[ 携帯用URL ]
「峠と旅」掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



83.五僧峠(岐阜-滋賀県境)(島津越え) 返信  引用 
名前:ヒロサ    日付:2019/7/22(月) 19:25
上石津多賀線の途中に有る峠。
養老郡上石津町時山から舗装林道にて峠に到着出来ます。峠からアサハギ林道を使って廃村の保月、杉坂峠を越えて多賀大社に繋がっている道です。
昔関ヶ原の合戦で島津軍が徳川本陣を突破してこのルートで脱出して堺港から
鹿児島まで帰還したそうです。毎年鹿児島県日置市の小中学生約10人位の方が
島津義弘顕彰活動として徒歩で走破されるそうです。今年は7月31日から8月4日の予定らしいです。好天で有ります様に!そして参加者全員ガンバレ!
歴史好きのおっさんのひとり言でした。(日程等は荒天時変更もあると思いますので日置市に確認して下さい)

81.水呑峠(三重県) 返信  引用 
名前:ヒロサ    日付:2019/7/7(日) 0:53
以前数回アタックした時は何れも通行止めになっておりましたが、ネットを見ていたら通行可能の記事を発見して始めて訪問出来ました。とても山深く、久し振りの峠道ということあって周りの景色を見る余裕がありませんでした。道は舗装路ですが、小石が結構広がっていました。あの辺りは雨量が多くいつまた崖崩れ等で通行止めになるかも知れないのでいい機会でした。帰宅後ご近所の高齢の方と世間話していたら熊野市出身という事がわかり以前訪問した矢ノ川峠の事を話したら昔まだ国道にトンネルがない時、バスで峠を越えて尾鷲に行っていて、峠に茶屋があった事など色々話しが弾みました。現在は自動車道も出来て簡単に行けますが、当時は大変であの辺りは陸の孤島だったと言われてました。他に銚子川と言うとても綺麗な川があるから夏に行くといいと言われてました。反面三重県は首都圏の建築工事の排土が船で大量に運ばれてきておりそれが山深い所に捨てられているからいつ汚れてもおかしくないとも言われおりオリンピックの代償かなとも思い考えさせられました。



82.Re: 水呑峠(三重県)
名前:蓑上(管理人です)    日付:2019/7/7(日) 11:44
 水呑峠は永い間通行止で、再び開通することはないのかと危ぶんでいましたが、また越えられるようになったそうですね。
 水呑峠は懐かしい峠です。ホームページ「峠と旅」に掲載したのは、まだダイヤルアップでインターネットをしていた頃の1997年8月です。
http://wellon.lomo.jp/tohge/tohge/mizunomi.htm
 山深い宮川村(現大台町)最奥から熊野灘沿岸へと豪快に越える峠道で、訪れる者をほとんど見掛けませんでした。ところが妻は、二十歳代の一人旅でこの峠を越えたことがあるそうで、やはり平均的な女性からは少し外れているようです。

 古い矢ノ川峠の話が聞けたのはよかったですね。ボンネットバスで越える峠道、峠の茶屋での一休憩。この峠に様々な思いを抱く人はまだ多いことと思います。私が訪れた時は既に往時の姿はなく、廃道寸前でした。
http://wellon.lomo.jp/tohge/tohge3/yanoko/yanoko.htm
後にビデオや写真などで昔の矢ノ川峠のことを知り、その盛衰に驚くばかりでした。世の中の移り変わりは仕方ないですが、その歴史が語り継がれていくといいですね。
http://wellon.lomo.jp/tohge/tohge.htm

79.「峠の旅」参考になりましてのお礼 返信  引用 
名前:Itoh-AV    日付:2019/7/3(水) 0:7
はじめまして。私 今から約21年前から「歴史の道シリーズ」で日本の昔の街道をビデオ映像で制作し始めました。
現在12本目に作品制作で検索していましたら「峠と旅」のホームページを拝見しまして参考になりましたのでお礼の意味にて投稿させて頂きます。
私の趣味は8ミリフィルム時代(ホームページ「シネマ映像館」検索)からの映像制作です。
「歴史の道シリーズ」で昔の街道を制作するのに調べましたら、無くなりかけた街道が沢山あり、とても参考になりました。
これを機会に今後も参考にさせて頂きますので宜しくお願いします。
http://www.eonet.ne.jp/~itoh-av



80.Re: 「峠の旅」参考になりましてのお礼
名前:蓑上(管理人です)    日付:2019/7/3(水) 11:34
当方のホームページ「峠と旅」が少しでもお役に立てましたら幸いです。実地に峠を旅し、僅かながら文献も参考にして、峠や峠道をクロースアップしたホームページです。開設から22年になりますが、峠に対する思いはあまり変わりません。峠の現状を知り、また過去の変遷に思いを馳せるのは興味深いことです。そちらの「歴史の道シリーズ」にも通じる点があるのではないでしょうか。それではまたお寄り下さい。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb