[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
青空小説投稿掲示板
ここは『The blue sky and sea』付属、小説投稿掲示板です。本館はこちら

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



3162.(untitled) 返信  引用 
名前:自分語りマット ハセカラ 恒心 尊師 唐澤貴洋     日付:2017/2/20(月) 8:53
岩倉 逮捕歴 遺棄罪 幻覚剤 悪徳商法 飲酒運転 禁錮 架空請求 セクハラ
思考盗聴 臓器売買 懲役 強盗罪 強要罪 誘拐 通貨偽造罪 殺害予告 ドラッグ
集団ストーカー 犯罪者 偽札 快楽殺人 麻薬 前科持ち マネーロンダリング ひき逃げ 傷害
岩倉 著作権侵害 阿片 暴行罪 薬物 パワハラ 脅迫罪 捏造 少年院
集団ストーカー 公文書偽造罪 連続殺人 詐欺 ウィルス 割れ厨 凶悪犯 偽計業務妨害 置石
思考盗聴 クレジットカード不正利用 器物損壊罪 執行猶予 有印私文書偽造罪 万引き 不審者 人身売買 大麻
集団ストーカー 真犯人 不法侵入 窃盗 テロ予告 違法 水素爆弾 通り魔 留置場
岩倉 サリン 放火魔 起訴 未成年喫煙 不正 ナイフ所持 核兵器保有 詐欺師
思考盗聴 変質者 覚醒剤 押し売り 犯罪歴 ストーカー MDMA 書類送検 DDOS攻撃
唐澤貴洋 卒論コピペ 指名手配 信号無視 罪状 個人情報売買 恐喝 アンネの日記 実行犯

3161.性転換手術のビフォーアフターが写真で見れる! 返信  引用 
名前:ジェンダークリニック    日付:2016/8/26(金) 15:21
性転換手術のビフォーアフターが写真で見れる!

男の娘や女装子さん みんなが集まる情報交換サイト

自分でできるヒアルロン酸注射で男性の理想Cカップをget

女性ホルモン剤で憧れのバストへ etc・・・

遊びに来てね
http://genderclinic.jp/wp/

3160.名前 返信  引用 
名前:松山    日付:2016/8/25(木) 16:28
名前名前名前

3159.文字の追想は 返信  引用 
名前:文字の追想は    日付:2016/8/16(火) 19:38
文字の追想は松山名前名前名前名前字の追想は 文字の追想は文字の追想は松山名前名前名前名前

3158.ray ban 偽物 返信  引用 
名前:ray ban 偽物    日付:2016/8/8(月) 17:32

フクショーはブランドコピー品のスーパーコピーブランド激安通販専門ショップです。http://jkcopy.com/世界有名なブランド スーパーコピー 偽物がここにある。最高ランク正規品と同じ品質を持つコピーブランドN級品をご提供!

3137.龍騎(復讐屋「蛇屋」・復活) 返信  引用 
名前:    日付:2015/2/16(月) 16:33
「すっ。」
「グイッ!。」
「トスッ。」
綱吉「!!!。」
蒼鱗黒緑模様ヒュドラ〔光〕「安心するが良い、俺達は此の下衆共に貴様を返す気はないぞえ、帰らなくても良いぞえ、仕返し等しなくても良いぞえ、俺達が貴様が今迄受けて来た仕打ちを倍返しにして遣るぞえ、俺達の知り合いに貴様が新しい生活を出来る様に父さんと母さんが手配して置いた、其れに・・・・・・・・・・・・・・・。」
紫鱗黒模様アポピス〔威〕「其の下衆小娘は綱吉を貶め、8人の下衆共であるお前等8人を騙した、だが、8人の下衆共であるお前等8人は躾と称して、綱吉に暴力を振るってただろうが。」
紅銀人狼〔真司〕「だから、9人の下衆共であるお前等9人の処罰は決まったし♪。」
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「今から本当の遊戯が始まる。」
9人「?。」
緑黒九尾の狐〔秀一〕「少し前の8人の下衆共である君等8人は当り前の様に綱君にこう言って罪を与えてたでしょ?。」
茶黒人狼〔吾郎〕「制裁″や躾″や仕返し″等と言う言葉を使ってたらしいですね。」
8人「!!!!。」
銀黒化猫〔淳〕「俺達が8人の下衆共であるアンタ達8人に同じ事をしても構わないっしょ?。」
茶銀犬神〔満〕「謂れのない暴力や罵倒をし、私物を壊したり、汚水を浴びせたりしてたですからね?。」
紅銀三尾の狐〔海之〕「其れこそ、8人の下衆共であるお前達8人が言う所の制裁や仕返しと言う奴だ。」
紫黒ケルベロス〔裂牙〕「曾て8人の下衆共である貴様達8人が下衆小娘である真野美緒理の為に称として、綱吉にしてた様にな。」
銀黒オルトロス〔黎劉〕「別に大した事じゃなかろう?、只今度は8人の下衆共であるお前達8人が今迄傷付けて来た綱吉と同じ様に制裁や仕返しを受ける側に変っただけだ。」
11匹「クックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックッ・・・・・・・・・、遊戯を始め様。」
「フッ・・・・・・。」
9人「!!!!。」
11匹「精々、俺達を楽しませてくれ。」
「ニイイッ。」
―――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最初に苦しみを与えられるのは下衆小娘である笹川京子だ、其の相手をするのは真司とヒキコさんがする事に成る
京子「此処何処?。」
紅銀人狼〔真司〕&ヒキコさん「こんちには♪。」
京子「!!!。」
座り込んで居る下衆小娘である京子の前に現れたのは【赤銀の冷酷の人喰い人狼】である真司とヒキコさんだった、真司とヒキコさんは下衆小娘である京子を見て、クスクスと狂気が籠った笑を浮べた
紅銀人狼〔真司〕「此処に居るのは下衆小娘であるお前と俺とヒキコさんだけだよ、此処からは絶対に出られない、下衆小娘であるお前は此処でヒキコさんに永遠の苦しみを与えれるんだよ♪。」
京子「ひっ!。」
下衆小娘である京子は必死で逃れ様とするが、此の空間からは出られない、永遠に此処で苦しみを受けるのだ
京子「お、お願いっ!、お願いだから助けてっ!。」
ヒキコさん「そうやって必死に助けを求めてた、綱に下衆小娘であるアンタは何をしたのかしら?。」
京子「えっ?。」
紅銀人狼〔真司〕「綱の言葉を何一つ聞かずに見損成ったと言って助けを求めて伸ばした綱の腕を邪険に払って、提済み続けてたよな?。」
ヒキコさん「しかもあの下衆小娘の手先に成って、在りもしない丁稚上げの嘘の噂を並盛中に吹聴して、あの子の居場所をどんどん無くして行った。」
紅銀人狼〔真司〕「学校に綱が登校してくれば心の無い罵倒を言ってバケツ一杯に汲んだ汚水を綱に浴びせたてたんだっけ?。」
ヒキコさん「そんな下衆小娘であるアンタに助けを求める資格が在ると思ってるのかしら?。」
京子「あ、あれは・・・・・・美織理ちゃんに騙されて・・・・・・っつ〜〜〜っ!!!。」
騙されてただけと言おうとした下衆小娘である京子は其の途端、下衆小娘である自分に向けられる真司とヒキコさんの殺気が強まったのを感じて震え上がった、そんな下衆小娘である京子を狂気と殺気が籠った鋭い冷たい瞳で見る、真司とヒキコさん



3138.Re: 龍騎(復讐屋「蛇屋」・復活)
名前:    日付:2015/1/22(木) 3:11
紅銀人狼〔真司〕「やっぱりお前は下衆小娘だな、生きてる価値もないよ。」
ヒキコさん「あの下衆小娘に騙されてた?、其れが一体何なのよ?。」
紅銀人狼〔真司〕「罪の無い人間を毎日傷付けてたのは他でもない、下衆小娘であるお前の意志だろっ!!!!。」
ヒキコさん「自分の遣った事を棚上げして、あの下衆小娘だけに責任転嫁する奴って、真司とアタシ、許せないのよね?。」
京子「あ・・・・・・・・・あぁっ!!!。」
下衆小娘である京子を強い殺気を送る、真司とヒキコさん、そして、ヒキコさんは下衆小娘である京子の足を掴んだ
紅銀人狼〔真司〕「あの下衆小娘の様に在りもしない嘘を付ける下衆小娘であるお前は・・・・・・・・・・・・。」
ヒキコさん「肉片に成る迄引摺り殺してあげるわっ!!!!。」
京子「!!!。」
下衆小娘である京子の声鳴き絶叫が辺りに響き渡った
―――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次に苦しみを受けるのは空間に居る、下衆小娘であるハル、下衆女であるビアンキ、下衆アルコバレ―ノであるイ―ピンだ、其の3人に苦しみを与えるのは【黒銀の冷酷の蝙蝠男】である蓮と赤いちゃんちゃんこだ
「ドカッ。」
イ―ピン「!。」
下衆女であるビアンキの足元に居た、下衆アルコバレ―ノであるイ―ピンが突然倒れた
2人「えっ?。」
見れば下衆アルコバレ―ノであるイ―ピンの背中に穴が空き、其処から夥しい量の血が地面に流れ出して居た
2人「!!。」
慌てて下衆女であるビアンキが下衆アルコバレ―ノであるイ―ピンを抱き起して見るものの、既に下衆アルコバレ―ノであるイ―ピンの息が耐えてるのは明白だった
ビアンキ「う、嘘・・・でしょ?。」
ハル「ひ、ひぃっ!。」
下衆女であるビアンキが呆然とし、ハルがガタガタと身体を震わせ始める、其の時、2人の耳にクックックッと喉を鳴らして笑う声が聞えて来た
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「拳法家と言っても随分と呆気無いものだな。」
赤いちゃんちゃんこ「未だ子供だからですかな?。」
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「だが子供だからと言って何をしても許される訳じゃないからな。」
赤いちゃんちゃんこ「そうですな、幾ら子供でも無実の人間に毎日の様に暴力を振るって良い訳が在りますまい。」
ビアンキ「だ、誰っ!?。」
下衆小娘であるハルを背中に庇いながら、必死に声の主を探す、下衆女であるビアンキ、すると何時の間にか2人の前に蓮と赤いちゃんちゃんこが現れた、笑い声は蓮と赤いちゃんちゃんこだったのだ
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「下衆女と下衆小娘である貴様達2人の相手は俺と赤いちゃんちゃんこだ。」
ビアンキ「ま、まさか、あんた達2人がイ―ピンをっ!!!。」
ハル「ひ、酷いですっ!!!、イ―ピンちゃんは未だ子供なのにっ!!!。」
赤いちゃんちゃんこ「酷い?、听と蓮殿が?、是でもきちんと慈悲を与えたつもりですぞ?、苦しみを与えない一瞬の死を持ってな、其れに听と蓮殿が酷いと言うのなら、下衆である貴方達2人は咍と蓮殿以上に酷い鬼畜生ですな。」
ビアンキ「何ですってっ!?。」
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「だってそうだろう、何の罪も無い綱吉に毎日の様に罵倒して傷付けてたんだろう?、下衆小娘である三浦ハル、下衆小娘である貴様は口では好きとか何とかほざいて置きながら、いざと言う時に成ると好きだった筈の綱吉ではなく、あの下衆小娘を信じた、そうだろう?。」
ハル「そ、其れは・・・・・・。」
赤いちゃんちゃんこ「しかも貴方の場合は他人から話を聞いただけなのに其れを鵜呑みにした、そして下衆小娘である笹川京子と一緒に成り、彼の在らぬ噂を並盛に流し、彼の身の置き所を次々と奪って行った、何だ、遣ってる事はあの下衆小娘と大差ないですな。」
ハル「た、確かに其れは悪かったと思いますけど・・・・・・。」
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「思うけど何だ?、思うだけじゃあ意味がない、そもそも下衆小娘である貴様の場合は本当に悪かったと思ってるのか怪しいからな、あの下衆小娘の為に平気で他人を貶める噂を流せる、好きだと言った人間を平然と裏切れるんだからな?。」
ハル「そ、そんな事は在りませんっ!、ハルは美緒理ちゃんに騙されてただけでっ!。」
下衆小娘であるハルを見てた、蓮と赤いちゃんちゃんこの眼付きが一気に激しく成った、狂気と殺気を帯びた其の眼差しに下衆小娘であるハルはビクリと身体を震わせる
赤いちゃんちゃんこ「やっぱり下衆小娘である貴方は生きる価値も在りませんな。」


3139.Re: 龍騎(復讐屋「蛇屋」・復活)
名前:    日付:2015/1/22(木) 3:13
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「騙されてた、そう言えば自分が今迄してた事が全部許されると思ってる、だがな、騙されて威容が、下衆小娘である貴様が仕出かした罪は決して無くなりはしないっ!!!!。」
ハル「っつ〜〜〜っ!!!!。」
赤いちゃんちゃんこ「被害者にとっては下衆女と下衆小娘である加害者である貴方達2人から受けた痛みと苦しみは決して忘れもしない、許しもしないっ!!!!、本来は下衆女と下衆小娘である貴方達2人が虐めた彼が下衆女と下衆小娘である貴方達2人を断罪してやるべきなのでしょうが・・・・・・・・・・・・ボロボロの彼に其れは出来ないでしょうな、だから、代りに听と蓮殿が下衆小娘である貴方を罰して差上げようっ!!!!。」
ハル「な、何でハルが貴女達2人に罰せられなきゃいけないんですかっ!。」
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「下衆小娘である貴様、人の話はちゃんと聞いてたのか?、下衆小娘である貴様が罪の無い綱吉を虐めてたから決ってるだろうっ!!!!、しかも下衆小娘である貴様はあの下衆小娘の代りだと言ってあいつを散々虐めてただろ?、だったら正真正銘の加害者である下衆小娘である貴様を被害者であるあいつの代りに俺達2人が罰しても良い筈だからなっ!!!!、だって嘗ては下衆小娘である貴様も同じ事をして、罪の無いあいつを苦しめてたんだからなっ!!!!。」
蓮と赤いちゃんちゃんこは杭を取出した、其れを見た、下衆小娘であるハルは更に身体をガタガタと震わせ始めた、蓮と赤いちゃんちゃんこは杭を投げた、其の瞬間、ハルの身体が地面へと叩き付けられた、見れば下衆小娘であるハルの手足に無数の杭が突き刺さって居る
ハル「痛いっ!、痛いっ!、此の杭を抜いてっ!。」
ビアンキ「ハルっ!。」
慌てて地面に縫い付けられたハルを助け様と下衆女であるビアンキが駆寄ろうとしたが、蓮と赤いちゃんちゃんこが其れを許さない
赤いちゃんちゃんこ「下衆女である貴方も同罪ですぞ?、解って居られるのかな?。」
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「そうだ、下衆女である貴様だって、ポイズンクッキングを毎日の様に綱吉に当てて苦しめてたんだろう?。」
赤いちゃんちゃんこ「あれは毒なのでしょう?、成ら相当苦しかったでしょうな、彼は。」
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「そうだ、どうぜなら下衆女である貴様自身が毒に成ると言うのはどうだ?、無実の人間に平気で毒を当てて苦しめてたんだ、下衆女である貴様は存在自身が毒みたいな物だろう。」
赤いちゃんちゃんこ「そうですな、そうしましょう。」
ビアンキ「な、何よ、是っ!!!、嫌あぁぁぁぁ――――――――っ!。」
下衆女であるビアンキの身体が見る見る間に毒々しい紫色の身体に変って行った、そして爛れ落ちた下衆女であるビアンキの身体の一部が下衆小娘であるハルの口元に掛ってしまったのだ
ハル「ぐっ・・・・・・あぁぁあああぁぁぁあぁぁぁぁぁぁ――――――――っ!。」
悶えながら苦しむ下衆小娘であるハル、彼女の顔色は一気に土色に成って行った
黒銀蝙蝠男〔蓮〕「下衆女である毒女が、言葉の毒を吐く下衆小娘である女を毒で罰する、中々良いシチュエ―ションだな。」
赤いちゃんちゃんこ「ヒヒヒヒヒヒッ、そうですな、御互い、御似合いの罰ですな。」
毒の身体と成った下衆女であるビアンキの毒で苦しむ下衆小娘であるハルと自分の身体の毒で苦しむハルを見て悲痛な顔をしながら涙を流す下衆女であるビアンキ、そんな両者の姿を蓮と赤いちゃんちゃんこは嘲笑いながら楽しそうに見てた
―――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次に苦しみを受けるのは空間に居る、下衆アルコバレ―ノであるリボ―ン、下衆餓鬼である獄寺隼人、下衆餓鬼である山本武、下衆餓鬼である笹川了平、其の4人の相手をするのは【緑黒の冷酷の九尾の狐】である秀一、【茶黒の冷酷の人狼】である吾郎、銀黒の冷酷の人喰い化猫】である淳、【茶金の冷酷の人喰い犬神】の満、赤銀の冷酷の三尾の狐】である海之、【紫黒の冷酷の地獄の番犬「ケルベロス」】である裂牙、【銀黒の冷酷の双頭の番犬「オルトロス」】である黎劉だ
緑黒九尾の狐〔秀一〕「4人の下衆共である君等4人の相手は俺達7人だよ♪。」
4人「!!!!。」
茶黒人狼〔吾郎〕「殺したりはしない、俺達7人は4人の下衆共であるお前達4人に叱るべき制裁をしてるだけだ。」
銀黒化猫〔淳〕「4人の下衆共であるアンタ達4人だって、嘗ては罪の無い綱を虐めてたじゃん。」
茶金犬神〔満〕「そうですよ、4人の下衆共であるアンタ達4人は悪い事をしてたから制裁″してたんでしょ?。」
赤銀三尾の狐〔海之〕「だったら、悪い事をしてた4人の下衆餓鬼共であるお前達4人だって制裁されても文句は言えないだろう?。」


3140.Re: 龍騎(復讐屋「蛇屋」・復活)
名前:    日付:2015/1/22(木) 3:16
紫黒ケルベロス〔裂牙〕「其れは他でもない、4人の下衆共である貴様等4人が言い出したんだからな。」
銀黒オルトロス〔黎劉〕「4人の下衆共であるお前達4人は自分達4人があの下衆小娘に騙されて居ただけ、騙された被害者だと思ってるらしいな。」
4人「!!!!。」
緑黒九尾の狐〔秀一〕「4人の下衆餓鬼共である君達4人が被害者?、何、とぼけた寝言をほざいてる訳?。」
茶黒人狼〔吾郎〕「被害者を語る奴が無実の人間に暴力を振らないだろっ!!!!。」
銀黒化猫〔淳〕「あの下衆小娘も勿論制裁するけどね、4人の下衆共であるアンタ達4人にも制裁を受けて貰うよ?。」
茶金犬神〔満〕「嘗て、綱にしたようにね?。」
そう言って、影から現れた黒い異型達が持ってたのは嘗て4人の下衆餓鬼共であるリボ―ン達4人が綱吉を傷付けて居た時に使用してた、拳銃やバッド、刀、ダイナマイト等だ、其れを見た4人の下衆餓鬼共であるリボ―ン達4人は顔が真っ青だ
赤銀三尾の狐〔海之〕「何て顔をしてるんだ?、4人の下衆共であるお前達4人は嘗てボンゴレを使って綱吉に暴力を加えてたんだろう?、制裁と言う名の暴力をな。」
紫黒ケルベロス〔裂牙〕「其れも無実の人間にな、成ら、真の悪人である4人の下衆共である貴様等4人も自分達4人がした制裁を受けて叱るべきなんじゃないのか?。」
銀黒オルトロス〔黎劉〕「被害者語るなら、無実の人間にして来た事を全部其の身受けてからにするんだな。」
そう言うと黒い異型達は武器を持ってない、4人の下衆共であるリボ―ン達4人に襲い掛ったのである、秀一達7人は其れを楽しそうに見てた
―――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
テレビの画面の向こう側では4人の下衆餓鬼共であるリボ―ン達4人が黒い異型達に嬲られて居た、業と急所を外しながら甚振る黒い異型達と満足な抵抗も出来ずに甚振られる、4人の下衆餓鬼共であるリボ―ン達4人、刀で筋を切られたり、手足を拳銃で撃ち抜かれたり、立上る度に容赦無くダイナマイトで吹飛ばされたり、バッドで全身を殴打されたり・・・・・・・・・・・・、嘗て綱吉にして来た事以上の制裁を4人の下衆餓鬼共である彼等4人は今其の身で受けて居た
蒼鱗黒緑模様ヒュドラ〔光〕「クックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックッ・・・・・・・・・・・・、さて、あの下衆小娘はどうしてるかねぇ?。」
―――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7人の下衆餓鬼共であるリボ―ン達7人と別れ、たった1人で森の方へ逃げて来た、下衆小娘である美緒里は森を抜けた先に在る小さな船着場に小さなモ―タ―ボ―トが浮んでるのを見て、笑みを浮べた
美緒里「ウフフフフフフフフッ、何よっ!、美緒里の方に運が在ったんじゃないっ!、と言う事はアイツ等7人は今頃船が無くて往生してるって事ねっ!、良い気味だわっ!、美緒里を捨てたりするからこう成るのよっ!。」
紫鱗黒模様アポピス〔威〕「待ってたぜ。」
美緒里「!!!!。」
「バッ。」
口裂け女「クスッ、下衆小娘である貴女はモ―ダ―ボ―トを動かせるのかしら?。」
美緒里「!!!!。」
カシマさん「クスッ、出来ないわよね、下衆小娘である貴女って1人じゃ何も出来ないのよね。」
美緒里「な・・・んで、あんた達4人が・・・・・・。」
蒼鱗黒緑模様ヒュドラ〔光〕「クックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックックッ・・・・・・・・・・・・、下衆小娘である貴様は本当に頭の作りも御目出度いんだな?、下衆小娘である貴様の相手をする為に決ってるだろう。」
紫鱗黒模様アポピス〔威〕「そして、下衆小娘である自分が目立たないと気が済まないって下衆小娘であるお前の我侭の所為で、在りもしない濡れ衣を着せられ、陥れられ、騙した下衆餓鬼共である莫迦共に屋上から突落させた後、其れでも気が済まなくて入院した奴を差し向けた下衆である部下に命じて殺させたんだろう?。」
美緒里「!!!!。」
口裂け女「下衆小娘である貴女に痛め付ける為よ、下衆小娘である貴女の身勝手な所為で死んだ子達も綱吉君も人生を滅茶苦茶にされた、私達4人が下衆小娘である貴女から奪ってあげるわ。」
美緒里「な、何よっ!、あんた達4人なんか、パパに頼んで・・・・・・。」
カシマさん「あらあら、此の後に及んでも未だ、パパに頼むの?、本当に下衆小娘である自分では何も出来ない子なのね、此処は下衆小娘である貴女の生きてた時代依りも未来に在る時間軸、下衆小娘である貴女のパパは特区の昔にヒカちゃん達に財閥共に潰されて死んでるわよ。」
美緒里「えっ?。」
蒼鱗黒緑模様ヒュドラ〔光〕「大体、下衆小娘である貴様が俺達4人に何が出来るって言うんだえ?。」
美緒里「そ、其れは・・・・・・。」
紫鱗黒模様アポピス〔威〕「下衆小娘であるお前は綱吉と死んだ奴等から全て奪った、だから猛下衆小娘であるお前は綱吉からは何も奪えないぞ?、なのに一体、何が奪えるって言うんだ?、下衆小娘である自分では何も出来ない、下衆小娘であるお前が。」
美緒里「う・・・ぁ・・・・・・。」
歯をガチガチさせながら光達4人を見遣る、下衆小娘である美緒里
口裂け女「さぁ、今度は下衆小娘である貴女が私達4人から全てを奪われる番っ!!!!、でも、其の前に思う存分“可愛がってあげる”わっ!!!!。」


3146.Re: 龍騎(復讐屋「蛇屋」・復活)
名前:    日付:2015/2/16(月) 16:33
口裂け女がそう言う成り、蒼鱗の黒緑模様のヒュドラに成った光と紫鱗の黒模様のアポピスに成った浅倉が海の中に入って行き、下衆小娘である美緒里に激しい憎悪と怒りと殺気と狂気が籠った瞳で見る
美緒里「お、御願いっ!、今迄の事は謝るからっ!、だから御願い、、助けて、此の通りよっ!。」
カシマ「嫌に決ってるでしょっ!!!!、どうして私達4人が下衆小娘である貴女みたいな酷い雌豚をを助けてあげないとあげないといけないのっ!!!!。」
蒼鱗黒緑模様ヒュドラ〔光〕「そうだ、下衆小娘である貴様が陥れた奴等がどんなに頼んでも自殺する迄追詰めた癖に。」
紫鱗黒模様アポピス〔威〕「しかも笑いながらなっ!!!!、下衆小娘であるお前が陥れた奴等にしては家族迄奪われたんだぞ?。」
口裂け女「下衆小娘である貴女は彼等の未来さえも奪ったのよっ!!!!、謝った程度で許す訳がないでしょっ!!!!。」
カシマさん「彼等の命迄奪ったのだから下衆小娘である貴女自身の魂で償いなさいっ!!!!。」
蒼鱗黒緑模様ヒュドラ〔光〕「まぁ、下衆小娘である貴様みたいな薄汚い雌豚の命1つ程度じゃ大した償いにも成らないだろうけどな。」
海から手を出して、モ―タ―ボ―トに手を載せる、蒼鱗の黒緑模様のヒュドラに成った光、するとモ―タ―ボ―トがゆっくりと海の中に沈み始め、下衆小娘である美緒里が大慌てをした
美緒里「う、嘘っ!、何で沈むのよっ!。」
紫鱗黒模様アポピス〔威〕「下衆小娘であるお前は本当に莫迦なんだな、沈むのは当り前だろう?、こんなモ―タ―ボ―ト、光が手を乗せれば意図も簡単に沈むんだよ。」
口裂け女「そう言えば下衆小娘である貴女、泳げなかったみたいね?、何時も何かと理由を付けては水泳の授業をサボってたらしいじゃない。」
美緒里「い・・・嫌・・・・・・嫌ぁ〜っ!。」
カシマさん「ねぇ、知ってるかしら?、

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb