[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
シェアの広場

いじめ体験・トラウマ体験をシェアしてゆきましょう。あなたの話をきかせてください。

シェア内容への反論は固くお断りします。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



223.私の親戚の困った人 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2019/12/9(月) 7:25
 皆さま、管理人(下村)さま、おはようございます。ハオタストです。
寒い日々が続いてますね、お元気ですか?体調等崩されませんように。
それはそうとまた腹の立つ話ですが、聞いてください。
私が病気になって大学の有る地域から地元に戻り、療養していた頃、母の勧めで、「私の義理の従姉妹の霊媒に会ってみない?」と言われ、その通りに会いに行きました(以前この場で話したおかしな霊媒とはまた別人)。その時は<お世話になった>と思っていたのですが、今にして考えるとかなりおかしなことを言っていました。
何でもその霊媒(私の母の育ての母(義祖母)の妹の娘)はいわゆる不良だったそうですが、学生時代に学校の抜き打ち検査に引っ掛かるのが嫌で、その頃行われた検査を全て霊感を使って回避したのだそうです。
余りに上手くかわしたので、学校を卒業するときに、担当の先生に「抜き打ち検査をかわすような生き方は社会で通用しないぞ!」と捨て台詞を言われたそうです。
そして、丁度その人と会っていた時期に、私が大学の指導教官から「大学辞めろ!」と言われてしまって家庭環境が悪くなっていったとき、私に説教をしてきました。今に至る私の母と私の不仲の背景には、私の母が義祖母(その霊媒の叔母)から虐待されていたことが背景にあるのですが、その霊媒は自分の親族には甘い態度を取っていて、「私の叔母(あなたの義祖母さん)があなたのお母さんをいじめたのがいけなかったのよ。ごめんなさい」とか言う事も言わず、一方的に私を責めました。
現在その霊媒は本を出していて、有名な作家とも対談したりしているそうです。本の中にはウン10万円もするクリスタルの広告が載っています。
周りにいるイエスマンたちは<愛の人だ!>と絶賛しているそうです。
トンデモナイ!
皆さん、霊媒は大抵嘘つきです。世の95パーセント以上の霊媒がニセモノだそうです。ご注意ください。うかつに信じ込んだら人生誤ります。
長文お読み下さりありがとうございます。それでは。



224.Re: 私の親戚の困った人
名前:じゅんいち    日付:2019/12/10(火) 17:45

ハオタストさま

書き込みありがとうございます。

霊媒というのはあまりなじみがありませんが、やっぱりインチキなんですね。

>今に至る私の母と私の不仲

そんな困難も抱えられているのですね。

今年はたくさんハオタストさんにシェアいただきました。ありがとうございます。

急激に冷え込んでいます、ハオタストさんも、どうぞご自愛ください。


225.Re: 私の親戚の困った人
名前:ハオタスト    日付:2019/12/11(水) 13:55
 管理人(下村)様、素早いレスポンスありがとうございます。
この内容は<三段落ち>の一段目となっております。
よろしくお願いします。

追伸 霊媒には信頼できる人もいるそうですが、そういう人はまず顔出し等はしないそうです。そういう<ホンモノ霊媒>は売名・金儲けをして、
マスコミに顔をさらすということはしないそうです。
私も本物には出会ったことがないので分かりませんが。
予言したことが当たるから本物だ、とも言い切れないそうです。
良く当たる話を自分の利益の為に行うのがニセモノの常とう手段だからです。難しい話になりました。ごめんなさい。

221.(untitled) 返信  引用 
名前:みみ    日付:2019/11/26(火) 5:9
初めまして
このサイトを見つけて、ここでなら初めていじめの告白を自分からちゃんとできるのかなと書いてみます 

私も小学校の頃からずっといじめに遭ってきました
私立の女子校でしたし暴力ではなく無視やばい菌扱いといったものでしたが、一学年一クラスなので6年間ずっとクラスメイトは同じで、だから鬱憤も溜まりやすいのかそれをぶつける相手は一度決まると余程のことがない限り変わらず、私はクラスでそういう役割でした 今思えばきっかけは当時クラスで一番力を持っていた子とウマが合わなかったことなのかな

全員から普段はいないものとして扱われ、たまに認識された時は菌扱いでした
最初は怒ったり反論したりしていたけれど、次第に自分から話しかけないよう、発言しないよう、触れないように気をつけるようになりました
だからいじめも心を閉ざせば何も感じなくなりました
当時の私は感情も動かず機械的に学校に行って授業を聞いて帰るだけの日々で、学校内で一言も話さないことだってザラにありました
だからか3〜5年生あたりの記憶はあまりありません あるのは特別嫌な思いをした出来事の記憶だけです

でもいじめと同じくらいしんどかったのは、親に心配かけたくなくて楽しいフリして学校でのことなど嘘をついて、いじめがバレないように振舞っていたけれど、それを5か6年生の時に知っていたと言われたことです
そして担任だった教師達もいじめがあることを認識していたと本人から聞かされてしまったことです
今思えば子供の隠し事なんかバレバレだったろうし、知っていて当然で、教師もわからないはずがなかったんですが でもどこまで知っていたのかはわかりません
私は負けず嫌いで、だから確かに学校で人前で泣くこととかはしなかったし平気な顔(というよりあまり感じなくなっていたのもありますが)だから、大丈夫だと 
まだ大人が手出しせず見守る形で大丈夫だと思っていたと
そんなの詭弁だと思っています 学校はいじめを大事にしたくないから、認めたくなかったから何もしなかっただけなのではと思っています
私としてはそれを知りたくはなかった
知っていて誰も助けてくれようとも、何もしてくれなかったんだと知りたくなかった
私が必死に嘘をついてまで元気で楽しいフリをしていたのを、嘘だとわかりながら聞いていたなんて知りたくなかった
教師が皆いじめを知りながら何もせず放って置かれていたなんて知りたくなかった
私はずっと一人で死ぬ気で頑張っていて、それが気づかれていないから一人だったのではなく、皆気づいていたのに一人で死ぬ気で頑張っていたと知りたくなかった
知っていたならせめて認めてほしかった

それくらいの時から明確に疲れたと感じるようになりました
小5、6の時色々あって、自分一人でいじめを緩和させることができて
でもエスカレーター式の学校だったから中高も生徒は変わらないまま外部生も入ってきたり、クラスも四クラスに増えて、色々もっとややこしい人間関係になって、そこでまたいじめられたりして、でもまた一人で頑張って"いじめられてる子"から普通の子になって

家でも父親はあまり育児に興味がなく、母親は昔から私に過干渉で学年が上がるごとに酷くなって
私はずっと知られないよう、迷惑かけないよう、理想から外れないよう、失望されないよう必死で

大学生になって一人暮らしになってから、疲れから動けなくなることが多くなりました
大学に行こうとしても気力が一切わかずに、ただ疲れてます
部屋から何日も出なかったり、だからゴミとか溜まっちゃったり、かと思ったら回復して活動的になれることもあればまたダメになったり

人との正しい関わり方もわからなくて どうやったら心から他人を信用できるのか、どうやったら他人に心から信用してもらえるのか
友達はいます コミュニケーションをとるのも上手いと言われます
でも親友は多分いません 全部を吐き出せる人なんかいません
人の顔色を伺って適当な応対をするのは得意です 初対面でもその場で盛り上げたり、話つないだり、場を回したり、そういうのはできます
でも多分だから本当に仲良くはなれないのかなと
なんでもないことを取り繕ったり、嘘をすぐにとっさについてしまって、でもそれを続けているとそれが本当のように思えてきて、自分でもわからなくなって
だから人を心から信用できないししたくないし、されてないと思います

今大学4年生で、でも全く大学に行けてない学期などがあって留年します
最近また大学に行けてなくて、行かなきゃいけないのに、2,3週間行けてないです
多分今期はもう単位を取るのは無理です
みんなより1年遅れるんだから頑張らなきゃいけないのに、頑張れないです
留年するからって今取れる単位は取らなきゃ大変なのに、頑張れない
ただえさえ留年することで就職は難しくなるのに でもこんなんじゃ働くこともできない
部屋から出て大学やバイトに行く気力は湧かず動けないのに、こうやってネットをすることはできるのはなんなんですかね

もう頑張るエネルギーがないんです
一生分の頑張るエネルギーを使い切っちゃったのかなと
頑張らなきゃいけないってわかってるのに、頑張れないんです
このままじゃダメでどうにかしなくちゃいけないのに
でも誰にもこんな現状言えないし、探り入れられても取り繕ってしまいます

言いたいこととかぐちゃぐちゃで、話がトラウマ体験のシェアから大きく逸れてしまいました すみません
吐き出させていただきありがとうございました



222.Re: (untitled)
名前:じゅんいち    日付:2019/11/28(木) 23:40

みみさま

はじめていじめの告白をしたのですね。

みみさんの本当に苦しい話を聞かせてくれて、本当にありがとうございます。

一行一行にどんなにつらく大変な思いで生きていらしたか伝わってきました。読んだ多くの人が共感したことと思います。

そしていまも苦闘の日々を送っているのですね。

つらい、悲しいは、やがていい匂いの花が咲く、

苦しみの中にあってもまた

やさしい慰めもありますように。

また気が向いたらぜひシェアしてくださいね。

ありがとうございました。

219.本音と建前の使い分けもホドホドに(怒)! 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2019/11/20(水) 15:1
 皆さま、下村(管理人)様、こんにちは。ハオタストです。
このサイトに書き込んできた通り、「精神障碍者を私のゼミに置いておくことは出来ないから、大学を一刻も早く辞めてください」と言われ、その通りに中退した(させられた)ことは述べましたが、最近になってかなり腹の立つことが分かりました。その指導教官は、ゼミの週ごとの打ち上げの飲み会で私がゼミOBの大学講師からいじめに遭ったことを報告しても「飲みの席の話だから」と否認の態度を取りました。
それはさておき、私がその教官(K・K氏)から中退させられた経緯は、何と、ゼミのOBも、退学の書類を扱った大学の先生も誰も知らなかったそうなのです。今月上旬に自分の病状が不安定になって、ついゼミのあるOBの方に10数年ぶりに電話をかけたら、「ハオタストくんがそんなことで大学を去ってたなんて、全然知らなかった・・・」と驚かれました。1〜2年くらい前に大学でK・K氏と同じ研究室で、私の大学の書類を扱った先生に、K・K氏のアカデミックハラスメントの経緯を報告したら、「まさかハオタストくんがそんなことで中退していたなんて・・・」と言われました。
K・K氏は、私がペーパーテスト以外の学力は明らかに自分の大学のレベルに適応していないと感じており、また、そのくせゼミには熱心に出てくるので対応に困っていたのだと思います。ゼミ所属の学生には余りに厳しいやり方に病気・不登校になったりゼミ・大学を辞めていく所属生が多いので、私についてもどうしていいものか悩んでいたのでしょう。私が大学の内部でトラブルに巻き込まれたことを知り、「この際こじつけて中退させれば私も厄介払いができる」との心理があったものだと思います。その後ろめたさから誰にも私が中退に至った経緯を話さず、秘密にし続けたものだと思われます。ふざけんなよ!って感じですが。私は地獄を見ました。いきなり最悪の選択をさせられ、それを誠実に実行した結果が10年のひきこもり生活と、医療ミスによる転院、転院先の病院での虐待・ハラスメント、差別、侮辱被害の繰り返しですから。自業自得とは言え、その背景に幇助行為があったことは悔やんでも悔やみきれません。最近までこのことも人に言えませんでした。誤った決断を下した方だとはいえ、理想の師でしたから。
長文になってごめんなさい。
今回はここで文を切ります。
お読み下さったことに感謝します。それでは。



220.Re: 本音と建前の使い分けもホドホドに(怒)!
名前:じゅんいち    日付:2019/11/20(水) 22:3

ハオタストさま

>最近までこのことも人に言えませんでした。誤った決断を下した方だとはいえ、理想の師でしたから。

理想の師と思っていた人に裏切られたのですね、
そりゃあ、対人関係のダメージ大きいやあ。

こんなこと簡単に人に言えることじゃないですよね。
やっと言えるところまできたのですね。

自業自得なんかじゃないよ、

当時学生だったハオタストさんにとっては、大学の教官の言葉は
すごい力もっていたのでしょう。

それなのにそれを悪用されてしまったとしたら、悪いのは一方的に
教官のほうだと感じます。

いま腹が立つのも当然ですね。

ハオタストさんの大切な話を聞かせてくれてありがとう。

ハオタストさんが少しでも慰められますように。

217.ひきこもり生活に入る寸前の悲劇(?) 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2019/11/1(金) 4:43
 皆さま、管理人(下村)様、こんばんは。ハオタストです。
私の過去の回想になりますが、少し話を聞いてください。
16年前にひきこもり生活に入っていく寸前に遭った悲劇〔?〕について話します。
当時、卒論の指導教官から「精神病者は私にゼミに要らないから、一刻も早く大学を辞めてくれ」と言われた上に、かかりつけの医者から、「いじめ問題は、被害者の責任」と言われ、心がズタズタになっていた私は、当時かかっていた病院である女性に出会いました。
一目ぼれだったので、話しかけたら、何と向こうから電話番号を教えてくれたので、「脈ありだ!」と思い込みました。
その後、別の女性からアタックされたのですが、「好きな人が居るから」と断りました。
しかし、先述の女性に電話した時、「私には彼氏がいます!」と逆切れされ、ショックを受け心が更にダメージを受けました。
「彼氏がいるのに電話番号を別の男性に教えて、しかもアプローチされたら逆切れするってどういうこと?」と不条理で心がますます打ちのめされました。
自分の心がズタズタだったので、それに見合った女性を引き寄せてしまった(自分を守る心(エゴの心)が強くなっていることに気づけなかった)だけなのですが、そのことは私に更なるショックを与え、ひきこもり生活への導入となりました。見事な廃人の出来上がりです。
恋愛では救われない自分が居ました。
あの頃の自分では、仮に意中だった女性と違う人からアタックされて付き合ったとしてもトラブルが起きるだけだったとは思うのですが、
「随分世の中には不条理があるんだな・・・」と絶望させられた出来事でした。
暗く悲しい話をわざわざお読み下さりありがとうございます。
あなたの人生の何かの役に立てますように。それでは。



218.Re: ひきこもり生活に入る寸前の悲劇(?)
名前:じゅんいち    日付:2019/11/5(火) 22:12

ハオタストさま

文字通りの踏んだり蹴ったりの悲劇があったのですね。

ひどい話だ〜

心の痛みが少しでも和らぐようにおもっています。

215.未解決の人生課題、山積み。 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2019/10/12(土) 11:39
 皆さま、管理人(下村)様、こんにちは。ハオタストです。
ひきこもりから回復して社会参加しようとすると、様々な課題に直面します。社会の中で<役目>を引き受けることに合わせて自分の中の問題が浮き彫りにされてくる感じです。私の場合、成人・就労に伴っての社会参加をする前の発達段階(胎児期から)で既に課題が生じていたので、問題の解決が容易ではありません(いじめ被害はそれらの要因に伴って発生した問題だと思います)。生活実践の中で解消すべき問題が多々あるのですが、それらの課題が絡み合っていて、もぐら叩きのように障害が表れてきます。一点突破して解決していく手もあるのでしょうが、どの課題が取り組みやすいか良く分かりません。自前のスレッドを立ち上げて周囲の反応を参考にしながら課題に取り組む手もあるのでしょうが、自分のスキルからするとリスクが高過ぎて出来ません。自分の課題解決のために社会の仕事を引き受けるというのは本末転倒な気もするので避けたいです。<主体性>形成のための要因がいじめ被害で大きくダメージを受けていることが悔しいです。難しくて長い話を聞いていただきありがとうございます。いじめ問題からはやや逸脱した書き込みになってしまいごめんなさい。それでは。



216.Re: 未解決の人生課題、山積み。
名前:じゅんいち    日付:2019/10/15(火) 20:21

ハオタストさま

ハオタストさんが極めて困難な状況に臨んでいるのがよく伝わるシェアありがとうございました。

このシェアの場は、ご自身の話であれば、必ずしもいじめ体験に直結しない話でも構いません。というのも、今の生きずづらさや困難を語ることはそのまま、ハオタストさんのいじめトラウマを表しているし、それはまぎれもなくいじめ体験の刻印をうけた証拠となるのですから。

また自分語りがいじめ体験以前に遡ることこともあるかもしれませんが、いじめ前、いじめ、いじめ後、すべてを通して、いじめ問題は語られるのだとおもいますし、それが結局今までの人生を語ることになっていくのは当然のことだとおもいます。

どうぞまたハオタストさんの大切な人生の話を聞かせてくださいね。

213.生き直し始めて 返信  引用 
名前:柿林    日付:2019/9/27(金) 16:35
下村様、お久しぶりです。3年前にスカイプ相談でお世話になりました柿林です。その節は大変お世話になりました。ありがとうございました。

今年、一人暮らしを始めようと目標を立てたのですが、まだ実現に至らず苛立ちが募っていたので、まずは家を出る前に外へ出ようと、先日スポーツイベントへ参加してきました。

そのイベント中に試合をする際、中学生くらいの生徒さん(Aさんとします)と同じチームになりました。試合には負けてしまいましたが、Aさんが懸命にプレーするのを見て、私は心を打たれました。試合後みんなに挨拶するのがマナーなのですが、Aさんに「ありがとう。心強かったよ。」と伝えました。そして、帰り際にイベント参加者の方々やAさんに「お疲れさまでした」と挨拶すると、Aさんは眩しい笑顔を返してくれました。

私は中学時代いじめに遭っていました。大人になってしまったいじめサバイバーの私ができることとは、明るい未来ある子どもたちに、「楽しい」「すごいね」「ありがとう」などのポジティブな声がけをすることなのかなと思いました。(もちろん、過剰な声がけや相手を怖がらせる言動は厳禁です。)そして、ポジティブな声がけ(肯定すること)は自分自身にも必要です。その日は、スポーツを通してとても大きな気づきを得た一日となりました。

私は人生生き直し4年目で、現在の悩みは生活費を稼ぐことです。しかし、「○○しなければならない(義務)」という不安の鞭は、もう私の心身には効かなくなってしまいました。これからは、なるべく時間を稼ぎながら、自分の好きなこと、できることで生計を立てていこうと思います。まだまだ道半ばで、時々どうしてもやり切れない気持ちに襲われて苦しく辛くなりますが、自分の人生を一歩でも前へ進めるべく、日々に感謝し、暮らしていこうと思います。

最後になりましたが、こちらのシェアの広場と下村様のいじめサバイバーのためのサイトがあることに、改めて感謝申し上げます。ありがとうございます。それでは失礼いたします。



214.Re: 生き直し始めて
名前:じゅんいち    日付:2019/9/30(月) 16:15

柿林様

近況報告ありがとうございます。

力強く生きてらっしゃるようで何よりです。


>「○○しなければならない(義務)」という不安の鞭は、もう私の心身には効かなくなってしまいました。

素晴らしいですね。


>これからは、なるべく時間を稼ぎながら、自分の好きなこと、できることで生計を立てていこうと思います。

素晴らしい。


>まだまだ道半ばで、時々どうしてもやり切れない気持ちに襲われて苦しく辛くなりますが、自分の人生を一歩でも前へ進めるべく、日々に感謝し、暮らしていこうと思います。

素晴らしいとおもいます。(すみません、「素晴らしい」しか思いつきません(#^.^#))


またお話きかせてくださいね。


ありがとうございました。

211.いわゆる<学力>というか、文化と言うか・・・。 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2019/9/24(火) 21:7
 こんばんは、皆さま、管理人(下村)さま、ハオタストです。お世話になります。
 私の通ってた中高一貫校が変な学校だったということは既に話しましたが、まだ話し足りない<ヘンな事>があります。
いじめの背景?的な話になるんですが、私の中学の同クラスにいたいじめっ子が、私と同じ英語学習塾に通っていて、彼は英語の成績は極めて優秀だったらしく、のちにT央大学へ推薦入試で合格してました。
塾に通っている時、そのいじめっ子(U・T君)は講師の先生の使っていたレーザーポインターを悪ふざけして私の眼部に照射したりしてきた(犯罪です!)のですが、彼は中学生の時点で、既に大学生使用推奨のG英和辞典を使っていました。私は大学生になってからやっと大学の英語担当の先生にG英和辞典を勧められて入手したのですが、「学力が中学から高くないと、まともな大学にも行けないのか・・・。」と思いました。いじめっ子の彼は目鼻立ちも整っていて、高校の時の日直日誌に「U・Tくんの顔が美しいとクラスの女子の間で評判になっています!」との記述を見つけ、内心「けったいな話だ!」と思いました。男性で一番有名で金儲け主義の拝み屋(霊媒)が「一生懸命勉強すれば東大にだって入れるんですから!」と力んでたのを知ってるんですが、私の世代ではすでに<階層分化>が進んでいて、がり勉していい大学に入っても、ペーパーテストに出てくる学力以外の所(文化とか)で埋め切れない差がついている世代になっていて、「そりゃガリ勉すりゃ東大に入れるかもしれないけれど、大学に入ってから文化の違いではじき出されるよ???」ということを身を以て実感している世代になってたんです。その男性霊媒(Eさん)、現実が見えてないです!現にいじめ加害者でなくてもいじめを黙認するような発言をする<O−IN女子学校>に通っていた女性を知ってますし。いじめの背景にある所属階層の問題は単純ないじめ対策だけではどうにもならないのかも知れません。例によって長文になりました。お読み下さった方々、ありがとうございます。それでは!



212.Re: いわゆる<学力>というか、文化と言うか・・・。
名前:じゅんいち    日付:2019/9/24(火) 22:46

ハオタストさま

いつも書き込みありがとうございます。

所属階層の問題、文化の問題、難しいですね。

またお話聞かせてくださいね。

208.(untitled) 返信  引用 
名前:てん    日付:2019/9/6(金) 22:55
書かせていただきます。
高校時代の嫌な思い出が出てくる。
ずっと続く関係性が苦痛で仕方なかった。
苦痛なメンバーとその他の人間の家で集まっていた時に
あまりはっきり覚えていないがなにか不快なことをされ揉め事になり
その際にその場にいた一人のお金がなくなりそれを
盗んでなくても騒いでなくしたんだと言われこちらのせいにされ
納得できずにお金を差し出させられた。半ば奪われた気分で屈辱的でその場に
いるのが辛かった。
グループを抜け出せなかったのはいうまでもなく学生独特の環境だったから。
どうすればよかったのかとぐるぐる考えることもあるが
初対面でヒエラルキーができる前にもう少し攻撃的なアクションを見せておくべきだった
とかいろいろ考えればでてくるがその時無理だったのだからそれが最善だったのだろう。
他にも通学や部活で電車で会うので他の学生がいないときは苦痛で仕方がなかった。
その様子はヒエラルキーがありそれに従って上の人間が下の人間に悪乗りをしたり
なにかのアクションを無理やり強要したりすることで
未熟な学生によくあるようなものだった。
対応として無視か反撃かしかなかったが反撃してもヒエラルキーがあるので自分対数人
になり辛いだけなので実質無視しかなかった。
関わることが多いのでその無視も大仏のように何を言われても動じず無視し続けるのがきつかった。
どうしようもやりようがなかった。
やっぱり始めの初対面のときのヒエラルキー争いの重要性を感じるだけだった。
でももし仮にメンバーでヒエラルキーを確保できていたとしてもいつも自分が
ターゲットになってしまわないか内心でビクビクしてないといけないのはあったと思う。
そしてもう一つは長期間同じメンバーでしかも少人数のグループを抜け出せない環境だったこと。
この場で書くのは合っていないかもしれないが状況によっては舐められないよう
相手の自尊心を傷つける攻撃的な心も必要だったこと。と今は感じています。
こういう辛かった時の思い出がふと出てくる時があるので
ここを含めいろんなところで吐き出させてもらってます。



210.Re: (untitled)
名前:じゅんいち    日付:2019/9/8(日) 6:35
てんさま

書き込みありがとうございます。

またどうぞお話きかせてください。

207.訴えたいがやらない、でもやってみたい微妙な気持ち 返信  引用 
名前:ハオタスト    日付:2019/9/6(金) 14:41
 皆さま、管理人(下村)さま、こんにちは。ハオタストです。
私に性虐待をしたいじめっ子の事で被害届を出したかったり、大学中退するようにそそのかしてきた大学の名誉教授のことを訴えたかったりしますがやりません。でもやってみたいです。主な理由は「信仰心を持っている」からなのですが、社会的にアクションを起こすべきかでずっとグルグル思考が続きます。「そんなこと(訴訟行為)をしたら魂の徳が下がるよ!」という話が有るからやらないのですが、ずっと悶々とした人生を送っています。単純ないじめのトラウマに、報復未遂の感情が重なってしんどい人生です。一生続くと思います。ごめんなさい、こんな話で。お読み下さりありがとうございます。それでは。



209.Re: 訴えたいがやらない、でもやってみたい微妙な気持ち
名前:じゅんいち    日付:2019/9/8(日) 6:30
ハオタストさま

信仰をお持ちなのですね。
それは素晴らしいことですが、いじめのトラウマと絡み合って、
余計にしんどくなっているとすれば、ほんとに皮肉なことですね。

いじめトラウマの微妙な気持ちをきかせてくれて、
ありがとうございます。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb