[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
なんでもBBS

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



693.(untitled) 返信  引用 
名前:ああ    日付:2016/1/4(月) 3:48
■モーニング帝国剣士

フク・アパトゥーマ

692.(untitled) 返信  引用 
名前:ああ    日付:2015/12/15(火) 0:9
大4
力001白061黒169召011無045炎047
力134白219黒216召670無345炎297
氷051雷014地076風037聖015闇016
氷306雷330地276風429聖254闇369
黒魔デス 黒30氷18闇18
ブレイク 黒30無18地18
スロウガ 白30風45
白レイズ 白30聖45
マレイズ 白30風18聖18
シルドラ 召40雷24風24
シルドラ 召60雷36風36
リヴァイ 召40炎24氷24
リヴァイ 召60炎36氷36
マディン 召60無30
フェニク 召30炎30聖15
ヴァルフ 召30無15風30
カーバン 召40聖20
カーバン 召60聖30
イクシオ 召30雷30風15
アレクサ 白15召30聖30
ケツァク 召30無15雷30
サボテン 召40無24地24
サボテン 召60無36地36
オルトロ 召60氷36地36
ファガ剣 力30黒18炎18
ブリガ剣 力30黒18氷18
サンガ剣 力30黒18雷18
ウォガ剣 力30氷18雷18
ブレイ剣 力30黒18地18
バイラ剣 力30黒18闇18
ぜんぎり 力30風45
叩き潰す 力30無18地18
じゃけん 力30無18闇18
肉斬骨断 力30炎18闇18
物いかり 力30炎45
ハイメン 力30無18氷18
ハイアマ 力30無18地18
かげぬい 力30無45
だんどう 力30雷18風18
パラライ 力30雷18風18
エンアス 力30氷18風18
こんしん 力30無18風18
ドレダイ 雷30風18闇18
てんけつ 力30闇45
れんき拳 力30炎18聖18
よろいと 力30雷18地18
守り盗む 力30地18風18
力を盗む 力30炎18風18
サガク剣 無18雷18聖30
魔法ひき 力30黒18炎18
バニレイ 力30無18聖18
アマスト 力30白18地18
ゆきかぜ 力30無18氷18
めいきょ 力30雷18闇18
物かえん 力30無18炎18
物ざんか 力30闇45
えいじん 力30氷18闇18
物げんむ 力30黒18闇18
たいまの 力18白30地18
けんしゅ 力18白30地18
ハイボク 白18地18聖30
ハイスタ 白18氷18風30
ハイウィ 炎18風30闇18
ストルン 力18風30闇18
ブライ弾 力30雷18闇18
サイレ弾 力30氷18雷18
ポイズ弾 力30炎18氷18
コンフ弾 氷30雷18闇18
ダクレイ 力30炎18闇18
ドレイガ 黒30闇45


極2
力001白018黒025召001無001炎008
力220白044黒044召040無048炎040
氷021雷005地008風010聖016闇018
氷048雷088地036風126聖068闇060
フェニク 炎04
ヴァルフ 風04
イクシオ 雷04
アレクサ 聖04
ケツァク 雷04
黒フレア 黒20無12炎12
アレイズ 白20風12聖12
オーディ 召20雷12聖12
バハムト 召20無12闇12
フレア剣 力20無12炎12
トルネ剣 力20黒12風12
みだれう 力20地12風12
物たくす 力20白12黒12
フルブレ 力20氷12雷12
クイトリ 力20風30
スカグラ 氷12雷20風12
爆裂正拳 力20炎12雷12
時間ぶん 力20雷12風12
シフレイ 雷12風20闇12
セイクロ 地12風12聖20
けんせん 力20無12氷12
きょうえ 力20氷12闇12
ブレフィ 白12聖20闇12
ブラクロ 力20地12闇12

690.(untitled) 返信  引用 
名前:A    日付:2015/5/4(月) 22:41
「Q期会議〜〜!」

食堂に入ったQ期団の4人は、今後について話し合うために同じテーブル席に着席した。
天気組団も同様に全員で固まっているのを見るに、
声が聞こえないほど距離は遠いとは言え、考えは同じなのだろう。
(ちなみにオダ・プロジドリはテーブル席空いててもカウンター席に着いている。)

「さてみんな、まず聞きたいんだけど……私に投票してくるよね?」

会議はフク・アパトゥーマによる不安げな問いかけで始まった。
同じ団員なので信じてはいるのだが、各個人の考えが分からないため心配になったのだ。
だがそんなモヤモヤも、サヤシ・カレサスの一言で解消されることとなる。

「フクちゃんは王になりたいんじゃろ?なら友達として後押しするのは当然じゃけのぉ」

細いながらも曇りのないサヤシの目を見て、フクは涙が出そうなくらいに喜ぶ。
友達になった記憶はあまりないが、自身を慕ってくれることが嬉しいのだ。
そして、エリポン・ノーリーダーもサヤシに続いて支援する。

「もちろんエリも応援するっちゃん!あ、ひょっとして次のQ期団長はエリだったりして?」
「ない……それは絶対ない……」
「ちょっとサヤシー!?」

エリポンとサヤシはよく小競り合いをするがフクを思う気持ちは同じだ。
そしてそれはQ期最後の一人、カノン・も感じている。

「フクちゃんが導いてくれたから今の私たちがあるんだよ。
フクちゃんが同期で良かったし、王になったら誇りに思うよ。
だから、私たち同期のためにも絶対に帝王になってほしい。」

686.オリジナルお笑いネタ【無償提供】サイト 返信  引用 
名前:在郷しゅう    日付:2015/2/24(火) 10:42
提供プログラム=ショートコント,ギャグ,おかしな日本語,語呂合わせ,うふふ川柳
人知れず努力されてるお笑い芸人さんを心から応援します!
あなたが選んだネタは、当方に連絡するだけで【あなただけのものになる】システムです!
早い者順ということになりますから早めに選んでお持ち帰りください!
詳細と連絡方法はHPに掲載します。
 
http://park18.wakwak.com/~kitanohoshi/owaraineta.htm

645.落語動画 返信  引用 
名前:落語    日付:2013/5/16(木) 21:45
落語動画

落語動画

643.求人のお知らせ 返信  引用 
名前:遠藤    日付:2012/11/10(土) 19:19


求人のお知らせ


全国出張ホスト 

【ベラドルチェ Bella Dolce】
完全新規オープニングメンバー大募集


【応募資格】

★20歳以上男性の方
★ホスト経験ありの方優遇、未経験者は大歓迎!!
★顔出しOKの方のみ
★現在お仕事をされてる方も大歓迎。副業OK!
★当店勤務・待機はございませんのでお住まいの地域を担当して頂きます。
★常識なマナー等、一般的な常識をお持ちの方なら誰でもOK。
★外見に自信が…年齢に不安が…まずはご連絡下さい。
★質問のみでもお気軽にお問合せ下さい。
★お電話にて面接日を決めてから事務所にて面接を行います。
★優しくて親切なスタッフが面接致しでお気軽に面接にお越し下さい。


【給料体制】

★日給¥50000以上可能(一日に最大で10万以上も可能)
★完全に日払い可能。詳細は、面接時に御説明致します。
★交通費全額支給
★勤務日、勤務時間は自由!!!自分で出たい日、出たい時間に出勤下さい。



【求める人材】

★話すのが大好き、話すのが得意な方!!
★とにかくお金が稼ぎたい方!!
★お客様を思う気持ちを持てる方!!
★女の子が大好きな方!!
★お洒落な方!!
★誰にも負けないやる気がある方!!
★外見に自信がある方!!



【出張ホスト業務の主な流れ】

@登録無料!簡単な面接と、写真を提出していただきます。

Aあなたを気に入った素敵な女性からのアプローチ!即指名がはいります♪

Bベラドルチェのスタッフがその日取りを丁寧にサポートします。

C後は女性とデートで楽しい時間をすごすだけ♪

★【ベラドルチェ Bella Dolce 】共に作り上げて行きましょう★


━゚+:.*━□+□━*.:+゚━■*■━゚+:.*━□+
*+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+* ゜ ゜゜
これだけで月収200万も夢じゃありません☆
*+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+* ゜ ゜゜
━゚+:.*━□+□━*.:+゚━■*■━゚+:.*━□+


出張ホストに挑戦したい方、更に詳しく聞きたい方は、
【ベラドルチェ Bella Dolce 求人担当遠藤】まで
御連絡下さいます様宜しくお願い申し上げます。


【お問い合わせフォーム】info@hacchii.net
【担当者】遠藤

477.(untitled) 返信  引用 
名前:テスト    日付:2012/8/18(土) 12:40
第15話「現る鬼」


聖の発言に対して衣梨奈と香音は何も言えなかった。
あそこまで敵意を剥き出しにされたら勧誘など出来やしないのだ。
仲間になれないならその場で倒すという選択肢も有ったが、それも出来ない。
イクタもオーズッキもBigWとの戦いでかなりのダメージを負っているので、
逆に返り討ちにあってしまう可能性が高いからだ。
大破すればライダーの資格を剥奪されるという制約が二人を苦しめる。

(みずき……一緒に戦えたら絶対楽しいのに……)

衣梨奈は心から残念そうな顔をしながら聖から離れていく。
直前まで聖とともに戦うビジョンを描いていたのに、これからは倒す作戦を練らなくてはならないのだ。
ディエッグの能力の片鱗を見ることが出来たのが不幸中の幸いだろうか、
帰宅して自室に戻ってからも衣梨奈は対ディエッグの作戦を考え続ける。

(みずきはライダーを倒せば倒すほど強くなるけん、やるべきことは二つったい。
 ディエッグを明日にでも倒すか、他のライダーをみずきより先に倒すか)

まだたくさん残っているライダー達を倒すよりはディエッグ1体を倒すほうがまだ楽そうだ。
しかし聖の「二人を簡単に倒しちゃう」という言葉が耳に焼き付いて離れない。
あの状況であそこまで自信満々に言うということは確信が有るということだろう。
もしかしたら千奈美と同じようになでしこ戦を覗き見られていたのかもしれない。
となるとディエッグに立ち向かうのは危険だ。
衣梨奈はケータイを手にして、香音に電話をかける。

「かのんちゃん、明日はBigWにリベンジするとよ。
 もっと後にするつもりやったっちゃけど、今は確実に倒せる相手と戦いたい。」

476.(untitled) 返信  引用 
名前:テスト    日付:2012/8/18(土) 4:7
ハウガを撃破することで、ディエッグはその右手で新たな生写真を掴み取る。
その生写真はもちろん仮面ライダーハウガのものだ。
これによりディエッグはオーデンと同様にハウガも使役する能力を得たのである。
それを悟ったのか、春菜は負けたというのに清々しい顔をしている。

「なるほど、私は負けてもハウガは戦い続けてくれるんですね。
 それでしたら本望です。必ず勝ち上がってセンターになってください!
 譜久村さんの強さなら絶対なれると思いますよ!」
「う、うん」

まったく悔しくなさそうな春菜を見て、聖は困惑してしまう。
夢が潰えた後輩の泣きじゃくる姿を見てリビドーを感じたかったのだが
このように褒められてしまうと逆に気分が萎えてきてしまう。
ハウガの生写真だって積極的には使う気が無かったので、どうしたものかと考えこむ。
そこに変身を解除した衣梨奈と香音の声が割って入ってきた。

「みずきかっこよかったっちゃん!やけん、はるなんもライダーらしくて良かったとよ♪」
「二人もライダーだったなんて知らなかった!しかもみずきちゃん強いし!」

ライバルであるにもかかわらず無邪気にはしゃぐ二人を見て、聖はニヤリとする。
二人を少し虐めて欲求を満たそうと思ったのだ。

「ということは二人とも、ディエッグとハウガが私たちだって知らなかったってこと?」
「元エッグかなとは思っとったけん、まさかみずきとは……あ、ハウガは全然分からんかった!」
「えりぽんダメだね、みずきはもう全てのライダーの正体を知ってるよ」
「「!?」」

聖以外のメンバーは驚いたが、考えてみれば当然のことだった。
ライダーの名前はハロメンの特徴に由来しているので、聖ほど詳しければ分からないことは無いのだ。
そのハロプロ知識の豊富さに衣梨奈は感嘆し、是非チームに引き入れたいと考える。

「みずき、一緒のチームにならん?」
「チーム?」
「みずきのハロプロの知識と、えりの仮面ライダーの知識と、かのんちゃんの強さが合わされば無敵っちゃん!」
「そうだよみずきちゃん!ちょっとあたしは足手まといかもしれないけど……同期の絆で勝ちあがろうよ!」

衣梨奈と香音のキラキラと輝いた瞳を見た聖は背筋がゾクゾクッとしてくる。
純粋無垢な同期の夢を潰したらどんな気分になるのか考えるだけで興奮するのだ。
決して同期が嫌いというわけではない。むしろ大好きだ。
大好きだからこそ、悔しくてクシャクシャになった顔を見てみたいのである。

「チームになんか、なれないよ。」
「「えっ!」」
「みずきはね、二人を倒したいと心から思ってるの。」
「だったら他のライダーを全部倒した後に決着を着ければ……」
「それはだめ!……一緒にいたらすぐ倒したくなっちゃう。」

そう言いながら聖は指で鉄砲をつくり、衣梨奈の額に人差し指をくっつける。

「えりぽんとかのんちゃんを倒すのはみずき。それも最後の最後にね。
 だからみずきは二人と一緒にはなれない。だってみずきは強いから、二人を簡単に倒しちゃう。」

475.(untitled) 返信  引用 
名前:テスト    日付:2012/8/18(土) 3:10
突如現れた黄金鳥「楽天」がオーデンの背中に合体し、大きく翼を広げる。
これはオーデンが仮面ライダーパレットに見せた最後の技「ファイナルベント」だ。
ディエッグは召喚した仮面ライダーにここまでさせることが出来るのだ。
大きな翼で空高く舞うオーデンを見て、ハウガは動揺してしまう。
これからのオーデンの攻撃に、這う這うの体な自分が耐え切れるか分からなかったからだ。

「譜久村さん本当になんでもアリなんですね……大人気なさすぎませんか」
「はるなんのが年上でしょ!」
「いやそうですけども……仕方ない、私も切り札使います。30秒だけですが」

ハウガが念じるとその赤い鎧のあちこちにハニー色のラインが入ってくる。
これはハウガの体内に宿る雷の力が表面に出たものであり、
30秒間限定で攻撃力をさらに上昇させることが出来るのだ。
しかもハウガは気づいていないが金のオーデンに対し雷は相性抜群。
このままやり合えばハウガが競り負けることはほとんどない。
と思われたその時、ハウガの背中に5発の光弾が立て続けにヒットする。

「な……!?」
「ごめんねはるなん、オーデンはただのオトリなんだ。」

ディエッグの狙いはハウガの視線を上空に固定することだったのだ。
崩壊寸前だったハウガのスーツは今回の攻撃で完全に大破してしまう。
全損したスーツが細かい破片となり周囲へとばらまかれると同時に、
全ライダーへ以下のメールが送信される。

「仮面ライダーハウガ」

「仮面ライダーディエッグ」

敗北したことをお伝えします。

474.(untitled) 返信  引用 
名前:テスト    日付:2012/8/18(土) 2:47
ディエッグが召喚したのは仮面ライダーオーデンであった。
黄金に輝くボディも、翼の形をした肩も、カードを差し込む杖も、すべてが本物そのものだ。
このように仮面ライダーを召喚する能力こそがディエッグの最終兵器。
ディエッグは自らの手でオーデンを倒すことで、生写真を入手することが出来たのである。
オーデンの登場にハウガとオーズッキは困惑する。

「仮面ライダー?……ハロプロ以外も呼べるんですね。」
「え、え、え、このライダーどこから出てきたの?ていうか誰?」

そんな中、オーデンのモチーフであるオーディンを知っているイクタだけが異なった反応をしていた。

「オーディン!いや、仮面ライダーオーデン!!たしかディエッグに倒されたはずじゃ……」
「そういえばそんなメールが送られてたね、そう、オーデンはみずきがトドメをさしたの。
 今じゃみずきの忠実なるしもべ……はるなんもすぐにこうなるんだよ!」

ディエッグが声を荒げるとともにオーデンはハウガの背後に瞬間移動し、
手に持った杖で殴りかかる。

「きゃっ!何!?」

死角に瞬間移動して安全なところから攻撃するという戦法は、
オーデンがゲンキックンホッパーを苦しめたものと同一だった。
このまま同様の攻撃を繰り返せばハウガは倒れるだろうが、ディエッグはやや不満そうだ。

(これだと時間かかりすぎちゃうかも、えりぽんとかのんちゃんに苦戦を見せたくない!
 はるなんには悪いけど終わらせてもらうね。楽しかったよ、はるなん。)

ディエッグはハウガにトドメを刺すために最後の生写真を取り出した。
この生写真は雅に使用した流星ボーイのように、オーデンをサポートする能力を持っている。

『アタックライド・ファイナルベント!』


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb