[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
NEW KMC 喫茶室

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



288.朱自清さんの散文《荷塘月色》を日本語訳作業(進行中) 返信  引用 
名前:さい    日付:2018/1/5(金) 15:42
荷塘月色      蓮池の月色

这几天心里颇不宁静。今晚在院子里坐着乘凉,忽然想起日日走过的荷塘,在这满月的光里,总该另有一番样子吧。月亮渐渐地升高了,墙外马路上孩子们的欢笑,已经听不见了;妻在屋里拍着闰儿⑴,迷迷糊糊地哼着眠歌。我悄悄地披了大衫,带上门出去。

この何日間で、気持ちはとても落ち着かない。今夜は、庭の中で座って涼んでいた頃、忽然日々歩き通った蓮池を思い付いた。今日は満月の月光に照られ、きっと見違う風景になるはずだ。月は段々昇り、垣外の路上で遊んでいた子供たちの笑い声は、もうなくなった。妻は、奥の部屋で、掌で次男の闰儿を軽く撫でながら、眠りの歌を軽く歌って寝かせた。僕は、静かに上着を着て、ドアを閉めて屋外に出かけた。

沿着荷塘,是一条曲折的小煤屑路。这是一条幽僻的路;白天也少人走,夜晚更加寂寞。荷塘四面,长着许多树,蓊蓊郁郁⑵的。路的一旁,是些杨柳,和一些不知道名字的树。没有月光的晚上,这路上阴森森的,有些怕人。今晚却很好,虽然月光也还是淡淡的。

蓮池を沿って延伸している小道は、石炭の燃え殻で敷きし、平日はとても静寂な道である。昼さえ人がいないため、夜になると猶更静かだ。蓮池の周辺は数多くの木が青々生えていて、小道の片側もが幾らかの柳や名前も知らない樹木が茂っている。普段月光が正に照らない夜では、小道が不気味な雰囲気に囲まれて多少怖くなるけれど、今晩の淡々たる月光に囲まれ、気持ちが良い一方だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
とりあえず、2段落だけ

《荷塘月色》を日本語に訳すのは、結構難しい。
直す、直す、直し作業を繰り返してやっているげれども、満足できず。

名作の散文というものを日本語に訳すと、意外に難しく感じ取る



289.Re: 朱自清さんの散文《荷塘月色》を日本語訳作業(進行中)
名前:さい    日付:2018/1/5(金) 15:51
3段落目

路上只我一个人,背着手踱⑶着。这一片天地好像是我的;我也像超出了平常的自己,到了另一个世界里。我爱热闹,也爱冷静;爱群居,也爱独处。像今晚上,一个人在这苍茫的月下,什么都可以想,什么都可以不想,便觉是个自由的人。白天里一定要做的事,一定要说的话,现 在都可不理。这是独处的妙处,我且受用这无边的荷香月色好了。

路上では僕一人しかいないのだ、両手を後ろ腰に鎖し交じって、一人で悠々と散歩する。この狭い天地の間が、まるで僕一人の世界のようだ。それで、平凡な自分から抜け出された気に乗り、違う世界に至り着いたようだ。僕の性格は何だといえば、賑やかと静か、および人群れに融合することや一人になっても、どちらも好きである。今晩みたい夜では、一人でこの蒼茫たる月光に照 られ、何でも空想できたる、何にも思わずに済むことができたる。そうだ、今の僕はとても自由だ。昼間で遣らねばいけないことや、言わねばいけない話など、今頃は何も気配りしなくも良いのだ。これは一人でいると良い点には違いない、当分この蓮香りに浸された無限な月光を味わっても良いだろう。


290.Re: 朱自清さんの散文《荷塘月色》を日本語訳作業(進行中)
名前:さい    日付:2018/1/5(金) 15:55
これは一人でいると良い点になることは違いない、


291.Re: 朱自清さんの散文《荷塘月色》を日本語訳作業(進行中)
名前:さい    日付:2018/1/5(金) 19:3
4段落目

曲曲折折的荷塘上面,弥望⑷的是田田⑸的叶子。叶子出水很高,像亭亭的舞女的裙。层层的叶子中间,零星地点缀着些白花,有袅娜⑹地开着的,有羞涩地打着朵儿的;正如一粒粒的明珠,又如碧天里的星星,又如刚出浴的美人。微风过处,送来缕缕清香,仿佛远处高楼上渺茫的歌声似的。这时候叶子与花也有一丝的颤动,像闪电般,霎时传过荷塘的那边去了。叶子本是肩并肩密密地挨着,这便宛然有了一道凝碧的波痕。叶子底下是脉脉⑺的流水,遮住了,不能见一些颜色;而叶子却更见风致⑻了。


紆余曲折な蓮池の真上には、波のように連ねった蓮の葉っぱが目を遮る。葉っぱは、蓮池の水面から高く離れ、亭々たる様子が踊り子のスカートのように微かに揺れている。十重二十重(とえはたえ)の葉っぱの間に、疎(まば)らな白花が飾り付けっている。嫋(しな)かに咲いて花がある一方、もじもじと蕾(つぼみ)を微かに閉じている花もある、まるで粒粒の珠玉らしく、若しくは碧空の星の如し、又は、沐浴を終えて浴室から出たばかりの裸にしている美人のようである。微(そよ)風(かぜ)が透き通った所から、清(すが)清しい香りが、恰も高所の楼台から、絶えなく漂ってくる渺茫たるの歌のようだ。この時点で、蓮の葉っぱと花も微かに震え、稲妻のように、瞬時蓮池の奥まで揺れ移った。葉っぱは元より密密と並んでいた、震えた様子が、凝った青緑の海波跡のようだ。葉っぱの下は脈々と流れて行く水だが、葉っぱに遮断され、色さえ見えず、かえって葉っぱが愈愈美しく見えてくる。


292.Re: 朱自清さんの散文《荷塘月色》を日本語訳作業(進行中)
名前:さい    日付:2018/1/5(金) 19:5
嫋(しな)かに咲いている花がある一方


293.Re: 朱自清さんの散文《荷塘月色》を日本語訳作業(進行中)
名前:さい    日付:2018/1/5(金) 22:0
5段落目と6段落目

月光如流水一般,静静地泻在这一片叶子和花上。薄薄的青雾浮起在荷塘里。叶子和花仿佛在牛乳中洗过一样;又像笼着轻纱的梦。虽然是满月,天上却有一层淡淡的云,所以不能朗照;但我以为这恰是到了好处——酣眠固不可少,小睡也别有风味的。月光是隔了树照过来的,高处丛生的灌木,落下参差的斑驳的K影,峭楞楞如鬼一般;弯弯的杨柳的稀疏的倩影,却又像是画在荷叶上。塘中的月色并不均堰G但光与影有着和谐的旋律,如梵婀玲⑼上奏着的名曲。


月光は流水のように、静かに葉っぱと花の上面に覆っている、希薄な青い霧が蓮池に満ちている。葉っぱと花が恰も牛乳に浚ったようであり、猶軽い紗に覆われたイリュージョン的な夢らしく。夜空は満月でありながらも、一重の薄雲が浮かべながら漂っている、従って、月光は明るく光らないようである。然しながらこのような光景がちょうどいいと思った。言わば、心行くまでの睡眠が不可欠でありながら、一眠りも違う風味になるのだ。月の光が灌木の葉の間から透き通って、まだら(斑)に地べた(地面)にこぼれ落ちていて、木の陰が、切り立てて鬼のように見える。曲がった楊樹と柳の斑な影姿は、蓮の葉っぱに描いたように如く。池の中の月光は均斉ではないけれども、光と影は妙に美しい旋律に調和していて、バイオリンで名曲を演奏した様子に如く。


荷塘的四面,远远近近,高高低低都是树,而杨柳最多。这些树将一片荷塘重重围住;只在小路一旁,漏着几段空隙,像是特为月光留下的。树色一例是阴阴的,乍看像一团烟雾;但杨柳的丰姿⑽,便在烟雾里也辨得出。树梢上隐隐约约的是一带远山,只有些大意罢了。树缝里也漏着一两点路灯光,没精打采的,是渴睡人的眼。这时候最热闹的,要数树上的蝉声与水里的蛙声;但热闹是它们的,我什么也没有。


蓮池の四周は、あちこち樹木並みになっている、中は柳が一番多い。これらの木が連なって蓮池を幾重も包んであるが、小道側だけに、幾つの透き間が空いていて、態と月光をすき通させるために工夫したように感 じられる。樹木の色は一律青暗くて、一見したところでは煙霧のように見えるが、柳だけが煙霧の中でも見分けができるのだ。梢の遠い後ろで、遠山の姿が微かに見える、しかし、ただ存在している様子を示すくらいしか過ぎない。木の葉の間から透き通った街灯の光は、元気なく眠り込んでいる人の目の如し。こんな時、一番賑やかに感じられるのは、蝉の鳴き声と蛙の「グヮ、グヮ、グヮ」の叫び声他はない、ところが、この賑やかさは彼らの仕業であり、僕とは何も関係ない。


294.Re: 朱自清さんの散文《荷塘月色》を日本語訳作業(進行中)
名前:さい    日付:2018/1/5(金) 22:2
牛乳に浚われたようであり


295.Re: 朱自清さんの散文《荷塘月色》を日本語訳作業(進行中)
名前:さい    日付:2018/1/5(金) 23:52
7,8,9,10段落 本文の翻訳はこれで終わり

忽然想起采莲的事情来了。采莲是江南的旧俗,似乎很早就有,而六朝时为盛;从诗歌里可以约略知道。采莲的是少年的女子,她们是荡着小船,唱着艳歌去的。采莲人不用说很多,还有看采莲的人。那是一个热闹的季节,也是一个风流的季节。梁元帝《采莲赋》里说得很好、可见当时嬉游的光景了。这真是有趣的事,可惜我们现 在早已无福消受了。


忽然蓮根狩りのことを思い出した。蓮根狩りは江南の旧俗であり、遥かな時代から始まって、六朝に入ると一番盛んになっていた。古い詩歌を読むと、簡単にわかるのだ。蓮根狩りをしたのは、少女達だったようだ。彼女らは、小船を悠々と漕ぎながら歌を歌って仕事をしたそうだ。蓮根狩りの人なら言うまでもなく、蓮根狩りの盛況を眺める人らも大層いたようだ。それは賑やかな季節であり、風流なシーズンにもなっていたそうだ。六朝の梁元帝が《采莲赋》の中で名句を後の世に残し、その時代の光景を華やかに描いたのだ。これを想像して見ても、とても面白そうなもので、今の世の中では中々目に入ってこない光景だからこそとても残念だ。

梁元帝《采莲赋》「于是妖童媛女,荡舟心许;鷁首徐回,兼传羽杯;棹将移而藻挂,船欲动而萍开。尔其纤腰束素,迁延顾步;夏始春余,叶嫩花初,恐沾裳而浅笑,畏倾船而敛裾。」

梁元帝が《采莲赋》の中の名句は以下の内容である。
「美しい少年と綺麗な少女達が、小船を漕ぎ、船先をゆっくりと回す;彼らは親しくなり、酒を飲みながら、酒杯を互いに譲り合う;櫂で水かきをしようとした途端、藻が小船に絡んでしまう;船を動かそうとしたら、浮き草が水路を遮る;少女達の細腰が柔らかくて美しい、歩きながら自らの後ろを見返す;春の末が夏の始まり、若い葉っぱと初の花が綺麗な着物にくっ付くに慎む、小船が横転する恐れに対し、手で着物の襟を軽く掴む。」

于是又记起,《西洲曲》里的句子:采莲南塘秋,莲花过人头;低头弄莲子,莲子清如水。

すると、又《西洲曲》の中の名句を思い出 した:秋で南塘の蓮根を狩り、蓮の花が人の身長より高い;腰を前に曲げて蓮根を狩り、蓮根は水のように清い。


今晚若有采莲人,这儿的莲花也算得“过人头”了;只不见一些流水的影子,是不行的。这令我到底惦着江南了。这样想着,猛一抬头,不觉已是自己的门前;轻轻地推门进去,什么声息也没有,妻已睡熟好久了。


今夜はもし蓮根の狩り人がいれば、ここの蓮の花も人の身長より高い、ただし、流水の姿が葉っぱ隠されて、詩句が描 いたようにならず。ゆえに、僕は到底江南のことを思い浮かべるようになった。気分に任せて自由に発想しながら、思わず自家の門前まで戻ってきた。すると軽く家門を開き、家に入り、何の音も聞こえなかった、妻は、もう深く寝っていた。


一九二七年七月,北京清华园。

一九二七年の七月,北京の清华园で。

287.メッセージ 映画 返信  引用 
名前:mouse    日付:2017/12/27(水) 6:36
メッセージ 映画

http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/arrival/

https://www.youtube.com/watch?v=1GMGMzHRE4Q
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

難しいSF映画だが、見られるなら何度でも見た方が良い。

そのたびに、新しい事を発見できる

宇宙人との言葉を通じるようになるかのプロセスがお面白い、
ま、Yutubeの解説も面白い。

286.新潟県の降雪予測 返信  引用 
名前:mouse    日付:2017/12/27(水) 6:21
新潟県の降雪予測

http://www.chiiki.pref.niigata.jp/yuki/


右上に 別の 役立つ情報がある。

この冬 結構使える。 

285.さい 返信  引用 
名前:日本語の難しさ    日付:2017/12/23(土) 10:6
 皆さん、おはようございます。後1週間後なら、2018年のお正月を向かってきます。迎新のお喜びも存知しております。
 さて、これまでの数年間、ずっとさぼらず日本語を学習し続けており、深く学ぶほど、日本語の難しさを実感し、体験談としてお話させて頂きます。
 日本語は、外国人にとって、なぜ難しく感じられるのかを、掘り探って見た結果として、終に以下のように纏めました。
 世の中のほとんどの言語は、私達が知っている通り、三要素で構成されました、所謂「発音・文法+文型・単語」でした。しかし日本語のシステムは、これらの三要素の上、また大変難しい三要素が付き加われ、即ち、「敬語系統・日本語の漢字系統・片仮名系統」です。
 敬語系統の難しさは、皆さんが御存知し、しかも日本語の漢字系統は、中国語の漢字系統とかなり違っており、半数以上の漢字語の意味は違っていることと、殆どの発音も全然違うことでございます。同じ漢字で組み合わせた漢字語も、意味が全然違うし、嘗て、勘違いしたことも山ほどでした。
 日本語の中では、一番理解しにくい覚え難いのは外来語を音表記でできた片仮名語です。つまり、中国語の場合は、すべて漢字で外来語を表記することと同じことなので、意味も通じない漢字の並びにして外来語を表記しても、その外国語の発音もかなり可笑しくなる一方、かえて漢字で外来語を覚えようとしても、実はかなり覚え難くなり勝ちである。
 
 そして、日本語の中の漢字は、殆どは多音字であり、これも、日本語を学ぶ外国人にとって、かなりの難関であることでした。例えば、彷徨[ほうこう]、彷徨う[さまよう]、彷徨く[うろつく]
 
 世の中の殆どの言語は、1種類の文字で構成しており、日本語のみ、三種類の文字の系統で構成された言語です。
 これは、日本語の難しさではないか、と考えております。

284. マイコンクラブの忘年会から帰ったのはいいが、眠れなくて、様々な事が脳中を廻る。 返信  引用 
名前:梶谷恭巨    日付:2017/11/14(火) 5:0
 その最大の原因が、「越後ちりめん」の事なのだ。政治学をかじった人なら戦後最大の政治評論家と云われた蝋山政道先生の事を知っているかもしれない。
 蝋山家は、大洲にあった。明治の後期になり、「ちりめん」が不況となり、一家して高崎に移る。酒屋の株を買ったのである。それ以前から、高崎には柏崎出身が多い。
 『柏崎通信』に越後のちりめん問屋の話を二回ほど書いている。
 それが縁と云うことで、蝋山さんと連絡がある。
 蝋山家は、行稱と云うか、子飼いと云うか、最盛期で50人の行稱が居たそうだ。この事は群馬県の酒造組合長をされた小山長四郎の『風灯」という私小説に書かれている。
 私が蝋山先生の出身地が柏崎である事を知ったのは、日本石油卯の歴史を調べ、フランス文学会の第二代会長が杉捷夫先生だった事から。
 杉先生は、山口の出身だが、日本石油の初代研究所長で、秋田県の油井開発の立役者だ。
 確認を取りながら書いていないので、記憶違いはご容赦。
 いずれにしても、越後のちりめん、特に柏崎について言えば、自分が調べた限り、この蝋山家の廃業が越後ちりめんの終りだと思う。
 その理由というか、その当時も柏崎の状況が書かれているのが『風灯』だと思う。
 偶々、女房殿の家、若井が越後杜氏であった事から知ることになったが、高崎と柏崎の縁は深い。女房殿の父上は、上越吉川の出身だが、『上越の酒造出稼ぎ人」という本に、何かを暗示する事が書かれている。それが「原酒造」なのだ。新潟の酒豪組合の会長が、原の先先代だ。
 何處眞書けばいいの判らないが、1441回、書いてきた歴史に誤りがあるのだろうあ。
 新潟、その移民の歴史、カナダも調べた。
 もう疲れた、と云うのが信条で、権ちゃんが居なく馴れは、次は私だと考えてる。
 縁があるとはいえ、堅下疲れ居る事が事実なのだ。助けてと言いたくなる

282.仕事効率の低い人が、なぜ低いのか? 返信  引用 
名前:仕事効率の低い人が    日付:2017/9/14(木) 19:39
仕事効率の低い人が、なぜ低いのか?
もちろん、効率がアップできるかどうか、作業の仕方によるし、人にもよるけど。

しかし、ある種の人が、生産性アップできないタイプだと、最近分かってきた。

生産性アップできないタイプは、ほぼその人の性格の問題だ。

つまり、生産性なんかのことに、全然気にしない人は、生産性アップできるはずがない。

私は、一番頭が痛くなることなら、このような人に、仕事を教えることです。

私が積み重ねた仕事の様々なコツ、品質を確保しながら、生産性アップのテクニックなどを、保留なく全部教えたのに、相手は、あまりもゆっくりな新入社員だから、すべてのコツを相手に教える意味がなくなる。作業の基本仕方だけ教えば十分、コツを教えても、何も変わらない。

しかし、会社の上の者から見ると、「何で新入社員の効率がこんなに悪い?」と疑惑が出るし、「新入社員は絶対頑張ってくれるから、おそらく作業の仕方の問題だ」と、判断してしまう。

私と同じ作業の仕方で、新入社員の生産効率は、私の3分の1か、速くでも、2分の1程度しかない。

私も疑惑が生じて、相手の作業の身振りを身ってから分かった、私が教えた作業コツを、そのまま生かしているし、私と違う所は、彼の体の動きが、とてもゆっくり、ゆっくりで、女性の方より更に遅い。

もちろん彼は、ちょっと太っているが、でも、私より少し太っている事で、ゆっくりとゆっくりとの言い訳にはなれないだろうし、太っている人が多いし、やはり速いい人は速い、ゆっくり人はゆっくり。



283.Re: 仕事効率の低い人が、なぜ低いのか?
名前:仕事効率の低い人が    日付:2017/9/14(木) 19:42
訂正:私も疑惑が生じて、相手の作業の身振りを見てから分かった、、、、

281.比喩 返信  引用 
名前:さい    日付:2017/9/14(木) 18:58
5人の若者が、走りの試合を始まった。
5キロの距離でした。
試合の結果として、5人の若者が、一番短い時間内で、同時に終点に着きました。

社会世論とマスコミは、「5人どもすばらしい選手だ、皆すばらしい」

これは、結果を見て、纏めた結論に過ぎない。

どころが、試合の不公平さが埋められ、誰もが気にしない実情がありました。

5人の若者の内、1人が、金持ちの息子だから、車を運転し、試合に参加;1人が大型二輪で試合を参加し、1人が競輪用の自転車で試合に参加し、1人が普通の家庭用の自転車で、試合に参加し、1人が貧乏な家庭の息子だから、何もなく、ただ両足で、試合に参加しました。

しかし、5人は同時に、終点に着きました。

社会世論とマスコミは、このような不公平さを無視し、ただ結果優先論に従い、5人ども、皆すばらしい選手だ、と評価します。

これは、現実社会の一般的な事情であり、あらゆる所で出てくることです。

279.メンタリティ 返信  引用 
名前:さい    日付:2017/9/1(金) 20:16
仕事を安定してから、余暇の時間は、勉強・読書・映画鑑賞・ドライブなどに、楽しんでいます。

読書は一番気持ちよくて、心が静かになり、紛らわしい現実社会と一時的に離れ、悠々なメンタリティに作ることができます。

最近、知人の紹介で、今ごろ日本で流行っているセブンイレブンーの加盟活動に参加させられ、正直言えば、うんざりくさいです。

セブンの加盟というのは、契約詐欺に過ぎないほど酷いビジネス上の落とし穴ばかりの不法な商法であり、FCと言うものは、オーナを顧客と設定し、セブン本部だけ儲かるシステムなので、オーナは15年間契約で、終生セブンのただの奴隷であることがわかったが、知人は、何らかの裏があるか、知らせてくれない上、ただセブンとの契約を狙って、私を押し込もうとしていた。

知人だからこそ、協力してあげようと、姿勢を出して見たが、セブン本部は、簡単に「オーナは努力するつもりなら、契約を結びましょう」という意思には通らない。日販の売り上げ数値が一番の条件だという契約の基本ルール。
まあ、知人が持て要る立地が、かなり悪いところ、契約してしまったら、絶対負債経営の続きになるはずだ。

もちろん、知人がオーナにしない、私にオーナにさせるつもりだったが、私は、さまざまなデータを調べ、FCの本質まで調査もした上、固く断りました。

セブンのオーナは、15年間、ただセブンの奴隷として、収入の保証もなく、毎日24時間働かさせる上、すべての経営リスク、と経営上の経費を背負わなければならない、しかし、毎日の売り上げ金は、一円も残らず、セブン本部に振り込めなければいけない。そして、売れないものでも、無理やりセブン本部に発注される。

まあ、私は、こんな詐欺に繋がる不平等な契約には、ぜんぜん興味ありません。
知人との友人関係も、これで、終わる時期になった気がします。



280.Re: メンタリティ
名前:さい    日付:2017/9/1(金) 20:44
セブンは大手会社として、日本全国における直営店は、わずか2000店舗以内で、加盟店は17000店舗くらい。

これは、これは、

驚くべきでしょう。

直営店は、すべての経営上にかかる経費と経営リスクがセブン本社が担わなければいけない、しかも、立地の最優位置を占めている。
加盟店は、セブンの経営リスクと経営上の経費を転嫁され、しかし、しかし、セブン本部が取っているロイヤリティが高すぎる。これで、加盟したオーナ達は、苦しい人生の繰り返し、死ぬまで、奴隷の境地から脱げ出すこともできない。15年契約だから、ほとんどは、40代以上のサラリーマンが会社をやめ、一国一城の主になりたい経営経験もまさに持てない金持ちになりたい夢中になった、馬鹿だらけの者

277.お盆 返信  引用 
名前:けむし    日付:2017/8/16(水) 9:54
このボードを見に来る時間がないほど忙しい毎日です。

仕事は共同作業です。
仕事より友達になることですね。
私の経験から

お盆はいかがでしたか?
私は兄弟で一杯飲んでいます。
墓参りもします。



278.Re: お盆
名前:さい    日付:2017/9/1(金) 18:41
おしゃるとおりです。
私は、派遣社員として、正社員と心理的な差があります。

いつ首になるかもわかりませんから、仕事中心に、常に効率アップと不良品の防ぐ事で精一杯です。

会社内の人間関係には、あまり余裕が持てないため、他人のミスで自分の責任にされた場合、特に敏感で、積み重ねると、首に繋がると思いました。

だが、今の段階では、同じ派遣先の会社で2年以上継続し、作業の生産性、正確性、速さ、及び報・連・相など、正社員より以上のレベルに達しています。首にされる恐れは、ありませんが。

これから、人間関係に力を注ぐべきだと、思います。

有難うです。

276.仕事上の悩み 返信  引用 
名前:さい    日付:2017/6/17(土) 7:29
派遣会社に派遣されて、勤め先で仕事をしてからもう2年立つ。
2が月前、いつも共に仕事をしていた正社員が会社を辞め、この正社員は、私が持てる4つの機械の設定と日ごろの作業段取りを担当していた社員です、しかもいつもしっかりしていた男でした。2年くらい問題なく、仕事をうまくやってきた。
この社員が辞めてから、他の社員が代わりに機械の設定と日ごろの作業段取りの仕事を命じられ、私と1組になった。
しかし、毎日トラブルが生じ、機械の設定の間違いや段取り矛盾さなんど、毎日作業トラブルに繋がっている。
問題は、設定の間違いや段取りの矛盾などは、どうでもいいことだし、やり直せばすぐ済むことで、トラブルになる原因ではない。

トラブルになる原因は、この社員の変わった性格です。
つまり、いくら設定ミスを起こしても、絶対認めない性格です。何か問題を起こしても、すべて私の作業仕方が悪いと、常々責任転嫁をしている。
昨日午前中、この社員が、また設定のミスをして、私が午前中加工した製品が、8割は傷がついて、不良品になり、会社内、大騒ぎになった。

製品の裏面が傷ができて、加工面は傷がない。普段の加工作業の過程では、裏面をチェックする必要はない。

今回の傷は、初めてできた傷だから、傷が生じる原因は誰もわからなかった。

私は慎重に調べて、やっと発見したことが、治具の表面が、鉄の表面が、新しいバリができて、製品の裏面に当たると、傷ができ。
しかし、今までなかったバリは、何でできたのかをもっと調べたら、原因をはっきり分かった。

社員が、治具を設定した際、治具を高速で回転しているドリルに当たって、新しい鉄のバリを作ったことが分かった。しかし、社員本人が、それを気にせず、バリを綺麗に取らないまま、私に加工作業の指示を下した。

傷ができてから、私は報告したが、この社員は、「あなたの作業仕方が悪い」と、怒り出して私を叱ったが、全然自分の責任だと思ってない。

まあ、このような設定ミスをばっかりおこしていた社員と、毎日一緒に仕事を行う中で、ストレスが生じ、我慢できない程です。

この社員の性格は、難しいし、自分のミスを認めない人間だから、部長に怒られるまで認めない。

昨日午前中失敗したことで、やっと部長に分かってもらい、これからこの社員の責任転化の癖が治るだろうと思うが、まだまだ難しいかなあと感じる。

もう一人の女性の正社員も、性格ややこしくて、普段は関わりがないが、たまに仕事上の関係になる場合もある。
昨日、この女性の正社員が、一時的に、私がいつもやっている機械に入り、加工作業をした。しかし、加工後、数を数えず、出荷ラベルを貼って梱包した。私は心配で、「数をきちんと数えてください」と女性社員に言いましたが、怒られて、変に叱られました。

いくら正社員と言っても、ミスはミスだから、偉そうに派遣社員の前で威張りをしたり上の目線で派遣社員を叱ったりすることが、馬鹿らしい行為だ。

しかも、責任転嫁の悪行為もよくする社員なんで、仕事に対する無責任さも、はっきり表したのではないか?

まあ、元の社員が辞めてから、他の社員に代わると、普段慣れた仕事も、
こんなにん面倒くさくなるのは、意外のことでした。

これから、こんなに性格が難しい社員とは、どうやってうまく仕事を組んでいくのかも、仕事より、もっと難しい課題になる。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb