[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
宏観現象画像掲示板
過去ログ(04年02月−13年11月)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





93562.(untitled) 返信  引用 
名前:ジャンガリアン    日付:2021年9月26日(日) 18時6分
昨晩から、今日9/26(日)一日中、いろいろな地震雲が見られました。



93563.Re: (untitled)
名前:ジャンガリアン    日付:2021年9月27日(月) 9時30分
従来と違って、昨日、今日と地震雲の方向が東西ではなく、南北方向になっています。とくに今朝9/27(月)は太刀魚のような地震雲が何匹も東西方向に並んでいました。

93554.24日、愛知西部 返信  引用 
名前:湯量豊富    日付:2021年9月24日(金) 18時47分
Original Size: 320 x 240, 39KB Original Size: 320 x 240, 43KB Original Size: 320 x 240, 39KB

皆様今晩は、お疲れ様です。煩雑化を避けるため失礼いたします。@の左端が300度、Bの左端が30度です。30〜60度(長野中部・南部、新潟・福島・群馬)ライン近辺からの放射ですが、気になるのは左手に伸びるウイングです。これは長時間滞空し、次の画像のようになります。



93555.Re: 24日、愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月24日(金) 18時57分
Original Size: 320 x 240, 35KB Original Size: 320 x 240, 43KB Original Size: 320 x 240, 36KB

上のウイング症状の終期です。焼けのピークは過ぎています。215〜245度(和歌山南方沖・紀伊水道、日向灘・四国沖、薩南・南西諸島・台湾)ライン近辺からの放射状架橋を組んでいます。
上の30〜60度ラインからの放射症状が終了した後も架橋のみが残留し、新たに215〜245度ラインの症状を見せたものです。雲全形はコンパクトですが滞空時間は長いので少々気になります。



93556.Re: 24日、愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月24日(金) 18時58分
Original Size: 320 x 240, 46KB Original Size: 320 x 240, 45KB

@の中央が180度、Bの中央が270度、Dの中央が0度となります。



93558.出たりひっこんだり
名前:湯量豊富    日付:2021年9月25日(土) 22時15分
Original Size: 692 x 520, 61KB Original Size: 692 x 520, 62KB Original Size: 692 x 520, 63KB

皆様今晩は、お疲れ様です。三重南東沖・三重南部近辺の小さな深発系のものと思われますが、同じ場所で「出たりひっこんだり」可愛くて面白いです ^^;。



93560.26日、衛星画像
名前:湯量豊富    日付:2021年9月26日(日) 15時23分
Original Size: 1200 x 900, 93KB Original Size: 1200 x 900, 92KB Original Size: 1200 x 900, 93KB

皆様こんにちは、低気圧関連の症状とは思われますが、内部のウェ〜ブと全体の形状が気になります(ただのホクロか、皮膚がんか? のようなイメージでしょうか??)。予兆としますと、長野中北部・新潟〜福島・茨城・千葉東方沖・関東内陸あたりの症状と思われます。



93561.Re: 26日、衛星画像
名前:湯量豊富    日付:2021年9月26日(日) 17時16分
Original Size: 1200 x 900, 95KB Original Size: 1200 x 900, 92KB

@三重南東沖、静岡・伊豆・千葉南東沖近辺にもウェ〜ブが見られます。A和歌山南方沖に湧き出しが見られますが、ともに出現時間は長くはありません。


93548.21日、愛知西部 返信  引用 
名前:湯量豊富    日付:2021年9月21日(火) 20時52分
Original Size: 320 x 240, 31KB Original Size: 320 x 240, 31KB Original Size: 320 x 240, 33KB

皆様今晩は、お疲れ様です。アマグモモドキ系の放射症状と思われます。@の左端が90度、Bの左端が180度です。



93549.Re: 21日、愛知西部 および千島M6.5?
名前:湯量豊富    日付:2021年9月21日(火) 21時12分
Original Size: 320 x 240, 33KB Original Size: 1200 x 900, 96KB Original Size: 1200 x 900, 76KB

C、上の続きで右端が270度です。120〜150度(八丈島・鳥島・伊豆諸島・小笠原諸島)、もしくは170〜200度(東海・三重南東沖・南海道・和歌山南部)などの単独もしくは混在症状に見えます。低層の若干主張を感じる表情です。

千島M6.5に関しましては、13日93510、18日93536が気になります。当日のレポートの画像を2枚ほど再掲しておきます。詳細は当日のレポートをご覧ください。ただし、地震多発地帯ですので誤参考程度にてお願いいたします ><;。


93542.波状雲など 返信  引用 
名前:湘南・IKU    日付:2021年9月19日(日) 23時34分
Original Size: 500 x 375, 18KB Original Size: 500 x 375, 19KB Original Size: 500 x 382, 50KB

みなさま、こんばんは。
当地、本日は低層の雲が多く、その上にほぼ南北の雲、東西整列の波状雲などがありました。
夕方、岐阜県飛騨地方M5.0が発生。前兆は8月25日「南東ー北西基調の鱗雲と、北から伸びて来る方向性の乱れた巻雲が入り交じって出ている状態。国内内陸と海外遠方に強い震源が存在」を書いていました。

1・9時の東北東の空。ほぼ南北の雲が出ており、雲の方向上でM5程度の震源と推定しています。
2・12時の南西の空。手前の東西の雲はややシャープな形状も有り、国内の海域震源を疑います。
また、画像右下、遠方に南北の雲が滞空しています。
3・13時可視画像。御前崎沖にM4〜5の雲の吹き飛ばしが出ています。

http://syounaniku.world.coocan.jp/footer_04.html



93543.Re: 波状雲など
名前:MilkyWay@横浜市    日付:2021年9月20日(月) 9時10分
Original Size: 640 x 480, 59KB Original Size: 320 x 240, 50KB Original Size: 320 x 240, 43KB

IKUさま、皆さま おはようございます。
ここ数日、能登半島M5.1 震度5弱 福島沖M4.4 震度3や、宮城沖M4.1 震度3
茨城県北部M4.2 震度3 、飛騨地方M5.0 震度4など地震活動が活発化してます。
これ以上大きなものが来ないで落ち着いて欲しいです。
昨日の写真です。
1. 9/19 08:30 北西
2. 9/19 08:30 北
3. 9/19 17:58 北北西
茨城県北部M4.2 震度3 もありましたね。



93550.Re: 波状雲など
名前:湘南・IKU    日付:2021年9月21日(火) 23時24分
Original Size: 500 x 375, 23KB Original Size: 500 x 375, 27KB

MilkyWayさま、みなさま、こんばんは。
当地、快晴で夕方まではっきりした雲はなし。夕方に石垣状雲、羊雲、帯雲などが出現しました。
今朝、千島M6.5が発生。前兆は、私のサイトの13日「千島・北海道東部に明瞭なナミナミ雲」、14日「北海道〜南西諸島〜小笠原の大三角形連鎖は、このM6.2が仕上げと思うのですが、これがM6級連鎖の始まりということも、可能性は低いですがあるかも」、15日「鈎型巻雲「千鳥」。やはり海外など遠方の前兆」などを書いていました。

1・17時の西の頭上。遠方の強い震源を示す、石垣状の雲。密度が高く、強い前兆に見えます。
2・同時刻の東北東の空。遠方にほぼ東西の帯雲がプレートストレスを示していますが、まつげ状に南に伸びる雲があり、やはり海外の震源と推定します。

http://syounaniku.world.coocan.jp/footer_04.html



93551.Re: 波状雲など
名前:湘南・IKU    日付:2021年9月22日(水) 23時44分
Original Size: 500 x 375, 12KB Original Size: 500 x 375, 16KB Original Size: 500 x 375, 23KB

MilkyWayさま、みなさま、こんばんは。
当地、朝から南北の雲など前兆雲があり、午後は吊し雲などプレートストレスを示す雲が多く出ました。コンパスは東1度振れ。南の針が盤面に張り付いており、小笠原など南の震源が考えられます。
現在、雷雲接近中。

1・8時40分の東の頭上。遠方の強い震源を示す石垣状雲。
2・11時20分の西の空。富士山のあたりで空を二分割する北東ー南西の雲。福島・茨城沖か南西諸島方面の震源と推定。
3・16時10分の東方向の空。手前頭上に遠方の震源を示す方向性の乱れた巻雲。遠方に南北の吊し雲。

http://syounaniku.world.coocan.jp/footer_04.html



93552.Re: 波状雲など
名前:MilkyWay@横浜市    日付:2021年9月23日(木) 23時31分
Original Size: 640 x 480, 44KB Original Size: 640 x 480, 39KB Original Size: 640 x 480, 38KB

IKUさま、皆さま こんばんは。
今日は、夕方少し焼けました。
 1. 9/23 17:29 西北西
 2. 9:23 17:29 北
 3. 9/23 18:08 西 雲の色が黒くて少し嫌な感じです。
22日08:16 頃、オーストリア メルボルン近くで珍しい事にM5.9の地震がありました。また、22日18:57頃 ニカラグアでM6.5など 相変わらず地震活動が活発な様子です。



93553.Re: 波状雲など
名前:MilkyWay@横浜市    日付:2021年9月23日(木) 23時49分
現在、放射線量が少し高めです。
普段より0.02〜0.03μSv/h程高いです。


93557.Re: 波状雲など
名前:湘南・IKU    日付:2021年9月24日(金) 23時39分
Original Size: 500 x 375, 11KB Original Size: 500 x 375, 15KB Original Size: 500 x 375, 11KB

MilkyWayさま、みなさま、こんばんは。
当地、朝から霞が濃く、夕方から前兆雲が見え始めました。コンパスは東1度振れ。体感強め。
当地から距離のある強い震源が存在します。

1・16時50分の北西の空。遠方に北東ー南西の帯雲ですが、ささくれのように鈎型形状が出ており、遠望の震源を示す雲。その上空には東西の櫛の歯状雲または強い震源に因る刺激雲。
2・17時の西方向の空。画像右下に北東ー南西の帯雲。左下に南東ー北西の帯雲。その上に西指向の形状のやや乱れた巻雲。さらにその上空に南北の歯状雲または強い震源に因る刺激雲。騒然とした空。
3・17時10分の西の空。一部に彩雲がありました。

http://syounaniku.world.coocan.jp/footer_04.html



93559.Re: 波状雲など
名前:湘南・IKU    日付:2021年9月25日(土) 23時18分
Original Size: 500 x 375, 27KB Original Size: 500 x 376, 25KB

MilkyWayさま、みなさま、こんばんは。
当地、午後に遠方の強い震源を示す石垣状の雲が出ていました。コンパスは東1度振れ。体感少々あり。

1・13時40分の頭上、密度の高い石垣状雲。遠方の強い前兆。
2・17時赤外画像。三陸沖のアウターライズ域を中心に円弧状境界前兆雲。M5以上の震源有り。

http://syounaniku.world.coocan.jp/footer_04.html


93537.19日、愛知西部 返信  引用 
名前:湯量豊富    日付:2021年9月19日(日) 15時6分
Original Size: 320 x 240, 55KB Original Size: 320 x 240, 56KB Original Size: 320 x 240, 66KB

皆様こんにちは、お疲れ様です。ジシングモモドキ6:アマグモモドキ4
の疑い。難しいところです。一応貼っておきます。Aの中央が90度です。



93538.Re: 19日、愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月19日(日) 15時10分
Original Size: 320 x 240, 38KB Original Size: 320 x 240, 39KB Original Size: 320 x 240, 39KB

上のその後です。Aの中央が50度です。



93539.Re: 19日、愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月19日(日) 15時12分
Original Size: 320 x 240, 40KB Original Size: 320 x 240, 40KB Original Size: 320 x 240, 45KB

上の続きで、Cの中央が140度、Eの中央が230度です。



93540.Re: 19日、愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月19日(日) 15時32分
Original Size: 320 x 240, 43KB Original Size: 320 x 240, 40KB Original Size: 320 x 240, 38KB

上の続きで、Gの中央が320度です。断層状崩れっぽいものも見せてはいますが、これはチョット、分かりにくい出方です。低層の雲なのか、衛星でもハッキリしたものは見られません。しかし、仮にアマグモモドキとしますと若干の主張を感じます。
約50〜230度にかけて広く着地しており、方位の絞り込みには非常に悩むところです。通常±15度の猶予のところ、恐縮ながら±30度をいただきたいと思います。おおよそ中央値の130度±30度=100〜160度(千葉南東沖・伊豆諸島・八丈島・鳥島近海・小笠原諸島)からの症状と予想してみます。
ただし、気象性の疑いも十分にあるため、誤参考程度にてお願いいたします ><;。



93541.飛騨地方 M5
名前:湯量豊富    日付:2021年9月19日(日) 21時3分
Original Size: 1200 x 900, 87KB Original Size: 1200 x 900, 87KB Original Size: 1200 x 900, 88KB

12日ご報告の93502〜の衛星画像を疑っています。能登関連かとも思いましたが、初期から終期まで能登上空を覆うことはなく、当日のレポートでは能登ではなく、長野北部から新潟あたりを予想しています。カットライン状の雲の症状は11時頃から20時頃まで見られています。今回は補足として違う時刻のものを貼っておきます。なお、当日の画像には東海道南方沖M6.2の深発と思われる雲塊も同時に見られています。
レポートは12日93502〜をご参照ください。また、肉眼画像としては、同じく12日の93504、サイレントタイプの断層状崩れが疑われます。予想していた南西諸島〜日向灘での目立った動きはなく93502〜の衛星画像とともに気になっていたものです。単なる偶然と思われますが、@の16:40とBの20:00のものは、震源地付近が段差症状を見せ、Aの18:30画像は、震源地付近がV字に陥没しています。この長野北部近辺を横断するカットラインと12日の肉眼画像はシンクロしているかもしれません(当日のレポートでは「東海沖の雲塊とのシンクロはしていない」趣旨のことを書いています)。
以前、長く続いた境峠・神谷断層帯近辺の症状と思われますが、12日の衛星画像の症状も比較的長く続いており、このあたりの群発の再発、もしくは少し大きめの後続も疑われます。いずれにしても、近い将来に発生するであろう、小笠原・南西諸島・千島などの海溝型地震のストレスを受けた、前駆的症状のひとつのように思います。



93544.20日、愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月20日(月) 21時44分
Original Size: 320 x 240, 44KB Original Size: 320 x 240, 49KB Original Size: 320 x 240, 51KB

皆様今晩は、お疲れ様です。@の中央が0度、Bの中央が90度です。



93545.Re: 20日、愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月20日(月) 21時46分
Original Size: 320 x 240, 48KB Original Size: 320 x 240, 53KB Original Size: 320 x 240, 60KB

上の続きでDの中央が180度です。



93546.Re: 20日、愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月20日(月) 22時25分
Original Size: 320 x 240, 64KB Original Size: 320 x 240, 67KB Original Size: 320 x 240, 44KB

上の続きで、Fの中央が270度、Hは@へと戻ります。ウロコの方位性からは、0〜30度(飛騨・長野北部、能登)ライン、200〜230度(和歌山南部・同南方沖・紀伊水道)ラインの混在が疑われます。濃密度は後者ライン優勢と思われます。ただC〜E内(160〜200度)には、さらに、三重南東沖・東海沖・鳥島近辺等の深発症状の混在の疑いもあります。



93547.20日、衛星画像
名前:湯量豊富    日付:2021年9月20日(月) 22時13分
Original Size: 1200 x 900, 71KB Original Size: 1200 x 900, 69KB Original Size: 1200 x 900, 70KB

中国渤海から東北地方にかけてブランクが出ているように見えます。Bは朝鮮半島の白頭山の周囲にクラックが出ているように見えます。ただ、中国のこの近辺、自分的にはことごとく未発状態です。誤参考程度にてお願いいたします。


93527.16日、夕の愛知西部 返信  引用 
名前:湯量豊富    日付:2021年9月16日(木) 22時37分
Original Size: 320 x 240, 37KB Original Size: 320 x 240, 39KB Original Size: 320 x 240, 52KB

皆様今晩は、お疲れ様です。Aの中央が180度です。



93528.Re: 16日、夕の愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月16日(木) 22時42分
Original Size: 320 x 240, 45KB Original Size: 320 x 240, 47KB Original Size: 320 x 240, 46KB

上の続きで、Cの中央が270度、Eの中央が0度です。180〜220度(東海沖・東海道南方沖・鳥島近海・三重南東沖・南海道南方沖・和歌山南部)ライン近辺からの症状に見えます。先日よりは小さめと思われますが、深発の感もありです。



93529.Re: 16日、衛星画像
名前:湯量豊富    日付:2021年9月16日(木) 22時54分
Original Size: 692 x 520, 59KB Original Size: 692 x 520, 58KB Original Size: 1200 x 900, 86KB

日向灘、小笠原近辺、宮城・岩手あたりの雲が紛らわしいです。



93531.地震雲否定、マジ、上等です^^;。
名前:湯量豊富    日付:2021年9月16日(木) 23時43分
これについては、もう水掛け論です。かく言う私も、自分で経験しなければ「地震雲」など今でも信じてはいなかったでしょう。それは何に対しても同じだと思います。
たとえば、光学現象で「幻日環」という非常に珍しい現象があります。気象や雲・光学現象の専門家でも出会えた方はなかなかお見えにならないようです。現代は、スマホやデジカメが普及していますね。その類い稀な現象に出会った方は、ラッキーにも画像として納めておられますが、もしこれが、そのような機器の無いひと昔前であれば、どうでしょう、簡単には信じてはもらえないのではないでしょうか?

加えて、冷静に考えれば、否定派の方々も、肯定派と同じように「相手を叩きのめすような観測」を出してきてはいませんね。その意味では失礼ながら「ウンコ、ゲロを笑う!?」です。
TVによくご出演になる気象予報士や雲の専門家の皆様は、きっと大変にご多忙のことでしょう!ご多忙になるにつれ、実は、空をじっくりと見る時間などにはほとんど恵まれていないように思います。

地震雲は、「震源」という物理的なものが存在する以上、それなりのルールに則った観測や撮影の仕方が必要と思います。そのうえで、地震予測うんぬんよりも、まずは「気象雲とは似て非なる雲」の存在があるのか?を私自身は徹底的に調べたいと思います。
おそらく、この掲示板も何名かの気象や雲の専門家がご覧になっておられると思いますが、まだ、有名になっておられないようであれば、今のうちに多くの現場に立ち、ぜひ比較可能な観測サンプルを集められることをおすすめいたします。私は名もなくお金もないので余計なことができませんが、その分「定観測点」と「観測時間」は豊富にあります。
寺田寅彦や南方熊楠のように毎日楽しく地球と遊ぶことができれば本望です ><;。


93532.Re: 13日、夕の愛知西部、能登に関連か?
名前:湯量豊富    日付:2021年9月17日(金) 20時45分
Original Size: 320 x 240, 61KB Original Size: 600 x 450, 110KB Original Size: 640 x 480, 127KB

皆様おはようございます。はるか昔、類似症状があったように思い、アルバムを遡って探しました。当時の資料の一部です。まだ、フィルムカメラ時代のサンプルで、2008年3月17日の朝です。70〜90度(千葉東方沖・茨城沖)ー260〜280度(京都南部・島根)ラインの両極症状と予想しましたが、270度(島根)ラインでは発生せず、北側ウイングの直角方向、能登にてM4.4,M4.0の二回の地震(撮影20分後の即対応)と愛知岐阜県境でのM3.7(19日)が続けて発生しました。メインは千葉東方沖〜茨城沖だったようで25日までの8日間でM5.3を筆頭に多数発生しています(気象庁データベース等ご参照ください)。

13日の93506〜の北ウィングの架橋は直角方向読みの能登の可能性も疑われます。ただし今回は、270度方向にはごくごく可愛いものですが畝のラインが見られます。270度ラインは完全キャンセルとまでも言えないかもしれません。

また、南側の筋肉質架橋は、小笠原ラインを読んでいますが、東海道南方沖のM6.2深発のだった可能性が濃厚と思われます。12日の93506は、これも過去サンプルからは、やはり、日向灘から南西諸島にかけての症状のように思われますが、難しいところです。



93533.17日、衛星画像
名前:湯量豊富    日付:2021年9月17日(金) 8時25分
Original Size: 1200 x 900, 79KB Original Size: 1200 x 900, 79KB Original Size: 1200 x 900, 79KB

@朝鮮半島にカットライン AB北海道北部〜サハリンにカットライン。ただし、カットラインはじめ、衛星画像にも「地震雲モドキ=気象雲」が思いのほか多数存在するように思われます。肉眼に比べその見極めは自分にとっては極めて難しいものがあります。相当にスパンが長いのか? タダはずしているだけのことなのか?(おそらくはこちら!?)

私は当たっているように見えるときだけ「いかにもな書き方」をしますので、十分にご注意ください。観測する立場のものが本当にやるべきは「明らかにハズシタものの十分な検証」と考えますが、これもまた、その情報量の観点から、私にとってはおのずと非常に難しい課題となります。ただ、肉眼観測に関しては、さらに情報を積み重ね、より濃密度の高い比較可能サンプルの集積を目指したいと思います。



93534.17日、衛星画像
名前:湯量豊富    日付:2021年9月17日(金) 20時50分
Original Size: 1200 x 900, 74KB Original Size: 1200 x 900, 74KB

皆様今晩は、お疲れ様です。昨日に続き、朝鮮半島、日本海中部から津軽海峡・青森東方沖あたりにかけて、R形状の、弱いクラックのようなものが見られます。



93535.京都南部 M2.8 13日93506、270度ライン整合!?
名前:湯量豊富    日付:2021年9月18日(土) 22時25分
Original Size: 692 x 520, 78KB Original Size: 320 x 240, 26KB Original Size: 320 x 240, 30KB

皆様今晩は、お疲れ様です。上で17日に再考察記事としてアルバム写真を挙げさせていただいておりますが、その中段ほどに「270度ラインは完全キャンセルはしない」と書いています。やはり、@京都南部にてM2.8がありました。整合と考えます。

また、13日撮影の画像の中に「筋肉質の南側ウィング」の初期画像ABがあったことを思い出し、本日すべて現像し見直しをいたしました。撮影時刻は14:58でAの右端が180度です。初期症状は、この帯雲架橋のみしか発生しておらず、このときには270度方向の放射症状ももちろん発生していません。93506の撮影時刻は17:29で、帯雲架橋の出現時間はほぼ2時間半です。仮に270度ラインの震源に由来する帯雲架橋としますと、M2.8規模に対してはあまりにも長すぎる出現時間となります。

93506画像では90度ラインへもきれいに着地(90度ラインへも引力されたものと思われます)しており、そちらの方向の混在も書いていますが、これは15日の千葉東方沖M4と思われます。
つまり、たかだかM2.8の症状にしては、南側の筋肉質帯雲の出現時間とともに両極ウイングの放射症状もあまりにも派手ということです。したがって結論としては「南北方向とも単独(北方位は能登M5.2)の架橋が出現、グリコの可愛いオマケのように千葉東方沖(90度)ー京都南部(270度)が付いてきた」というイメージになります。
これが仮に東北太平洋岸ー南西諸島ですと、分かりやすく美しい両極放射型の架橋をまず間違いなく見せますが、上記のラインはなぜか単独同士の独立した演技ばかりです。前者ラインとは、何かメカニズム的に異なるものがあるのだろう・・・と疑っています。
したがって、この筋肉質の帯雲架橋は東海道南方沖M6.2と見た方が自然な感じです。



93536.18日、衛星画像
名前:湯量豊富    日付:2021年9月18日(土) 22時21分
Original Size: 1200 x 900, 76KB Original Size: 1200 x 900, 76KB Original Size: 1200 x 900, 76KB

茨城・福島・宮城・岩手沖から三陸沖・北海道東方沖・千島にかけての雲の形状・内部や、胆振近辺からの竜巻状雲が面白いです(若干主張?)。また、小笠原近辺の台風崩れに巻き付くような襟巻状雲が見られます。


93526.能登 M5.2 返信  引用 
名前:湯量豊富    日付:2021年9月16日(木) 22時34分
Original Size: 1200 x 900, 101KB Original Size: 1200 x 900, 100KB Original Size: 1200 x 900, 87KB

皆様今晩は、お疲れ様です。肉眼での「コレっ!」といった症状はつかめていません。衛星画像の方では、皆様ご承知おきのとおり、今までに何度か取りあげています。ただし、どれがどう該当するのか否かはわかりません。一応、過去レポを再掲示しておきますが誤参考程度にてお願いいたします。@は8月7日93338 Aは予測として8月12日93364、対応としてのレポートを8月22日93390にてご報告。 Bの帯雲に対するものは顕著なものがまだのように思われます。


93506.13日、夕の愛知西部 返信  引用 
名前:湯量豊富    日付:2021年9月13日(月) 18時37分
Original Size: 320 x 240, 31KB Original Size: 320 x 240, 29KB Original Size: 320 x 240, 29KB

皆様今晩は、お疲れ様です。先ほどのこちらです。イメージがつかみやすいように90度(真東)からのスタートです。@の中央が90度、Bの中央が180度です。



93507.Re: 13日、夕の愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月13日(月) 18時38分
Original Size: 320 x 240, 42KB Original Size: 320 x 240, 35KB Original Size: 320 x 240, 37KB

上の続きで、Dの中央が270度です。



93508.Re: 13日、夕の愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月13日(月) 18時51分
Original Size: 320 x 240, 37KB Original Size: 320 x 240, 34KB Original Size: 320 x 240, 34KB

上の続きで、Fの中央が0度、Hは@へと戻ります。
255〜285度(京都南部・大阪北部、島根・広島東部・鳥取、瀬戸内、滋賀)ライン近辺からのサイレントタイプの放射状崩れに見えます。サイレントタイプの症状は、ベテランを自負される方でも視界の利く場所での慎重な全天観測を怠ると、タダの薄曇りにしか見えない厄介な症状です。
放射状崩れから延びる帯雲は80〜110度(千葉東方沖・千葉南東沖)方向へ伸びています。放射中央部自体の主張はそう強く感じませんが、両ウイング(南側は帯雲の下に横たわる)が意外に筋肉質です。A〜Cの下部に横たわるものは小笠原ラインの混在の疑いもあります。



93509.Re: 13日、夕の愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月13日(月) 19時6分
Original Size: 320 x 240, 40KB Original Size: 320 x 240, 37KB Original Size: 320 x 240, 36KB

上の93507(C〜E)のその後です。震源方位を指す、明らかな横畝が現れます。誤差として±15度をいただきますが、270度(京都南部・大阪北部、島根・広島東部・山口)ラインが最も疑われます。

有明海や和歌山北部など中央構造線(日本の血圧計!?)近辺がゴソゴソしております。衛星画像等も含めて、少し動きがあるかもしれません。



93510.Re: 13日、衛星画像
名前:湯量豊富    日付:2021年9月13日(月) 19時0分
Original Size: 692 x 520, 63KB Original Size: 692 x 520, 63KB Original Size: 1200 x 900, 96KB

福島沖・三陸沖、北方四島・千島近辺が気になりました。



93515.東海道南方沖 M6.2 深発D450Km
名前:湯量豊富    日付:2021年9月14日(火) 18時54分
Original Size: 1200 x 900, 87KB Original Size: 1200 x 900, 88KB Original Size: 692 x 520, 52KB

皆様今晩は、お疲れ様です。7:46に表題地震が発生いたしました。衛星画像としては、12日ご報告の「12日、衛星画像その後(93503)」を疑っています。内容としては「南海道はるか沖」で予想を立てています。
当日の画像は、16:10 17:10 18:10(非常に不自然な形状を見せています)をご報告させていただいておりますが、さらにその後の画像を追加しておきます。20時の雲塊はほぼ、震源上空を覆っています。雲の規模としてはコンパクトに見えますが、14時頃から三重南東沖近辺からの初期症状が始まっているようで、出現時間としては4時間を超えています。浅い地震の場合は雲の規模や形状ももう少し派手かつ大きくなるのかもしれません。

なお、肉眼としては「12日、夕の愛知西部(93504)」の断層状崩れが疑われます。ただし、個人的にはシンクロはしていないように思います。同様に南海道はるか沖あたりまでを読んでいます。思い切って30度に絞り込んでいますが、やはり大型の雲になるほどタイトな絞り込みは難しいようです。仮にこれが浅い地震としますと、雲内部の表情が明瞭になるorサイレントタイプでも断層症状が明瞭になるor両方の症状ともに明瞭に出るものと思われます。表情がハッキリしてくる分(特に、方位性を示す畝が明瞭に出ている場合は絞り込みのヒントになります)浅い震源の方が少しだけ絞り込みやすくなるかもしれません。

ただ、いずれにしても立証できるものではなく、さらなるサンプルの収集が必要です。誤参考程度にてお願いいたします ><;。



93520.Re: 13日、夕の愛知西部
名前:湯量豊富    日付:2021年9月15日(水) 18時46分
皆様今晩は、お疲れ様です。もともと270度近辺ラインは、以前から書いているとおり、7〜10日の長いスパンをとることがしばしば見られるようです。今回、東海度南方沖の深発で多少のストレスが抜けた感もあり、同ラインは長めのスパンをとることも考えられます。また、今回深い位置でのストッパーの一部が外れたイメージも多少あり、その意味では、小笠原・鳥島・八丈島近辺の後続もありかもしれません。完全な妄想ですので大量のマユツバでお願いいたします。


93521.Re: 14日、衛星画像
名前:湯量豊富    日付:2021年9月15日(水) 18時51分
Original Size: 692 x 520, 58KB Original Size: 692 x 520, 58KB Original Size: 692 x 520, 57KB

五島列島南方沖から薩摩半島西方沖に不自然な形状が見られます。



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb