[ 携帯用URL ]
福岡欣治(SUAC文政・教員)の掲示板です
 静岡文化芸術大学の教員である福岡欣治(ふくおかよしはる)と学生のみなさんとの交流を目的とした掲示板です。授業や大学生活に関する質問や情報提供などに遠慮なく利用してください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



3640.4/27「心理学」Q13:気付いていない身近な錯覚の例 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/5/11(金) 4:38
Q:私たちの日常生活の中で目の錯覚の例はありますか?気づいていない身近な錯覚があったら教えて下さい。

A:授業では説明しませんでしたが、運動の錯視(動きに関する錯視)が良い例でしょう。錯視だとすぐにわかるのは、止まっている電車に乗っていて、動き出すときにあたかも進行方向と逆に景色が動いているように見える、というのがあります。それから、気付いていない錯視の典型は、電光掲示板の「文字板ニュース」でしょう。遠鉄バスとか新幹線とかにありますよね。主観的には“文字が左から右に流れていく”ように見えますが、実際には文字など動いていません。光の点が、左から順に点灯し、そして順に消えていくだけです。にもかかわらず、一定のタイミングで点灯・消灯を繰り返すことによって、あたかもなめらかに光が移動しているように見えます。
 余談ですが、もし錯視の起こらない人がいたら、文字盤ニュースはまったく読めないし、ネオンサインは無意味だし、8ミリフィルムなどの映像を見ても映っているモノの動きが知覚できません。悲惨です。(笑)



4032.Re: 4/27「心理学」Q13:気付いていない身近な錯覚の例
名前:SU    日付:2010/8/11(水) 10:27
左から右ではなく右から左では?


4033.あぁ!確かに。。。
名前:福岡欣治    日付:2010/8/20(金) 21:41
 久しぶりにこの掲示板を覗いてみたらなんとレスが!
 SUさん、ありがとうございます。

 そして・・・確かに右から左ですね。大変失礼しました。(^_^;

4031.異動のお知らせ 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2009/4/7(火) 23:25
このたび、川崎医療福祉大学に異動しました。

ブログは当面、http://yfukuoka.blog110.fc2.com/ を継続使用していくつもりです。どうぞよろしくお願いします。

4030.ブログを使ってみます。 → http://yfukuoka.blog110.fc2.com/ 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/9/23(日) 18:17
 授業のQ&Aなどに活用してきたこの掲示板ですが、ブログの普及でシステムとしてはずいぶん古くさいものになりました。

 6月頃に一度アナウンスしたことがあるんですが、このたび、以下のブログにこの掲示板の機能を移行させようと思います。

  http://yfukuoka.blog110.fc2.com/

 すでに今月初めから、非常勤先の授業のQ&Aなどを書いていますが、ブログだと内容の分類ができるので、SUACの授業についてもブログの方にQ&Aを書こうと計画中です。
 まずは試験運用、といったところですが、どうぞよろしくお願いしますね。

4029.時間割のエクセルファイルを提供します。 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/9/23(日) 18:11
 もうすぐ後期ですね!

 さて、9/20に教授会があり、後期の時間割が一応確定しました(※ごく一部まだ変更される可能性がありますが)。
 ですが、学生のみなさんにフォーマルに伝わるのは9/28の授業開始日以降です(成績表もこの日以降の受け取り)。とりわけこの授業開始日、どこに行けばよいかその日にならないとわからない、という(特に1年生の人には困るであろう)状態になっています。

 先ほど気づいたのですが、SUACの学内専用サイト(※知らない人もいそうですが・・・)の教務室のページ( http://siwww01.is.suac.ac.jp/~kyomu_web/ )部分に、時間割のエクセルファイルが掲示されていました。ダウンロードしましたので、希望者には私からファイルをメールに添付して送ります。遠慮なく申し出てください。

4028.「心理学」授業アンケート結果に対する教員コメント 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/9/11(火) 10:46
 先日事務局から届けられた授業アンケートに対する教員コメントを作成しました。全科目分綴じたものは10月半ば頃に見られるようになるそうですが、私の作成したコメントを先にこちらに紹介しておきますね。以下全文です。

−−

※アンケートを試験(ミニ試験<後半>)終了直後に実施したので、他クラスと相違が生じている可能性があります。

■数値評価について
 全体として、全科目平均と非常に似通った結果でした。昨年までの傾向だと語学など少人数の講義の方が評定値が高いので、大講義室での授業として、この結果は“まずまず”だと思っています。もちろん「運営」に関する5つの質問については、担当者としてもっと高い評定をしてもらえるよう努力します。残念なのは「成果1:この授業で示された目標を達成するための努力ができた」の平均が4.0を下回っていたことです。これが運営1・2(担当者による目標の明示と指導)と同程度になるよう、来年度の受講者に期待します。
 独自設問の平均は「Qa.担当者は熱意をもって教えていたか」が4.5、「Qb.授業開始前のQ&A掲示は役立ったか」が3.8、「Qc.Web掲示板は自分自身にとって有益だったか」が2.9でした(※昨年度とまったく同じ)。「熱意」は担当者として必須の条件だと思っています。Web掲示板を今度どう活用するかが問題ですので、試行錯誤したいと思います。

■自由記述について
「良かったこと」「良くなかったこと」「その他」を書くようお願いし、半数強の計96人が応じてくれました。前者は、Q&A紹介や授業用のプリント配布、説明のわかりやすさなど、後者は・・・スクリーンが見にくい等もありましたが、目立ったのは「受講態度の悪い人がいる」と「授業の途中で注意をすると中断してしまう」でした。なお「良かったこと」にも「うるさい人にちゃんと注意してくれた」というのが複数ありました。今年の受講者は例年よりも私語が多く、その点に問題を感じながら講義していたことを付記しておきます。

■担当者から
 良い授業とは、担当者と受講者が協力して作り上げていくものだと思っています。みなさんの積極的かつ真摯な受講に期待します。もちろん、それに負けない授業を目指します。

4027.授業アンケートの結果が事務局より届けられました。 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/9/5(水) 15:45
 本日、事務局から各教員に、前期授業アンケートの結果が届けられました。これは、みなさんが受講した各科目の最後に回答したアンケートの集計結果(各科目別の平均値と、すべての科目に関する平均値)およびその科目についての自由記述をそのまま入力したものです。
 「心理学」については、ミニ試験<後半>の解説をした後に実施しましたね。回答者は178名だったそうです。
 各教員はこれから内容を確認して9/27までに「コメント」を作るのですが、まず私からは、多くの人が回答してくれたことに感謝します。
 この件、また後日ご報告しますね。

4026.「心理学」成績通知の件 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/8/18(土) 9:48
 「心理学」採点終了をお知らせしていますが、先日ある学生さんから「成績を教えてほしい」との申し出がありましたので、お知らせしました。
 自分の成績を知りたい人は、私宛( fukuoka@suac.ac.jp )にメールを送ってくださいね。大学のアドレス( g0712000@suac.ac.jp 等)に送信します。どうぞ遠慮なく。

4023.「心理学」採点を終了しました。 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/8/11(土) 9:8
 7/27にミニ試験<後半>を実施した「心理学」ですが、これの採点、および出席状況による加点も含めた成績をようやくつけ終わりました。事務局には明日以降に通知するのですが、まずは速報としてこちらにお知らせしておきます。
 希望者には、点数をお伝えすることも可能ですし、研究室に来てくれれば答案を見せながら講評することもできます(答案自体は返却しません)。点数はメールでたずねてくれてもOKですが、送信は大学のアドレス(g0712000@suac.ac.jpなど)におこないますのでご了承ください。

 登録者206名のうち試験を受けた187人の得点分布は以下のとおりでした。これはミニ試験の素点(前半を40点満点+後半を60点満点で採点)ではなく、出席状況による加算を終えた後の、実際に成績表につく点数の分布です。

 90点以上・・・21名
 80−89点・・・77名
 70−79点・・・58名
 60−69点・・・18名
 59点以下・・・13名

 なお、出席状況による加算は、履修登録が完了し受講が確定した第3回(4/27)以降、2回のミニ試験を除く計11回の授業の状況にもとづいておこないました。ちなみに、同じ出席回数でもテストの素点が低ければ加点を多く、テストの素点が高ければ加点を少なくする、という傾斜配点をしました。これは“救済措置”的な意味合いをもたせていることによります。

 半年間の受講、お疲れさまでした!



4024.ご参考までに、昨年度の場合
名前:福岡欣治    日付:2007/8/11(土) 16:31
 以前の記録を見直してみたら、昨年度(2006年度)のものがありました。昨年度はミニ試験の前半・後半をそれぞれ50点ずつにしていたんですよね。そのせいでしょうか、今年(ミニ試験の前半40点、後半60点)の方がわずかながら高い得点の人の割合が多くなっています。ご参考までに。

■2006年度「心理学」得点分布
(試験を受けた人のみ)
  90点以上・・・21人
  80−89点・・・78人
  70−79点・・・65人
  60−69点・・・23人
  59点以下・・・10人


4025.先ほど、教務室に提出してきました。
名前:福岡欣治    日付:2007/8/13(月) 12:37
 「心理学」成績を、先ほど教務室に提出してきました。今日が締め切り日だったんです。
 教員は、8/17以降にこの提出したものの再確認(OCR用紙で提出しているので、それが機械で読み取られた状態のものをチェックします)をして、成績が確定します。教員にとっては、本当の夏休みはそれから、といったところですね。

4022.後期の時間割がごく一部追加/変更に 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/8/5(日) 19:7
 5〜7月の教授会にて、後期の時間割について一部追加&変更をすることが決まりました。この掲示板を見ているみなさんにはあまり影響がないかもしれませんが、私自身の備忘録を兼ねて書いておきます。

「情報検索」(文政学部共通、司書課程必修)八柳非常勤講師
  後期金曜4・5限(2クラス追加開講)

「舞台芸術論」(芸文専門)小林非常勤講師
  後期木曜1限(水曜1限から変更)

「フランス語上級」(国際専門)石原非常勤講師
  後期月曜5限(水曜4限から変更)

「静岡とアジア」(国際&文政専門)西野非常勤講師
  後期木曜4限(後期集中科目から変更)

 ・・・たぶん、以上です。

4021.必要ならJR等の遅延証明を 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/7/30(月) 9:24
つい先ほど、JRが止まっていると某学生さんから連絡を受けました。試験最終日なのに、焦っている人もいるでしょう。

 SUACの場合、授業や試験がこの種の事態で休講(中止)になるのは「暴風雨警報」の場合だけで、大雨洪水警報などは対象外です。
 ただし、交通機関の遅延などで試験が受けられない場合は、不可抗力ということで「追試験」の対象になります。

 ですので、今はまず、時間通り来学する努力を最大限してください。そのうえで、交通機関の遅れにより試験を受けられない場合は、その交通機関(JR等)で「遅延証明書」を発行してもらい、教務室で相談してください。おそらく、追試験願に記入・提出のうえ、追試験が受けられると思います。
 なお「追試験」とは、通常の試験と同じく100点満点で採点される試験のことです。

4020.7/27「心理学」ミニ試験<後半>終了 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/7/27(金) 11:40
 先ほど、ミニ試験<後半>を実施しました。今回は2教室に分かれて解答をしてもらい、終わってから普段の教室に全員集まってもらって解説をしました。<前半>に比べると問題数を1つ増やして解答時間も長くしました。
 解説終了後、授業アンケートと研究用アンケートに協力してもらいました。ありがとうございました。
 あとは採点ですが、終わったらまたこの掲示板でご報告します。

 なお、今日のミニ試験<後半>を何らかの理由で受験できず、かつ合格したいという気持ちを強く持っている人は、大至急、福岡まで連絡してください。可能な範囲で対応します。

4019.7/20「心理学」感想2:授業を受けて、自分のことがわかるか? 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/7/27(金) 7:30
C:今までに心理学を受けてきて思う事がある。心の思うことを分析していって、自分のことがわかるかと思ったが全くだと感じる。今日の話でも心の病とあったが、どこからどこまでが病になるのだろうと考えてしまった。

R:厳密な意味でいうと、授業は個人を診断するものではないので、ある特定の個人が抱えている個別具体的な問題に対する「答え」が提供することはまずありません。それは期待しても無理というものです。
 しかし、人間一般について知ることは、自分自身を相対化する手がかりを得ることであり、その意味で自分自身を知る助けにはなり得るでしょう。

4018.7/20「心理学」感想1:私は心身症??? 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/7/27(金) 7:30
C:私も別に心の傷などもなく普通に生活しているのによく下痢を起こします。中2の頃からこうなり、今や慢性化しています。まぁいつものことだと思って医者にも全く行っていないのですがもしかしたら心身症ではないかと心配になりました。
C:「気分障害」という病名があることにびっくりしました。無気力になることはしょっちゅうなのでこれも病気(!?)と思って心配になりました。

R:身体の弱い面に症状が現れることがあるのですが、心身症もやはり「症状」に過ぎず、それが社会生活に支障をきたすようなものでなければ、特に何かの対処をしなくてはならないといったものではありません。もちろん、心配なら診察を受けてもかまわないのですが。
 気分障害は診断名ですがはやり「症状」に対して付けられたものであり、身体レベルの「病気」とはちょっと違うものです。ちなみに、無気力になりやすいから気分障害、というわけではないですよ。

4017.7/20「心理学」Q16:南176で受験する人 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/7/27(金) 7:30
Q:テストの時に教室が違う人は授業のはじめから行動していいのでしょうか?

A:これは、ふだんの使用教室である南278でなく南176で受験するよう指示されている場合は直接そちらに行けばよいのかどうか、という質問でしょうか? もしそうであれば、「そのとおりです」というのが答えです。

4016.7/20「心理学」Q15:クライアントの症状に応じて対応を変える 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/7/27(金) 7:29
Q:心理療法家はクライアントの症状に応じて対応を変えていく必要があるという理解をしていいのでしょうか?

A:そのとおりです。症状の種類に応じて適切なアプローチを選びます。
 お医者さんが診察の結果に応じて処方する薬を変えるのと基本的に同じです。

4015.7/20「心理学」Q14:催眠療法と心理学 返信  引用 
名前:福岡欣治    日付:2007/7/27(金) 7:29
Q:昔テレビでやっていたことなのですが、エレベータの事件でエレベータに乗れなくなった人に対して“催眠療法でなおす”というのがありました。それも心理療法なのでしょうか?催眠によって、ある特定の行動を否定する(例:タバコがすえなくなる)という話もききますが、それも催眠と心理は関係があるのでしょうか?

A:催眠と心理学は無関係ではないですよ。心理療法の1つとして位置づけられています。ただし、催眠といってもテレビのオカルト番組ででてくるようなものではありません。
 SUACの図書館には(古いですが)こんな本がありますね。

>催眠療法. (サイコセラピー・シリーズ).
 成瀬悟策編. 文光堂, 1972 1階閲覧書架 492.78/Sa 21


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb