[ 携帯用URL ]
語らいの場 掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1072.相互に返照 返信  引用 
名前:ニラーラ    日付:2020/7/22(水) 22:46
「自我」に色がついている場合、その色が鏡としての「真我」に映るのですが、一旦「自我」がクリスタルのように透明になると、今度は観照の「光」が無の「自我・心」を透過して、外界を照らします、

その結果、外界が光輝くこととなると理解できます、それが禅の印可を与える基準としての「草木が光って見えたか?」の質問の意味なのだろうと。
dcm2-110-233-247-189.tky.mesh.ad.jp (110.233.247.189)

1071.今までの間違い 返信  引用 
名前:ニラーラ    日付:2020/7/22(水) 22:35
今まで「自我」と言うとき、「思考・想念」などをの意味で使っていましたが、どうやら間違いのようです。

どうもインド哲学によれば、この「思考・想念」のことを「心 (マインド)」としていて、「自我」とは「思考・想念」を超えたものと定義されています、

考えてみれば、そもそもマナス=第7マナシキ(仏教用語)と呼ばれている器官は胸に有って、真我と共にあり真我に世界を見せている存在なのですから、頭部にある「思考・想念」とは違うわけです。

この「マナス」に「感情」が起こる、「自我」と「真我」は相対していて、「自我」が静まりほぼほぼ透明になると「真我」がそのまま「自我」に映り「真我=自我」となって、一旦「自我」が消えたようになります。

この状態を「真我独存位」と言います。
dcm2-110-233-247-189.tky.mesh.ad.jp (110.233.247.189)

1070.東南アジアの小乗修行法 返信  引用 
名前:ニラーラ    日付:2020/7/19(日) 20:39
上座仏教のニミッタが、阿字観に対応する!
2010年12月20日

上座仏教のアーナパーナサティ(相応部経典の出入息念経)の実践で教わるニミッタ(徴)が真言密教の阿字観に対応するという事実に気づいている人は皆無に近い。私は両方の瞑想修行を学んだので、幸いにも気づくことができた。三種のニミッタの簡単な説明と、対応する真言密教の観想を以下に示す。

(1)パリカンマ・ニミッタ(Parikamma-nimitta):予備段階の(練習を始める、呪文を唱える)ニミッタと呼ばれ、息が当たる点(徴)を意識しながら、長く滑らかに呼吸することである。ウィトック(尋)とウィチャーン(伺)だけの瞑想段階である。これが、『阿息観』に対応する。

(2)ウッガハ・ニミッタ(Uggaha-nimitta):呼吸が徴(ニミッタ)の役目を果たさないほど長く滑らかになると、呼吸が意識できなくなり、代わりに心の状態(ある静的な感覚)を意識して呼吸する。ウッガハ・ニミッタは、一カ所に作った静的な「星・円・月・水晶玉など」を内面の目で見張る瞑想である。これが『月輪観』に対応する。

(3)パティバーガ・ニミッタ(Patibhaga-nimitta):パティバーガ・ニミッタは呼吸ではない。それは息が当たる感覚ではなく、作り上げた何らかのイメージの動的な感覚が徴となる。ウッガハ・ニミッタの静的な徴である「星・円・月・水晶玉など」などを大きくしたり小さくしたり、浮かしたり、すごく浮かしたり、他の形に変えることである。これが『阿字観』に対応する。

この対応に気づいた時、空海が青龍寺の恵果和尚を訪ねる前に、梵語や瑜伽を学んだ醴泉寺のインド僧般若三蔵からアーナパーナサティも学んだに違いないと確信した。ただし、上記したような説明を当時の弟子に言葉で伝えるのは難しいので、空海は比喩的な言葉で伝えたのであろうと推測する。それが本書の内容である。

アーナパーナサティとは、身体+呼吸体(カーヤ)、感情(ウェダナー)、心(チッタ)、法(ダンマ)の四段階の各々を4ステップで行う瞑想であるが、カーヤ瞑想の3・4ステップでニミッタをマスターしなければならない。ニミッタで阿字観を明確にできた時に、21世紀の真言密教が誕生する。
dcm2-110-233-247-184.tky.mesh.ad.jp (110.233.247.184)

1069.シンニホンは 返信  引用 
名前:ニラーラ    日付:2020/6/24(水) 23:9
Yahooの安宅和人氏が講演会や対談で、数年前から話していた これからの日本の復活策として「シンニホン」と言うテーマがどうやら本になっていました。

安宅和人氏ってスゴイ頭のいい人で、自分から見れば天才ですね!

これからの世界は、日本もそうですが、凡人政治家ではなくて 天才的な各分野の専門家が国家を率いて行かないと 更に錯綜するこれからは国家が持たないと思います。

ロシアとか西欧は王室アカデミーとか国立アカデミーなんかが助言しているようです、日本も国の総力を挙げて国立アカデミーを作ってほしいものです。

これからは天才が世界のリーダーシップをとる世界が来ないとね。
dcm2-49-129-185-165.tky.mesh.ad.jp (49.129.185.165)

1068.虚空蔵求聞持法 返信  引用 
名前:ニラーラ    日付:2020/6/21(日) 18:11
ともかく精神と心と身体に大きな変化をもたらしたことは注目に価します。

ここで、何故この方がこれほど まあ覚りとまでは行かなかったにしても、多くの験を得られたのか?

実はこの方は、ノウボ アキャシャーと言う真言を最初は唱えるだけだったのを、途中からICレコーダーに録音して、それを《聞きながら》真言を唱えたようなんです。

私が考えるに、やはりこの《聞く》と言うことにこそ 最大の秘密が有ると考えるのですよ。
dcm2-118-109-188-42.tky.mesh.ad.jp (118.109.188.42)

1067.虚空蔵求聞持法 返信  引用 
名前:ニラーラ    日付:2020/6/21(日) 18:1
さてここで虚空蔵求聞持法と法華経の多宝如来の繋がりが見えて来ます。
法華経の究極は「多宝如来=全次元全宇宙空間」を理解することですが、虚空蔵求聞持法の虚空蔵菩薩とは?正しく多宝如来と同じく、全次元全宇宙空間を表す言葉なのです!

虚空→アーカーシャガルバ

つまり多宝如来と虚空蔵菩薩は同じ存在と言う理解で良いのでは?と思ったのです。

そんな繋がりから、虚空蔵求聞持法をYouTubeで検索すると、これがまたけっこう多くヒットするんですよ、
その中で、求聞持法の真言を100日で百万遍唱えた方の体験を、インタビュー形式の動画にして投稿したものを見つけました。

それは25万回55万回85万回100万回と分けて複数の動画になっていまして、その都度その時点の体験が語られています、

まあ何らかの覚りと言うものでは無いのですが、注目すべきは記憶力が格段に良くなったと言うことですね、
それと、寝起きがスッキリして疲れなくなり、睡眠時間は4時間とのことでした。

それと性格が穏やかで、人間関係がスムーズになり、良好で相手に的確な応答が可能になったとかも、以前は違ったようです、あとは心に余裕が持てておおらかで何事も心配することが無くなった、みたいな感じです。

ともかく、精神と心に大きな変化をもたらし
dcm2-118-109-188-42.tky.mesh.ad.jp (118.109.188.42)

1066.虚空菩薩求聞持法 返信  引用 
名前:ニラーラ    日付:2020/6/21(日) 17:38
法華経の山場で、釈迦如来が多宝如来と並んで多宝塔に座している場面があります、
この意味は釈迦如来は涅槃に入ると多宝如来の中に融け入り、多宝如来と一つになると言う意味です。

そして過去膨大な時間の中で、数多の 如来となった菩薩行者も、全ての如来が「多宝如来」と一つになって来ました。

つまり法の華である一人一人の如来が全次元全宇宙空間で法華としての仏国土に存在し法華経を説いている、それが法華経の世界であると・・・
dcm2-118-109-188-42.tky.mesh.ad.jp (118.109.188.42)

1065.虚空蔵求聞持法 返信  引用 
名前:ニラーラ    日付:2020/6/21(日) 17:21
最近YouTubeをよく見ています、コロナ関連から始まって中国情勢やアメリカと中国の経済バトル、また香港情勢、台湾情勢と、どんどん増えてきて、

その中にkoji.s DeepMaxさん動画をみつけまして、これを見ていたら、どうも「人間を超えた人のチャンネル」と言う動画で、法華経を最新の宇宙モデルと最新の理論物理学、量子力学、等を対比させて統一場理論としての新法華経も話していて、

その結論が、多宝如来とは全次元を貫く・全空間そのものであり、それは真空=無であってしかも全ての存在=有であると言う。

我々人間は、菩薩として如来の説法に与り、そこで授記を如来からうけて。その未来で覚り、自らも如来となって、今度は菩薩たちに授記を与えて送り出す、

ここに於いて如来となっては、自らビッグバンを起こして宇宙世界を創造し、その仏国土で菩薩を育て授記を与える。

この、「ビッグバン⇒仏国土創造⇒菩薩に授記⇒菩薩が如来に」と言う一連のサイクルを理解し、自ら菩薩になって法華経を受持し学ぶと言う。

これがkoji氏の教えです、私は法華経は難しくプロの経典であると言う五井先生の言葉を長らく記憶していて、もう10年以上前ですが、取り合えず何時でも読めるようにと、一応手元に現代語訳のものを一冊は持っていました。

まあほとんど読んでなかったんですが、今回のkoji氏の動画を切っ掛けに、少し読むようになっていました。↑上に続く。
dcm2-118-109-188-42.tky.mesh.ad.jp (118.109.188.42)

1064.MMS 返信  引用 
名前:nirala    日付:2020/5/4(月) 11:15
今、世界中で新型コロナパンデミックで大騒ぎですが、実は人類はとうの昔に 細菌、アメーバー、ウイルス、寄生虫等による疾病を MMS1とMMS2で制圧完了しているんですよ。

しかし、世界の医療マフィアによって 情報的には ほぼ完全に葬り去られていて、このネット上で偶然出会って それを信じた人だけが、実際に手にすることが出来るような状態です。

私も実際に 10年ほど前から使っています、この十数年でインフルエンザに2回罹患しましたが、2回ともMMS1で 症状が出てから12時間以内に完全制圧しました。

MMS1とは【安定化二酸化塩素水溶液】のことで、
MMS2が【次亜塩素酸カリウム粒】(商品名ハイクロン)です。

二酸化塩素水溶液は 巷に流通していますが、値段も高く入手しづらいでしょうね、実際MMSとして売られているのは 亜塩素酸ナトリウムの25%水溶液で、これとクエン酸50%水溶液を 一対一で反応させて二酸化塩素を作って 薄めて使用します。

MMS2は粒剤のものをカプセルに詰めて服用します、次亜塩素酸カリウムは非常に強い酸化漂白作用をもっていますが、ペーハーは中性を示すもので、飲用しても何ら問題ないです、実際に飲んで試していますので。

私の場合、子供の頃から 風邪をひきやすく、風邪をひくと必ず口回りにヘルペスのブツブツがオデキになってできていました、大人になってからも 少しですができていましたが、MMSを集中的に飲んでからは、全く出ていません。

ヘルペスは一回なったら 世間ではふつう一生治らないと言われています、ですがMMSならヘルペスウイルスでも殺滅可能なんですね。

もちろんエイズウィルス、エボラウイルス、新型コロナウイルスでも同じことです、ただしインフルエンザウイルスと違って エボラウイルスやエイズウィルスは サイズが大きいらしく、MMS1のみでは ウイルスは限りなく少なくなりますが、完全に陰性にならず、MMS2を続けて飲用することで 完全制圧可能とのことです。

たぶん新型コロナウイルスもサイズが大きいと言われていますので、もしかしたら1と2の併用でないと陰性にならないかもですね。

まあ皆さんも興味有りましたらMMSでググってみて下さい、ちなみに日本では2ヶ所のサイトで売っています。
dcm2-122-130-227-43.tky.mesh.ad.jp (122.130.227.43)

1063.コマーシャル 返信  引用 
名前:行雲    日付:2020/4/2(木) 18:5
どうぞお気軽にお越しください。

https://9215.teacup.com/abc1952/bbs
154.109.100.219.cc9.ne.jp (219.100.109.154)

1062.行ってきました。 返信  引用 
名前:ひぐひぐ    日付:2020/3/15(日) 1:10
<IMG SRC="/seiji/img/bbs/0013684M.jpg">
zaq7ac4d619.zaq.ne.jp (122.196.214.25)

1061.行ってきました。 返信  引用 
名前:ひぐひぐ    日付:2020/3/15(日) 1:9
<IMG WIDTH=50% HEIGHT=50% BORDER="0" SRC="/seiji/img/bbs/0013684M.jpg" alt="">
zaq7ac4d619.zaq.ne.jp (122.196.214.25)

1060.行ってきました。 返信  引用 
名前:ひぐひぐ    日付:2020/3/15(日) 1:7
<img width=50% height=50% border="0" src="/seiji/img/bbs/0013684M.jpg" alt="">

では。
zaq7ac4d619.zaq.ne.jp (122.196.214.25)

1056.お久しぶりです 返信  引用 
名前:nirala    日付:2019/12/31(火) 12:10
9月に神秘体験されてたんですね、
【真我 即 神我】と言うのは言われていますね、確かに。

5chからの来訪者さんが体験された世界からは 独自のその人しか分からない世界なので その体験に対するコメントは無いのですが、

一つ言えることは 
現在の自己から 一つ上の意識へ移行する時は 現在の自己は完全に無力化されて 意識が消えると言うことです この事は 本山先生の本にあります

本山先生によれば 最初の合一体験から数回は トランス状態に入るらしいです 徐々に慣れると意識を失わずに 神=宇宙意識としてあれるとか

神我意識に入る前に先ず 自己へ《プルシャ》意識の流入が起こるとも本山先生は書いていますね 自分の場合は 無の爆発の前にトランス状態が2回有りました 

意識とは《見る知る》ですから 神我=宇宙意識は宇宙を知る見ると言うことが可能になります それと創造も これも本山先生の本にあります

自分の読んだ範囲の理解では ラマナマハリシは完全に神意識の段階へは至っていないように思えます 「あるヨギの自叙伝」のクリヤの聖者とは違って見えるので

ネット上の 何処かのblogで読んだ記憶なのですが
ラマナマハリシは 時折トランス状態になったとか その時の状態として 真っ白い雲のような純白の意識のみになってその中に自己を失ったようになった みたいなことが書いてあったような?

まあ自分も道中ばなので手探り状態ですから 先は断言できないですが
dcm2-122-130-224-119.tky.mesh.ad.jp (122.130.224.119)



1059.Re: お久しぶりです
名前:5chからの来訪者    日付:2020/1/11(土) 19:9
お返事ありがとうございます。
無の爆発の体験がまさか自分に起こるなんて思ってもみませんでしたが、
あれからずっと必死に神との合一を求め続けた結果、
守護霊が仕方なく、わたしは神である、という感覚を体験させてくれたのだと思っています。
あの体験により、この意識が神であると理解することができました。
そしてそれで満足してしまい、神との合一を求めることをやめてしまいました。
もうすべてようやくやり終えたと思っていました。
しかし、新年明けて再び霊的探求心が出てきました。
高次元の存在と繋がる、ということに意識が向かっているように感じます。
それはワイさんの言われるような神霊との繋がりと同じものと思います。
そして実は自分も、ラマナマハルシは神我の神霊との繋がりまでは至ってなかったのでは?
と彼の本を読みながら思っていました。
新年明けて、ワイさんからのコメントをいただき、その内容も今の自分の進むべき道であると確信になってきました。

無の爆発体験で満足していましたが、これからは神霊との繋がりを求めて
さらに探求していきたいと思います。 122-103-166-38.chiba.fdn.vectant.ne.jp (122.103.166.38)

1058.クリヤの聖者は 返信  引用 
名前:nirala    日付:2019/12/31(火) 12:42
弟子のマインドに対して 理屈を言わないで直接的に導いていますね

我々が神意識へ至った時には たぶんですが 宇宙的スケールで見たり考えたり出来て 個の問題でも完全に別次元からの解答を与えられるとか思います

宇宙と一つと言うことは 私と第三者は一つなので その第三者のすべてを知ることが可能になります 断片的でもそういうことが起こるかどうか?
この事が一つの道標になるのかもですね

しかし タイプが違うんですよね~
OSHO、ラマナマハリシ、本山先生、五井先生、ラヒリマハサヤ、ヨガナンダ、みんな独特なんですよ

なので其々がユニークで本来比較出来ないんです 聖者の在り方は星の数ほどでしょうか?

そうそう 禅の《油井真砂》禅尼について調べるといいですよ 宇宙との一体について書いてありますし そのエピソードはまるでクリヤの聖者のようでもあります 宇宙意識に至るとどんな状態なのかの理解の一助になると思います。
dcm2-122-130-224-119.tky.mesh.ad.jp (122.130.224.119)

1057.白い雲の意識 返信  引用 
名前:nirala    日付:2019/12/31(火) 12:15
【法雲三昧】と言う状態が仏教書では書いて有るようですが
これに関しても本山先生の本にあります。
dcm2-122-130-224-119.tky.mesh.ad.jp (122.130.224.119)

1054.無の爆発が起こりました! 返信  引用 
名前:5chからの来訪者    日付:2019/9/14(土) 14:48
ワイさんお久しぶりです。
お元気でしたでしょうか。
ついにとうとう無の爆発が起こりました。
最近はラマナマハルシの対話の本をキンドルで読みながら寝ていたのですが、
先日の台風の夜、その日もラマナマハルシの本を読みながら寝付こうとしていました。
台風の音で寝付けず、横になりながら瞑想していました。
まず思考を消し無になろうとしました。
頭の自我が見えました。その背後にある真我意識を感じていると、
スーっと頭の自我が消えるとともに、真我の意識状態のみとなりました。
するとその意識は肉体から離れられる感覚がしたので、
前に出てみるとなんと意識が頭からだったと思いますが、抜け出ました。
そして抜け出た自分の意識は、宇宙意識と一体となりました。
というより、元々その宇宙意識が自分だったのです。
それが神と言われてるものだと直感でわかりました。
その抜け出た意識は丸く感じられました。
強い存在感と至福感幸福感がありました。
この体験は一瞬の出来事だったのですが、この体験により求めていた答えがようやく与えられたような気がします。
122-103-166-38.chiba.fdn.vectant.ne.jp (122.103.166.38)



1055.Re: 無の爆発が起こりました!
名前:5chからの来訪者    日付:2019/9/14(土) 15:3
あれから神我に至るために色々としてみました。
ラーマクリシュナの本を読んだり、マハーマントラというマントラを唱えてみたり。
でも効果はあまりありませんでした。
真我から神我へ、とは言うものの一体それがどういうことなのかわかりませんでした。
守護霊に尋ねると、もうすでに神我だという答えがきます。
これがどういうことなのか。
ラマナマハルシの対話の本に答えが書かれてありました。
そして今回の体験でわかりました。
真我は神だったということ、それはつまり神我なのです。
自分は悟り体験の自我消滅によって真我のみとなりましたが、
それが神との合一だったのです。
ラマナマハルシ によれば、神との合一とは、
わたしである自我が神である真我に溶け込むことを言うらしいのです。
真我実現こそ神との合一なのです。
つまり自分はあの悟り体験によって、神との合一を果たしていたということなのだと思います。
しかしあの体験後も、自分が神であるとか、神はどういうものか、
真我意識が神というふうには思えませんでした。
それが今回の無の爆発体験によって、理解できました。
この自分の意識は、唯一存在する大いなる意識そのものである、と。
その意識が神と言われるものなら、自分は神であり、真我意識が神であると理解できるようになりました。 122-103-166-38.chiba.fdn.vectant.ne.jp (122.103.166.38)

1053.さすがラマナ・マハリシ!です 返信  引用 
名前:ニラーラ    日付:2019/5/28(火) 10:22
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/psy/1441609305

17 :神も仏も名無しさん:2015/09/10(木) 10:01:04.48 ID:1hPcvSM1.net

【一時的な心の静止】(マノラヤ)と【想念の永久的な破壊】(マノナーシャ)の違いを理解する修行者は 非常にまれである。 

マノラヤでは【想念の波が一時的に静まる】が たとえそれが千年続いたとしても 【マノラヤが止まった途端】一時的に静止された想念の波は湧きあがってくる。

 ーラマナ・マハルシー 
dcm2-122-130-226-93.tky.mesh.ad.jp (122.130.226.93)


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb