[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
きまぐれ日記
あくまで日記ではありますが、皆さんの書き込みも内容に沿うものであればO.Kです

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
いたずらはやめてね!  日付は一日ずれている場合が多いです  日付が変わってから書く事が多いです 細かい事は気にしないで(爆)  いたずらはやめてね!



882.お知らせ 返信  引用 
名前:こえだ    日付:7月20日(水)
長い間ご贔屓いただいた「きまぐれ日記」は終了いたしました。

代わりにブログ「こえだの独り言」を始めました。

直接ここにいらしてる方はリンクの変更をお願いします。

880.ほんとに梅雨明け 返信  引用 
名前:こえだ    日付:7月18日(月)
Original Size: 688 x 535, 107KB

どうも最近酒の抜けが悪い。
年齢的な問題もあるだろうけど肝臓がお疲れなのだろうか?

昨日はドラムのGANTAさんの家に長男誕生と引っ越しのお祝い行ってきたのだけど、二日酔いだったので酒は一滴も飲まなかった。

GANTAさんは音楽もプライベートも最も付合いの長い友達。
出会いは私が中学一年の時だからもう30年近くの付き合いになる。
彼は同じ中学の体操部の一つ先輩。
高校生の時はバンド仲間で、その後親の反対を押し切ってプロミュージシャンになるために上京っていう当時はよくあったパターンだ。

仕事を始めるまでは貧乏学生だった私だったけど、彼の貧乏は私の比ではなかった。
今時は学生の方が金を持っているしその辺のお父さんたちよりよっぽど良い暮しをしていると思うけど…。(^^;)

私も上京してまもなく、大金?をはたいて袋のインスタントラーメンを箱で買った事がある。(暫くは食事もこれでなんとかなると思ったのだ)
毎日3食インスタントラーメンを食べていたんだけど、3日目で厭になってきたので、味付けも醤油や味噌を足したりモヤシを入れてみたりと工夫はしてみた。
ところが一週間目くらいでとうとう食べる事が出来なくなってしまった。
作るには作るんだけど、目の前にあるラーメンにどうしても手がでない。
無理矢理箸でつかんで口に運ぶんだけど、どうしても口に入れる事ができない。
もう匂いだけで食べる気がしないんだけど、他に食べるものもないので頑張って食べようとするのだけど、どうしても無理だった。
もちろんこんな経験は初めてで、人体の不思議を感じたのだけど、もうこれ以上食っちゃいけないと身体が拒否反応をおこしていたとしか思えない。

体調もすっかり壊してしまって、このままじゃミュージシャンになるどころか生命の危機を感じる。
それ以来食生活だけはちゃんとする様に決めたのだった。

私の話はおいといて、GANTAさんの話。
当時日本で最も忙しい「東京ユニオン」っていうビッグバンドのボウヤ(ローディー)を始めた彼だったけど、主食はパンの耳。
最近は知らないけど、当時はでっかいビニール袋に入った食パンのくずが20〜50円くらいで売っていたのだ。(犬の餌として売っていた)

テレビ局に仕事で行った時は局の食堂でライスだけを注文して持ち込んだ海苔の佃煮(桃屋のごはんですよ)と無料のお茶だけで食べる。

そこまで切り詰めてもやっていけない程収入が少なかったのでボウヤの仕事も辞めざるを得なくなってしまったんだけど、身体のためには辞めて良かった事でしょう。

そんな彼も今ではお子さん2人の立派なパパになって生徒も何十人もいる先生になったのだ。

最近はウクレレ教室も始めて殆ど休みのない生活をしているけど、身体をこわさない様に頑張って頂きたい。

私も上京するまでは料理なんかした事がなかったんだけど、上に書いたラーメン事件以来、食事もちゃんと自分で作る様になったのだ。

恥ずかしながらご飯の炊き方も研ぎ方も知らなかったんだけど、バイト先で知り合った友達に料理の手ほどきを受けてレパートリーもだんだん増えていった。
料理を教えてくれた安部くんは大学浪人生でやはり一人暮らしをしていたんだけど、たしか2浪していたから一人暮らしの先輩だったと言う訳だ。

何せ料理はやった事がなかったから素朴な疑問が沢山あった。

まず、豆腐を買ってきたんだけど、これは洗うべきかどうか。
それ以外にも肉も生だから洗ってから使うかどうかだ。
魚は全て洗ってから調理をしてたんだけど、鯵の干物も洗っていた私。
そんな事も知らなかった私なんだけど、食べるからには美味いものを食べたいってのが人情。
すっかり料理にもはまってしまって料理教室にも行った事がある。
良い音楽を作るには味にも五月蝿くなくてはいけない!(と思う)

料理以外にもコーヒーのいれ方や豆の種類を教えてくれたのも安部くんだった。
学校の先生になりたいと言ってた彼だけど、その後どうなったかは知らない。
料理人になってる事はないと思う。(笑)
その後、私の方が音楽学校の先生になってしまったんだけど、彼も地元宮城県で先生をやっていて欲しいもんです。(彼ならきっとやっているでしょう)


879.SMかぁ… 返信  引用 
名前:こえだ    日付:7月17日(日)
Size: 100 x 58, 3KB

今日は予定としてはキーボードのとしさんと会うつもりだったのだけど、時間の都合が合わずまたの機会って事になった。

としさんとは20年以上の付き合いになる。
だったら会うのなんかいつでもいいじゃんって思うかも知れないけど、彼は現在北海道在住なので滅多に会う事ができない。

最後に彼と会ったのは尾崎紀○彦の仕事が最後だったと思うから、もう7,8年は会ってないのだ。

その頃は当然東京在住だったのだけど、その後お互い違う仕事をしていたので会う事はなかなかなかった。

知り合った時は彼は少年隊や尾崎豊のバンドをやっていて、おもいっきり芸能界の人間だった。
私はどっぷりジャズにはまっていた頃だったのだけど、そんな彼と一緒にバンドを始めたってのはかなり意外だったかもと今になって思える。

一時、韓国の音楽シーンで活動してた彼だったけど、今は地元北海道へ帰ってしまったと言う訳だ。

今では大阪のテレビ局と契約をしてたまに東京や大阪に来ているらしいんだけど、北海道で仕事をしているかは知らない。

そんな事もあって久し振りにゆっくり会って話でもしようと思っていたんだけど、今回はしょうがない。
まぁまた東京にくる事があるだろうから、その時でも一緒に酒でも飲みたいもんだ。

彼とは仕事もした事があるけど、遊びの師匠と言った方が正しいかも知れない。
テレビゲームとか一切やらない私なんだけど、当時発売されたばかりのゲームボーイを教えてくれたのも彼だった。

多くの人がはまってしまうゲームだけど、私も例外じゃなかった。
普通の社会人よりは時間がとれる私だから一日中ゲーム三昧の日々がつづく。
しかしこれじゃいかん!とある日ぱったりとゲームはやめてしまったんだけど、それ以来ゲームは殆どやっていない。

友達の家に行くと大概は何かのゲームがある時代だ。
ちょっと誘惑にかられるけど、自分で買うのはやはり危険だ。
私の場合はゲームは他人家でたまにやるに限る。(意思の弱い私です(^^;))

他にもサーキットへ行ってカートをやったり仲間と温泉旅行にも行ったもんだったけど、それも10年以上前の話。

普通の社会人だったら結婚とともに生活も変わるのだろうけど、私等の業界は私生活もあまり変わらない人が多い。
多分私も彼も何も変わってないと思うんだけど、でもお互い結婚すると私生活には入り込まない様に心がけているんだと思う。
寂しい事だけど、配偶者には分からない事も沢山あるし同じ様に付合うってのは無理な話なんだろうか?

こればっかりは女性には理解できない事なのかも知れないな。
そうだ、そうだ!とうなずいている男性と理解できない女性がいる事だろう。(爆)

今日はまた初めての人と飲み屋で話をしてたんだけど、相手は年下のカップル。
彼氏の方は大手IT企業に勤める人なのだけど、仕事とは別に新たに商売を始めようってもくろんでいる人だった。

話を訊いたら、どうやらSMクラブをやりたいって話なんだけど、そっちの世界はとんと分からない私だから何のアドバイスもできなかった。
その男性の方も女性の方もSMに関しては素人なのだけど、ニーズの少ないその業界は絶対儲かると自信まんまんだった。

商売をしようとしてるのは男性の方で、女性の方はアドバイザーって感じだったんだけど、彼女の方が話が具体的だった。
しかしそんなに熱く語られても私には分からない世界だから返事に困る。(^^;)

まぁここでは具体的な話はできないけど、いろんな商売を考えている人は沢山いるもんだなぁと思った日でした。
肝心な話ができなくてごめん。(ハハハ…ここでは無理です)



881.いつもながら酔っ払いで…(^^;)
名前:こえだ    日付:7月18日(月)
酔っ払っていて分かり辛い事を書いてしまった。

ニーズの少ないその業界は絶対儲かると自信まんまんだった。>
って説明不足でよく分からなかったと思います。(すんません)
今はニーズが少ないけど、実際は沢山いるはずだからってのを付足さなければ訳が分からないですよね。
後はその手の店が少ないって事ですね。

女性の方が私に縛りたくなった事ない?とか縛られたくは?とか訊いてきたんですけど、残念ながら私にはないです。
この女性は縛って!ってお願いした事があるそうですが…。

多くの人が興味をもっている事だ!って熱く語っておりました。

878.ジェフ・ベック最高! 返信  引用 
名前:こえだ    日付:7月16日(土)
Original Size: 625 x 761, 113KB

今日は待ち兼ねたJEFF BECKのコンサート。

ドームや武道館なんかの大きなコンサート会場には滅多に行かないんだけど、今日は国際フォーラムだったので行ってみようと思ったのだ。

ドーム球場や武道館なんて本来コンサートをやる様な場所じゃないから音は悪いし余程良い席じゃなけりゃ見えやしない。
武道館に関してはここ数年の間に大分音響技術も発達して普通のホールと同じ様に聴ける様になった話は聞いていた。
でもやっぱり上の方の席は人間が豆粒くらいにしか見えないし行く気がしない。

ドームに関してはどんなビッグアーティストだろうが行く気がしないんだよなぁ。

しかしホールだろうがドームだろうがちゃんと良い席で観れる人がいる訳だけど、どうやってチケットを手に入れているのだろう?
関係者席ってのはどんなコンサートだろうがあるのは分かるけど、アリーナの最前列って訳じゃない。
ファンクラブの人たちが席を押さえてしまうのも分かるけど、全てがそうって訳じゃないはずだ。

私も先行予約とかで受付開始時間丁度から電話をしてチケットを取った事が何度かあるけど、とれたのは酷い席ばかりだった。
今回のジェフベックだって先行予約で取ったのに一階席の殆ど一番後ろ。(これでもS席か!って席だ)

良い席を取るための裏技ってのが絶対あるはずなんだろうけど、どうすれば良いのかは全く分からない。
だいたい自分で席を選べないってのが納得いかないんだよなぁ!

昔(20年くらい前まで)はチケット売り場で座席表を見て自分で席を選べたもんだけど、いつから選べなくなったんだろう?
今じゃ野球の指定席だって自分じゃ選べやしない。

まぁこんな話で終わってしまうのも悲しいのでもうやめよう。(^^;)

国際フォーラムはいくつかホールがあるけど今日のホールAは思っていたより音が良くて驚いた。
他のホールは私も仕事でやった事があるのだけど、客席にはどう聴こえているのかは分からないので、お客さんにどうだったか訊くしかない。
フォーラムは名前からして元々会議場のために作られたから音響に関しては期待してなかったんだけど、実際はコンサートで使う事が多いから、それを見込んで作ったのだろう。

ロックコンサートは音がバカでかくて何をやってるんだか分からないって事が多かったんだけど、今日のジェフベックは本当に音が良かった。
全ての楽器も歌も音がクリア−に聴こえる。
音響技術も知らない間に随分進んだもんだと思ったけど、もちろんエンジニアの腕の良さもある。

有名な外タレが来日する時は必ずと言って良いくらいお抱えのエンジニアも一緒に来日する。
普通のお客さんはそんな事は知らないだろうけど、やっぱりコンサートってのは音響や照明の人たちの腕もかなり重要になってくるのだ。
どんなにミュージシャンが良い演奏をしたってそれをお客さんにちゃんと聴かせる音響がいなければ、コンサートは台無し。
素人のお客さんなんかはミュージシャンのせいじゃないのに、あの人の演奏は上手じゃない!とか音が良くないな!って思われる事になり兼ねない。
だから信頼できるスタッフを連れてくるって訳だ。

ミュージシャンはヴォーカルがジミー・ホール、ベースがピノ・パラディノ、キーボードがジェイソン・リベロ、ドラムがヴィニー・カリウタだった。
って言っても知らない人も多いと思うけど、私もヴィニー・カリウタ以外は知らなかった。(^^;)

キーボードのジェイソンがジャズ系のミュージシャンってのは音を聴いて分かった。
ヴィニー同様スティングのツアーメンバーだったそうだ。
ベースのピノはエルトン・ジョンやフィル・コリンズとやっていたそうだけど、それよりザ・フーのメンバーで来日した事があるって方が驚きだ。

いや〜初めて見たジェフ・ベックだったけど、素晴らしかった!
ベック節健在だ!
私が一番聴いたBlow By BlowやWiredの頃と全く変わっていない。

往年のヒット曲はもちろんやったし、新旧そろえてやったんだろうけど、やっぱり古い曲の方が客うけが良い。
途中で飽きてきて寝てしまうかな?と思っていたんだけど、全くそんな事は無かった。
最後の最後が彼の曲じゃなくスタンダードのオーバー・ザ・レインボーだったんだけど、もう素晴らしくって言う事がない。
アドリブなんかしないし、キーボードとのデュオなんだけど、音楽の原点を感じた。

私の趣味だけど、この手のギタリストで凄いと思えるのは彼以外にはラリー・カールトンしかいないな。

もうテクニックとかそういうのは超越してて、音のマジックと言うか芸術の域だ!
テクニックだけにはしっているヘビメタギタリストは見習って欲しい。

おそらくお客さんは私の世代くらいのオヤジが殆どだろうと予想していたのだけど、意外に若い人も多いし女性も多かったのが驚きだった。

しかーし!そのせいだと思うのだけど、一曲目からスタンディングだったではないか!(バカヤロー!)

これはサザンのコンサートじゃないんだぞ!
若いやつらのロックコンサートじゃないんだからいきなり最初から立つのはやめてくれ。

立ち上がってダンスをする様な曲じゃないんだし、じっと聴いているだけだったら立たなくてもいいではないか!

別に立っちゃダメだとは言わない。
本当に演奏が素晴らしくて思わず立ちあがってしまったってのは許せる。
でも、さぁ始まるぞ!ってんでいきなり最初から立つのは納得いかない。

これも最近のコンサートのスタイルになってしまったのだろうけど、今日はジェフ・ベックだぞ!
立つ必要ないじゃん!

腹立たしく思っていたオヤジは私以外にも沢山いたはずだ。
見えないんじゃしょうがないから私も後半は立ったけど、背の低い人には全く見えなかったかも知れない。

演奏は素晴らしいのにこればっかりは残念だった。
こういう事があるから増々コンサートから足が遠のいてしまうんだよなぁ…。


877.そろそろ梅雨明け 返信  引用 
名前:こえだ    日付:7月15日(金)
Original Size: 640 x 480, 110KB

15日はお盆。
でもお盆だけは旧盆を指すのは何故なんだろう?
多くの地域ではお盆だけは8月の方を祝う。(祝うってのは変なのか?)
元々宗教心の浅い私だったからお盆ってのがどんな日で何をする日なのか良く知らないのだ。

この愚か者め!って怒られそうだけど、どうやら仏教のお祭りの一つらしいし、ちゃんと答えられる人がどれだけいるのか判ったもんじゃない。

しかし歳をとるとともにご先祖様の有難さが分かってきたし、たまには墓参りはしなければと思う様になった最近。
今年も今月末に墓参りに田舎へ帰ろうと思っている。

夏に祭りが多いけど、これもお盆のお祭りの一つなのだろうな。
花火大会も多いけど、おそらくこれも元々はお盆の行事の一つだった気がするな。
本当の事を知ってる方がいたら教えてください。

写真は昨日パーカッションをやって頂いた佐久間さん。

彼とはお互い20代の頃、私のバンドを手伝ってもらっていたのだけど、あまりライヴ活動をしていなかったので実はどんな人なのかよく知らない。

ベースのえがわさんが、佐久間さんは長嶋一茂に似ているってんで「カズシゲ」っていつも呼んでいたから私も暫くの間は彼の名前はカズシゲだと思っていた。(当時は似ていたのだ)
でも本当は違っていた! 本当は「義之」なんだけど、本人も何も否定しないからすっかり信じ込んでいたのだ。(騙された)

音大出の彼だけど、その後南米のラテンパーカッションを専門にやる様になってしまったから私とも縁があまりなくなってしまった。
私は南米でもブラジル音楽の方が詳しいのでキューバ音楽はよく知らない。

一般的にラテンっていうと南米全般の音楽を指すと思っている人が多いけど、ブラジル音楽は本当は違うのだ。
アルゼンチンのタンゴも関係者としては一緒にされたくはないかも知れないけど、一般人はやっぱり一緒だと思っている傾向がある。

中南米には島国がいくつもあって、その国々で音楽も違うのでラテンと一言に言っても凄く沢山の種類があるのだ。
私が知っているのはサルサ、マンボ、メレンゲ、ルンバ(ボレロ)、レゲエ、チャチャチャなんてのしか知らない。(他にもあるけど思い出せない)

んで、ソシアルダンスなんかで言うダンス音楽とは名前は同じでも微妙に違ってたりするから厄介なのだ。
ソシアルダンスはヨーロッパでできたダンスだから南米の人が踊るダンスとはかなり違う。
っで、それをマネしている日本人のソシアルダンスは更に違う。

まぁ日本でソシアルダンスが流行ったのは30年以上前の話だから情報も少なかったししょうがないんだけど、そのやり方を今でも伝承し続けている日本のソシアルダンス界はある意味凄い。(爆)

ブラジル音楽だってサンバとボサノバしか知らないだろうけど、もっと沢山の種類があるし、若者のやっているポップスももちろんある。
現在、昔からのサンバやボサノバを一番聴けるのは世界中探しても実はブラジルではなく日本なのだ。
ブラジルには今流行っているブラジルの音楽があるのだ。
日本にいるからと言って、民謡や日本独特の音楽は普段聴く事ができないのと同じだ。

オルケスタ・デラルスって日本のサルサバンドがあったけど、彼等はアメリカのビルボードで一位になった事があって、友達がニューヨークへ行った時にCD屋へ行ってサルサのいいのを教えてくれって店の人に訊いたら、これが最高だ!って教えてくれたのがそのオルケスタデラルスのCDだったって笑い話がある。

日本人は器用だから世界中の音楽をマネしてしまうんだな。

サルサはキューバ音楽が基本になっているけど、完成されたのは実はニューヨーク。
ニューヨーク在住のキューバ人が作ったものかどうか知らないけど、今で言うところのサルサが完成されたのがニューヨークってのがおもしろい。
それを今のキューバ人がマネしているってのが本当の姿なのかも知れない。

まぁこの手の話はあまり詳しくないから興味がある人はその手のサイトで調べてください。
私は今のところ興味がないので勉強する事もないでしょう。

夏に行われる浅草のサンバカーニバルだけど、佐久間さんもなぜかこれに参加した事がある。

ブラジルのサンバをやらなければならないんだけど、彼の所属しているグループはサルサのバンドだ。
なのでサルサのアプローチでサンバをやったらしいんだけど、私は聴いていないのでどんなだったかは知らない。(どんな風にやったか想像できない)

っで、それが切っ掛けだったと思うんだけど、キューバに招待されてキューバでも演奏した事があるそうだ。
その後も何度かキューバへ行っている様だけど、本物を知るために勉強する彼の姿勢は素晴らしい!
でも本当は遊びで行っているかも知れないけど。(爆)

私も勉強のためにブラジルへ行ってみたい。
でもその前に仕事を探さなければ。(^^;) 行ける日はかなり先だな。


875.すっかり朝帰り 返信  引用 
名前:こえだ    日付:7月14日(木)
Original Size: 997 x 547, 144KB

終わった! ライヴが。

実はパーカッションの佐久間さんは出演が決定してたんだけど、今月は名古屋の劇場に入っているのでリハーサルには出ていなかったのだ。

なので今日は早めにJZ Brat(ラウヴハウス)に入って全曲リハーサルをやらなければならなかった。
劇場にトラを入れて今日のために戻ってきたのだ。(偉い!)

でも付き合いの長い彼だし、芸歴も長いから何も心配はしていなかった。

美歌さんも大分ライヴハウス慣れしてきて、今までの中で一番出来が良かったのはご本人も感じていた様だ。

リラックスした雰囲気で凄く良い演奏が出来たと思う。

経験者にしか分からない事かも知れないけど、コンサートやショーと違ってライヴではいろんなハプニングが起こる。

もちろん良い意味でのハプニングなんだけど、あまり決め事をしていないから演奏の内容も歌もリハーサルと一回目の本番と二回目の本番じゃ全く違った内容になる。

前にも話したかも知れないけど、ピアノの金山さんは大ベテランの先輩。
彼は同じプレイを二度としない人だ。(爆)
ミュージカルには全くむかない人なんだけど、根っからのジャズミュージシャンってとこだ。

今日の演奏も一回目と二回目は全く違うものだったけど、どちらも素晴らしい!
だいたい譜面をちゃんと見てないんだから違った演奏になるのは当たり前なんだけど(爆)譜面と違うコードを弾いてもそれが素晴らしいんだから凄い!

もちろん即興演奏だからスリリングではあるんだけど、格好いいんだから許される。
素人感覚ではそれは間違いなんじゃないの?って思うかも知れないけど、ジャズの場合は格好よければ許される。
ってか、格好良い方の勝ちだ。(なんの事か分からないかも知れないけど)
しかしよく酒を飲んであれだけの演奏が出来るよなぁ! 私には絶対無理だ。

曲間のドラムソロやパーカッションソロも特に決め事をしてなかったので一回目と二回目じゃ全く違う内容になった。
二回目のステージは佐久間さんのフリーソロになってしまったし歌まで披露してくれた。
もちろんそんな事になるとは誰も予想してなかった。
おそらく本人もそうなるとは思ってなかったんじゃないかな?(爆)

この辺がライヴの面白さだ!

前回のライヴから参加しているキーボードの西村さんもすっかり仲間になれたし嬉しい事だ。
皆普段の活動場所はばらばらなのだけど、一流のミュージシャンだし、皆美歌さんのよき理解者たちばかり。
もちろんBOSSの男性陣も気持ちは一緒だ。

そんな仲間が集まって本当に良いものを作ろうとしているんだから楽しいに決まっている。
まぁ腐れ縁とも言うけど(爆)なんだかこのカンパニーは不思議な縁を感じる。

もちろん過去には考え方の違いやギャラの折り合いが付かず去って行った人もいるけど、今までやった事がない新しい試みをしようとしている人たちが残っているのかも知れない。
所謂仕事ってんじゃなくて本当にやってみたい事に挑戦できるカンパニーなんだろうなぁ…。うん。

打ち上げはいつもの居酒屋だったんだけど、いつもの様に金山さん以外はウーロン茶で盛り上がった。(爆)

バンドのメンバーは殆どが車なので酒は飲めない。
でも盛り上がるんだよなぁ。不思議と。

ただ酒を飲んでバカ騒ぎする打ち上げじゃなく真面目に音楽論とか話しちゃうんだけど、今日は皆楽しくやる事が出来たし、これからの展望とかも話す。
BOSSの連中も楽しいやつらなんだけど基本的には真面目なやつらだから熱く語っていた様だ。

まぁ酒を飲んでいた人たちはそれなりに酔っ払いの会話にはなっていたと思うけど、それはそれでいい。
金山さんはいつも通り爆発していたし(爆)打ち上げも楽しく終える事が出来たと言う訳だ。

写真はリハーサルの時に撮ったものなのでまだ皆衣装を着ていない。
美歌さんもメイク前。
ライヴハウスなのに衣装はタキシードだったんだよなぁ…。これだけはなんとかならんもんだろうか。



876.写真
名前:こえだ    日付:7月14日(木)
Original Size: 716 x 537, 98KB Original Size: 665 x 499, 82KB

ついでにもう少し

ギターの入らない曲だったので抜け出して撮影したんだけど、そんな訳で私は写っていない。



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

今日もありがとうございました
   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb