[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
南葛西スリーファイヤーズ・みんなの掲示板

ようこそ!いっらっしゃいませ。\(^o^)/
ジュニアバレーの事や、身近な話題で交流いたしましょう!。
MTF関係者の皆様もご遠慮なくどうぞ!。


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



4521.プレミアリーグ男子開幕戦 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/10/21(土) 11:51
今東京体育館である。今日は男子の開幕戦。昨年は女子の開幕戦と、2年連続で開幕戦キッズエスコートである。雨の中であるが、続々とお客さんが入場してくる。今子供たちはキッズのやり方をレクチャーされたが、うちの子供たちはすでにベテランである。ただ、先頭の6年生男子が全く初めて。先頭の動くが狂うとすべてが狂うというキッズエスコート。さあ、どうなるでしょう。
今、子供たちは昼食を食べて一休み。
うちのチームはJTのチームをエスコートするが、何と相手のサントリーのエスコートが昨年まで所属していた柳田選手の出身チームである同じ江戸川区のビッグロッカーズさんである。
来てみてびっくりした。
今日の放送はインターネット放送のみであるのが残念だ。(明日はBSフジが入っていた。)
うちの6年生と4年生男子にとっては初めての生のプレミア男子。十分に楽しんでもらいたいものである。

4520.結果は残念であったが‥‥‥ 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/10/17(火) 0:30
日曜日は混合の部決勝大会であった。
メンバーは夏の大会からほとんど変わっていなかったが、1人秘密兵器が登場した。
今年2月に入部し、3月は練習できなかったので、ほとんど4月からバレーを始めたのと同じ。夏の大会はベンチに入ったが、サーブ1本打っただけであった。
秋でも半年ちょっとなので間に合わないかと思っていたが、本人は必死に練習していた。合宿にも連れて行きたかったが、交流会は女子の大会なので断念した。もし連れて行けたらもっとレベルが上がっていたかもしれない。
6月の大会から実力がまったく伸びていない2人の6年生女子。もし同じメンバーで戦っていたら、2次予選であっさり敗退していたであろう。
ただ、男子は6人いないので、本人には東京新聞杯が終わったら、「もう終わり」と告げていた。
5年生がへたくそなので、大会のない6年生男子の実力を伸ばしてあげるだけの余裕はうちにはない。残念だが‥‥。

さて、この日の対戦相手は、2次予選1位が2チーム、うちを含めて2位上がりのチームが2チーム、しかし、もう1チームの2位チームには夏の最終予選で負けている。
したがって、今日の相手の3チームはすべてうちのチームより上という全く難しい日であった。
しかし、1試合目に勝負をかけていた。相手の調子が上がらないうちに勝負をかけるしかなかった。
試合会場は町田なので、私自身は朝6時過ぎに家を出た。最終的に南葛西を出たのが7時前。これで遅れたらアウトである。しかも昨年のほぼ同じ場所に行ったときは、午後1時集合のはずが、着いたのが2時30分であった。午前11時に出たのに、である。
3連休の土曜日なので大渋滞していた。全くの油断であった。
今回はこの時の反省を生かし、東名道路で行かない、中央高速経由で稲城大橋で降りて下道を通った。なんと8時10分に着いた。約1時間10分で着いたのである。雨が降っていたこともあったが、変な裏道も通った。これが東京の道路かという道も通った。
50cm横にずれたら下の畑に落ちてしまうという個所もあったが、私には慣れていた。
夏休みここ数年でいろいろなところに行き、同じような山道を何度も通った。熊本、石川、愛媛、北海道‥‥すべてレンタカーだったので恐ろしかったが、この経験が生きていた。
今回はマイカーであったので怖いものなし。「東京にもこんな道があるのか」と楽しんで、早く着くことができた。
実はこの日に備えて、何度も地図をにらめっこしていた。最終的にこの道を通れば早いということもわかっていた。もちろん、ナビに逆らい、地図を頼りに進んでいた。
どこよりも早く、地元チームがネット準備しているときに着けたことが最も大きかったであろう。
1試合目、今日最も勝負をかけていた1次予選・2次予選とも1位で上がってきたチーム。しかし、いきなり、連続でセッターがフォールディングを取られる。1次予選、2次予選の時は怒っていたが、もう想定内の出来事。あきれるだけであった。あっという間に0−4。ここで相手チームがサーブミスしてくれたことが大きかった。
ここ1か月もうこれしかないと一か八かでやっていた速攻が決まり、あっという間に追いついた。ここから何をやってもうまくいくという、このチームになって最高の瞬間が訪れた。1セット目は逆転で取り、2セット目は21−7という信じられない点差で勝った。相手も最終予選ということで、かなりサーブミスが多かったのも助かった。
信じられない圧勝であった。2試合目、3試合目は審判をし、昼食をとった。この長い間がちょっと気になったが‥‥。
さあ、4試合目。1次予選で敗戦し、その1次予選・2次予選とも1位で上がってきたチーム。しかし、この好調は1セット目も生きていて、11−10でテクニカルタイムアウトに入る。
14−12までは本当にうまくいっていた。「もしかしたら」と頭によぎった瞬間、連続してサーブをネットにかける。
うちがサーブをネットにかけ出したら、調子が下がるのがいつものパターン。即センターレシーバーがサーブをはじくのである。このパターンがまたしても出てしまった。
流れはあっという間に悪くなり、17−21で落とす。2セット目も何とかしがみつこうとしたもの15−21で落とす。一気にサーブミスが多くなってきた。
でも、これがいつものパターン。1試合目が出来すぎであった。
さあ、最終戦。でもこれで勝てば久々の都大会。ただ、夏の予選では0−2で負けている相手。しかも、教育大会、ファミマ杯と連続で都大会に出ているチーム。経験では圧倒的に不利であった。
悪い流れは止まらず、終始リードされる。やっぱりこれまでかと80%あきらめる。しかし、終盤で相手のサーブミスが続き、20−20とデュースになる。そして、最後に決めたのが6年生男子のアタックであった。24―22で取った。
しかし、ここまでであった。もう余力は残っていなかった。2セット目、3セット目は何をやっても駄目であった。
ただ、実力が6月からまったく伸びていない2人の女子を補ってくれたのが、まだ半年ちょっとの6年生男子であった。個人の運動能力はけっこう高い。だから、私はこの子にかけていた。この子が化けたら都大会に行くかも、と思ったが、バレーボールは簡単ではない。しかし、ここまでよく頑張ってくれた、一番遠くから南葛西の体育館に通ってくれた。
この子がいたからここまで来れた。これは紛れもない事実である。経験が全く未熟であるのに、この日も何度もブロックを決めた、スポーツに「もし」を言ってはならないが、「もしあと1年早く入部していたら」と考えたら、都大会に出るだけでなく、混合の部優勝も手に届く範囲にあったであろう。本当に惜しい限りだ。
でも、ここまで、本当によくやってくれた。おちびちゃんたちもこの日はよくなかったが、1次予選・2次予選はレシーブで頑張った。この日は負けても悔いが残らないようにと、ほとんどメンバーチェンジすることなく6人で勝負した。
この6人では、でもここまでであった。仮にこのまま都大会に出ていたらとんでもない試合になるだろう、いや、試合にはならないかもしれない。少なくても、私が審判をしたら、うちのセッターは3分の1はフォールディングである。今までこれを書いてしまうと、うちのセッターはフォールディングが多いとばれてしまうので、書けなかった。これが都大会だともっと厳しいので、半分以上は反則を取られるだろう。
だから、出なくてよかったと正直思っている。このセッター自身昨年の新聞杯からセッターを務めた。しかも、本当のセッターが長期離脱したから仕方なくやって、終わったときに誰もセッターがいなかったから仕方なくセッターをやったというのが始まりであった。ここでも、「もし」は言えないが、昨年の夏の合宿からセッターをやっていたら今では違っていたかもしれない。昨年の記録を見たら、なんとびっくりする人物がセッターやっていた。そういう恐ろしい合宿であった。(今回のセッターはこの時はレシーバーだった。)
負けてしまったが、ちょっとは夢を見させてくれた今回の試合であった。でも、本当によく頑張った6年生男子がここで終わってしまうのは惜しい。何とか手立てを考えてみたいものである。
応援まで、町田まで来ていただいたたくさんの保護者の皆様、遠くまで応援をありがとうございました。最後の試合まで「夢」を見ることができ、良かったことと思います。
新チーム、特に5年生は本当に下手ですが、頑張っています。われわれがまた再び夢を見させてくれることと信じています。さらなる応援をお願いします。

4519.感謝! 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/10/10(火) 16:50
今までというか、私が南葛西を作って17年間、ダブルで活動したことがなかった。私が区連盟の総会で不在にするので、練習を見てもらったということが3年前にはあった。そのときは、部員のお父さんがコーチ役をやっていたこともあり、お願いできたが、それ以外の15年間は、Aチームが練習試合に出かけると、Bチームはお休みであった。だから、Aチームはうまくなっても、Bチームとの子との差が開くだけで、Bチームの子にとっては全くよいことがなかった。しかし、これでは、絶対に底上げにならない。レギュラーも変わらない。何か良い方法はないかということを考え、出かけるときは体育館での自主練習をOKにした。すると、面倒を見てくれる保護者がいて、子供たちもけっこうくるので、練習になっているようである。家で全くぼけっとしているより、体育館でボールをさわっている方が絶対よいに決まっている。
自主練習しているこの中で、ジャンピングサーブをやっている子がいた。これは普段の練習では絶対といってよいほどできることではないので、大いにやってほしいことだ。
10月1日、8日と外に出かけた。この2日間が自主練習日となった。練習試合に出かけた子はいろいろな課題ができ、よい練習になったが、自主練習した子も頑張ったようである。さて、いよいよ15日が最終予選。9人で出かけるので、ほかの子は休み??いや自主練習日だ。ともすると、この日で6年生は終わりになり、次の日から5年生以下が中心となる。是非私がレギュラーになるんだ、という意欲を持って自主練習してほしい。
お世話になる保護者の方々、いろいろとありがとうございます。15日もよろしくお願いいたします。

4518.連休後半 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/10/9(月) 22:38
連休中日は、同じ江戸川で混合に出ているノースタイガーさんのもとに出かけた。
8日は第3支部(江戸川区・江東区)は支部大会なのでみんな忙しい。
2日間練習は飽きるので、出かけて行った。
先週から試している速攻。1日は全くダメであったが、さすがに6年生は覚えてきた。しかし、5年生は理解できない。
今日の練習で、セッターに入ると7割の確率で速攻ができる。大砲がいない分、サーブでごまかすしかなかったが、ここで速攻が手に入ると大きい。
しかし、そんな甘いものではない。身に付くには3か月欲しいところであるが、これも仕方がない。
土曜日に最終チェックし、日曜日にやるしかない。
しかし、この速攻が使えると、都大会出場の可能性が一気に50%と広がると思う。
サーブは水物なので、これにかけるしかない。
今日は1日練習であったが、休みは1人で、みんな頑張った。あっという間に午後4時30分になり、片づけをした。
昨年はみんな新人であったので、午後3時30分になると、みんなでレクレーションをしていたが、今日は体育の日であるので久しぶりにレクレーションをしようかなと思っていたが、あっという間に4時30分になってしまった。
ここにきて、フローターサーブのおちびちゃんが2人、肩が痛いと言い始めた。肩力のない女の子にはよくあることであるので、2〜3週間様子を見るしかない。
まあ、3週間経てば、また打てるようになるだろう。。
さあ、いよいよ次の日曜日は都大会出場決定戦。悔いの残らないようにこの1週間を過ごしてほしいものだ。

4517.本年度1回目キッズエスコート 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/10/7(土) 17:32
前述のとおり、夢の島体育館にキッズエスコートに行った。
9人制の男子の試合で全国大会といっても8チームしか集まっていなかった。最初の試合でのJFE西日本さんについた。しかし、練習からすごかった。9人制なので、サーブが2本打てる。1本目のサーブがすごい!恐ろしいくらいだ。
後、9人制ならではのネットにボールがふれたら、あと1回多く触れられるという奇妙なルールを元にした奇妙な技があった。今までそんな技を見たことがなかったが 、でもなるほどと思った。
子供たちは記念品としてタオルをもらったが、これは明日にでも使える実用品だ。私も頂き物があったので、プレもアリーグよりも実のある頂き物であった。さらに、キッズエスコートしたチームのベンチ後ろで応援していたら、応援品ももらい、あとで、子供たちはジュースを始め、いろいろなものをもらっていた。しかし、担当者が1人で、大変そうであった。
1試合終わったら、12時になったので昼食にした。それにしても、夢の島の体躯館はきれいであるし、宿泊もできる。来年ここで合宿をしようかな?
子供たちはいつものように昼食をとっている間、私は食堂に行った。昼食はバイキングであったが、飲み物を含めたら1200円とちょっと高かった。たくさんとったら食べきれなかった。
中庭にはちょうどよい運動場(芝生広場)があったので、40分ばかり鬼ごっこをした。わたしはというと、その隣でフットサルをやっていたので、それをずっと見ていた。ちゃんとした審判がいたので、大会だったのかな?お兄さんが一生懸命動いていたが、おじさんたちはふらふらになっていた。
今日はNさんに車を出してもらい、地元のデイリーヤ○ザキさんに行き、子供たちにご褒美のアイスをあげた。
子供たちはとっても楽しそうであった。Nさん、ありがとうございました。
さあ、10月21日はプレミアリーグのキッズエスコートである。東京体育館だ。
さあ、明日は練習試合だぞ!

4515.土曜日のこと 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/10/5(木) 0:7
一昨日の月曜日、小学校のクラブ活動(バレーボールクラブ)をやっているときに、江戸川区バレーボール連盟の方がやってきて、今週の土曜日どうしてもキッズエスコートが足りないのでやってほしいという依頼が来ました。
土曜日はもともと世田谷区のチームに練習試合をお願いしていましたが、この試合はプレミアりーグでなく、一般の試合なのですが、全国大会の9人制ということもあり、泣く泣く引き受けました。
うちのしましては、最終予選に備えて練習をしたかったのですが、仕方ありません。
困ったときにはお互い様です。
ということで、天気は悪そうですが、夢の島の体育館まで出かけます。お弁当持ちになります。
しかし、急に決まったので、車は私1人しかありません。残った子供たちには電車で行くことになります。
(電車は、葛西臨海公園駅から新木場駅までの1区間)
出来れば、雨ですので、車を出していただければ、と思います。
なお、この体育館に行くには、どうしても公園内の有料駐車場の中を走らなくてはいけないので、駐車代はクラブもちです。
詳細は本日の練習で口頭で説明しました。
そして、家に帰ったら、10月21日のプレミアリーグの男子開幕戦(?)のキッズエスコートの依頼文がメールで届いていました。
昨年度は女子の開幕戦、そして、今年は男子の試合に出かけます。
10月21日分は今回参加した児童が優先していけます。6年生の親は無料で参加できます。
詳細は、後日プリントします。なお、対戦相手は、プレミアリーグ男子のHPで確認してください。



4516.男子開幕戦
名前:カズ    日付:2017/10/5(木) 0:14
今確認しました。
10月21日はやはり男子開幕戦でした。
サントリーvsJT,パナソニックvsFC東京の2試合です。
昨年度は女子の開幕戦、久光vs日立の試合と訳の分からないコンサートとイベントでした。
これで、2年連続の開幕戦キッズエスコートですね。
また、3月の大田区体育館ではBSNHKで全国放送され、みんなも出演していました。
さあ、今年はテレビ放送があるでしょうか?

4514.ぼろぼろ‥‥ 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/10/3(火) 22:43
日曜日は、同じ混合の部に出ていて決勝大会に1位ぬけしているチームに練習試合に行った。
そのチームは、混合の部に出るまでは全く付き合いがなく、というか混合の部におチームとはほとんど付き合いがなかったが、このたびいろいろなチームと付き合いをもつことができ、本当に助かっている。
その中の1つであるこのチームは西東京市にある。ちょっと遠い。
下道で行くと2時間かかるので、高速でどうやっていくか地図を見たら、ちょっと遠回りであるが、首都高速から外環道路を通って練馬インターまで行くと近そうだ。
小菅から江北インターを通って美女木で外環道路に入るといいみたいだが、江北から行ったことがないので、ちょっと遠いが川口回りとした。
要するに、同じ東京に行くのに、一度埼玉県に入ったのである。
でも、おかげで約1時間で目的地に着いた。
着くと同時に、ある男子が気持ち悪いと言い出し、午前中ずっとお休みした。
このチームにはファミマ杯予選では勝っているが、伸びしろが違っていた。
ほとんど伸びていないうちの6年生と違って、とっても良いチームになっていた。
全くセットが取れず、ひどいときには4点、6点で終わったセットもあった。
ひと夏でこんなに6年生で差が出てしまうのか、と実感した。
このままでは、最終予選地である町田まで行っても仕方がないのではないか、棄権でもしようかと思った。
ただ、新しい攻撃をこの日から用い、まったく機能しなかったが、所々で有効になってきたので、だんだんと点数が取れるようになってきた。
それにしても、6年生セッター、5年生セッターがほとんど役に立たないのがうちのチームの弱いところである。
相手のアタックをおちびちゃんたちが一生懸命に拾おうとしているが、アタックが左右から打ってくるので、どうにも拾いにくかったようだ。
さて、この3連休が最後の調整となる。
7日には急きょキッズエスコートに行かなければならbなくなったので、頭にいたいところだが、まあこれも仕方がない。
気分転換で出かけることにしよう。
このたびお世話になった○○さま、ありがとうございました。
夏に一生懸命頑張った6年生はこれだけ伸びるのだというものを見せていただきました。うちの5年生の参考にしたいと思います。
それはそうと、月曜日に教職員卓球の試合があり、ちょっと腰に張りを感じるようになった。
結果はうちの5勝0敗で2回戦進出を決めた。私自身は今卓球に凝っていて、暇さえあれば若手と校長と3人で卓球をしている。
相手のスマッシュをブロックしてカウンター攻撃するのが快感だ。
今日は久しぶりにバドミントン部で練習したら、調子はよかったが帰宅後、腰に強い痛みを感じた。
まさかぎっくり腰ではないだろうなと心配したが、でも立てるのでそうではないだろう。
ちょっと明日の朝が心配である。

4513.高い壁 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/9/26(火) 16:39
日曜日は連休の残りである、江戸川区の大会の5年生以下の部が行われた。
5年生以下といっても、Aチームに入っている5年生もいる。そういう子はこの試合にはでられない。
しかし、うちのチームは純粋なる5年生以下チーム。予選1試合目は4年生チームに対し、21−19とあわや負けそうになった。2試合目の強豪・サンフラワーさんはサーブが爆発し(うちにはこれしかない)、1せっとめをとったが、2セット目は2−21と惨敗、結果的に予選は1勝1敗の2位上がりとなった。この段階で決勝進出がなくなり、敗者復活戦に回った。
1回戦は不戦勝で2回戦がお隣さんチーム。しかし、お隣さんチームのエースはAチームに入っているので、この試合にはでられない。鬼のいぬまに何とやらで、勝たせてもらい、敗者復活の決勝に進んだ。この試合に勝てば柔道のように3位メダルをもらえる。しかし、相手は強豪ビッグロッカーズさん。でも、4年生以下のCチームであったが、いきなり0−8。そこから、5−20と恐ろしい点差がつき、最後に4点連取したが、時すでに遅し。完敗した。4年生チームに全く歯が立たなかった。1試合目の4年生チームにも危なかった。
一昨年6年生がすべて抜け、残った素人で再スタートしたチームであったが、5年生が全然だめ。3年目も暗黒の時代が続くのは明らかとなった。
4年生以下に頑張ってもらうしかないか。

4512.首の皮1枚残る 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/9/18(月) 7:20
日曜日は混合の部2次予選。いよいよ今回から半分ずつ落ちていく。
今回は19チームも参加しているので、とても大変。そのうち11チームが落ちる。
数だけ見ると、とても大変な世界だ。
さて、混合の部が普通と違うのは、前回参加していないチームがとても強いということ。
どういうことかというと、男子が6人いて前回は男子の部に出ていたのが、1〜2人欠け、同じチームの女子と組んで混合の部に出るというパターンだ。(その逆もあり得る。)
前回は、こういうチームが都大会出場4チーム中2チームあった。その2チームは今回出場していない。メンバーが増えたらしく男子の部に帰っていった。
今回もこういうチームがあり、大変厄介な相手となっている。
しかし、今回はホームでの試合ということもあり、若干のアドバンテージもあった。
さあ、1試合目。1セット目は結構楽にとれたが、2セット目は相手の男子が本領を発揮し始め、常に後手を踏む。
一時は13−17まで行ったが、ここで4年生のサーブが爆発し、18−18と追いつく。このセット何とか23−21で取り、難関を超えた。
2試合目も最初は競ったが、リードは許さず、この試合も取った。
最終の全国大会出場のシードチームは完敗したが、何とか2位で首の皮1枚つながった。
この週は6年生の日光移動教室があり、1人が体調を崩して帰ってきたが、何とか乗り切ることができた。
しかし、6年生にとってはとんでもない試合になったので、来てくれた中学生3人にお願いして、試合後1時間特訓した。
今日は、おちびちゃんたちが頑張った。ふだんは「小さいくせにレシーブもできないのか。何の役にも立たないではないか。」と怒られているが、今日はよく頑張ったおちびちゃんたち。
今日は褒めてあげよう。と言ってアイスをおごっているのであった。

4511.白旗かな? 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/9/11(月) 21:31
土曜日は学校公開日、午後はPTA主催のお楽しみ会があったので「まあ、日曜日は試合がないからか解放するか」ということで練習をなしにし、歯医者に行った。
もう、年も年だし、歯はぼろぼろ。長年おろそかにしたつけが回ってきている。
子供のみなさん、歯は絶対に大切にしましょう。これだけはとっても後悔しています。
土曜日は5千円、月曜日は三千円、そして来週も五千円とすごく歯医者代がかかっているこのごろ。本当に後悔している。
さて、日曜日は午前中練習、午後から同じ混合の部に出ている品川区のチームに高速を飛ばして練習試合に行った。
結果はぼろぼろ。いったい6年生は何をやっているのか、という具合だ。
本当に悲しくなってしまう。
まあ、もうしばらくすれば、6年生も終わって次の代に移れると思うが、この悲惨な6年生の状態に何とかしたいと思う今日この頃だ。
とはいっても,次の日曜日に負ければそれでおしまい。本当に歯がゆい現状だ。
前日の土曜日はPTAバレーが譲ってくれたので、十分に練習ができる。
最後になるかもしれないこの練習、何をしようか今から考えているところだ。
そして、日曜日は久々のホームでの試合、頑張らせたいものである。

4510.新聞杯混合の部1次予選 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/9/4(月) 23:16
6年生男子がいるため、今回も混合の部に参加した。
全部で19チームが4ブロックに分かれて行われる。
したがって、ほとんどが5チームのリーグで、10試合。
会議の時、遠くからくるチームがあるのに、10試合は大変ではないか、という話題になった。
しかし、夏の予選は、16チーム中8チームが1日で終わった。
最後の大会もこれでは6年生にとってはかわいそうであると私が訴え、認めてもらった。
さて、1試合目、教育大会準優勝チームにまあまあ善戦したが、やはり決め手がなく、負けた。
とにかくサーブ以外決め手がない。これは、本当に大変だ。
この1試合目は善戦したのに、またクソチームに戻ってしまった。
ここで細かく挙げるのもばかばかしいくらいである。
最終戦はフルセットの上かろうじて勝ち、何とか2位を死守した。
反省点はたくさんあったが、日曜日の練習はサーブに重点を置いた。サーブがダメになれば、うちは勝ち目はない、というわけだ。
2次予選は、17日。今度はホームで行うが、全国大会出場チームを迎える。
今回2位まではいらないと、これで終わり。
途中6年生の移動教室が入るので、練習もあとわずか。
さあ、どうなるかな??

4509.さあ、新聞杯予選 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/9/2(土) 6:48
いよいよ今日から新聞杯予選がはじまる。
会場は同じ江戸川区でも、南の端から北の端への移動。
応援の皆様、試合会場には車はもう1台入れるようになりましたので、相談の上来てください。

さて、夏予選は初戦に敗れ(結果的にはこのチームは都大会準優勝)、やっぱりこのチームはクソチームか〜〜と思ったが、そこから何とか土俵際で生き残り、結果的に予選5位であった。(都大会は4チーム出場)
さて、今日も初戦は教育大会都大会準優勝チーム、またしてもいきなり、であるが、今回は敗退しても1日では終わらないので、冷静に試合を進めていきたいと思う。
とりあえず勝負は、2次予選。今回からレギュラーに入った6年生男子がカギである。
6年生と言っても経験は半年なので、そこがポイントであろう。ルールを間違えないでほしいものだ。
さあ、今日は10試合。長い1日である。取りあえず、2位上がりが目標である。

4508.夏休み最終日 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/8/24(木) 16:19
いよいよ今年の夏休みもこれで最後の日となった。
今日も休暇を取って、都小連40周年行事が墨田体育館で行われるので、夏休み一生懸命練習した子を引き連れて出かけて行った。
しかし、今日はバレーボールはほとんどなく(リレーの際にボールを使っただけ)、○×ゲーム、綱引き、障害物リレー、長縄(あとは途中抜けだしたのでわからない)などをして遊んでいた、
理事長がマイクをもつと、さすが学校の先生、体育の授業を見ているようであった。
私は、まったく暇で、途中ねていた。すると、いつのまにか江東区の○○監督が目の前に座っていて、しばらくは話し込んだ。
まあ、遊びだから文句はないが、長縄の時の○○姉妹、全くダメでしたね、つまらないので、外に出てしまいました。
でも、その時に買ってきたお菓子が、リレーの際に12人いなかったのでお手伝いをしてくれた東○町の男の子にあげられたので、外出をしてよかったと思いました。
でも、そもそも外出をした理由は、救急バックを開けたらくさかったので。消臭剤を買いに行ったのです。
ほんとにくさかった〜〜だれもくさいと教えてくれないのだから、すごい匂いを放っていたぞ〜〜
都小連の役員の皆様、午後は他支部がやったので1日仕事でしたね。本当にお疲れ様でした。
さあ、明日から学校だ〜〜暑いからいやだな〜〜でも、宿題はちゃんとやったぞ!

4507.さあ、2日目 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/8/23(水) 11:1
意を決して80km先に行くことに決めた。一番の心配事が、飛行機が午後2時50分だということ。女満別のJALは確か後夜の遅い便。さすがに、もう2学期なので、いつまでも遊び感覚でいられない。それに、東京新聞杯の組み合わせを作って送付したり、来週には江戸川区の秋季大会の抽選会もあるので、その下地も作らないといけない。すごく忙しい。だから、早めに帰ることにした。
さて、食事をすませ、朝の7時20分にホテルを出る。ナビをセットした。そういえば、北海道の道はたくさん行っているにも関わらず、自分で行ったことがない。ツアーに入ったり、家族で行ったときは酒を飲みたいので、観光バスの中に入ってしまったりしているので、レンタカーは今回が初めてである。走ってみてわかったのが、一番気持ちがよい。街をはずれると信号はないし、道は真っ直ぐが多いので、周りの景色を楽しみながら運転できる。しかも、輪島や徳島のレンタカーはCDが使えなかったのに、今回は初めて使えた。今年の夏は5回も旅行に行くので旅行バッグは出しっぱなしでで、その中にEXILEやスピッツ、コブクロのCDを入れていて、やっと使えた。行きはEXILEだ。50kmをすぎると、北見市に入り、信号が多くなって疲れたが、CDと一緒に歌っていたので気分転換になった。そして、午前9時30分やっと着いた。場所は北の大地の水族館(山の水族館)だ。旅行雑誌に見開きで大きくでていたので、ずっと行きたいと思っていた。そして、見た感想は、「これだけ?」だった。魚自体はおもしろかったが、規模が葛西臨海水族園の10分の1もない広さ。あっという間に見てしまった。「うお〜これだけに2時間かけてきたのか〜」とショックだったが、となりに「北キツネ館」というのがあったので、そこに入った。そういえば平日の雨(小雨)の月曜なので、ほとんど客がいなかった。そうそう、ここの飼われている狐を今見たが、昨日サロマ湖展望台への山の中で、野生のキツネを見た。最初はびっくりしたが、こちらを見たらすぐに森の中へ入っていった。
30分したらもう見るものがないので、昨日いけなかった博物館に行くため網走に戻ることにした。すると、途中の信号でのろのろした北見の街中を通らない。車はすいすいなので助かったが、ナビが違う道を案内すると、昨日の20kmのロスが思い出され、焦った。「12時になっても網走に着かなかったら、網走駅に再セットしよう」とおもって覚悟を決め、走った。結果的には迂回路だったらしいが、それなら行きもこちらを通りたかったと思った。それほど、スムーズであった。本当に北海道の道は走りやすかったが、覆面パトカーが怖くて、最大スピードは80kmにした。1時間30分ほどで帰りは着いた。30分得した。北方博物館というところに入り、専用の説明テープを聞きながら回ったので、よくわかりおもしろかった。さあ、もう1時前。雑誌に載っている回転寿司にいったら満員であったが、1つ空いたのでそこに座り、ミニウニ・イクラ丼を食べた。となりのひとが食べていた生牡蠣握りがおいしそうだったので頼んだら、おいしくなかった。やっぱり、生牡蠣はそれだけで食べるべきであった。さあ、もう1時20分。空港に戻らないといけない。20分で空港に着いたが、帰りの便は満席であった。昨日にとった席は窓際だったので、けっこうみんな直前に座席指定したんだな、と思った。
無事に午後4時30分羽田空港に着いた。徳島と違って、もうちょっといたかったが、JALの羽田空港行きは1日に3便しかないので仕方なかった。今度くるときは冬の流氷観光船に乗るときだろうな、と思った。楽しかった網走旅行であった。
http:p

4506.実のある旅行 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/8/21(月) 22:6
レンタカーの店舗がなく、日産レンタカーの片隅に少しの場所を借りて営業しているのが今時信じられない。客は私1人であった。ちょっとで遅れたが、行くところは決まっている。80km先のサロマ湖である。有名ではないが、汽水湖なので、自分の目で見てみたかった。サロマ湖展望台にセットをして、爆走しようと思ったら、レンタカーのおじさんが「北海道は道がまっすぐで、すいているから、スピードを出しすぎて、覆面パトカーに捕まるから気をつけて」といっていた。実は、私もやられたことがあるので「これはまずいぞ」と思い、今日はいっさい爆走しなかった。サロマ湖展望台というので、湖の近くかな、と思っていたら、山の上でまたしても、山道を走らされた。私の旅行には本当に山道がつきものである。しかし、今日は2台しか出合わず、お互いに譲り合ったのでスムーズであった。展望台からはよく見えた。あの部分から湖とオホーツク海が接しているのかと。そして、次に行く場所がまたしてもナビが間違えた。20kmの損があった。これが後で響く。次の場所に行ったら、なんと間違えた場所が一緒に存在していた。何だ、これは。引っ越したのか。でも、1時間のロスである。しかし、とっても涼しかった。草原の風であった。この段階ですべてのストレスが解消されていた。朝の5時においなりさんをちょっと食べただけなので、おなかが空いた。さあ、いいものに出会えるか。道の駅みたいなところで、生のホタテを食べ、とってもおいしかった。そして、次にホタテカレーを食べた。お土産でこのホタテを送りたかったが、冷凍ホタテになり,解凍を失敗するとまずくなるので、それではよくないと違うものをお土産として送った。その次は、能取岬。灯台だけかな、と思ったが、映画の舞台にもなっているのでとりあえず行ってみたが、すがすがしい風を受けるだけの場所であった。1時間押しているから抜かしてもよかったな。いよいよ次は、本日のメインイベント、網走刑務所である。今回、ここが見たかったので網走にしたのである。着いたときは、もう疲れていた午後3時であった。しかし、1時間ほどしっかり見学する。お土産もたくさん買いたいな、と思っていたが、Tシャツがすごく多く、「脱走」とか「刑務所」とかの文字が気になり、買えなかった。刑務所、なんて気になるぞ。せめて、「網走」だけにしてほしかった。もう時間は4時をすぎていた。しかし、予定では、後2カ所ある。すぐに、「オホーツク流氷館」に行った。ここは何といってもマイナス15度の世界を体感すること。流氷の仕組みも学習できた。そして、屋上に行くと、網走の街が一望できた。そして、流氷ソフトクリームを食べた。もう、午後5時を過ぎていた。行きたいと思っていた北方民族博物館に行けなかった。予定は、明日は午前8時にでて、80km先に行く。この博物館に行ったら、帰りの飛行機に遅れる可能性が大。どうするか、これから考える。
http:p

4505.ANAとJALの違い 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/8/21(月) 21:14
今までずっと飛行機ANAであった。今日は久しぶりのJAL。朝からストレスがたまり放しというか、案内をもらってから2度とJALには乗るものか、と思っていた。1つ目は、座席指定ができない。ANAの場合、はじめから座席が指定してあるか、あるいは案内を見てすぐに自分でパソコンでできた。空いている席がわかり、その中から選ぶことができた。したがって、空港に行く前にどの席かがわかっていた。JALはそれができない。思いあまってJALに電話したら、前日の午前5時以降からできますと。したがって、その前はいっさいできず、すでに席は埋められていた。案の定、前の日にインターネットで検索したら5席しか余っておらず、好きな窓側の席が取れなかった。2つ目、空港に行ったら、手荷物の預けが相変わらず、人手によるものであったので、朝6時にも関わらず、すごい列ができていた。朝6時ですよ、もうびっくり。ANAは自動なので、自分でどんどんできます。こちらの方が全くスムーズ。すぐに、保安検査に並ぶことができる。今日は朝7時10分発の北海道女満別空港行き。8時55分到着だ。朝は早くても最近の大井南のパーキングなので、朝5時20分に家を出ても、6時には羽田空港にいた。とっても便利なパーキングである。そして、空港に着いたらすぐにレンタカー手配できるのに、明日の飛行機の座席も決まっていないから、すぐにカウンターに行き、座席指定した。その分レンタカー手配にも時間がかかった。そのレンタカーだが、JR北海道のレンタカー。カウンターに行くと、トヨタ、日産、ニッポンレンタカー、オリックス‥‥‥あれ?ないじゃないか?案内をよく見たら、日産レンタカーに委託しています、と書いてあった。これで大きく出遅れた。午後6時にホテルに着いたら駐車場がすでに一杯。フロントに言ったら遠くに停めてくれと言う。もう、普通の旅行には考えられないほどストレスがたまった1日にであった。しかし、旅先の内容は違った。
http:p

4504.さあ、最後の旅行 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/8/21(月) 6:33
今回は、JALでの出発。もう朝からストレスがたまりっぱなし。
これは空港のインターネットでやっているので、まもなく切れます。
詳細は、夜にでも。
さあ、網走へ出発だ!

4501.4500になった! 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/8/19(土) 19:7
書き込みも実に4500になった。約9割は私だから、3000以上もここでつぶやいたのであろう。この割合だと、3日に2回はここでつぶやいていたと考えるとすごいことだな!まだまだ頑張ろう。
でも、今度の北海道旅行はどこに行くのでしょうか。たぶんわからないいだろうな。札幌付近、小樽付近、旭川付近、富良野付近、函館から松前付近、知床から東海岸線に沿って釧路付近、稚内から利尻島、礼文島へと行った。まだ、行っていないところですよ。そういえば、この前の旅行で私がどうやって東京駅に行ったか、誰も答えてくれないぞ〜〜。締め切りは明日だ。これで、もうお土産は買えないからね。
http:p

4500.東京新聞杯抽選会 返信  引用 
名前:カズ    日付:2017/8/19(土) 18:50
いよいよ東京新聞杯の抽選会が行われた。混合の部は今年から私が中心なので、羽村からも町田からも東京中の参加者がみな船堀に集まった。
今回の参加チームは何と19チーム。いよいよ1つの支部に値する数になってきた。しかし、予算はゼロなので苦しいところである。
そして、いよいよ抽選。都大会出場は4チームなので大変狭き門である。したがって、予選は5ブロック以上にはできないので、ほとんどが5チームリーグ。東京の端から端まで来てもらうのであるが,1日に10試合こなさなくてはならない。中には無理なブロックがあるので、本当に大変な予選会だ。
うちのブロックは9月2日に決まったので、さっそく明日からフォーメーション練習を入れなくてはならない。でも、夏の予選と違って、今回は1日で消えることはないので、とっても楽しみである。それと一生懸命練習してきた6年生男子がどれだけ活躍できるのかも楽しみの1つである。
さて、この1週間は仕事ウィークであった。学校にはほとんど人がいないので、静かで大変仕事がはかどる。今は普通の日と違って教員もけっこう暇なので、若手の私語がけっこううるさい。ここで怒っても煙たがられるだけだから、知らん顔するのもけっこう大変なことである。
でも、今はとっても静かで平和だ。あっという間に来年度の行事ができてしまった。やっぱり一番悩むのが遠足だ。今年も他の学校が考えないような日を設定したら案の定がらがらであった。一番心配な日に行った学校は大混雑であったという。今の時代この近辺の学校はほとんど全校遠足で葛西臨海公園だ。中にはバスに乗ってここまでくる学校もある。水族園も無料だから大人気である。その中で日程を考えるのも一苦労である。だから雨が降ったら完全に私のせいだ。実は今年も雨も降った。ただ、午前中はしっかり遊び、しっかり昼食をとった。そして、相棒がスマホで江戸川南部の天気予報を検索したら、午後2時から雨だという。午後1時20分現在、全く雨は感じられなかったが、私はそれを信じ次のように言った。「天気予報によると、午後2時から雨が降るそうです。だからとりあえず帰りますが、学校についても雨が降っていなければ、校庭で遊びの続きをします。」学年100名弱の人数を引き連れて歩くと、30分近くかかる。
そして、学校に着いたら、ちょうど午後2時。すると、着いたとたん雨が降って来て、5分後にはけっこうな降りになった。これだけ降っていれば、誰も外で遊ぼうとは思わない。嘘のようで、これは実話なのである。遠足ではそういうことがあった。中には濡れてしまった学年もあった。行きはみんな一緒だが、帰りは学年に任される。我が学年は大ヒットであった。さあ、来年の遠足の日はどうなるか。きっと、私の設定した日に反対する人はいないだろう。1学期の片づけもけっこう進み、後は教室の整理だけだ。この1週間ですごく仕事が進んだ。2学期もしっかりバレーボールができる設定になった。校長さんは「なぜ浅野さんはそんなに仕事をしているんだ?」と他の教員と比較して話すが、これもすべてはバレーボールのためである。これで、バレーをしていなければ、夏休みはきっとぐうたらだろうな。でも、「ぐうたら」は私の一番嫌いな言葉である。
ただ、2学期から3学期に行われるランニング記録会の個々の設定表も作りたかったと思うが………。まだ、1日あるぞ。これができれば、完璧な夏休みになる。でも、20時間くらいかかりそうだから無理かな?でも、ここまでできれば80点の夏休みだ。月曜から堂々と北海道に行けるぞ。
とにかく、この2学期も思う存分バレーボールができそうである。後は、年をとった分健康に気をつけるだけだろう。
http:p


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb