[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
シェアの広場

いじめ体験・トラウマ体験をシェアしてゆきましょう。あなたの話をきかせてください。

シェア内容への反論は固くお断りします。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



237.わたしのひきこもり生活への道(3段落ちの3段目) 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2020/3/15(日) 4:30
 皆さま、管理人(下村)さま、こんばんは。ハオタストです。
いじめ被害、病気(メンタル疾患)、休学不登校、周辺の心無い人々のヘンな対応、医療ミス、大学中退と生きづらさについて語ってきましたが、ひきこもり生活に入って更なる修羅場が待っていました。
3段落ちの3段目です。
今通っている病院は、先の病院での医療ミスの結果、無理矢理連れてこられたところなのですが、入院当初、ほぼ廃人状態だったため、かなり強い薬を医師からの説明抜きで投薬されました。
後になって調べてみると、医療マニュアルには<医師の側からみて使いやすい薬>と記載されているのですが、私は敏感(過敏?)体質なため、その薬と相性が悪く、服用継続がかなりの負担でした。
しかも、田舎なためなのか、その病院の当時の院長(一家の世襲制)が独裁者気質だったせいか、院内にその処方箋を見直せる先生がおらず、16年間その処方箋が続きました。加えて、病院中(スタッフ、患者、職員等々)から迫害、虐待、ハラスメント、いじめ、ストーカー的行動の被害にあいました。
あまりにひどいと思ったので、自分で<研究のための研究>の本を見つけて読み(入門書を13年ほど前に購入し、その後、10年たってやっと原典数冊を買った)まだまだ調査中ですが、薬学、医療論文などにも手を出し、自分で自分に合う薬を探しだし、今の主治医(もうその病院で4〜5人目の先生)に頼んで投薬してもらいました。
結果、去年の後半から病気が治りはじめ、現在、一旦様子見の体制にはいっています。
またしても長文になりました。お読みくださりありがとうございます。それでは!皆さんに良いことがありますように!



238.Re: わたしのひきこもり生活への道(3段落ちの3段目)
名前:じゅんいち    日付:2020/3/17(火) 22:13

ハオタスト様

相性の悪い薬を16年間ものみ続けさせられたのですね。苦しかったでしょう。心中お察しいたします。

自力での薬の研究、自分にあった薬への道、さぞご苦労だったと思います。

いまは回復傾向、様子見とのこと、ほんとに何よりだし、ほっとしました。

シリーズでシェアしていただいて、ハオタストさんの長いひきこもり生活の一端を垣間見せていただきました。

シェアありがとうございました。

これからも追記、補記、近況報告等きかせていただければ幸いです。

235.はじめまして 返信  引用 
名前:SDK    日付:2020/3/12(木) 19:35
はじめまして。
偶然、新聞でこの自助グループの存在を知りました。

随分前の事ですが、私も過去にいじめを受けていました。
小学校4年生〜6年生の時です。
もともと内向的な性格でしたが、それが他のクラスメイトからすればからかいの対象になり、休み時間には筆記具やノートを取られたり給食で出た蜜柑の皮を服の中に入れられたりしました。両親も担任の教師に相談したようですが真剣に取り合っては貰えなかったようです。
その後、学年が上がるにつれて少しは落ち着き始めましたが、1人の同級生は執拗にいじめを繰り返してきました。
内出血するほど内腿を抓られるような暴力の他、口の中に雑草を入れられた事もあります。

本来なら逃れるべきだったのだと今では思いますが、当時の私は4年生の頃から虐められており、人間関係を築けなくなっていました。

小学校を卒業してもその時のトラウマなのか人と深く関わるのが怖く、社会人となった今でも人とコミュニケーションをとる事が出来ません。
何より、自分を肯定出来ないのです。
叱られたり、罵倒されるとその事が頭から離れません。

現在は人間関係のストレスから抑うつ状態で仕事の方も休んでいます。
このままではいけない!と何度も思ってはいるのですが…。

長々とスミマセン。



236.Re: はじめまして
名前:じゅんいち    日付:2020/3/14(土) 8:17

SDKさま

シェアありがとうございます。

生きづらい人生を送って、いままで苦労されてきたのですね。

>何より、自分を肯定出来ないのです。

ほんと、そうですよね。

>このままではいけない!と何度も思ってはいるのですが…。

トラウマからくるストレス、自分の意志の力や努力でコントロールできるものではないですよね。

たとえこのままでは、いけない!とおもっていても。

SDKさんの大事な話きかせてくれてありがとうございます。

また話に来てくださいね。

233.居場所にテレビカメラが来た! 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2020/2/22(土) 5:2
 皆様、管理人(下村)様、おはようございます。ハオタストです。

お伝えした通り、先日、私の職場のひきこもりの居場所に
テレビカメラが入りました。その前の週の事前打ち合わせの際に取材責任者に「あなたの出身地を教えてください」と聞かれた時、「近所の女子中学生から「こんにちは!」と一言あいさつしただけで集団で「キモイ!キモイ!キモイ!」と言われまくって落ち込んだので、生活地点は聞かないでください。」と断りました(その時パニック発作になった。)
その次週の正式なカメラ撮影込みの取材で、「居場所スタッフのあなたにとって、この職場での仕事にはどんな意味がありますか?」と問われ、「私が生き直した場所です」と答えました。あと、「居場所の責任者(ひきこもり家族会の会長)はどんな方ですか?」と聞かれたので、「人格者です!」と答えました(注 その会長はクラス中からいじめ被害にあったが、何とか自力で状況を逆転させた。因みに、私の通った中高一貫校の先輩にあたる)。
本当にいじめ問題を理解している人は、いじめ被害者に(仮に自分がいじめ克服が出来た強者だったとしても)「いじめを乗り越えなさい!」とかの批判をしたり、「私は仕事の枠組みを守らなきゃいけないから、いじめっ子を批判する意見に同意するわけにはいかない」とか言ったりはしないのではないでしょうか?
それは愚痴なんですが、分かっていない人が多い気がしたので、ここには書かせてもらいます。
結果的にですが、取材者は現場での反応を見て、居場所参加者への質問を絞ってきた印象がありました。因みに、その報道番組はたまたま私の両親も見たそうです(私自身はチェックしませんでしたけど)
今回はここまでです。お読みくださりありがとうございます。では!



234.Re: 居場所にテレビカメラが来た!
名前:じゅんいち    日付:2020/2/24(月) 9:36
ハオタスト様

テレビ取材対応お疲れさまでした。

いろいろ思うところのある経験となったようですね。

世間のいじめ理解、そして回復のための居場所理解が深まれば何よりですが。

231.私がひきこもった経緯(三段落ちの2番目の話) 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2020/2/5(水) 20:10
 閲覧者の皆様、管理人様、お久しぶりです。こんばんは。

ハオタストです。

実は明日、職場(ひきこもりの居場所)にカメラが入る予定で、

ヒヤヒヤしてます。

まさか、「トップ当選した県議にいじめられてひきこもったんです!」

とか言っても通じない世の中なので、

どう対応しようか苦心してます。

それはさておいて、大学時代に母に勧められて出会った

血のつながりのない親戚の霊媒(拝み屋)に、

「いいカウンセラーがいるから!」と言われた結果、

あるカウンセラーと出会ったんですが、第一印象が最悪でした。

過去のいじめ体験で、特に印象に残っている被害体験を

打ち明けたんですが、

何故か「そのいじめっ子は本当はいい人なんだ!」という主旨の主張を

カウンセリングの時間中延々とされました。

余りに同じことを繰り返すので、

「今日はいじめ被害の体験を話しに来ているんですがね!」

といかに私といえども怒ったのですが、蛙の面に××でした。

でも、親戚の拝み屋に「効果あるよ!」と保証されている弱みがあっ

て、半年ぐらい通い続けました。

でも、ほとんどの時間がそのカウンセラーの価値観の押し付けで、

一番ひどかったのは「あなたの障害は隠して生きなきゃいけないよ!」

というあまりに心無い一言でした。

結果、カウンセリングは失敗に終わり、

しかも大学中退と、医療ミスによる廃人という結果で

引き篭もることになりました。

新しい病院で虐待されたことがきっかけで

「マインドコントロールされていた!」と、

ストーカーチックだったカウンセリング継続の要求に不快感を覚え、

それ以上の相談をやっと中断できたのですが、

もうその頃には私の青春は強制終了に追い込まれていました。

なんでカウンセラーなら、私が「大学を中退しようと思っている」

と相談に行って泣き崩れたときに何もしなかったのか、

いまだに理解に苦しみます。

悔やんでも悔やみきれません。

この話、まだ続きがあります。

さすがに長文になるので、いったんここで切ります。

<以降3段落ちの3回目に続く予定>

お読みくださりありがとうございます。

それでは。



232.Re: 私がひきこもった経緯(三段落ちの2番目の話)
名前:じゅんいち    日付:2020/2/10(月) 17:23
ハオタスト様

レス遅くなりすみません。

なんと言っていいか、、、ひどい話ですね。

当時はさぞ苦しまれたことでしょう。

でもいまのハオタストさんがこれを被害として

語ることができるようになられたというのが救いです。

お話きかせてくれてありがとうございました。

p.s.ぜひ取材の話もおきかせください。

228.(untitled) 返信  引用 
名前:mono    日付:2020/1/8(水) 18:21
はじめて投稿させていただきます。

私は中学生の頃、加入していたソフトボール部で先生と後輩からいじめを受けました。

中学2年生の時の出来事です。
今まで優しかった先生が野球部に移動になり、別の先生が顧問になりました。
その先生はとても口が悪く、生徒のことを怒鳴ったり、殴ることを指導として行う先生でした。また学年の中で1人ターゲットを決めて、酷くいじめ、学生にも同じようにいじめるように仕向けるような先生でした。
先生の指導が合わず、私の同じ学年の生徒は8人中5人が辞めていきました。
私はその当時、私ならやれる!と思いやめませんでした。
仲の良かった友達はみんなやめてしまったのに。

残った生徒たちは先生の酷い指導にも耐えられる生徒か、技能のある先生のお気に入りばかりでした。
よって能天気なばかりで選手にもなれず、上手にプレーのできない私はすぐにいじめの対象になりました。
私だけ延々とノックをさせられる。1人、罰として練習に参加させてもらえず運動場をランニングさせられる。私だけ給水をさせてもらえず、熱中症になりかけてサッカー部の先生に助けられると迷惑をかけるなと怒鳴られる。
怒鳴られて泣けば「お前は赤ちゃんだ」と笑われて、後輩にも笑われる。
どんどん笑えなくなり、同期も後輩も寄り付かなくなり、休憩時も1人で座っていると「お前は呪われてるみたいな顔しやがって」と笑われ、また後輩たちに笑われる。

結局、限界が来てしまいある日練習に行けなくなり辞めてしまいました。


しかしそれで終わりませんでした。
部活を辞めたことで友達はいなくなってしまいました。
また運動部の子からいじめられるようになりました。
それから運動部に対して恐怖症を患ってしました。
学校の先生も味方してくれませんでした。
私をいじめた顧問に廊下であってしまい、怖かったので逃げたら、それを見ていた保険の先生に腕をひっぱられ「先生を避けるなんてなんて失礼なことをするのだ!」と怒られました。
誰も味方してくれませんでした。
私は酷く傷つきました。
何故、弱い存在である私を誰も守ってくれなかったのでしょう。
慰めの言葉すらかけてもらなかったのでしょうか。

また親も怒ってはくれたのですが、先生を見返そう!と望まぬ進学校を目指す羽目になってしまいました。
私が泣き言を言うと「弱い!」と怒られました。
苦しかったのに、ほんとはそっと休ませてもらいたかったのに。
親の必死な努力のかいがあって進学校に進学しましたが、勉強に興味もないので勉強にもついていけず、もう虐められるまいと無理をして運動部に入り、へらへらとして無駄に友達を増やすばかりの浅い高校生活になってしまいました。

大学生になり、1人暮らしを始め、自分の好きなように生きてよいと言われましたが、恐怖心ばかりで自分に自信のない私は思うように生きることができません。トラブルを起こしてばかりです。

今、24歳になりますが未だにスポーツマンや運動を好む女性を見ると怖いです。というか他人が怖いです。
また酷く自分に自信がありません。


あの出来事がきっかけで、人生はくるってしまいました。
でも下村さんのサイトを読み、これも私の人生だと思って少しずつ前をむけるように生きてみようかなと思いました。

体験を吐き出せてスッキリしました。
感情のままに書いたので、酷い文章ですみません。
誰も私の話を聞いてくれない(というか怖くて話せかった)ので、初めて言葉にしてみました。

ちょっと自分の人生を整理できた気がします。
ありがとうございました。



229.Re: (untitled)
名前:じゅんいち    日付:2020/1/10(金) 23:58

monoさま

書き込みありがとうございます。


>どんどん笑えなくなり、

うん。


周りに誰も味方をしてくれる人がいなかったのね。

絶望的で、とても怖く、そりゃひどく傷つくよね。

無理ないよ。


>何故、弱い存在である私を誰も守ってくれなかったのでしょう。

本当にそうだね、

それまで培ってきた人間に対する信頼、台無しだよね。


>また親も怒ってはくれたのですが、先生を見返そう!と望まぬ進学校を目指す羽目になってしまいました。
>私が泣き言を言うと「弱い!」と怒られました。

お父様お母様は、monoさんの気持ちをきいてはくれなかったのね。

>苦しかったのに、ほんとはそっと休ませてもらいたかったのに。

本当にそうだよね。きつかったね。


>恐怖心ばかりで自分に自信のない私は思うように生きることができません。トラブルを起こしてばかりです。

うん。

ほんとにしんどいね。


>今、24歳になりますが未だにスポーツマンや運動を好む女性を見ると怖いです。というか他人が怖いです。
>また酷く自分に自信がありません。

うん。

無理ないよ、でもできることなら自分を責めずに、やさしくしてあげてくださいね。monoさんはかわいそうなんだから。


>誰も私の話を聞いてくれない(というか怖くて話せかった)ので、初めて言葉にしてみました。

初めて言葉にされたのですね。

monoさんの、大切な大切な心の話をこの場でシェアしてくれて本当にありがとう。

またいつでも話きかせてくださいね。


苦しい中にあっても

やさしい慰めもまたありますように。

226.皆さま、今年は誠にありがとうございました。 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2019/12/27(金) 19:23
 こんばんは、皆さま、管理人(下村)様。ハオタストです。
今年は私の投稿をお読み下さり、誠にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
さっき、外出から帰ったら、
私が下げていた500円未満の買い物のスーパーの袋を見て、
母親が「そんなにたくさん食べモノを買ってくるな!」と怒り出し、
口論になって元気をなくしました。
母も虐待被害者なので責めつづけることは出来ないのですが、
自分の周り、なんでこうなんだろう?って悲しくなります。
皆さんに明るく楽しいことがあると良いですね。
それでは来年もよろしくお願いします。
では!



227.Re: 皆さま、今年は誠にありがとうございました。
名前:じゅんいち    日付:2019/12/30(月) 22:16
今年もたくさんシェアいただき、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

223.私の親戚の困った人 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2019/12/9(月) 7:25
 皆さま、管理人(下村)さま、おはようございます。ハオタストです。
寒い日々が続いてますね、お元気ですか?体調等崩されませんように。
それはそうとまた腹の立つ話ですが、聞いてください。
私が病気になって大学の有る地域から地元に戻り、療養していた頃、母の勧めで、「私の義理の従姉妹の霊媒に会ってみない?」と言われ、その通りに会いに行きました(以前この場で話したおかしな霊媒とはまた別人)。その時は<お世話になった>と思っていたのですが、今にして考えるとかなりおかしなことを言っていました。
何でもその霊媒(私の母の育ての母(義祖母)の妹の娘)はいわゆる不良だったそうですが、学生時代に学校の抜き打ち検査に引っ掛かるのが嫌で、その頃行われた検査を全て霊感を使って回避したのだそうです。
余りに上手くかわしたので、学校を卒業するときに、担当の先生に「抜き打ち検査をかわすような生き方は社会で通用しないぞ!」と捨て台詞を言われたそうです。
そして、丁度その人と会っていた時期に、私が大学の指導教官から「大学辞めろ!」と言われてしまって家庭環境が悪くなっていったとき、私に説教をしてきました。今に至る私の母と私の不仲の背景には、私の母が義祖母(その霊媒の叔母)から虐待されていたことが背景にあるのですが、その霊媒は自分の親族には甘い態度を取っていて、「私の叔母(あなたの義祖母さん)があなたのお母さんをいじめたのがいけなかったのよ。ごめんなさい」とか言う事も言わず、一方的に私を責めました。
現在その霊媒は本を出していて、有名な作家とも対談したりしているそうです。本の中にはウン10万円もするクリスタルの広告が載っています。
周りにいるイエスマンたちは<愛の人だ!>と絶賛しているそうです。
トンデモナイ!
皆さん、霊媒は大抵嘘つきです。世の95パーセント以上の霊媒がニセモノだそうです。ご注意ください。うかつに信じ込んだら人生誤ります。
長文お読み下さりありがとうございます。それでは。



224.Re: 私の親戚の困った人
名前:じゅんいち    日付:2019/12/10(火) 17:45

ハオタストさま

書き込みありがとうございます。

霊媒というのはあまりなじみがありませんが、やっぱりインチキなんですね。

>今に至る私の母と私の不仲

そんな困難も抱えられているのですね。

今年はたくさんハオタストさんにシェアいただきました。ありがとうございます。

急激に冷え込んでいます、ハオタストさんも、どうぞご自愛ください。


225.Re: 私の親戚の困った人
名前:ハオタスト    日付:2019/12/11(水) 13:55
 管理人(下村)様、素早いレスポンスありがとうございます。
この内容は<三段落ち>の一段目となっております。
よろしくお願いします。

追伸 霊媒には信頼できる人もいるそうですが、そういう人はまず顔出し等はしないそうです。そういう<ホンモノ霊媒>は売名・金儲けをして、
マスコミに顔をさらすということはしないそうです。
私も本物には出会ったことがないので分かりませんが。
予言したことが当たるから本物だ、とも言い切れないそうです。
良く当たる話を自分の利益の為に行うのがニセモノの常とう手段だからです。難しい話になりました。ごめんなさい。

221.(untitled) 返信  引用 
名前:みみ    日付:2019/11/26(火) 5:9
初めまして
このサイトを見つけて、ここでなら初めていじめの告白を自分からちゃんとできるのかなと書いてみます 

私も小学校の頃からずっといじめに遭ってきました
私立の女子校でしたし暴力ではなく無視やばい菌扱いといったものでしたが、一学年一クラスなので6年間ずっとクラスメイトは同じで、だから鬱憤も溜まりやすいのかそれをぶつける相手は一度決まると余程のことがない限り変わらず、私はクラスでそういう役割でした 今思えばきっかけは当時クラスで一番力を持っていた子とウマが合わなかったことなのかな

全員から普段はいないものとして扱われ、たまに認識された時は菌扱いでした
最初は怒ったり反論したりしていたけれど、次第に自分から話しかけないよう、発言しないよう、触れないように気をつけるようになりました
だからいじめも心を閉ざせば何も感じなくなりました
当時の私は感情も動かず機械的に学校に行って授業を聞いて帰るだけの日々で、学校内で一言も話さないことだってザラにありました
だからか3〜5年生あたりの記憶はあまりありません あるのは特別嫌な思いをした出来事の記憶だけです

でもいじめと同じくらいしんどかったのは、親に心配かけたくなくて楽しいフリして学校でのことなど嘘をついて、いじめがバレないように振舞っていたけれど、それを5か6年生の時に知っていたと言われたことです
そして担任だった教師達もいじめがあることを認識していたと本人から聞かされてしまったことです
今思えば子供の隠し事なんかバレバレだったろうし、知っていて当然で、教師もわからないはずがなかったんですが でもどこまで知っていたのかはわかりません
私は負けず嫌いで、だから確かに学校で人前で泣くこととかはしなかったし平気な顔(というよりあまり感じなくなっていたのもありますが)だから、大丈夫だと 
まだ大人が手出しせず見守る形で大丈夫だと思っていたと
そんなの詭弁だと思っています 学校はいじめを大事にしたくないから、認めたくなかったから何もしなかっただけなのではと思っています
私としてはそれを知りたくはなかった
知っていて誰も助けてくれようとも、何もしてくれなかったんだと知りたくなかった
私が必死に嘘をついてまで元気で楽しいフリをしていたのを、嘘だとわかりながら聞いていたなんて知りたくなかった
教師が皆いじめを知りながら何もせず放って置かれていたなんて知りたくなかった
私はずっと一人で死ぬ気で頑張っていて、それが気づかれていないから一人だったのではなく、皆気づいていたのに一人で死ぬ気で頑張っていたと知りたくなかった
知っていたならせめて認めてほしかった

それくらいの時から明確に疲れたと感じるようになりました
小5、6の時色々あって、自分一人でいじめを緩和させることができて
でもエスカレーター式の学校だったから中高も生徒は変わらないまま外部生も入ってきたり、クラスも四クラスに増えて、色々もっとややこしい人間関係になって、そこでまたいじめられたりして、でもまた一人で頑張って"いじめられてる子"から普通の子になって

家でも父親はあまり育児に興味がなく、母親は昔から私に過干渉で学年が上がるごとに酷くなって
私はずっと知られないよう、迷惑かけないよう、理想から外れないよう、失望されないよう必死で

大学生になって一人暮らしになってから、疲れから動けなくなることが多くなりました
大学に行こうとしても気力が一切わかずに、ただ疲れてます
部屋から何日も出なかったり、だからゴミとか溜まっちゃったり、かと思ったら回復して活動的になれることもあればまたダメになったり

人との正しい関わり方もわからなくて どうやったら心から他人を信用できるのか、どうやったら他人に心から信用してもらえるのか
友達はいます コミュニケーションをとるのも上手いと言われます
でも親友は多分いません 全部を吐き出せる人なんかいません
人の顔色を伺って適当な応対をするのは得意です 初対面でもその場で盛り上げたり、話つないだり、場を回したり、そういうのはできます
でも多分だから本当に仲良くはなれないのかなと
なんでもないことを取り繕ったり、嘘をすぐにとっさについてしまって、でもそれを続けているとそれが本当のように思えてきて、自分でもわからなくなって
だから人を心から信用できないししたくないし、されてないと思います

今大学4年生で、でも全く大学に行けてない学期などがあって留年します
最近また大学に行けてなくて、行かなきゃいけないのに、2,3週間行けてないです
多分今期はもう単位を取るのは無理です
みんなより1年遅れるんだから頑張らなきゃいけないのに、頑張れないです
留年するからって今取れる単位は取らなきゃ大変なのに、頑張れない
ただえさえ留年することで就職は難しくなるのに でもこんなんじゃ働くこともできない
部屋から出て大学やバイトに行く気力は湧かず動けないのに、こうやってネットをすることはできるのはなんなんですかね

もう頑張るエネルギーがないんです
一生分の頑張るエネルギーを使い切っちゃったのかなと
頑張らなきゃいけないってわかってるのに、頑張れないんです
このままじゃダメでどうにかしなくちゃいけないのに
でも誰にもこんな現状言えないし、探り入れられても取り繕ってしまいます

言いたいこととかぐちゃぐちゃで、話がトラウマ体験のシェアから大きく逸れてしまいました すみません
吐き出させていただきありがとうございました



222.Re: (untitled)
名前:じゅんいち    日付:2019/11/28(木) 23:40

みみさま

はじめていじめの告白をしたのですね。

みみさんの本当に苦しい話を聞かせてくれて、本当にありがとうございます。

一行一行にどんなにつらく大変な思いで生きていらしたか伝わってきました。読んだ多くの人が共感したことと思います。

そしていまも苦闘の日々を送っているのですね。

つらい、悲しいは、やがていい匂いの花が咲く、

苦しみの中にあってもまた

やさしい慰めもありますように。

また気が向いたらぜひシェアしてくださいね。

ありがとうございました。

219.本音と建前の使い分けもホドホドに(怒)! 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2019/11/20(水) 15:1
 皆さま、下村(管理人)様、こんにちは。ハオタストです。
このサイトに書き込んできた通り、「精神障碍者を私のゼミに置いておくことは出来ないから、大学を一刻も早く辞めてください」と言われ、その通りに中退した(させられた)ことは述べましたが、最近になってかなり腹の立つことが分かりました。その指導教官は、ゼミの週ごとの打ち上げの飲み会で私がゼミOBの大学講師からいじめに遭ったことを報告しても「飲みの席の話だから」と否認の態度を取りました。
それはさておき、私がその教官(K・K氏)から中退させられた経緯は、何と、ゼミのOBも、退学の書類を扱った大学の先生も誰も知らなかったそうなのです。今月上旬に自分の病状が不安定になって、ついゼミのあるOBの方に10数年ぶりに電話をかけたら、「ハオタストくんがそんなことで大学を去ってたなんて、全然知らなかった・・・」と驚かれました。1〜2年くらい前に大学でK・K氏と同じ研究室で、私の大学の書類を扱った先生に、K・K氏のアカデミックハラスメントの経緯を報告したら、「まさかハオタストくんがそんなことで中退していたなんて・・・」と言われました。
K・K氏は、私がペーパーテスト以外の学力は明らかに自分の大学のレベルに適応していないと感じており、また、そのくせゼミには熱心に出てくるので対応に困っていたのだと思います。ゼミ所属の学生には余りに厳しいやり方に病気・不登校になったりゼミ・大学を辞めていく所属生が多いので、私についてもどうしていいものか悩んでいたのでしょう。私が大学の内部でトラブルに巻き込まれたことを知り、「この際こじつけて中退させれば私も厄介払いができる」との心理があったものだと思います。その後ろめたさから誰にも私が中退に至った経緯を話さず、秘密にし続けたものだと思われます。ふざけんなよ!って感じですが。私は地獄を見ました。いきなり最悪の選択をさせられ、それを誠実に実行した結果が10年のひきこもり生活と、医療ミスによる転院、転院先の病院での虐待・ハラスメント、差別、侮辱被害の繰り返しですから。自業自得とは言え、その背景に幇助行為があったことは悔やんでも悔やみきれません。最近までこのことも人に言えませんでした。誤った決断を下した方だとはいえ、理想の師でしたから。
長文になってごめんなさい。
今回はここで文を切ります。
お読み下さったことに感謝します。それでは。



220.Re: 本音と建前の使い分けもホドホドに(怒)!
名前:じゅんいち    日付:2019/11/20(水) 22:3

ハオタストさま

>最近までこのことも人に言えませんでした。誤った決断を下した方だとはいえ、理想の師でしたから。

理想の師と思っていた人に裏切られたのですね、
そりゃあ、対人関係のダメージ大きいやあ。

こんなこと簡単に人に言えることじゃないですよね。
やっと言えるところまできたのですね。

自業自得なんかじゃないよ、

当時学生だったハオタストさんにとっては、大学の教官の言葉は
すごい力もっていたのでしょう。

それなのにそれを悪用されてしまったとしたら、悪いのは一方的に
教官のほうだと感じます。

いま腹が立つのも当然ですね。

ハオタストさんの大切な話を聞かせてくれてありがとう。

ハオタストさんが少しでも慰められますように。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb