[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ワニMUMU休憩室

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





14967.クサレダマ(草連玉) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月22日(土) 8時1分
Original Size: 800 x 533, 99KB

今日はクサレダマ(草連玉)を持ってきました。サクラソウ科。高原の草地・湿原・水辺に生える多年草。高さ40〜150cm。花期は7〜8月。マメ科の低木、レダマ(連玉)に似た草の意味で、腐れ玉ではない。連玉は地中海沿岸原産のエニシダに似た高さ約3mの花という事だ。この花は名前だけはよく聞いていたのだが、よくよく見るとなかなか綺麗な花だ。7月初旬、熊本県阿蘇郡高森町の阿蘇野草園に寄りました。園内にはクサレダマの花が咲いていました。


14965.イヌゴマ(犬胡麻) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月21日(金) 6時34分
Original Size: 800 x 533, 101KB

今日はイヌゴマ(犬胡麻)を持ってきました。北海道、本州、四国、九州の湿地に生えるシソ科の多年草。花期は7月〜8月。別名チョロギダマシ。草丈は40〜70cm。茎の先に短い花穂をつくり、淡紅色の唇形花を数段輪生する。名前の由来は果実が胡麻に、姿が根を食用にするチョロギに似ているが、利用できないところからついた。7月初旬、熊本県阿蘇郡高森町の阿蘇野草園に寄りました。園地内でイヌゴマが咲いていました。



14966.Re: イヌゴマ(犬胡麻)
名前:ワニベンケイ    日付:2017年7月22日(土) 0時2分
これはどうも、ちょいと悪意を感じるネーミングですね。イヌゴマはま、よくあるパターンですが、チョロギダマシとは、、ねぇ。

14963.ハンカイソウ(樊噲草) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月20日(木) 6時15分
Original Size: 800 x 533, 77KB

今日はハンカイソウ(樊噲草)を持ってきました。キク科。山地の草原に生える多年草。高さは約1m。花期は6〜8月。分布は本州の静岡県以西・九州。全体に最も大形で葉は手のひら状に大きく深く切れ込む。見た目に立派なので、中国の歴史上の武将の名を借りたのだろう。7月初旬、熊本県阿蘇郡高森町の阿蘇野草園に寄りました。見事なハンカイソウが咲き初めていました。



14964.Re: ハンカイソウ(樊噲草)
名前:ワニベンケイ    日付:2017年7月20日(木) 23時12分
樊噲の名前をつけましたか。大きくて堂々としているようですね。立派な花、見てみたいですね。

14961.ミミカキグサ(耳掻草) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月19日(水) 5時52分
Original Size: 800 x 533, 89KB

今日はミミカキグサ(耳掻草)を持ってきました。本州、四国、九州、沖縄の湿地に生えるタヌキモ科の多年性食虫植物。花期は8〜10月。花茎の高さは5〜15cm。上部に直径約5mmの黄色の花を数個つける。名前の由来は、花のあと萼が大きくなって果実を包んだ姿が耳掻きに似ていることによります。7月初旬、宮崎県児湯郡高鍋」町の高鍋湿原に寄りました。湿原内で可愛いミミカキグサを見る事が出来ました。



14962.Re: ミミカキグサ(耳掻草)
名前:ワニベンケイ    日付:2017年7月19日(水) 23時21分
これもまた、小さくてかわいい花ですね。写真を撮るにはちと、やっかいでしょうか。これが、、ムシを獲るんですねぇ。

14959.ホザキノミミカキグサ(穂咲きの耳掻草) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月18日(火) 7時5分
Original Size: 800 x 533, 87KB

今日はホザキノミミカキグサ(穂咲きの耳掻草)を持ってきました。北海道、本州、四国、九州の湿地に生えるタヌキモ科の多年性食虫植物。花枝がごく短く、花序が穂状に見えることによる。地下茎に補虫嚢をつけるが数は少ない。花期は6〜9月。花茎の高さは10〜30cm。上部に直径約4mmの紅紫色の花をつける。葉は長さ2〜3.5mmのへら形。7月初旬、宮崎県児湯郡川南町の川南湿原植物群落に寄りました。湿原の中でたくさんの可愛いホザキノミミカキグサを見つけました。



14960.Re: ホザキノミミカキグサ(穂咲きの耳掻草)
名前:ワニベンケイ    日付:2017年7月18日(火) 22時13分
花はかなり小さいですね、ホザキノミミカキグサ、どこか、植物園で虫を捕らえる展示を見たことがありますね、タヌキモなどと一緒に。

14957.ナガバノイシモチソウ(長葉石持草) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月17日(月) 8時12分
Original Size: 800 x 533, 144KB

今日はナガバノイシモチソウ(長葉石持草)を持ってきました。北海道、本州(関東地方、中部地方南部)、九州の湿原に生えるモウセンゴケ科の1年草。花期は7〜8月。花茎は高さ7〜20cm。葉は長さ3〜7cm、幅1〜2.5mmの線形で先は細く糸状になる。葉柄と葉身の区別ははっきりしない。花は淡紅色又は白色で直径約1cm。5月中旬に発芽し、海岸近くの砂質地や湿地帯に群落を作る場合がある。茎は立ち上がり葉は互生する。日本産のモウセンゴケ属では唯一腺毛が赤く色付かない。ただし海外では葉や茎に至るまで赤くなる系統も知られている。腺毛はそれぞれ天辺に粘液の小さな球を付け、捕虫すると虫を押さえつけるように曲がり、酸性の消化液を分泌する。葉も虫に巻きつくように湾曲する。7月初旬、宮崎県児湯郡川南町の川南湿原植物群落に寄りました。ナガバノイシモチソウがたくさんあり、花も少し咲いていました。



14958.Re: ナガバノイシモチソウ(長葉石持草)
名前:ワニベンケイ    日付:2017年7月17日(月) 23時1分
ナガバノイシモチソウ、いかにも虫を捕まえそうな葉っぱですね。でも粘液玉が並んでて綺麗です。花も大きめでしかも綺麗ですね。花は虫を呼ぶ役割なんでしょうね。

14955.ミズチドリ(水千鳥) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月15日(土) 4時15分
Original Size: 800 x 533, 88KB

今日はミズチドリ(水千鳥)を持ってきました。北海道、本州、四国、九州の日当たりのよい水湿地に生えるラン科ツレサギソウ属の多年草。別名ジャコウチドリ。花期は6〜7月。花茎は高さ50〜90cm、穂状の花序に白色の花を多数つける。萼片、側花弁は長さ約5mm、唇弁は長さ約8mm、距は長さ約10mmで下垂する。花は芳香があり麝香(ジャコウ)千鳥の名がある。7月初旬、阿蘇市一の宮の大観峰に寄りました。近くの湿原で咲き始めのミズチドリの花に出会えました。



14956.Re: ミズチドリ(水千鳥)
名前:ワニベンケイ    日付:2017年7月16日(日) 11時29分
ミズチドリ、あ、いい香りがしそうですね。蘭の仲間もほんとにたくさんの種類があるんですね。昨年、国内蘭の展示会を覘いたことがありますが、たくさんの種類のなか、ミズチドリの類は展示がありませんでした。

14953.オカトラノオ(丘虎の尾) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月11日(火) 6時29分
Original Size: 800 x 533, 118KB

今日はオカトラノオ(丘虎の尾)を持ってきました。日本,東アジアの丘陵地の日当たりのよい草地にはえるサクラソウ科の多年草。高さ50〜100cm。夏、茎頂に長さ10〜20cmの上方が傾いた花序を出し、密に多数の小さい白花を総状につける。名前の由来は、丘などの草地を好み、総状花序が波打つように曲がる様子を虎の尾に見立てたもの。7月初旬、阿蘇市波野のスズラン自生地に寄りました。オカトラノオの花がたくさん咲いていました。



14954.Re: オカトラノオ(丘虎の尾)
名前:ワニベンケイ    日付:2017年7月14日(金) 22時35分
すみません、しばらくサボってました。
オカトラノオ、トラノオさんのなかでは一番有名なところでしょうか。長さも形も立派に整ってますね。

14950.ヤマホトトギス(山杜鵑草) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月10日(月) 5時14分
Original Size: 800 x 533, 95KB

今日はヤマホトトギス(山杜鵑草)を持ってきました。ユリ科の多年草。北海道、本州、四国、九州の、山野の林のへりや丘陵地の草地などに生える。花期は7〜9月。草丈40〜70cm。花径は約3cm。花被は反りかえるのが特徴。花被にはいる紫色の斑点には変異があります。ホトトギスの名前の由来は、花弁の紫色の斑点の模様が、野鳥のホトトギスの胸毛の模様に似ているからとの事です。7月初旬、阿蘇市波野のスズラン自生地に寄りました。スズランはとっくに終わっていますがヤマホトトギスの花が咲き始めていました。



14951.Re: ヤマホトトギス(山杜鵑草)
名前:ワニベンケイ    日付:2017年7月10日(月) 23時13分
ヤマホトトギス 咲き始めでしょうか。反り返りがヤマさんで、反り返らないのがヤマジさんでした、かな。


14952.Re: ヤマホトトギス(山杜鵑草)
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月11日(火) 6時28分
そうですね、でもヤマさんでも中途半端にあまり反り返らないものも有るんですよ。

14948.アソノコギリソウ(阿蘇鋸草) 返信  引用 
名前:筑紫のkazoo    日付:2017年7月9日(日) 6時36分
Original Size: 800 x 533, 94KB

今日はアソノコギリソウ(阿蘇鋸草)を持ってきました。九州の山地の草原に生えるキク科の多年草。高さ40〜75cm。茎葉が細く、無柄で羽状で浅裂し、裂片に細鋸歯がある。頭花の舌状花は5〜6個、白色まれに淡紅色を帯びる。花期は7〜9月。7月初旬、阿蘇市波野のスズラン自生地に寄りました。スズランはとっくに終わっていますがアソノコギリソウの花が咲いていました。



14949.Re: アソノコギリソウ(阿蘇鋸草)
名前:ワニベンケイ    日付:2017年7月9日(日) 21時43分
あ、いけない、すみません、、また アソコノ義理ソウに見えてしまいました。いかんいかん。阿蘇の冠がついたノコギリソウですよね、今まさに花期ですね。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb