までの24時間雨量は多いところで250ミリに上る見通しで、最大瞬間風速は35メートルと予想している。
 広島県内では15日午後4時現在、三原市が市内全域に、大崎上島町が岩白、宇浜、郷、天満、野賀の5地区に警戒レベル4の避難勧告を出している。警戒レベル3の避難準備・高齢者等避難開始は、広島、呉、竹原、尾道、福山、府中、三次、庄原、大竹、東広島、安芸高田、江田島の12市と、府中、海田、熊野、坂、世羅、神石高原の6町に出ている。広島市では午後2時現在で79世帯125人が避難している。

 ◆台風概況

 --- 台風10号 8/15 21:00 ---

 大型の台風10号は午後9時現在、島根県松江市の北約80キロにあって、時速35キロで北に進んでいます。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルとなっています。
 台風の中心からやや離れた西日本から東日本の太平洋側において、台風を取り巻く発達した積乱雲があり、この付近で風が最も強く吹いています。
 高波、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、暴風や高潮に警戒して下さい。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意して下さい。
 台風は中国地方を縦断して日本海に進んだ後、17日までに日本海北部で温帯低気圧に変わり、北海道付近へ進む見込みです。

 …と、こんな台風10号でありました。
 昨日、台風関連のニュースをチョコチョコ確認しておりますと、ひんぱんに鞆町の様子が映し出されておりました。
 別段、鞆の町に被害は出ていませんようでしたけど、福山市近辺では因島でお一人お亡くなりに…80代の男性のようですけど、実にお気の毒に感じます。
 とにかく、台風が去ってくれまして、とりあえず一安心。あと何度か台風が日本にヤッて来ますのでしょうけど、いくら事前準備がある程度出来ます台風とは言いましても、仲々被害ゼロでは済みませんようですねぇ(^-^)//"



人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8913.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(11) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/15(木) 12:11




人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8912.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(10) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/15(木) 11:56
 金沢城公園とお別れし兼六園に向かおうとしますと、着物姿の女性お二人が兼六園からお帰りでした(^.-)☆
 思いがけない予期しない光景ですから、眼を向けておりますと、暑さも吹き飛び涼しさを感じてしまいましたネ\(^o^)/
 それにしましても、金沢城公園同様に兼六園でも外国人観光客の多いこと(^-^)
 ツアーでヤッて来ておられますのかも…世情を反映し、韓国の方は見掛けませんで英語圏の観光客の皆様が大変多いようでした。入園料は、65歳以上は無料でありましたから、翌日もまた散策しなくては(^_^)v

 ◆兼六園

 兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
 17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の1つに数えられる。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』では、最高評価の3つ星に選ばれた。

 園名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用し、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。四季それぞれに趣が深く、季節ごとにさまざまな表情を見せるが、特に雪に備えて行われる雪吊は冬の風物詩となっている。県内でも随一の桜・梅・紅葉の名所でもあり、日本さくら名所100選にも選ばれている。
 金沢市の中心部に位置し、周辺には成巽閣、石川県立美術館、金沢21世紀美術館、石川県政記念しいのき迎賓館などの観光地があり、道路(百間堀通り)を隔てて橋一本で金沢城公園とも繋がっている。入園は後楽園、栗林公園と同じく有料となっているが、早朝や年末年始・観桜期・金沢百万石まつりの日・お盆・文化の日などの時期は無料開放されている。また、兼六園の県民観賞の日(毎週土曜日・日曜日)などの各種入場料免除制度もある。

 ★歴史

 ・江戸時代

 1676年(延宝4年)、加賀藩4代藩主の前田綱紀が、金沢城に面する傾斜地にあった藩の御作事所を城内に移し、その跡地に自らの別荘である「蓮池御殿(れんちごてん)」を建ててその周りを庭園化したのが兼六園の始まりである。庭は当時は蓮池庭(れんちてい)と呼ばれ、歴代藩主や重臣らが観楓の宴などをする場として使われていたが、1759年(宝暦9年)4月10日に発生した宝暦の大火で焼失した。それから15年後の1774年(安永3年)、10代藩主前田治脩によって蓮池庭が再興され、同年に翠滝と夕顔亭、1776年(安永5年)には内橋亭を造り、庭園が整備された。また、蓮池庭上部にある平坦な場所で当時は空き地になっていた千歳台に藩校である明倫堂と経武館を建てた。

 11代藩主の前田斉広は、1819年(文政2年)に37歳で隠居を表明した後、千歳台で自身の隠居所の建設を始め、藩校は現在のいしかわ四高記念公園の場所に移した。3年後の1822年(文政5年)には建坪4,000坪・部屋数200を超える隠居所「竹沢御殿(たけざわごてん)」を完成し、この年に白河楽翁(松平定信)によって兼六園と命名された。
 斉広の死後、竹沢御殿は12代藩主前田斉泰によって取り壊されるが、斉泰は1837年(天保8年)に霞ヶ池を掘り広げたり、栄螺山を築いたり、姿形の良い木を植えるなどして庭を拡張・整備し、1860年(万延元年)には蓮池庭との間にあった塀を取り壊して、現在の形に近い庭園を築いた。

 ・明治時代以後

 長らく殿様の私庭として非公開だったが、1871年(明治4年)から日時を限っての公開が開始。同年に園内の山崎山の下に異人館が建てられ、噴水前には理化学校が開設された。1872年(明治5年)には異人館は成巽閣とともに国内初の博物館である金沢勧業博物館となった。同館は1909年(明治42年)に廃止されるが、その間1879年(明治12年)に図書館、1887年(明治20年)に金沢工業学校(後の石川県立工業高等学校)が附属されるなど、大規模なものに拡張された。
 1874年(明治7年)5月7日から正式に一般公開され、1876年(明治9年)には兼六園観光案内組合が組織され、積極的な観光利用の歴史が始まった。24時間開放されていたが、石の持ち去りや灯籠の破壊などが後を絶たず、保存徹底の声が上がるようになり、維持・保存費用捻出も兼ねて1976年(昭和51年)から有料とし、時間を限って公開されるようになった。1985年(昭和60年)に特別名勝に指定された。

 …と、こんな兼六園ですけど、昭和51年まで24時間無料開放されていましたとは、少し意外ですネ。
 もっと早くから保存管理に注力しておられましたら良かったのに…とも思ってしまいますネ(^-^)//"










人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8911.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(9) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/14(水) 14:27
 暑い日差しの中、早足で金沢城公園内を一通り巡りましたけど(一通りと言いますより、一部と言った方が良いのかも)、さすが加賀百万石ですら大変立派な公園でありました\(^o^)/
 数々の石垣は、仲々見応えがありました。
 後で知りましたけど、お願いしましたら地元のボランティアガイドさんに無料で案内して貰えたとの事。ガイドさんの案内で金沢城公園内を廻りましたら、さぞ、有意義に知識吸収も出来ましたのでしょうけど…
 どなたかがWEB上で、地元のボランティアガイドさんの説明を綴っておられましたので、引用しますと、

 ◆金沢城と兼六園の見どころを地元ガイドと巡る!加賀百万石の魅力に迫ってきた

 --- 2019.02.14 更新 ---

 石川県金沢市の中心部に位置し、加賀百万石の歴史と文化を今に伝える「金沢城」と「兼六園」。ともに金沢を代表する観光スポットとして、多くの人に親しまれています。そんなふたつの文化遺産を知り尽くす地元のボランティアガイドさんと一緒に、見どころをたっぷりと巡ってきました。

 ・国の史跡「金沢城跡」と日本三大名園「兼六園」

 江戸時代に「加賀百万石」として名を馳せた加賀藩。その藩主・前田氏の居城であった「金沢城」は、隣接する「兼六園」とともに金沢を代表する観光スポットです。度重なる火災で建物の大半を焼失しましたが、平成に入ってから復元作業が進み、平成8(1996)年より「金沢城址公園」として一般公開されるように。平成20(2008)年には「金沢城跡」として国の史跡に指定されました。
 一方の「兼六園」は、前田家5代・綱紀(つなのり)が金沢城に付属して造らせた大名庭園。日本三名園のひとつとして、国の特別名勝に指定されています。
 そんなふたつのスポットを地元のボランティアガイドさんが無料で案内してくれると聞き、行ってきました。

 ▲ボランティアガイドの受付場所は、兼六園に最も近い金沢城の入口「石川門」を入ってすぐ。事前予約はできず、待機しているガイドに希望を伝えます。

 金沢城の高度な建築技術と日本最大級の大きさに注目!
 コースはお客さんの希望によって自由にアレンジできますが、一般的なのは、金沢城と兼六園それぞれを約50分間で巡るコース。今回もこのコースで案内していただきました。

 ▲今回案内してくれた「城と庭のボランティアガイドの会」会長の山崎輝雄さん。会は平成16(2004)年に設立し、2019年2月時点で約130名の会員がいるのだそう。

 「金沢城は明治時代の火災でほとんどを焼失し、全て木造で復元されたことから、明治以降に建てられた木造城郭建築物としては日本最大規模を誇ります」と山崎さん。
 ガイド受付がある「石川門」から入ると、すぐ目の前に「三の丸広場」という芝生広場が広がります。その奥に見えるのが、「五十間長屋(ごじっけんながや)」という大きな建物。長屋というと住居を想像しがちですが、武器や食料を保管する倉庫として利用されたもので、城を守る城壁としての役割も兼ねていたそうです。

 ▲五十間長屋。五十間(約90m)の長さがある建物で、平成13(2001)年に120年ぶりに復元されました。

 よく見ると、屋根瓦が白く見えます。これは一般的な土瓦とは異なり、鉛の板で葺いた「鉛瓦(なまりがわら)」と呼ばれるもの。従来の屋根の上に薄い鉛板を張り付けて造られているそうです。
 「雨や雪などによる化学反応で鉛が白くなったもので、白化現象とも呼ばれています」と山崎さん。この鉛瓦は雪が多い北陸で、重量低減と長寿命化の対策として考えられたものだそうです。五十間長屋だけでなく、金沢城の櫓(やぐら)や塀などの建造物にも使用されているのだとか。

 ▲近くで見ると屋根瓦の白さがよくわかります。

 さらに城郭の壁に施された、美しい海鼠(なまこ)壁も金沢城の特徴。正方形の黒瓦を互い違いに敷き詰め、その隙間を漆喰で盛り上げています。これは寒冷地ならではの耐久性に加えて美観も意識されたもの。歴代藩主の美的センスが窺えますね。

 ▲白い鉛瓦と海鼠壁のバランスが美しい!

 五十間長屋の北端(三の丸広場を背に右側)にあるのは、防衛の要となった物見櫓「菱櫓(ひしやぐら)」の復元。その名前は、建物を真上から見ると菱形(四隅の内角がそれぞれ80度と100度)になっていることに由来しているそう。
 「こうすることで、外側から見ると目の錯覚によって建物が大きく見えるのです」と山崎さん。

 ▲建設には非常に高度な技術を要したと考えられている菱櫓

 なお、ツアーの出発点となった「石川門」は、直角に設けられたふたつの城門と城壁で囲まれた枡のような形状が特徴である枡形門。度重なる大火に見舞われながらも江戸時代中期から現存している貴重な建造物であることから、国の重要文化財に指定されています。

 ▲城門の内側にL字形の城壁を設け、ふたつの門を通ることで防御性を高めた枡形状の石川門

 「枡形門は大阪城や丸亀城にも見られますが、江戸時代から現存しているのは石川門だけ。約230年前の姿そのままで残っているんですよ」と山崎さん。

 ツアーがスタートしてすぐの三の丸広場から見える建物だけでも、こんなにも特徴的な工夫が施されていたり歴史的な意義があったりして面白いですね!
 芸術的な石垣群にも注目!
 山崎さんによると、「金沢城の魅力は多種多様な石垣でもある」のだそう。別名「石垣の博物館」ともいわれており、積み方や素材の違う石垣を一堂に見ることができます。
 例えば石川門は、左右の壁面の石垣が異なる積み方になっています。一方は四角く切り出した石をきっちりと積んだ「切石積み」で、もう一方は割石の形をある程度だけ整えて積んだ「粗加工石積み」。「主要な石垣の積み方2通りが同時に見られる、大変珍しい場所ですよ」と山崎さん。石垣もこのように注目してみると面白いものです。

 ▲左右の石積みが明らかに違うのがわかります

 ▲五十間長屋の石垣は、地元の戸室(とむろ)山から削り出された赤と青の戸室石(安山岩)を交互に積み上げたもの。モザイクアートのようです。

 ▲「東の丸北面石垣」は、古い技巧である自然石積みによって造られた金沢城初期の貴重なもの

 なお、金沢城には天守閣がありません。前田氏の祖として知られる前田利家が入城した約20年後の慶長7(1602)年、落雷で天守閣を焼失。その約160年後の宝暦9(1759)年、江戸時代中期にも金沢大火で城のほとんどを焼失し、実用性を重んじて、本丸ではなく二の丸を中心とした整備が行われたためです。

 ということで、五十間長屋に沿って城郭をぐるりと一周し、公園の中心に位置する二の丸広場へと向かいます。石垣から庭園まで見どころたくさんの二の丸周辺。
 ここでも、やはり注目したいのは石垣です。表情の異なる多彩な石垣に出合え、その違いを見比べるだけでも楽しめます。
 「最も玄人好みする石垣」と山崎さんが紹介してくれたのが、江戸時代初期に改修された「二の丸北面石垣」。石川門の石垣でも見られた「粗加工石積み」という手法を取り入れており、この手法の中でも最も完成されたものだといわれています。

 ▲ある程度整えて積んだ「粗加工石積み」ながら、この「二の丸北面石垣」は石の大きさも形も全て統一されていて、まるでレンガ積みのよう。春は桜並木となり、それもまた見事なのだとか。

 続いてたどり着いたのが、かつて大奥だった場所にある「数寄屋敷(すきやしき)石垣」です。女性の住居なので威圧感がないよう、長方形の石が横積みになっています。
 なお、こちらの石垣は刻印(石に刻まれた記号)が彫られているのも特徴。一説によると、石材の採掘場や職人ごとに石垣を割り振り、積む際の目印にする目的があったと考えられています。概ね1600年代に積まれた石垣に刻印が使われているそう。

 …と、こんな記載で、予備知識も何にもありませんGONsanですから、何にも分からず観て廻っただけでしたのかも分かりませんねぇ〜
 公園内の散策を終え、印象に残っていますモノの一つが、この画像の石段なんです(^.-)☆

 「この石段は、何で、高さや幅がバラバラなんだろう?…」と不思議に感じながら画像に納めておりましたけど、『三十間長屋へと通じる「本丸附段(ほんまるつけだん)」の階段は、敵が攻めてきても上がりにくいよう段の高さや幅がバラバラに組まれています』からなんですネ(^.-)☆
 いゃぁ、とにかく『加賀百万石』を充分に感じさせます「金沢城公園」でありました(^-^)//"



人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8910.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(8) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/14(水) 12:49










人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8909.台風10号の動向…大変気になりますネ(^-^;(4) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/14(水) 11:29
 本日の朝刊にも、備後地区各市町のイベント中止が報じられておりました。
 こぅしたイベントを随分前から準備して来られました方々、そして、イベントの開催を楽しみに待っておられました方々…大変残念でしょうネ…
 勿論、GONsanも相次ぐイベントの中止発表を残念がっています者の一人でありますけど、安全優先ですから仕方ありません。後はただ、台風10号が大きな被害をもたらします事も無く、無事に通り過ぎてくれますのを祈るのみ。
 明日、広島県に最接近との事ですけど、どぅなりますか…



人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8908.台風10号の動向…大変気になりますネ(^-^;(3) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/13(火) 23:53
 本日の午後でしたか…天満屋福山店に出掛けました際ですけど、宮通りでは「福山夏まつり2019」開催の準備品の片付けが始まっておりましたネ(^.-)☆
 そぅそぅ、「芦田川花火大会」の中止は、昨日、発表済みで「いろは丸YOSAKOI」&「二上りおどり大会」開催の可否は、本日15:00に発表でありました。
 この片付けの様子から、「いろは丸YOSAKOI」&「二上りおどり大会」も中止なのだ…と理解しましたけど、我が家に帰りWEB上で一応、確認です。
 そぅしましたら、こんな記載が…

 ◆台風10号接近に伴い「福山夏まつり2019」を中止します

 台風10号の接近に伴い、8月14日(水)に予定していた「いろは丸YOSAKOI」および「二上りおどり大会」を中止します。既に発表している「あしだ川花火大会」の中止と合わせ「福山夏まつり2019」を中止します。
 なお、16日(金)への順延も行いません。

 …と、こんな発表でありました。
 う〜ん、残念ですねぇ〜5月の「福山ばら祭り」と並び「福山夏祭り」は、福山市の二大イベントなのですけど、中止は実に残念ですねぇ〜
 天候要因から仕方ありませんけど、スッカリ寂しいお盆となってしまいましたネ。今から1年後…長いようでもあり、短いようにも感じますけど、来年の「福山夏まつり」がヤッて来ますのを楽しみに待っていたいと思います(^-^)//"





人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8907.台風10号の動向…大変気になりますネ(^-^;(2) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/13(火) 8:39
 昨日の午後でしたか…ラジオを聴いておりましたら、早々と「芦田川花火大会」の中止の案内が出ておりました。う〜ん、残念ですネ(^-^;
 とは言いましても、台風10号の動向…福山市を通過しそうですから、危険を避けます為にはやむを得ません決断なのでしょうネ…
 明日の「いろは丸YOSAKOI」と「二上りおどり大会」開催可否は、本日、15:00に最終判断されます様子。
 さて、どぅなりますのでしょうねぇ〜
 GONsanが幼少時からズッと親しんでおります「芦田川花火大会」…過去、中止となりました記憶はありませんけど、台風直撃では仕方ありませんねぇ〜でも、残念ですネ(^-^)//"




人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8906.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(7) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/13(火) 8:10










人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8905.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(6) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/12(月) 11:42










人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8904.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(5) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/12(月) 11:6









人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8903.嫁さんの甥の挙式で、8/2〜8/4の3日間は金沢行きのGONsanでした(^.-)☆(4) 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/12(月) 0:27









人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/

8902.台風10号の動向…大変気になりますネ(^-^; 返信  引用 
名前:GON    日付:2019/8/11(日) 23:2
 これは、今日の朝刊の折り込みチラシの中に入っておりましたけど、8/18(日)は「クレセントビーチ夏祭り・花火大会」の開催日。
 お盆明けですから、台風の影響は無さそうですけど、それにしましても気になりますのが台風10号の今後の動向です。

 ◆台風10号

 大型の台風10号は11日(日)午後9時現在、父島の南西約460キロにあって、時速15キロで北西へ進んでいます。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルとなっています。
 この台風は13日にかけて日本の南海上を北西に進み、その後は進路を北よりに変えながら15日頃に西日本に接近し、上陸するおそれがあります。
 小笠原諸島では12日にかけて非常に強い風が吹き、猛烈なしけとなる見込みです。高波に厳重に警戒し、大雨による土砂災害などにも注意・警戒してください。
 また、西日本と東日本の太平洋側や南西諸島でも、12日午後からはうねりを伴った大しけとなる見込みです。

 ・配信日時:2019年8月11日 13時52分
 台風10号は、15日(木)ごろに九州や四国に接近・上陸する確率が高くなっています。強い勢力で北上してくる上に速度が遅く影響が長引くため、西日本や東日本を中心に大雨や暴風、高波などに警戒が必要となるでしょう。(気象予報士・長谷部愛)

 …と、こんな台風10号ですけど、8/15(木)は「福山夏まつり」の真っ最中。
 台風予報によりますと、広島県直撃の可能性が高そうで「芦田川花火大会」に影響しそうですねぇ〜「福山夏まつり」は予定通り開催となりますのでしょうか(^-^)//"




人気blogランキングへ(^.-)☆
日本全国通過旅へ(^-^)/


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb