[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
建設井戸端会議

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2633.森友・加計問題、商工中金 はどうした 返信  引用 
名前:一般国民    日付:2017/10/26(木) 11:32
 どうも最低ですな。森友問題。加計問題。商工中金問題と国の運営は問題ばかりの最低ですな。
これらの問題があってなお、自民党というのは納得が行きませんな。
 どうした自民党、昔の先輩方が泣いているぞ。自助努力はないのか。
我々国民の税金が湯水の如くネコババされているのを国民はご存知なのか。
しかも、消費税の増税とは、盗人たちをまずは一掃しないと話にもならないのが
わからんのですか。



2639.Re: 森友・加計問題、商工中金 はどうした
名前:普通の人    日付:2017/11/24(金) 16:28
 国民はみんな忘れていないぞ、加計問題森友問題。
 
 どこの集まりにいっても、この疑問について、市民側はまだまだ怒っている。
 メディアがあまり取り上げないだけだ。
 
 どうした、日本のマスコミ。あんたらは、やっぱり御用新聞、御用ニュースなのか。
 つまりは、本当は国賊だという認識がないようだな


2640.Re: 森友・加計問題、商工中金 はどうした
名前:国民    日付:2017/11/29(水) 11:40
 安倍を退場させない自民党はどうなっているんですか。
 自由で民主主義の党なのではないのですか。
 こんな国有地の略奪が行われたことに自民党の議員さんたちは
 平気でいられるのですか。それじゃ党の名前とやっていることとが
 まるで異なりますね。それで平気でいる党員、所属議員たちの
 常識と神経を疑いたくなりますね。


2642.Re: 森友・加計問題、商工中金 はどうした
名前:市民    日付:2017/12/14(木) 15:56
 森友問題はますますひどいいんちきがーーーー暴露されてきたーーですな。
 こんなんが首相やっている国に未来はあるのかな。
 国民はみんなで考えなきゃいかんですぞ。いや財界さんも。

2641.諸悪の根源・談合 返信  引用 
名前:正義の日本    日付:2017/12/13(水) 13:10
 また、ゼネコンそして談合が問題になっている。
これこそが諸悪の根源だ。
なあなあーーーそしてその先にあるのは、真の競争が出来ない社会。
つまりは、島国の立ち遅れ。
具体的には言いにくいが、この体質、政府による容認がじつは、
新技術など、真の未来技術の発展の阻害になっている。

談合はあらゆる公共工事で当たり前の如く行われている。
こんな日本で委員ですかい?????

2635.マンション管理問題 返信  引用 
名前:桃太郎    日付:2017/10/28(土) 13:54
〇 『個人情報保護委員会』への通報(文書 9月29日付)・同委員会からの電話回答(10月5日)
  
 ☆ 文書「通報」内容
  ・ 「ネバーランド明石ハーバービュー」へ入居経緯及び管理会社
    10年程前、風害の避難用として町内に(株)日本エスコンが建築中だったマンション購入。 その後、自宅南側の明石フェリー乗り場跡地に同社のマンション(15階)が建ち、眺望・日照阻害により、止む無く拙宅を解体処分し、昨年8月引っ越して来た。

    現マンションは14階建・61戸で、分譲業者の子会社であったエヌエス管理(株)(本年7月1日付で合併し(株)JNコミュニティに名称変更)が委託契約により管理している。
    管理組合理事は輪番制ということで、本年2月の総会に役員候補として出席した。
    席上、役員になれば職務遂行上、組合員(区分所有者)名簿が必要であり、「団体、組合であれば名簿があるはずだ。どうなているのか」と質問した。
    これに対し、エヌエス管理(株)の司会・管理業務主任者から「個人情報だから出せない」と頭から拒絶された。
    構成員名も分からない、こんないい加減な組合なら役員として職責を全うできないと一旦は退席のため立ち上がりましたが、他の組合員から慰留され、役員となった。

    この後、我々管理組合の「名簿」であるのに、何故そのような言い方をされなければならないのか。管理会社だけが所有しているのは本末転倒であると思った。
    「何かおかしい」との感から、個人情報保護法、管理規約、管理組合、「標準管理規約」など未知の分野の勉強をした。

     分かったことは、名簿について「標準管理規約」では入居時の管理組合宛「届出事項」として、「〇〇号室・区分所有権をした者 氏名」のみである。
    これに対し、(株)日本エスコン・エヌエス管理(株)の原始規約・当管理組合規約では、「届出義務」として、様式1号・『区分所有者および□入居者 □退去者 カード』に記載して提出となっている。
    絶対に必要な「区分所有者」以外に、利用目的、保管者、保管場所等の説明もなく、「入居者生年月日、続柄、勤務先等、勤務先等電話番号」、それから「緊急時の連絡先、氏名(ふりがな)、連絡先、電話、勤務先等、本人との関係」まで記載を要求している。
    無知な新入居者は、単純に入居条件と思い管理会社に届を提出した。

    なお、当管理規約により、エヌエス管理(株)は、第1回(管理組合設立)総会までの約5か月間、「管理者」として名簿・個人情報を自社業務のために利用し、その後も同じ状態が続いている。
     (注 管理委託契約を締結、その中に事務管理業務・理事会支援業務として「組合員等の名簿の整備」があるが、組合員一覧名簿はなく、上記カードが管理室に眠ったままである。 「鍵」は日勤管理員と警備業者が所持するのみ。 このように、管理組合には「名簿」がない状態である。)
    
    今回、理事長の許可を得て、カードの保管状態のみ確認した。
    規約では、「理事長が組合員の名簿を作成、保管するとなっている」。
    この件で、管理会社に『名簿問題について』の質問書を提出、同社個人情報保護管理者からの回答は、「届出カードは管理組合宛になっており、管理組合が作成したもので当社には関係がない」との主張でした。
    注 原始規約では、最初の住戸引渡しと同時に「規約の発効」「管理組合の成立」となっており、管理組合は「名簿」については一切関与していない。

    この後、同社((株)JNコミュニティに名称変更)に再質問書を出し、この時個人情報保護管理者は交代しており、「入居者を含んでは、日常管理、災害時等の緊急連絡、災害時に支援が必要な方を把握すること等、日常管理上必要とされる項目を追加させていただいております。」(そのまま)
    これは企業側の論理であり、明らかに我々管理組合員の個人情報を不正に取得し、利用していると判断しますが、間違っていますか。
    なお、マンション購入契約の際、90頁からなる「ネバーランド明石管理規約集」の中、「管理規約」の届出事項として義務付けています。
    (株)日本エスコン、(子会社・エヌエス管理(株))は、分譲マンション「ネバーランドシリーズ」を展開しており、同社が作成した規約は、○○管理組合と名前さえ変えればそのまま通用するものです。
    管理会社は、素人衆の集まりである管理組合を思うように管理支配する上で好都合であるため同様の管理規約を採用しているものと思います。

    一番最初に貴委員会に電話でお尋ねしたこともありますが、込み入った複雑な問題であるため、一度は断念しました。そして、管理会社の監督官庁である国土交通省にも相談(電話と文書)しましたが、誠意は全くなく、電話で「回答しない」と素っ気ないものでした。
    困り果て、次に総務省に陳情した結果、行政相談として受理するする旨で、個人情報保護委員会に相談するよう文書回答、アドバイスがありました。
    こよような次第であり、独断で相談電話もせずに、一件書類をお送りする失礼をお許し下さい。

    個人情報保護の問題でいつも被害者になるのは市民です。 業者は名簿を売買したり、ネットで調べると、管理会社が個人情報だから管理組合に組合員名簿の提出拒否したり、今回のように素人と侮り個人情報を不正取得、利用したり、さらに今回の件に関して、問題であると思ったたのは、組合員の承諾なしに管理組合内に名簿を配布すれば、役員は罪に問われるとの脅しとも取れる回答がありました。
    「個人情報保護法」は、人権擁護のため必要かつ不可欠だと思いますが、法律の解釈は難解であり、「なんでも個人情報だから」と意味も分からずに独り歩きしているように思います。
    生意気なことを言いますが、「仏作って魂入れず」という言葉があります。 業者への行政指導等国民の目につくよう法律の活用をお願いします。さすれ゛、もっと世の中に警鐘を与え、保護法の目的を理解されるのでないでしょうか。 分野は違いますが、「一罰百戒」という言葉があるように、本件の調査等ご英断をおねがいします。何も私個人の問題ではありません。
    世の中には、私のような阿保な人間がいてもいいんではないかと思っています。

 ☆ 「個人情報保護委員会」広聴専門官の電話回答  10月5日
  ・ 「通報として受理しました。 調査するかどうかの判断を含め、これから協議します。 守秘義務があり、行政指導とか聞かない場合には勧告とかがあるが、どのようになるか一切お教えできない。
    相手に通報者が誰か分かるようなこともありますか゛・・・。 (これについて、「国民の義務とと思っているので構いません」と返答)
 
  桃太郎は、「やり方に、とやかく申しません。 すべてお任せします。」と返答した。
   
     



2638.Re: マンション管理問題
名前:普通の人    日付:2017/11/24(金) 16:22
 問題を読ませていただいていると、とにかくこの国も、会社も
「おかしいですよね」平等とか民主主義など欠けらもない。
 いちど少数側に立ったら、もうめちゃくちゃ。押し切ろうという多数側
は、本当に押し切るの一手。意見を良く聞いて、少しでも使用数側の意見を組み入れようという
姿勢がない。問答無用で押し切る。
 それにはじめから、あらゆる想定をし問答無用を密かに用意している業界とか会社、組合などは
 知らせない、教えない範囲で信じられない規約をつくり隠している。
 特に管理組合などというものがそれで、組合なら住人みんなで規約は決めないと意味がないのに、
 企業の子会社がはじめから決めてしまっていて、それを審議にもかけずに
 住民に知らないうちに押し付けてしまっている。
 「日本の民主主義」はこんなものですか。これじゃいかんという時代は
いつくるのでしょうか。呆れますなあ。

2636.自民党支持は、たったの???? 返信  引用 
名前:国民さん    日付:2017/11/2(木) 17:16
 
 自民圧勝というけれどーーー国民の何パーセントが自民に投票したのか
 それは小選挙区での投票でカウントしてみると

 たったの25パーセントだったそうです。
 
 となると、あれれ、選挙制度そのものが、鼻からおかしい、国民の総意と
 ことなるわけです。

 はじめから自民が勝つように出来てしまっているのか
 そんじゃ話にもなりません。
 
 このシステム、どなた変えてくれないと、ぜんぜん国民の総意を反映していない
 選挙なんですね。



2637.Re: 自民党支持は、たったの????
名前:有権者    日付:2017/11/3(金) 5:34
「希望の党」が「失望の党」に変質。
投票したい人が見当たらず棄権しました。これが日本の現実。

市民の感覚ではマイナス一票を投ずる制度もあれば良いなぁと思います。
投票票率アップ間違いなしだよねぇ。

2632.マンション管理問題 返信  引用 
名前:桃太郎    日付:2017/10/26(木) 7:18
〇 「総務省 近畿管区行政評価局 主席行政相談官室」からの回答 9月22日付

● 当局では、国の行政に関する個別具体的な苦情等について、公正・中立的の立場から自主的な解決を促進する業務(行政相談)を行っていることから、陳情書については、“行政相談”として受付させていただきました。
  陳情書では、国土交通省に回答を拒否されたとありますが、同省は、○○様からの文書や電話を受け、法令等を踏まえて必要な説明を“口頭”で行っているとし、“文書”で説明する考えはないとしています。
  以上のとおり、両者の認識に齟齬が認められますが、“国土交通省”では、マンション管理業者の監督官庁として○○様からのご相談に対し、法令等を踏まえた必要な説明を行っているとしていることから、当局が同省に対し、特段の対応を求めることは困難です。
  
  また、○○様のご相談に対し、“文書”で説明を行うかどうかについては、“国土交通省の判断”となりますので、当局が意見を述べる立場にありません。
  なお、国土交通省を指導する権限がないことを申し添えます。 (そのまま)

● 参考として、個人情報保護法に関しての相談窓口のご紹介がありました。
  個人情報保護委員会 個人情報保護法相談ダイヤル 03-6457-9849
 ※ 同委員会ホームページによる説明
   個人情報の取り扱いに関する苦情の申出についての斡旋を行うため、電話による相談窓口を設置しています。
   苦情のそ段に対しては、必要に応じて、苦情の相手方に対し、何らかの対応を求めることができるほか、両当事者の間に立って斡旋を行うこともできます。   



2634.Re: マンション管理問題
名前:桃太郎    日付:2017/10/26(木) 11:53
〇 総務省の回答をどう思いますか。 桃太郎は満足しています。
  それは、国交省のように「門前払い」することなく、行政相談として受付け、拙文にもよく目を通して頂いていることが良く分かります。

  そして、職務として、国交省担当者からも直接聴取していることが窺われます。

  国交省の回答拒否に関して、『同省は、○○様からの文書や電話を受け、法令等を踏まえた必要な説明は「口頭」で行っているとし、文書で説明する考えはないとしてしています。』『文書で説明を行うかどうかについては、国土交通省の判断となりますので、当局が意見を述べる立場にありません。国土交通省を指導する権限がないことを申し添えます。』とのことです。 全くその通りです。
  しかし、こんなことが表面化することに、国交省は恥ずかしくないんでしょうかね。
  
  国交省は、桃太郎に電話で回答したということですが、担当者が一方的にベラベラと訳も分からぬことまくし立てることが、説明したことになるのでしょうか? 上司と電話を替わってくれるようお願いもしました。 訳がわからないので、「今言ったことを文書で回答してほしい」とお願いもしましたが、これも拒否されました。
  「説明した」ということは、相手方にその内容について理解してもらうということではないのか? 桃太郎には、全く「言葉」が通じなかった。
  誠意はなく、非道いものでした。
  桃太郎は、大阪まで出向き、担当者に直にお話をお伺いしょうかとも思いましが、トラブルになるので断念しました。

  これは、国交省の体質であろう。 業者の言葉に耳をかしても、市民は無視。
  思うに、多分文書回答すれば、その内容がもっともっと大きな問題に発展するのではないかと思う。
  「記録がない」「記憶にありません」というお役人特有の無責任さを感じます。

  このあと、「個人情報保護委員会」へ、今まで通り、積み重ねた一件書類を送り通報しました。
 





              

2624.マンション管理問題 返信  引用 
名前:桃太郎    日付:2017/10/20(金) 8:46
〇 総務省近畿管区行政評価局局長 角田 裕一様 宛「陳情書」 9月5日付

●(序文) 本年、輪番制により、マンション管理組合の役員の任が回ってきましたが、管理組合の役割・責務について、履行できない状態にあることが分かりました。
  マンション管理については多くの問題点がありますが、マンション管理や組合運営に消極的な居住者が多いのは理解できても、だからと言ってコミュニティ自治やマンション自治を第三者に丸投げしても
  良いということにはなりません。
  
   マンション管理は、基礎自治体の民主的な行政運営及びその手法の一番基本となるコミュニティ自治の問題でもあると認識しています。
   居住者側にも多くの問題があるとしても、「管理会社」が理事会支援業務と称して理事者側へ議題の整理や同意を得ないまま、管理会社に都合の良い議題のみを議論する総会・理事会を開き、また事務管理業務と称して名簿の独占管理を行い、会社による個人情報の不正利用の疑義を抱かせるような名簿保管の在り方等は是正されなければなりません。

   マンション管理及び入居者情報の在り方について、国土交通省総合政策局不動産課へ相談文書を送り回答を求めましたが、バカ扱いされたようで、はっきりと回答を拒否されました。
   長い人生の中で私には初めての経験です。
   
   特に、エヌエス管理株式会社による新築マンション入居時のマンション管理に関する強権的ともいえる初期段階の進め方や、規約原本(注 原始規約)への合意・作成手続き及び管理委託契約の進め方、その委託内容についての問題、並びに建築・不動産関係法令からして国民に分かりにくくし、明らかに業界寄りの監督官庁である国土交通省に対して、本件等に関する職務執行の適否についてご調査をお願いし、総務省の指導、監督、注意喚起による是正を求めたいと思います。
     (続く)
  



2625.Re: マンション管理問題
名前:桃太郎    日付:2017/10/20(金) 22:32
● 問題点について
  当規約第73条(規約原本)では、区分所有者全員が記名押印した規約一通を作成し、これを「規約原本」とし、これを「理事長」が保管すると規定していますが、実際には管理会社であるエヌエス管理(株)が、原本作成と同時に取得し、現在も本社に保管しています。
  新入居と同時に「規約」が発効、エヌエス管理(株)が「管理者」として君臨し、その5か月後に開かれる管理組合結成総会で、「理事長」が選任され、「管理委託契約」を結ぶことになりました。
  その契約内容には「事務管理業務」として「図書等の保管」即ち「乙(エヌエス管理(株)は、管理組合の「管理規約原本」を管理組合事務所で保管する」となっていますが、10年以上経過した現在も管理会社本社に置かれているという事態は規約に反し、委託契約に違反しています。
  また、「規約原本」の成立についても、マンション購入契約時、仲介業者「(株)アクラス」が介在し、後述しますが、策略をめぐらしており、「手続き」に大いに疑問があります。

● 経緯
  ※ 国土交通省への相談文書と内容的に重複するので省略。

● 国土交通省宛文書(省略)   

● (国土交通省へ文書送付) その後の状況について
  エヌエス管理(株)が本社保管している「規約原本」の確認及び同原本成立手続きについての疑問
  
 1 8月7日、管理員に「規約原本」の確認したい旨申し出ると、「ネバーランド明石管理規約集」を提示。
   この後、直ぐ担当者に「管理室に規約原本が保管されていないが、どうなっているのか」と電話。
   8月21日、担当者から電話で、「規約原本を持って、上司と一緒にお伺いします」と申し出があり、この時、私が「何故管理室でなく、そちら(管理会社)にあるのか」と尋ねると、「会社宛になっているから」との返答がありました。

 2 このような経緯で、8月27日来所。
   私は、理事長の許可を得ている旨を告げ、両名が持参したマンション売買契約時、仲介業者から受け取った「管理規約集」(90ページ)末尾に添付されていた「管理等に係る承諾書」の綴りを、「組合員全員の承諾書である」と提示された。
   この「管理等に係る承諾書」は、「(株)日本エスコン 御中」と「エヌエス管理(株) 御中」と両社宛になっていました。
   先ず、「入居者 全61名」分があるかどうか、枚数を数えようとすると、会社の指示か?担当者は「止めてくれ」というゼスチャをしたので、「これは管理組合のものである」と説明し、継続した。確かに61枚あった。結局、全員の内容(記名、押印)までは確認できませんでした。
   私の分のみ日付を確認すると、売買契約当日・「平成17年7月22日」でした。
    
  この後、私はマンション購入契約時まで遡って調べ直しました。
  平成17年7月22日、売買仲介業(販売提携)「(株)アクラス」から「重要事項説明書」などと一緒に「ネバーランド明石管理規約集」を受け取っています。「管理等に係る承諾書」を提出したのは、この日付になっています。
  この時、初めて「エヌエス管理株式会社」の名前を知りました。
  結論から言いますと、該「管理等に関する承諾書」副本(写しを添付)をご覧になればお分かりいただけると思いますが、購入者が入居後のことに関し、読んで字の如く、「エヌエス管理株式会社」がマンション管理業務についての承諾を求めたものです。
  内容までは深く確認せず、安易にその場で署名、押印してしまったのでしょう。
  まして、「規約」「規約原本」については、当時は全く知識もなく、その場で業者から特段の説明を受けた記憶もありません。
  購入予定者のほとんど全員は、受け取った「規約集」(90頁)の内容には目を通さず、一般人であれば先ず用語に拒否反応を示すでしょうし、短時間で規約内容を理解することは絶対無理です。
  「規約原本」が何かも分からず、その承諾云々については無茶な話です。

  問題となる「管理等に係る承諾書」(副本)を精査しました。
  <先程の両社宛>  『管理等に係る承諾書』(表題)
  そのすぐ下に「私は、ネバーランド明石(以下本物件という。)の管理に関し、下記事項を承諾(遵守)致します。」
  (注 誰しもこれを見て、「マンションの管理」の承諾と解するでしょうな。 しかし、この後の文言に御注目ください。)

  次に  「記」 として、(誰しも、えッと驚く)
   「1 株式会社 日本エスコンが提示した、別添のネバーランド明石管理規約および使用細則(以下「管理規約」という。)を承諾し遵守ること。(注 この後?!)
     また、管理規約原本への記名押印を「管理等に係る承諾書」への記名押印をもって代えることができること。」
  「管理の承諾書」の後に「等」を付け加えることにより、「規約原本の承諾」も強要していることに気づきました。

  このようなことから、最初の「同意」条項は無理筋と言えます。
  (注)普通は、一枚の「規約の承認書」、あるいは「規約原本を承認しました」、そして「記名・押印」で済むことです。
  日本で、「業界」特有のものか、こんな騙しとも言えるテクニックが罷り通っていいのでしょうか。
  これに気付いたのは入居者の中で、多分私だけでしょう。

  なお、この後に続く「2〜⒒」項は、「管理に関する重要事項の説明会の開催」「理事長が選任されるまでエヌエス管理株式会社が管理者となることを承諾する」「管理委託契約を締結するまでの間、組合業務を代行することを承諾する」「駐車場、自転車置き場などについては、売主の定める方法により、使用者を選定すること」など、「マンション管理に関する承諾」を求めるものでした。
    (つづく)             


2626.Re: マンション管理問題
名前:桃太郎    日付:2017/10/21(土) 7:32
〇 当マンション売買仲介・販売提携「株式会社アクラス」について

  この(株)アクラスに関して記憶に残っていることは、売買契約書を交わし、この後、日にちは忘れましたが、購入代金の残金二千五百六十万円を一括銀行振込送金しました。
  しかし、いつまで待っても領収書を送って来ませんでした。
  そして、メモによると平成18年11月25日(土)のマンションの「鍵」引渡しの日に、(株)アクラスの社員が「振込控」を持ち帰りました。
  
  翌26日、アクラスk氏との話の中で、「業界では、銀行振込控が領収証になる。重要事項説明説明書にちゃんと書いてます」、これに対して、私は「それは業者間の話である」と反論しました。
  このことで、「重要事項説明書」を見ると、7ページ「8(項)売買代金等の支払い方法」の中に残代金の項があり、「銀行振込の場合、売主が入金を確認した後に鍵のお引渡し」とのみ記載されていました。
  書面の中を探し回り、ずっと後の12ページ、いろいろ羅列した中、よく見なければ判らないところに、「銀行振込みにより支払う代金については、買主に領収証を発行しないこととします。」とありました。
  この後、アクラスの者に「重要事項の説明をちゃんとするなら1時間以上は掛かるのではないか。おかしい。」と話しました。 もし、その時「領収証」を発行しないという話が出れば、「非常識」であり、私の性格からして論議していたはずです。
   (注 すったもんだし、結局6000円の収入印紙を貼った領収証を手に入れました。)
  
  このように不動産業者は、ほとんど説明を省略し、「重要事項説明書」を渡してお茶を濁すのが実情でしょう。

● このアクラスについては、売買契約時、マンション東南側、すぐ目の前に永年にわたり住民に「砂利船」のクレーン作業の騒音等で苦痛を与えている明石港の「砂利揚場」があります。
  私は、この地に約40年住んでおり、同社幹部から「砂利揚場は公園になります」とせつめいがあり、思わず笑ってしまいました。
  「あれから十年余!」、やっと具体的に「明石港再開発」で「砂利揚場」が無くなるという動きが始まりました。
  この程度の「嘘」は許されるのでしょうかネ。
    (つづく)


2630.Re: マンション管理問題
名前:桃太郎    日付:2017/10/25(水) 14:13
● 最後に
  国土交通省については、独立行政法人、民間企業・協会、団体等への天下りなどにより、官民癒着には目に余るものも多くあり、それが建築不動産業界の意向を汲みいれた法律(悪法)制定となり、公明正大であるべき行政が歪められているものと思われます。
  そして、業者の法律違反(氷山の一角)だけを問題にするのではなく、それは取り締まり機関である検察・警察に任せ、それよりも国民の方に目を向け、不動産関係の多くの困りごとにも耳を傾け、身近にある軽微な違反であっても看過せず、業者に注意を与え責務等「行政指導」を強化し、「業界浄化」を願うものです。
  この観点から貴省の強いご指導お願い致します。
                                                                                                                                                以上   


2631.Re: マンション管理問題
名前:桃太郎    日付:2017/10/25(水) 15:27
〇 追伸  9月10日付

● 総務省に文書を送った同じ日に(株)JNコミュニティから桃太郎が送った質問書に対する回答書が届きました。
  特に目に留まったのは、入居時の届出事項として、何回も問題にしてきましたが、「様式1号」「区分所有者および□入居者 □退去者カード」(注 これ以外に「緊急時の連絡先」も含まれている)について、前任者(個人情報保護管理者・交代)の回答は、宛先が「管理組合」となっているので、「管理組合」が作成した名簿であると主張していました。
  しかし、担当者が(7月1日付)で交代し、「標準管理規約を参考にして、区分所有者にあっては、総会・理事会の案内等理事会支援業務を遂行し、さらに“入居者を含んでは”、災害時等の緊急連絡、災害時等に支援が必要な方を把握すること等必要な項目を追加せていただいております。」
  このことから、前任者の回答と異なり、名簿(カード)を作成、提出させたのは管理会社であることを認めるものでした。

● (株)JNコミュニティに対して、9月9日付で回答内容に関して質問書を提出ました。 参考にしてください。
  要約すると、同社が上記名簿を作成したことを認めても、しかし「入居者名簿及び緊急連絡先の名簿」を作成する場合、「作成及び利用目的」「管理及び保管方法等」「閲覧方法」「外部提供の範囲」等について、事前に説明を行い、組合員の了解を得ておくべきであるが、この点についてどうお考えですか。

● 前任者のご回答で、法では「名簿の配布」について、「本人の同意を得る」という項目に違反し、規定違反による罰則は管理者(理事長)らが背負う」旨であったが、当方の質問に対して、ご回答は「管理会社社員という立場上、漏洩した場合のリスクとして述べた」とありました。
  これは、問題をすり替えており、再度質問しました。

 次は、総務省からの「回答」について述べます。

2627.理事会の件 返信  引用 
名前:桃太郎    日付:2017/10/22(日) 7:37
● 理事会の「代理出席」について述べておきます。  
  管理組合の役員になって疑問に思ったことは、「理事会」には理事及び代理人が出席して討議、結果について「議事録」が作成され、適正に行われたことを証するために出席者が署名しますが、代理人でなく欠席理事が署名していることでした。
  また、第一回理事会の前にもごたつき、後になて分かったことですが、某役員が体調不良により、管理会社に相談し代理人が務めることの了解を得たとのことで決着がつきました。
  理事会は、組合側に主体性がなく、管理会社に主導権を握られ思惑通りに進められており、これでは駄目だと思いました。
  そして、理事会には決められた責任ある役員が出席すべきであるとの結論に達しました。

  今回、いろいろあって、規約等を勉強したり、ネットで専門家の意見を調べたりした結果、理事は「総会」で選任されいることから、管理組合運営の業務を執行する機関である理事会への同居親族の代理出席は認れない、ということが分かりました。
  そして、「代理出席」については、総会の特別決議があれば認められるということになっていました。

  昨日、ケジメを付けるべきだと思い、理事会に出席しました。
  そして、「代理人はダメである」と、議事録署の件から入り、「総会決議により、役員は決定・・・」と説明しましたが、「理事会で決めたことだから」「ちょっとぐらい遊び?があっても」「規約では、理事については書いているが、代理人について書かれていないので、どちらでもいいのではないか」と、耳を傾けてもらえませんでした。
  そこで、管理会社担当者М氏に意見を求めると、「理事会が決めたことだから管理会社は関係ない。管理組合で話あって下さい」と、都合の悪いことには逃げを打ちました。
  問題は、「代理出席の是非」についてであり、管理会社は知識、経験が豊富であり、業界の常識として「良いか、悪いか」の判断を求めたものです。
  私は、「規約から勉強しろ。怠慢である」、そして、是非について管理会社の意見を聞きたいので、この件について必ず上司に報告しておくように」と話した。」
  なにも、担当者に個人的意見を求めたものではなく、世の中には法律など決まりがあるので、その点を知りたかったのです。

  (株)日本エスコン・エヌエス管理(株)(注 現「JNコミュニティ」)作成の原始規約、その後管理組合が承認した「ネバーランド明石管理規約」を調べ直しました。
  第54条(理事会の会議および議事)には、1「理事の半数以上の出席‥、議事は出席理事の過半数で決する」
  2(ただし書きで)「議事録については、『総会に出席した理事または組合員』とあるのは『理事会に出席し理事』(注『組合員』が抜けている)と読み替えるものとする。 この内容からして「理事会には理事のみが出席する」ということである。

  「一事が万事」、すべてこの調子です。



2629.Re: 理事会の件
名前:桃太郎    日付:2017/10/24(火) 22:16
本日、(株)JNコミュニティに対し理事会への「代理出席」の是非についての見解を求める文書を送りました。

今期、エヌエス管理(株)様(注 合併前)に某役員の親族から「体調不良」を理由に、代理を務めることを相談したところ、同社から「了解を得た」とのことです。
「理事」は総会で選任されたものであり、管理組合運営の業務を執行する機関である「理事会」に出席できるのは、区分所有者である理事というのが大原則です。

代理出席を認めるためには、総会の特別決議で規約を改正してから行われなければならないとのことです。
管理会社が恣意的に理事会への代理出席を認めるのは越権行為である。

2628.この区にでは政治家は法律違反してもいいんですか 返信  引用 
名前:真の国民    日付:2017/10/23(月) 16:30
 選挙の結果が出たけど、この国では、首相になれば、庶民は守らされている
法律は違反のし放題なんですか。
そりゃ独裁政治の近隣のお国の話じゃなかったんですか。
警察も、議員たちも、何やってんですか。
マスコミもどうした?????

2623.マンション管理問題 返信  引用 
名前:桃太郎    日付:2017/10/18(水) 21:42
〇 上司「国土交通省総合政策局不動産課不動産業課長」宛への文書 7月31日付

  (注 話は前後しますが)この7月28日、桃太郎が5月6日付で貴課指導室宛にお送りした「規約・名簿」問題について(相談)」文書を郵便で返送され、確かに受け取りました。
  はじめに、「相談文書」の返却願ったのは、以下の理由で決断したもので、貴課としては「相談事を取り下げた」と曲解しないよう願いたい。 念のため。

  5月9日、貴課不動産業指導室N担当者に電話すると、文書が届いたので今内容を読んでいる。近畿地方整備局で対応する可能性が大であるとの返答であった。
  その後、2か月以上経っても回答はなく、再度電話すると、翌朝(7月25日)近畿地方整備局建設第2課O氏から電話があった。 O氏は、小さな声でボソボソと話し、桃太郎は突発性難聴で聞き取りにくく、かろうじて「管理規約の問題だから・・・」と意味不明であった。 そこで、上司に電話を替わるよう求めたが拒否されました。「それなら、今言った内容を文書で回答するよう。 文書には文書で回答すべきである」と求めたが、拒絶されました。
  そこで、すぐ貴課のN氏に事の詳細をお聞きしたいと思い電話すると、回答が遅れたことについて、相談件数が多いからと弁解。 O氏とのやり取りを説明すると「回答しないこともある」と。 「それなら、回答できない理由を文書でほしい」と要求。 N氏は法律云々(意味不明)と話し、はっきりと「できない」と拒否した。

● このあと、あまりにも貴課の対応に呆れ、苦労して作成した文書を国交省に置いてもらっても紙屑扱いであり、それなら今後個人情報保護委員会等関係機関に対する説明資料として役立つので返却を求めたものです。
  重ねて言うが、貴課に対する相談を取り下げたわけではありません。 貴課にとって、この文書はなかったことにしたいかも知れませんが、残念ながらそういうことには絶対になりません。
  この問題について、振り出しに戻っただけで、「おかしいことはおかしい」と、どこまでも追及すべきであり、決して断念したわけではありません。

● 貴課の対応に呆れ、苦労して作った文書を国交省に置いてもらっても紙屑扱いにされるので、それなら今後「個人情報保護委員会」等関係機関に対する説明資料として役立つので返却を求めました。 重ねて言うが、決して貴課に対する「相談」を取り下げたわけではありません。 貴課にしては、この文書が無かったとしたいかもしれませんが、残念ながらそういうことには絶対になりません。
  (注)このほか、第1回質問書で述べた、これまでの経緯を説明。

● 一マンションの規約・名簿問題などは、貴課にとって取るに足らぬつまらない問題とお考えでしょうね。
  最後に貴課のご見解を確認させてもらいます。 貴課に相談文書を送りましたが、文書回答はなく、それでこちらからの問い合わせにより、やっと「電話」でもって「回答できない」「回答しない」とのことで、桃太郎が「それなら回答しない理由を文書でほしい」と要求したが、担当者は「(それも)できない」と拒否したが、その事実に間違いないですね。 それが、貴課が通常行っているやり方ですね。

 1 エヌエス管理(株)を招致して、担当者から事情聴取しましたか。 勿論、何の指導も行っていませんね。
 2 それでは重要な問題なので特にお伺いします。 エヌエス管理(株)が当マンション入居者に押し付けた(この文言に、貴課は抵抗感あるかも知れませんが)「管理規約」は、先に長々と説明したが、内容的に通常どこの管理会社でも管理組合に提示し、運用しているものと、そう違いはないですね。
 3 これに関し、エヌエス管理(株)は、新築マンション入居時に、入居者に配付、提出させている所謂「入居届の内容」については、他の管理会社も同じような様式(注 標準管理規約と違うという意)を用いているのでしょうか。 貴課はね内容的に何ら問題はないとお考えです。
  以上のことについて、大変お忙しいことと存じますが、電話ではなく、8月15日までに文書回答を伏してお願いします。 なお、ご回答なき場合は、とうほうの言い分を貴課がお認めになったと判断しますので、ご了解ください。 以上

 なお、この文書などを含め、エヌエス管理(株)に対する質問、回答文書を添付資料とともに、この後、2官庁に行政相談、通報ということで送りました。 まともなお役所で、勿論回答してもらいました。 これについても書き込みます。
 


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb