[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
MANGROVEJACK掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



235.JRA 返信  引用 
名前:高田    日付:2016/9/22(木) 11:13
マイrチャンピオンシップについて
http://blogs.yahoo.co.jp/milecs_jp

234.canada goose sale 返信  引用 
名前:canada goose sale    日付:2015/2/7(土) 6:56
canada goose price jones curve tv
http://winter.jacket-mall.co.uk/

231.訂正 返信  引用 
名前:Waterboy    日付:2007/2/6(火) 12:32
すみません、URLを間違いました。
http://mytown.j-bee.com/waterboy

230.エッ!サメが? 返信  引用 
名前:Waterboy    日付:2007/2/6(火) 12:29
この掲示板の趣旨を理解しないまま、題名の件で投稿します。
私は「折畳式カヌー」で何処でも浮く習性を持っています。
13年12月に続いて2月3,4日も携行した艇で、
サンパレスホテル前から久茂地川から安里川、
潮渡川、ガーブ川そして国場川を漕ぎました。
そのことを沖縄にいたことのある医者に告げたら、
時々サメが出ると聞いて興ざめした次第です。(笑)
勿論神田川、道頓堀川、堀川(名古屋)、博多川にも浮きました。
http://ml-j.bee.com/waterboy

229.(untitled) 返信  引用 
名前:あっどーも    日付:2006/12/26(火) 17:18
http://www.a-domo.jp/
釣具日本一の安さに挑戦!! 「あっどーも」

12/20にオープンしたばかりの釣具屋です。
釣具日本一の安さに挑戦中です。
宜しければ是非遊びに来ていただけましたら幸いです。

管理者さまへ
宣伝等が禁止の場合、お手数ですが記事の削除をお願い致します。
2007年も皆様の大漁を祈願しております!!
http://www.a-domo.jp/

228.レクチャー&対談:土壌研究・松本聰先生+ecocolo編集者のお知らせ 返信  引用 
名前:日本科学未来館    日付:2006/11/9(木) 0:51
突然、個人ではなく科学館からの投稿で失礼します。

日本科学未来館では、現在企画展「65億人のサバイバル」を開催中です。11月11日(土曜日)には、食糧問題の展示に関連して、土壌研究の権威である松本聰先生のミニレクチャーと、雑誌ecocoloの編集者の方との対談を開催します。土壌の問題は、地味ですが食糧問題の根本部分にあたります。カジュアルな会を目指しておりますので、興味をもたれた方はぜひディスカッションにご参加ください。

詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。
<http://www.miraikan.jst.go.jp/j/sp/survival/ >
http://www.miraikan.jst.go.jp/

226.釣れんかったぁ〜 返信  引用 
名前:ゆうさく    日付:2006/10/23(月) 17:13
昨日は朝6時着で釣りを開始したけど、ぜんぜん釣れる気配がしなかったなぁ〜 7時にはベイビーのミルクの時間だから帰ったけど、まさか7時から釣れ始めるとは・・・・
来週こそは絶対釣るぞー!!

221.おひさ 返信  引用 
名前:ゆうさく    日付:2006/10/20(金) 9:38
どうも!社会の荒波にもまれ少し老けた21歳のゆうさくです(笑)
最近までかなり忙しく休みもないような状態が続いましたが、やっと仕事が落ち着き釣りに行こうかなと思っている今日このごろです。
sacomさんもお忙しいみたいですね。ひさびさにHP拝見しました。かなり良い型の魚をたくさん釣られてますね!ハンドメイドルアーのほうもかなり進化していますね!まさか設計図面まであるなんてびっくりです!! あっ あと自分の近況報告なんですけど、最近結婚しまして子供ができました!というかもう生まれて4ヶ月たっているんですけどね(笑) 休みの日は家族サービスをしないといけないのでなかなか釣りに出れる機会がないのですが、明日はひさびさに早起きして釣りに行こうかと思っています! もし機会があればまたご一緒に釣りしましょう!でわ、なんか釣れたら報告しま〜す!



222.さっそく
名前:ゆうさく    日付:2006/10/21(土) 8:11
釣りに行きました!場所は熱田漁港で6時から開始して、タチウオが3匹釣れました! 周りの人も結構タチウオあげていました。ひさびさの釣りは楽しかったぁ〜!またまたハマってしまいそうです!!


224.Re: おひさ
名前:sacom    日付:2006/10/21(土) 12:4
ゆうさく殿>
いつの間に?!でーじおめでとう!!!
俺なんかまだ子供できてないってのに・・・。
最近主力がブログに移っているもんだからさ。HPの作り変えもちょくちょくやってるんだけど、まだUPしてないんだよね・・・。
中部の方はタチ釣れてるんだね。那覇近辺はポツポツといった感じやね。


225.どもども
名前:ゆうさく    日付:2006/10/21(土) 19:21
ブログもやっているんですね!拝見しました。まさかフライまでやり始めたとは・・・ がんばってフライフィッシングをマスターしてください!!
 明日もまた釣りに行こうと思ってます!!場所は懐かしのとまりんでちょいと投げてみようかな!!

218.久しぶり 返信  引用 
名前:cm    日付:2006/9/26(火) 17:22
最近はどうですか?
雑誌の投稿など、忙しそうですね。

「朝の通勤路」を見ました。
風情があるのと奥行きがあって、絵がうまくなったかな?
絵の中にSACOMが見えるともっとよかったかも。
でわでわ。



219.Re: 久しぶり
名前:sacom    日付:2006/9/28(木) 20:2
CM殿>
おひさですね。最近仕事も忙しくなってますわ。
最近は光と影を意識してます。明るく見せるためには、ただ明るいだけじゃダメなんですね。影もしっかり描いてこそ、明るい色が活きるみたいな感じです。私はガジュマルの木に潜伏しているかもしれません(笑)

215.赤土流出と釣りに与える影響に関する技術検討 返信  引用 
名前:sacom    日付:2006/6/12(月) 23:14
ブログにてたびたび赤土問題について言及しておりますが、釣りとの関係になるとどうだろう?ということで幅広い観点からの技術提供お願いします。

沖縄の土壌についてですが、おおまかにわけてアルカリ土壌の島尻マージ、クチャ、ジャーガルと、酸性土壌の国頭マージとがあります。これらの土砂が雨で流出し、海川へ影響を与えることが問題とされています。

さて、釣りの技術検討を行なううえで気になることが、どのような影響を与えるかです。自分は単純に濁水が流れ込むためだけではなく、水質の変化(PH等)が変化するのではないかと見ています。というのも、濁りが入ると釣れる魚(チヌなど)がいるため、単純に濁りだけが問題というわけでもなさそうなのです。
水槽で魚を飼育するための水質管理において、HPと硬度、栄養分の量はかなり重要です。土壌のHPが水質を変化させ、釣魚に影響を与えている可能性はないか、実験の参考としたく検討を行いたいと思います。
また、硬度等の変化についても広く情報を募集します。土壌等の専門知識はもちろん、アクアリウムでの経験等で得た知識なども幅広く募集したいと思います。よろしくお願いします。



216.Re: 赤土流出と釣りに与える影響に関する技術検討
名前:タカ    日付:2006/6/17(土) 21:42
釣りの対象とする魚たちは生態系の中の一員として暮らしている。その連鎖の中には、
大別すると、生産者→一次消費者→二次消費者→三次消費者・・・→分解者 と区別されている。

ここでいう生産者とは植物であり、光合成によって酸素を作り出す。またそれ自身が一次消費者のえさとなる。

赤土問題の鍵はこの生産者と一次消費者の間にあると思っている。
なぜかというと、生産者といわれる植物の中に、プランクトンレベルのものと海草レベル他のものがあるが、全て己の意思で動くことができない。だから「動物」と区別される。赤土などの粘土鉱物は粒子が極めて小さい。そのため植物の環境を壊してしまう。

例えばサンゴだと褐虫藻が呼吸できないじょうたいになる。粘土鉱物の粒子が小さいために褐虫藻を窒息死させてしまうわけだ。それによりサンゴの白化がすすむ。(サンゴの白化はこれが原因の全てではないが)
サンゴの例から類推してもらうなら、海底や岩盤に着床して生活する植物はもろに影響を受けることはわかるだろう。
これにより大量の植物が死んでしまうとこれをえさにしてきた一次生産者などもまた生活できなくなる。動物プランクトンは植物プランクトンをえさとするので植物プランクトンの個体数が減るということは動物プランクトンの個体数の減少を招く。さらにプランクトン全体の個体数の減少は、一次消費者の一部および二次消費者の減少につながり、ひいては三次消費者の減少にもつながるというわけだ。赤土が流出した海に生物の気配が感じられないのはこのためであろう。

さてクロダイなどがにごりを好むというのは粘土鉱物によるものとは違ったもののような気がする。
陸地に見られる自然な堆積層を観察すると(内地のような大きな河川がある所という前提だが)一番上に腐植土層がありその下に赤土のような粘土鉱物土層が存在する。
腐植土層は水を適度に含み自然界ではダムのような役割を果たし植物の栄養にもなっている。しかも植物が光合成をする上で絶対に欠かすことのできない鉄を植物が吸収しやすい形に変えてくれるバクテリアの生活圏でもあるのだ。このバクテリアがいてくれるから水中植物は光合成ができるのだ。もしいなかったら鉄分子のサイズが大きすぎて植物は体内に鉄を取り込むことができない。この関係がわかったのはそう古くは無く、森林資源の再生(腐植土層の増加)が沿岸漁業資源に多大な効果を出していることご存知だと思う。全てこのバクテリアの功績であろう。またさまざまな微生物が生活している。

クロダイが濁りを好むのは決して粘土鉱物土層が好きなわけではなく、自分の体を隠すことができる煙幕効果を狙ったものだということと、えさの存在を考えたものではないかと思う。すると微生物も多いし様々に環境に帰依するバクテリアを含む腐植土層の濁りのほうがよいのではないかと言う推理が成り立つ。実際、粘土鉱物は重いため沈下速度も速いが腐植土の場合は沈下速度が遅いので煙幕効果は粘土鉱物よりも長時間期待できる。(一般的に言われているチヌの濁り好きは海底の甲殻類の動きと関係があるとされている)

PHについては、絶対に粘土鉱物のほうがイオン化は強いので、一気に海中に流出するなら電位はあがるはず。浮遊イオンが多いほど、電気的に弱い立場の植物プランクトンに代表される生産者および一次消費者である動物プランクトンは影響を受けやすい。ということは二次消費者、三次消費者にも影響が出る。魚によってはPHが高いほうが都合がいい魚とその逆の魚もいるはず。それがどの魚なのかがわかれば、狙い方も絞れてくる。

まっ暇だったんで徒然に書いてみた。雑すぎて意味わからんと思うがわからん人は海で僕に会ったときに聞いてください。


217.Re: 赤土流出と釣りに与える影響に関する技術検討
名前:ボビー    日付:2006/6/22(木) 21:27
赤土の濁りに関して言えば良い事はあまりないですね。
正直、赤土の濁りに関しては淡水の影響とも密接な繋がりがあるので、塩分濃度の低い水を好む魚にや、鰓の構造が赤土などの微細なゴミ?をろ過出来る構造を持つ魚に関しては問題は無く釣れると思いますが、高濃度の塩分、鰓の構造で濁りに適さない構造を持つ魚に関しては大いに影響アリですね。
チヌ等が好む濁りに関しては全体的な濁りよりも部分的な濁りに関しては興味を抱かせて寄せたりする効果はあるみたいです。
久米島では海老養殖場からの濁り(珪藻類のを多量に含む排水)が水路に排出されていますが、濁りがあるより透明度の高い水の方が魚は釣れますよ(笑)


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb