[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
waku隊長のひとりごと

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





7118.日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. 番外 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月24日(水) 4時25分
Original Size: 640 x 480, 164KB Original Size: 640 x 480, 76KB


本日の温泉
笹倉温泉「 龍雲荘 」
800円
残雪に恵まれ、山スキーのスタート点が温泉入浴施設となった今回。
フィニッシュは、贅沢にもブーツを脱いで即温泉です。

ホテルレベルのきちんとした施設です。
岩の露天風呂と二つの内湯。サウナはないが必要なものは揃っています。

日本海から、人の住む広いなだらかな谷をほぼ直線道路で進み、その谷の最奥にあります。
標高400メートル。雪深い谷の桜は、今咲きはじめたところです。

(おわり)


7108.日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その1 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 6時42分
Original Size: 800 x 511, 204KB Original Size: 635 x 800, 286KB

隊長の三百名山の山旅の特徴は、「月山」「鳥海山」「白山」「雨飾山」「芦別岳」「守門岳」「会津朝日岳」「景鶴山」「猿馬場山」その他多くの山を、スキーを使って踏破したこと。
前回の「鉢盛山」に続き、スキーを駆使して北面台地の素晴らしいキャンプから「焼山」の山頂に立って来ました。

コースタイム
4/20 笹倉温泉P405m発7:34→北面台地1270m着14:20 CAMP
4/21 CAMP1270m発4:45→焼山山頂2400m着10:49→CAMP着11:54〜発12:23→笹倉温泉着13:29

彼らの弁では、一人で行かせるのは「かわいそう」「ハイリスク」「しょうがないから付いてったげるわ」とチョイ悪おやじ二人=グルメ氏とじっちゃんがサポートに。
ただし、まるでマラソンのペースメーカーのように、山頂への急登が始まると、お二人に先を譲られ以後一人旅に。



7109. 日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その2
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 5時24分
Original Size: 640 x 480, 110KB Original Size: 640 x 480, 141KB Original Size: 640 x 480, 174KB

4/20 写真左・中/登山口の笹倉温泉を、桜をめでながらスタートです。
   同時期にここから「火打山」に2度アプローチしましたが、雪の少ないシーズンだったにもかかわらず、3月末から4月初の降雪で、現時点としてはたくさんの積雪です。

つづら折れを頑張ること2時間、眼前に目指す「焼山」が現れます。(写真右/左のピーク)「遠いなあ! 」
海抜2400mの山とはいえ、スタート点の笹倉温泉は400m、水平距離も15キロあるのです。



7110. 日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その3
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 5時35分
Original Size: 640 x 480, 97KB Original Size: 640 x 480, 158KB Original Size: 640 x 480, 88KB


写真左/標高1250m 焼山北面台地の一画にはいあがってきました。グルメ氏の前方右手が明日目指す「焼山」山頂です。
     初めてここに立った時、この広い雪の台地に一夜をすごしたいものだと思った隊長です。

白樺の横にキャンプです。なごみの時間が流れます。



7111. 日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その4
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 5時47分
Original Size: 640 x 480, 67KB Original Size: 640 x 480, 72KB Original Size: 640 x 480, 83KB


4/21 深い眠りから目ざめます。無風・驚くほど明るい大きな月の夜でした。
    ただし、予想より天候の移りは早く、ずい分雲量が増えています。

写真右/さあ「焼山」めざしてスタートです。残り標高差1130m。



7112. 日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その5
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 6時7分
Original Size: 640 x 480, 79KB Original Size: 640 x 480, 53KB Original Size: 640 x 480, 66KB


写真左/「焼山」めざし引っぱってくれたペースメーカーじっちゃん。

写真中/「焼山」の胸壁が近付き、右から回り込みます。
     傾斜が増し、ペースメーカーの前へ離れ、一人旅の始まりです。

写真右/先行者のトレースに従い、スキーは担ぎアイゼンにシフトしました。



7113. 日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その6
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 6時18分
Original Size: 640 x 480, 59KB Original Size: 640 x 480, 97KB Original Size: 640 x 480, 102KB

写真左/火山の常で、さらに傾斜が増します。

写真中/そして、突然岩稜に出ると山頂プラトーの一角に飛び出しました。
     ここでスキーをデポします。
     ちなみに前方やや左にうっすらと見える煙は噴煙です。「焼山」は長い間入山規制された活火山です。

振り返り見下ろすと、我々のキャンプの立つ北面台地が足下です。(写真右)
帰りの心震えるエントリーが楽しみのです。



7114. 日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その7
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 6時24分
Original Size: 640 x 480, 79KB Original Size: 480 x 640, 116KB Original Size: 640 x 480, 82KB


写真左/岩の山頂へは、旧火口(お鉢)を回り込むように登って行きます。

写真中/三百名山「焼山」山頂 2400m 到着。

写真右/振り返ると左に「金山」2245m、右に「雨飾山」1963m、さらに離れて北ア・白馬岳方面。



7115. 日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その8
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 11時41分
Original Size: 640 x 480, 103KB Original Size: 640 x 480, 64KB Original Size: 640 x 480, 139KB

写真左/反対側には、左「火打山」2462m、右「妙高山」2454m。

休むことなく下山開始です。
デポまで戻り、アイゼンからスキーに。さあエントリーです。(写真中)

上部は超快適。中間部から黄砂のストッパー雪が出てきましたが、スキーの威力。
省エネ・短時間でテント撤収・ティータイム中のお二人に合流です。(写真右)



7116. 日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その9
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 6時40分
Original Size: 640 x 480, 129KB Original Size: 640 x 480, 117KB Original Size: 640 x 480, 102KB

写真左/「さあ 帰ろ! 」

重(ストッパー)雪・重荷に太ももパンパンと言いながらも、ガンガン滑るお二人です。
写真中/グルメ氏、写真右/じっちゃん



7117. 日本三百名山 264座目 「焼山」 19.4.21. その10
名前:隊長    日付:2019年4月23日(火) 6時43分
Original Size: 640 x 480, 151KB

「お疲れ様! チョイ悪おやじさんたち 」

(おわり)


7106.ベストコンディション 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月20日(土) 6時38分
Original Size: 640 x 480, 89KB


予定どうりの入山です。



7107.Re: ベストコンディション
名前:隊長    日付:2019年4月21日(日) 13時54分
Original Size: 640 x 480, 73KB Original Size: 640 x 480, 112KB


無事下山しました。
ありがとうございました。


7105.「山のディナー」 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月19日(金) 5時56分
Original Size: 479 x 640, 96KB Original Size: 480 x 640, 87KB Original Size: 640 x 373, 91KB


久々に山中テント泊です。

ディナーはスーパートーホーで一番高額のヒートパックカレー/写真左540円です。
これを楽しみに歩けるというものですが、「他のメンバーの羨望の目」も目的です。

ただ、マサテルちゃんとちがって箱は置いていくので、中身(写真中)だけではプレゼン悪すぎ。
よって事前に告知する次第です。

まずいわけがない一品です。


7101.朝トレ「丹生山」 19.4.18. その1 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月19日(金) 5時3分
Original Size: 640 x 439, 189KB Original Size: 491 x 640, 234KB


隊長宅に最も近い朝トレ会場「丹生山(たんじょうさん)」515mです。
落差370m、1時間40分のトレーニングです。

衝原P145m発5:04→丹生山山頂515m着6:06→スタート点着6:44



7102. 朝トレ「丹生山」 19.4.18. その2
名前:隊長    日付:2019年4月19日(金) 5時20分
Original Size: 640 x 480, 142KB Original Size: 640 x 480, 216KB


写真左/トレーニングスタート
     自分が「人とちがうのかな?」と思う瞬間。パチンコ店の駐車場はいつもいっぱいなのに、自分の趣味では誰もいないことが多いです。

写真右/部分的急登もありますが、荒れのないよく踏まれた山道は快適登行です。



7103. 朝トレ「丹生山」 19.4.18. その3
名前:隊長    日付:2019年4月19日(金) 5時30分
Original Size: 640 x 480, 195KB Original Size: 640 x 480, 185KB Original Size: 640 x 480, 101KB


写真左/尾根に乗ると後はなだらか。かつては多くの僧坊があった宗教の山が、秀吉の三木城攻めの時には、丹生山城としてその砦となっていたようです。(写真中)

写真右/山頂に立つ「丹生神社」



7104. 朝トレ「丹生山」 19.4.18. その4
名前:隊長    日付:2019年4月19日(金) 5時37分
Original Size: 640 x 480, 84KB Original Size: 640 x 480, 200KB

写真/下山完了
    「今、咲き誇る せつなに散りゆく 」 さくらです。

(おわり)


7099.朝トレ中 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月18日(木) 5時25分
Original Size: 1632 x 1224, 373KB


今日も素晴らしい朝



7100.Re: 朝トレ中
名前:隊長    日付:2019年4月18日(木) 5時59分
Original Size: 640 x 480, 148KB Original Size: 640 x 480, 73KB


山頂到着


7098.朝トレ「須磨アルプス」 19.4.15. おまけ 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月17日(水) 4時55分
Original Size: 800 x 600, 212KB

本日の温泉
「延羽の湯 閑雅山荘」
ネスタリゾート神戸(旧グリーンピア三木)
1500円
サービス・施設はコスパに優れていますが、山帰りに汗を流す目的くらいならもったいない。
森の中にたくさんのお風呂が散在します。
二人で、洞窟風呂・塩サウナと回った後はぐれてしまい、一時間以上の後、ロビーでうんちくさんと再会したのでした。

超ゆったりなお昼寝場所、高級なお食事もできますが、我々は餃子とにらレバ炒めを求めて、早々に「aa」へ移動したのでした。


7092.朝トレ「須磨アルプス」 19.4.15. その1 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月16日(火) 5時58分
Original Size: 568 x 800, 387KB Original Size: 300 x 400, 66KB


近いのに「鉢伏山」以外ほとんど行ったことのない「六甲山」の西の部分。

うんちくさんに「ええコース案内してえな」と言っても彼もあまり知らないということで「行ったらなんとかなるでしょう」と「須磨アルプス」と呼ばれているところへ行くことになりました。
どうせ小野アルプス同様アルプスとは名ばかりと思いきや、展望ありスリルあり山深い味わいもあったりして
二人して「行って良かったね」のウォーキングに。

本日のコースタイム
地下鉄妙法寺駅80m発6:20→横尾山342m着7:32→栂尾山274m着7:49→山陽月見山駅着9:20



7093. 朝トレ「須磨アルプス」 19.4.15. その2
名前:隊長    日付:2019年4月16日(火) 6時21分
Original Size: 480 x 640, 212KB Original Size: 640 x 480, 162KB Original Size: 640 x 480, 117KB

都会の山の宿命で、登山口に駐車場はありません。
駅前のコインパーキングに入れて、住宅街を歩きます。

写真左/地図も持たずに来た我々、でも案内はとても濃くて迷うことはありませんでした。
道も良く踏まれ、踏まれ過ぎの荒れも。(写真中)

振り返ると、すでに高層マンションの頭を抜いています。(写真右)



7094. 朝トレ「須磨アルプス」 19.4.15. その3
名前:隊長    日付:2019年4月16日(火) 8時17分
Original Size: 640 x 480, 149KB Original Size: 480 x 640, 119KB Original Size: 444 x 640, 160KB

尾根に出てしばらく、「馬の背」と呼ばれる部分に達します。
うんちくさんが教えてくれます「イチローのドリンク剤のCM、ここで撮ってたんすよ」

部分的に痩せてたり、風化した花こう岩はスリップしやすいので「落ち着きのない子供はつれて来れへんね」

写真右/長い階段をクリアしたら「馬ノ背」部分は終わりです。



7095. 朝トレ「須磨アルプス」 19.4.15. その4
名前:隊長    日付:2019年4月16日(火) 7時2分
Original Size: 640 x 480, 205KB Original Size: 640 x 480, 101KB Original Size: 640 x 480, 92KB

写真左/そこで休憩。「昨日飲み過ぎてしんどいねん」歩き出し吐き気と闘っていた隊長に、ハイボールを作ってくれるやさしいうんちくさんでした。
     確かに迎え酒は効果大で、気分快方。ちょっとフラッとするけど悪場は過ぎたしまっいいか。

それにしても風もなく気持ちの良い朝です。
写真中/行く手左に「明石海峡大橋」が。「あの橋脚300mあるんすよ」とうんちくさん。
今到着の「栂尾山」274m(写真右)より高いのね。



7096. 朝トレ「須磨アルプス」 19.4.15. その5
名前:隊長    日付:2019年4月16日(火) 6時47分
Original Size: 640 x 480, 93KB Original Size: 640 x 480, 208KB


しばし展望を楽しみます。(写真左) うんちくさんの向こうに見える山が「六甲連山」の西の端「鉢伏山」

「さて、このあとどうしよ」
「鉢伏山」方向に下りて、アスファルトを戻るのもつまらないし、では反対側の「須磨離宮」のほうへ下りようよ。
「電車で帰れるし」



7097. 朝トレ「須磨アルプス」 19.4.15. その6
名前:隊長    日付:2019年4月16日(火) 6時58分
Original Size: 640 x 480, 187KB Original Size: 640 x 480, 149KB

下山途中の三差路で朝食とまたハイボール。

案内板に「須磨離宮」は通るだけで400円かかるんだとか。
では、月見山の駅に向かって谷を下りることに。
これが正解。
街はすぐにも関わらず、静かで山深い味わいが。
尾根上は六甲全山縦走路。ハイカーやトレールランナーと出会いますが、下山路では誰とも会うことはありませんでした。

「流れる水がきれいね」なんて下りてきたら、「ホタルを守ってるんだ」(写真右)

(おわり)


7091.朝トレ開始 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月15日(月) 6時0分
Original Size: 640 x 480, 100KB Original Size: 640 x 480, 129KB


今日はうんちくさんと。


7090.「一目ぼれ」 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月14日(日) 4時37分
Original Size: 640 x 601, 69KB Original Size: 640 x 611, 90KB


あたたかい「萩焼」の子。

おでこがちょっとかけちゃったけど。


7086.朝トレ「三草山」 19.4.12. その1 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月13日(土) 5時49分
Original Size: 800 x 600, 288KB Original Size: 400 x 300, 43KB

今シーズン無雪期のトレーニングを、源平の古戦場「三草山」でスタートしました。

11月からスキーばかりの隊長ですが、使う筋肉のちがいか、その作法の違いか、切り替え時はなぜかしんどい登りです。
下りは、スキーで鍛えられた太ももの筋肉のおかげか、とても楽なのですが。
もちろん、スキーで下るよりはるかに時間はかかりますが。



7087. 朝トレ「三草山」 19.4.12. その2
名前:隊長    日付:2019年4月13日(土) 5時59分
Original Size: 800 x 600, 339KB Original Size: 640 x 480, 87KB


本日のコースタイム
山口登山口P100m発5:46→三草山山頂423.9m着6:58→スタート点着7:45

登りは展望の尾根ルート、下りは尾根から谷の周回コースをとりました。



7088. 朝トレ「三草山」 19.4.12. その3
名前:隊長    日付:2019年4月13日(土) 6時5分
Original Size: 480 x 640, 153KB Original Size: 640 x 480, 142KB Original Size: 640 x 480, 98KB


写真左/登り、岩の尾根が続きますが、手すりのようにつけられた鎖場が四・五カ所。心配はありません。

写真中/いったん下ってまた登り。

写真右/スタート時5℃。うっすら汗がにじむ頃山頂です。



7089. 朝トレ「三草山」 19.4.12. その4
名前:隊長    日付:2019年4月13日(土) 6時15分
Original Size: 640 x 480, 112KB Original Size: 640 x 480, 102KB

写真左/下りは昭和池の畔を通って、スタート点へ。(写真右)

山中、誰とも出会いませんでしたが、車が3台増えてます。

毎年、雪への切り替えは即ですが、無雪期への切り替えは、遅れて身体をふやけさせてしまうことがあります。
今年は、終盤の二回の北海道行きで、スムーズに切り替えできるようです。

(おわり)


7084.朝トレ開始 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月12日(金) 5時31分
Original Size: 640 x 480, 130KB

久々の無雪期トレーニング



7085.Re: 朝トレ開始
名前:隊長    日付:2019年4月12日(金) 7時41分
Original Size: 640 x 480, 167KB


朝トレ終了


7083.「なら・たら」の一日 返信  引用 
名前:なら・たら    日付:2019年4月11日(木) 5時41分
Original Size: 640 x 531, 152KB


なら 「きのうの ふりつづいた あめで さくらの きせつが おわってもた 」

たら 「これから みどりの きせつやで 」


7082.「なら・たら」の一日 返信  引用 
名前:なら    日付:2019年4月10日(水) 7時53分
Original Size: 640 x 480, 77KB Original Size: 640 x 480, 82KB Original Size: 640 x 480, 149KB

なら 「ろあ と ばあば と ひいばあば は とっとりに いってきはってん 」

    「おんせん つかって おかいもの してきはってん 」


7079.2013-2014シーズン その1 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月9日(火) 4時58分
Original Size: 480 x 640, 224KB Original Size: 640 x 480, 133KB Original Size: 480 x 640, 96KB

今シーズン(2018-2019)の積雪の少なさは異常です。
過去十数年にわたって初めて、関西の山スキーのメッカ「氷ノ山」にただの一度も入山しませんでした。谷の埋まらないこの山は時に恐ろしいことになりますから。
おかげで、ゲレンデ滑りの回数が増え、北海道に三度通うことに。

反対にかつて最も長いシーズンだったのは2013-2014

「大山」山頂付近では、前日50センチの新雪がありました。
4/7 別山沢(写真)
4/8 大ノ沢
    にラインを引きました。

今朝は暖かい雨が降ります。



7080. 2013-2014シーズン その2
名前:隊長    日付:2019年4月9日(火) 5時34分
Original Size: 480 x 640, 86KB Original Size: 640 x 480, 123KB Original Size: 640 x 480, 126KB

本当にこのシーズンは長く、3月以降に数多くの素晴らしい滑降ラインを引いたのでした。

写真左/3月25日 雨飾山・荒菅沢 うんちく鈴木さんと
写真中/4月19日 御岳・継子岳 鎖犬さんと
写真右/4月26日 小蓮華山・直登ルンゼ 単独



7081. 2013-2014シーズン その3
名前:隊長    日付:2019年4月9日(火) 5時33分
Original Size: 640 x 480, 170KB Original Size: 640 x 480, 91KB Original Size: 640 x 480, 100KB

写真左/5月6日 至仏山(尾瀬) グルメ氏・じっちゃん・鎖犬さんと 「吾妻山」「鳥海山」「栗駒山」と巡った最終日でした。
写真中/5月18日 穂高岳・涸沢 単独 MTBで釜トンをくぐり暗闇の上高地を通って涸沢に入りました。自転車・ハイク・スキーを堪能の一日でした。
写真右/5月24日 富士山山頂からシーズンファイナルダウンヒル。
           じっちゃん・鎖犬さんと、翌日200名山「大無間」を目指したのでしたが「身体がついて来ん」でした。

このシーズンは11月22日の白鳥高原が初滑り、6か月を超えるシーズンがようやく終わったのでした。


7078.「 桜 」 19.4.6. 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月7日(日) 5時50分
Original Size: 640 x 425, 159KB Original Size: 640 x 480, 144KB Original Size: 640 x 480, 67KB


パウダースノーと異なり、その地での「桜」はワンチャンス。

兵庫県三木市 美嚢川堤防


7077.「なら・たら」の一日 返信  引用 
名前:なら・たら    日付:2019年4月6日(土) 5時46分
Original Size: 640 x 486, 136KB Original Size: 640 x 490, 83KB


たら 「はるですねー 」

なら 「おはなみ ですねー 」


7069.「ファイナルパウダー」道央 19.4.2.-4. その1 返信  引用 
名前:隊長    日付:2019年4月5日(金) 5時53分
Original Size: 800 x 600, 243KB Original Size: 640 x 480, 78KB


「今降雪中、明日は止んで、明後日晴れ、気温はしばらく低いまま 」 
安心の北海道上川地方の天気予報。
ただし、想定をはるかに超える冬のパウダーが、隊長を待っていました。

トレーニング場所
4/2 富良野
4/3 大雪山旭岳
4/4 三段山

写真/神戸空港をテイクオフ



7070. 「ファイナルパウダー」道央 19.4.2.-4. その2
名前:隊長    日付:2019年4月5日(金) 6時29分
Original Size: 480 x 640, 143KB Original Size: 480 x 640, 74KB Original Size: 640 x 480, 136KB


19.4.2.「ふらの」

自宅を6時に出て、14時トレーニング開始
降雪で顔が痛いけど、休みなしのロープウェイ7本。
硬いバーンに軽い新雪が10センチ。冬です。

写真左/今シーズンは自衛隊さんとよくいっしょになります。
     もし遭難すると、見つけてもらいにくいだろうな。



7071. 「ファイナルパウダー」道央 19.4.2.-4. その3
名前:隊長    日付:2019年4月5日(金) 7時44分
Original Size: 640 x 480, 72KB Original Size: 640 x 480, 134KB

19.4.3.「大雪山・旭岳」

写真左/午前中、山の雪はまだ止まず視界も悪かったのですが、コースの下部では陽がさすようになって来ました。(写真右)

氷点下10度・新雪50センチ。良く滑ります。



7072. 「ファイナルパウダー」道央 19.4.2.-4. その4
名前:隊長    日付:2019年4月5日(金) 7時59分
Original Size: 640 x 480, 102KB Original Size: 640 x 480, 143KB Original Size: 480 x 640, 55KB


19.4.3.「大雪山・旭岳」

お昼が近くなって、ようやく雪は止み、上部まで視界が広がって来ました。

7本中ラスト2本は、トップからコースアウトです。(写真左)
基本ロープウェイに沿ってラインを引きました。ゼログラビィティな林間滑降です。(写真中)

突然ストックの先端が消えました。抜けたのかと思いきや、ジョイントの部分で折れています。(写真右)
上りのゴンドラで、バスケットをスペアシャフトに付け替えて交換です。
携行したスペアシャフトのおかげで、時間を無駄にせずすみました。



7073. 「ファイナルパウダー」道央 19.4.2.-4. その5
名前:隊長    日付:2019年4月5日(金) 8時26分
Original Size: 640 x 480, 70KB Original Size: 640 x 480, 128KB Original Size: 640 x 480, 111KB

19.4.4.「三段山」

予報どおり素晴らしい朝です。

写真左/「白銀荘」からの「前十勝」
写真中/「三段山」へファーストトラックです。わずかに前日の荒れ(シュプール)が残りますが気になるほどではありません。
写真右/噴煙たなびく「前十勝」が近付きます。



7074. 「ファイナルパウダー」道央 19.4.2.-4. その6
名前:隊長    日付:2019年4月5日(金) 8時34分
Original Size: 480 x 640, 122KB Original Size: 480 x 640, 121KB Original Size: 640 x 480, 111KB


19.4.4.「三段山」

写真左・中/「君の前に道はない、君の後に道は出来る 」

前述のとおり、北海道の冬の好天のラッセルは「ゼロになる身体満たされて行く」
スキーを外せば膝でしょうが、この軽い雪にスキーは楽勝です。



7075. 「ファイナルパウダー」道央 19.4.2.-4. その7
名前:隊長    日付:2019年4月5日(金) 8時43分
Original Size: 640 x 480, 92KB Original Size: 640 x 480, 68KB Original Size: 640 x 480, 84KB

19.4.4.「三段山」

ティンバーラインを超え広い尾根の上に立ちます。

写真左/「前十勝岳」 噴煙の右奥に百名山「十勝岳」の三角錐がうっすらと。
写真中/「三段山」
写真右/「富良野岳」

素晴らしい天気に山頂が呼んでるような気がしましたが、フライト時間と樹林帯内のバージンスノーが待っているのでシールを外します。



7076. 「ファイナルパウダー」道央 19.4.2.-4. その8
名前:隊長    日付:2019年4月5日(金) 8時51分
Original Size: 640 x 480, 96KB


19.4.4.「三段山」

写真/さあ、本日のエントリーです。
右/ヒルクライム
左/ダウンヒル

この後、ゼログラビティな時間が流れるのですが、シャッターなんて忘却のかなた。

視界が良いので、下部は「白銀荘」に向けやや密な森林帯へ。
ウェーブのかかった急斜面のパウダーラン。 経験ありませんが、コカインよりハイな時間ではないかと。

(おわり)



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb